PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:14:44.76 ID:TPsRFZGt0

魔王「私に付けば世界の半分をお前にやろう」

勇者「半分!?」

魔王「(なんかリアクションが大げさだな……)」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:41:36.18 ID:TPsRFZGt0

勇者「は、半分……」

魔王「(なかなかいい手応えだな、所詮人の子か)」

勇者「ひ、一つ聞きたい!」

魔王「何だ」

勇者「その半分にお前は含まれているのか!」

魔王「」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:42:35.97 ID:TPsRFZGt0

魔王「は?」

勇者「世界の半分だろ!
   それは土地だけじゃなくそこに住む者も含めての話のはずだ!」

魔王「もちろんそうだが」

勇者「な、なら!」

魔王「だが私を含むわけ無いだろう」

勇者「」ガーン

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:43:07.15 ID:TPsRFZGt0

勇者「そ、そんな……」ガク

魔王「(なんだ一体……)」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:43:43.61 ID:TPsRFZGt0

勇者「じ、じゃあ! 10分の1でいいからお前を入れるというのは!」

魔王「10分の1だろうと1000分の1だろうと
   私がお前のものになったら分前の意味などあるまい」

勇者「なら、私もお前のものになれば問題ないって事だな!」

魔王「(なんか戦ってないのに疲れてきた)」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:44:09.23 ID:TPsRFZGt0

魔王「お互いがお互いのものなんて恋人でもあるまいし」

勇者「! お、お前……」

魔王「?」

勇者「そういうのは約束が成立したあと少し恥ずかしそうに言えよ!」

魔王「…………」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:44:48.18 ID:TPsRFZGt0

魔王「お前は私に何を求めているんだ」

勇者「お前自身だ!」

魔王「……? 魔王の座が欲しいというわけか?」

勇者「違う!」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:45:23.02 ID:TPsRFZGt0

勇者「ああもう、お前と話していても埒が明かん!」

魔王「こっちのセリフだ」

勇者「よし、お前の親連れて来い!」

魔王「何故」

勇者「で、その後私の両親に会え!」

魔王「何故」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:47:07.98 ID:TPsRFZGt0

魔王「お互い親を持ちださねばならん歳でもあるまい」

勇者「! ……」

魔王「……?」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:48:38.43 ID:TPsRFZGt0

勇者「そう、だな……」

勇者「親の許可なんて必要ない!
   大事なのは私達の気持ち、そうだよな!」

魔王「当たり前だ」

魔王「……」

魔王「(しかし私の考えとは微妙に違う気がする)」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:50:33.51 ID:TPsRFZGt0

勇者「じ、じゃあ聞くが!
   お前の気持ちはどうなんだ!」

魔王「お前のことは高く評価しているが」

勇者「ど、どの辺を評価したんだ!?」

魔王「どの辺て」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:52:48.47 ID:TPsRFZGt0

魔王「たった一人、我が軍の精鋭たちをなぎ倒して現れたのだ
   その力は私さえ超えている可能性もあるだろう
   世界の半分と言ったとおり、私と同格と認めよう」

勇者「うんうん、そうだ、互いが同格、認め合う、当たり前だよな」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:54:26.59 ID:TPsRFZGt0

魔王「……」

勇者「……」

魔王「……」

勇者「………………」

魔王「?」

勇者「……それだけか?」

魔王「それだけ?」

勇者「お、お前、それだけのことで自分に付き合えだなんてよく言えるな!」

魔王「…………」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:57:03.13 ID:TPsRFZGt0

勇者「私は何もできない女だ……生まれた時から勇者として鍛錬に明け暮れ、
   他のことなど何もできない」

魔王「そうなのかもしれんが、苦手なことは私がいくらか補佐してやるぞ」

勇者「!」

魔王「……?」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:57:59.23 ID:TPsRFZGt0

勇者「ふ、ふふ……お前はなんて男だ
   いや、私が馬鹿だった
   そうだ、共に生きるとはそういうことなんだ……」

魔王「(なんかよくわからんが、納得したようだ)」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 19:59:57.68 ID:TPsRFZGt0

勇者「よし、私はお前とともに歩む!」

魔王「そうか、嬉しいぞ」

勇者「う、嬉しいって、臆面もなくそういうこと言うな!」バシッ!

魔王「(顔真っ赤にして何を言ってるんだこいつは?
    ちょっと涙目だし……)」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage saga] 2015/10/02 20:02:40.74 ID:TPsRFZGt0




一ヶ月後
魔王と並ぶ地位を手に入れた勇者主導の元
盛大な結婚式が魔王城にて開かれた
魔族人間を問わない客人たちの祝福の拍手の中
真っ白なドレスに身を包み、涙で頬を濡らしながらブーケを投げる勇者を横目に
式が終わり子供が生まれるその日まで
魔王の頭の上には疑問符が浮かび続けていたという

おしまい


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443780884/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP