PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:16:52 ID:DpECjkxc

エレン「ミカサのおっぱいが揉みたい」

ミカサ「わかった」

エレン「!?」

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:18:38 ID:DpECjkxc

エレン「いやいや待て待て」

ミカサ「?」

エレン「? じゃねえよ!! なにあっさり揉まれようとしてんだよ!!」

ミカサ「エレンは私のおっぱいが揉みたいんじゃないの?」

エレン「揉みてえよ!! でもこう……なんか違うだろ!!」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:20:06 ID:DpECjkxc

ミカサ「…? ごめんなさい、私には何が違うのかわからない……」

エレン「いやオレも上手く言えねえけどさ……いきなり男から『おっぱい揉みたい』って言われてあっさり揉ませるのはちょっと違うというか……」

ミカサ「嫌がればよかった?」

エレン「うーん嫌がるというか……恥じらい? がほしいというか」

ミカサ「いやん」

エレン「いやそういうのじゃなくて」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:22:56 ID:DpECjkxc

ミカサ「ではどういう感じなのかお手本を見せてほしい」

エレン「はあ?」

ミカサ「エレンが私にどのような恥じらいを求めているのか、わかりやすく説明してほしい」

エレン「いや……そりゃあ……」

エレン「……」コホン

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:24:15 ID:DpECjkxc

エレン(裏声)「えっそんな……///いきなり、お、おっぱいだなんて……///」

エレン(裏声)「恥ずかしいよ……///」

ミカサ「でも期待しているんだろう?」サワッ

エレン(裏声)「あっ……///」

ミカサ「フフ、もうこんなに乳首が尖ってる……」コリコリ

エレン(裏声)「んっ……駄目……っああっ////」ビクビク

ミカサ「ほら、どうしてほしいのか言ってごらん?」サワサワ

エレン(裏声)「ああっ……もっと……もっと乳首を虐めてください……////」

ミカサ「いい子だ……」

エレン(裏声)「んっ……///」

エレン「……///」

エレン「……」

エレン「……っておい!!!!!」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:26:08 ID:DpECjkxc

ミカサ「ん?」サワサワ

エレン「ん? じゃねえよ!!! なんでオレがミカサに乳首攻められてんだよ!!! ……あっ///」

ミカサ「気持ちよかった?」コリコリ

エレン「気持ちよかったよ!!!! つかもう触るのヤメロ!!!」ビクビク

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/22 23:27:49 ID:DpECjkxc

ーーーーーー

エレン「……」ハアハア

ミカサ「……」

エレン「……」ハア…

ミカサ「エレン、落ち着いた?」

エレン「ま、まあ……落ち着いた……かな……」ハア

ミカサ「よし、では今度は私が恥じらう番」

エレン「なんか理想と違う流れだけどいいやもう」

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/22 23:33:51 ID:uu9lu3Mc

相変わらずバ可愛い二人

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 00:05:28 ID:qyI2OcDE

ミカサ「エレン、ほら、例の台詞を」

エレン「(そこから始めるのかよ)ミカサのおっぱいが揉みたい」

ミカサ「…!? え、エレン、いきなり何を言うの……!?」

エレン(!?)

ミカサ「そんな、突然……ぉ、おっぱぃ……だなんて……///」ゴニョゴニョ

エレン(演技うめえ……)

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/23 00:06:16 ID:LlJ2MICU

いいぞもっとやれ

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 00:08:50 ID:qyI2OcDE

ミカサ「エレン、あまりそういうことは……言わない方がいいと思う……///」テレテレ

エレン(これオレがわざわざ手本見せた意味ないじゃねえかよ)

ミカサ「エレン……そんなに性欲が溜まっているなら……」テレ…

エレン「ん?」

ミカサ「早く言ってくれれば」シュバッッ

エレン「!?!?」ビクッッ

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 00:10:53 ID:qyI2OcDE

ミカサ「エレンは放っておくとすぐにおちんちんのお世話を疎かにする」ゴソゴソ

エレン「わ、わー!! わーーー!!! なにやってんだよバカやめろ!!!!」ジタバタ

ミカサ「エレン、暴れないで。おちんちんを上手く取り出せない」グググ…

エレン「やめろって!! 今オレのちんこは関係ないだろ!!」バッ

ミカサ「あ……」ショボン…

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 00:13:04 ID:qyI2OcDE

エレン「……ったくお前は隙あらばすぐオレのちんこを弄ろうとする……」

ミカサ「せっかく久しぶりにエレンのおちんちんとふれあえると思ったのに……」

エレン「触れ合わなくていい」

ミカサ「(´・_・`)」

エレン「そんな顔しても駄目だ」

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/23 13:59:30 ID:qRsPnTTY

触れ合わなくていいのか…

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/23 19:58:46 ID:90rh0pnI

おちんちんとの絆を深めようよ

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 21:35:25 ID:qyI2OcDE

エレン「……で? 結局お前はオレにおっぱいを揉ませる気があるのかないのかどっちなんだ?」

ミカサ「エレンが私のおっぱいを揉む分には何の問題もない。好きに揉んでいい」

エレン「なんだよ……さっきまでの苦労は……」グッタリ

ミカサ「どうぞ」

エレン「お、おお……じゃあ……」オソルオソル


モミッ


エレン(おおおおおお!? これは…!?)

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 21:37:10 ID:qyI2OcDE

エレン(想像を絶する柔らかさ…!!)

エレン(立体機動中に手のひらで空気を掴んだ時の感触の比じゃねえ!!)

エレン(あんな不確かな感触じゃなく、確かな重量感を以て手のひらに収まり、尚且つ全てを包み込んでしまうかのような柔らかさ…!!)

エレン(ちくしょうミカサのやつ、いつからこんなもん隠し持ってやがったんだ……!?)

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 21:38:48 ID:qyI2OcDE

ミカサ「エレン?」

エレン「……はっ!?」

ミカサ「手が止まっているようだけど」

エレン「あ、ああ……」

エレン「なあ……ミカサ……」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 21:40:03 ID:qyI2OcDE

ミカサ「なに?」

エレン「直接……触っても……いいか?」ドキドキ

ミカサ「うん」ヌギ

エレン(うおおおおおおまじか!!!)

ミカサ「はい」プルン

エレン(み、ミカサの生おっぱい…!! すげえ!! 色白っ!!)

エレン「さ、触るぞ……」


フヨ


エレン(!!!!!!!)

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 21:41:36 ID:qyI2OcDE

エレン(この、触れた所から直接感じる体温! 鼓動! しっとりとした肌!!)

エレン(うおおおおおおおおお)

ミカサ「エレン手汗すごい」

エレン「うるせえ」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:00:54 ID:qyI2OcDE

エレン「……」フニフニ

エレン「……?」フニフニ

エレン「お…? お前乳首たってんじゃねえか」

エレン「フ……そんな澄ました顔して感じてんのかよ…」フフン

ミカサ「? 寒いから立ってるだけ。鳥肌と同じ」

エレン「あ、そうなの」フニ

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:01:58 ID:qyI2OcDE

エレン(いやしかし……この柔らかさの中にポツンと主張する固くなった突起……)ムラムラ

ミカサ(エレンかわいい……)

エレン(白い肌の中心で、まるで蕾のように震えるピンク色の先端……)ムラムラ

ミカサ「エレンかわいい」ボソッ

エレン(……)ムラムラ

ミカサ(あれ? 怒らない)

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:03:07 ID:qyI2OcDE

エレン「あーーーもう我慢できねえ!!」カプッ

ミカサ「!?」

エレン(ミカサのおっぱいミカサのおっぱい…!!)チュパチュパ

ミカサ「え!? え!?」ピクッ!

エレン(あーーたまんねえ!!)チュッチュッ

ミカサ「エレン!!!」バッ!!

エレン「え!??」チュポンッ

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:04:28 ID:qyI2OcDE

ミカサ「……」ハア…ハア…

エレン「……!???」

ミカサ「エレン……」

エレン「はい……」

ミカサ「どうしてこんなことをしたの?」

エレン「え……」

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:05:44 ID:qyI2OcDE

ミカサ「どうしておっぱいを吸ったりしたの…?」

エレン「ええ…? そりゃお前……吸いたくなったから吸った……としか……」

ミカサ「エレン……エレンはもう大きくなった」

エレン「えっ」ドキ

ミカサ「背も伸びて筋肉もついて、もう立派な兵士……」

エレン「お、おう(なんだちんこの話かと思った)」ギンギン

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:07:27 ID:qyI2OcDE

ミカサ「だからもうおっぱいなんて吸っちゃだめ」

エレン「……ん?」

ミカサ「これは赤ちゃんがおっぱいを飲む為のもの……ので、エレンがいたずらに吸う為のものではない」

エレン「えっ」

ミカサ「え?」

エレン「お前もしかして、オレが母乳を飲むためにおっぱい吸ったとか思ってるのか?」

ミカサ「え…? 違うの?」

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:08:36 ID:qyI2OcDE

エレン「逆に聞くけど、オレがどういうつもりでお前のおっぱい揉んでると思ってたんだよ」

ミカサ「どういうつもりって……? 私たちだって普段から肩を揉んだり筋肉を揉んでほぐしたりしている……」

エレン「マッサージかなんかだと思ってたのかよ……」

エレン(どうりで何の抵抗もなかったわけだ……)

ミカサ「え? え? ちょっと話が見えない……」

エレン「あのなミカサ、オレは別に肩揉みや筋肉マッサージと同じ感覚でおっぱいを揉ませろと言ったわけじゃなくて……」

ミカサ「……??」

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/23 23:09:54 ID:qyI2OcDE

エレン「大体、あんなにノリノリでオレの乳首を弄っておいて何を今更……」

ミカサ「あれはああするとエレンが気持ちよさそうだったから…」

エレン「……それは否定しないが…」

ミカサ「……もしかしてあのエレンの反応は、肩揉みの気持ちよさではなく、おちんちんを触った時の気持ちよさと同じ……なの…?」

ミカサ「エレンは乳首を弄られて気持ちよかった……そして、私のおっぱいを揉んでも、同じように気持ちよかった……違う?」ジ-ッ

エレン「まあそんなところだな……っておいそんなにちんこばっかり見るな」ササッ

34 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:12:01 ID:VFvNmJO2

ミカサ「でも、どうして乳首を吸ったの? おっぱいを揉むだけじゃ駄目なの?」

エレン「まあ……揉むだけでもいいんだが……わかりやすく言うと、口を使った方がより気持ちいい…? というか…?」

ミカサ「ふむ……だからエレンは、手で揉むだけでは飽き足らず、口を使って乳首を吸ったということ…」

エレン「ああ……」

ミカサ「つまり私も、口を使っておちんちんとふれあった方がより気持ちいいということ…」

エレン「ああ……」

……………


エレン「……ああ!?」

35 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:13:18 ID:VFvNmJO2

ミカサ「なるほど私のおっぱいを少し触っただけでもうこんなにも元気」ゴソゴソ

エレン「お前も諦めが悪いな!!」バッ!!

ミカサ「ふっ……そんな抵抗に二度も邪魔される私ではない」グイッ!!

エレン「は、疾い…!!」ポロン

36 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:14:40 ID:VFvNmJO2

ミカサ「エレンのおちんちん、久しぶり」ナデナデ

エレン「あっ…」ビク

ミカサ「では早速……」ア-ン

エレン「駄目だって!!!」サッ!!

ミカサ「もう、どうしてそんなに嫌がるの?」

エレン「いやお前よく考えろよ!! ここは小便が出るところなんだぞ!! 分かってんのか!?」

ミカサ「もちろん分かってる。ここはおしっこと精液が出るところ」

37 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:15:50 ID:VFvNmJO2

エレン「汚いだろうが!!」

ミカサ「大丈夫。終わったらちゃんと手洗いうがいをするので」

エレン「そういう問題じゃ」

ミカサ「えい」チュッ

エレン「うあっ……」ピクン

ミカサ「ふふ、ちょっとキスしただけでこんなに反応する…」チュッチュッ

エレン「や、やめ……」ビクビク

38 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:17:27 ID:VFvNmJO2

ミカサ「……」レロ…

エレン「あっ!!」

ミカサ「……」レロレロ

エレン「あっ、あっ」ビクンビクン

ミカサ「……」

ミカサ「……」ドキドキ

パクッ

エレン「!!!」

39 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:19:59 ID:VFvNmJO2

エレン「ちょ、あ、ほんとに、うぁ」ビクビク

ミカサ「んっ、んっ」ヌロヌロ

エレン(なんだよ……これ…っ、すげえ、熱い……ミカサ体温高すぎじゃねえか…?)

エレン(ぬるぬるして……信じらんねえ……ミカサがちんこくわえてる……)

ミカサ(びくびくしてる……おちんちんの匂い、あったかさ、今までよりずっと強く感じる)

ミカサ(今、エレンのおちんちんとすごく仲良くなってる気がする…!!)

40 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:27:29 ID:VFvNmJO2

エレン「…う…! あ、ミカサ、もう、まずい、…っ」

ミカサ「……」チュッコチュッコ

エレン「いや、ほんとにまずいって、はやく、はなせ…って!!」

ミカサ「……」ジュル、ジュルルル

エレン「うあああ、あ、あっ……!!」ビクン!! ビクン!!

ビュッビュルルッ

ミカサ「!!」ムグッ

41 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:29:05 ID:VFvNmJO2

エレン「……っ」ハアハア

ミカサ「……」ムググ

エレン「わー!! ミカサ悪い!! 出せ!! すぐに出せ!!」

ミカサ「……」ムグ…

ミカサ「んっ」ゴックン

エレン「はあ!?!?」

42 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:30:30 ID:VFvNmJO2

エレン「なに飲んでんだよ!! 馬鹿!! お腹壊しちゃうだろうが!!」

ミカサ「すごく美味しくない」

エレン「当たり前だろ!!」

ミカサ「体に悪いの?」

エレン「いや知らねえけど……え? 大丈夫か? それちんこから出たやつだぞ…?」

43 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:31:37 ID:VFvNmJO2

ミカサ「おちんちんのがんばりを否定するのは良くない」

エレン「すぐそうやってちんこの肩を持つ……」

ミカサ「やっぱり口でした方がエレンもおちんちんも気持ちよさそうだった」

ミカサ「私もおちんちんをより身近に感じられて嬉しかった」

ミカサ「またやりたいと思った」

エレン「なにまとめに入ってんだよ」

44 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:33:24 ID:VFvNmJO2

ミカサ「今日はある意味おちんちんと一線を越えた関係になったと言える」

ミカサ「初めてエレンのおちんちんに口づけた……記念日にしよう」

エレン「聞けよ」

ミカサ「私はエレンのおちんちんの味を知った……またおちんちんとの絆が深まった……」シミジミ

エレン「……」

45 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2016/03/26 00:34:42 ID:VFvNmJO2

翌日


アルミン「ミカサがお腹壊して訓練休むなんて珍しいよね~」

エレン「………………」

アルミン「え、なんか言ってよ」

エレン「……ミカサのファーストキスをオレのちんこに奪われた」

アルミン「何言ってんの!?!?」





おわり

46 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/26 00:38:41 ID:HRk2onrU

うむ
乙であった

47 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/26 00:47:32 ID:1fNbMrCk

おちんちんと一線超えちゃったか

48 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2016/03/26 00:54:48 ID:zUtF32dc

まぁエレンのファーストキスもミカサのおっぱいに奪われたわけだしね?

ってこいつらまだキスもしてなかったのかよ!


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1458656212/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP