PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 02:47:54.65 ID:HtJV9PkAO


「…ん?」

彼女に起きた変化に前兆はなかった
普段通りの行動を、普段通りに感じなかった
それだけである

「…何だこれ」

全身を泡で覆った後、シャワーを浴びて汗を洗い流すただの入浴
彼女はそこに、僅かな違和感を覚えたのだ

「…うあ…あっ…」
その違和感は、瞬く間に快感に変わっていく
まだ膨らみかけの胸部
その先端に一回、もう一回触れる
強烈な刺激を知ってしまったならば、その前に戻ることは極めて難しい




4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 03:12:49.00 ID:HtJV9PkAO


「…ヤバ…気持ち…い…」

最初の数分ほどは手の動きは緩やかで、恐る恐る触れている程度だった
その行為が卑猥なものだと、おぼろげには知っていたからだ
しかし恐怖や羞恥は膨れ上がる好奇心に飲み込まれていく
胸以外の快楽のありかを求める指先が、それを示していた

「…っっあああっ!!!」

求めていたものを、あっさりと彼女は見つけてしまった
それは下半身にある、誰にも見られたくない場所
まだ茂みが揃っていない、すぐ下の部分

「はーっ、はーっ、はーっ…いっ…いや…だっ…」

息の荒さは指の動きに比例して激しくなり
一方で先程の絶叫を境に声は小さくなっていく
目を強く閉じ、唇を噛み締めても
襲いかかる激流には抗いきれない



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 03:44:45.80 ID:HtJV9PkAO


「あうっ…これ、すげ…ぇっ…」

彼女の想像力は、異なる刺激を生み出した
このシャワーを当てたらどうなるのか…
期待を上回る結果によって、自らを弄ぶ勢いは増していく
それに連動して未知の感覚が絶え間なくやってくる
殆ど無防備な状態で飲み込まれた彼女の体は悦びに震えていた

「あ…ひんっ!…え?」

戸惑いの声と共に、指先がピタリと止まる
隠されていた桃色の突起を剥き出しにして
強く触れた際に痛みが伴ったからだ
しかしそれも数十秒程度の休憩に過ぎない

「ダメだ…ダメっ、うあうううっ!?」

二度目の接触で、彼女は完全に虜になってしまっていた
抑えられなくなった甘い声が、浴室に広がっていく



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 13:24:37.82 ID:HtJV9PkAO


「あっ、あっ、あっ…ああ…」

床を流れる液体がほんの少しだけ色付く
その色の元は、彼女から放たれた細長く鋭い水流

「や、やっちまった…んんんっ…」

その痕跡はシャワーによって瞬く間にかき消されていく
しかし彼女の体には排泄の快楽がまだ居座っている
背筋に走る寒気を心地よく感じていたのだ

「あ…洗わないとな…へへ…っ」

彼女は自らに言い訳をし、再びその場所へ触れる理由を作り上げ
未熟な性器をそっと左右に広げていく
洗うべき場所の下を、中指がゆっくりと刺激する

「…あひっ…ぷ…プロ…デューサー…あっ…」

誰かに対して見せつけるような格好になっていることを
彼女が自覚するまでさほど時間はかからなかった
…自分以外の誰かに触られたら、もっと気持ちいいのではないか
彼女の関心は新たな快楽を求め始める
そして彼女は、家族ではない特別な異性の存在を意識したのだ



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 21:18:16.47 ID:HtJV9PkAO


「はあ、はあ、オ…オレ…っ、なんで…!」

自分よりも大きな手
自分に何度も触れてきた男の手を思い浮かべながら
強く、強く、胸の先を捻る
その感情の正体に気づかないまま、ひたすらに

「なんでっ…アイツのこと…あうっ…!…はう…」

小刻みに繰り返される絶頂に彼女は悶え続けていた
狂ったように快楽を貪り、ついに小さな体は悲鳴をあげる
彼女は力なく、その場に座り込んだ



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 21:43:05.98 ID:HtJV9PkAO


「…なんだってんだよ…」

脱力感が指先にまで広がっていく
急激な変化に、体の対応が追いついていない
彼女は肩を上下させて空気を取り込み、鼓動を落ち着かせようと試みている

「…はあ…ワケわかんねぇ…」

とんでもないことをしたという認識
快楽の代償とも言うべきものが残る

「アイツに…言…えるわけないっ…」

行き場のない様々な思いを、彼女は心の奥に押し込めようとする
誤魔化していた羞恥心が一気に湧き上がってきたのだ



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 22:03:08.67 ID:HtJV9PkAO


「どうした晴」

「別に。なんでもねーよ」

人前では流石に直接触れはしないものの
態度の所々には異変が現れていた
彼女は、あの時脳裏に浮かんだ男を直視出来なくなっていた

「疲れてんなら、無理はするなよ?」

「だから、ちげーって言ってるだろ…」

彼女は不満げな声を漏らしつつも、髪を撫でる男の手を退けることはしなかった
その手の動きを、より強いイメージ…より強い欲望に置き換えて
こんな風に触るのだと、記憶に刻み込む



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 23:07:49.98 ID:HtJV9PkAO


「……」

その少し後
部屋から誰もいなくなったのを確かめて、男の椅子に座る
温もりは既に残っていないが
まるで抱きしめられているような錯覚に陥っていた

「…ぁっ…!」

彼女はくすぶる感情の正体を暴こうとする
…これが恋なのか、まだ確信が持てていない
もしも、この前よりも夢中になってしまったならば
…認めなければならないと



21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 23:18:24.84 ID:HtJV9PkAO


「…っ!これ…これっ…!あはっ…」

男の存在を傍らに感じながら慰めると
腹部の疼きが、弾けるような刺激に変わっていった
吐息に合わせて、だらしなく口が開く

「くる…なんか、くるっ…」

椅子を軋ませながら体が大きく揺れている
不安定なバランスすらも、彼女は快感として捉えていく
男に弄ばれているイメージにちょうど良かったのだ



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/24 23:36:44.62 ID:HtJV9PkAO


「あっ、いっ…いっ…ひいいっ…!」

爪で淫核を引っ掛けた瞬間、男の机に顔を押し付ける
支えきれなくなった唇から、唾液がたらたらと溢れてくる
大きく息を吸って、吐いて
男に抱いた欲望を噛み締める

「…ふう……うわああっ?!」

「…何やってんだ?…おい晴っ!?」

物音と聞き慣れた声に気づき、彼女は飛び起きようとしたが
体勢を整える間もなく無理に動いたせいで椅子から振り落とれてしまう
それは致命的な状態に他ならない

「あ…ああっ…」

「…は…?」

男は転倒した彼女のフォローのために距離を詰める
その視界に入ってきたのは、欲情にまみれた彼女の姿
一瞬とも永遠とも感じられる時間が、二人の間に流れていた



26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/25 21:15:44.18 ID:ggruQ4YAO


「うあ…あっ、見るな…見ないでっ…!」

あごからだらりとこぼれた体液が上着を濡らしていく
ズボンのチャックは半分くらい外れていて、中の白い下着も見える

「やだっ…やだやだやだやだあっ…!」

彼女は泣きわめきながら興奮していた
目の前の男にもっと見られたいという気持ちが爆発する

「あっ…!アンタのせいなんだあああっ!」

彼女はズボンも下着も脱ぎ捨てて、一番恥ずかしい部分を限界まで指で広げた
ずぶ濡れになったそこを、自分からさらけだしたのだ



27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/25 21:35:59.95 ID:ggruQ4YAO


「やめろ晴っ!」

やっと状況を理解した男は、彼女の手首を握りしめた
それに対して、彼女は歯を食いしばりながら睨み返す

「アンタが責任取れよっ!オレが何やってるかわかるだろっ!」

「晴……」

無理やり腕を動かし、愛液で濡れた指先を差し出す
男は言葉を詰まらせ、一旦手を離した

「……」

「こうして、こうやってっ…!アンタに、触って、欲しいよぉっ……!触ってぇっ…!」

クリトリスも尿道も膣口も
全部見せつけ弄り続ける
甘えてすがるような声を漏らして、何回も何回も彼女は達した
性器から勢いよく出てきた液体に、男は目を奪われている



28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/25 21:54:58.04 ID:ggruQ4YAO


「……落ち着いたか?」

「……うん…」

彼女はギュッと力を込めて、男に抱きついていた
さっき床にまき散らされたものもきれいに拭き取られている

「…責任…取らないとな」

「え?」

「晴をこのままにしておけるわけないだろうが」

恐る恐る見上げる彼女を、男はくしゃくしゃと撫で上げる
彼女の表情は徐々に緩んでいった

「…お前に色々教えてやるから。…っても派手なことは無理だぞ。俺が捕まっちまうからな」

「…えへへっ…」

温もりを確かめるように、彼女はもう一回…強く強く抱きついた
熱く燃える男への恋心を示すように



29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/03/25 22:03:26.17 ID:ggruQ4YAO

おしまい
仕切り直しに書いてみたもののまだ手探りだらけな感じがあります
ひとまずお疲れ様でした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458755274/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP