PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:19:00.15 ID:Tjx39Rgt0

実験作と言うか妄想の産物と言うか。
独自設定が多数含まれるのでご注意を…


2 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:19:47.20 ID:Tjx39Rgt0

P「………は?」

P「いやいやいや、おかしいだろ普通に考えて」

P「なんで俺はニビシティに来てるんだよ、おい」


3 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:20:22.71 ID:Tjx39Rgt0

P「…あ、ボール…」

ぼんっ

ヒトカゲ「かーげかげー♪」

P「……つまりアレか、ハードモードだと」

P「参ったなあ…そんで、可愛いじゃねえかおい…」ひょいっ

ヒトカゲ「かげー」

4 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:21:00.64 ID:Tjx39Rgt0

ーニビシティジムー

P「たのもーっ!!……てな」

P「一度言ってみたかったんだよ、この台詞。わかんない人はテレビアニメを見ようぜ」

P「さて、ゲームと同じならジムリーダーが…」


5 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:21:46.10 ID:Tjx39Rgt0





李衣菜「あ、来ましたね挑戦者!受けて立ちますよ!」


P「うわあロックなジムだなあ」

ーーーーーーーー

6 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:22:18.26 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「さあて…それじゃ、始めましょうか…」とんとん…

P「…いや、始めるならポケモン出しなさいよ」

李衣菜「へ、ポケモン?」

P「いや、イワークとかイシツブテとか、持ってるだろ?」


7 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:23:02.42 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「イヤだなあ、何言ってるんですか…ジムリーダーって言うのはポケモンとトレーナーの力量を図る仕事」

李衣菜「そのために、特殊な訓練を受けた私達アイドルが、ポケモン達の相手をする…それがジム戦ですよ」

P「何それこわい」

8 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:23:51.34 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「そんなに私の実力が知りたいと言うのなら仕方ありません…」

李衣菜「この私のロックな技の数々、見せてあげますよ!」

P「いや、だから俺は…」

ヒトカゲ「かげ!」ずいっ

P「な、おい、ヒトカゲ!お前まで…」


9 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:24:23.01 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「やる気はあるみたいですね…それじゃあ行きますよ! 試合、開始っ!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴ…

P「な…!?」

P(周囲の岩盤や岸壁から…欠片が浮かび上がっていく…?)

李衣菜「これが私の能力…『ステルスロック』です!」


10 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:24:54.18 ID:Tjx39Rgt0

P「………本当に、やる気なんだな」

ヒトカゲ「かげ!」

P「……仕方ないな」

P「おい李衣菜、火傷してから後悔するんじゃないぞ!」

李衣菜「そっちこそ、怪我してからじゃ遅いんですからね!…行きます!」


11 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:25:26.44 ID:Tjx39Rgt0

岩片が周囲に浮かび上がる…!

P(……しかし、あの岩はなんだ…?周囲に浮かぶばかりで無意味なように見えるが…)

P「考えててもしゃーないか…! ヒトカゲ、ひのこだ!」

ヒトカゲ「かーげーっ!」ぼおおおおおお…

李衣菜「……………」

12 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:26:03.93 ID:Tjx39Rgt0

P「よし、入った!」

李衣菜「甘いです!」きっ…

岩壁「じゃこん!」

P (な、さっきの岩か!重なり合って防壁になりやがった!)

ぼぼぼぼ……しゅううう…


13 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:26:33.30 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ステルスロックは岩を浮かせ、それを操作する技…」

李衣菜「ご覧の通り、うまく使えば防壁にも。そして…」すっ…

P「!」

李衣菜「こんな風に、攻撃にも使える!『ロックブラスト』!」

ひゅぅっ! ひゅん!ひゅん!ひゅん!

14 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:27:03.41 ID:Tjx39Rgt0

P「く…かわせ、ヒトカゲ!とにかくよく見て避けまくるんだ!」

ヒトカゲ「か、かげ!」こくん!

ヒトカゲ「かげ、かげ、かげ!」すか、すかっ…

李衣菜「まだまだ!このフィールドにある岩ならいくらだって…!」どごーん!どごーん!

李衣菜が手で誘導した方に、岩の欠片が撃ち出される…!


15 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:27:38.78 ID:Tjx39Rgt0

P「く…なんて技だ…! ロックロック言ってるだけあって、流石に岩の扱いに慣れてやがる」

ヒトカゲ「かげ!かげかげ!」

P「ん?……そうか!」

P「いくら岩が補充できようが、岩の操作をしているのは李衣菜じゃないか!」

P「そして、今は岩がこちらに射出されている状態…懐は無防備!」


16 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:28:34.88 ID:Tjx39Rgt0

P「ヒトカゲ!ダッシュで距離を詰めるんだ!」

ヒトカゲ「かげっ!」

李衣菜「えっ」

ヒトカゲ「かげかげかげかげか…」だだだだだ……

ぴょんっ……


17 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:29:09.70 ID:Tjx39Rgt0

P「ぶっ放せぇ!」

ヒトカゲ「かげーっ!」ぼぼぼぼぼぼ……

李衣菜「ひゃーーーっ!!!」どかかかかかか……

どっごおおおお………

P「はあ…はあ…」


18 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:29:37.46 ID:Tjx39Rgt0

ヒトカゲ「かげ!」しゅたっ…

P「……はは、お前、足が速いんだな…」

ヒトカゲ「かげ!」

もくもくもく…

P「……やったか……?」


19 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:30:25.55 ID:Tjx39Rgt0



ゴゴゴゴゴゴ……


P「な!?」

P(岩が……また!?)


20 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:30:55.10 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「……言いましたよね」

李衣菜「このフィールドにある岩なら、いくらでも動かすことができるんです…」

P「まだやるってのかよ…!」

李衣菜「勝負はまだ、付いてませんから!」

李衣菜「行きます!……『ロック』……」


21 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:31:32.99 ID:Tjx39Rgt0

P「『ブラスト』の方か! ヒトカゲ、もう一度さっきの…」

李衣菜「『ロックカット』!」

しゃききききき……ぃいいん!

P「い…っ!?」

P(自分の身体を、削って…!?)

22 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:32:07.66 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ここからは、本気ですよ…! 『ステルスロック』浮上して!」

ふわ…………っ

P(フィールド全体に岩が展開した…っ!)


23 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:33:03.17 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「…安心してください。この岩が一気にあなた達を襲うことはありません。」

李衣菜「これだけばらばらに浮かせると、それだけでエネルギーを使っちゃうんです」

P「それはいい情報だな…だが、言うからには勿論、悪いお知らせの方もあるんだよな?」


24 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:33:34.48 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「それは今からお見せします!」たん……っ!

P「飛んだ………高い…っ!?」

李衣菜「ロックカットは一時的に身軽になって自分の素早さを高める技…つまり…!」

李衣菜「『ロッククライム』!」

ばっ ばっ ばっ ばっ ばっ……


25 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:34:03.52 ID:Tjx39Rgt0

P「岩の上を、自在に…!」

李衣菜「こうして跳び回れば、その子の炎は絶対に食らいません!」

ヒトカゲ「かげ!?」

P「ぐ…ここへきて小賢しいマネを…!」


26 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:34:42.28 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「へへーん、こういうのはやったもん勝ちなんですよ!これで…」ばばばばば………

李衣菜「攻撃は…絶対に…!」ばばばばばばばば………

李衣菜「…………………」

P「……………?」


27 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:35:27.18 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜(………どうしよう)

李衣菜(このままだと私、攻撃できないじゃん!)ちーん……

ーーーーーーーーー


28 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:36:04.50 ID:Tjx39Rgt0


P「いやー、勝った勝ったぁ、ははは」

P「グレーバッジか…へえ、実物はこんな感じなんだなジムバッジって」

P「ヒトカゲもお疲れ様だったな」

ヒトカゲ「かげ!」(肩に乗ってる)


29 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:36:36.98 ID:Tjx39Rgt0

李衣菜「ちょっと!ひどいじゃないですか、いくらなんでも!」

李衣菜「普通、やけくそで覚悟決めて特攻決めた女の子に火の粉とか!」

李衣菜「おかげで服もほとんど焦げちゃったじゃないですか!もー!」ぼろっ……


30 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:37:30.83 ID:Tjx39Rgt0

P「いや、だって、あのスピードで上から降ってくるとか、もう俺が命令しなくても…なあ」

ヒトカゲ「かげ」←びびって勝手にやった。

李衣菜「それでも! ポケモンの面倒は普通トレーナーがちゃんと見るもので…!」

P「ああ、言ってなかったっけそういや」

李衣菜「?」


31 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:38:04.25 ID:Tjx39Rgt0

P「俺はトレーナーじゃない。俺の肩書きは「プロデューサー」だからな」けらけら…

李衣菜「あーー!ずっこい!!」

P「こーいうのは言ったもん勝ちなんだよーだ」

李衣菜「待てこの陰険プロデューサー!」

ーーーーーーーー

32 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:38:43.26 ID:Tjx39Rgt0

ぴぴぴぴぴ………

P「ん……朝…? 今、何時だ…」

P「って、やっべえ寝過ごした!?」

P「うわわ、遅刻遅刻…! ああ、社員証社員証…」

ころっ…


33 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:39:16.07 ID:Tjx39Rgt0

P「……ん? なんだこれ、バッジ…?」

P「っとと、こんな事してる場合じゃない!今日は朝から会議なんだって!」

P「急げーっ!」どたどたどた……ばたん…


34 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:39:44.06 ID:Tjx39Rgt0

ーーーーーーーー

ーーーーー

ーー


35 : ◆tPHkm/jYV.[saga] 2015/12/13 04:40:12.51 ID:Tjx39Rgt0



ーおしまい。





元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1449947939/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP