PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 13:48:45.82 ID:brq762rg0.net

男「ハロウィンか」

男「別にどうってことないな」

男「特に街に出る用事もないし」

男「別に一緒に回る奴がいないわけじゃないし」

男「しいて言うなら、誰にも誘われなかっただけだし」

男「仮装大会とか、来ていく服ないし」

男「・・・やめよう、なんか虚しくなってきた」

男「いっそお菓子でもせびりに行こうかな・・・」

男「はぁ」

少女「ようボッチ」

男「!?」

少女「おいボッチ、聞いているのかボッチ」

男「・・・家の外、誰かいるのか・・・?」

少女「ボッチ、ボッチ、ボッチッチ」

男「なんかうぜぇ」

2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 13:51:29.30 ID:brq762rg0.net

少女「開けろよ、ボッチ」

男「ずうずうしい奴だな、あとボッチ言うな!」

少女「お、反応した。ボッチが反応した」

男「だからボッチ言うな」

少女「じゃあビッチ」

男「俺は男だ」

少女「サノバビッチ」

男「まだボッチの方がましだわ」

少女「じゃあボッチで行きましょう」

男「てか誰だよ、いきなり外から話しかけてくるなよ

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 13:54:35.97 ID:brq762rg0.net

少女「まず玄関開けて下さい」

男「え~」

少女「開けないとここで騒ぎますよ!ハロウィンにかこつけて!盛大に!」

男「うっさい、すでにうるさいわ」

少女「いいから開けろ、開けなさい」

男「何様だよ」

少女「ハロウィン様だよ!!」

男「わけわかんねぇ」

少女「そろそろホントに開けてください、他に行っちゃいますよ」

男「いいよ勝手に行けよ」

少女「えー」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 13:58:35.96 ID:brq762rg0.net

少女「やっと中に入れた」

男「押し負けてしまった」

少女「いやぁ~熱い戦いでしたね」

男「楽しめたようで何よりです」

少女「またやりたいですね~」

男「皮肉が通じない・・・」

少女「あ、そうだ。私用があってきたんですよ」

男「ハロウィンだろ」

少女「え!なんでわかったんですか」

男「いやさっき自分で・・・」

少女「まさか本物とか?

男「本物?なんの?」

少女「いやあの・・・アレですよ、アレ」

男「どれだよ」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:01:34.39 ID:brq762rg0.net

少女「取り敢えず、お菓子とお茶下さい」

男「お茶まで要求されるとは思わなかったぞ」

少女「この家ではわざわざ訪問してきた人にお茶も出さないんですか?」

男「なんで俺が貶されてんの?」

少女「貶されてしかるべきことをしてるからですよ」

男「なんで上から目線なんだよ」

少女「あ~、のど乾いたのでお茶優先でお願いします」

男「出すこと前提なのか・・・」

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:08:02.06 ID:brq762rg0.net

少女「あぁ~潤いますね~」

男「こっちは消費する一方だけどな」

少女「そういう日もありますよ」

男「お前は毎日潤ってそうだな、周りのおかげで」

少女「潤ってますね~、尊い犠牲のおかげで」

男「自覚あるなら少しは改善しようか」

少女「善処します」

男「する気ないだろ」

少女「今更ですけど麦茶より緑茶の方がよかったですね~」

男「この上まだ望むのか・・・」

少女「いやぁこの後お菓子が出てくることを考えると緑茶の方が・・・」

男「ないぞ、お菓子」

少女「は?ここ本当に人の住む家ですか?」

男「お前にとってお菓子ってどれだけの価値があるの?」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:12:11.02 ID:brq762rg0.net

少女「なんか一気に萎えました」

男「そうか、帰ってもいいんだぞ」

少女「いえ、せめて存分にくつろいでから帰ります」

男「この期に及んでまだあがくのか」

少女「悪あがき得意なんですよ、私」

男「どこまでも図々しいもんな」

少女「テストとかもチャイムなっても書き続けるタイプなんで」

男「それ普通にアウトだろ」

少女「『名前書き忘れてた』戦法ですよ」

男「グレーだな」

少女「レギュレーションぎりぎりのスリルが堪らないんです」

男「長生きしそうだな、お前」

少女「100まで生きる気満々なんで」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:18:33.83 ID:brq762rg0.net

少女「暇なんでテレビつけてもいいですか?」

男「完全に我が物顔だな」

少女「ジャイアニズムですよ、ジャイアニズム」

男「言いたいだけだろ」

少女「ごうだたけし理論、じゃだめだったんですかね?」

男「ゴロ悪い、言いにくい」

少女「ジャイアニズムがいいですね」

男「何もよくないんだけどな」

少女「いいじゃないですか~ハロウィンですし」

男「ハロウィンで許されるのはお菓子をせびることだけだろ」

少女「お菓子もらえなかったしぃ~」

男「お菓子の代償が大きすぎる」

少女「じゃあなんか下さいよ」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:23:18.96 ID:brq762rg0.net

男「じゃあ・・・これ、アイス」

少女「この時期にアイスとか舐めてるんですか?アイスだけに?ん?」

男「一人でコントするなよ、いらないなら別にいいぞ」

少女「何味ですか?」

男「スイカ味」

少女「完全に冷凍庫のそこで眠ってたやつですよね」

男「大丈夫アイスは腐らないよ」

少女「在庫処理を押し付けないでください」

男「グダグダ言いつつ食べるのな」

少女「もったいないですし」

男「ほかの家でもだいぶむしり取ってきてそうだな」

少女「あ、私の戦利品見ます?」

男「戦争か」

少女「遊びてやってるんじゃないんだよ!」

男「余計に立ち悪いわ」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:27:58.37 ID:brq762rg0.net

少女「まず飴玉が17個」

男「別に見せなくていいから」

少女「クッキー五枚」

男「なんか高そうなクッキーだな」

少女「ミンティア一個、ガム一箱、缶ジュース・・・」

男「どれだけ強奪してきたんだ」

少女「より多くの家を訪問するという目的を達成するためには、致し方ない行為です」

男「十字軍か」

少女「私はジャンヌダルクだったのか・・・」

男「何納得してんだよ」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:33:22.51 ID:brq762rg0.net

少女「まあ、今年は豊作でしたね~」

男「罪悪感の欠片もない笑顔だ・・・」

少女「あ、あとこんなのももらいましたよ!」

男「なにこれ?Tシャツ?」

少女「みたいですね、私にはちょっと大きいですけど」

男「お前チビだもんな」

少女「黙れボッチ」

男「そんなに睨むなよ」

少女「人のコンペリエンスをあざ笑うとか最低ですよ」

男「コンプレックス?」

少女「あーそれそれ、コンプレックス」

男「コンプレックスって恐竜に居そうだよな」

少女「あなたがボケでどうするんですか」

男「なんかすいません」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:38:11.81 ID:brq762rg0.net

男「というかこれ、このTシャツにプリントアウトしてあるやつ・・・」

少女「ああそれは」

男「なんだこれ?宇宙人?」

少女「それ、チュパカブラらしいですよ」

男「チュパ・・・何?」

少女「チュパカブラ、またの名をゴーストサッカー」

男「なんかかっこいいな」

少女「あ、要ります?」

男「ちょっと欲しい」

少女「でもあげなーい」

男「なんとなくわかってたけどさぁ・・・」

少女「予測可能回避不能ですね」

男「ドヤ顔するな」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:45:01.14 ID:brq762rg0.net

少女「・・・眠いです」

男「帰って寝れば?」

少女「ここで寝ます」

男「寝るな、起きろ」

少女「なんか面白いことやってください」

男「無茶ぶりだな」

少女「じゃあ眠気が飛ぶようなことやってください」

男「え~」

少女「無理なら寝ちゃいます」

男「・・・外でお菓子配ってる人がいる」

少女「どこですか!ちょっと行ってきます!!」

男「ホントに欲望に忠実だな・・・」

少女「物欲こそが正義」

男「・・・マテリアルガール」

少女「なんですかそれ?」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:50:57.16 ID:brq762rg0.net

少女「あー、肩が重い」

男「お菓子入れたリュック背負ってあるいてりゃ、そうなるわな」

少女「肩たたいてください」

男「やだよ」

少女「じゃあ肩揉んで~」

男「変わってないじゃん」

少女「このままじゃ肩が重くて腕が削げ落ちる~」

男「軽くなんじゃん、良かったな」

少女「何言ってるんですか、腕がなきゃリュック背負えませんよ、馬鹿なんですか?」

男「突っ込むとこそこなのか・・・」

少女「いいから肩たたいて~」

男「・・・じゃあ、さっきのTシャツ頂戴」

少女「え?あのTシャツそこまで欲しかったんですか?」

男「なんか、今逃したら一生手に入らない気がする」

少女「手に入らなくていいでしょこんなの・・・」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 14:54:58.00 ID:brq762rg0.net

少女「ああ~肩が、肩が、あぁ~」

男「肩が何なんだよ」

少女「端的にいうと、気持ちいいですね」

男「そうか」

少女「はい」

男「こうか?}

少女「ああ~そんな感じです」

男「意外と疲れるな、これ」

少女「肩もみって言うのはね、案外重労働なんですよ」

男「やられてる側が言ってもなぁ~」

少女「常に労働者の立場を考える良い雇用者なんですよ私は」

男「うっさい、じゃあ税金減らせ」

少女「そんなの私に言わないでください」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:01:45.81 ID:brq762rg0.net

少女「おかげさまでだいぶましになりました。肩こり」

男「まさか三十分もやらされるとは・・・」

少女「さて、じゃあそろそろ私行きますね」

男「ん?ああ、次の襲撃に行くのか・・・」

少女「一緒に来ます?仲間は多い方がいいですし」

男「共犯者になりたくないので」

少女「そうですか、じゃあ普通に見て回ります?」

男「何を?」

少女「商店街、仮装と装飾で大変なことになってますよ?」

男「そうなのか」

少女「もう、世紀末を彷彿とさせる荒れっぷりで・・・」

男「行きたくないわそんな危ないところ」

少女「そうですか?残念ですね~」

男「お前と一緒にいたら、もっと危なそうだし」

少女「失礼しちゃいますね~」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:07:55.30 ID:brq762rg0.net

少女「じゃあ、お世話になりました」

男「おう」

少女「あと、ご馳走様でした」

男「うん」

少女「それと、失礼しました」

男「そうだな」

少女「・・・やっぱり一緒に見て回りません?」

男「遠慮しとく」

少女「え~、せっかく女の子が誘ってくれてるのに?」

男「なんか申し訳ないような気がしないでもないけど、遠慮しとく」

少女「つれない人ですね~」

男「悪いな」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:11:30.73 ID:brq762rg0.net

少女「・・・Tシャツ、あげちゃおうかな~」

男「え?」

少女「一緒に来てくれたら、あげちゃおうかなぁ~」

男「マジ?」

少女「マジ」

男「じゃあ行く」

少女「軽い男ですね~」

男「物欲は正義なんだろ?」

少女「自分の言葉でこんなに説得力感じたの初めてですよ」

男「まず、Tシャツ、よこせ」

少女「片言になってますよ」

男「いいから」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:13:56.42 ID:brq762rg0.net

少女「いっそ来て行ったらどうですか?」

男「そうしようかな」

少女「まじか・・・お前、まじでか・・・」

男「なんでドン引きしてんだよ」

少女「なんとなく?」

男「別に変じゃないだろ、ハロウィンだし」

少女「そりゃそうですけど・・・私チュパカブラと一緒に歩きたくはないです」

男「俺はチュパカブラじゃないぞ」

少女「チュパカブラとウツボカズラって似てません?」

男「心底どうでもいいわ」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:17:49.01 ID:brq762rg0.net

少女「ねえチュパカブラさん」

男「だから違うって」

少女「ウツボカズラさん」

男「似てるだけだって」

少女「おいボッチ」

男「原点回帰か」

少女「早く出かけましょう、日が暮れます」

男「ハロウィンって日が暮れてからが本番じゃないの?」

少女「母さんがステーキ焼いて待ってるので、六時までには帰らないといけないんです」

男「いい子か、純粋な小学生か」

少女「心はいつでも17歳ですよ」

男「まだ中学生だろ」

少女「いいから、早く行きましょう」

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:21:15.13 ID:brq762rg0.net

少女「着いたら綿あめ奢ってくださいね」

男「母さんのステーキはどうした」

少女「別腹です」

男「奢らんぞ、俺は何も」

少女「え~ケチー」

男「散々要求しといて何をいまさら」

少女「え~」

男「・・・」

少女「・・・」

男「・・・500円までな」

少女「小学生のおやつか!!」

男「突っ込まずに喜べよ!」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:22:06.86 ID:brq762rg0.net

おしまい

気が付いたら三時回ってた、ヤバいやばい

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2015/10/31 15:26:51.68 ID:u2bRBZZ30.net

おつ

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 15:40:39.31 ID:TJxKna8/p.net

おつおつ


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446266925/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP