PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/05/20 21:58:47.76 ID:BC6a+fZ10



このssは

女「ん。またね」男「ん。またあした」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371743009/

の続き、または次元の違うものです。

3009は完結しているので
どう解釈するかは、読んでくださる方々に一任します。





2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/05/20 22:00:32.93 ID:BC6a+fZ10







ブーッ

男「ん?メール」




3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:01:10.16 ID:BC6a+fZ10



女『ちょりーっす。今日はありがとう』



4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:02:05.95 ID:BC6a+fZ10



男『どういたまして。 大学行くの、今週の土曜は?』



5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:02:50.68 ID:BC6a+fZ10



女『良いよ。行きたいの00大なんだけどいい?』

男『良いよ。なら11時に○△駅は?』



6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:03:39.72 ID:BC6a+fZ10



女『分かった。改札前?』

男『うん。乗り換えるから南口改札に』



7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:04:18.05 ID:BC6a+fZ10



女『分かった。そこに11時に行くよ』

男『ういすー』




8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:05:00.31 ID:BC6a+fZ10



女『何してたの?』

男『発表のレポート作ってた』

女『邪魔してごめん』




9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:05:32.39 ID:BC6a+fZ10



男『そんなことない。何してた?』

女『返信ありがとう。夕飯だったよ。てか宿題するんだ?』




10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:06:43.35 ID:BC6a+fZ10



男『音楽のレポートだからね。夕飯なんだった?』

女『選択のやつか。どんなの? 天ぷらだったよ』




11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:08:04.87 ID:BC6a+fZ10



男『50年分の、当時流行った洋曲をまとめてる。 良いね天ぷら』

女『それ面白そう。いつ発表?聞けないかな。 ご飯食べた?』



12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:09:26.60 ID:BC6a+fZ10



男『クラス別に発表っぽい。 これから。たぶん今日はハヤシライス』

女『まとめて発表すればいいのに。 ハヤシライス良いね。分かるのは匂うから?』



13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:10:03.19 ID:BC6a+fZ10



男『そう。換気扇が大声で伝えてる感じ。今日はハヤシライスでビーフだぞ!って』

女『なにそれ笑 聞いてみたい笑』




14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:10:38.92 ID:BC6a+fZ10



男『カレーのときと同じ感じ。今日はカレーライスでチキンだぞ!って』

女『伝えてくる感じは何となく分かるかも。 肉の種類も分かるんだ?』



15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:11:09.57 ID:BC6a+fZ10



男『匂いで分かる。 ハヤシライスにチキン入ってたことないし』

女『鼻良いんだね。 じゃあ土曜の昼はチキンハヤシにしよう笑』



16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:11:45.32 ID:BC6a+fZ10



男『チキンハヤシ屋なんてあるの?』

女『たぶん、ないと思う笑 作って持ってきてあげる』




17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:12:33.78 ID:BC6a+fZ10



男『嬉しいけど手間じゃない?』

女『一緒にいってくれるお礼。それならどう?』

男『分かった。ありがとう』




18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:13:11.06 ID:BC6a+fZ10



女『あとは何がいい?』

男『卵焼き』




19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:13:51.54 ID:BC6a+fZ10



女『分かった。塩派?砂糖派?』




20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:14:40.25 ID:BC6a+fZ10



男『女のところは?』

女『場合によるけど最近は塩だよ』




21 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:15:15.29 ID:BC6a+fZ10



男『じゃあ塩。塩の方が好き?』

女『家で意見が別れてる笑 私は塩』




22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:15:49.86 ID:BC6a+fZ10



男『だから作ってたのか。綺麗な色だった』

女『ありがと。甘いの食べたくないから練習したの。 塩なの私だけなんだ』




23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:16:20.34 ID:BC6a+fZ10



男『そうなんだ。うちは甘いのは御節くらいだ』

女『伊達巻きかな? じゃあ塩にするね』




24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:17:01.54 ID:BC6a+fZ10



男『お願いします。 たぶん。バームクーヘンみたいなやつ』

女『確かに似てる笑 あれって何に合うの?日本酒なら合うの?』




25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:17:50.24 ID:BC6a+fZ10



男『あたたかぁ~い、お茶じゃん?』

女『濃いぃぃぃ~やつ?』

男『それを、ずずぅぅ~と啜りながらさ』

女『新春寄席を観るんだね』




26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:18:31.51 ID:BC6a+fZ10



男『伊達巻きも好きじゃないんだ?』

女『バレたか笑 食事が甘いのは得意じゃなくて』




27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:19:07.98 ID:BC6a+fZ10



男『酢豚のパイナップルは?』

女『あんまり食べないけど、パイナップルがのってるピザは好き』




28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[] 2014/05/20 22:19:50.89 ID:BC6a+fZ10



男『ポテトサラダのリンゴは?』

女『食べられない』




29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:20:42.78 ID:BC6a+fZ10



男『違いは何?』

女『ご飯で食べるおかずが甘いと嫌なんだ』




30 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:21:18.78 ID:BC6a+fZ10



男『カレーのリンゴは許せる?』

女『カレーがリンゴ味じゃなければ』




31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:21:51.61 ID:BC6a+fZ10



男『そりゃあそうだ笑 甘酢がけは?』

女『醤油が勝ってれば好きだよ』

男『だんだん分かってきた気がする』




32 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:22:45.71 ID:BC6a+fZ10



女『甘いおかずは許せる?』

男『許せるけど甘すぎると何でもダメだな』

女『海外のお菓子とか?』




33 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:23:19.75 ID:BC6a+fZ10



男『そう。甘いものは好きだけど甘すぎると気持ち悪い』

女『分かる。ジュースもヌルいと飲めないし』




34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:23:51.46 ID:BC6a+fZ10



男『温度のおかげで飲めてる感ない?』

女『あるある。だからあんまり飲まないんだね。飲めても中身同じだし』




35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:24:34.48 ID:BC6a+fZ10



男『確かに。 食べ物の話したら腹減ったよ。 夕飯行ってくる』

女『分かった笑 行ってらっしゃい』




36 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:25:44.67 ID:BC6a+fZ10





男『今日はハヤシライスでビーフでした』

女『おかえり。予想通りだね笑』




37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:26:55.18 ID:BC6a+fZ10



男『今のところ外れてないよ笑 気になったんだけど朝何時の電車?』

女『7時50分くらい。明日は電車?』

男『そう。一緒に行かない?』




38 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:27:43.91 ID:BC6a+fZ10



女『良いよ。何時にする?』

男『7時50分で。1番後ろの車両か、ホームにいる』

女『分かった!遅れそうなら連絡する笑』




39 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:28:48.44 ID:BC6a+fZ10



男『同じく笑 じゃあ仕上げる。また明日』

女『はーい、頑張ってね。また明日』




40 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:34:07.26 ID:BC6a+fZ10




カキカキ トントン


男「…終わった」


男「…(…邦楽、シャッフル)」

Perfume/マカロニ


男「…」

男「…」

男「…(…)」




41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:35:14.95 ID:BC6a+fZ10



翌朝

ガタンゴトン

車掌「次は~○○~○○~デェス」

男「…」チラ

男「(47分…微妙だ)」




42 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:35:55.21 ID:BC6a+fZ10



プシュー

男「(…降りる)」




43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:36:35.45 ID:BC6a+fZ10



テクテク

男「…(そりゃ、まだいないか)」

プシュー ガッタン、ゴットン

男「…(後ろは人がいなくていいけど…)」




44 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:37:17.67 ID:BC6a+fZ10



ブーッ

男「ん?女か」

スッ

男「もしもし?」




45 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:38:06.27 ID:BC6a+fZ10



女「もしもし?もしかして今ので行っちゃった?」




46 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:38:40.11 ID:BC6a+fZ10



男「行っちゃった」




47 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:39:29.71 ID:BC6a+fZ10



女「え、そっか…」

男「もし乗ってたら電話に出ないけど」




48 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:40:00.40 ID:BC6a+fZ10



女「えー。MJじゃん」

男「何か新鮮」




49 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:40:41.88 ID:BC6a+fZ10



女「だろうねー。じゃあホームにいる?」

男「ん。1番うしろ」

女「良かった。あ、見えた」

ピッ




50 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:41:32.32 ID:BC6a+fZ10



タタタタッ


男「おはよう」

女「おはよ!間に合ったー」ハァ

男「…」ドキン




51 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:42:46.85 ID:BC6a+fZ10



女「次は51分に来るよ」フゥ

男「ん、ああ。だいじょぶか?」




52 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:43:25.52 ID:BC6a+fZ10



女「うん。だいじょぶ。落ち着いた」

男「そっか」




53 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:44:17.48 ID:BC6a+fZ10



女「?どうしたの?」

男「なんでもないよ」

女「えーなにそれ」




54 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:45:03.91 ID:BC6a+fZ10



男「いや1番後ろだと女性専用車両だな、と」

女「あ、そうだね。じゃあこっち」

男「ん」




55 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:45:47.81 ID:BC6a+fZ10



スタスタ スッ



女「音楽のレポートできた?」

男「できたよ。案外時間かかった」




56 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:46:32.62 ID:BC6a+fZ10



女「50年分だしね。あ、もし聞けなかったら見せて」

男「良いけど完全に網羅してるわけじゃないよ」




57 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:47:09.61 ID:BC6a+fZ10



女「男がセレクトしたものが中心?」

男「そう」

女「それがいい」




58 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:47:53.78 ID:BC6a+fZ10



男「分かった。なら曲も持ってくる」

女「え、いいの?」

男「うん。発表用に作ってある」




59 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:48:34.78 ID:BC6a+fZ10



女「嬉しい。楽しみにしてる」

男「ん。女は何にした?」




60 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:49:46.62 ID:BC6a+fZ10



女「私は選択美術だからポップアートを調べてる」

男「そうなんだ。好きなの?」




61 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:50:45.59 ID:BC6a+fZ10



女「うん。こないだ展示会にも行ってさ」

男「それって□△の?」




62 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:51:32.34 ID:BC6a+fZ10



女「そうそう。よく知ってるね」

男「先週俺も行ったよ」




64 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:57:52.98 ID:BC6a+fZ10



女「ほんと?なんで?」

男「美術館はたまに行くんだ」




65 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 22:59:23.29 ID:BC6a+fZ10



女「そうなんだね。どれが良かった?」

男「全部良かったけど、違う感じのもあったじゃん」

女「ミニマルアート?」




66 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:00:02.96 ID:BC6a+fZ10



男「そう。それの入ったとこのさ」

女「あ」




68 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:01:21.86 ID:BC6a+fZ10



男「?」

女「色がクレヨンみたいに並んでるやつ?」




69 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:03:38.05 ID:BC6a+fZ10



男「そう。よく分かるね」

女「ううん。私もすごく残ってる」




70 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:04:43.32 ID:BC6a+fZ10



男「あれ心地良かったな」

女「ね」




71 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:05:24.28 ID:BC6a+fZ10



男「調べたんだけど」

女「うん」




72 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:06:43.35 ID:BC6a+fZ10



男「似たような系統の色は、対角線状に置くと綺麗に見えるんだってさ」

女「へぇー。あ、でも確かに」




73 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:07:14.34 ID:BC6a+fZ10



男「美術の本に書いてあったよ」

女「本も読んだりするんだ?」




74 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:07:53.61 ID:BC6a+fZ10



男「一日中、空見てるわけじゃないさ」

女「はは。美術良いって言ってたもんね」

男「ん。選択は美術でも良かった」




75 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:08:44.08 ID:BC6a+fZ10



女「それって、途中で変えられないのかな?」

男「どうかな。でも音楽も楽しいよ」

女「うん。男が言うと楽しそう」




76 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:09:23.47 ID:BC6a+fZ10



ピロピロリン
マモナク…



女「音楽は普段何するの?」

男「合唱したり楽器使ったり」




77 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:10:31.32 ID:BC6a+fZ10



女「合唱?男が合唱するの?」

男「変?」




78 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:12:06.66 ID:BC6a+fZ10



女「ううん。けど何か意外な感じ」

男「そう?でも最近はカリンバがメインだよ」




79 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:12:43.30 ID:BC6a+fZ10



ゴゴゴゴ…


女「カリンバってなに?」




80 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:13:23.00 ID:BC6a+fZ10



男「アフリカの楽器でオルゴールみたいな音がするんだ」

ゴゴゴゴゴゴ…

女「どうやって演奏するの?」




81 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:14:34.97 ID:BC6a+fZ10



男「え?聞こえない」

女「どうやって演奏するのー?」




82 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:15:26.26 ID:BC6a+fZ10



ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…

男「親指でだよ」

女「え?ビーでって?」




83 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:16:05.15 ID:BC6a+fZ10



男「はは。『親指』で、だよ」

女「あ、なんだ」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ…


…ガタン ゴトン…ガタン… キーッ




84 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:16:48.03 ID:BC6a+fZ10



プシュー



車掌「○○~○○デェス。スコシデモスイテイル…」



女「あー今日混んでる」

男「専用車両との差が」




85 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:17:45.95 ID:BC6a+fZ10



女「確かに。ここでいい?」

男「ん。どこも変わらないっしょ」

女「そうだね」




86 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:18:30.34 ID:BC6a+fZ10



テクテク


男「女、こっち側の方が良くない?」

女「あ、うん。…けど、いいの?」




87 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:19:10.18 ID:BC6a+fZ10



男「無問題」

女「ふふ、もしかして1の方?」




88 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:19:53.52 ID:BC6a+fZ10



男「満員電車が激しくなければ」

女「あはは。変わってるねやっぱ」




89 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:20:34.55 ID:BC6a+fZ10



男「いやふつう、そんな返答できないよ?」

女「そうかな?」



プルルルルルルル




90 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:21:36.62 ID:BC6a+fZ10



車掌「ダァシエリヤス」




プシュー

ガタン…ゴトン




91 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:22:19.89 ID:BC6a+fZ10



ガタン…ゴトン


ズイ
女「う」ズイ

男「…。すまん」ズイ




92 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:23:00.09 ID:BC6a+fZ10



女「ううん、だいじょうぶ」

ズイ
女「ん…」ズイ

男「…」ズイ スッ

女「えっ?」




93 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:24:48.52 ID:BC6a+fZ10



男「この方が安定するんだ。これをこっち?」

女「ん…ありがと」 ス

男「ん」




94 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:25:28.19 ID:BC6a+fZ10



ガタンゴトン…


女「…」

男「…」




95 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:26:27.29 ID:BC6a+fZ10



女「お…」ギュ

男「…いける?」

女「ん…だいじょうぶ」




96 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:29:05.31 ID:BC6a+fZ10



ガタンゴトン…

車掌「次は~●●~●●~です。この先ポイント通過のため、揺れますのでご注意ください」


ガタンゴトン…




97 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:30:12.30 ID:BC6a+fZ10



ガタンゴトン…
…グラッ



女「…」ギュュゥウ

男「…」




98 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:31:00.34 ID:BC6a+fZ10



女「ん…」

男「…ん」スッ ザッ




99 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:31:46.16 ID:BC6a+fZ10



女「あ…これ…らく…いい?」

男「ん」スッポリ




100 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:32:20.86 ID:BC6a+fZ10



ガタンゴトン…ガタン

プシュー

車掌「●●~●●デェス」



スイ   テクテク…




101 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:33:23.75 ID:BC6a+fZ10



男「…無問題2か」

女「…うん。今日は混み過ぎだよ」




102 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:35:33.66 ID:BC6a+fZ10



男「すまん」

女「ううん。身体痛くない?だいじょうぶ?」




103 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:36:13.21 ID:BC6a+fZ10



男「大丈夫。女は?」

女「おかげでへいき。助かったよ。ありがと」




104 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:36:53.70 ID:BC6a+fZ10



男「どういたまして」

女「あはは。それ好きだね」




105 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:37:36.62 ID:BC6a+fZ10



男「ほどよく崩れてて便利」

女「うん。確かに」




106 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:41:35.93 ID:BC6a+fZ10



男「ん」

女「なんか男っぽいよね」




107 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:42:49.47 ID:BC6a+fZ10



男「?『どういたまして』が?」

女「うん。礼儀が程よく伝わってくる」




108 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:43:36.31 ID:BC6a+fZ10



男「そっか。ちゃんと伝わってるなら」

女「うん。ちゃんと、伝わってるよ」

男「ん」




109 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:44:20.86 ID:BC6a+fZ10



テクテク


男「…レポート交換しない?」

女「え?」




110 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:45:06.36 ID:BC6a+fZ10



男「選択で発表するやつ。互いに交換」

女「あ、うん。良いよ」




111 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:45:42.16 ID:BC6a+fZ10



男「それと、土曜の00大の次は、どこか美大に行っても面白そう」

女「あ、それさ実は考えてて」




112 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:46:19.65 ID:BC6a+fZ10



男「迷ってるってそのこと?」

女「そう。どっちがいいのかなって」




113 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:46:58.60 ID:BC6a+fZ10



男「なら行ってみよう」

女「うん。あ…また時間とってくれる?」




114 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:52:37.59 ID:BC6a+fZ10



男「もちろん。1日に2つじゃ辛いし」

女「ありがと」




115 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:53:27.77 ID:BC6a+fZ10



男「どういたまして」

女「いま絶対言うと思った」




116 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:54:41.03 ID:BC6a+fZ10



男「普段は言わないよ」

女「そうなの?」




117 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:55:13.28 ID:BC6a+fZ10



男「何かちょっと古いから」

女「確かに古い感じはするけど」

男「?」




118 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:56:25.89 ID:BC6a+fZ10



女「男が言うと何か自然」

男「そう?」




119 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:57:22.53 ID:BC6a+fZ10



女「うん。だって男は怒ってることを『おこ』って言うタイプじゃないし」

男「本当に怒ってたら『おこ』なんて誰も言わない気がする」




120 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:57:50.96 ID:BC6a+fZ10



女「そうそう。そういうこと言うのが男っぽい」

男「そうなんだ」




121 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:58:18.55 ID:BC6a+fZ10



女「おかしくないよ。違和感ないし。それが『らしさ』だから良いんじゃない?」

男「ふーん…ならいいか」

女「うん」




122 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:59:14.09 ID:BC6a+fZ10



男「無問題?」

女「あはは。そうそうそれ」




123 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/20 23:59:51.07 ID:BC6a+fZ10



男「ネタが古いところ?」

女「うん。それに違和感無いところ」




124 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:00:24.00 ID:zt/u2gRb0



男「そっか」

女「気にしてる?」




125 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:00:53.39 ID:zt/u2gRb0



男「いや自分を知りたいだけだよ」

女「ならそのままが1番良いよ」




126 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:01:30.14 ID:zt/u2gRb0



男「ん、分かった。さんきゅ」

女「どういたまして」

男「いま絶対言うと思った」

女「ふふふ」




129 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:34:10.77 ID:zt/u2gRb0



高校前
ガヤガヤ


テクテク


女「お弁当の中身あと何が良い?」

男「ポテトサラダは?」




130 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:35:05.25 ID:zt/u2gRb0



女「あ、良いね」

男「リンゴ入ってないやつ」




132 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:42:11.26 ID:zt/u2gRb0



女「うん」

男「女が好きなものは?」




134 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:56:47.44 ID:zt/u2gRb0



女「…ちくわぶは?」

男「それっておでんの?」




135 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:57:18.12 ID:zt/u2gRb0



女「そう」

男「おでん好きなんだ?」




136 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:59:06.60 ID:zt/u2gRb0



女「なーんかさ、惹かれるんだよね」

男「食べ物の中で?」




137 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 00:59:37.87 ID:zt/u2gRb0



女「うん。そのおでんの中で1番好きなのが、ちくわぶ」

男「食感が好きなの?」




138 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:00:19.94 ID:zt/u2gRb0



女「もちろん食感も好きだし味も好きだけど、何かマイペースな感じするとこが1番好きで」

男「ちくわぶにマイペースさを感じる?」




139 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:00:57.65 ID:zt/u2gRb0



女「そう。何か自分でも変なんだけどさ。味がブレない感じとモッチリ感が、何かたまんなくて」

男「変だとは思わないけど、ちくわぶが一位ってあんまり聞かないな」




140 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:02:41.92 ID:zt/u2gRb0



女「そうだよねぇー…でもまぁ、そうなんだろうね」

男「気になる?」

女「ううん。好きが勝つ」




141 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:07:23.63 ID:zt/u2gRb0



男「力強い」

女「そうかな?」




142 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:07:55.34 ID:zt/u2gRb0



男「うん。じゃあ、土曜は女のオススメのちくわぶが良い」

女「ん、分かった。美味しいの詰める」




143 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:08:26.61 ID:zt/u2gRb0



男「ありがとう」

女「どういたまして」

男「でました」




144 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:08:53.43 ID:zt/u2gRb0



女「ふふ。便利だからね」

男「ああ。 何かかなり楽しみだ」

女「うん。 あ」




145 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:09:30.61 ID:zt/u2gRb0



男「?」

女「今日の昼ってさ空いてる?」




146 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:27:12.85 ID:zt/u2gRb0



男「今日は放送部でさ」

女「え、そうなの?」




147 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:36:29.52 ID:zt/u2gRb0



男「ん。昼は放送してる」

女「部活やってるんだ」




148 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:36:55.56 ID:zt/u2gRb0



男「まぁ、最初は強制的に」

女「?」




149 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:37:43.82 ID:zt/u2gRb0



男「サボってたら、日数が危なくなったんだけど」

女「うん」




150 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:38:26.89 ID:zt/u2gRb0



男「空いてる放送部に入れば何とかしてやるって言われて」

女「あ、そういうのあるんだ」




151 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:38:53.91 ID:zt/u2gRb0



男「うん。最初はおっくうだったけど、校内放送の選曲が面白いと気付いてさ」

女「ハマったの?」




152 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:40:08.95 ID:zt/u2gRb0



男「そう。そこからなんだ、美術も音楽もさ、詩もそうだし、好きなったのは」

女「へぇ~。何だか…分からないもんだね」




153 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:41:05.59 ID:zt/u2gRb0



男「ああ。不思議な感じだよ。見つけるまでの道は『素晴らしい』とは言えないし」

女「あはは。じゃあ昨日はなかったんだ?」




154 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:41:54.99 ID:zt/u2gRb0



男「そう。休み」

女「今日はどんなの流すの?」




155 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:42:45.60 ID:zt/u2gRb0



男「今日は昔やら最近のやつ」

女「あ、レポートのやつ?」




156 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:43:57.49 ID:zt/u2gRb0



男「いやどっちかっていうと、個人的に流したいやつ」

女「どんなやつ?」




157 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:44:24.80 ID:zt/u2gRb0



男「昼に聴いて和みそうなやつ」

女「ゆったりできるやつ?」

男「雰囲気は聴けば分かるやつ」

女「楽しみにできるやつ?」




158 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 01:45:07.26 ID:zt/u2gRb0



男「楽しみにできるやつ…うんたぶんね。って言えるやつ」

女「はは。分かった」




159 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 02:02:18.91 ID:zt/u2gRb0



高校
下駄箱前

テクテク



男「じゃあ、俺はこっち」

女「あ、うん。じゃあね」




160 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 02:02:52.33 ID:zt/u2gRb0



男「ん。それじゃ」

女「ん。ありがと」








恋の道半ば

おわり




161 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/05/21 02:05:32.97 ID:zt/u2gRb0



この章はここで終わりです。
続きは後日、このスレに書いていきます。

レス、読んでくれて、ありがとう。




166 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:00:06.52 ID:kpd9BjsO0


B組
教室前

ガヤガヤ



男友「男ー」ニヤニヤ

男「よ…う。なんだよ?」




167 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:00:51.11 ID:kpd9BjsO0


男友「いやあ別にい?」ニヤニヤ

男「今日は朝から、気持ち悪いな」




168 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:01:30.33 ID:kpd9BjsO0


男友「おい、さりげなく傷つけるな」

男「ああ。悪気しかない」




169 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:02:07.40 ID:kpd9BjsO0


男友「おいおい。…ま、仲良くやれよ」

男「…聞いてこないのか?」




170 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:03:25.52 ID:kpd9BjsO0


男友「聞いてほしいみたいだからな」ニヤ

男「あーはらたつー」



171 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:04:22.92 ID:kpd9BjsO0


男友「ははは。じょーだん」

男「いや、原たつのり」

男友「でたー略すなよ」ハハ



172 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:04:58.76 ID:kpd9BjsO0


男「MJのがいいか?」

男友「いや、もう腹一平だわ」



173 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:06:25.78 ID:kpd9BjsO0


男「でたよ、腹家長男」ハハ

男友「巨人入団だな」

男「あはは。間違いない」



174 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:07:37.35 ID:kpd9BjsO0


男友「なー。あ、そうそう。これ鍵」サ

男「ん、ああ。チャリのか」ス



175 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:09:28.86 ID:kpd9BjsO0


男友「さんきゅ。あ、あとな」

男「?」



176 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:11:00.72 ID:kpd9BjsO0



男友「女さんはモテるぞー」

男「なんだよそれ」

男友「もう幼稚園から10年以上だ。お前は顔見りゃ分かんだよ」




177 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:11:45.45 ID:kpd9BjsO0



男「先は見ない」

男友「へへっ」




178 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:12:46.85 ID:kpd9BjsO0



男「笑うな」

男友「いや、大丈夫だよ。お前は」

男「ん」




179 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:13:23.38 ID:kpd9BjsO0



キーンコーン…


男友「んじゃあ行くわ。今日も借りてやってもいいぜ?」ニヤリ

男「今日は放課後部活だからいいんだよ」




180 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:14:03.29 ID:kpd9BjsO0



男友「そりゃ残念。んじゃなー」

男「うい」




181 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:15:00.18 ID:kpd9BjsO0



男友「あ、空気入れといたからな。調子のって転倒しろよー」ニッ

男「プラマイゼロだな」

男友「あはは。ちげぇねぇ」ハハ




182 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:16:16.06 ID:kpd9BjsO0



E組
教室前
ガヤガヤ


女友「HEY!か~のじょ!」

女「…」

女友「はいそんな顔しない」




183 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:16:51.25 ID:kpd9BjsO0



女「いまどきそんなこと言う?」

女友「でも嫌いじゃないでしょ」

女「そりゃ女友がやればね」




184 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:17:31.86 ID:kpd9BjsO0



女友「男くんなら?」

女「そんなこと言わない気がする」




185 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:18:06.14 ID:kpd9BjsO0



女友「笑わせながら引き込ませる、って感じ?」

女「見てたのね」




186 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:18:50.67 ID:kpd9BjsO0



女友「いいじゃん、隠してるわけじゃないし?」

女「まあねー」




187 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:19:42.93 ID:kpd9BjsO0



女友「さっきはどうだった?」

女「楽しかったよ。でもさ」




188 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:20:29.88 ID:kpd9BjsO0



女友「でも?」

女「自分だけ楽しみすぎちゃったかも」

女友「不安?」




189 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:21:10.73 ID:kpd9BjsO0



女「…んー」

女友「それ、ずばり証拠」

女「ん」




190 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:21:57.57 ID:kpd9BjsO0



女友「抑える方が不自然じゃない?」

女「んー」




191 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:22:43.88 ID:kpd9BjsO0



女友「そういう不安は考えずに、手放さないとね」

女「…そね」




192 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:24:05.77 ID:kpd9BjsO0



キーンコーン…


女友「あ、一限目古典だっけ?」

女「うん」




193 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:24:38.84 ID:kpd9BjsO0



女友「資料集いるんだよね?」

女「うん。ロッカー?」




194 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:25:44.43 ID:kpd9BjsO0



女友「うん。ダッシュで行ってくる」

女「ん。いってらっしゃい」




195 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:26:30.02 ID:kpd9BjsO0







キーンコーン…


男「(…放送室行くか)」

男「(……)」




196 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:27:11.74 ID:kpd9BjsO0



男「(……どんなものが好みなんだろう…?)」

男「(……いや。自分がいいと思ったものじゃないと、相手に伝わらない)」

男「…」




197 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:28:05.16 ID:kpd9BjsO0



昼休み


美術部
部室

シーン…


ガラ


女友「あ。…何してんの?」




198 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:28:45.83 ID:kpd9BjsO0



女「ん…いや別に」

女友「別にってことはないでしょ~?」




199 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:29:32.44 ID:kpd9BjsO0



女「しずかに、ぼーっと、してんの」

女友「…ならここのスピーカーきろうか?」




200 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:30:26.94 ID:kpd9BjsO0



女「いいの。そのままで。」

女友「あ、そ。昼ごはんは?」




201 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:31:16.57 ID:kpd9BjsO0



女「もう食べちゃった」

女友「はや」

女「んー」紙パック茶ピュー




202 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:31:58.42 ID:kpd9BjsO0



女友「今日いい天気だよ?屋上は?男くんは?」

女「なんか『はてな』が3つもあるね」




203 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:32:36.02 ID:kpd9BjsO0



女友「…ねぇ」

女「なに?」




204 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:33:56.14 ID:kpd9BjsO0



女友「もしかしてさ」

女「ん」




205 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:34:34.62 ID:kpd9BjsO0



女友「男くん、ここにくる?」

女「来ないよ」




206 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:35:05.35 ID:kpd9BjsO0



女友「あ、なら一緒に食べるか」

女「どしたの?」




207 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:35:45.84 ID:kpd9BjsO0



女友「…あ、もしかして放送部とか?いや、それはないか」

女「…」




208 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:36:37.68 ID:kpd9BjsO0



女友「え」

女「…」

女友「そうなの?」




209 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:37:11.67 ID:kpd9BjsO0



女「…女友って、昔から勘良すぎない?」

女友「あ、ほんとに放送部なんだ?」




210 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:37:40.98 ID:kpd9BjsO0



女「そうみたい」

女友「へえー何か意外ね」

女「ん」




211 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:38:27.38 ID:kpd9BjsO0



女友「それでひとり、静かなここにいるわけね」ニヤリ

女「…ん。教室はちょっとね」




212 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:38:55.30 ID:kpd9BjsO0



女友「そうねー」ニヤニヤ

女「なにー」




213 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:39:39.10 ID:kpd9BjsO0



女友「や、何でもないよ別にー?羨ましいなぁ~って」ニヤニヤ

女「それ、何でもなくなくない?」




214 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:40:15.34 ID:kpd9BjsO0



女友「ぴんぽーん、正解は」

女「…」

女友「はいはいはい。そんな顔しない」




215 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:40:51.61 ID:kpd9BjsO0



女「越後製菓でしょー」

女友「そろそろ女用の新しいフリ考えなきゃなぁ」

女「いいから」

女友「ふふふ」




216 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:41:17.37 ID:kpd9BjsO0



ブーブー

女「?」




217 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/06/17 00:43:41.25 ID:kpd9BjsO0



女友「あ、電話。行かなきゃ。じゃね~」

ガラ パタン

女「…(…?何しにきたの?)」





キーンコーンカーンコーン…




221 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:41:22.44 ID:qhydMABm0



…キーンコーンカーンコーン


女「…(始まる。窓開けよ)」スッ




222 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:42:09.61 ID:qhydMABm0



ガラガラガラガラ

スーッ
カーテン フワーッ


女「んー(…風が気持ちいいー)」ノビー




223 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:42:59.34 ID:qhydMABm0







スピーカー
--------------------
ひかりのふるさと
青葉市子
うたびこ
--------------------



女「(…あ、始まった…)」


女「…」




224 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:43:45.74 ID:qhydMABm0



フワー
女「…」

女「…(いいなー)」

女「…」茶スー




225 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:44:24.72 ID:qhydMABm0



女「…」

女「(…柔らかくて綺麗…)」




226 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:45:07.63 ID:qhydMABm0



女「…(…ひかり…透明…)」

女「…(…音楽室…廊下…青空…屋上…)」

女「…(…色んなものが見えてくる)」


女「…」


カーテン フワリ






227 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:45:51.51 ID:qhydMABm0



--------------------
トランジスタラジオ
山崎まさよし
COVER ALL HO!
--------------------



女「…(次は何かな)」

女「…」

女「…(…夏が始まるなー…)」




228 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:46:36.39 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(あ、いい)」




229 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:47:44.14 ID:qhydMABm0



女「…」

女「(これ男と同じだ。山崎まさよしかな……たばこは、なかったけど)」




230 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:48:25.89 ID:qhydMABm0



鳥チュンチュン


女「…(面白い歌詞)」

女「…」

女「…(なんか…会いたいな)」




231 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:49:35.67 ID:qhydMABm0



女「…」

女「(…曲名なにかなあ)」


女「…」茶ピュー


カーテン フワー






232 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:51:02.78 ID:qhydMABm0



--------------------
Blackbird
Kenny Rankin
Silver Morning
--------------------



女「…」

女「…(…優しい…木漏れ日かな…)」




233 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:51:46.68 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(何て言ってるんだろ…?)」




234 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:52:33.30 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(今日はこういう感じなんだ)




235 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:53:05.82 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(…空がきれい)」

女「…」




236 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:53:46.21 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(男も…見てるかな)」

女「…」



チュンチュン






237 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:54:46.78 ID:qhydMABm0



--------------------
森花処女林
井上陽水
カシス
--------------------



女「…(あ、これ知ってる)」

女「…」




238 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:55:53.20 ID:qhydMABm0



女「…」

女「…(ゆったりだな)」




239 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:56:28.66 ID:qhydMABm0



女「…」

女「(…歌う声が澄んでて…正月のおとそみたいな感じ…あ、確かに。)」




240 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:57:07.87 ID:qhydMABm0



女「(…オムレツに顔書きたい)」

女「…(ナイフで裂いたら半熟のやつがいいなー)」




カーテン スー







241 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:57:59.77 ID:qhydMABm0



男『今日の曲目は…

女「ん」




242 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:58:40.18 ID:qhydMABm0



女「…(…そらそうか)」

男「…山崎まさよしでトランジスタラジオ…」

女「(トランジスタラジオね)」




243 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 21:59:32.29 ID:qhydMABm0





キーンコーン…



女「(終わっちゃった)」

女「…(全部良かったな)」スッ

女「(夜メールしてみよ)」




244 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 22:00:21.11 ID:qhydMABm0



放送室


男「…」カチャ トン

男「…終わった」

男「…(夏休みまでに、久石譲のSummerだな)」




245 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 22:01:06.46 ID:qhydMABm0



男「…」

男「(…今日は空が綺麗だ)」

男「…」




246 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/07/09 22:02:11.89 ID:qhydMABm0



男「…」

男「(…女も…見てるかな)」

男「…」



チュンチュン






248 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/07 17:35:33.83 ID:jO626/3r0





キーンコーン…
HR後



E組

女「…」

女「…さて」


女「…(…今日は作品進めないと…さき帰っちゃうかな…)…でもまあ、そうだよね」

スッ 

スタスタ…

モブ「?」


 

249 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/07 17:37:01.35 ID:jO626/3r0



B組

男「…」

男「…行くか」


男「…(…放送部の月例会議か…面倒だ)」

スッ

スタスタ…




つづく。


250 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:18:47.79 ID:OiHSdYo70






キーンコーン…
最終下校時刻


下駄箱



女「あ」

男「お」




251 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:20:27.86 ID:OiHSdYo70



女「今帰り?」

男「女も?」

女「うん。美術部だから」

男「美術部なんだ?」




252 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:21:35.42 ID:OiHSdYo70



女「そう。男は?」

男「放送部の会議」




253 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:22:13.87 ID:OiHSdYo70



女「ん、じゃあさ」

男「帰ろうぜ」

女「うん!帰ろー」




254 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:23:12.33 ID:OiHSdYo70



スタスタ


女「あ、自転車か」

男「いいよ」

女「…今日さ、歩いて帰らない?」

男「へいき?」




255 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:24:07.68 ID:OiHSdYo70



女「だいじょうぶ」

男「…そうしよう。今日、空綺麗だし」

女「あ。男も見てた?」




256 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:24:55.92 ID:OiHSdYo70



男「女も?」

女「うん。なんか、嬉しい」

男「今日は特に綺麗」

女「ね」




257 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:25:55.33 ID:OiHSdYo70



スタスタ
カラカラ…



男「日が延びたな」

女「のびたねー」

男「雲からこぼれてないやーつだけど、へいき?」

女「あはは。うん。へいき」

男「そっか」




258 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:26:47.54 ID:OiHSdYo70



女「うん。天使の梯子でしょ?」

男「そう」

女「あ、今日の放送良かったよ」

男「良かった。ありがとう」




259 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:27:29.65 ID:OiHSdYo70



女「どういたまして」

男「ハマった?」

女「今世紀最大にねー」

男「それ力水じゃん」

女「よく分かるね」




260 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:28:16.57 ID:OiHSdYo70



男「よく飲んだ。炭酸入りのスポーツドリンクみたいな」

女「ビンのやつで」

男「デカビタか迷うんだ」

女「あはは。そうなんだ」




261 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:28:57.41 ID:OiHSdYo70



男「ん。…今日の中で、どの曲が1番好き?」

女「全部好きな感じだったよ。2曲目のさ」

男「うん」

女「トランジスタラジオってさ」

男「うん」




262 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:29:39.03 ID:OiHSdYo70



女「どのアルバムに入ってるの?」

男「…」ガサ

女「?」

男「これ」ス




263 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:30:25.34 ID:OiHSdYo70



女「あ、これ初めて見る」

男「このアルバムは全部カバーなんだ」

女「新曲っていうか、オリジナルじゃないんだ?」

男「そう。もとはRCサクセションの曲で」




264 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:31:13.97 ID:OiHSdYo70



女「え、デイドリームビリーバーを歌ってる人の、違うバンド?」

男「そう。知ってるね」

女「いやCMで使われてて、声が気になって調べたことあって」




265 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:32:14.97 ID:OiHSdYo70



男「そうなんだ。ボーカルの忌野清志郎さんはキングオブロックって異名があるらしい」

女「へえー。なんか、世の中にはキングオブ なんとか がたくさんいるね」

男「確かに」




266 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:32:51.37 ID:OiHSdYo70



女「マイケルもでしょ?」

男「ああ、MJね」

女「そう、それそれ」




267 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:33:33.39 ID:OiHSdYo70



男「これを聴いてて思うんだけどさ」

女「うん」

男「昔はトランジスタラジオだけど、歌詞を現代版に変えるとさ」

女「?」




268 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:34:41.67 ID:OiHSdYo70



男「屋上で聴いてるのは、スマホのラジオアプリなんじゃないかな、と思うんだ」

女「ああ。なるほど」

男「でもそれじゃ、なんだか今過ぎて、違う雰囲気になるなあってさ」




269 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:36:31.42 ID:OiHSdYo70



女「たしかに…内ポケットにーいつもー、スマホノラジーオ アプーリー、ごろわる!」

男「はは。な」

女「デジタル感が雰囲気変えちゃうなあ」

男「うん。そう思う」




270 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:37:33.56 ID:OiHSdYo70



女「でも山崎まさよしなら、早口で歌いそうだよね」

男「ありえる」

女「3曲目は何て歌ってるの?」

男「あれは、もとはビートルズの曲で」




271 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:38:17.06 ID:OiHSdYo70



女「あ、そうなんだ」

男「うん。それの木漏れ日で弾いてるバージョン。勝手な解釈だけど」

女「はは。でもそう思う。そんな感じしたよ」




272 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:38:58.22 ID:OiHSdYo70



男「今日みたいな空でさ、昼寝とかして」

女「頭空っぽにするの?」

男「そう。女の得意なやつ」




273 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:39:46.01 ID:OiHSdYo70



女「なーんか褒められてる感ないんですけど」

男「そんなことない。自然体だから」

女「さらに褒められてる感減ったよ?」




274 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:40:38.28 ID:OiHSdYo70



男「褒められたい?」

女「そりゃあ多少はね」

男「…女ってさ、雰囲気良いよな」

女「えっ」




275 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:41:20.67 ID:OiHSdYo70



男「ウソ」

女「えー」

男「じゃない」

女「えー…」




276 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:41:59.80 ID:OiHSdYo70



男「気が済んだ?」

女「少しは…でもさ」

男「?」

女「自分だけ相手を褒めるなんて、ズルくない?」




277 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:42:46.07 ID:OiHSdYo70



男「どうして?」

女「今度はわたし」

男「ほら、その感じ。良いじゃん」




278 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:43:36.28 ID:OiHSdYo70



女「だから」

男「はいはい、どうぞ。良いのよろしく」

女「…そう言われると何かなぁ」




279 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:44:15.83 ID:OiHSdYo70



男「乙女心は複雑だ」

女「あ、バカにしてるでしょ?」

男「女がそう思うなら。俺は違うけど」

女「なーんか、イライラするなぁ」




280 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:44:58.30 ID:OiHSdYo70



男「男はイライラさせるのプロいよ」

女「逆にお金払えって感じ」

男「イライラした?」




281 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:46:16.34 ID:OiHSdYo70



女「請求額はなかなかだよ」

男「からかいました。もう、しますん」

女「どっちだよー」




282 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:47:20.85 ID:OiHSdYo70



男「ほら。…だから、いじめたくなった。生まれてはじめて」

女「にしては手慣れてる感あったけど?」

男「初めてにしては、優しくいじめることが、できたと思います」




283 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:48:21.74 ID:OiHSdYo70



女「優しくいじめるって、なんか矛盾してない?」

男「優しい嘘みたいな」

女「そういうこともやるんだ?」

男「相手が相手ならね」




284 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:49:07.84 ID:OiHSdYo70



女「ああ、そうですか」

男「怒った?」

女「怒ってない」




285 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:49:56.08 ID:OiHSdYo70



男「ほんとは怒ってるね」

女「いいえー」




286 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:50:31.85 ID:OiHSdYo70



男「じゃあ嬉しかった?」

女「いいえ」




287 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:51:11.67 ID:OiHSdYo70



男「ほんとは怒ってるでしょ」

女「いいえ。しつこい」




288 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:51:48.63 ID:OiHSdYo70



男「あ、ヨーグルトですか?」

女「いいえ、ケフィアです。って、ばかか!」




289 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:52:37.08 ID:OiHSdYo70



男女「「…」」

男女「「っぷっ…」」

女「あはは」




290 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:53:23.85 ID:OiHSdYo70



男「いじめがいがあるって言われない?」

女「言われるかも」

男「すごいよな」




291 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:54:06.12 ID:OiHSdYo70



女「何が?」

男「よくフリが分かるなって」

女「まぁ、鍛えられるからね」




292 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:54:46.19 ID:OiHSdYo70



男「鍛えられてるの?」

女「あ、うん。なんか、そういうの担当みたい」

男「…やっぱさ」




293 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:55:27.46 ID:OiHSdYo70



女「?」

男「良いよな、雰囲気」




294 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:56:09.25 ID:OiHSdYo70



女「…」

男「…」

女「じょーだん?」




295 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:56:53.54 ID:OiHSdYo70



男「いや、『本気』と書いてマジ」

女「『嘘』って書いて、リップサービスじゃないの?」

男「…それさ」

女「?」




296 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:58:16.86 ID:OiHSdYo70



男「もらっていい?」

女「芸人か」

男「いいえ」




297 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 04:59:03.76 ID:OiHSdYo70



女「あー、言わなきゃ良かった」

男「ヨーグルト、スキ?」

女「え、まぁ」

男「ドシテスキ?」




298 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:00:06.80 ID:OiHSdYo70



女「え、お腹に優しいし」

男「あとは?」

女「…あまi―」

男「アリガトーウ」




299 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:01:01.14 ID:OiHSdYo70



女「…」

男「…怒った?」

女「はい」

男「あ、マジだ」




300 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:01:45.83 ID:OiHSdYo70



女「分かる?」

男「伝わる」

女「どんな風に?」

男「なんか、」

女「ドォーモアリガトーウ」




301 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:02:28.73 ID:OiHSdYo70



男女「「…」」

男女「「…っぷっ」」

男「なんだよ」ハハ




302 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:03:52.73 ID:OiHSdYo70



女「お返しにー」

男「やられた」

女「たまには、私も?やりかえさなきゃ」




303 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:04:30.16 ID:OiHSdYo70



男「1本とられたな」

女「トゥーシェね」

男「トゥーシェ?」




304 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:05:30.65 ID:OiHSdYo70



女「フランス語で『1本とられた』って意味」

男「フランス語なんだ?」

女「うん。海外ドラマで使ってた」




305 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:06:20.14 ID:OiHSdYo70



男「うん」

女「もじゃもじゃした犬みたいな警官が」

男「うん」

女「綺麗な捜査官と話してるの」

男「小気味いい感じで?」




306 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:07:00.81 ID:OiHSdYo70



女「そう」

男「そういうの覚えてるんだ?」

女「そりゃフラれるの担当だし?」

男「はは、そっか。あ、そういや」




307 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:07:42.82 ID:OiHSdYo70



女「ん?」

男「マルシェもフランス語じゃなかった?」




308 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:08:29.67 ID:OiHSdYo70



女「カレー?」

男「それはハウス」




309 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:09:58.23 ID:OiHSdYo70



女「上がってんの?」

男「皆はっきり言っとけ!」

女「あがってーる」

男「じゃなくて」




310 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:13:07.52 ID:OiHSdYo70



女「うん」

男「楽しかった?」

女「うん。男は?」

男「フられるって、こんな感じだよな」




311 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:14:36.37 ID:OiHSdYo70



女「どっちが好き?」

男「うーん。場合による」




312 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:15:26.91 ID:OiHSdYo70



女「親しい友達となら?」

男「半々」

女「私と、だったら?」




313 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:16:07.41 ID:OiHSdYo70



男「そりゃー」

女「ドウモアリガトーウ」

男「いま絶対くると思った」

女「2-1ねー」

男「まったく」




314 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:16:50.35 ID:OiHSdYo70






テクテク…
カラカラ…



女「あ、あそこ曲がる」

男「ん」




315 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:17:39.79 ID:OiHSdYo70



女「今日は歩いてくれてありがと」

男「こちらこそ、どういたまして」

女「ふふふ」




316 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:18:13.49 ID:OiHSdYo70



男「いま言わせたな」

女「バレたか」

男「…あ」




317 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:19:15.48 ID:OiHSdYo70



女「?」

男「これ、CD」

女「?どうして?」




318 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:19:52.33 ID:OiHSdYo70



男「初めて見る、って言ってたから」

女「え、でも」

男「他のも良い曲だから。聴いてみて。はい」スッ




319 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:20:57.71 ID:OiHSdYo70



女「ん。…ありがと」

男「どれが好きだったか、感想」

女「うん。分かった。ありがと、嬉しい」




320 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:22:23.84 ID:OiHSdYo70



男「言わないよ」

女「えー」

男「もういいだろ、今日は」

女「分かった。じゃあ」

男「?」




321 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:23:00.89 ID:OiHSdYo70



女「メール、するね。感想」

男「ああ。待ってる。…けど」

女「?」




322 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:24:00.27 ID:OiHSdYo70



男「今日は俺からする。そうさせてくれ。頼む」

女「…分かった。じゃあ、待ってる」




323 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/08/23 05:24:50.65 ID:OiHSdYo70



男「さんきゅ。それじゃ」

女「ん。あとでね」









恋の8合目  おしまい




326 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:34:15.67 ID:oe3Y2Ll00





男 部屋

ブーッ

スッ
男「?もしもし」




327 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:43:36.47 ID:oe3Y2Ll00



男友『お、ういす。昨日は自転車サンキュな。実はお願いなんだけど、明日の帰りも借りれたりする?』

男「良いけど何かあったのか?」




328 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:45:41.72 ID:oe3Y2Ll00



男友『あした妹迎えに行くんだけどさ、俺のチャリいま撤去所にあって。遅いとあいつ悲しむから早めに行ってやりたいんだわ』

男「良いよ。分かった」




329 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:47:58.13 ID:oe3Y2Ll00



男友『助かる!これで泣かれずに済むわ!』

男「兄貴もいろいろ大変だな」




330 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:49:16.21 ID:oe3Y2Ll00



男友『うちは共働きだからな。しょうがない。あ、女さんとはどうなった?』

男「どうなったっていうか、今日も一緒に帰った」

男友『良いじゃん。やるじゃん』

男「なんだよそれ」




331 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:53:55.00 ID:oe3Y2Ll00



男友『お前はオクテっていうか、むず痒いからなー。出過ぎたか、くらいがちょうどいい』

男「俺は出過ぎてるのか?」

男友『いや詳しくは分からんが、その心持ちは忘れない方がいんじゃないか?』

男「そうか。そうかもな」




332 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:55:03.22 ID:oe3Y2Ll00



男友『でも女さんは、そういうとこも分かってるのかもな』

男「奥手なところか?」

男友『そう。引っ込んでるところも分かってて接してるのかもしれん』

男「よく分かるな?どうしてそう思うんだ?」




333 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:56:17.26 ID:oe3Y2Ll00



男友『いや、なんとなくだよ。2人のときの空気が、何となく優しかった感じしたからな』

男「そうか?」

男友『間違いない。喜んでいいことだと思うぜ』




334 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:57:33.00 ID:oe3Y2Ll00



男「…さんきゅ。でもよく分かるな。俺は雲を掴むみたいな感じだ」

男友『人のことならよく分かる、ってやつ。当人はそれが普通だろ』




335 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:58:11.80 ID:oe3Y2Ll00



男「そういうもんか」

男友『そういうもんだ』




336 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 03:59:01.18 ID:oe3Y2Ll00



男「お前はどうなんだ?」

男友『俺は今それどころじゃない感あるんだよ。妹の世話もあるし』

男「今それどころじゃないなら、いつ来るんだよ。気になる人くらい居そうだけど」




337 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:00:03.88 ID:oe3Y2Ll00



男友『まぁな。…お前さ、E組の女友さん知ってるか?』

男「うーん、分からん」




338 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:01:04.70 ID:oe3Y2Ll00



男友『よく女さんと一緒にいるんだ。活発な感じの人で』

男「…もしかしたら、すれちがってるかも。気になるんだ?」

男友『なんか、なんとなくなー』




339 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:02:00.90 ID:oe3Y2Ll00



男「話したりは?」

男友『それは、まだなんだけどな』

男「伝えてみようか?」

男友『女さんに?なにを?』




340 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:03:22.52 ID:oe3Y2Ll00



男「男友が女友さんのこと、気になってるみたいって」

男友『お前、そりゃ出過ぎだろ』




341 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:05:00.84 ID:oe3Y2Ll00



男「そうか?」

男友『そうだよ、2段は飛ばしてる』




342 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:05:43.98 ID:oe3Y2Ll00



男「でもお前だったら悪い気はしない。あとは好みの問題だ」

男友『人のことだと言うなー』




343 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:06:21.14 ID:oe3Y2Ll00



男「そういうもん、だろ?」

男友『はは、そうだな』




344 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:08:07.66 ID:oe3Y2Ll00



男「それとなく聞いてみる。タイミング良いときに」

男友『サンキュ。あ、妹が呼んでるから切るわ。それじゃな。いろいろありがとな』

男「うす。鍵、明日渡すわ。さんきゅ、じゃな」

男友『ういすー』

スッ




345 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:09:09.32 ID:oe3Y2Ll00



女 部屋


ブーブー

女「ん?メール」




346 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:10:09.57 ID:oe3Y2Ll00



女友『もうメールした?』

女『だれに?』




347 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:10:56.83 ID:oe3Y2Ll00



女友『男くんにー』

女『今日は待ちみたい』




348 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:11:42.47 ID:oe3Y2Ll00



女友『待ちって?』

女『今日は自分から送りたいんだってさ』

女友『どうして?』




349 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:12:30.15 ID:oe3Y2Ll00



女『分からないけど、何となく固定観念があるんじゃないかな』

女友『連絡は男からするもの的な?』

女『そんな感じかなぁ、たぶん』




350 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:13:12.02 ID:oe3Y2Ll00



女友『そんなことないのにね』

女『まね。でもそういうこと言いそうだし、それが男っぽい』




351 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:13:58.07 ID:oe3Y2Ll00



女友『へぇ~そういうとこも好き?』

女『ニヤニヤしてない?いま』




352 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:14:35.88 ID:oe3Y2Ll00



女友『してないよ~』

女『なら良いけど』




353 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:15:31.23 ID:oe3Y2Ll00



女友『どういう所に惹かれるのかは知りたいけどね』

女『一言で言うと、不器用なところかな』




354 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:16:24.62 ID:oe3Y2Ll00



女友『高倉健さん的な?』

女『もっと爽やかだけどね』




355 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:17:31.47 ID:oe3Y2Ll00



女友『あとはどんな所?』

女『あとは話が合うとことか。もっと話したりして、もっとたくさん知りたい』




356 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:18:17.16 ID:oe3Y2Ll00



女友『一緒にいて楽しいんだ?』

女『うん。楽しいよ』




357 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:19:03.69 ID:oe3Y2Ll00



女友『それが大事よね。明日も一緒に行くの?』

女『まだ分からない』




358 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:19:48.47 ID:oe3Y2Ll00



女友『誘ってこなかったら、自分から誘う?』

女『うーん、たぶんね』




359 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:20:45.90 ID:oe3Y2Ll00



女友『たぶんって?』

女『誘ってくる気がする。いや正直に言うと、誘ってきて的な意味で笑』

女友『その本音だいじ笑』




360 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:22:37.55 ID:oe3Y2Ll00



ブブブー

女「あ、メールきた」

女『大切にするよ笑 男からメール着たから返信するね』




361 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/09/06 04:23:46.25 ID:oe3Y2Ll00



女友『はーい、また明日ね~』

女「(…気になるんだろうなあ)」




365 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 11:25:57.11 ID:+uMt4Goy0



スッ

男『CD、どうだった?』

女『良かったよ。トランジスタラジオも良いけど、Sweet Memoriesと、いかれたBabyも好き』




366 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 11:49:05.97 ID:+uMt4Goy0



男『良かった。好きそうな気がしたんだ』

女『ありがと。男のオススメをもっと聴きたい』




367 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 11:51:27.69 ID:+uMt4Goy0



男『どんなのがいい?』

女『最近たまたま気付いたんだけど、明るい曲は、ほど良く明るい方が好きで、悲しい曲や切ない曲は、とことん突き詰めてるのが好きなんだ』




368 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:08:27.28 ID:+uMt4Goy0



男『暗い曲は?』

女『あんまり聴かないかな』




369 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:10:06.29 ID:+uMt4Goy0



男『分かった。用意する』

女『ありがと』




370 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:11:11.91 ID:+uMt4Goy0



男『言ってほしい?』

女『だよね笑 今日はもう良いけど、明日も聞ける?』




371 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:38:01.60 ID:+uMt4Goy0



男『好きだね。言うよ、たぶんたくさん』

女『すきだよ。』




372 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:38:50.30 ID:+uMt4Goy0



男『明日の朝は何かある?』

女『なーんにもないよ』




373 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:40:01.95 ID:+uMt4Goy0



男『それなら一緒に行くのはどう?』

女『行く。今度は急がずに笑 でも自転車じゃなくて良いの?それが気になってて』




374 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:42:45.93 ID:+uMt4Goy0



男『ありがとう。明日は自転車貸すから学校の最寄り駅からになるけど、それでも良い?』

女『1つ提案していい?』




375 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 12:58:47.62 ID:+uMt4Goy0



男『なに?』

女『私もさ、自転車で行ってみるから、2人で押しながら行ってみない?』




376 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:07:13.33 ID:+uMt4Goy0



男『良いけど、良いの?』

女『うん。電車だと混んじゃうし、あんまり話せないから』




377 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:10:55.23 ID:+uMt4Goy0



男『そっか。良いね、楽しそう』

女『じゃあ決まりね。時間は何時が良い?』

男『今日帰り別れた所に、7時45分は?たぶん8時25分までには学校に着くよ』




378 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:11:52.31 ID:+uMt4Goy0



女『分かった。そうしよう。今日はどうして自分から連絡するって言ったの?』

男『最初に送られるより、自分から連絡するべきだと思ったんだ』

女『どうして?』




379 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:13:15.98 ID:+uMt4Goy0



男『男は待ってないで、自分から発信するべきだから。その方が自然だと思う』

女『そうなんだ。嬉しいし、そういうことを言っても違和感なく聞こえる。それって魅力だよ』




380 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:14:20.74 ID:+uMt4Goy0



男『ありがとう。それでも男がどんなに発信しても、男は女性に選ばれてる気がするよ』

女『それって、お互い様じゃない? 誰でも良いってわけじゃないだろうし。 それに逆のことだってあると思うよ』




381 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:15:22.11 ID:+uMt4Goy0



男『そうかなあ。でもまぁ、そうなんだろうね』

女『腑に落ちない感じ?』




382 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:19:07.40 ID:+uMt4Goy0



男『いや、俺は女性になったことないから分からないけど、「そういうものかな」って感じてるんだ』

女『私も男性になったことないけど、選ばれてる女もいると思うよ』




383 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:19:48.71 ID:+uMt4Goy0



男『それって、何か寂しいな。女性は男を選ぶ側にいるべきだよ』

女『優しいんだね。私は男性も女を選ぶ側にいてほしいし、選ぶ・選ばれるは男女関係なくお互い様だと感じるかな』




384 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:20:54.25 ID:+uMt4Goy0



男『そういうものかな。でも何より、こういう話が異性と出来るっていうのが嬉しいなって思った。生まれて初めてだから』

女『私もだよ。嬉しいです。何て言うべきかな。嬉しがってくれて、ありがとう?』




385 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:21:41.45 ID:+uMt4Goy0



男『どういたまして』

女『言ってくれるんだ笑』




386 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:22:35.44 ID:+uMt4Goy0



男『本気と書いて「マジ」だからさ笑』

女『リップサービスじゃなくて?笑』




387 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:23:17.78 ID:+uMt4Goy0



男『リップサービスはもっと軽いときやるよ笑』

女『分かった笑 楽しみにできたりする?』




388 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:24:12.79 ID:+uMt4Goy0



男『たぶん。発信するのと相手を喜ばせるのが、男の仕事だし』

女『じゃあ、それもお互い様で女の仕事にさせてもらいます』

男『ありがとう。』




389 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:24:56.61 ID:+uMt4Goy0



女『それが嬉しいけど、キリがないから止めとくよ笑』

男『キリないな笑 分かった』




390 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:40:53.28 ID:+uMt4Goy0



女『夕飯なんだった?』

男『今日はマーボー春雨。大好きなんだ。たまに、すごく食べたくなる』




391 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:44:34.19 ID:+uMt4Goy0



女『そうなんだ。どういうところが好き?』

男『味かな。 ご飯が止まらなくなる、あの感じ』




392 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:45:18.04 ID:+uMt4Goy0



女『1回ご飯の上に乗せたりする? 私はする笑』

男『絶対にやる笑 汁がもったいない』




393 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:48:48.42 ID:+uMt4Goy0



女『そうそう!あの汁が美味しくさせてるもんね。汁もいく?笑』

男『少し。ほんとは全部いけるけど笑 とにかくもったいない感じ』




394 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 13:49:40.44 ID:+uMt4Goy0



女『笑 そのもったいない感じ、すごくよく分かる。 ご飯に合うオカズは、自分の味方っていうか笑』

男『確かに笑 小さい頃は食べられるものが今より少なかったから、それの名残かな』




395 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:03:53.16 ID:+uMt4Goy0



女『そうかもね。嫌いなものを避けられるようになったし』

男『女の場合は、自分で作れるからすごいよな』




396 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:05:37.41 ID:+uMt4Goy0



女『そうかな?我が強いだけだよ笑』

男『そういうところが魅力なんだろうな』




397 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:06:49.85 ID:+uMt4Goy0



女『褒め合いだね笑』

男『さっきのお返し』




398 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:12:37.34 ID:+uMt4Goy0



女『そっか笑 ありがとう』

男『今日の夕飯の予想は?』




399 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:13:54.31 ID:+uMt4Goy0



女『今日は炒め物かな。換気扇によると、テフロンで炒めてるぜ!って感じでした笑』

男『その返しは嬉しいな。 テフロンってなに?』




400 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:15:43.13 ID:+uMt4Goy0



女『フライパンの種類だよ。テフロン加工って言って、汚れが落ちやすくなってるの』

男『初めて知ったよ。鍋の種類で匂いが変わる?』




401 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:17:18.17 ID:+uMt4Goy0



女『変わるよ。家庭科で習わなかった?』

男『どんな風に? 完全に忘れてる』




402 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:20:04.63 ID:+uMt4Goy0



女『テフロンのフライパンは火の入り方が違うし、他にも色々あるんだけど、匂いとか湯気の温度が違うから感じれば誰でも分かるよ』

男『そうなんだ。料理も奥が深そうだ』




403 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:21:44.76 ID:+uMt4Goy0



女『うん、ときどき嫌になっちゃうくらい深いよ笑 たぶん今日は肉と野菜の炒め物。おそらく、チキン笑』

男『もし正解なら、あした何か奢る笑』




404 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:23:04.41 ID:+uMt4Goy0



女『やった笑 あ、土曜も良いよ?笑』

男『チキンハヤシの味次第だな笑』




405 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:24:58.82 ID:+uMt4Goy0



女『今ので気合いが入りました』

男『おす。楽しみにしてる』




406 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)[saga] 2014/10/12 14:26:05.25 ID:+uMt4Goy0



女『ありがとう。 今から夕飯だから当ててきます』

男『外れないんだろうな笑 行ってらっしゃい』




408 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[saga] 2014/11/10 15:27:17.91 ID:zLbWrG7J0



男 部屋

zero7/This World




男「…」



つづく


412 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:15:21.07 ID:jsgu4l8e0



Bee Gees/How Deep Is Your Love




男「…(今まで聴いてきた曲が、今までと違って聴こえる…)」




413 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:17:31.46 ID:jsgu4l8e0



ゴロン



男「(…女…)」

男「…」

男「(…一生懸命な時の顔、綺麗だよな)」




414 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:19:20.04 ID:jsgu4l8e0



ブーッ


男「…」



スッ




415 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:20:14.04 ID:jsgu4l8e0



女『当たってたよ~中華風でした』

男『おめでとう。中華風って?』

女『「中華あじ」っていう調味料が入ってたから、中華風だよ』




416 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:34:53.54 ID:jsgu4l8e0



男『よく分かるな。好きな味?』

女『好きな味だったよ。結構分かりやすいんだ、味を決めちゃうから』




417 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:35:46.27 ID:jsgu4l8e0



男『顆粒の出汁みたいなやつ?』

女『そこに調味料を加えた感じかな。便利なんだよね』

男『そうなんだ。調味料と、でじる、だな』




418 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:45:22.15 ID:jsgu4l8e0



女『分かって言ってるでしょ笑』

男『鉄板ネタだから笑』

女『そういうことは憶えてるんだね笑』




419 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:47:25.79 ID:jsgu4l8e0



男『こういうのは絶対忘れない笑 家庭科は今も全くダメだけどさ』

女『そうなの?匂いで中身が分かるのに?』




420 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:48:21.55 ID:jsgu4l8e0



男『感じることはまだ出来るみたいなんだけど、作ったり縫ったりNG』

女『事務所に止められてるの?笑』




421 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:49:44.31 ID:jsgu4l8e0



男『小学生の頃からだから、もう10年?』

女『10年以上じゃない?笑』

男『家庭科担当になってもらいたいくらいだよ』




422 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:50:37.63 ID:jsgu4l8e0



女『本気と書いて、まじ?』

男『リアルガチで』

女『何か嘘くさい笑』




423 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:51:16.74 ID:jsgu4l8e0



男『俺もそう思う笑 でも本当に』

女『私でいいの?』




424 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:52:06.02 ID:jsgu4l8e0



男『っていうか、女が良いんだけど』

女『私は何をしたらいいですか?』

男『まずは土曜の昼食を作ってくれたまえ』




425 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:52:53.46 ID:jsgu4l8e0



女『かしこまりました。』

男『それって家政婦?』

女『よく分かるね、ミタさんのまね笑』




426 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 01:53:48.44 ID:jsgu4l8e0



男『やっぱり笑 相変わらず少し古いな笑』

女『男には言われたくないなあ~』

男『いや、せめてお互いさまじゃないか?笑』

女『確かに笑 その方がしっくりくる笑 古い話題が通じないときって、どうしてるの?』




427 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:01:16.97 ID:jsgu4l8e0



男『こういう話題は女にしか喋らない。あとは自転車貸した男友くらいだな』

女『そうなんだ。もっと話してもいいよ~??』




428 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:01:58.65 ID:jsgu4l8e0



男『いや、何かもったいない気がする』

女『えー笑 どうして?』




429 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:03:58.01 ID:jsgu4l8e0



男『女と話してると自然な感じがするんだ。その感じって、なかなか無いから、メールじゃなくて会って話したくなる。何かすごく不思議な感じ。それが上手く言えないんだけど』

女『じゃあたくさん会って、たくさん喋ろう。私もそうしたいな』

男『そうしよう。土曜、大学行ったあとは時間ある?』




430 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:04:49.26 ID:jsgu4l8e0



女『その日は1日空いてるよ』

男『じゃあ散歩でもしよう。疲れたら甘いものでも食べようぜ』

女『良いね、男の奢りだね笑』




431 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:05:30.82 ID:jsgu4l8e0



男『はいはいはい』

女『その言い回し、マネする笑』




432 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:06:38.22 ID:jsgu4l8e0



男『珍しいよな。ふつう、そんなこと言わないと思うけど』

女『そうかな、まわりが良さに気づいてないだけだよ。私は、何で気づかないんだろう?って思うよ』




433 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:07:19.62 ID:jsgu4l8e0



男『そういうもんかな。嬉しいけどさ』

女『けどって?』




434 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:08:03.22 ID:jsgu4l8e0



男『いや、まわりが何考えてるのか、よく分からないから』

女『私も、男が何を考えてるのか分からないよ笑 でも、知りたいって思う。男が何を考えてるのか教えてほしいです』




435 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:08:42.03 ID:jsgu4l8e0



男『いくらでも教えるよ。何を知りたいの?』

女『たとえば、男が好きな曲とか、好きなアートとか、あとは人の好みとかさ』




436 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:09:28.02 ID:jsgu4l8e0



男『好きな曲は今度聴かせるよ。好きなアートは色々あるから話す。俺も女の好みを知りたいし、 話を聞きたい。人の好みも、自分でもまだよく分からないから、逆に女が何を考えてるのかを教えてほしいって思ってる』

女『ありがとう。私もさ、自分の好みを完全に把握してるわけじゃないんだ。だから、だんだん知っていければいいのかな』




437 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:09:59.94 ID:jsgu4l8e0



男『そう思う。自分の好みって、分からないものは本当に分からないもんな』

女『そうだね。そういうのってさ、ふとしたときに分かるときあるよね』




438 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:10:43.25 ID:jsgu4l8e0



男『あるある。なんでもない時に自分を理解するの、けっこう楽しいよな』

女『うん。そういうときに「いま何考えてるんだろう?」って思うよ』




439 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:11:27.92 ID:jsgu4l8e0



男『そっか。ふとしたときって、無防備で、ぼーっとしてるときだな。屋上いるときとか』

女『そうなんだ。屋上好きだもんね笑』

男『人のこと言えないだろ笑』




440 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:12:22.78 ID:jsgu4l8e0



女『まあね~笑 まだメールしてたいけど、そろそろお風呂に入ります。時間見てびっくりした笑』

男『分かった。俺もそうする。こういう話、誰かに初めて話したよ。女って、受け皿がひろいよな。それが女の魅力だと思う。なかなかいない、女くらい優しくて強い人は』

女『どうしたの?』




441 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:12:57.67 ID:jsgu4l8e0



男『いや、どうもしない。ずっと思ってたんだ。優しい人は強いんだよ』

女『いや、どうもしてるよ笑 お風呂入れなくなっちゃったじゃん』




442 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:13:46.52 ID:jsgu4l8e0



男『どうして?』

女『だって急に褒めるし』

男『さっきのお返し。まだ他にもあるんだ』




443 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:14:19.16 ID:jsgu4l8e0



女『それって、新手のいじめだよ』

男『別に冗談で言ってるわけじゃない。感じたままだよ』

女『だから、その直球がいじめなんだってば』




444 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:15:02.23 ID:jsgu4l8e0



男『風呂に入れなくなったから?』

女『それに、眠れなくもなるかも』

男『でも嘘じゃない。これが俺の気持ちだから』




445 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:15:34.61 ID:jsgu4l8e0



女『はい、もうおしまい』

男『傷つけたなら謝るよ。ごめん』




446 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:16:33.69 ID:jsgu4l8e0



女『そうじゃないです。ただ、私にも男に伝えたいことがたくさんあるんだよ。でも今じゃないと思うから、言わないの。ちゃんと会って伝えたいから。だから、またあした。絶対遅れないよ』




447 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2014/12/24 02:17:25.98 ID:jsgu4l8e0



男『分かった。俺も遅れないようにする。 それじゃ、またあした』

女『うん。分かった、おやすみなさい』




つづく。



452 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 18:04:07.81 ID:IeIICEyF0






女「あ、もういた」

男「おはよう」




453 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 18:21:34.00 ID:IeIICEyF0



女「おはよ。待った?」

男「そうだな。8時間以上は」




454 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 18:22:42.13 ID:IeIICEyF0



女「あはは。そうだね」

男「ああ。行こうか」

女「うん」




455 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 21:40:46.96 ID:IeIICEyF0



カラカラ…カラカラ


男「入った?風呂」

女「うん。入ったよ。長湯しちゃってさ」




456 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 21:41:33.06 ID:IeIICEyF0



男「のぼせた?」

女「少しだけ。お風呂長く入れる?」




457 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/02/25 21:43:24.73 ID:IeIICEyF0



男「入れるよ。熱いのが好きだな」

女「43℃くらい?」




458 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:37:31.91 ID:IeIICEyF0



男「そうだね。女は?」

女「私は41℃くらいがいいかな」




459 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:45:20.42 ID:IeIICEyF0



男「入りながら、ぼーっとする?」

女「するする。かなり好きな時間なんだ」




460 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:47:38.53 ID:IeIICEyF0



男「そういうときに自分に気づいたりしない?」

女「するね。メールのやつだね」




461 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:48:25.05 ID:IeIICEyF0



男「うん。自分を知るっていうか、確認してるって感じだよな」

女「確かにね。嫌なこととか、失敗したこととかも思い出したりする?」




462 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:49:09.37 ID:IeIICEyF0



男「ああ。思い出したくないことも思い出すよ」

女「そういうときはどうしてるの?」




463 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:49:51.95 ID:IeIICEyF0



男「どうしてるって?」

女「対処法?みたいのがあるの?」




464 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:50:31.42 ID:IeIICEyF0



男「うーん。さっさと忘れる、かな」

女「ん、やっぱそれだよね」




465 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/02/25 23:55:08.22 ID:IeIICEyF0



男「女もそういうときがあるんだ?」

女「あるある。苦さで声が出そうになるよ」

男「あはは。よく分かる」




470 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:33:41.63 ID:e4aqCoXb0



女「男も声が出る?」

男「でるよ」



471 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:34:26.62 ID:e4aqCoXb0




女「そうなんだ。ちょっと意外かな」

男「そう?」

女「うん」



472 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:34:57.89 ID:e4aqCoXb0



男「そういうときは、アウトプットすると良いって聞いた。さっさと忘れるために」

女「アウトプット?」




473 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:36:00.19 ID:e4aqCoXb0




男「そう。声に出したり、紙に書いたり『発散』すると良いって」

女「あーなるほどね」

男「うん」



474 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:36:55.85 ID:e4aqCoXb0



女「男はさ、どんな感じなの?私は、んー!ってなる」

男「はは。俺も堪える感じだな」




475 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:37:42.93 ID:e4aqCoXb0



女「グッ!って?」

男「そう。そんな感じ。足を強くにぎる時がある」




476 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:38:31.98 ID:e4aqCoXb0



女「それって、足痛くならない?」

男「なる。やりすぎると特に」




477 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:39:06.61 ID:e4aqCoXb0



女「でも止めないんだね」

男「クセだからさ。足の痛みで、どれだけ悔しいかが分かる」




478 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:39:51.14 ID:e4aqCoXb0



女「あはは。分かりやすくていいね」

男「もっと力を抜ければいいんだけどさ」




479 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:40:23.26 ID:e4aqCoXb0



女「力みの失敗って多いもんね。そのために瞑想したりしてるの?」

男「うん。ゆるーくしたいんだ。俺はただでさえ重心が重い気がするから」




480 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:45:35.45 ID:e4aqCoXb0



女「重心が重い、か。じゃあ軽い人って、どんな人?」

男「うーん…ちびまる子ちゃんの山田くんとか」




481 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:48:43.05 ID:e4aqCoXb0



女「あはは。確かに」

男「ちょっと違うか。でも、結構憧れるよ」




482 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/24 01:52:46.31 ID:e4aqCoXb0



女「どうして?」

男「…きっと自分にないものだからだな」



つづく




485 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/06/22 10:03:10.22 ID:YYNijX5KO



女「じゃあ、ないものねだりだね」

男「ああ…そうなんだろうな」




486 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/06/22 10:09:48.56 ID:YYNijX5KO



女「でも…その代わりに、別のものがもうたくさんある、ってことなんじゃないかな」

男「別のもの?」





487 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/06/22 10:11:38.91 ID:YYNijX5KO



女「うん。男にしかないものがさ」

男「…俺にしかない…どんなもの?」




488 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/06/22 10:14:32.00 ID:YYNijX5KO



女「んー、男の魅力、かな」

男「魅力か。俺にもあるのか?それ」




つづく




490 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/22 01:57:10.79 ID:sogriCaX0



女「たーっくさん、あるよ」

男「そうなのか?」




491 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/22 01:59:05.42 ID:sogriCaX0



女「うん。本気と書いて、マジ」

男「ライバルと書いて、トモ?」




492 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/22 01:59:58.24 ID:sogriCaX0



女「それ、漢字じゃなくない?」

男「っていうか、ライバルって、トモになりえるのか?」





493 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/22 02:01:10.83 ID:sogriCaX0



女「うーん、どうだろうね」

男「経験がないからわからん」




494 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/22 02:02:30.32 ID:sogriCaX0



女「男は、自分の道を行くって感じだもんね」

男「…なあ、その道には他に誰もいないのか?」




つづく



495 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:03:31.46 ID:RsdK+co80



女「誰かが、そばにいてほしい?」

男「…ずっと1人は嫌だよ。俺は1人も好きだけど、ずっとひとりは嫌だよ」




496 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:04:39.05 ID:RsdK+co80



女「やっぱり、そうだよね。でもさ、ならどうして彼女がいないの?」

男「うーん」





497 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:06:09.61 ID:RsdK+co80



女「誰かに言い寄られたりしない?」

男「告白されたことはあるよ。でもさ」




498 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:06:52.95 ID:RsdK+co80



女「でも?」

男「何となく分かるんだよ」




499 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:07:28.59 ID:RsdK+co80



女「何を?」

男「何でも話せる相手にはならないだろうなって」





500 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:08:25.03 ID:RsdK+co80



女「自分をさらけ出せないってこと?」

男「ああ。話してて、深い話のキャッチボールが上手くいかないだろうなっていうのを、雰囲気から感じちゃうんだよ」





501 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:09:32.90 ID:RsdK+co80



女「それはどうして分かるの?」

男「相手は自身のことだけで精一杯なんだろうなって感じたり、女には言ったけど、受け皿が小さく感じたり、価値観が自分とは違ったりしてさ」




502 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:10:28.56 ID:RsdK+co80



女「あー、なるほどね。そういうのも分かっちゃうんだ」

男「ん。自分に合いそう合わなそうっていうセンサーが、敏感なんだと思う。俺はクセが強いから」




503 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:11:09.73 ID:RsdK+co80



女「そのセンサー、あるよね。今までに良かった人はいる?」

男「いるけど、友達のお母さんとかだよ」





504 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:11:52.17 ID:RsdK+co80



女「あら。禁断の恋にはならなかったの?」

男「そういうんじゃない」




505 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:12:41.31 ID:RsdK+co80



女「あらら、それは分からないよ~?向こうはその気があったのかも?」

男「それじゃ昼ドラだ。…っつうか、その顔、楽しんでるな」




506 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:13:24.64 ID:RsdK+co80



女「えへへ。バレたか。どうして分かったの?」

男「顔がニヤついてる。攻めるのを楽しんでる、って感じだな」





507 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:14:27.25 ID:RsdK+co80



女「だってそんなこと出来るとは思えないんだもん~」

男「どうして?」




508 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:15:53.93 ID:RsdK+co80



女「だって、メールですら『男たるもの、かくあるべし!』って感じだからさ。そういうことを器用に出来るとは思えないよ」

男「…そうだな。図星で何も言えない」




509 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:17:08.92 ID:RsdK+co80



女「堪忍した?」

男「ああ。堪忍した」




510 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:17:41.35 ID:RsdK+co80



女「参った?」

男「参りました」




511 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:18:19.99 ID:RsdK+co80



女「許してくれる?」

男「別に怒ってない」




512 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:18:58.93 ID:RsdK+co80



女「負けてくれてありがとう」

男「どういたまして」




513 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/04 02:19:48.28 ID:RsdK+co80



女「ふふふ」

男「また言わせたな」

女「バレました。ごめんなさい」




519 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/10/02 00:51:04.49 ID:WvGtFAEiO





テクテク カラカラ…

女「男はさ」

男「ん?」

女「不器用なところが魅力だよ」

男「不器用が魅力?」



つづく

521 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/24 01:55:43.13 ID:rEAQtLpHO



女「うん。不器用な誠意が伝わるところ」

男「不器用な誠意って?」

女「男の、一生懸命なところ。伝えてくれようとする、意志っていうか」

男「意志か」




522 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/24 01:57:03.33 ID:rEAQtLpHO



女「うん。あんまり器用じゃないから、伝わるの」

男「矛盾はしてない?」

女「してないよ。むしろ効果的」

男「そっか」




523 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/24 01:58:05.52 ID:rEAQtLpHO



女「うん。あとは、自分が見えてるところ」

男「うーん、見えてるといいんだけど」

女「だって、自分は重心が重い人間だ。なんて、同年代から聞いたことないよ」

男「みんなは、分かってはいるんだけど、自分に気付いてないだけだよ」




524 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/24 02:00:00.15 ID:rEAQtLpHO



女「じゃあ、それに気づいてるところ」

男「なんで気づかないんだろうな」

女「考えてもないんじゃないかな。それが普通だと思う」

男「俺は普通じゃないか」




525 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/11/24 02:01:33.08 ID:rEAQtLpHO



女「うん。そこがすごく魅力だよ」

男「そうか?」

女「うん。それを、ちゃんと会って伝えたかったんだ」

男「…嬉しいよ。そう言ってもらえるのは」




529 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/12/04 01:21:13.95 ID:kxQcNuNFO



女「伝わってるなら嬉しいな」

男「…自分のこと、肯定してもらえてる気がする」

女「男のこと、否定なんてしないよ」




530 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/12/04 01:29:00.27 ID:kxQcNuNFO



男「…何だか…今まで生きてきたことが全部、認められたような気さえする」

女「誰かに認めてほしかったの?」

男「…そうなんだろうな。同年代とは話が合わないし、基本は1人だから」





531 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/12/04 01:48:35.25 ID:kxQcNuNFO



女「昨日言ってた、男友君とも合わない?」

男「いや…あいつだけだな。話が合うのは」

女「そうなんだ」





つづく



533 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:46:00.97 ID:vrQsD+7ZO



男「女も、そう」

女「ん」

男「女となら、ずっと話していられる」




534 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:47:01.30 ID:vrQsD+7ZO



女「それは、私もだよ」

男「ん」

女「…あしたもさ」




535 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:50:34.56 ID:vrQsD+7ZO



女「一緒に登校できる?」

男「ああ。俺も、そう思ってた」

女「やった」




536 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:52:11.87 ID:vrQsD+7ZO



男「時間が足りないな」

女「ね。もう着いちゃう」

男「…ああ」




537 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:52:55.66 ID:vrQsD+7ZO





高校 門
ガヤガヤ


女「今日はサボらないの?」

男「今日はサボらなくてもいけそうだ」




538 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:56:51.08 ID:vrQsD+7ZO



女「そっか。じゃあ、またお昼一緒に食べようよ」

男「食べる。…今日の放課後、空いてる?」




539 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:57:49.93 ID:vrQsD+7ZO



女「放課後?うん、空けられるよ?」

男「伝えたいことがあるんだ」

女「…なんだろう、な」




540 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 23:59:19.32 ID:vrQsD+7ZO



下駄箱


女「その、伝えたいこと、って、返事が必要なこと?」

男「…ああ。でも、なくてもいいし、その返事が何であれ、受け止めて大切にする。伝えることに意味があるんだ」




541 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 00:01:35.91 ID:u9SO3zIfO



女「そうなんだ?」

男「うん。ちゃんと、伝えたい」

女「ん。わかった。…じゃあ、楽しみにしててね」




542 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 00:04:15.44 ID:u9SO3zIfO



男「…。…ありがとう」

女「どういたまして~」




543 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 00:05:23.37 ID:u9SO3zIfO



男「出たな。今度こそ、あーん、してもらう」

女「え、ほんとにしてあげるよ?」




544 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 00:06:31.82 ID:u9SO3zIfO



男「ほんとに、楽しみにしてる」

女「楽しみにしてくれて、ありがとう」




545 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 00:08:47.54 ID:u9SO3zIfO



男「はいはいはい、どういたまして」

女「あはは。じゃあ、またあとでね。待ってるから」




546 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2016/01/21 00:13:05.65 ID:u9SO3zIfO



男「ん。さんきゅ」

女「ん。それじゃあね」









恋人のはじまり
おしまい




547 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/21 11:46:04.61 ID:denLrPI9O

いいね


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1400590727/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP