PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:47:07 ID:jDVCCNAs

満月を見ていたら、なんとなく幸せな気分になったので、

「今日みたいな日が死ぬのにちょうどいい」

と思い、自殺することにした。



荷物を持って、家を出た。

リュックサックの中には、エロ本3冊と首つり縄。

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:47:41 ID:jDVCCNAs

 空にはキラキラ、一面のお星さま。

 地上には車のヘッドライト、流れ星。

 僕を照らすのは、まんまる満月と、パチパチする電燈。


 なんて綺麗な夜なんだろう。

 こんな素晴らしい夜に死ねる僕は、きっと幸せ者だ。

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:48:34 ID:jDVCCNAs

 友達全員に嫌われた日。

 家族全員を泣かせた日。

 ……世界全部が敵になった日。

 あの時の僕は、最低、最悪の気分だった。

 死にたい、って思った。



 死ねなかった。

 なぜか「死ねない」と思った。

 その時は、どうして死ねないのかわからなかった。

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:49:47 ID:jDVCCNAs

 今はわかる。

 悲しいまま死にたくなかったんだ。


 死ぬのなら、悲しいときじゃなくて楽しいとき。

 今日みたいなパレードの夜。

 月が、星が、車のライトが光り輝く夢のひととき。


 悲しくて、涙に暮れたままじゃあ死ねないけれど。

 心の涙を、やわらかい月の光がぬぐってくれる今日みたいな日なら、

 僕は死ねるんだ。

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:51:45 ID:jDVCCNAs

 死ねるんだ。

 死ねるんだ♪

 死ねるのらー(*・∀・*)


 死ねるはずだったんだけど。

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:52:55 ID:jDVCCNAs

 どうして僕は、こんなものを家から持ち出してしまったんだろう。

 秘蔵のエロ本3冊。

 触手もの。妹もの。 ……BL本。


 こんなもの、家に残しては死にたくないし、遺したら死にきれない。


 それはわかっているけれど、

「満月のロマンチックな夜に、こんな本が僕のリュックに入っていなくたっていいじゃないいいいいいいいいいいいいいいい!?」

 と叫びたかった。

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:55:14 ID:jDVCCNAs

 とにかく、このエロ本を処分しないと。

 ローソン、セブンイレブン、マクドナルド。

 候補はいくつかあるけれど、店員にエロ本捨てているのがバレたら恥ずかしくて生きていけない。

 公園のごみ箱もだめ。

 僕がこのエロ本を持っていることを知っている友人に、公園に捨てていたことがバレたら、あばばばば、びびでばびでぶー。

 友人を逆恨みで呪ってしまいそうだ。

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:56:26 ID:jDVCCNAs

 呪文を唱えたおかげで魔力が宿ったのだろうか。

 僕は名案を思いついた。


 「エロ本を山に埋めよう」


 山に埋めてしまえば、僕が死んだあともしばらくはバレない。

 エロ本が発掘されるころには、きっと僕の自殺のほとぼりも冷めて、僕とエロ本の関係を疑う人もいないはず。


 我ながら完璧な計画だったので、ニヤリと笑った。

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 21:59:19 ID:jDVCCNAs

 首を吊れそうな木には見当をつけていた。

 目指すは、登山道から少し逸れたところにある、Y字に幹が分かれた丈夫な木。

 首を吊るためにあるかのように育った、若い山桜。


 そろそろ桜の花が咲いているはず。楽しみだなあ。

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:00:18 ID:jDVCCNAs

 登山道についたので、山を登った。

 月明かりに照らされた、岩でデコボコの山道を一人歩く。

 背中には、エロ本と首つり縄。

 エロ本がリュックの中で、ガサ、ゴソ、と音を鳴らして存在を主張していた。


 僕はそれがおかしくて、フッフッフッと笑った。

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:01:25 ID:jDVCCNAs

 そんな感じで、遠足気分で歩いていたら、目的の山桜が見つかった。

 白い花が小さく咲いていた。

 かわいいなあ、と思った。

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:02:55 ID:jDVCCNAs


 首を吊る予定の場所に立ってみた。

 そこから月を見ると、月に枝葉がかかっていた。

 「ここでは死ねない」と思ったので、辺りを見渡してみる。


 すると、月光に照らされた、良さげな枝を見つけた。

 その下に立ってみると、まんまるのお月様が見えた。


 首つり縄をその枝に結ぶ。

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:03:59 ID:jDVCCNAs

 近くにちょうど良さげな切り株があったので、そこに乗った。

 ハンギング・ノットでできた輪っかに首を通す。

 首に触れた縄があまりにも冷たかったので、自殺志願者は思わず唾をのみこんだ。


 首に縄をかけたまま空を見ると、

 雲一つかかっていない完璧な満月がまぶしいくらいに輝いていた。

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:04:41 ID:jDVCCNAs



 今日の月は、なんて素晴らしいんだろう。


 その美しさに、はあーっとひとつため息をついたあと、



 男は首を吊った。

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/29 22:05:38 ID:jDVCCNAs

///

 翌日、若い男の死体を登山客が見つけた。

 男の顔は、首つり死体に似合わないほど安らかな顔をしていたという。


 近くのリュックサックの中には3冊の本があった。

16 : ◆4eK2M.Oolk[] 2016/03/29 22:12:29 ID:jDVCCNAs

おわり

最後は、「男は、首つり死体に似合わないほど安らかな顔をしていたという」だった。
画竜点睛を欠いてしまったorz

過去作

ボッチ男「俺の高校生活」
女「ツwwwンwwwデwwwレwww」
幼馴染「好きです!」 男「うぇーい!」
男「死体を見に10km歩いた話」


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1459255627/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP