PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:43:26.97 ID:WQaI8fVR0.net

真美「そんなのがあるの?」

P「コラボ企画が決まってな、トーナメントで戦ってもらう」

亜美「やったー!」

真美「ゲームだ!ゲーム!」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:44:48.14 ID:WQaI8fVR0.net

P「人数の都合上お前達は2人一組で出て欲しいんだが…」

亜美「えぇ~」

真美「個人で出たいよぉ!」

P「…そういうと思った」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:45:58.26 ID:WQaI8fVR0.net

P「ただ、強さも考慮してやっぱりゲームが得意なお前達に組んでほしいんだ…」

亜美「う~ん…」

真美「ハンデってこと?」

P「あぁ、2人には一戦毎に交代でプレイをしてほしい。」

亜美「あっ、それはそれで面白そう!」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:46:48.79 ID:WQaI8fVR0.net

真美「まぁ真美達はゲキ強だかんね!そんくらいのハンデは必要かもね!」

P「よし、それじゃあ決定だな。頼んだぞ?」

亜美真美「「はーい!!」」

亜美「んっふっふ~」

真美「そうと決まれば…」

亜美真美「「偵察だぁ!」」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:47:49.37 ID:WQaI8fVR0.net

春香「ポケモンのパーティ?」

亜美「うん!」

真美「はるるんはどんななの?」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:48:32.30 ID:WQaI8fVR0.net

春香「ふっふっふ、よくぞ聞いてくれました!」

亜美「はるるんポケモンやってたの?」

春香「私は今まで全シリーズクリアしたよ!凄いでしょ?」

亜美(ん?)

真美(クリア?)

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:49:13.51 ID:WQaI8fVR0.net

春香「そんな私のパーティは…これですよ!これ!」

ピカチュウ/ピカチュウ
リザードン/リザードン
バタフリー/バタフリー
ラプラス/ラプラス
ピジョット/ピジョット
ガラガラ/ガラガラ

亜美(た、旅パだ~)

真美(それも初代仕様だ…)

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:50:32.21 ID:WQaI8fVR0.net

春香「いやぁ、ORASでまた一緒に冒険できるなんて感激だよぉ…」キラキラキラ

亜美(無駄な努力!)

真美「はるるん?三値って知ってる?」

春香「産地?日本製じゃないの?」キラキラキラ

亜美「うっ!?笑顔が…」

真美「まぶちい!?」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:52:19.72 ID:WQaI8fVR0.net

春香「ふっふっふーん♪楽しみだなぁ♪みんなとポケモンできるなんて♪」

亜美(あれは…まだガチ勢に踏み込む前の…)

真美(真美たちも…あんな風に…ただ純粋にポケモンを楽しんでいた時が…)

亜美真美「「うぅ…」」ウルッ

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:53:19.48 ID:WQaI8fVR0.net

春香「あ、亜美?真美?どうしたの?」

亜美「ぐすっ…何でもないよ、はるるん」

真美「いつまでもそのままのはるるんでいてね…」

春香「う、うん…」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:54:02.49 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「よし、懐かしい気持ちに浸れたところで次に行こう!」

真美「決して『教えなければライバルが減る』とか思ってなんかないよ!」

亜美「あ、千早お姉ちゃーん!」

真美「ポケモン見せてー!」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:54:33.88 ID:WQaI8fVR0.net

千早「え?ポケモン?私のパーティなんて見てもつまらないわよ?あんまり詳しくないから今回限りの急ごしらえだもの…」

亜美「ソフトは?」

千早「プロデューサーから借りたのだけど…」

真美「ならチョイスするだけだから大丈夫っしょー!」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:55:19.64 ID:WQaI8fVR0.net

千早「…ならいいけれど、ほら、これよ」

ろっかー/バクオング
みゅーじかる/メロエッタ
しんがー/プリン
らっぱー/ペラップ
くらしっく/コロトック
おぺら/ラプラス

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:56:07.63 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「…ツッコミどころがいっぱいあるね…」

千早「あら?そうかしら?」

真美「うん…これじゃ無理だよ…」

千早「ふふふ、確かに亜美達から見たら弱いポケモンかもしれないわ…でもね、プリンは絶対に入れたいの」

亜美「どうして?」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:57:34.35 ID:WQaI8fVR0.net

千早「…弟と…弟と一緒に見ていたアニメで、『子守唄が上手なんて、お姉ちゃんみたいだね』って…言ってくれたポケモンなの…」

真美「千早お姉ちゃん…」

亜美「だからしんかのきせきをもたせてまで使ってるんだね…」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 17:58:52.09 ID:WQaI8fVR0.net

千早「えぇ、私にとって今回勝ち負けは二の次よ。私らしさを出したいの」

真美「なるほど…でもどの道ダメだよ?」

千早「えっ!?」

亜美「今回のルールではメロエッタは禁止級だからダメなんだ」

真美「だから、勝ち負け以前に出場できないんだよ…」

千早「…」

亜美真美「「…」」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:00:23.44 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「気を取り直して」

真美「次に行こう!」

ガチャッ

やよい「うっうー!」

伊織「おはよう」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:01:22.66 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「キマシタワー!」

真美「百年たっても…」

亜美真美「「やよいおり!」」

やよい「わぁー!なんだか楽しそうだね、伊織ちゃん」

伊織「やよい、まともに相手したらダメよ」

亜美「うあうあ~、いおりん辛口だよ~」

真美「それはそうとやよいっち、いおりん!」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:01:54.55 ID:WQaI8fVR0.net

やよい「ポケモンを?」

伊織「見せればいいの?」

亜美「うん、見せて見せてー!」

伊織「私のはこれよ!」

シャルル/ミミロップ
ジャンバル/ウィンディ
ジャン/ルカリオ
デコちゃん/ランターン
リュウグウ/サザンドラ
シンドウ/ギルガルド

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:03:07.61 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「うわぁ!サザンガルドだ!」

真美「いおりんガチパじゃん!」

伊織「まぁね♪やるからには本気でやらなくちゃ♪にひひ♪」

やよい「シャルルやジャンバルジャンもちゃんといるんだね」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:03:35.73 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でもこの『デコちゃん』って…」

真美「受け狙いでも痛々しいよ…」

伊織「違うわよ!私がつけたわけじゃないんだから!」

やよい「じゃあどうしたの?」

伊織「そ、それは…」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:04:15.89 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「せめてニックネーム変えたらいいのに…」

伊織「できないのよ…」

真美「なんで?」

伊織「…美希からもらったやつだからよ…」

亜美真美「「!?」」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:05:19.95 ID:WQaI8fVR0.net

やよい「美希さんからもらったことがなにか関係あるの?」

亜美「やよいっち、他の人からもらったポケモンのニックネームは変えられないんだよ」

やよい「へぇー、そうなんだー!」

伊織「私だって好きでこんな名前にしてるわけじゃないんだからね!」

やよい「でも美希さんとの友情の証みたいでなんか羨ましいですー!」

伊織「なっ!?ち、違うんだからね!?」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:06:37.12 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「えぇ?ランターン使うなら他のでもいいのにぃ?」コノコノ

真美「わざわざミキミキの使っておいてぇ?」コノコノ

伊織「あぁぁ!!もう!うるさいわね!?何よ?いけないわけ!?」

亜美「そんなこと言ってないよー」

真美「んっふっふ~♪」

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:07:05.94 ID:WQaI8fVR0.net

伊織「…もう、やよいはどんなパーティなの?」

やよい「うっうー!私はこれですー!」

やよい/ペルシアン
ちょうすけ/レパルダス
かすみ/エネコロロ
こうたろう/ワタッコ
こうじ/オニドリル
こうぞう/ギャロップ

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:07:44.56 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「姉弟みんなの名前にしたんだね」

やよい「うん!みんなと一緒なら元気いっぱいかなーって」

伊織「それはそうとポケモンの選び方はどういうこと?」

真美「うーん…たしかによくわかんないパーティだね…」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:08:12.53 ID:WQaI8fVR0.net

やよい「ふふふ♪見てて、伊織ちゃん!亜美!真美!」

ちょうすけのねこにこばん

伊織亜美真美「「「!?」」」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:09:47.46 ID:WQaI8fVR0.net

やよいのねこにこばん

かすみのねこにこばん

やよい「ほら、こうしたらずーっとお金が出るから節約に…」

伊織「やよいー!」ガバッ
亜美真美「「やよいっちー!」」ガバッ

やよい「はわっ!?ど、どうしたの?3人とも?」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:10:52.25 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「…ううん、何でもない…」

真美「…大丈夫だよ…大丈夫だよ…」

伊織「新堂?今日はやよいを家に呼びたいのだけれど…えぇ…兄妹も全員よ」

やよい「すっごくお得なんだよ?」

亜美「わかった…わかったから…」

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:11:15.20 ID:WQaI8fVR0.net

伊織「でもギャロップとオニドリルは?ねこにこばん覚えないのにどうして?」

やよい「え?」

こうじのねこにこばん

こうぞうのねこにこばん

亜美「な、なんで!?」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:12:06.81 ID:WQaI8fVR0.net

真美「やよいっち、チートしたの!?」

やよい「ちーと?」

亜美「してないみたいだね…」

伊織「そもそもする意味がないわよ…」

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:12:55.52 ID:WQaI8fVR0.net

真美「でもじゃあどうして…」
ガラッ
律子「その答えは私から説明するわ!」

亜美真美「「りっちゃん!?」」

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:14:08.45 ID:WQaI8fVR0.net

律子「あなたたちが知らないのも無理はないわ…その昔…ポケモンスタンプっていうものがあってね、それに付随するキャンペーンでねこにこばんを覚えたオニドリルとギャロップが配布されたの…」

伊織「でもそれって…」

律子「えぇ、あくまでも第一世代、第二世代での話よ、第三世代からは相互性がなくなってしまったから本来なら使えないし、知らないのも無理はないわ。でも、今回のためだけに向こう側が特別に用意してくれたのよ」

亜美「へぇ…」

真美「そうなんだぁ」

49 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:14:41.01 ID:WQaI8fVR0.net

やよい「ん?だいいちせだい?そうごせい?」

伊織「やよい、気にしなくていいのよ。じゃあ私たちは2人で特訓するからね」

やよい「じゃあね、律子さん、亜美、真美」

亜美真美「「ばいばーい」」

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:15:26.17 ID:WQaI8fVR0.net

バタン

亜美「ふっふっふ…」

律子「何よ、その明らかに悪そうな笑い方は…」

真美「だっていおりんたら、りっちゃんのパーティ聞かずに帰っちゃうんだもん」

51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:15:57.73 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「優勝候補のりっちゃんのパーティを見ないとか、いおりんもまだまだですなぁ」

律子「えっ?私優勝候補なの?」

亜美「そりゃそうっしょー!」

真美「りっちゃんのことだからどうせ理論でガチガチに武装してるんでしょ?」

53 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:16:51.21 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「ダメージ計算とか暗算でできるんでしょ?」

真美「んんwwwヤーティ以外ありえないwww」

律子「…確かにできないわけじゃないけどね…私のパーティはこれよ」

マンダ/ボーマンダ
マリルリ/マリルリ
クイン/ニドクイン
サメ/サメハダー
デスカーン/デスカーン
ガモス/ウルガモス

54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:17:39.41 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「こ…これは…」

真美「まさか…りっちゃん…受講生?」

( ⌒,_ゝ⌒)「なんやこの厨パァ!」

亜美真美「「!?」」

律子「ん?どうしたの?亜美?真美?」

真美「う、ううん…」

亜美「なんでもないよ!」

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:19:10.45 ID:WQaI8fVR0.net

真美「でもなんか意外だね、りっちゃんがマイナーパなんて」

律子「言うほどマイナーでもないし、ちゃんと強いポケモンを選んでいるわよ?」

亜美「そうだけど…」

真美「ガッチガチの厨パでくるって思ってたから…」

57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:20:09.46 ID:WQaI8fVR0.net

律子「まぁそれでも良かったんだけどね、でもそういうのはあんたたちや伊織がやるでしょ?だからそれ以外の勝ち方がしたいなって思っただけよ」

亜美「なるほど…」

真美「でも油断はできないね…」

律子「私より問題なのは美希とかでしょ。あの娘、何にも知らないはずなのにガッチガチのガチパ組んでしまうとかありそうよ?」

60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:21:45.45 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「むむむ…確かに…」

真美「そうと決まれば偵察だよぉ!」

亜美「りっちゃん、またね」

律子「はいはい、慌てて転ばないようにねー」

亜美真美「「はーい」」

61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:22:16.92 ID:WQaI8fVR0.net

美希「zzz」

亜美「あっ!ミキミキいた!」

あずさ「しーっ、美希ちゃん今寝たところだから起こさないであげて」

63 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:22:48.39 ID:WQaI8fVR0.net

真美「ミキミキいーなー、あずさお姉ちゃんの膝枕…」

あずさ「ふふふ、2人にも後でしてあげるわよ♪」

亜美「やったー♪」

真美「あずさお姉ちゃんもポケモンやるっしょ?」

あずさ「えぇ、普段ゲームは早くボタンを押さないといけないから苦手だけど、ポケモンならできるわ~」

64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:24:08.58 ID:WQaI8fVR0.net

真美「どれどれ~?」

ラムちゃん/ラムパルド
ロトちゃん/ヒートロトム
シザちゃん/シザリガー
ローちゃん/ローブシン
ユクちゃん/ユクシー
ヤドちゃん/ヤドラン

65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:24:40.08 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「あずさお姉ちゃーん…このパーティすばやさが遅すぎっしょ…」

真美「他の能力は高いし、のんびり屋さんなあずさお姉ちゃんらしいけど…」

あずさ「ふふふ♪それは困ったわね~♪」

亜美「全然困ってなさそう…」

67 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:25:45.05 ID:WQaI8fVR0.net

真美「あっ!?」

亜美「どうしたの?真美?」

真美「これトリルパだ!」

亜美「えぇぇぇ!?」

69 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:26:14.05 ID:WQaI8fVR0.net

あずさ「あらあら~バレちゃったわね~」

亜美「時空を歪めるとは…まさにあずさお姉ちゃん…」

真美「こ、これは強力やでぇ…」

70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:26:45.26 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でもトリルパってわかっていれば…」

あずさ「どうかしらね~?私も初代からやってるのよ?ふふふ♪」

亜美 ガクガクガクガク

真美「どたぷんパーティ…流石やでぃ…」

71 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:27:37.43 ID:WQaI8fVR0.net

美希「うーん…」

亜美「あっ、ミキミキ起きた」

美希「うるさくて寝てられないの…むにゃむにゃ」

真美「うあうあ~、二度寝する前にミキミキのポケモン見せてよー!」

72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:29:17.65 ID:WQaI8fVR0.net

美希「ポケモン?いいよ、ほら、これなの」

カビせんせい/カビゴン
ミキ/ケッキング
みき/レジギガス
カモせんせい/アーケオス
デコちゃん/オコリザル
ハニー/デスカーン

74 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:30:08.74 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「…とりあえずミキミキはいおりんに怒られた方がいいと思うよ…」

美希「だって、いっつも怒ってるところがそっくりなの。デコちゃんは他にも似てるのがいるから『りつこ…さん』にしようかとも思ったんだけ…」

真美「あ?もしもし?りっちゃん?」ケイタイトリダシポパピプ......

美希「何も言っていませんなの!」ガチャッ

真美「もう…そういうのは無しだよ」

美希「ごめんなさいなの…」

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:31:44.55 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でもこのパーティ…」

真美「ミキミキぃ?ポケモンやったことあるっしょ?」

美希「ん?全然ないよ?」

亜美「じゃあなんでレジギガスとケッキングが…」

77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:32:39.46 ID:WQaI8fVR0.net

美希「んー、みきの方はね、ハニーが『こいつは美希にそっくりなんだよ』って言いながら交換してくれたやつなの!だから絶対使うの!」

真美「ケッキングは?」

美希「ミキはデコちゃんと交換したの。デコちゃんが『あんたにぴったりなポケモン選んであげる』っていうから交換したら、デコちゃん怒って帰っちゃったの」

亜美「そりゃまぁランターンって言われたらね…」

真美「オコリザルだったらどうだったかわかんないよ…」

78 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:33:31.12 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「それで?デスカーンも兄ちゃんに貰ったの?」

美希「違うよ?ミキが自分で育てたの!」

真美(な、なにぃ~!?)

亜美(何も考えずにあのコンボを!?)

79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:33:58.90 ID:WQaI8fVR0.net

美希「なんかハニーっぽいなって思って…」

亜美「いや、ミキミキの中で兄ちゃんどうなってんのさ…」

美希「だから絶対一番に出すの!」

真美「…完成しちゃったよ」

80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:34:58.46 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でもミキミキはよく交換するんだね」

真美「兄ちゃんなんてレジギガスあげるなんて…」

美希「なんかね?ミキのポケモンは9割ろくぶい?なんだって、だから2人とも交換して貰って…」

亜美「えぇ…」

真美「どこまでチートなのさ…」

81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:36:03.96 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「次は誰にする?」

真美「残るはひびたかとゆきまこ…」

雪歩「ひぃうぅ!?真ちゃん強いですぅ!」

真「へへへ、やっりぃ!」

亜美「まこちん!」

真美「ゆきぴょん!」

83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:37:14.08 ID:WQaI8fVR0.net

真「おはよう、亜美、真美」

雪歩「おはようございますぅ」

亜美「ねぇねぇ、ゆきぴょん、まこちんパーティ見せてよぉ!」

雪歩「わ、私のでよければ…」

ガルーラ/ガルーラ
ハピナス/ハピナス
ラティアス/ラティアス
ニドクイン/ニドクイン
クレセリア/クレセリア
バルジーナ/バルジーナ

84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:38:06.57 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「見事に♀しかいない…」

雪歩「男の人は怖いので…」

真美「でも意外と手強そう…」

85 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:39:09.01 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「まこちんは?」

真「僕のはこれだよ」

ケンタロス/ケンタロス
ラティオス/ラティオス
ニドキング/ニドキング
ウォーグル/ウォーグル
サワムラー/サワムラー
エルレイド/エルレイド

86 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:39:34.10 ID:WQaI8fVR0.net

真美「こっちは見事に♂ばっかりだ…」

亜美「あ、でもゆきぴょんのと対になってる!」

真「あ、気づいた?そうなんだ、僕と雪歩の友情の証さ!」

雪歩「ふふふ♪ねぇ、真ちゃん♪フヒッ♪」

亜美真美((友情?))

87 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:41:44.34 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でも2人も中々強いポケモン使ってるね…」

真美「油断できないよ…」

89 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:42:40.75 ID:WQaI8fVR0.net

ガチャ

響「はいさーい!」

貴音「ただいま戻りました」

亜美「ひびきん!」

真美「お姫ちん!あのね…」

90 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:43:27.39 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「ぽけもんの…」

響「パーティ見せてほしいのか?」

亜美「うん!」

響「自分のパーティはこれさー!」

ハムぞう/ピカチュウ
イヌみ/ウィンディ
コケまろ/バシャーモ
ネコきち/ニャオニクス
ウサえ/ミミロップ
ヘビか/アーボック

91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:43:48.20 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「ひびきんも家族をモチーフにしてるんだね」

真美「でもハム蔵ならピカチュウよりデデンネとかじゃないの?」

響「だってデデンネはボルテッカー使えないんだもん」

92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:44:18.21 ID:WQaI8fVR0.net

真美「だもんって…」

亜美「まるでハム蔵なら使えるみたいな…」

響「使えるぞ?」

亜美真美「「は?」」

93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:44:44.95 ID:WQaI8fVR0.net

響「ハム蔵、ボルテッカー」

ハム蔵「ヂュヂュ…ヂュュュュュウ!!」バリバリバリバリ

響「いぬ美、フレアドライブ」

いぬ美「バウワウ!」ゴオオオオオオ

亜美真美「「…」」

94 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:45:34.58 ID:WQaI8fVR0.net

響「コケ麿、スカイアッ…」

亜美「もうわかった!わかったからぁ!」

真美「もうひびきんがポケモンマスターでいいんじゃないかな…」

95 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:45:59.15 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「はて?響は響ですよ?」

亜美「そうじゃなくてさ、お姫ちん…」

真美「お姫ちんのポケモンは?」

貴音「恥ずかしながら私、ぽけっともんすたーとやらをやったことがないのです…」

亜美「なんか凄い発音だね…」

96 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:47:13.31 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「ですので、今回はぷろでゅーさーにかせっとを貸していただきました」

ぶらっきー/ブラッキー
まにゅーら/マニューラ
みかるげ/ミカルゲ
あぶそる/アブソル
へるがー/ヘルガー
どんからす/ドンカラス

97 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:47:47.20 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「ふーん、タイプ統一パかぁ」

真美「ん?なんだろう…どっかで見た気が…」

貴音「たいぷとういつぱ?専門用語が多くて難しいですね」

真美「お姫ちん、悪タイプ好きなの?」

99 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:48:50.48 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「ふっふっふ、真美、知らぬのですか?」

真美「何をさ?」

貴音「悪たいぷはあの…ご、ご、ご、ごーすとたいぷとやらを撃退するのです!」ブルブルブルブル

亜美「あぁ、お姫ちん、幽霊苦手だったもんね…」

真美「あのメンバー…悪タイプ…銀髪…もうちょっとで何か…」

101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:49:31.81 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「でもお姫ちん、悪タイプばっかりじゃあバランス悪くて負けちゃうよ?」

貴音「亜美…つよいぽけもん、よわいぽけもん、そんなものはひとのかってなのです」

亜美「!?」

真美「あっ!?」

102 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:50:16.18 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「ほんとうにつよいとれーなーならばすきなぽけもんでかてるようがんばるべきではありませんか?」

亜美「お姫ちん…」

真美「ポケモンやったことあるっしょ…?」

貴音「ふふふ、とっぷしーくれっとです」

105 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:51:04.02 ID:WQaI8fVR0.net

響「亜美と真美のパーティも見せてよ」

亜美「いいよ!」

真美「真美たちのパーティはこれだよ!」

ボルボル/ボルトロス
ニャオちん/ニャオニクス
アブぴょん/アブソル
エフィちゃん/エーフィ
エルルン/エルフーン
ヤミりん/ヤミラミ

106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:51:29.77 ID:WQaI8fVR0.net

響「…こんなに使い辛そうなパーティ初めて見たぞ…」

亜美「そう?」

真美「補助技でガンガンかき乱すよ?」

107 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:51:55.21 ID:WQaI8fVR0.net

貴音「たしかに2人らしいですね」

響「だからいたずらごころとマジックミラー持ちで固めてるのか…」

亜美「当日が楽しみだねー♪」

真美「ねー♪」

109 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:52:49.58 ID:WQaI8fVR0.net

当日

亜美「なんとか決勝まで勝ち残ったけど…」

真美「まさか相手がピヨちゃんとはね…」

小鳥「ピヨホホホホ、ポケモン歴19年の私をマークし忘れるなんて、自殺行為よ?」

亜美「ポケモン歴19年!?」

110 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:53:21.43 ID:WQaI8fVR0.net

小鳥「それがどういうことかわかるかしら?」

真美「ど、どういうこと?」

小鳥「この私が…765プロで一番…強いってことよ!」

ブラッキー/ブラッキー
エーフィ/エーフィ
リーフィア/リーフィア
シャワーズ/シャワーズ
サンダース/サンダース
ブースター/ブースター

112 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:53:46.87 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「ここに来てのブイズパ…」

真美「そしてまたどっかで聞いたセリフだ…」

小鳥「まずはブラッキーのかげぶんしん、こっからバトンタッチを繋げて繋げて…」

ボルボルのきあいだま

きゅうしょにあたった

こうかはばつぐんだ

ブラッキーはたおれた

小鳥亜美真美「「「…」」」

114 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:54:23.55 ID:WQaI8fVR0.net

小鳥「あ、あれ?ま、まだシャワーズとエーフィのとけるとめいそうを積めば…」

ボルボルのかみなり

きゅうしょにあたった

こうかはばつぐんだ

シャワーズはたおれた

117 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:55:23.11 ID:WQaI8fVR0.net

いけ、エーフィ!

もどれ、ボルボル

頼んだぞアブぴょん

エーフィのサイコキネシス

アブぴょんにはこうかがないようだ…

118 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:56:10.67 ID:WQaI8fVR0.net

アブぴょんのつじぎり

きゅうしょにあたった

こうかはばつぐんだ

エーフィはたおれた

小鳥「…」

亜美「終わった…」

真美「積むと見せかけて攻撃したりしてたのに…」

P「終ー了ー!」

119 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:57:04.68 ID:WQaI8fVR0.net

小鳥「嘘…本当に終わってしまったの…」

亜美「そりゃ三体選出だからね…」

小鳥「どうして…私の育て方は間違いじゃなかったはずなのに…」

社長「亜美くん、真美くん、大会優勝心からおめでとう」

亜美「社長!」

真美「いたの!?」

120 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:57:36.45 ID:WQaI8fVR0.net

社長「小鳥くん…残念だよ、君が大会の決勝に残ったと聞いてここにとんできたが、ついてみたらキミは負けていた…」

亜美「あ、社長、オーキド博士的なポジションなんだ…」

社長「小鳥くん!なぜ負けたのかわかるかね?君がポケモンたちへの信頼と愛情を忘れていたからだよ…それではトップには立てないよ…」

小鳥「うぅ…」

真美「…主人公が無言だった理由がわかる気がする…」

121 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:58:07.11 ID:WQaI8fVR0.net

社長「さぁ、亜美くん、真美くん、大会の優勝者として、キミたちを殿堂入りしようではないか!」

亜美「えっ!?そこまで忠実に再現してんの!?」

真美「やったー!」

122 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:58:29.81 ID:WQaI8fVR0.net

社長「はっはっは!もちろんだともこの機械で…あれ?」

亜美「どったの?」

社長「いや…その…」

真美「もう!歯切れが悪いよ!なんなのさ!」

123 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:59:12.01 ID:WQaI8fVR0.net

社長「優勝者は1人だと思っていたから1人しか殿堂入りできないみたいだ…」

真美「えぇぇぇ!?」

亜美「でも人数の都合で亜美たちはペアで組んだんだから人数はわかってたはずじゃ…」

P「いや、それは小鳥さんがいきなり参戦したいって言うから…」

小鳥「ピヨッ!?そ、それはナイショの…」

亜美真美「「…」」

124 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 18:59:37.12 ID:WQaI8fVR0.net

社長「しかしどうしたものか…」

亜美「じゃあいいよ、社長」

社長「え?」

真美「今回は殿堂入りしなくてもいい」

125 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 19:00:12.34 ID:WQaI8fVR0.net

社長「し、しかし…」

亜美真美「「だってまだ…」」

亜美「真美を…」
真美「亜美を…」

亜美真美「「倒してないもん」」

127 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 19:01:21.36 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「今回は2人で戦いやすいパーティ組んだからできないけど…」

真美「いつか2人別々で参加した時に決着をつけてからしてもらうことにするよ!」

P「亜美…真美…」

小鳥「2人とも…この大会で勝てたのは自分1人の力ではないって…わかっているのね…立派だわ…」

P「いや、小鳥さんはもう少し反省してください」

小鳥「ピヨォ…」

128 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 19:01:47.67 ID:WQaI8fVR0.net

亜美「今度はマルチバトルしよーよ!」

真美「それなら真美たち最強だもんね!」

社長「いやいや、765プロのチームワークは侮れないぞ?」

小鳥「はるちは…ゆきまこ…ひびたか…やよいおり…りつあず…むふふふ…あれ?美希ちゃんが余るりますねぇしょうがないから私が…」

P「いや、俺が出ますから。ダメですよ、小鳥さん」

小鳥「そんなぁ…」

129 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/10/31 19:02:14.36 ID:WQaI8fVR0.net

社長「はっはっは!小鳥くん、ならば私と参加しようではないか!黒井に勝ち越している私がいれば心強いだろう?」

P「社長、ゲームボーイをしまってください」

小鳥「誰か私と組んでー!」

終わり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1446281006/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP