PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 16:56:30.50 ID:fqbwy9x3o

瑞希「体が温まります…ぽかぽか」

伊織「案外悪くないわね…」

真「ちょっと不思議な感覚だね、足だけって」

千鶴「日頃の疲れがとれていきますわ…」

瑞希「文化祭準備の男子と女子、みたいな…」

伊織「え?」

瑞希「温度差がある、ということです」

伊織「ああ、そういうことね…」

真「ああ、足と体でね…」


26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/09/30 18:52:14.03 ID:PzSjGALz0

乙です

>>1
真壁瑞希(17)Da
http://i.imgur.com/l2UXALM.jpg
http://i.imgur.com/iuajvZf.jpg

水瀬伊織(15)Vo
http://i.imgur.com/z5jxOnt.jpg
http://i.imgur.com/jmquCOf.jpg

菊地真(17)Da
http://i.imgur.com/qNVUH32.jpg
http://i.imgur.com/bM5zgIH.jpg

二階堂千鶴(21)Vi
http://i.imgur.com/qyVZxwi.jpg
http://i.imgur.com/UGNemIH.jpg

2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 16:57:41.25 ID:fqbwy9x3o

真「景色もキレイだなぁ」

瑞希「露天ならではですね…。絶景かな」

千鶴「ふわぁ…なんだか心地よくて眠くなってきますわね…」

伊織「うーん、でもちょっと狭くないかしら?」

真「えー、十分だよ」

伊織「もう少し誰か来たら肩が触れちゃうじゃない」

千鶴「それくらいが丁度いいですわ…広すぎると逆に落ち着きませんし…」

伊織「そうかしら…」

瑞希「…ん?」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 16:58:19.58 ID:fqbwy9x3o

真「んー?どうしたの瑞希?」

瑞希「いや、セレブである二階堂さんがらしくないことを言っているな、と…」

千鶴「あ、あら?」

真「ああ、確かに、セレブだったら広いお風呂の方が落ち着くんじゃないですか?」

千鶴「そ、そりゃあそうですわ!その通りですわよ!」

伊織「じゃあさっきの発言は何よ」

千鶴「しょ、庶民の気持ちに立って物事を考えるのも、一流のセレブの務めですわ!」

伊織「そう?」

千鶴「もちろんでしてよ!」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 16:59:38.75 ID:fqbwy9x3o

真「じゃあ、千鶴さんの家のお風呂は大きいんですか?」

千鶴「あったりまえですわ!泳ぎ放題ですわ!」

伊織「まあ、それくらいあってもいいわね」

千鶴「ええ!おもちゃではなく、本物のアヒルを浮かべているほどでしてよ!」

伊織「んふっ!いやいくら広くてもそれはやめなさいよ、不潔でしょ」

千鶴「浴槽からあがると何故か体にパンくずがついているので洗い流さなくてはなりませんわ…」

真「あははっ!餌!それ餌!」

伊織「あはははっ!もうそれただの池でしょ!」

瑞希「んふふ…」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:00:14.50 ID:fqbwy9x3o

千鶴「それぐらい広いお風呂だということですわ!」

伊織「いやいや、池くらい広い風呂があるのと池を風呂にしてるのは違うでしょ…」

真「んふっ!」

千鶴「入溶剤がなくても年中緑色ですわよ」

伊織「きたなっ!だからそれはただの池!」

千鶴「広すぎると掃除するだけで大きな手間ですから、セレブの辛いところですわ…」

真「ふふ…そういう問題じゃない気が…」

瑞希「初孫に対するお祖父ちゃんみたいな…」

伊織「え?」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:00:42.36 ID:fqbwy9x3o

瑞希「広すぎて困る、ということです」

伊織「ああ…そういう…」

真「ああ…心がね…。甘やかしすぎちゃうからね…」

千鶴「たまに手紙の入ったビンが流れてきますわ」

伊織「それはもう海!」

千鶴「それくらい広いということですわよ」

真「あっ!そういえば!」

伊織「きゃっ!ちょっと!」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:01:44.58 ID:fqbwy9x3o

真「あ、ごめん伊織」

伊織「いきなり足を上げないでよね!水が跳ねたじゃない!」

瑞希「どうかしたんですか?」

真「そういえば海美と約束してたんだった!今何時!?」

千鶴「まだ3時ですわよ、15時」

真「なんだ、なら大丈夫だ…。よいしょ…」

伊織「何よそれ…。まったくとんだお騒がせね…」

瑞希「海の話で思い出したんですね」

千鶴「…」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:02:55.51 ID:fqbwy9x3o

千鶴「あっ!そういえば!」

伊織「きゃあっ!だから急にやめなさいよ!」

真「千鶴さんも用事ですか?」

千鶴「今日のおやつまだ食べてませんわ!」

伊織「どうでも良いわ!…アンタ絶対水を跳ねさせたかっただけでしょ!」

真「ふふ!」

瑞希「3時で思い出したんですね」

伊織「無理やりすぎるでしょ!」

千鶴「セレブの大事な日課ですわ」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:03:37.56 ID:fqbwy9x3o

伊織「もー、浴衣が濡れちゃったじゃない…」

千鶴「うぅ…思ったより自分も濡れましたわ…」

真「ふふ、諸刃の剣でしたね」

伊織「一体なにがしたいのよ…」

瑞希「…」

伊織「瑞希、後に続いたら怒るわよ」

真「あっ!封じられた!」

伊織「アンタたちの考えなんてお見通しなのよ」

千鶴「瑞希!屈してはいけませんわ!私たちがついていましてよ!」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:04:54.24 ID:fqbwy9x3o

瑞希「私も思い出したかったのに…」

伊織「思い出したかったって何よ…」

真「もう普通に水かけようか?」

伊織「なんで? なんでそんなに水をかけたくなってんの?」

千鶴「私なんてすでにビショビショですわ」

伊織「アンタは自業自得でしょうが!」

瑞希「熱心な園芸部員みたいな…」

千鶴「ふっ…!」

伊織「ん…? え?」

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:06:08.85 ID:fqbwy9x3o

瑞希「水をかけたがる、ということです」

伊織「ああ、そういうね…」

真「ああ、花壇にね…」

千鶴「ふふ…」

真「んふ…」

瑞希「ガソリンスタンドの店員、みたいな」

伊織「例え下手くそか!!」

真「あははははっ!」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:06:41.61 ID:fqbwy9x3o

伊織「さっきから説明しないと分かんない例えばっかり!何をちょいちょい挟んできてんのよ!」

千鶴「ふふふっ!」

真「あはははっ!」

瑞希「んふふ…!」

伊織「唐突すぎるでしょ…まったく…」

千鶴「ハムとたまご、みたいなね…」

真「んふふふっ!」

伊織「ふっ…!え?」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:07:19.20 ID:fqbwy9x3o

伊織「え…? 何?え?」

千鶴「サンドイッチにちょいちょいね、挟まってますわ」

伊織「ああ、そういうね…」

真「ふふ…四つ葉のクローバー、みたいなね…」

伊織「え…? 何?何が?」

千鶴「ふふふ…!」

真「いや、本の間にちょいちょいね…」

伊織「ああ、間にね、挟まってるかしらね…」

真「んふ…」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:09:27.97 ID:fqbwy9x3o

瑞希「中間管理職、みたいなね」

伊織「いや例え下手くそか!!」

真「あっはっはっはっ!」

千鶴「あはははは!」

伊織「そろいもそろって例え下手くそか!だいたい最後の瑞希のはどういうことよ!」

瑞希「上司と部下との板挟みです」

真「あははは!」

伊織「わかりにくいっ!っていうかそんなに例え必要な場面じゃないし!」

千鶴「ふふふふっ!ふふっ!」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:10:40.35 ID:fqbwy9x3o

伊織「なに全員で例えたくなってんのよ…!」

千鶴「んふ…、伊織も例えて良いんですわよ」

伊織「例えないわよ!」

瑞希「我慢しなくてもいいんですよ、水瀬さん!」

伊織「我慢してるか!」

真「ボクたちのこと下手くそ呼ばわりしたんだから、お手本を見せてよ!伊織!」

千鶴「お、それもそうですわね」

伊織「はぁ!? ふざけんじゃないわよ!」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:12:16.14 ID:fqbwy9x3o

真「ホラホラ、ちょいちょい挟んでるよ、伊織!」

伊織「ちょっとやめなさいよアンタ…!」

千鶴「どれくらい挟んでるかしら…? ねえ伊織ぃ?」

瑞希「なにか上手い例えがないかなぁ…水瀬さん?」

伊織「ぐっ…こいつら…!」

真「んふっ…」

千鶴「ふふ…」

瑞希「…」

伊織「…………」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:12:59.02 ID:fqbwy9x3o

伊織「ど…」

伊織「読者アンケートのハガキ、みたいなね…」

真「…」

千鶴「…」

瑞希「…」

伊織「あっ!いけない思い出したわっ!」

千鶴「きゃあっ!?」

真「うわっ!」

瑞希「わっ!」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:14:11.20 ID:fqbwy9x3o

伊織「律子に呼ばれてたのよ!思い出したわ!」

千鶴「ちょっと!びしょ濡れですわよ!」

伊織「いけないわ!すぐにもどらなきゃ!」

真「そうやって誤魔化そうとして…!えいっ!」

伊織「きゃあっ!」

千鶴「ちょっと真!また私にかかりましたわよ!」

瑞希「やぁっ!」

真「わっ!」

千鶴「瑞希!? このっ!やりましたわね~!」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/30 17:14:38.57 ID:fqbwy9x3o

真「手を使うのはナシ!手を使うのはナシ!」

千鶴「今更そんなこと言ってられませんわ!それっ!」

伊織「ちょっと!? なんで真を狙って私にかかるのよ!」

瑞希「今だ!後ろもらったーっ!」

伊織「きゃあーっ!?」


ケツ

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/09/30 17:17:44.15 ID:fqbwy9x3o

読んでくれた人、ありがとうございます
爆死したのでムシャクシャして書きました。足湯まこりんを見るたび目が潤みます


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1443599790/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP