PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:06:48.26 ID:oRM79lml0



夜空「おい肉、唐突だが少し相談がある」

星奈「なに?アンタがわたしに相談なんて珍しいじゃない」

星奈「ーーーで、要件はなに?」

夜空「あ、あの、えっと、、、」

星奈「早く言いなさいよ、私は暇じゃないのよ帰ってギャルゲしたいのよ」

夜空「あっ、えと、その、下着が、キツくなって、胸が苦しくて、肉ならそういう事、詳しいと思って」


3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:07:31.79 ID:oRM79lml0


星奈「えっ」

夜空「こんな相談、肉にしかできないんだよ....理科は変態だし、幸村は胸ないし.....」

星奈「ゴメン、全く想定外の相談だったわ」

星奈「でも、店に行って店員に相談すればいいじゃない」

夜空「そんな店に1人で入るだけでハードルが高いのにその上見ず知らずの人と会話しさらにこんな恥ずかしい相談できるかバカ肉が その点キサマはただの肉の塊だから緊張しなくても良いのだ分かったか駄肉が」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:08:06.50 ID:oRM79lml0


星奈「なんて残念な理由、まあ私も人のことは言えないわね....」

星奈「ーーーで、頼れる人が私しか居ない、と」

夜空「否定できないのが悲しい。クソ肉が。」

星奈「大方アンタの事だからサイズも測らずに同じやつを使っててたらキツくなったんでしょうね」

夜空「否定できないのが悔しい、駄肉め。」

星奈「本当に残念ね......」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:08:57.54 ID:oRM79lml0

夜空「で、ネットでサイズの測り方を調べてみたのだが、正確に測るのは誰かに測って貰うのがいいらしい」

星奈「まぁ、確かにそうね」

夜空「当然そんな人は居ない。そこで藁をも掴む思いでお前に頼っているわけだ。」

星奈「なるほど」

夜空「さぁ、測ってくれ。」

星奈「メジャーも持ってきてるのね、用意周到だわ。」

夜空「さぁ頼む」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:09:49.31 ID:oRM79lml0

星奈「.........部室じゃマズくない?服も脱ぐんだし。」

夜空「............えっ?」

星奈「............えっ?」

星奈「まさか、そこまで考えてなかった?」

夜空「ギャアアアアアアアアアうわああああ!!!!!!!!!!」

星奈「なんでそこまで考えてないかなぁ........」

夜空「ふざけるな!!!!!!!!!!どうして私がキサマに乳を触れさせなければダメなんだ!!!!!!!!!!」

星奈「いや、アンタが頼んだんでしょ」

夜空「うっ......まぁそうだが........」


7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:10:22.85 ID:oRM79lml0

星奈「そして他に頼める人は居ないんでしょ。」

夜空「うぅぅ.............つらい」

星奈「それに肉の塊相手なら緊張しないと言ったのはアンタでしょ。」

夜空「うわぁぁぁああああ.......ぁぁあああああ......」

星奈(なんやかんやで頼ってくれてるみたいだし、友達として認めてくれたのかな.......それは嬉しいけど、これは初めて夜空を叩きのめせるチャンス.......)

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:11:05.67 ID:oRM79lml0


星奈「夜空、このままじゃ問題を先延ばしにするだけよ」

夜空「わ、わかったよ測ってくれ............」

星奈「ここじゃまずいし、トイレで測りましょう」

夜空「わ、わかったよバカ肉.........」


9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:11:39.07 ID:oRM79lml0

-----------移動ーーーーーーーーーーーーー



星奈「ここのトイレなら人は来ないわね」

夜空「うわぁぁぁあ........」

星奈「さ、入りましょう」

夜空「本当にやるのか....ぁぁあどうしてこうなった....」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:12:07.22 ID:oRM79lml0


ガチャ バタン

いざ扉を閉め、鍵を閉めるとその空間は思ったより広く二人が入るのに苦労はなかった。

星奈「さ、測るわよ」

夜空「ほ、ほんとうにやるのか....?」

星奈「アンタが言い出したんでしょ」

夜空「そ、それはそうだが......」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:12:34.71 ID:oRM79lml0

星奈「もう後戻りはできないわよ、私のギャルゲ時間を奪っておいて」

夜空「わかったよ、ぬ、脱ぐから少し向こうを向いていてくれ.......」

星奈「わかったわ」

すっかり弱気になってしまった夜空から目線を外し、180度反転し夜空に背を向ける。
そこで星奈は気付いてしまった。

(この状況、めちゃくちゃエロい.....)

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:13:07.85 ID:oRM79lml0


相手は同い年の美少女、性格は最悪だが今はしおらしくなってしまい、私が優位に立っている。
そしてこの状況。
人の居ないトイレ、2人きり、密室。
聞こえる音は、2人が立てる音だけ。

その状況に気付いてしまった星奈は、夜空がブラウスを脱いでいく衣擦れの音がする度、気が気ではなくなり、心臓が破裂しそうになってしまった。

星奈(相手は夜空相手は夜空相手は夜空)

そう考えても、落ち着けない。
こうして星奈は、自滅した。

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:13:57.75 ID:oRM79lml0


そのうちに、夜空が居る方向からはブラのホックを外す音が聞こえ、星奈の緊張は最高潮に達した。

夜空「ぬ、脱ぎ終わったぞ.....こっちを向いてくれ......流石に恥ずかしすぎるから背面から測ってくれ........」

星奈「わ、わかったわ//////」

そう言われ、夜空の居る方向に視線を戻すと、
美しく、白い背中がそこにあった。
滑らかな曲線を描いた肩の上には、赤くなった
夜空の耳があった。

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:14:25.44 ID:oRM79lml0


星奈(夜空ってこんなに可愛いかったのね...)

星奈「い、行くわよ......」

夜空「あぁ.....」

夜空が腕を上げると、星奈は夜空の胸にメジャーを巻いた。

星奈(夜空の体、あったかい.......)

当然自分よりは小さいが、柔らかく弾力のある感触があった。

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:14:56.93 ID:oRM79lml0


そっと触れた瞬間、夜空の肩がびくりと跳ね、黒く長い髪が揺れた。

星奈(ヤバイヤバイヤバイめっちゃいい匂いするダメだこれ)

星奈「夜空、メジャーを、その、胸の先端に当てて////」

夜空「あ、あぁ///////」

そうして、夜空がメジャーを指で掴み両胸の先端にあてがった。

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:15:38.51 ID:oRM79lml0

星奈(夜空が動くたび、甘い匂いがする...)


夜空「に、にく、できたぞ////」

準備が整ったようなので星奈が背中の中心、双帽筋の割れ目のところでメジャーをクロスさせた。

夜空の背中は華奢で小さく、暖かった。
そして少しだけ、震えていた。

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:16:20.59 ID:oRM79lml0


キュッ と締め付けると夜空の胸の先端に擦れ、

夜空「....んっ.....」

聞いた事もないような夜空の
「女の子らしい声」を聞いた星奈は、

この状況は非常にマズイ と判断し、
素早くメジャーに書かれた数字を把握し、

「一線」を超えてしまう前に冷静な声で

「測り終えたわ」

と言うとお互いの全身の力が抜けた。

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:16:53.61 ID:oRM79lml0

夜空「終わったか.....」

星奈「はぁ......」

夜空「服を着るからまた向こうを向いていてくれ」

星奈「わかったわ....」

先程とは打って変わって、夜空が落ち着いて服を着ていく衣擦れが背後から聞こえてくる。


21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:17:23.70 ID:oRM79lml0


夜空「着終わったぞ、ここを出よう........」

星奈「そうね.....」

鍵を開け、個室から出る。


開けた視界が、落ち着きをくれた。


22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:18:42.80 ID:oRM79lml0


部室に帰る途中、
星奈と夜空はお互い言葉を交わさなかった。

先ほどの出来事から逃げるように早足で歩く夜空の背中を、とても愛おしく感じた。


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:19:13.14 ID:oRM79lml0

夜空の小さな耳も、揺れる黒髪も、
あの密室での数分間で星奈にとってそれは、
何かとても大切なものになっていた。



おわり

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/11/07 22:20:20.16 ID:oRM79lml0


いつか一緒に下着を買いに行くのはまた別の話


以上、今更の はがないでした。
また機会があれば書かせて頂きます。
ここまで読んでくださった方に感謝します。
ありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446901520/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP