PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:40:26.07 ID:g2ah9tul0

Aパート


2 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:41:17.13 ID:g2ah9tul0


1年前。

俺の言葉を聞いた両親の反応は、予想どおりだった。

父「ふざけるな!自分が何を言ってるか分かってんのか!?」

母「お父さん、落ち着いて…男も、もう一度よく考えて…」

男「俺は自分が何を言ってるか、ちゃんと理解してるよ。俺は真剣なんだ」

父「出て行け!お前はもう息子でも何でもない!」

母「なんてことを言うの!?やめてよ!

…ねえ、男、一緒に病院に行きましょう?ね?」

男「…クソっ!もういい!こんな家2度と来るか!」

母「待って!お願い!」

父「もうあんな奴は放っておけ!」



3 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:42:03.51 ID:tsuXlbKW0


男「やっぱり、認めてくれなかったか…」

猫「ごめんね…私が、人間じゃないから…」

男「猫は悪くない!

母さんも父さんも、頭が固すぎるんだよ。

だから、猫が謝る必要はないんだ。

謝らないでくれ…」

猫「男…

帰ろう。私たちの家に」

俺は猫を抱き上げ、家に帰った。



4 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:43:24.44 ID:L8DUcd7r0


11ヶ月前。

男「はい…はい…そうですか。

いえ、こちらこそ無理を言ってすみませんでした。

ありがとうございました」ガチャ

猫「どうしたの?」

男「ん?ああ、式場を予約しようと思って…

でも、どこも断られちゃったよ。

…ああ、そんな顔すんな!

俺は、別に結婚式を挙げられなくても、法的に結婚できなくても、いいんだよ。

ただ、お前と一緒にいられればそれでいい」

猫「男…なに恥ずかしいこと言ってんの///」

男「ごめん///でも、本当にそう思ってる。

うーん、だけど、このまま何もしないのもなんか釈然としないというか…

親しい友達だけ呼んで、家でお祝いするとかどう?」

猫「それいいね!やろうやろう!」

元気一杯な猫を見ていると、俺にも元気が湧いてくるようだった。


5 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:43:57.68 ID:g2ah9tul0


10ヶ月前。

男「だから結婚するんだって!

…ああ?病院?もういい!

てめえがそんなに心の狭いヤローだなんて思わなかったよ!」ガチャン

猫「ど、どうしたの?大丈夫?」

男「あ…びっくりした?ごめん…

お祝いに誘おうと思っていろんな友達に電話したんだけど、みんな断られたよ…

ごめん…ごめんね…」ポロポロ

猫「男、泣かないで。

私は、ずっと男の傍にいるから」

男「猫…ありがとう。

ありがとう…」

猫を抱きしめ、俺は涙を拭った。


6 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:44:57.45 ID:g2ah9tul0


3ヶ月前。

プルルルル

プルルルル

猫「男ー!電話鳴ってるよー!」

男「はーい!今出る!

もしもし。…はい、そうですけど…

え?取材?テレビ!?いえ、それはちょっと…

はい…すみませんが、お断りします。」ガチャ

猫「なんの電話だったの?」

男「んー?

猫と結婚した男として、テレビに出てくれないかってさ。

出てもどうせバカにされるだけだろ?断ったよ」

猫「ふーん…私はちょっとテレビに出てみたかったかも、なんてね」

男「はは…猫がテレビに出たら、あっという間にお茶の間の人気者かもね」

俺と猫の関係は、あまり良くない噂として少しずつ広まっていった。

最初は、近所の人に遠巻きにされたり

逆に好奇の目でジロジロ見られたりする程度だった。

それぐらいなら、別にどうってことなかった。でも…

そのうち、イタズラ電話や嫌がらせを頻繁にされるようになってきた。

動物愛護を唱える団体が押しかけて、俺に文句を言いに来たこともあった。

だから、引っ越すことにしたんだ。


7 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:45:43.86 ID:tsuXlbKW0

2ヶ月前。

男「ここが俺たちの新しい住処だぞー!」

猫「どこ、ここ…知らない場所…」

男「前より狭いアパートだけど、俺の在宅システムエンジニアの仕事じゃあ、

まだそんなに貯金もなくてさ」

猫「…嫌っ!」

男「あっ!?ちょっと、待って!」

半開きのドアから飛び出した猫を追って、俺も外に走り出た。


8 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:46:13.08 ID:g2ah9tul0


男「ハァハァ…見失っちまった…

どこ行ったんだよ…

あいつがいないと、ダメなんだよ…

俺は、あいつがいないと…」

夜になるまで探し回っても、猫は見つからなかった。


9 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:46:48.93 ID:L8DUcd7r0


男「くそ、全然見つからねえ…

冷えてきたし、一旦上着とりに帰るか…」

トボトボと家に歩いて帰ると、聞き慣れた猫の声が聞こえてきた。

慌てて辺りを見回すと、近くの路地裏から猫が走り寄ってきた。

猫「男!!」

男「お前…どこ行ってたんだよ!心配したんだぞ!」

猫「ごめんね、もうどこにも行かないから…

許してくれる?」

男「許すよ、許すけど…

もう絶対、俺から離れるなよ。絶対だからな!」


10 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:47:25.76 ID:g2ah9tul0


今日。

男「どういうことだよ…

どういうことなんだよ!」

猫「男、あなたの子供が今お腹にいるのよ」

男「嘘だ!だって…そんなことあるわけねえ!」

猫「男、お願い、信じてよ…」

男「うるさい!あの時か!?

引っ越してきたばかりの時、お前家を飛び出してったじゃねえか!

あの時に浮気したんだろ!?そうなんだろ!!」

猫「違う!ねえ、聞いてよ…」

男「ああああああ!黙れ黙れ!」

俺はあの時の猫のように家を飛び出して、走り続けた。


11 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:47:58.33 ID:g2ah9tul0


そうだ…そして、俺はここに来たんだ。

ここから海に向かって飛び込めば、死ねるだろうか。

猫との思い出を振り返ってみたけど、やっぱり俺は…

俺には猫しかいなかったのに。

あいつは俺を裏切った。

猫のために、家族とも友達とも縁を切ったのに。

俺には、猫しか。

だから


12 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:48:27.97 ID:tsuXlbKW0


男「さよなら」



13 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:48:55.92 ID:L8DUcd7r0


Aパートおわり

14 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:49:27.81 ID:tsuXlbKW0


Bパート

15 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:49:55.94 ID:g2ah9tul0


男「猫と結婚することにした」


16 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:50:24.60 ID:tsuXlbKW0


父「ふざけるな!自分が何を言ってるか分かってんのか!?」

母「お父さん、落ち着いて…男も、もう一度よく考えて…」

男「俺は自分が何を言ってるか、ちゃんと理解してるよ。俺は真剣なんだ」

父「出て行け!お前はもう息子でも何でもない!」

母「なんてことを言うの!?やめてよ!

…ねえ、男、一緒に病院に行きましょう?ね?」

男「…クソっ!もういい!こんな家2度と来るか!」

母「待って!お願い!」

父「もうあんな奴は放っておけ!」


17 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:50:56.48 ID:L8DUcd7r0


男「やっぱり、認めてくれなかったか…」

猫「にゃあ」

男「猫は悪くない!

母さんも父さんも、頭が固すぎるんだよ。

だから、猫が謝る必要はないんだ。

謝らないでくれ…」

猫「にゃあ」

18 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:51:30.14 ID:L8DUcd7r0


男「はい…はい…そうですか。

いえ、こちらこそ無理を言ってすみませんでした。

ありがとうございました」ガチャ

猫「にゃあ」

男「ん?ああ、式場を予約しようと思って…

でも、どこも断られちゃったよ。

…ああ、そんな顔すんな!

俺は、別に結婚式を挙げられなくても、法的に結婚できなくても、いいんだよ。

ただ、お前と一緒にいられればそれでいい」

猫「にゃ~ん」

男「ごめん///でも、本当にそう思ってる。

でも、このまま何もしないのもなんか釈然としないというか…

親しい友達だけ呼んで、家でお祝いするとかどう?」

猫「にゃー」


19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/10/23 21:51:30.53 ID:A8H27Z2lO

ブラックジャックに脳腫瘍だかのせいで
猫を自分の嫁だと勘違いする話あったな

20 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:52:06.67 ID:g2ah9tul0


男「だから結婚するんだって!

…ああ?病院?もういい!

てめえがそんなに心の狭いヤローだなんて思わなかったよ!」ガチャン

猫「にゃ~」

男「あ…びっくりした?ごめん…

お祝いに誘おうと思っていろんな友達に電話したんだけど、みんな断られたよ…

ごめん…ごめんね…」ポロポロ

猫「にゃ~ん」

男「猫…ありがとう。

ありがとう…」


21 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:52:34.11 ID:g2ah9tul0


プルルルル

プルルルル

猫「にゃー」

男「はーい!今出る!

もしもし。…はい、そうですけど…

え?取材?テレビ!?いえ、それはちょっと…

はい…すみませんが、お断りします。」ガチャ

猫「にゃあ」

男「んー?

猫と結婚した男として、テレビに出てくれないかってさ。

出てもどうせバカにされるだけだろ?断ったよ」

猫「ごろごろ…」

男「はは…猫がテレビに出たら、あっという間にお茶の間の人気者かもね」


22 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:53:15.40 ID:tsuXlbKW0


男「ここが俺たちの新しい住処だぞー!」

猫「フー…」

男「前より狭いアパートだけど、俺の在宅システムエンジニアの仕事じゃあ、

まだそんなに貯金もなくてさ」

猫「…にゃっ!」

男「あっ!?ちょっと、待って!」


23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/10/23 21:53:28.59 ID:Xr7kZNei0

oh.....

24 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:53:50.99 ID:L8DUcd7r0


男「ハァハァ…見失っちまった…

どこ行ったんだよ…

あいつがいないと、ダメなんだよ…

俺は、あいつがいないと…」


25 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:54:14.87 ID:g2ah9tul0


男「くそ、全然見つからねえ…

冷えてきたし、一旦上着とりに帰るか…」

猫「にゃあ」

男「お前…どこ行ってたんだよ!心配したんだぞ!」

猫「にゃあ」

男「許すよ、許すけど…

もう絶対、俺から離れるなよ。絶対だからな!」


26 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:54:38.87 ID:tsuXlbKW0


男「どういうことだよ…

どういうことなんだよ!」

猫「にゃ~」

男「嘘だ!だって…そんなことあるわけねえ!」

猫「にゃーん」

男「うるさい!あの時か!?

引っ越してきたばかりの時、お前家を飛び出してったじゃねえか!

あの時に浮気したんだろ!?そうなんだろ!!」

猫「にゃあ」

男「ああああああ!黙れ黙れ!」


27 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:55:06.06 ID:tsuXlbKW0


男「さよなら」

28 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:55:26.04 ID:L8DUcd7r0


Bパートおわり

29 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:55:53.01 ID:L8DUcd7r0


おまけ

30 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:56:18.45 ID:g2ah9tul0


男「う…



ここは…



砂浜?



俺は



生きてるのか…



どこなんだここ…」


31 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:56:57.70 ID:tsuXlbKW0


男「とりあえず歩いてみたけど



そんなに大きくもない無人島?なのかな



外周をぐるっと回って



また砂浜に戻ってきた



これからどうしよう…







あれは?



なんだ?」



エイ「…」スイー



男「…



エイだ…







お前が助けてくれたのか?」



エイ「…」スイスイ



男「…



ありがとう…」


32 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:57:23.79 ID:tsuXlbKW0


男「エイと結婚することにした」

33 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:57:52.86 ID:L8DUcd7r0


おわり

34 : ◆ERH4IkRlmI[saga] 2015/10/23 21:58:16.11 ID:g2ah9tul0


駄文失礼しました。転載自由です。

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/10/23 22:13:15.04 ID:Xr7kZNei0

いつか結婚相手の毒で死にそうだ


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1445604025/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP