PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:33:28 ID:FmNS2xNw

今回は真面目にやります
NTR注意

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:34:17 ID:FmNS2xNw

ジャン「ふん……今更そんなこと言っても遅ぇんだよ」

ミカサ「ジャン、やめて……私にはエレンが」

ジャン「はっ、こんな時までエレンエレンかよ」

ジャン「まぁ安心しろよ、俺のことしか考えられなくしてやるからな……」

ミカサ「くっ……」ジタバタ

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:34:58 ID:FmNS2xNw

ジャン「おっと、抵抗しようなんて思わないほうがいいぜ」

ジャン「全身にクスリがまわって苦しくなるだけだからな……」

ミカサ「――――――っ!?」ビクンッ

ジャン「おっ、そろそろ効いてきたか?」

ミカサ(体が……熱い。まるで……)

ミカサ「っ……はぁ//」

ジャン「イイ……イイぞミカサ。すっげぇエロい……」

ジャン(闇市で手に入れた原料不明の媚薬。まさかこんなに効くとはな……)

ミカサ「エレン……」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:36:01 ID:FmNS2xNw

ジャン「またエレンかよ……」ハァ

ジャン「なぁミカサ、もう全身疼いてしょうがないんだろ?」

ミカサ「……そんな、ことは」

ジャン「どこから触ってほしい? ほら言えよ、お前の口から」

ミカサ「触らないで……」ハァハァ

ジャン「わかったよ、お望み通り御開帳してやるよ」カチャカチャ

ミカサ「やめて……!」

ジャン「へえ……体の方はそうは思ってないみてえだけどな!!」ガバッ

ミカサ「っ……!!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:37:00 ID:FmNS2xNw

ジャン「ほら見ろ! すっかり濡れてんじゃねえか」ニヤニヤ

ミカサ「ぁ……見ないで……」

ジャン「じゃあ触るのはどうだ?」ヌププ

ミカサ「あっ……!」ビクッ

ジャン「へえ……ミカサでも弄られるとそんな声出すんだな。まあ女だし当たり前か……」クチュクチュ

ミカサ「んっ……//」

ミカサ(嫌だ……気持ちが悪い……)

ミカサ(私の体に……エレン以外の男が……)

ジャン「すげえ……吸い付いてくるみてえだ。どんどん奥に入ってくぜ……」ヌプヌプ

ミカサ「あ……あぁ……っ//」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:38:27 ID:FmNS2xNw

クチュクチュ……トロトロ……

ジャン「はは、どんどん溢れてきやがる! おいミカサ、見てみろよ」

ミカサ「くっ……」ギロッ

ジャン「おいおい、そんな顔されたって煽るだけだっての……!」グププッ

ミカサ「ひぁ……んっ!!」ビクビクッ

ジャン「そうか、ココがいいんだな? ずっと弄っててやろうか?」グチュッグチュッ

ミカサ「あぁあっ……!!」ビクンビクン

ミカサ(駄目だ……抵抗したいのに、力が入らない……)

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:40:59 ID:FmNS2xNw

ジャン「だいぶ解れてきたな……もう三本も入っちまったぜ?」クチュクチュ

ミカサ(頭がぼやっとする……体が熱い。押し寄せる快楽に蕩けてしまいそう……)ハァハァ

ジャン「ミカサっ……! その表情たまんねえよっ……!」ゾクゾクッ

ミカサ(いっそ、このまま快感に身をゆだねてしまえば楽に―――)

ジャン「……こんな顔、エレンの野郎も知らねえんだろうな……」ボソッ

ミカサ(―――!! エレン!!」

ミカサ(そうだ……私の体はエレンだけのもの。誰にも犯させない……!!)グッ

ジャン「ミカサ……?」

ミカサ「ん……っ、ふ……」ググッ

ジャン(イクの堪えてやがる。可愛いな……)

8 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:44:29 ID:FmNS2xNw

ミカサ(ジャン……私はあなたのものにはならない……)

ジャン「強情な奴だな。いつまで持つかな……」

ミカサ(絶対に……耐えてみせる。腹筋に力を込めればこんなもの――)

ジャン「っと、ココばっか弄ってても可哀そうだよな」ズルズル

ミカサ「――っ!? 何を……」

ポタポタ……

ミカサ(私の体内から溢れ出た液体が、ジャンの手を伝って私の体を汚していく……)

ジャン「あぁ悪い、服汚しちまった。これじゃもう一人で帰れねえなあ?」ニヤニヤ

ミカサ(服の下を汚れた手が這い回る……体が震えるのは嫌悪感からか、それとも……)

ジャン「じれったいな」ビリビリッ

ミカサ(服を破かれ、露わになった腹部を遠慮なくまさぐられた)

9 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:47:07 ID:FmNS2xNw

ジャン「うお、ごつごつしてんな……女子とは思えねえ」サワサワ

ミカサ「んっ……」

ジャン「やっぱ腹筋かてえな……じゃあこっちはどうかな?」ギュムッ

ミカサ「あぁ……っ!」ピクンッ

ジャン「うはっ、おっぱい柔らけー! 鍛えても所詮は女なんだよな」モミモミ

ミカサ「ぁ……駄目……」フルフル

ジャン「乳首もこんなに固くしやがって……」クニクニ

ミカサ「あぁあああっ///」ビクンビクンッ

ジャン「おおっ、今の声すっげえ可愛い! もっと聞かせろよ……!!」グニグニモミモミ

ミカサ「あぁっ……あ……」ゾクゾクッ

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:49:21 ID:FmNS2xNw

ジャン「ミカサ……んっ……//」ペロペロ

ミカサ「はっ……くぅ……んんっ//」ジワァァ

ジャン「おっ……また濡れてきたか?」ズププッ

ミカサ「っ!?」ゾワッ

クチュクチュ……レロレロ……

ミカサ「あっ// ……ん、あぁああっ……//」

ミカサ(舐めては揉まれ、齧っては抓られ――)

ミカサ(ジャンは右手と舌で私の胸を弄びながら、左手で秘部を容赦なく責める)

ミカサ(秘所を突く指の動きが乱暴になるにつれ、乳首への攻撃はやむどころかますます激しさを増し――)

ジャン「っもう我慢できねえ……!!」チュウウウウ

ミカサ「す、吸わな、……っあ、ああぁあぁあああ―――っ!!!」ビクンッビクンッ

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:51:08 ID:FmNS2xNw

ミカサ (抵抗しなければ……そんな思いすら、寄せては返す快楽の波になすすべもなく打ち砕かれる)

ミカサ(すっかり敏感になってしまった私の体は、自分の意志とは無関係にあらゆる刺激に反応してしまい――)

ミカサ(……いや、私の意志がすでにそれを望んでいるのかもしれない)

ミカサ「ぁ……ぁ……」ガクガク

ジャン「どうした? 抵抗はもういいのか? ……その方がずっと可愛いぜ」ズチュッズチュッ

ミカサ(ジャンにいいようにされて、このまま――)

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:53:40 ID:FmNS2xNw

ミカサ「や……め……」ブルブル

ジャン「嘘つけよ、早くイキたいんだろ?」ニヤニヤ

ミカサ(もっと気持ち良くなりたい、早くイって、楽になりたい……)

ミカサ(私は考えずにはいられなかった)

ジャン「なぁ、もうこのままでいろよ。俺の前でだけ、誰にも見せないそのいやらしい顔見せてくれよ……ミカサ」

ミカサ(目の前の男がジャンではなく――)

ミカサ「……エレン」








ジャン「……は?」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:56:34 ID:FmNS2xNw

ジャン「……」

ジャン「……分かった、エレンが良いんだな」ハァ

ミカサ「え……?」

ジャン「そんなに嫌ならしょうがねえ、やめてやるよ」ズルズル

ジャン「酷いことして悪かったな。……立てるか?」

ミカサ「あ……」ヒクヒク

ジャン「なんだよ」

ミカサ「ま、待って……」

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:57:53 ID:FmNS2xNw

ジャン「待ってやるよ。一人でその恰好じゃいろいろ危ねえだろうし」

ミカサ「違う……」

ジャン「何が違うんだよ」

ミカサ「……」モジモジ

ジャン「俺に何か用か?」

ミカサ「……」コクッ

ジャン「だったらおねだりしてみろよ。ちゃんとできたらご褒美やってもいいんだぜ?」

ミカサ「……」ヒクヒク

ジャン「ほら、何してほしい? 言ってみろよ」

ミカサ「……欲しい」

15 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 03:59:26 ID:FmNS2xNw

ジャン「ん? 誰のナニが欲しいって?」ニヤニヤ

ミカサ「ジ……」

ミカサ(――違う)

ミカサ(私は……私は)

ミカサ(私は――――)

ミカサ「エレン、のが、欲しい」

ジャン「……っ!! こいつッ……!!」カアアッ






エレン「おい、何してんだよ」

16 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:01:44 ID:FmNS2xNw

ミカサ「……!! エレン……!!」

ジャン「てめえ! 何しに……いや、いいところに来たな」ニヤッ

エレン「何してんだって聞いてんだよ」

ジャン「見てわかんねえのかよ? ミカサを俺のものにするんだ」

エレン「は……?」

ジャン「ミカサはお前なんかにふさわしくない」

ジャン「家族の絆だなんだって、お前はミカサを縛り付けてるだけなんだよ」

ジャン「だから俺が自由にしてやるんだ。その方がミカサも幸せに決まってる」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:02:50 ID:FmNS2xNw

ジャン「さっきなんて俺の指だけですげえ気持ちよさそうにしてたぜ? お前にも見せてやりたか――」

ミカサ「やめて……!!」

エレン「やめろ!! このクズ野郎が!!!!」

ジャン「けっ、事実は事実だろうが」

エレン「吐き気がするぜ……」

エレン「……そうかよ」

エレン「お前、そんなに……」








エレン「俺のことが好きだったのかよ……//」

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:03:46 ID:FmNS2xNw

ジャン「……え?」











ジャン「……………………え????」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:05:00 ID:FmNS2xNw

ジャン「お、お前何言ってんだよ……? ミカサのこんな姿見て気でも狂っちまったか?」

エレン「もういい。お前の本心は分かってる」

エレン「全部俺の気を引くためにやったことなんだろ?」

ジャン「……………………………………………………………………………」カンガエチュウ

ポクポク チーン

ジャン「なん…………だと……?」

ジャン「嘘……だろ……?」

ジャン「ここまで……ここまでダラダラと予定以上にエロシーン引き延ばしといてだぞ、まさかのホモオチだなんてことが……」

エレン「考え直してみるとよくわかる……あれもこれも、俺へのアピールだったんだろ?そうなんだろ?」

ジャン(やだ……こいつ頭おかしい……)

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:06:53 ID:FmNS2xNw

エレン「だからってお前なあ、ミカサを巻き込むことはねえだろうが……!!」ギロッ

ジャン「そ、そうだ! ミカサからも何とか言ってやってくれよ!!」

ミカサ「そう……あなたはいつもエレンと一緒にいる私の事が気に食わなかった……」

ミカサ「それでこのような嫌がらせを……」

ジャン「違う、そうじゃない」

エレン「あーあー、もういいからそういうの。……ったく、こうなっちまったからには男として責任を取らなくちゃな」ヌギヌギ

ジャン「あっ、俺そろばん塾とダンス教室と通信空手が……」ソソクサ

エレン「もう堪忍しろよ、ジャン。お前はどっちにしろ掘られる運命なんだよ」ガシッ

ジャン「そ、そんな運命あってたまるか……」ガクブル

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:07:44 ID:FmNS2xNw

エレン「ミカサ……これから嫌なものを見ちまうかもしれねえが……」

ミカサ「……分かっている」

ミカサ「この世界は、残酷だ……」

エレン「そして、とても美しい……」ガバッ

ジャン「やめろおおおおおおおおお!!!!!!!! ち○ぽなんかに負けてたまるかああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!」

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:09:12 ID:FmNS2xNw

ミカサ(……ただひたすら、困惑した)

エレン「なあお前、ずっとこうされたかったんだろ? ノンケぶってねえで言えよ本音をよ……!!」パンパン

ミカサ(男が、男を掘るなんて……)

ジャン「ごめんなさいすいませんでした俺が悪かったです許してくださいなんでもしますから……」グスグス

ミカサ(聞いたことが、ない)

エレン「ジャン……内地に行かなくてもお前の膣内は快適だと思うぞ……?」ズコズコ

ミカサ(そして)

ジャン「俺はミカサが好きなんだ……ミカサ……見ないでくれ……どうしてこんなことに……」グスグス

ミカサ(微かに)

エレン「逆に教えてほしいね! こんな無様なアヘ顔晒しといて正気を保っていられる秘訣とかをよぉ……!!」ドピュルルルル

ミカサ(……高揚した)

ジャン「ミカサァァァァァァァァァッー!!!!!!!!!!!!!!!」

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:10:24 ID:FmNS2xNw

ジャン「ち○ぽには勝てなかったよ……」ガクッ

エレン「ふぅ……」

ミカサ「ふぅ……」

ミカサ(凄い……あれがエレンの……太さも長さも……//)ドキドキ

ミカサ(これでジャンはますますエレンの虜に……今後気を付けなければ……)

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:12:40 ID:FmNS2xNw

エレン「おい、なに寝てんだよ」ペシッ

ジャン「はうっ!?」ビクッ

エレン「早くケツ出せよ淫乱が。俺はまだまだ足らねえんだよ」

ミカサ(そして耐久力もある……と)メモメモ

ジャン「い、いやだ……もう勘弁してくだしゃい痛いのいやでしゅ……」ヒクヒク

エレン「嘘つけ。お前痛いの大好きなんだろ? ドMなんだろ? そもそもお前のドSキャラなんて無理があるんだよ最初から」ガスガス

ジャン「や……やめれ……」

エレン「メス馬のケツにビンタ!(キックも)」ボカッガスッ

ジャン「あひぃっ//」ビクンビクン

エレン「ほら見ろ感じてんじゃねえか。はい挿入しまーす」ズブズブ

ズッコンバッコンギッシンバッタンヤッサイモッサイラッスンゴレライ

ジャン「らめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!!!!!!!!!!」ドピューンドピューンドピューン

25 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:13:48 ID:FmNS2xNw

ジャン「はぁ……はぁ……黒髪おち○ぽ最高っ……//」グチャア

エレン「ふぅ、さすがに疲れたな……」

ミカサ「エレン、次は私としよう」ワクワク

エレン「ああいいぞ」ムクムク

エレン「けどな、ミカサ……俺、女とするの初めてなんだ」

エレン「だから……その」

エレン「優しく……してくれよな//」

ミカサ「分かった」

イチャイチャラブラブペロペロハムハムツルツルテカテカマルマルモリモリ

エレン「アッ―――!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ドピュウウウウウ

ミカサ(女性相手には早漏……と)メモメモ

26 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:14:32 ID:FmNS2xNw

翌日

エレン「ミカサ~///」チュッチュ

ミカサ「エレン~///」チュッチュ

アルミン「……」イラッ

アルミン「あの、二人は今日……すごく仲がいいね」

ミカサ「そ、そんな/// お似合い夫婦だなんて///」カァァ

エレン「気が早えよアルミン////」カァァ

アルミン「チッ……」


ジャン「うへへ……早くエレンの立体起動ケツにぶち込まれてえなあぁ……//」アヘアヘ

マルコ(クソビッチが……)

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:17:17 ID:FmNS2xNw

その夜

エレン「ほらよ」ポイッ

マルコ「ぺロッ……これはジャン!! どうして……!?」

エレン「こいつ雌になったからお前らの好きにしていいぞ」

ジャン「」アヘアヘ

マルコ「えっそうなの? ありがとう。でも僕はいいよ」ポイッ

ジャン「だ、誰でもいいから早く俺のち○ぽ穴ずぽずぽしてザーメンたっぷり注いでくれよぉ……//」アヘアヘ

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:19:06 ID:FmNS2xNw

男A 「うわぁ……やらしいなあ。女みたいだって馬鹿にしてた僕にこんな風にされてどんな気持ち……?」クチュクチュ

男B「ほら、飲み込んで……僕の超大型巨人……っ」ズプズプ

男C「なあ、ケツの穴ほじくるってそんな気持ちいいのか? 俺バカだからわかんねーなー」

男D「男同士……オエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!!!!!」ゲロロロロロロロ

男E「ったく、ミカサ一筋の俺が掘ってやってるだけでも感謝しろよ」パンパン

男F「あっ!!! 気持ちいいっ!!!! ハ○ナのガバ○ンより断然締まるっ……!!!」
ズコズコ

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:22:41 ID:FmNS2xNw

男G「ガ」

男H「チ」

男I「ホ」

男J「モ」

男K「何をヤッているキルシュタイン!!!!!! 上体を起こせッ!!!!!!!!」パンパン

ライナー「伏せ字なしでイクぞジャン!!!!!!!!!」ドッピュウウウウウ

ジャン「あへぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇっ!!!!!!!!!!!!!!!」ダプルピース

マルコ「ジャァァァァァァァァァァァァァァァン!!!!!!!!!!!!!!!」シコシコドピュウウウウ

マルコ(こうして、ジャンは無事104期男子訓練兵の肉便器となりましたとさ♂)メデタシメデタシ

~Happy End~

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/11/20 04:25:12 ID:FmNS2xNw

おしまい
まともなNTRを書くという幼いころからの夢が叶ってよかったです
エロ小説を書いてる人は凄いなあと思いました

よくある質問

Q. なぜジャンが掘られるのですか?

A. ノンケだからです

明日早いので早めに寝ます


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1447958008/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP