PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:28:39.10 ID:biW1yVU40


女「うわっ、なに、なにこれ」
男「停電みたいだ」
女「ええ、このタイミングで?」
男「『完成したら結婚しよう』って言った矢先に……」
女「わ、私じゃないよ! 結婚する気満々だし!」
男「ありがとう。なんにせよ、動けない」
女「動けないね」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:30:38.25 ID:biW1yVU40


女「うわあ、本当に真っ暗」
男「完全に何も見えないね」
女「何か光る物持ってない?」
男「君は僕の太陽だ」
女「うれしい」
男「ライターが机にあるんだけれど、動けない」
女「携帯がソファにあるんだけれど、動けない」



4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:31:06.94 ID:ODIrR0WPO


押し入れの中的なワクテカ



6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:32:14.52 ID:biW1yVU40


女「私が何してるか分かる?」
男「いや、全く見えない」
女「カマキリのポーズでした」
男「僕が何してるか分かる?」
女「ううん……四則演算?」
男「恋だよ」
女「張り倒したい」



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:34:13.24 ID:j12B1s370


カマキリwwwwっうぇwwww



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:34:35.05 ID:bU99Yj8fO


四則演算ワロタwwwwwwww



13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:35:16.62 ID:biW1yVU40


女「外で赤ん坊が泣いている」
男「ええ? ……あ、本当だ」
女「五人くらい」
男「やけに多いよね」
女「見たい。何が起こってるんだよ」
男「動かないで。動いたら、負けだ」
女「あ、笑い始めた」



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:38:59.90 ID:biW1yVU40


女「だーれだ」
男「君だ」
女「だーれだ」
男「君だ」
女「意味ないね!」
男「本当にね!」



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:42:17.08 ID:ExSXnktI0


これは微笑ましい



17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:43:21.98 ID:biW1yVU40


男「呼び鈴が鳴ってるよ」
女「こんな時間に、一体誰が」
男「狂ったように押し続けてるね」
女「なにか頼んだっけ?」
男「君さえいれば他になにもいらないし」
女「ですよね」
男「あ、コウノトリかもしれない」
女「ああ、赤ちゃんを運んでくる鳥?」
男「そう。届けにきたのかも」
女「外の赤ん坊はそのせいか」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:46:56.10 ID:biW1yVU40


女「寒いね」
男「でも、こうすると暖かいね」
女「おいおい」
男「こんなに暗いと、傍にいる君の顔も見えない」
女「雨も降っているから、余計にね」
男「でもそれでいいのかもしれない」
女「顔が見えない方がいいの?」
男「そうじゃなきゃこんなに近くにいられない」
女「さっきから本当に、君は!」



23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:53:03.14 ID:biW1yVU40


男「電話が鳴っている」
女「こんな時間に、非常識な人だね」
男「緊急を要すのかもしれない」
女「というと?」
男「チチキトク、スクカエレみたいな」
女「父奇特?」
男「うん」
女「それはまずいね」
男「頑張れ、父さん」
女「よし。こっちからフォースを送ろう」
男「ふぉー」
女「ふぉー」



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 13:56:25.66 ID:biW1yVU40


女「耳を澄ますと、声が聞こえない?」
男「うん。たすけてー、たすけてーって」
女「それで、向こうに人が見えない?」
男「まさか。この暗闇で」
女「ほら。あの女の人。青白く光ってる」
男「あ、本当だ」
女「そこ、気をつけてくださいねー」
男「踏まないでくださいー」



28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:00:26.73 ID:biW1yVU40


女「なんで停電が起こったんだろうね」
男「どこかで雷が落ちたのかもしれない」
女「馬鹿だなあ。そしたら電力は供給されるよ?」
男「え、そうなの?」
女「扇風機とか超ぶんぶん回るよ?」
男「しらなかった」
女「そしたらドミノも倒れてただろうし」
男「じゃあ雷じゃないね」
女「そもそも私、雷嫌いだし」



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:06:37.42 ID:biW1yVU40


女「ねむい」
男「今、何時くらいかな」
女「大体ニ時くらいかなあ」
男「日が昇るまでは結構あるね」
女「いつもなら寝てる時間なのに」
男「夜は寝る時間じゃないよ」
女「ふくろう?」
男「恋が目覚める時間だよ」
女「ほー」
男「ほー」
女「次に変なこと言ったら噛みます」
男「なんだと」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:12:34.02 ID:biW1yVU40


男「あ、雷だ」
女「びっくりした」
男「一瞬光ったね」
女「見た?」
男「うん。一体なにしてるの君は」
女「びっくりして両手をあげてたの」
男「手術でも始めるかと思ったよ」
女「ちょっとあげかたを間違えた」
男「可愛い反応だね」
女「ありがとう」



37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:21:17.03 ID:biW1yVU40


男「今の雷は、かなり近くに落ちたね」
女「やばいなー。超ぶんぶん回るじゃん」
男「おまけにCDも流してたから」
女「超くるくる回るじゃん」
男「何を流していたんだっけ?」
女「インディゴ地平線」
男「まずいな」
女「まずいね」
男「あれが流れると、ついね」
女「一緒にリズムとっちゃうよね」



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:31:28.27 ID:biW1yVU40


女「睨めっこしましょう」
男「あっぷっぷ」
女「あっぷっぷ」
男「あっぷっぷ」
女「今どんな顔してる?」
男「すごい変な顔」
女「……ぷはは。おかしいー」
男「勝っちゃったよ」



40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:42:32.98 ID:biW1yVU40


女「……うわっ、虫?」
男「それは傷つくなあ」
女「いや、大きい羽音が聞こえた」
男「ああ、そういうこと」
女「蝉だったらいやだなあ」
男「蝉じゃないよ」
女「そうなの?」
男「そもそも、羽音を出せるのは君くらいだし」
女「私が?」
男「うん。この世に唯一存在する天使の君しか痛い痛い」



41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 14:55:27.43 ID:biW1yVU40


女「いたっ」
男「あ、ごめん」
女「さて、どこにぶつかったでしょう?」
男「肘かな? 固かったし」
女「足でした」
男「君は今どういう体勢なの?」
女「Vの字」
男「ちょっと待って、想像できない」



43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:11:18.70 ID:biW1yVU40


女「指先の感触がなくなってきた」
男「どれどれ」
女「ほら。すごい冷えてる」
男「本当だ」
女「ねえ今手元になにかある?」
男「え、いや。なにも、ないよ?」
女「なにその面白い反応」
男「君は何か持ってる?」
女「それがね。今日、喫茶店に行ったじゃん」
男「コーヒーを飲んだね」
女「マッチが手元にある。五本」
男「君は完璧だね」
女「いやあ。あはは」



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:15:33.29 ID:biW1yVU40


女「一本目を使います」
男「おお、明るい」
女「あれ、すぐ消える」
男「ああ。なんか、久しぶりに君の顔を見たよ」
女「お久しぶりです」
男「一段と綺麗になったね」
女「まことに遺憾です」
男「少しくらい動いても、平気そうだったね」
女「うん。今ちょっとだけ見えた」



47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:24:40.06 ID:WI1NgicKO


なんだよこれ……もっとやれよ



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:24:54.73 ID:biW1yVU40


男「そろそろ降りてもらってもいいかな?」
女「震動でドミノが倒れるかも」
男「そっと降りれば大丈夫だよ」
女「でも私、342キロくらいあるから」
男「それを膝に乗せている僕は何者だよ」
女「いや、その、速さが」
男「なんの」
女「時速342キロで恋に落ちましたから」
男「なるほど」



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:37:24.43 ID:biW1yVU40


女「じゃあ、降りるよ」
男「うん」
女「そーっと」
男「そーっと」
女「……えっ」
男「ああっ」
女「ご、ごめん。倒しちゃったみたい」
男「マッチ、マッチ」
女「あ、うん。この際、見なきゃ損だね」
男「――おおー。絶景」
女「ぱたぱた倒れていく」



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:39:40.52 ID:r7x/sl8CO


やっちまったなぁ



54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:41:27.00 ID:OkLDw6jw0


倒しちゃった・・・



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:47:06.36 ID:biW1yVU40


男「日が昇ってきたね」
女「結局停電は直らなかったね」
男「でも、楽しかったからいいよ」
女「……触れてないのに、なんで倒れちゃったんだろう。ドミノ」
男「完成してたからさ」
女「そうなの?」
男「本人達も気付かない間に」
女「ほー」
男「僕が何しようとしてるか分かる?」
女「慰め、かな?」
男「プロポーズです」
女「ええ、このタイミングで?」
男「手元を見てごらん」
女「……わあ。指輪だ」
男「気付かなかったでしょう」
女「あー、うん。空も飛べそうな気分」
男「飛べそうか」
女「ぱたぱた飛んでいく」
男「ぱたぱた」



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:50:24.55 ID:yzq3OKZ9O


いい



61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:57:22.02 ID:biW1yVU40


こうなるわけでした。



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:58:17.24 ID:dy2x4hwt0


よい



63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 15:58:25.46 ID:r7x/sl8CO


>>61




67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 16:02:00.39 ID:0i/gJ4/b0


なんという良スレ
きゅんときた。



79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2008/04/03(木) 16:23:21.37 ID:7dXw7gah0


今度カマキリのポーズをしよう。




元スレ:http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1207196919/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
279位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP