PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:06:42.71 ID:dxGPNkojo

勇者「フハハハハッ! 来てやったぞ、魔王!」

魔王「フハハハハッ! その度胸だけは誉めてやる!」

勇者「フハハハハッ! ほざけ、返り討ちにしてくれるわ!」


魔王「…………」

勇者「…………」


魔王「返り討ちは私の台詞……」

勇者「あ、ごめん、つい……」


魔王「…………」

勇者「…………」


2 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:10:15.02 ID:dxGPNkojo

魔王「フハハハハッ! そう落ち込むな、勇者よ! 間違いは誰にでもある!」

勇者「フハハハハッ! それもそうだな、魔王よ!」

魔王「フハハハハッ! まずは遠路はるばる来た勇者に冷たい氷水を与えてやろう! 感謝するがいい!」

勇者「フハハハハッ! いきなり氷責めで来るとは流石は魔王だな!」


魔王「…………」

勇者「…………」


魔王「ネタバレした……」

勇者「あ……」


魔王「…………」

勇者「…………」

3 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:11:19.21 ID:dxGPNkojo

勇者「フハハハハッ! ネタバレしたぐらいでダメになるような弱い魔法ではあるまい!」

魔王「フハハハハッ! それもそうだな! 我は最強だからな!」

勇者「フハハハハッ! さあ、かかって来い、魔王め!」

魔王「フハハハハッ! ならばお望み通り、氷の塊をくれてやる! 極大氷魔法!!」バッ

ドゴンッ!!!

勇者「フハハハハッ! この程度か、魔王よ! 極大炎魔法!」

ジュワッ!!

魔王「……え?」

勇者「フハハハハッ! 折角の氷が消えてしまったな! 魔王の実力はこの程度か!」


魔王「…………」

勇者「…………」


魔王「頑張ったのに……」

勇者「あ……。ごめん……」


魔王「…………」

勇者「…………」

4 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:11:52.98 ID:xw7vfb6+o

勇者「フハハハハッ! それなら次は俺の番だな!」

魔王「うん……」

勇者「あ、あの、ホントごめんな……」

魔王「平気……」


勇者「…………」

魔王「…………」


勇者「……大丈夫?」

魔王「……」コクッ

5 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:12:30.43 ID:dxGPNkojo

勇者「フハハハハッ! では行くぞ!」

魔王「フハハハハッ! 来るがよい、勇者よ!」

勇者「極大風魔……うっ!」グラッ

魔王「フハハハハッ! いきなりどうした! 勇者よ!」

勇者「お腹痛い……」

魔王「え」


勇者「うぅっ……。急に痛くなって……」

魔王「……だ、大丈夫? 薬持ってこようか?」

勇者「大丈夫……。俺、勇者だし……。魔王に助けてもらうなんて恥だし……」

魔王「でも……。スゴい辛そうだよ……? やっぱり薬持ってきた方がいい?」

6 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:13:12.08 ID:xw7vfb6+o

勇者「フハハハハッ! バカめ、油断したな! 食らえ、極大氷魔法!」バッ

ドガンッ!

魔王「てい」パシッ

勇者「あ」


魔王「…………」

勇者「…………」


魔王「騙した……」

勇者「いや、でも、戦いだし」

魔王「心配したのに……」

勇者「ご、ごめん……」

7 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:13:42.86 ID:xw7vfb6+o

勇者「もうしないから……ね?」

魔王「……ホントに?」

勇者「うん。約束する」

魔王「……指切り」スッ

勇者「うん」スッ


魔王「指切りげんまん♪」

勇者「嘘ついたら針千本飲ーます♪」

魔王「指切った♪」


勇者「フハハハハッ! 覚悟しろ、魔王よ!」

魔王「フハハハハッ! ほざけ、返り討ちにしてくれるわ!」

8 : 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします[saga] 2016/01/20 02:14:37.72 ID:xw7vfb6+o

< 勇者ちゃん、魔王ちゃん、お待たせー。ご飯が出来たわよー

勇者「ホント! 母さん!」

魔王「わーい!」トタタタッ

勇者「あ、待って!」トタタタッ

< あらあら二人とも元気ね。何して遊んでたの? また勇者魔王ごっこ?

勇者「うん! 俺、大きくなったら勇者になって魔王を倒すんだ!」

魔王「私はそのお手伝いで、大賢者になるの!」

< そう。それは凄いわね。二人とも、魔法の才能は天才的ですもの。大賢者なら夢じゃないかもしれないわ。でも、勇者はちょっと無理があるかなあ

勇者「何で? 俺、絶対強くなるよ!」

魔王「そうだよー。勇者は強くなるんだもの!」

< それでも無理よ。だって、今は魔王がいないんですもの。平和な世の中だからそれは無理なの





14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 12:10:56.86 ID:GoxA8OqFo

この二人が将来本当に魔王と勇者になったら…悲しいなぁ

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2016/01/20 12:27:34.50 ID:yvRYlVrlo

可愛らしい



元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453223202/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP