PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:04:06.64 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「いってぇな!!」


大河「あ、あああんたがこっぱずかしいこと言うからでしょ!?」


竜児「今さら恥ずかしいも何もねぇだろ!?」

大河「まったく…コレだから盛りのついた犬は。あーいやだいやだ」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:06:08.22 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「ぐっ…感動的なラストシーンを台無しにしやがって…」プルプルプル

大河「じゃあ何?『私も大好きだよ竜児ぃ~♡』とでも言えって?ないわー。あんた、どんだけあたしを美化してんのよ」

竜児「い、1年だぞ!?そんだけ待ったんだから、少しくらいご褒美くれてもバチは当たらないんじゃねーか!?」

大河「あのね竜児。飼い犬が飼い主を待つのは当然なの。世の中には死ぬまで飼い主を待つ犬だっているんだから」

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:08:02.30 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「俺は忠犬ハチ公かよ…」

大河「まぁ、でも…ちゃんと待てが出来た犬に、ご、ご褒美が無くもないわけではないわ!」

竜児「ご褒美…?」キョトン

大河「あんた、私のこの格好を見てなんか言うことないの?」ヒラッ

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:10:01.63 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「…ッ!?……セーラー…服…だと…?」ゴクリ

大河「ようやく気付いた?…ご、ご褒美としては、ちょっと甘やかし過ぎなような気もするけど、特別に視姦しても良くてよ?」

竜児「視姦って…お前意味わかってんのか?」

大河「はいっ!もう見ちゃダメ!あー危なかった。危うく妊娠するところだったわ…」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:12:02.34 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「するわけねぇだろ!?」

大河「ツバを飛ばさないで。ほんとに妊娠したらどうするの?」

竜児「お前は俺をなんだと思ってんだよ…」

大河「あんたがこの1年でどんだけ性欲を貯めていたかと思うと、ガードが固くなるのも当然じゃない」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:14:02.25 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「アホなこと言ってないで帰るぞ。今日はお前の好物作ってやるから」

大河「ほんと!?ねぇねぇ竜児!私、鳥ドーン!がいい!」

竜児「鳥ドーンって…クリスマスじゃねぇんだから…」

大河「んーじゃあ、あれ作ってよ」

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:15:14.72 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「あれ?」

大河「チャーハン!」

竜児「チャーハン?せっかくのお祝いだってのに、そんなんで良いのか?」


大河「だって…思い出のチャーハンだもの」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:16:35.88 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「そういや、1番最初にお前に食わせてやった料理がチャーハンだっけか…」

大河「ね!再会に相応しいと思わない?」

竜児「おぅ。よし!んじゃあ、腕によりをかけて渾身のチャーハンを作ってやる!そしてお前に思い知らせてやる…以前の俺とは比べものにならないくらい進歩した俺の料理の腕前を!!」


大河「あ、そう言えばインコちゃん元気?」


竜児「話を聞けよ……」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:17:37.38 ID:lxgJkCBS0.net

竜児の家

竜児「とりあえず、中入れよ」

大河「……ぃま」ボソッ

竜児「は?」


大河「……た、ただいまって言ったの!」



竜児「…おかえり。大河」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:18:49.55 ID:lxgJkCBS0.net

大河「あれ?やっちゃん居ないの?」キョロキョロ

竜児「泰子は新人店員の面接中」

大河「スナックの?」

竜児「いや、お好み焼き屋」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:19:58.23 ID:lxgJkCBS0.net

大河「へ?やっちゃんスナックやめちゃったの?」

竜児「なんでもオーナーの意向で、新しく開店する新店舗の方を任されることになったらしい」

大河「それがお好み焼き屋?」

竜児「そういうことだ。ちなみに店名は『お好み焼き・弁財天国』だ」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:21:05.93 ID:lxgJkCBS0.net

大河「相変わらずなネーミングセンスね…」

竜児「まぁ店名はともかく、泰子が昼間の勤務になったのにはホッとしてるよ」


大河「……となると、今ここには竜児と私の2人っきり…?」ボソッ


竜児「ん?どうした大河?」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:22:22.61 ID:lxgJkCBS0.net

大河「へ?…あっ!…な、なんでもない!!…いいからとっととチャーハン作りなさいよ!!」

竜児「お、おぅ…?」

大河「ニンニクたっぷりでね!」ニコッ


竜児「おぅ!任せろ!!」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:23:31.01 ID:lxgJkCBS0.net

大河「竜児ー?まだー?」

竜児「今出来るぞー!…よし。完成」

大河「お皿、出してあげる!」

竜児「お前…ちょっとは気が効くようになったんだな」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:24:57.92 ID:lxgJkCBS0.net

大河「ちょっとってのは余計よ!ほらっ!さっさと盛り付けて!スカイツリーより高く!」

竜児「おかわりあるから、このくらいにしとけ」

大河「チッ!…今日のところはこのくらいにしといてやるか。ほら竜児!早く自分の分もよそいなさいよ!お腹が減ってもう待てない!!」



竜児(俺の分は運んでくれないんだな…)

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:26:06.33 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「はい。お待ちどお」

大河「いっただっきまーす!」ガツガツガツ

竜児「……どうだ?」

大河「美味しー!あんた、ほんと腕上げたわね。褒めて遣わすわ!」ガツガツガツ

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:27:08.52 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「そいつはどうも」

大河「でも…基本的な味付けは変わりないみたいね」モグモグ

竜児「不満か?」

大河「ううん!懐かしくなっただけ!」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:28:20.04 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「なぁ大河…お前覚えてるか?…あの襖」

大河「綺麗な花びらが貼ってあるわね?あんたのセンスにしちゃ上出来だわ」


竜児「お前が木刀で穴空けたから塞いだんだよ!!」


大河「私が?いつ?」キョトン

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:29:45.01 ID:vW1J3pzfa.net

原作分からんから画像頼むわ

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 22:01:34.77 ID:lxgJkCBS0.net

>>24
襖の花びら

参考までに
http://i.imgur.com/uwXs3a7.jpg

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:29:50.80 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「ほらっ!お前が北村へのラブレターを取り戻しに乗り込んで来たときのことだよ!!」

大河「ん~もう少しで思い出せそうなんだけど…竜児、とりあえずおかわり」

竜児「覚えてんだろ!?」

大河「もう少しこのチャーハンを食べれば思い出せる筈…!」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:31:40.15 ID:lxgJkCBS0.net

大河「ふぅ~食べた食べた。もうお腹いっぱい」


竜児「おい…米2合炊いたんだぞ…?それが空になるってどういうことだ…?」


大河「この1年で私もさらに進歩したってことよ」



竜児「食い意地が汚くなっただけだろうが!?しかも結局、自分の都合悪いことは思い出さねぇしよ…。お前、そんなに食ってよく体型とか崩れねぇな」

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:33:22.83 ID:lxgJkCBS0.net

大河「ちょっとヤダ。ジロジロ見ないで。また視姦するつもり?」

竜児「ちげーよ。ほら、手足の太さだって前と全然変わりないだろ?」


大河「手足は細くても身体はどうかしらね?」


竜児「大河…?」



大河「ねぇ竜児。……確かめてみる?」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:35:06.19 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「た、確かめるって何を…」


大河「だから、私の身体」


竜児「か、身体って…」ゴクリ



大河「あんたがどうしてもって言うなら…私は…」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:36:16.52 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「い、いや!いい!!け、結構です!!」クルッ

大河「どうして後ろを向くの?」

竜児「お、お前が変なこと言うからだろ!」



大河「前に言ったでしょ?あんたがどれだけ拒否しても、あたしが超えるって言ったら一線を超えるって」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:37:22.62 ID:lxgJkCBS0.net

ギュッ


竜児「た、大河…?」ドキドキドキ



大河「ぷっ…あははは!竜児、バカみたい」



竜児「へ?」



大河「体型を確かめるだけなら、こうして抱きしめてみればわかることじゃない。それなのにこんなに恥ずかしがっちゃって…バカみたい」クスクス

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:38:37.68 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「お、お前なぁ…」

大河「ほらっ!さっさとこっち向いて、ちゃんと抱きしめて」


竜児「お、おぅ…」


ギュッ


大河「ん…。それで?…どう?」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:40:02.43 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「ど、どうって…何が?」ドキドキドキ

大河「だから私の体型」


竜児「……相変わらずほせぇな。ちゃんと食ってんのか?」



大河「ん。褒め言葉ってことにしといてあげる」ギュウ

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:41:16.16 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「大河…会いたかった…」

大河「私も…竜児に会いたかった…」


竜児「こうして、お前を抱きしめてるなんて…夢みたいだ」



大河「じゃあ…夢かどうか…確かめてみなさいよ」

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:42:24.94 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「確かめるって…ど、どうやって…」

大河「……わかるでしょ?」

竜児「大河…」


チュッ


大河「はむっ………竜児、ニンニク臭い」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:43:48.56 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「お、お前だってニンニク臭いっつーの!!」

大河「それもそうね。ね、竜児」

竜児「なんだよ?」



大河「もう一回」

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:45:19.48 ID:lxgJkCBS0.net

チュッ


大河「………もう一回」


チュッ


大河「………もう…一回」




竜児「ッ…大河!!…もう…俺!」

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:47:04.09 ID:lxgJkCBS0.net

ガチャッ


泰子「たっだいまぁー!面接早く終わっちゃった!」


パッ


竜児「あっ…」


大河「おかえりやっちゃん!」


泰子「大河ちゃん!?帰って…来たの?…ふぇ~ん…大河ちゃん…おかえりぃ~!」ガバッ



大河「……ただいま。やっちゃん」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:48:57.21 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「………」

泰子「あれ?竜ちゃんどうしたの??」キョトン

竜児「いや…別に。……早かったな」

泰子「いや~それがさぁ~!なかなか求人集まらなくってさ…」シュン

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:50:32.37 ID:lxgJkCBS0.net

大河「新しいお店、人手が足りないの?」

泰子「そうなのよ~。はぁ…誰か元気の良い子居ないかなぁ…」


大河「……あたしがやろうか?」


泰子「えぇ!?良いの?大河ちゃん!!」


竜児「おいおい…本気か?」

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:51:58.89 ID:lxgJkCBS0.net

大河「どうせすることもないしね。もちろんやっちゃんが雇ってくれるなら…だけど」

泰子「大歓迎だよ~!ありがとう大河ちゃん♪」


竜児「こりゃ大変だ…」クスッ


泰子「安心したらお腹空いちゃった~!竜ちゃんご飯まだー?」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:54:06.17 ID:lxgJkCBS0.net

竜児「あ、すまん。今から飯炊くからちょっと待ってろ」

泰子「やっちゃんもう待ちきれないよぉ!」

大河「私も手伝う。……ご飯なくなっちゃったの、私のせいだしね」

竜児「お、おぅ…」ドキドキドキ
(クソ…さっきのこともあって妙に意識しちまう)

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:56:01.50 ID:lxgJkCBS0.net

大河「あんた…さっきは残念だったわね」クスクス

竜児「う、うるせぇな…」ドキドキドキ


大河「言ったでしょ?ガードは固いって!」ニッコリ



竜児「……あんだけキスせがんでよく言うよ」ボソッ

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2016/01/09 21:58:01.98 ID:lxgJkCBS0.net

大河「竜児?なんか言った?」ギロリ

竜児「なんでもねぇよ」



インコちゃん『も、もう一回!!』


泰子「あれ?どうしたのインコちゃん?」


インコちゃん『チ…チュッチュッ!もう一回!』





大河「う、うるさい!!バカインコー!!!」






FIN


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1452341046/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP