PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/10/16 21:56:49 ID:hGvuTv5I

ミカサ「エレンのおちんちんが見たい」

エレン「」

ミカサ「見たい」

2 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 21:59:20 ID:hGvuTv5I

エレン「いや、お前……は?」

ミカサ「エレンのおち」

エレン「いやそれは分かったから!!」

ミカサ「なら早く見せてほしい」

エレン「おかしいだろ!? なんなんだよ突然!!」

ミカサ「確かに突然すぎた……ではエレン、明日の夕食後にまたこの場所で」

エレン「そういうことじゃなくて!! 予約しとけばいいみたいな意味じゃなくて!!」

3 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/10/16 22:02:22 ID:hGvuTv5I

ミカサ「…?」

エレン「『きょとん』じゃねえよ!!! なんでいきなりそんな痴女みたいなことを言い出してんだって聞いてんだよ!!」

ミカサ「エレンはおちんちんないの?」

エレン「あるに決まってんだろ!!!」

4 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:03:40 ID:hGvuTv5I

ミカサ「じゃあ見せてほしい」

エレン「なにが『じゃあ』なんだよ!! なにも繋がりが見出せねえよ!!」

ミカサ「私にはおちんちんがない、でもエレンにはおちんちんがある。ので、見たい」

エレン「……あーなんとなく分かった。つまりは好奇心だな?」

ミカサ「そう」

エレン「あのなミカサ、自分にないものが気になるのは分からんでもない。だがお前も女なんだからその……そんな軽々しく……口にするのは……」

ミカサ「おちんちんと?」

エレン「だーかーら!!!!」

5 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:06:00 ID:hGvuTv5I

ミカサ「おちんちんを口にするのはいけないこと?」

エレン「いやお前そういう言い方は尚更駄目だからな」

ミカサ「どうしておちんちんを口にしてはいけないの?」

エレン「聞けよ。……いや、そりゃ、まあ……恥ずかしいだろうが」

ミカサ「おちんちんは恥ずかしいもの?」

エレン「そうでなかったらこんなに必死になってねえよ」

ミカサ「私はエレンの恥ずかしいところを見たがってたということ?」

エレン「そうだよ。だから……」

ミカサ「見たい」

エレン「」

6 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:07:38 ID:hGvuTv5I

ミカサ「エレンの恥ずかしいところ、見たい……」ジッ…

エレン「……駄目だからな」サッ

ミカサ「……わかった」

エレン(お?)

ミカサ「男子寮に行ってくる」

エレン「待て待て」ガシッ

ミカサ「なに?」

エレン「なにじゃねえよ! お前男子寮でナニをする気だよ!!」

ミカサ「一人くらいはおちんちんを見せてくれる人がいるかもしれないと……」

エレン「いる訳ねえだろ!! 仮にいたとして、そんな変態野郎がちんこ見せただけで終わりにする訳ないだろ!!」

7 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:09:56 ID:hGvuTv5I

ミカサ「? どういうこと? 私はおちんちん見たら満足して大人しく帰る」

エレン「いやお前がそうでも相手がそうじゃないっていうか……っておい行くな行くな」ガシッ

ミカサ「なに? エレンはおちんちんを見せてくれない。なら私は次の行動に移らなければ」

エレン「お前のちんこに対するその情熱はなんなんだよ!!」

ミカサ「離して。早く行かないと」

エレン「…………たよ」

ミカサ「?」

エレン「わかったよ!! 見せればいいんだろ!?」

ミカサ「エレン…!!」

エレン「その代わりもう人前でおちんちんとか言うなよ!? 絶対だぞ!!」

ミカサ「わかった。さあエレン早く」グイグイ

エレン「お、おい強引だな」

10 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:34:14 ID:hGvuTv5I

エレン「これ見たら大人しく帰れよ……」カチャカチャ

ミカサ「うん。はやく、はやく」ウキウキ

エレン「そんな期待されても困るんだが」ヌギヌギ

ミカサ「……」ドキドキ

エレン「……」ポロン…

ミカサ「!!!」

11 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:35:25 ID:hGvuTv5I

ミカサ「これが……生のおちんちん……教科書と全然違う……」マジマジ

エレン「もういいだろ。終わり終わり」サッ

ミカサ「待って!」ガシッ

エレン「なんだよ! もう十分見ただろ!」

ミカサ「もう少し……網膜にしっかりと焼き付けるまで……」ジ-ッ

エレン(なんなんだよこの状況……)

12 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:36:36 ID:hGvuTv5I

ミカサ「……」ジーッ

エレン「……」

ミカサ「……」ジーーッ

エレン「……」ピク

ミカサ「動いた!!?」

13 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:40:01 ID:hGvuTv5I

ミカサ「エレン、エレン! 今おちんちんが動いた!!」

エレン「あーもーうるせえ!! はい終わり!! もうしまうからな!!」

ミカサ「待ってエレン! おちんちんが動いた! どうしておちんちんが動いたの!? エレンはおちんちんを自分の意思で動かせるの!?」

エレン「おちんちんおちんちんうるせえよ!! あんだけ見られたら反応もするわ!!」

14 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/16 22:41:36 ID:hGvuTv5I

ミカサ「反応…!?」ジーッ

エレン「わーもう見るな! 勃起しちゃうだろうが!!」

ミカサ「ぼっき……」

エレン「なんだよ」

ミカサ「見たい」

エレン「」

17 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/10/17 00:45:08 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「エレンの勃起、見たい」

エレン「いや、見たいって言われてそう簡単に見せられるようなもんじゃねえし……」

ミカサ「男性器は性的な刺激を受けると勃起すると習った。エレン、性的な刺激とは具体的になに?」

エレン「しっ知らねえよ」

ミカサ「こう?」ツンツン

エレン「わっ馬鹿!! おさわり禁止だぞ!!!」ピクッ

18 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:46:22 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「おお……」

エレン「なに感動してんだよふざけんな!!」

ミカサ「なんだか、かわいい」ツンツン

エレン「は? なんだよ可愛いって」ムッ

ミカサ「では、かっこいい」

エレン「……」ピクッ

ミカサ「反応した」

エレン「うるせえ!!!」

19 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:47:52 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「エレンのおちんちんかっこいい。逞しい。強そう。立派」ナデナデ

エレン「おまっ……馬鹿……っ」ビク

ミカサ「ほう……」

エレン「『なるほど』って顔してんじゃねえよ!! 撫でるな!!」

ミカサ「……」スンスン

エレン「嗅ぐな!!!」

20 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:49:41 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「エレン見て、おちんちんが少し大きくなった。エレンは性的に興奮しているということ?」

エレン「興奮もなにもちんこってのは触られたらこうなるんだよ!」

ミカサ「触られると……」サワサワサワ

エレン「やっ…めろ……って!!」ビクビク

ミカサ「すごい。さっきまであんなに力なくぶら下がっていただけのおちんちんが、今や立派に天を仰いでいる」コスコスコス

エレン「実況するな!!」ハアハア

21 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:51:45 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「エレン、さっきからエレンはするなするなと言っているけど、では逆になにをしてほしいの?」サワサワ

エレン「なにも……するなよっ……」ビクビク

ミカサ「ここ?」クニッ

エレン「あっ……もっと先端……」

ミカサ「先端……」クリクリ

22 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:52:59 ID:Y/JwK9kQ

エレン「…あっ!? ちょっオレは何を……今の無し!!」アセアセ

ミカサ「エレンのおちんちんは素直。とても元気になった」シコシコ

エレン「いや……ほんとに……もう…っ」ビクンビクン

ミカサ「……!!?」シュバッ

エレン「!?」

23 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:54:18 ID:Y/JwK9kQ

エレン「な、なんだよいきなり離れて」

ミカサ「なにか出てきた」

エレン「は?」

ミカサ「先っぽからなにかぬるぬるが出てきた」

エレン「いやそれは……」

ミカサ「ま、まさか、これが……射精…!?」

エレン「違えよ」

24 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 00:56:00 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「射精じゃ、ない…? こんなにぬるぬるが出てきているというのに」ヌルヌル

エレン「うあっ……、いや、射精はもっと勢いよく出る、から……」

エレン(……ってオレは何を言ってるんだ……さっきから判断力が鈍ってきてるぞ……このまま快楽に流されるのは流石に)

ミカサ「見たい」

エレン「」

27 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 14:26:30 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「エレンの射精、見たい」コスコスコス

エレン「だっ誰が見せるかそんなもん!!」ビクビク

ミカサ「おお、すごい。硬くて熱い」シコシコシコ

エレン「ホンットお前ふざけんなよ!! いい加減離せ!!」グイッ

ミカサ「いや。私は今エレンのおちんちんを掌握している。主導権は私にある」シコシコシコシコ

28 : 以下、名無しが深夜にお送りします[] 2015/10/17 14:27:59 ID:Y/JwK9kQ

エレン「これはオレのちんこだろ!! なんでお前に好き放題されなきゃ……ッ」ビクッ

ミカサ「おや? おちんちんの様子が……」シコシコシコシコシコ

エレン「うっ……あっ……!!」ビクンッ

ビュルッ! ビュッ!!

ミカサ「おっと」サッ

ミカサ「いけない、危うく顔にかかるところだった」

エレン「……」ハアハア

29 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 14:29:13 ID:Y/JwK9kQ

ミカサ「これが射精……勢いよく出た……」ホウ…

ミカサ「エレンはいつの間にこんなことが出来るようになったの……すごい……」

エレン「……」ハア…ハア…

30 : 以下、名無しが深夜にお送りします[sage] 2015/10/17 14:30:20 ID:Y/JwK9kQ

エレン「ミカサ……お前……」

エレン「覚えてろよ……!!!」

ミカサ「うん。忘れない。この光景は一生覚えておく」

エレン「やっぱ忘れろ」




おわり


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1445000209/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
352位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP