PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/01 11:12:28.55 ID:/4+1A+yJO

【10月】

P「暑いっす」

響「やっさー」

P「そう言えば裏のコンビニ潰れてた」

響「なんで!?」

P「ちょっと離れた所にローソン出来たじゃん?」

響「負けちゃったのか……残念だぞ」

P「こっから一番近かったのにな……まぁ10分も変わらないけどさぁ……なんだかなー」

響「……アイス」

P「はいはい。財布取って」

響「自分ダッツがいい」

P「うぃ~」


2 : ◆eYw0lnfieY[sage] 2014/10/01 11:14:48.60 ID:/4+1A+yJO

読む必要は特にない前スレ達
P「大丈夫?」響「ん~……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1402451831/
響「大丈夫?」P「ん~……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1388331375/
響「なにしてるんだ?」P「ん~?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381933438/
P「なにしてるんだ?」響「ん~?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374411091/
山無しオチ無し

5 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/01 11:22:45.24 ID:/4+1A+yJO

【パシリ1号】

律子「あ、じゃあ私ピノで」

小鳥「アイスボックス!」

P「金を払え」

小鳥「えー、響ちゃんの分は奢るのにぃ?」

P「家族の分でしょうが!」

律子「ケチ……」

P「あ゛?」

律子「何も言ってませんよ?はいお金」

真「僕なんか今プリン食べたいですプリン」

P「あ、真が買ってくればいいじゃん。よろしく」

真「え……えぇ?」

8 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/01 11:36:45.34 ID:/4+1A+yJO

【マカロン】

P「真がひとっ走りすれば終わるじゃん……俺行く必要無いよこれ」

真「ダイエットですよダイエット。プロデューサー最近ビールっ腹目立ちますよ」

P「マジで!?」

真「嘘ですけど」

P「やめてくれよ、マジで怖いんだよ中年太りとか。死にたくなるだろ」

真「なら適度な運動をしないとダメですよ」

P「夜に響と運動してるから」

真「真昼間からキメ顔で下ネタ言わないでくださーい」

9 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/01 13:12:34.25 ID:/4+1A+yJO

【愛妻弁当】

律子「そう言えばお子さんは?」

P「なんか黒井社長が連れて行った」

美希「……身代金の要求?」

千早「あの人にあれ以上のお金は必要なのかしら」

小鳥「実孫の様に甘やかしてるわよねぇ……」

響「孫て……」

美希「実際半分くらい響のお父さんなの」

P「黒井社長の半分は父性愛で出来ています」

真「かっこいー」

10 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/01 13:40:56.25 ID:/4+1A+yJO

【→A】

真美「スマブラし過ぎてスラパ吹っ飛んだ」

春香「あるある」

絵理「5円玉がちょうどいいとかよくないとか」

春香「あ、それ私もツイッターで見た」

絵理「試して……みます?」

真美「やってみよ→!」

絵理「じゃあ私が5円…………な、無い」

春香「あ、だったら私が………………あれ?」

真美「え、真美お財布置いて来ちゃったよ?」

春香「…………」

絵理「…………」

真美「…………これ買ったの去年の7月なんだよね」

春香「保証期間外じゃん……」

14 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/02 15:07:45.64 ID:TXqPsHwUO

【闇】

あずさ「響ちゃんって家だとプロデューサーさんの事なんて読んでるのかしら」

亜美「そりゃあもう…………あ、な、た♡っしょ」

伊織「全く想像出来無いんだけど」

やよい「ねぇねぇ伊織ちゃん伊織ちゃん」

伊織「どうしたの?」

やよい「プロデューサーの下の名前って……知ってる?」

伊織「そりゃあ…………………………………………………………!?」

亜美「え、ちょ。いおりんまさか」

あずさ「…………………………!!」

伊織「私達……あいつの下の名前聞いたこと無……いんじゃ」

亜美「聞いたこと無くても知らないって事はあり得無いっしょ→」

やよい「亜美は知ってる?」

亜美「もっちろん!えーとね………………………………えーとね?」

あずさ「なんだか……触れちゃいけない気がするわ……」

伊織「そ、そうね。やめときましょう」

15 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/02 15:26:23.92 ID:TXqPsHwUO

【改名するなら克哉がいいな】

冬馬「……なぜ?」

P「小林克也って憧れの人なんだよね……」

冬馬「あ、そう……」

18 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 08:04:20.64 ID:4KYLaNsPO

【ママ】

春香「おっはー」

千早「おはよう春香。マヨネーズ飲む?」

春香「や、いい」

千早「あらそう」

春香「マヨネーズ直飲みって今考えるとヤバイよね」

千早「今更ね」

春香「て言うか確実に太るよね」

千早「今更よ……」

20 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 11:47:30.03 ID:4KYLaNsPO

【ねりけし】

真「雪歩ってさ」

雪歩「うん」

真「授業中どうしようもなく暇になったらどうしてる?」

雪歩「……予習復習?」

真「真面目か!」

雪歩「ぎゃ、逆に真ちゃんは他に何をするの」

真「え、ボク?んー……寝るね」

雪歩「……さっきの小テストどうだった?」

真「あはははは!死んだ!」

雪歩「…………笑い事じゃないよ」

真「ごめん」

21 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 12:57:25.63 ID:4KYLaNsPO

【経済学】

真美「にーちゃんにーちゃん」

P「んー?」

真美「桃鉄やろー」

P「休憩時間中ならいいだろう」

真美「99年」

P「馬鹿じゃないの」

23 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 14:25:49.02 ID:4KYLaNsPO

【ぼーんびー】

真美「なんでぇっ!?」

P「さっさとサイコロふるのねん」

真美「全部1全部1全部1!………………ぬぁあああああああ!!!!!」

P「ざまーーーーー!!!」

伊織「あんた仕事しなくていいわけ?」

25 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 20:30:13.68 ID:Ce9VAquLo

【ふわふわ】

P「最近もちもちしてきたな太もも」

響「ふ、太って無いぞ!?」

P「やーちょうどいいわ……寝心地いいし、美味しそうだし」

響「ダンス再開した方がいいかな……」

P「俺はこれ位の方が挟まれ甲斐があるわぁ~」

響「あーもうグリグリするなぁ!」

26 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/03 22:35:40.15 ID:Ce9VAquLo

【足は開き腰を軽く入れて右手は天を指す様に】

P「I am legend!」

小鳥「ひゅー!プロデューサーさんかっこいー!」

北斗「まぁ765proをここまで仕立てた伝説のプロデューサーではありますよね」

P「照れる」

響「照れるな」

律子「実際こんな状況になったらどうします?」

P「死ぬ」

黒井「即答か……」

P「響が生きてたら生きますね」

響「多分自分より先に死ぬと思うぞこの人」

北斗「そしたら響ちゃんはどうするの?」

響「死ぬ」

小鳥「そくとー……」

28 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/04 02:04:29.97 ID:A8Z28NZao

【着席】

真「正座何分くらいできる?」

美希「んー……5分?」

真「流石にそれは短過ぎるよ……」

美希「実際にやってみるの!」

亜美「つまりこのトリビア、こう言うことになります!」

絵理「アイドル、星井美希が、正座をしていられる時間は……♨︎☺︎〠分」

真「ネタが古いんだよね一々」

29 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/04 02:21:51.70 ID:A8Z28NZao

【こちらが確認のVTRです】

美希「あ、ギブ」

亜美「はやっ……」

美希「五時間くらいたった?」

真「5分も経ってないよ」

亜美「こうして世界にまた一つ、新たなトリビアが生まれた……『アイドル、星井美希が正座をしていられる時間は……3分』」

絵理「カップラーメン出来上がるまでは待てる?」

美希「食べる時は椅子に座るの」

亜美「さて、真さん。このトリビアの種、何分咲きでしょうか!?」

真「もう九分咲きでいいよマジで懐かしくなってきたからやめてこの流れ」

40 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/05 20:11:37.86 ID:E+bWnRykO

【ステルスマーケティング】

P「エンゼルフレンチisゴッド」

響「エンゼルフレンチだけで何個買ってきたの?」

P「ひぃふぅみの……6」

響「飽きない?」

P「俺さぁ」

響「うん」

P「甘いの大好きだけど量食えないのね」

響「知ってる」

P「ぶっちゃけ飽きた」

響「バカだなぁ……」

44 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 02:11:00.67 ID:mC93KNzgO

【夜戦】

P「肌白くなったなぁ……」

響「そう……かな。まぁアイドルやめてからあんまり日に当たらない生活してたから。あっちと違って日光弱いから短時間じゃ焼けないさー」

P「日焼け跡はグラビアの大本命だったからな……俺の中で」

響「いやそれは知らないぞ……」

P「来年の夏は軽く焼いてくれ」

響「サンオイルちゃんと塗ってね?」

P「任せろ。俺は粘液を女体に塗り込む事に関してはプロだ」

響「嫌なプロだ……」

P「しかしこの……真っ白なおっぱいに薄く浮く青い血管はエロス。母乳精製してんだなと思うと滾る」

響「服着る!」

P「だーめです。まだ堪能してない」

響「やっ……離して、よ」

P「心配しなくてもおいしーく……いただきます」

響「うぅ…………ンッ」

P「はんへいい?」

響「だ、め……そんな事してもでないからぁ……」

P「んーーー…………ぷはっ。乳の出よくなる様にマッサージしてやるからな」

響「いらない!」

P「遠慮せずに」

響「してない!」

45 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 09:44:43.13 ID:YwapHaQ3O

【雨ニモマケズ】

美希「台風には勝てなかったの……」

伊織「暇ね」

美希「…………デコちゃん64ある?」

伊織「デコちゃん言うなっての。あるけど何するの?」

美希「64で二人プレイと言えばあのゲームなの」

伊織「カスタムロボ?」

美希「ゴールデンアイ」

伊織「…………そう?」

美希「うん」

46 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 10:03:12.27 ID:YwapHaQ3O

【NINJA】

P「俺はガチャフォース派だよ」

響「はい?」

P「独り言」

響「ふーん……」

49 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 11:13:50.16 ID:YwapHaQ3O

【アウトドア】

北斗「なんかこう、ここまで雨が凄いと水着で外出たくなるよな」

冬馬「ならねぇよ」

北斗「庭でBBQしない?」

冬馬「不可能だろ」

翔太「水鉄砲探そうよ!」

冬馬「この雨の中水鉄砲もクソもねぇだろ……」

翔太「ボールあった」

北斗「バスケか」

冬馬「………………え、ちょっと待てお前らマジで外出んの?」

北斗「当たり前だろ」

翔太「ねぇ?」

冬馬「頭おかしい……」

53 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 11:50:30.43 ID:YwapHaQ3O

【作曲】

真「あまりの暇さに一曲出来たよこれ……ビックリだね」

千早「私は真がまだギター続けてる事にビックリしてるわ」

真「今度プロデューサーにオカリナ教えてもらうんだー」

千早「……ギターと全く関係ないわよね?」

真「まぁうん。プロデューサードラムとオカリナしか楽器弾けないんだって。あ、リコーダーと鍵盤ハーモニカは流石に出来るみたいだけど」

千早「それは小学生迄に習うからでしょう……」

真「さぁて……作詞しない?」

千早「一緒に?」

真「うん。出来たら僕演奏するから歌ってよ」

千早「そう、ね……いいわよ。暇だし」

真「へへ、やーりぃ。この調子でメンバー増やすんだ」

千早「プロデューサーをドラムに持ってくればいいじゃない」

真「野郎はちょっと……」

千早「それもそうね」

56 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 12:37:27.29 ID:YwapHaQ3O

【一過】

北斗「スマブラしますか」

翔太「さんせー」

冬馬「なんで雨止んだ瞬間に室内篭るんだよ!」

北斗「遊び疲れた」

冬馬「寝てろや……」

58 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/06 14:46:27.56 ID:YwapHaQ3O

【今まで滅茶苦茶○ッ○○してた】

P「晴れとるがな」

響「…………」

P「晴れとるがな!」

響「元気……だね」

P「スッポンパワー」

響「ひきょーだー」

P「知らんなぁ…………しかし流石の俺も疲れた。昨日の夜からほぼ連戦だし…………あ、昼飯食べてない。通りで腹減ってるわ」

響「自分動けないぞ~……」

P「蕎麦でも作るか……」

響「の前にさ」

P「ん?」

響「ベタベタ。拭いて」

P「勿体無い……」

76 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/07 01:03:24.85 ID:CxMFJiMQO

【夜食タイム】

冬馬「激辛味噌!」

貴音「山菜らぁめんを」

冬馬「ヘルシーだな」

貴音「らぁめんに炒め野菜をのせても何もへるしぃではありませんよ」

冬馬「それもそうな」

貴音「……最近は、どうですか?」

冬馬「何が?」

貴音「色々と」

冬馬「特に……あぁ、新しいマネージャーがドジっ子で面白いくらいだな」

貴音「女性の?」

冬馬「おう。野郎のドジっ子とか全く面白くないぜ?」

貴音「それもそうですね……」

冬馬「……?話変わるけどお前辛いのイケる?」

貴音「人並み以上には」

冬馬「さっき勢いで激辛頼んじゃったけど俺そんな得意じゃないんだよ……手伝ってくれね?」

貴音「是非」

冬馬「さんきゅ」

82 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/07 15:16:17.80 ID:CxMFJiMQO

【習慣】

律子「響のプロデューサーに対するお父さん呼びは理由あるの?」

響「子供にお父さんって呼んでもらいたいんだって」

律子「へぇ……じゃあ響はお母さんな訳ね」

響「そうなるなー。ま、自分そこあんまり拘り無いさー」

律子「私もお父さんって呼んだ方いいですか?」

P「やめろ」

83 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/07 15:19:07.19 ID:CxMFJiMQO

【穿つ】

小鳥「本音は響ちゃんに『お父さん♡』って言われたいんですよね。わかります」

響「え……そうなの……」

P「ち、違うよ?」

小鳥「パパだと犯罪っぽいですし?」

律子「それはもう今更感が……」

90 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/07 23:13:35.82 ID:c9geofV3O

【我思う】

P「鈍感系主人公って糞だよな」

響「他人の恋心に過敏過ぎる主人公も嫌だぞ……」

P「鈍感主人公にやきもきするヒロインかわいそう」

響「気付かれて微妙に距離とられるヒロインもかわいそうだよ…………絵理とか」

P「…………………………」

響「…………自分がいじわる言った謝るから泣かないでよ」

P「女を泣かせる男って最低だよな……ハハッ、事故に見せかけて投身自殺してくる。金と地元の土地は自由に使ってくれ…………」

響「ネガティブ過ぎるぞ!?」

98 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/08 10:22:50.51 ID:INzsGmDgO

【ギザギザ】

P「旧500円玉」

伊織「どうしたの?」

P「おつりで貰った。昭和57年」

雪歩「そう言う古いお金って、何かしら付加価値とかあるんでよね?」

P「俺もそう思ってさっき調べたんだがねぇ……S57の500円玉は500円の価値しか無いそうだ」

伊織「ただのボロいコインね」

P「あと何年くらい取っといたら価値が出るかな……」

雪歩「途方もないと思いますぅ……」

100 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/08 17:31:57.33 ID:INzsGmDgO

【ツンツン】

P「クーデレ最高!」

冬馬「それな」

P「わかるかお前にも」

冬馬「ったりまえだろ」

P「冬馬……」

冬馬「プロデューサー……」

黒井「見つめ合うな気持ち悪い」

103 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/08 19:31:35.78 ID:INzsGmDgO

【紅】

P「月消えてきた!」

響「おー、ほんとだ。ほら~見える?」

P「赤ちゃんって視力なんぼくらいあるんだろ」

響「さぁ……」

P「見えてるといいな」

響「だね」

106 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/08 19:56:23.06 ID:INzsGmDgO

【黒子】

貴音「皆既月食は……」

冬馬「ぁ?」

貴音「月の儚さばかりに目が行きがちですが、月の明かりに隠れていた星が輝く夜でもあります」

冬馬「確かに……星もよく見えるな」

貴音「朧に見える月と明るく輝く星が見られる、素晴らしい現象なのですよ」

冬馬「なるほどなぁ……」

貴音「月に背を向ければ……ほら」

冬馬「…………綺麗だな」

貴音「でしょう?」

108 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/08 20:13:24.34 ID:INzsGmDgO

【野郎共】

翔太「そう言えば冬馬くんは?」

北斗「デート」

翔太「なるほど……」

136 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 00:25:17.70 ID:S7jIoYIYO

【愛 Know マジック】

P「まぁちゃんと祝うのは日が昇ってからとして……おめでとう」

響「ありがと。なんかあれだなー、この歳だと段々誕生日とか割とどうでもよくなるな」

P「気持ちはわかる。プレゼント」

響「んっ────……はぁ、キスだけ?」

P「まだあるけど今はこれだけ」

響「て言うかこれがプレゼントになると思ってる辺りどうかと思うぞ」

P「ダメか?」

響「もっと、」

P「寝れなくなるぞ……──」

響「ン…………まだぁ」

P「何度でも」

138 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 00:49:07.26 ID:S7jIoYIYO

【夜泣】

響「!」

P「ぬ……」

響「……うるさかったかな。しっかり寝かせてきたんだけどな……」

P「早くお前の誕生日祝いたいんじゃないかな」

響「あはは、親孝行者さー。あやしてくるね」

P「はいおむつ」

響「ありがと」

143 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 11:54:42.29 ID:S7jIoYIYO

【リボンをつけて】

千早「と言う訳で定番の『プレゼントは私♡』をやってみたわけなのだけれど」

響「定番なのか?取り敢えずいらないぞ」

千早「何故?省スペースよ」

春香「それ自分で言っちゃうんだ……」

響「使い道が無いだろ……」

千早「サンドバッグとか」

響「千早はそれでいいのか!?」

千早「我那……響の性欲を全て受け止める自信があるわ」

P「俺の仕事だろそれ」

響「そう言う問題じゃない」

P「うっす」

144 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 11:58:51.06 ID:S7jIoYIYO

【二番煎じ】

絵理「おはようございます。響ちゃんにプレゼントを

響「絵理そのものはいらないからな?」

絵理「な、なんでわかったの?」

響「本当にやるつもりだったのか……」

春香「皆がリボン付けてるから私のアイデンティティが……」

147 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 21:14:10.35 ID:K9h/IHa8O

【我那覇響…………じゃない!】

美希「はっぴばーすでーとぅーゆー!」

真美「どうぞ!」

響「せーの……ふぅー!」

真「響誕生日おめでとう!」

響「へへ、ありがと!」

亜美「てわけで亜美と真美からの誕プレ!」

響「開けていいのか?」

真美「もちのろんよ!絶対びっくりするかんね!」

響「なんだろ…………おぉ……ぉお!?」

小鳥「なになに?」

響「3DS!しかもnew!」

P「あれ、発売日明日じゃ?」

真美「ふふふ、これが小売の力アルネ」

響「どうしよう普通に嬉しいぞこれ」

亜美「普段おちゃらけた奴がまともな事すると凄いいい人に見えるよね」

律子「自分達がおちゃらけてる自覚はあるわけね」

亜美「よっしゃースマブラだスマブラだー!」

千早「私たちまともじゃないって言われてないかしら。暗に」

絵理「ですか?」

153 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/10 22:21:20.48 ID:K9h/IHa8O

【コウシンチュウ】

千早「はっ!」

伊織「どうしたの?」

千早「今電波を受信したわ!」

伊織「寝た方がいいわよ」

千早「人として受け取って貰えないならペットになればいいのよ!」

伊織「寝た方がいいわよ」

155 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/11 00:00:14.56 ID:X6Jz7D2NO

【ルナ】

小鳥「はい貴音ちゃん猫耳」

黒井「どこから持ってきた」

小鳥「備品です(キリッ」

あずさ「尻尾も……!?」

P「はいそれは没収」

貴音「ねこみみ……こう、でしょうか」

小鳥「びゅーりほー……」

貴音「どうですか響」

響「すっごく可愛いぞ!」

貴音「ふふ……にゃあ」

小鳥「ごふっ!」

雪歩「律子さん!小鳥さんの耳から血が!」

律子「ほっとけば治るわ」

絵理「トマトジュースありますけど」

美希「トマトジュースでどうにかなるの?」

絵理「気持ちです」

160 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/11 00:31:41.92 ID:X6Jz7D2NO

【寝室】

美希「…………よく寝てるの」

響「一回寝かせるとお漏らし以外で起きること無いからな……」

美希「えっちしてても起きない?」

響「この子がいる時はしてないから!」

美希「じゃあプロデューサーさん溜まってると思うな」

響「溜まってるゆうな」

美希「今夜はミキ達いるから、安心してデート行ってお城に泊まってきてもいいよ?ミキとあずさのおっぱいならこの子も満足出来ると思うな」

響「お願いだからやめて……」

美希「………………これからプロデューサーさんとデートなんでしょ?」

響「なのかな」

美希「多分そうなの。プロデューサーさんお酒飲んでないし」

響「んー……」

美希「この子の事はどーんと任せて、この子の為に弟か妹を作ってくるといいって思うな!」

響「そう言う気遣い本当にいらないさー……」

161 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/11 00:42:43.58 ID:X6Jz7D2NO

【千早さん以外で】

美希「あの子におっぱいあげたい人~!」

千早「ブチ殺すわよ黄色ゲジゲジ」

真「グロ過ぎでしょ……」

千早「私がだめなら高槻さんは!?」

美希「無乳と貧乳は月とスッポンレベルで違うと思うな」

千早「はぁ?……………………はぁ?」

やよい「プロデューサー……私こういう時どんな顔すればいーんでしょう」

P「笑ってあげればいいと思うよ……」

169 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/11 12:10:52.07 ID:X6Jz7D2NO

【朝帰りでした】

律子「──ふぅ」

響「おはよ、律子」

律子「あれ?いつの間に帰ってきてたの」

響「6時くらい?いつものパターンだとこの子7時にはお腹空いたって泣き出すから」

律子「ふぅん…………デート楽しかった?」

響「…………うん」

律子「そ、羨ましい限り」

響「へへ」

170 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/11 12:16:06.10 ID:X6Jz7D2NO

【お疲れ】

律子「で、そのプロデューサー殿は?」

響「二度寝」

律子「ダメ男め……」

176 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/12 21:12:59.81 ID:nnsxSDV0O

【Why?】

P「腹減った」

響「さっきご飯食べたじゃん……」

P「そうなんだよ」

響「…………育ち盛り?」

P「なアホな」

179 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/12 22:53:38.02 ID:eIrgqoz8O

【日本人なら】

P「米だぜ米!白米isゴッド!」

響「お茶漬けでそこまで喜ばれると普段の料理のやり甲斐がないさー……」

P「IT○ENの魔法だよ……」

響「永○園ね」

P「……あれ?」

響「伊○園はお茶とかだぞ……」

P「…………てへぺろ」

響「大丈夫?」

P「脳が食べる事以外の機能をオフにしようとしている」

響「漏らさないでね~」

P「はーい」

185 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/13 17:15:58.30 ID:/gf1rrrIO

【帰ってきた左利きの愚痴シリーズ】

律子「お引取りください」

P「擦ると消えるボールペンあるじゃん?」

真美「あぁ……」

P「わかるか真美」

真美「いやまぁ便利だよねあれ……ただミスって手が触れた時には……」

亜美「どうなんの?」

P「通常のボールペンの数倍インクがスレるそして手が汚れる……」

律子「けどこすれば消えるじゃないですか」

真美「真っ白な紙ならいいけど、プリントとか鉛筆で書いてあるところにまで伸びると悲惨だよ……」

P「綺麗に消えなくて殺意湧くよな」

亜美「そこまで言う?」

P「言う」

190 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/14 09:40:59.14 ID:RJCD3zj9O

【えろえろ】

P「じゃじゃーん」

春香「そ、それは……」

真「一部界隈で噂のウルトラローライズデニムビキニパンツ!」

P「¥9900也」

雪歩「じ、自腹なんですか?」

P「そう、なのにさー、響ちゃんさー、履いてくれないんだよぅ」

響「ぜっっっったい!嫌だぞ!」

P「前貼りもあるって!」

響「そう言う問題じゃないだろ!?」

203 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/15 09:09:18.07 ID:QuT7BeElO

【うつつ】

北斗「酷い夢を見た……」

冬馬「どんな」

北斗「高校の卒業式にズボンを履き忘れて行く夢……」

冬馬「最悪だな……」

北斗「軽く死にたくなってくるぜ……」

冬馬「生きろ」

210 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/18 23:53:20.79 ID:jqlKFWjBo

【ジゴニャン】

美希「…………」

伊織「………………シャワー浴びてきたら?」

美希「一緒に入る?」

伊織「遠慮しとくわ……」

美希「じゃあ面倒だから明日の朝にするの」

伊織「ふぁ~……ぁ、私もう寝るわ」

美希「おやすみのチュー」

伊織「ん」

美希「んっ……あはっ、おやすみなさい」

伊織「おやすみ……」

224 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/20 11:38:29.57 ID:NSszNXlOO

【ムラっときたので】

P「えっちぃことがしたいです」

響「却下」

P「くそぅ……」

231 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/20 21:20:48.78 ID:Iu6OKOSPO

【従】

P「寝かせてきたよー」

響「ありがと。お酒飲む?」

P「安西先生……えっちぃことがしたいです」

響「安西先生と?」

P「お前と!」

響「……お風呂」

P「入ってくる?」

響「一緒に入る?」

P「わっほーい!」

233 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/20 22:15:31.88 ID:Iu6OKOSPO

【ガチャン】

冬馬『助けてくれ』

北斗「どうした?」

冬馬『Podcast深夜の馬鹿力聞きながら課題やってたんだが全く終わらねぇ』

北斗「…………俺この後765プロさんとおっパブ行くから」

冬馬『マジで!?』

北斗「まじまじ。じゃあそういう事で」

冬馬『俺も連れ

234 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/20 22:39:17.50 ID:5JWAJGXnO

【信じる者は阿保】

北斗「って嘘を吐いたんですけど」

P『なにしてくれてんじゃお前この野郎』

北斗「あははは、すみません。本当に行きますか?お詫びに料金持ちますよ」

P『料金体制知らんだろヒヨッコが。今俺賢者だからエロい気分には全くならないぜ』

響『──ト?』

P『ホントホント』

北斗「あー…………成る程?」

響『────…………?』

P『………………ごめん賢者タイム終わった』

北斗「賢者弱いなー……」

P『切るわ』

北斗「邪魔して本当にすみませんでした」

241 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/21 19:58:34.77 ID:HavbmWkIO

【じぇねれーしょん】

P「LINEの新しい無料テーマあるじゃないですか」

小鳥「真っ黒なやつですね?」

P「ガラケーのエロサイトみたいって言ったら誰も共感してくれませんでした……」

小鳥「ぁー…………あぁ」

P「寂しいっス」

小鳥「気持ちはわかりますよ……」

243 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 11:12:00.71 ID:2MTijZIrO

【ホップステップ】

真美「にーちゃんさぁ」

P「うん?」

真美「今ジャ○プでやってる柔道漫画の黒ギャル好きでしょ」

P「よく分かったな。俺単行本確実に買うわあの漫画」

亜美「にーちゃんは単行本買った漫画が打ち切られる能力あるからやめた方がいいよ……」

P「そんな能力ねぇよ……」

春香「プロデューサーさんの褐色好きの原因って何なんですか?」

P「褐色好きを病気か何かみたいに言わないでくださらない?なぁ響」

響「自分に振らないでお願いだから」

246 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 11:51:28.91 ID:2MTijZIrO

【なよなよ】

真「天気悪いと萎えるね……」

やよい「なえる?」

真「……萎む?」

やよい「しぼむ……」

雪歩「テンション下がるって言えばいいのに……」

249 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 22:03:51.04 ID:3yGgVA1HO

【何狩りか行こうぜ!】

春香「あ、やば」

美希「春香ぁ!」

絵理「ナイス切り上げ?」

千早「なんとか春香の2落ちは避けられたわね」

美希「代わりにミキがヤバいの……」

春香「粉塵使うから許してよ美希さぁん」

美希「え、もう回復薬飲んだ……ぁー」

千早「勿体無い」

絵理「過剰摂取は良くないですよ」

251 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 22:12:40.34 ID:3yGgVA1HO

【がしょんがしょん】

美希「キック!キック!」

春香「痛い痛い痛い!地味に邪魔臭いよそれ!」

美希「大剣の素晴らしさはキック力にあるの」

伊織「絶対違うと思うわ……」

千早「大樽自爆要員だものね」

絵理「それもどうかと……」

亜美「ブーメラン最強っしょ→」

252 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 22:52:05.32 ID:3yGgVA1HO

【狩り狩り】

絵理「そう言えば……」

千早「ん」

絵理「この前他所の事務所にキャラ被りが居るって話したじゃないですか」

春香「あー、私この前特番で一緒になった」

美希「え、だれ?」

亜美「この子」

春香「検索速い」

千早「T152B78W53H79……小さいわね」

伊織「あんたがそれ言うワケ?」

絵理「身長わたしと変わりませんよ?」

美希「ぁー……見たことある。オーラが若干被ってるところはあるの」

絵理「ゲーム趣味なアイドル集めてバトルロイヤルするべき?」

亜美「確実にBSの深夜枠だよ……」

春香「…………あ、死んだ」

千早「ちょっ」

美希「春香ぁ……」

春香「ごめんなさい!」

254 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 23:15:33.35 ID:3yGgVA1HO

【置いといて】

春香「そう言えば話は変わるんだけど」

亜美「2乙したの誤魔化そうとしてない?」

春香「してないしてない」

伊織「で?」

春香「あぁうん。絵理ちゃんに聞きたいんだけどさ、涼くんやっぱ夢子ちゃんと付き合ってるの?」

絵理「ですよ」

春香「やっぱりかぁ……この前二人ですっごい楽しそうにデートしてるところ見ちゃったんだよね」

亜美「リア充爆発!」

美希「それミキも見たことあるの。二人とも年相応のデートしてて微笑ましいって思うな」

千早「たいして歳変わらないわよね?」

絵理「プロデューサーさんと響ちゃんは極端ですよね……」

伊織「去年の夏は凄かったらしいわね……大人っぽいデートもしてたみたいだけど」

春香「私あの二人が公園でガチサッカーしてるの見たときあるよ……」

亜美「デートでやる事じゃないっしょ……」

美希「プロデューサーさんのそう言う子供っぽいところ可愛くてミキ好きだよ?」

伊織「子供っぽいって言うか……ガキよね」

亜美「定期的にプリキュアになりたいとか言い出すしね」

千早「それは寧ろ大人っぽいわよ」

絵理「大人って……」

256 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 23:23:17.19 ID:3yGgVA1HO

【かしましい】

絵理「りょうゆめと言えば」

亜美「はいはい」

絵理「この前涼さんがお弁当忘れたんですけど」

美希「なんかもう話が見えたの」

春香「私も……」

258 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/22 23:31:12.59 ID:3yGgVA1HO

【あぁ……うん】

絵理「誕生日プレゼントが……」

亜美「あなたに首ったけってヤツだね」

伊織「よくそんなの知ってたわね」

亜美「馬鹿にしてる?」

伊織「勿論」

263 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 11:36:48.95 ID:br7ZB+RdO

【ゆめ☆たま】

あずさ「プロデューサーさんが事故?」

律子「事故ってか……立ちゴケ?したらしいですよ」

雪歩「プロデューサー大丈夫なんですか?」

律子「左手首捻挫したみたい」

あずさ「……プロデューサーさん左利きなのに大丈夫なんでしょうか」

P「だいじょばないっすよ!」

律子「あ、おかえりなさい」

小鳥「わぁサポーター着けてる……」

あずさ「怪我、酷いんですか?」

P「ミラー傷付きました……」

雪歩「そこで自分の心配をしない辺りプロデューサーらしいですぅ……」

264 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 11:39:50.78 ID:br7ZB+RdO

【プロデューサーさん!左手の使用を禁止します!】

小鳥「左手使えないと不便ですよね?私がイロイロとお世話しますよ!」

P「響いるんでいいです」

春香「あ、じゃあ今日家に行きますよ!」

P「いらないから」

小鳥「そうねそうしましょう」

P「話聞けよ」

265 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 11:44:30.48 ID:br7ZB+RdO

【おこだよ】

響「馬鹿だなぁ……」

P「おっしゃる通りです……」

響「……見せて」

P「ん……」

響「…………痛い?」

P「ちょっとだけ」

響「馬鹿だなぁ……」

P「おっしゃる通りです」

266 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 11:49:40.64 ID:br7ZB+RdO

【話は聞かせてもらいました!】

絵理「私の出番?」

響「それは無い」

絵理「ちぇ……」

P「取り敢えず響ちゃん響ちゃん」

響「なにさ」

P「お昼ご飯食べさせて?」

響「はぁ?」

P「や、箸持つのキツイなー僕」

響「…………ぴよ子やる?」

P「なんでや!」

小鳥「よっしゃ!」

絵理「音無さん……ズルい」

269 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 18:25:45.51 ID:br7ZB+RdO

【面倒だぞ……】

響「ただいまー」

P「おかえり、ただいま」

響「おかえり」

絵理「お邪魔します」

響「さて……と、絵理お米炊いといてくれない?」

絵理「ん、わかった」

響「で、ぱっぱとお風呂入ろ。体洗えないでしょそれ」

P「洗ってくれんの?」

響「ん……」

P「よっしゃ!」

絵理「響ちゃんズルい……」

270 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 18:31:13.70 ID:br7ZB+RdO

【ジトー】

絵理「…………」

響「……や、これは変わらないぞ?」

絵理「ちぇー……」

273 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 20:11:37.31 ID:fWf82F/fO

【およよ】

絵理「愛する人達の為にご飯の準備するわたし……健気?」

響「あ、ありがとう……まさか全部作ってくれるとは思ってなかったさー」

P「俺も」

絵理「食べてみれば、きっと……満足」

P「それじゃまぁ」

響「うん。いただきます」

P「いただきまーす」

絵理「召し上がれ?」

276 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/23 20:50:37.02 ID:yzyA1T2BO

【ごちそうさま】

P「美味かった」

絵理「ありがとうございます。響ちゃんはどうだった?」

響「まぁ、自分のが上手いな」

絵理「ぅ……姑……」

響「冗談。美味しかったぞ。ありがと」

絵理「はい」

響「な、なに」

絵理「感謝の気持ちを込めたキス?」

響「アホかっ」

絵理「ぁてっ……もう、痛い……」

P「へいキース、キース」

響「カメラを構えるなっ!」

278 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 00:41:16.63 ID:fyAejmPXO

【ボジション】

P「あ~、ほろ酔い状態で潜るベッドさいこー」

響「スペース取り過ぎ……もうちょっちそっち」

P「うぃ~……」

響「すっごくオヤジくさいさー……」

P「親父だもーん」

響「そーですねー」

絵理「お母さん私パパの隣で寝たい」

響「誰がお母さんだ!」

P「パパじゃなくてお父さんって呼んで」

絵理「お父さん一緒に寝よう?」

響「駄!目!」

絵理「ママ……嫉妬?」

P「はは、お母さんはヤキモチ焼きだからな。心配しなくても、俺はお前以外には勃たないよ」

響「もう色々と最っ悪だな……」

絵理「お父さん……お酒臭い」

響「取り敢えず親子プレイやめて」

279 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 00:45:57.09 ID:fyAejmPXO

【絵理響P】

響「手大丈夫?」

P「今の所。寝返りしても……ま、いけるか。起きる時左手で体起こさなきゃいい」

響「気をつけてね。おやすみ」

P「おやすみ。ん……」

響「──……。」

絵理「響ちゃん私にもおやすみのチューは?」

響「あーもうわかった頬っぺたな!」

絵理「やった……」

281 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 00:49:06.23 ID:fyAejmPXO

【挟まれる側】

P「zZ…………Zzz」

絵理「…………、…………、」

響「……あっつい」

284 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 07:49:06.53 ID:fyAejmPXO

【ステップ3】

P「おはよぅ……」

絵理「あ、プロデューサーさん。おはよう、ございます」

P「おはよ…………?……ぶふっ!」

絵理「モンゴル格闘技?」

P「格好!格好!」

絵理「エプロン……下に水着、着てる?」

P「あ、そうなんだ。ならいいや」

響「よくないだろ!」

絵理「響ちゃんおはやー」

響「おはやーじゃない。服を着れ服を」

285 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 07:52:17.95 ID:fyAejmPXO

【冷静に】

響「絵理ってもう少し恥じらいを持ってるキャラだった筈だろ……」

絵理「そうだっけ?」

響「そうだよ……」

286 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 08:51:50.90 ID:fyAejmPXO

【AT車って素晴らしい!】

P「左手が使えなくても運転が出来る。神の産物だな」

響「そこまで言うか……」

絵理「普段MT車かバイクですもんね~」

P「左手が寂しい……響手握って」

響「お手」

P「わん」

288 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/24 10:59:25.02 ID:fyAejmPXO

【ぱらりらぱらりら】

真「あははははっ、プロデューサー本当に怪我したんだ!サポーター付けて……ふふふっ」

P「何がおかしい」

真「しかもバイクで立ちゴケって……あははは、ぷぷっ……お腹痛い」

P「くそう殴ってやりたい」

真「はいプロデューサー、りんごですよー。あーん」

P「…………」

真「口開けてくださいよー」

P「…………」

美希「鼻摘めば?」

小鳥「エロ漫画みたいね」

律子「何言ってんだあんたは」

297 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/27 15:39:29.46 ID:dKNVkY+qO

【地震なう】

美希「おっぱい揺れた?」

真「無いよ」

305 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/28 20:04:35.85 ID:kRW+oHHzO

【つぶやき】

P「エロ漫画雑誌の後ろの方とかにあるエロくない漫画面白いよな」

冬馬「……いや、知らねぇけど」

北斗「すごいよマサルさん枠ですよね」

冬馬「ピューと吹くジャガーじゃダメなのか?」

翔太「磯部磯兵衛物語枠って言ってよ」

黒井「王様はロバ枠か……」

P「エロ漫画雑誌の話からなんで少年誌の話題になるんすか」

黒井「しるか」

310 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/29 10:55:38.76 ID:FSzbsVlrO

【片手運転】

P「右手だけで出来る面白いゲームないかな」

真美「デュエマっしょ!」

P「TCGって片手でやるの意外とキツイんだぜ?」

真美「大丈夫。カードは心を持ってるから」

P「いや僕まだその境地まで達してないんで……」

真美「訓練あるのみだよP君!」

P「訓練でどうにかなるのかよ……」

311 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/29 11:16:26.12 ID:FSzbsVlrO

【バックレスト】

P「なんか昔コントローラーの片側だけつかうSFCのゲームがあった気がするんだよね」

真「僕に言われても知りませんよ」

P「ありませんでしたっけ?」

小鳥「私に聞かれても知らないですよ」

P「うそつけ」

小鳥「酷い!?」

316 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/29 21:16:27.05 ID:FSzbsVlrO

【トラブル】

P「ラッキースケベを体験したい」

響「はぁ?」

P「何もないところで転んだら響の谷間に飛び込んだり」

響「あったな」

P「……転んだ響を受け止めたら69っぽい格好になってたり」

響「あったなぁ……」

P「…………満員電車でお尻揉んじゃったり」

響「あれワザとじゃなかったのか?」

P「ラッキースケベってなんだっけ……」

響「自分に言われても知らないぞ……」

317 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/29 21:37:26.81 ID:FSzbsVlrO

【見本】

春香「お風呂あがったよー」

千早「そう。じゃあ次は私ね」

春香「一緒に入れば良かったのに」

千早「春香とお風呂は体力使うのよ……」

春香「そんなことっとたぁ!?」

千早「春香!?」

春香「千早ちゃん避けて!」

千早「クッ……!」

春香「へぶっ!」

千早「ガハッ!」

春香「あたたたた……千早ちゃん!?大丈夫!?」

千早「肺がぁ……」

春香「胸が無いから衝撃を吸収出来なかったんだね!」

千早「ちょっと……黙ってて、頂戴」

318 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/29 21:45:04.86 ID:FSzbsVlrO

【って感じになると思うぞ】

P「千早を出演させたのはミスなんじゃないかな」

響「あずささんだと確実にR-18になるから仕方ないさー」

P「まぁ確かに千早だとエロい感じになり得ないからな…………っと……なぁ、千早から電話来たけど無視していいかな?」

響「ダメでしょ。『プロデューサー』」

322 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/30 16:09:12.96 ID:4QdXQkcWO

【秋の香り】

春香「お疲れ様でーす」

P「おー、お疲れ様。茶飲む?」

春香「あ、いただきます」

P「はいーよ」

美希「春香~………………」

春香「どうしたの?」

美希「春香……臭くない?」

春香「はぃ!?」

美希「何ていうか……乙女が口にするのも憚れる匂いがするの」

春香「嫌だ!伊織ファブリーズ取って!」

伊織「ん……あ、本当に臭いわね」

春香「うぇぇ……」

やよい「……これ、銀杏の匂いじゃない?伊織ちゃん」

美希「銀杏?」

伊織「あぁ、そうね。銀杏の匂いよこれ」

春香「…………靴の裏だ!」

伊織「踏んだのね」

春香「油断してたなぁ……」

P「お茶出来たぞ~…………うわ春香臭い」

春香「臭い臭い言わないでくださいよ!泣きますよ!?」

P「ごめんごめん」

律子「取り敢えず外で靴に付いたの軽く落としてきたら?」

春香「ぁい……」

324 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/30 19:22:08.16 ID:4QdXQkcWO

【稀によくある】

P「ただいまー」

響「おかえりー…………っ」

P「?どった」

響「臭い」

P「なんと!?」

325 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/31 10:39:40.64 ID:YAzJH0UAO

【FEA】

千早「トリックオアトリート」

P「……なんのコスプレ?」

千早「ルキナですけど」

P「嗚呼……スマブラにも出たもんね」

千早「最初はラブアローシューターになろうかと思っていたんですが春香に全力で止められてしまいました。シャレにならないからと」

P「春香GJ!」

326 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/31 10:51:09.08 ID:YAzJH0UAO

【Halloween】

P「ゲームキャラのコスプレは仮装と認めていいんですかね」

千早「ダメなんですか?」

P「さぁ……」

真美「にーちゃん見て見て!」

P「あんだぁ!」

真美「ニンジャ・パンプキン」

千早「ウェーブストライカー……」

P「その衣装と被り物一々作ったの?アホ?」

327 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/10/31 11:43:15.12 ID:YAzJH0UAO

【今年もよろしく】

春香「トリックオアトリート!ハロウィンですよ、ハロウィン!」

P「ハロウィンそんなテンション上がるイベントか?まぁいいや、はいお菓子」

春香「わーい!ありがとうございます!えーと……えーと?」

P「出来ればここで開けないで」

春香「え、ちょ、なんでプロデューサーさんガスマスクしてるんですか?」

P「気にしない気にしない」

春香「なんなんですかこれ!食べれるんですよね?」

P「いけるいける」

春香「なんの絵だろ……果物……ですか?パイン飴?」

P「ドリアン」

春香「……は?」

P「ドリアン」

春香「お返しします」

P「返品不可でーす」

343 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/04 00:16:42.76 ID:88o3VonMO

【ぐっばい三連休】

小鳥「ふはぁ……」

小鳥「TVつまんないわねー」

小鳥「…………わかめスープおいし」

344 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/04 00:42:38.80 ID:88o3VonMO

【二度とくるな月曜日】

小鳥「わかめスープ……」

小鳥「小さい頃わかめ酒はわかめスープの親戚だと思ってた時期が私にもありました」

小鳥「……ンフッ」

小鳥「……………………」

345 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/04 00:49:50.45 ID:88o3VonMO

【毎日が木曜日】

小鳥「なんだか独り言言って自分でウケて笑ってるの凄く気持ち悪くて涙出てきました」

律子『んな事で電話してこないでくださいよ……』

小鳥「一緒に晩酌してくれる旦那さんがいたらなと思うと……」

律子『そう思うなら男の人に電話すればいいじゃないですか。黒井社長とか』

小鳥「や、だってほら…………恥ずかしいじゃないですかぁ」

律子『さんざ痴態晒しておいて今更恥ずかしいも何もあったもんじゃ……』

小鳥「ねぇねぇりっちゃん聞いて?」

律子『誰がりっちゃんか。なんです?』

小鳥「わかめ酒って

小鳥「………………切られた」

350 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/04 15:18:00.74 ID:88o3VonMO

【お尻を出した子一等賞】

P「今日はまぁ比較的暖かいとは言え、半袖短パンで登下校する小学生のバイタリティーって凄いよな」

冬馬「あれが若さだよ」

P「お前も若いだろ。やれよ」

冬馬「やだよ」

北斗「…………あ、ショーパンJS」

P「どこっ!?」

冬馬「おいこら」

翔太「Yesロリータ?」

P「Noタッチ!」

翔太「だって」

冬馬「あっそ……」

353 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/05 01:23:11.02 ID:elD2I9qDO

【意外!それは縮毛!】

P「ごめんなさい恥ずかしくて誤魔化そうとしたんだって許してやめて潰れる潰れる!2人目作れなくなる!」

響「一個あれば十分さー……」

P「バランス悪いじゃん歩いてる時に偏あだだだだだ!冗談!冗談です!そこダメ!マジで!まじ死ぬから!」

響「…………えいっ」

P「!!!────」

355 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/05 01:34:02.66 ID:elD2I9qDO

【メメタァ】

響「…………ビビりすぎ」

P「ビビるってレベルじゃないよ恐怖だよ。走馬灯が見えたよ俺」

響「そこまで怖い女じゃないぞ自分」

P「…………………………………………ソウダネ」

響「むぅ……」

P「冗談だよ。ありがと響すごい良かったちゅーしてやる」

響「自分が出したのと口の中で再会したいならいいぞ」

P「その言い方やめようよいい雰囲気出かけてたじゃん今」

356 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/05 01:58:02.69 ID:elD2I9qDO

【お口くちゅくちゅ♡】

響「は……ンぁ、む……れゥ……んっ」

P「はぁ……は、糸引いてら」

響「ん……っ…………はっ、は……はぁ」

P「よだれ垂れてる垂れてる。全部飲んでよ」

響「うぅ……ん、──……んっク…………~~」

P「中見せて」

響「あ……ぁーー……」

P「舌出して」

響「ーーーー」

P「いただきっ」

響「ふむぅっ!?ひ、ひはふふほはへ!」

P「ジュルッ!は、ズズ……ん~…………ぷはっ……ご馳走様」

響「はぁっ……はぁっ……は、ぁ……も、やめてって、言ったのに……ばかぁ」

P「聞こえませんでした」

響「しらじらしい……」

359 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/06 11:38:18.96 ID:9Swmc5sRO

【はい、あーん】

P「ぁー……ん。ん、美味しい」

響「ほんと?」

P「ほんとほんと」

春香「…………プロデューサーさんまだ左手治らないんですか?」

P「もう治ったよ」

春香「ならお昼自分で食べてくださいよ!」

P「箸の持ち方忘れちゃって……」

春香「嘘吐けぇ!」

360 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/06 11:50:58.01 ID:9Swmc5sRO

【テンポよく】

千早「ねぇ春香」

春香「なにさっ!」

千早「私思うのだけれど、女装ロリってショタよね?」

春香「知らないよそんなの!可愛けりゃいいんじゃないの!?」

千早「なるほど」

367 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/07 01:02:13.58 ID:bNdkVFu2O

【ぱっぱーら、ぱっ

冬馬「……」

北斗「…………パズドラのCM流れた瞬間にチャンネル変えるのやめようぜ?」

冬馬「わりぃ、手が勝手に動いちまった」

北斗「気持ちはわかるけどね。凄く」

371 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/07 11:51:44.25 ID:bNdkVFu2O

【計画書】

律子「来週末くらいに皆がいい感じにオフ重なるじゃないですか」

P「え?…………あぁ、そうだね。うん」

律子「慰安旅行でもと思って」

P「ふーん……いいんじゃない?どこ行くの?」

律子「温泉ですかねぇ。やっぱ」

小鳥「岩盤浴したいピヨ……」

P「何故?」

小鳥「理由は特にないですけど」

P「さいで」

372 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/07 11:56:53.85 ID:bNdkVFu2O

【偽】

P「海鮮料理食べたいなぁ……」

小鳥「蟹食べたいですねぇ……」

律子「カニカマあげますよ」

小鳥「やったー」

P「いいなー」

383 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/09 07:12:31.22 ID:gfgMo29ZO

【オールナイト】

P「…………」

響「ん……ぁ」

P「……ごめんおこした?」

響「ううん……さっき二度寝したばっかさぁ…………おかえり」

P「ただいま。ごめん、シャワー浴びるの怠い」

響「べつにいぃ………………女の人と呑んで来たの?」

P「んにゃ、野郎ばっかのカラオケ10時間」

響「ふーん……まぁ心配してないけど」

P「本当に?」

響「どうせ自分以外の人好きになること無い癖に」

P「そうだけどサ」

響「…………お酒とタバコ臭い」

P「ごめん」

響「ん……」

P「おやすみ」

響「おやすみ」

387 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/09 17:47:09.46 ID:cZLS++EPO

【プロデューサーさんのシフトノブ(意味深)】

P「眠い」

絵理「何時間くらい眠れたんですか?」

P「5?」

響「……ねぇ」

絵理「?」

響「絵理が助手席なのは明らかおかしくないか?」

絵理「………………?」

響「そこでキョトンとするなよ!そこ自分の席だアダッ!?」

P「後ろ狭いんだから暴れると危ないぞ」

響「うぅ……ごめん」

絵理「今日の夕飯は何にしましょうかねぇ……」

響「作るの自分なんだけど」

P「唐揚げ食べたいな。今凄い唐揚げ食べたい欲出てきた」

絵理「だって?」

響「はいはい」

388 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/09 19:30:12.11 ID:cZLS++EPO

【青空】

P「ぶほっ!」

響「………………」

絵理「…………」

P「………………」

絵理「大丈夫ですか?」

P「うん……ちょっと噎せただけ」

392 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/09 21:49:07.72 ID:cZLS++EPO

【エアバンド】

真「やばい。楽しい」

千早「やばいわね」

春香「私は凄まじく恥ずかしいけどね……」

涼「もう時間も時間ですし僕部屋帰っていいですか?」

真「ベーシスト帰ったら成り立たないでしょ!」

涼「そうは言っても……姉ちゃんもなんか言ってよ」

律子「遊んであげなさいよ。男のコでしょ?」

涼「はぁ…………」

千早「春香電子ドラム買ったら?」

春香「嫌だ……嫌だ」

真「大事なことなので以下略」

律子「エアドラムが見てて一番恥ずかしいわね」

春香「わかってますよ!」

398 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/10 00:41:34.17 ID:T3MkZm4jO

【ぐつぐつ】

真美「凄まじくお腹が空いたので夜食を食べたいと思います!」

亜美「太るよ?」

真美「だいじょーびだいじょーび、真美太んない体質だし」

亜美「そう言って油断してる人は30過ぎからヤバイってにーちゃん言ってた」

真美「……経験談?」

403 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/10 21:29:33.72 ID:T3MkZm4jO

【マックロクロスケ】

美希「黒髪にしてみたいの」

貴音「……今黒髪でしょう?」

美希「撮影用のヘアカラースプレーなんてお風呂入れば落ちちゃうの。こう……黒をガツーン!って入れたいの」

貴音「プロデューサーがなんと言うか……」

美希「あはっ、案外ミキに惚れたりして!」

貴音「それは無いと思いますよ」

美希「ぶー……貴音も黒にしない?」

貴音「遠慮しておきましょう」

美希「ぶー……」

412 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/11 09:43:53.52 ID:BizYHqbrO

【三つ巴】

春香「ポッキーですよ!」

小鳥「トッポよ!」

美希「プリッツ一強なの!」

春香「プリッツ()、ただしょっぱいスナック棒でしょ?」

美希「最後までチョコたっぷり()。それがなんなのなの」

小鳥「ポッキー()、最後にスナックしか残らない欠陥お菓子じゃない」

春香「ぐぬぬ……」

美希「ぐぬぬ……」

小鳥「ぐぬぬ……」

春香「プロデューサーさんはどう思いますか!?」

P「え?」

小鳥「トッポ最強ですよね!?」

美希「プリッツが一番なの!」

P「え……や、俺小枝派だし」

春香「…………」

小鳥「…………」

美希「…………」

P「…………なんだよその目は」

413 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/11 09:53:50.03 ID:BizYHqbrO

【裏切りの】

美希「真クン!」

真「ごめん、僕お菓子はメルティーキッスが一番好きだから他のお菓子議論にはついてけないや」

春香「千早ちゃん!」

千早「じゃがりこが一番美味しいわ」

小鳥「あずささぁん!」

あずさ「え、と……私はチョコベビーが……」

小鳥「チョコベビーでポッキーゲームするんですか!?」

あずさ「し、しません!」

428 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/12 00:42:39.35 ID:nikx+gJ4O

【ご利用は計画的に】

絵理「ポッキーの日だからって買い過ぎて処理しきれなくなったポッキー。貰ってきた」

響「中々にセコいさー……」

絵理「響ちゃん、ポッキーゲーム……しよ?」

響「嫌だ」

絵理「響ちゃんがしてくれないなら、残りのポッキーでプロデューサーさんとポッキーゲーム……するしか、ない?」

響「どうしてそうなるんだ!?」

絵理「響ちゃんの事は……プロデューサーさんの責任」

響「全く意味がわからないぞ……」

437 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/13 10:45:12.37 ID:XKnMvl9PO

【エマージェンシー!エマージェンシー!】

P「…………?……ぁー……」

やよい「どうしたんですかー?」

P「靴下に穴開いてる……朝開いてたかなぁ……」

やよい「私裁縫セット持ってます!」

P「おぉ、女子力」

やよい「えへへ……」

春香「千早ちゃん女子力持ってる?」

千早「ハンカチ?あるわよ」

春香「かしてー」

千早「持ち歩きなさいよ……」

438 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/13 10:58:33.85 ID:XKnMvl9PO

【…………】

P「うーん、我ながら下手くそ」

やよい「プロデューサー、裁縫苦手なんですか?」

P「昔はもうちょい上手かったんだけどなぁ……」

春香「響ちゃんにやらせてるからスキル下がってるんですよ」

P「うぅむ…………ま、いっか。応急処置だし」

春香「一緒に靴下買いに行きましょう!」

P「やだよ。靴下なんてしまむらで十分だろ」

やよい「あ、じゃあ一緒にしまむら行きたいです!」

P「おーいいぞー」

春香「それなら私もついてきます」

P「えぇ……」

春香「え、えぇ……そんな嫌そうな顔しなくても……」

439 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/13 11:35:20.87 ID:XKnMvl9PO

【スレダー】

春香「なんだっけこの……針に糸通すやつ」

P「ぁー……針に糸通すやつな」

春香「はい、針に糸通すやつです」

やよい「針に糸通すのじゃないんですか?」

P「や、正式名称あると思うんだよね……」

446 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/14 11:49:13.37 ID:1qqBEV0bO

【パタン】

P「ふぅ………………」

北斗「…………」

P「やっぱ北大路が一番可愛いな!」

北斗「ですね」

翔太「あれ……この話題デジャヴ……」

冬馬「東城だろ普通」

北斗「綾ちゃんはあれですよね」

P「な」

冬馬「あんだよ」

P「童貞が好きそう」

翔太「ごめん、全キャラそうだと思うよ僕」

447 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/14 11:53:40.09 ID:1qqBEV0bO

【アンリミテッド】

冬馬「いちご100%とあすか120%って似てるよな」

翔太「字面だけだよ」

448 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/14 17:07:33.62 ID:1qqBEV0bO

【バス停にて】

雪歩「……中学生が相撲してますぅ」

律子「元気ねー……元気ってか若いわね」

雪歩「…………」

律子「…………」

雪歩「押し出し?」

律子「ああ言うのは突き出しって言うのよ」

雪歩「ほぇ~……」

453 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 18:09:29.85 ID:wqsuoFrAO

【ゴーゴーゴー!】

律子「全員いるー?」

真美「番号!1!」

春香「2!」

真「3」

亜美「4!」

P「中略全員いるな」

美希「なんか今酷い扱いを受けた気がするの」

P「気のせいだろ。よーし車乗れー」

あずさ「時間どれくらいかかるんですか?」

律子「そんなでもないですよ。着いてお風呂入って、まーったりしましょ」

愛「はいはいはーい!」

P「はい日高さん」

愛「私たちも来てよかったんですか!?」

絵理「愛ちゃんボリュームさげよ?」

P「勿論。折角お休み被ったんだもん」

北斗「俺たちは勝手に付いてくんですけどね」

翔太「ジョバちゃんに無理言った甲斐あったねー」

冬馬「マネージャーもくりゃあよかったのに」

黒井「彼女には彼女の予定があるのだよ」

P「ジョバちゃん?」

黒井「ジュピターのマネージャーだ」

P「あぁなんだ、急に新キャラが出てくるのかと……」

伊織「新キャラ言うな」

455 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 18:23:43.99 ID:wqsuoFrAO

【押されて泣くな】

春香「亜美もうちょいそっち詰めてよ!」

亜美「無理だよ隣絵理おねーちゃんだよ!?」

絵理「…………」

千早「った、春香、手」

春香「あ、ごめん」

春香「私助手席がいーなぁ?」

響「…………」

春香「ガン無視……」

P「すんませんこの車運転手除いて4人しかのれんのですけど」

千早「亜美、私に座る?」

亜美「え、やだよ固いもん」

千早「」

457 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 19:41:51.15 ID:wqsuoFrAO

【男男男男男?】

冬馬「ゆーびスーマ3!」

翔太「……」

黒井「!」

冬馬「チィ」

翔太「今上げるところだったでしょ」

黒井「何のことだ?」

翔太「はい指スマ5!」

冬馬「ぬぁっ!ぁあっ!?」

黒井「おい」

冬馬「俺のせいかよ!?社長が上げなきゃセーフだっただろ!?」

黒井「えぇい次だ次!」

涼「…………賑やかですね」

北斗「あはは……」

458 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 19:48:19.65 ID:wqsuoFrAO

【カニ食べ行こう】

小鳥「蟹よ蟹!蟹が私を呼んでいるぅ!」

真美「テンション高いねー」

やよい「かに……」

真「カニカニ?」

やよい「………………?」

真「ごめん……」

461 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 20:00:39.67 ID:wqsuoFrAO

【落ち着け……クールになるんだ】

律子「…………伊織コーヒー取って」

伊織「ん」

律子「ありがと」

伊織「ん」

千早「」

美希「zZZ」

絵理「………………」

貴音「…………」

律子「………………………………静かすぎ……」

伊織「ん?」

律子「なんでも……」

462 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 20:09:32.67 ID:wqsuoFrAO

【はにかんで行こう】

P「とーちゃく!………………はい野郎共荷物持ってー」

冬馬「おいあんたは?」

P「俺車駐車場に移してくるから!じゃ!」

冬馬「おいこら!」

北斗「俺もそういう訳だから!」

冬馬「はぁ!?」

翔太「…………zZZ」

冬馬「お前寝たふりだろそれ!」

464 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 20:37:19.75 ID:wqsuoFrAO

【海だー!】

美希「温泉なのー!」

伊織「体流してから入りなさいよ?」

美希「わかってるのー」

絵理「混浴ない……がっかり?」

春香「や、当たり前だから」

貴音「響!露天風呂がありますよ!」

響「絶対寒いだろ……行きたくないさー……」

貴音「そう言わずに!」

真「露天風呂は混浴だったりするんじゃない?」

絵理「!」

真「転ばないようにねー」

466 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 20:46:45.50 ID:wqsuoFrAO

【たをる】

P「じゃ、乾杯」

黒井「ウィ、乾杯」

北斗「乾杯」

冬馬「温泉で酒なんてリアルにいるんだな」

涼「僕達にはジュース用意できるそうですよ」

冬馬「クリームソーダ」

翔太「それ絶対溶けるでしょ……」

冬馬「それも美味いんじゃねーか!」

翔太「僕ラムネ飲みたい」

P「それは風呂出てからのがいいと思うぜぃ」

冬馬「だったら酒も風呂あがってからでいいだろ」

北斗「確かに」

黒井「正論だな」

468 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/15 21:49:48.77 ID:wqsuoFrAO

【食中】

あずさ「ぷろでゅーさーさぁん」

P「なんですか……あ、酔ってますねぇ~?」

あずさ「えへへぇ、プロデューサーさんもぉ」

P「うぇーい、かんぱーい!」

あずさ「かんぱーい!」

P「──、──、──……ぷはぁ!」

あずさ「ンッ、ンッ、ン……はぁ──」

P「おかわり!」

あずさ「浴衣きつい……緩めないと……」

律子「将来ああだけはなっちゃだめよ」

涼「うん……」

絵理「響ちゃん両手使えないでしょ?はいあーん」

響「ぁー……」

小鳥「もうかに無いんれすかぁ?」

黒井「これ以上は別料金だ」

小鳥「体ではらいます!」

伊織「アホか!」

473 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/16 00:46:42.82 ID:Ni1uL6WkO

【飲め食え歌え】

絵理「東京で見る雪はこれーが、最後、ね、と……さみしそうに君が、呟く……」

P「なごーり、ゆきーも、降るぅ時を知り」

絵理「ふざけすぎーた、季節のあとで」

伊織「これデュエットする曲じゃないでしょ」

冬馬「こまけぇこたぁいいんだよ」

雪歩「あれ?響ちゃんは?」

黒井「だいぶ前に寝させに行ったからもうじき帰ってく

P「去年よりー!ずっと……綺麗に……なったぁぁ!」

黒井「えぇい無駄にシャウトするな!」

小鳥「すみませーんビールないでーす」

春香「それさっき開けたばっか……」

475 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/16 03:33:52.39 ID:Ni1uL6WkO

【ぐっだぐた】

貴音「わらくひの注いだ酒が呑めないと!?」

冬馬「おいこいつこどもビールで酔ってんぞ!」

愛「聞いてください……アイandチハヤで、夏の日の1993」

あずさ「うふふー、美希ちゃんの鎖骨酒ぇ~」

高木「遅れて来てみればこれだ、黒井ィ……キミが一番年上なんだもう少し目を光らせて欲しかったよ」

律子「社長それうちの涼です……」

千早「普通の、女ーと、思っていーたけーど」

愛「らーぶ!ひとちーがぃ!オー!そうじゃないーよ」

春香「きゃー!愛ちゃん可愛いー!」

雪歩「あれ……プロデューサーもいなくなりましたぁ……」

亜美「多分寝たよ。やよいっちと真美抱えながら消えてった」

翔太「亜美ちゃん元気だね」

亜美「そう見え

愛「宝の、山だよ。すぅべーてがー!」

絵理「雰囲気に酔う人……怖い」

北斗「絵理ちゃんが今飲んでるのそれお酒じゃない……よね?」

絵理「?」

北斗「……」

絵理「……………………ック」

477 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/16 03:42:50.91 ID:Ni1uL6WkO

【壁に耳あり障子にメアリー】

真「……意外と防音しっかりしてるんだね。閉めるだけでこんなに聞こえないんだ」

伊織「そうね。プラス周りに民家は無しの貸切、馬鹿騒ぎにはいいんじゃない?」

真「よく貸し切るお金があるよねぇ……」

伊織「あたし達が稼いでんのよ」

真「おぉ、僕達凄い」

伊織「そうね…………で、小鳥。大丈夫?」

小鳥「だいじょぶじゃな…………ゥ──

真「カメラ止めてカメラ止めて!」

伊織「カメラなんて無いわよ」

真「まぁカメラマンいてもこんな場面撮らないか」

伊織「テープの無駄よ」

真「ほら小鳥さん水です」

小鳥「ありがと……っ……

真「見せられないよ!」

485 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/17 23:29:03.36 ID:Lkb1aQ3bO

【アル中】

北斗「同じ中学出身の事を同中って言うじゃないですか」

P「俺の頭ん中でその単語は全てオナ○ー中毒に変換されている」

北斗「…………乾杯」

P「乾杯」

北斗「…………ふぅ」

P「……春香と千早は同中らしい」

北斗「ンッふ……ふふ」

P「くくく……乾杯」

北斗「ふふ、ふふふ…………乾杯……んふふ」

P「笑い過ぎだろ」

486 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/17 23:33:15.87 ID:Lkb1aQ3bO

【下ネタで笑う時の笑い方が微妙に気持ち悪い人】

北斗「ちなみにその二人本当に同中なんですか?…………あ、下ネタじゃない意味で」

P「わっすれたぁ、履歴書引っ張ってくれば速攻でわかるぜぃ?」

北斗「や、そこまで知りたい訳でも……」

P「ほんとにオナ中だったらどうしよ……」

北斗「……それどっちの意味か…………あ、言わなくていいです」

488 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/18 00:19:22.92 ID:8QQMsy+GO

【→Y・Y】

サイネリア『で、どうでした?』

絵理「?……美味しい?」

サイネリア『夜食のPizzaの話ではなくデスね!?て言うか太ってもしりませんよー』

絵理「たまの贅沢なら……OK」

サイネリア『わーたーしーがーきーてるのはー……私に秘密で行った温泉旅館のことですよー!なんで!?なんっで誘ってくれなかったんですか!』

絵理「ぁむぁむ…………?」

サイネリア『ピザ食ってないで話をきーてくださいよー!』

絵理「……芸能関係者以外、参加不可。ネトアは流石に……ちょっと?」

サイネリア『うわーその通りだよー、全く反論の余地ないよー、ひどいデスよー……』

絵理「お土産、買ってきた」

サイネリア『おぉ!?』

絵理「筈だった……」

サイネリア『なんでやねん!?』

絵理「美味しかった」

サイネリア『あ、そーですかハイ……ハーイ……はい』

489 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/18 00:28:33.38 ID:8QQMsy+GO

【母なる大地】

絵理「そう言えば」

サイネリア『はい?』

絵理「さっきのピザの発音、すごく……よかった?」

サイネリア『ごめんなさいアレはちょーし乗ってました忘れてくだサイまじで』

493 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/19 23:07:01.02 ID:be6Ezyl6O

【お仕事楽しいなー】

P「ほんとだよ?」

響「……や、別に疑ってないぞ?おかえり」

P「ただいま。おなかすいた」

響「ん、温めておくから着替えといてね」

P「今日のご飯なにー?」

響「一度冷えて品質の落ちた鶏肉のバジル炒め」

P「ごーめーんーってば、遅くなるってメールしたじゃん」

響「ふふ、冗談。ほら、早く着替えてきて?」

P「あらほらさっさー」

494 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/19 23:19:52.98 ID:be6Ezyl6O

【濃い目が好き】

P「…………先に寝ててもいいのよ?」

響「待ってる」

P「そう?」

響「そう」

P「………………はい」

響「あーー……ん…………んー、水分が……」

P「それは電子レンジが悪い」

響「あれもそろそろ買い替えどきさー」

P「だなぁ……俺の一人暮らしを長年支え続けてくれた友…………だった」

響「切り捨てた……血も涙もないぞこの男……」

495 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/20 00:18:11.26 ID:x6+mMiCKO

【サービスサービスぅ!】

P「響ー。タオル取ってー」

響「あ、はーい…………はい」

P「さんきゅ……あ、そうだ、石鹸が無くなりかけです」

響「まぁ買ってくるの自分じゃないけどね」

P「確認じゃんよ……」

響「はいパンツ」

P「…………履かせて?」

響「アホかっ!」

498 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/21 03:38:22.79 ID:XtIEdpBFO

【ぶち壊される】

冬馬「下ネタいいか」

北斗「どうぞ」

冬馬「そういうゲームとかでよ、パンツズラすだけの時あるだろ?」

北斗「知らないけど、冬馬がそう言うならそうなんだろうな。でもそれ

冬馬「待て、そんな話をプロデューサーともしてたらだ、あいつが『それ擦れて痛い』って言いやがったんだよ!お前も今同じ事言おうとしやがったな!?」

北斗「いや、だってさ……想像すればわかるだろ?布だぜ?」

冬馬「夢を壊すな!夢を!壊す!な!」

北斗「わ、わるい。だけどn

冬馬「女側も痛いからやめた方がいいってんだろ!?まっっったく同じ事を言われたんだよ!」

北斗「俺にどう言って欲しいんだよ……」

冬馬「すまんただの愚痴だ」

北斗「愚痴か……」

冬馬「愚痴だ」

北斗「そっか……」

501 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/21 08:15:36.36 ID:2uqnpQ3CO

【黙々もぐもぐ】

P「…………ぁーあ」

響「?どうしたの?」

P「ケンタッキー……のCM」

響「嗚呼……もう冬さー」

P「クリスマスプレゼント何がいい?」

響「んー………………考えとく」

P「はいよ」

502 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/21 09:12:51.13 ID:2uqnpQ3CO

【ガスの元栓、エアコンのタイマー、家の鍵、お見送りのキス】

P「んじゃ、行ってきます」

響「うん……あ、」

P「?」

響「お休み貰ってきてよ」

P「俺が?」

響「うん」

P「なにゆえ?いつ?」

響「クリスマスプレゼント。その、クリスマス……一緒にいたいし。難しい?」

P「大丈夫。絶対貰ってくるよ」

響「ん。じゃあ気を付けていってらっしゃい」

P「おう」

521 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 00:40:52.21 ID:5BKcl/6lo

【今日は恋人】

P「満足いただけた?」

響「ん……あ、日付、変わっちゃったんだ」

P「おう」

響「…………いい夫婦、なれたかな」

P「少なくともいい奥さんだよお前は」

響「じゃあいい夫婦だ、いい夫がいるもん」

P「…………」

響「何照れてんの?」

P「うるせぇやい」

522 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 00:48:33.81 ID:5BKcl/6lo

【説明口調】

貴音「去年の今日……いえ、日付が変わってしまったので昨日ですね。プロデューサーが響に結婚指輪を渡したとかそうじゃないとか」

冬馬「ほーん。だからか、あいつに連絡つかなかったの。家族サービス中だったワケだ」

貴音「さて、今日はシンプルに醤油らぁめんといきましょう」

冬馬「俺はとんこつにすっかな」

524 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 01:05:14.44 ID:5BKcl/6lo

【それよりなにより】

美希「今日明日が休みなのはミキの誕生日だからに違いないの!」

伊織「神か何かなのあんた」

美希「ミキが新世界の神になるの」

伊織「はいはい……そろそろ寝ましょ、今日は朝早いわよ」

美希「へ?なんで?」

伊織「私とデートでしょ?」

美希「…………ふぇ?」

伊織「ふぇ?じゃないわよ。当たり前じゃない」

526 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 05:34:08.58 ID:1MhDN6mtO

【目覚めて夫婦?】

P「…………」

響「…………」

P「おはよう」

響「おはよ……今何時?」

P「眠いぜマジ」

響「…………」

P「……5時半です。なんか目さめた」

響「自分もさー…………二度寝しよ?」

P「賛成………………ペロ」

響「んゃっ、も、くすぐったい」

P「ちょっとしょっぱい。寝汗の味だな」

響「こっちは?」

P「んん?んー……ん」

響「ん……ぁふ、は……チュ」

P「ふぅ、む……っ、と…………甘い」

響「ほんと?」

P「ほんと。いくらでも飲みたいくらい」

響「欲しいなら、うん、あげるぞ……」

P「なら貰おうかな…………────

534 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 22:05:06.18 ID:1MhDN6mtO

【星井美希^2】

P「だっしゃおらぁ!買ってきたぞ!」

真「投げてください!」

P「ヘイパス!…………ナイスキャッチ!」

真「はい美希座って!」

小鳥「お疲れ様です」

P「ほんとですよ……誰ですかローソク買い忘れたの全く…………あ、火付けなきゃ」

あずさ「電気消しますね~」

美希「…………ふわぁ」

真「じゃ、バースデーソング歌おうか…………千早」

千早「はい!?聞いてな

美希「千早さんが歌ってくれるの?」

千早「グ…………そうね、私が……歌うわ」

535 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/23 22:20:32.62 ID:1MhDN6mtO

【HB2U】

亜美「よっしゃ消したれ!火消したれ!」

美希「ガッテン!なの!────…………ふーー!」

真美「やっふーい!ミキミキ誕生日おめでとー!」

春香「おめでとう!」

美希「ありがとうなのー!」

P「さて俺らはシャンパン開けますかね」

小鳥「ふひひ、これが楽しみだったんですよ」

響「こどもビール飲む?」

貴音「いえ……私今日は控えておこうかと」

伊織「ただの炭酸飲料よね、こどもビール……」

546 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/25 01:39:29.45 ID:BWfQeuz+O

【遅れて浮かぶ】

P「…………ジョバちゃん?」

響「ん?」

P「や、この前ジュピターのマネージャーの渾名、ジョバちゃんって翔太言ってたよな?」

響「ん……多分、そうだね」

P「聞いたことある気がしてきた……学生の頃か?」

響「大学か高校の元カノじゃない?」

P「元カノなんていないっス……」

響「嘘つき」

P「そうだアイス買ってくるよ何がいい?」

響「露骨だなぁ……ハーゲンダッツ。チョコレートブラウニー」

P「はいよ」

547 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/25 01:58:50.91 ID:BWfQeuz+O

【フラグ建てるだけ建ててハズレパターン】

P「寒い……車で来ればよかった……」

P「…………あった」

絵理「タバコですか?」

P「うぉっほい!?」

絵理「今晩は」

P「こ、こんばんわ。な、なんでいるの?」

絵理「知り合いの家が近くで……そしたら、コンビニに緑のバイクがあったから」

P「それで俺のかと」

絵理「はい」

P「はぁ……そうだ、何か買ってく?奢るよ」

絵理「じゃあ…………これを」

P「暴君ハバネロ……」

絵理「軽く砕いておうどんにかけると……凄い?」

P「え、マジで……今度やってみよ」

549 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/25 02:54:59.96 ID:BWfQeuz+O

【or】

真「………………だー!おなかすいた!」

千早「パン耳ならあるわよ」

真「またそう微妙な……」

千早「牛乳につけて食べると美味しいわ」

真「いただきます」

550 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/25 03:04:12.04 ID:BWfQeuz+O

【フラグ通りお察しの通りパターン】

小鳥「…………ふ、ふふふ」

小鳥「ついにポチってやったわ……」

小鳥「蕎麦200g20束¥1600!」

小鳥「これで好きなだけおそばが食べられるわ~♪」

556 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/26 09:39:09.67 ID:QckBBZfPO

【シュパッ】

真「学校の友達に臼井って人がいるんですけど」

P「うん」

真「皆面倒くさくて名前書く時に白井白井書いてたらニックネームも白井さんになったんですよね」

P「それは下の名前で呼んだ方が早いんじゃ?」

真「下の名前は画数的に……」

P「難儀だな……」

真「最近は本人も自分の名前白井で書きますからね」

P「臼井さんェ……」

真「学校の書類全部白井で通るって喜んでました」

P「雑だなぁおい」

557 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/26 23:39:39.91 ID:QckBBZfPO

【剛能く柔を断つ】

P「柔能く剛を制す。つまりおっぱいに男は勝てないって事なんだね」

響「はぁ?…………………………はぁ?」

561 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/11/29 13:52:04.00 ID:gYYCXH7fO

【今年もやります!】

P「いい肉の日!」

響「うひゃあ!?」

P「うーん今年も程よい肉付きでGood……では実しょ

響「アホか!」

P「アベシッ!」

響「ま、真昼間からそういうのやめてっていっつも言ってるだろ!」

P「馬鹿め、休日の場合は無効だ!」

響「馬鹿はそっちさー……」

P「食感!食感確かめるだけだから!」

響「食感はアウト……や、強い…………ンッ……やぁ…………」

569 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/02 19:40:15.27 ID:dJzhqvjKO

【黒鉄の城】

P「いおりんいおりん!」

伊織『コンボイは作らないわよ』

P「…………ケチ!」

伊織『ガキか!』

P「あれオモチャにして売ろう?」

伊織『なんぼすると思ってんのよ……』

571 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/02 21:16:56.27 ID:dJzhqvjKO

【食い下がり】

P「だからせめてカブタックを作ってくれとお願いしておいた」

響「更に難易度上がってないか?ロボコンくらいだと思うぞ実現可能なの」

P「ロボコンはpepperをあと2回くらい覚醒させればなれるよ」

響「なれないよ」

581 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/04 10:09:18.17 ID:VYoNtLKyO

【風の傷っ!】

P「ガーベラストレートやろがい!」

真美「かっこいいからいいじゃん!」

美希「て言うか覚醒技ぶっぱなさないで欲しいの!」

真美「当たるぶっぱは読みだよ!」

P「馬鹿だ……」

春香「…………風の傷より飛刃血爪のがかっこいいよね」

真「わかる」

亜美「そう?」

P「桔梗可愛い」

真「わかる」

亜美「それはわかる」

583 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/04 11:40:23.54 ID:VYoNtLKyO

【150】

雪歩「美希ちゃんお昼」

美希「ん?あ、そーだった」

真「あれ?4時からじゃないの?」

美希「お昼ご飯一緒に食べてそれからゆっくりするの」

P「デートかよ……」

美希「デートなの。ねー?」

雪歩「え?」

美希「え?」

雪歩「……あ、うん。そうだね」

美希「…………ミキ泣きそーなの」

584 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/04 16:07:32.67 ID:VYoNtLKyO

【カルシウム】

P「はぁ……」

小鳥「お疲れ様です。お茶どうぞ」

P「ども…………ふぅ………………………………響にノーパン強要したい」

小鳥「は?」

P「…………?どうしました?」

小鳥「あ、いえ……なん、でもないです?」

P「そですか」

587 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/05 10:08:16.44 ID:N5rIoCe6O

【クイックル】

P「うーん俺プロデューサーやめたらダスキンで働くわ」

律子「年収どれくらい下がるんでしょうね」

P「やめようぜ、仕事を金だけで語るのは……悲しくなるから」

春香「おっはよーございまーす」

P「おー、おはよー。元気いいな」

春香「やー………………眠くてカラ元気なんですよね……」

律子「仮眠取っときなさいよ」

春香「あいー……あ、なんか事務所綺麗、全体的に綺麗」

P「せやろ?」

春香「私みたい」

P「…………」

律子「うん?」

588 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/05 10:16:09.04 ID:N5rIoCe6O

【審議中】

千早「異議あり!春香は可愛い系です!」

伊織「何に対する異議よ」

律子「そもそも自分の事を綺麗とか言い出したことに問題があるとおもいますが?」

P「寒さと眠気で脳味噌乾いてんじゃない?」

真美「はるるんちょっと頭振ってみてよ」

春香「なんで?」

真美「や、カラカラ乾いた音するだろうなと思って」

千早「今のは暴言です!」

春香「……あ、ほんとだ音する」

P「デカイ耳糞だろ……」

美希「アイドルはうこしないの!」

P「耳糞とんこは違うでしょうが!」

律子「うんとか糞とか言わないでくださいよ!」

伊織「ガキが沢山……」

589 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/05 11:56:20.10 ID:N5rIoCe6O

【トリクロロエチレン】

真美「支点!」

亜美「力点!」

やよい「さ、作用点!」

亜美「三人あわせてー……」

真美「栓抜き!」

やよい「うん!?」

594 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/07 15:11:37.70 ID:af+Dk5cuo

【2、1……】

P「本日のハイスコア!」

真「二刀流は卑怯ですよ!」

P「ワニワニパニック二刀流しない奴とかおるん?」

春香「プロデューサーさんエアホッケーしましょうエアホッケー!」

美希「その前にタイムクライシスやるのー」

真美「にーちゃんヤバい!ジバニャン取れた!」

P「いくらで?」

真美「7クレ!」

597 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/07 22:41:00.53 ID:GCHCxfR6O

【目覚めたい】

P「厨二的な能力に」

響「……例えば?」

P「俺響のそう言うなんだかんだ話聞いてくれるところ本当に好きだよ」

響「ありがと」

P「取り敢えず使い魔とか出したいよね」

響「可愛い女の子の?」

P「喋るコメムシとか」

響「こめむし?」

P「……………………コメツキムシだな」

響「どっちにしろ嫌だよ」

P「攻撃力高そうじゃん?」

響「SAN値ガリガリ削れると思うぞ」

599 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/08 00:12:42.68 ID:Zi2KfEYGO

【闇の炎に抱かれて消えろ!】

P「俺の胸に抱かれて悶えろ!」

響「下ネタ!」

P「さ、お風呂行こうお風呂。深夜は夫婦の時間だ」

600 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/08 01:58:17.66 ID:Zi2KfEYGO

【慣れてる】

P「女の子のブラを一瞬で外せるのは能力≪チカラ≫に含まれる?」

響「ただのヤリ×○さー……さいてー」

P「……寝るか」

響「ん、おやすみー」

P「おやすみ…………………………なぁ」

響「ん?」

P「おっぱい吸いながら寝ていい?」

響「…………」

P「俺響のそう言うゴミを見る目本当に好きだよ」

響「もう死ねばいいと思うぞ」

601 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/08 02:32:31.28 ID:Zi2KfEYGO

【腹が減ったら!】

美希「カレーメシ!なの!」

雪歩「ご飯も一緒に入ってますぅ!」

真「作り方は以下略!」

602 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/08 02:53:18.65 ID:Zi2KfEYGO

【たかねちゃんもびっくり】

美希「んー……我ながらこれ撮った時のテンションおかしいの」

あずさ「これ、自分で撮ったの?」

美希「なんかプロデューサーさんが、CM(っぽいの)作れるアプリあるからカレーメシやろうぜ!とか言い出してこうなったの」

あずさ「ふふ、美希ちゃん凄くいい顔」

美希「で、これをプロデューサーさんが日○の友達に見せた結果Y○uTubeの広告として使われる事に

あずさ「なったの?」

美希「なったら面白いかなって」

あずさ「あらあら……その時は全員で数バージョン欲しいわね」

美希「あずさが意外と乗り気なの……」

あずさ「うふふ。カレーメシ、結構好きなの私」

美希「…………お腹空いたの~」

あずさ「腹がへったら?」

美希「カレーメシ!あるの!?」

あずさ「皆には、ナイショ。ね?」

美希「やたー!」

604 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/08 08:55:42.27 ID:95zXkaUGO

【pr】

P「なんか寝るの遅かったのに朝アラームより先に目がさめるとテンション下がる」

律子「はぁ、おはようございます」

P「ん、おはよう」

冬馬「よぉ」

P「朝から気分わりぃ」

冬馬「酷くね!?」

609 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/09 15:29:10.70 ID:V/tg2h6sO

【フラグ】

響「この時期こたつに入りながら食べるミカンはさいこーさー」

絵理「……………………2人目?」

響「は?」

絵理「妊娠すると……酸っぱいものが欲しくなる。って」

響「いや別に冬の風物詩を口に出して言ってみただけでそんな深い意味はないからな?」

絵理「ミカンが美味しい(意味深」

響「やめろ」

612 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/09 23:59:24.73 ID:V/tg2h6sO

【今日の夜食】

P「はいまずパンにケチャップを塗ります」

響「ピザトースト?」

P「ネタバレ早いよ……」

響「パンがあって小腹空くといっつもピザトーストじゃん……」

P「だって美味いもん!簡単だもん!さて、後はマヨネーズぶちまけてオーブンレンジでチン!」

響「ソーセージとかあるぞ」

P「包丁洗うの面倒だろ」

響「…………」

P「マヨネーズが溶けてチーズみたいになったら完成!さて、ビールと一緒に食うかな……」

響「コップ持ってくね」

P「さんきゅー」

613 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/10 00:06:57.17 ID:x3F1hXyNO

【カリっとトロリとフワリ】

P「ケチャップの味が6割、実に美味い」

響「体に悪そう」

P「さて電子レンジで出来るお手軽おつまみ2弾!」

響「うん」

P「冷凍食品!」

響「まぁ予想通りさー」

P「冷食のカニクリームコロッケ作った人は崇められていい」

響「誰が作ったの?」

P「それは知らん」

615 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/11 02:31:31.47 ID:Yg5BtPeHO

【ぶんぶん】

真美「ぬぁあああ!」

亜美「うるさいよ……」

真美「もういい!厳選終わり!これでいいじゃん!4日もやったよ!?」

亜美「どれどれ……えー、まだイケるっしょ→」

真美「無理だよぅ……」

亜美「妥協して今までいい事あった?テスト前日の勉強、普段のレッスン、友人との人間関係、お小遣い値上げ交渉」

真美「あうあうあうあう……」

亜美「ポケ○ンの厳選も同じ、妥協していい事なんて無いんだよ?」

真美「ぅ……」

亜美「ほらリセットリセット」

真美「うわぁぁぁあああ!チクショー!」

625 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/12 10:51:32.25 ID:zzTQXLhGO

【夜遊び専用】

P「一部界隈で流行ってると言う胸開きタートルネック」

北斗「はい」

P「俺は下乳の谷間に穴空いてる方がいい」

北斗「プロデューサーさん……」

P「北斗……」

黒井「真昼間から下ネタで友情を深めるな」

北斗「俺、ナース服の谷間のとこだけボタン開けてるのとか大好きです」

P「わかる。超わかる」

黒井「話を聞け」

626 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/12 11:19:23.21 ID:zzTQXLhGO

【穴が下だとどう便利か】

P「馬乗りパ以下略」

冬馬「このおっぱい星人が……」

P「おっぱいが嫌いな男はいません!」

北斗「yes」

翔太「クロちゃーん、北斗くんがおかしい」

黒井「知るか」

631 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/13 08:40:24.73 ID:okK/+DzBo

【朝の一言】

P「綺麗なジャイアンは正しい事しか言わないから嫌いだ……」

響「……今日はどっかお出かけしよっか」

635 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/15 16:05:14.51 ID:TogQkW4lO

【イラっとする】

P「……なんかさ、」

春香「へ?はい」

P「無性に物を壊したくなる時ってあるよね」

春香「……………………生理?」

P「ごめんそんなダイレクトな返答は期待してなかった」

絵理「ストレスの捌け口にならなれますよ」

P「何言ってんの?」

絵理「えと、顔は……お仕事に響くから……ちょっと?」

P「何言ってんの!?」

春香「……腹パン?」

P「春香もノるんじゃねぇよ!」

春香「絵理ちゃんの白くて柔らかいお腹に……そんな酷い事を……」

P「しないよ!?」

638 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/16 09:55:41.19 ID:nPmb6jIKO

【そう言う設定でよろしく】

P「今の夢ってなに?」

北斗「うーん……夢愛車遍歴に出たいですね」

P「あー……俺は世田谷ベースに出てみたい」

北斗「それもいいですね。楽しそうで」

P「お前が出る事になったら俺も現場付いてっていい?」

北斗「あはは、静さんが何ていうかな」

P「…………静さん?」

北斗「マネージャーですよ…………あ、丁度来た。静さーん!」

静「はい?どうした……って、あ、初めまして私961proの──

P「……初めまして」

翔太「大人の名刺交換って憧れる」

冬馬「かっこいいよな」

静「………………?…………!?」

P「三条馬静…………」

静「え、ちょ……んん?…………ねぇ北斗くん」

北斗「はい?」

静「この方大学時代の先輩と同姓同名なんだけどどう思う?」

冬馬「知るかよ…………は?」

北斗「お、俺に聞かれても……え、マジで言ってるんですそれ」

翔太「最近の北斗くんってかなり敬語キャラ板についてきたよね」

冬馬「お前は呑気だなぁおい!」

639 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/16 10:00:01.93 ID:nPmb6jIKO

【じんぐるべーる】

真美「サンタクロースヘラドロップした!」

真「おー、おめでと。どんな感じ?」

真美「ケツがでかい」

小鳥「っ」

貴音「…………」

真美「胸もでかい」

伊織「…………」

千早「チッ」

真「プロデューサー好きそうだね……」

真美「たちかに」

643 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/16 20:33:35.65 ID:nPmb6jIKO

【また見てギ○ス】

響「知らない女の匂いがする」

P「犬かお前」

響「ナニしてきたの」

P「ジュピターのマネージャーと名刺交換しただけだよ……ナニって何だよナニって」

648 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/18 17:22:02.75 ID:geMsyDOmO

【三日三晩】

P「ただいまぁ……」

響「おかえり、久しぶり」

P「すまん、まさか泊まりになるとは思わなかったんだ……」

響「クリスマス前は忙しいからな。仕方ないと思うぞ」

P「そう言ってくれると助かるよ。ご飯もう作っちゃった?」

響「ううん、まだ」

P「俺の分まだいいや……寝る…………21時に起こして」

響「はぁ……デザイナーさんと喧嘩したんだって?」

P「あずサンタさんの衣装がな、決まらなくて……デザイナーさん案はタイトミニにガーターベルトだったんだが」

響「だが?」

P「最後には俺の勝ちだ、ショーパンあずサンタさんで通した」

響「へー……取り敢えずあずサンタって言うのやめない?」

649 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/18 17:23:58.11 ID:geMsyDOmO

【まこサンタ】

真「……これ猫耳ってサンタにいらなくない?」

律子「それは小鳥さんが」

小鳥「お仕事だもの、着ないとだめよ?」

真「お仕事に趣味を押し込まないでくださいよ……」

653 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/18 22:20:04.35 ID:K7//QThUO

【おはよう】

響「…………」

P「……いふぁい」

響「シー」

P「はぅ?……ははぁ、ぃてっ…………もう寝たか」

響「健康的さー」

P「ふぁ……ん~~…………はぁ、夜食だな」

響「はいさ」

P「ほいさ」

響「…………いや起きてよ」

P「あと5秒……」

響「もー」

655 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/19 00:42:28.19 ID:sfshJd/RO

【もう幾つ寝ても】

P「もう12時半か……寝る?」

響「自分昼に結構寝たから大丈夫だよ」

P「そか」

響「うん」

P「…………ここ座って」

響「ん……」

P「重くなった?」

響「うわ失礼。寧ろ痩せてるぞ」

P「おっぱい縮んだんじゃない?どれどれ……」

響「そんなことッ……ないし」

P「くち」

響「ゥン……は、む…………んふ」

P「ん……んーーー…………はぁ」

響「……たってきた」

P「3日分溜まってる。いい、よね?」

響「ここまでやっといて、今更さー……電気」

P「おう」

響「んと、取り敢えずその……口でするね?」

P「おう……お願いします」

658 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/19 09:44:13.73 ID:sfshJd/RO

【サイズ的に無理】

P「961proの何が素晴らしいって室内に喫煙所ある事ですよね」

黒井「そっちにはないのか」

P「屋上でさぁ……この時期は寒いし夏は死ぬほど暑いんですよあすこ…………ふぅ」

黒井「……──、お前、ここに遊びに来るのはいいが仕事は」

P「10時に雪歩の迎え行くまで暇なんす。昨日までに死ぬ程仕事済ませたんでもう年明けまでそんな仕事無いですね」

黒井「ほぅ…………そう言えば」

P「──……?」

黒井「うちの三条馬静と765のプロデューサーがイカガワシイ関係だとの噂が立っているんだが」

P「ブフォ‼︎エホッ!ぅ゛……っ、煙が、肺きたっ……」

黒井「…………」

P「……──はぁ……ふぅ…………根も葉も無いですよそれ、最近何年かぶりに会ってそれ以来会ってな

静「すみません社長、今少し……あ」

P「……ドッキリか何かです?」

黒井「いや寧ろお前たちがネタ合わせして来たんじゃないのか?」

P「なアホな」

659 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/19 09:46:57.53 ID:sfshJd/RO

【主犯】

翔太「うーん……ジョバちゃんと765プロが知り合いだったって話を流しただけでこうも捻くれるなんて……男って馬鹿だよねー」

冬馬「男性社員の士気が下がってる感が否めないんだが」

北斗「聞いた話だけど静さんの事が好きな男を好きな人が静さんを諦めさせる為に丁度いい話題ででっち上げたとかなんとか」

冬馬「なにそれめんどくさっ」

660 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/19 10:10:57.12 ID:sfshJd/RO

【今の気持ちを一言で】

春香「キュウリ食べたい」

671 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/20 22:52:26.01 ID:rq1KZljNo

【雪だるまつーくろー】

真美「やばい、魔法で氷の剣が作れるようになってしまったYO」

千早「あら奇遇ね、私もよ」

真美「ふっ……この力、持つものは独りでいい」

千早「あなたには過ぎた力だわ」

真美「……あれ、千早お姉ちゃんその剣の様に削られた氷柱どっから出してきたの」

千早「呼べば来るわ」

真美「マジで!?」

677 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/24 16:20:07.04 ID:P2dMZe5vo

【蝋人形】

P「……なあ真」

真「なんですか……」

P「なんで俺たちは雪歩の着せ替え人形になってるんだ?」

真「プロデューサーさんが誕生日プレゼントなんでもいいよとか言うから!」

雪歩「どうしたの?」

真「な、なんでもないよ。なんでも……」

P「次はそれ着ればいいのか?」

雪歩「はいっ!プロデューサーにきっと似合うと思いますぅ!」

P「ワーウレシ」

684 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/25 23:48:49.87 ID:HM49KZDYo

【五里霧中】

P「俺はね、聖夜にエロいことしない決めてんのよ」

響「急にどうしたの……急にどうしたの?」

P「早く日付変わんねーかな……」

響「自分もう寝るぞ!」

685 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 00:05:11.32 ID:XByikWhoo

【SOS】

絵理「こんばんは、性夜を大いに盛り上げるサンタさんの団団長水谷絵理です。盛り上げに、来た?」

響「帰れ」

P「危ないでしょタクシー呼ぶよ」

絵理「あれ……プロデューサーさんすらノってくれない………………お邪魔だった?」

響「う、うるさい」

絵理「……………………3P?」

P「ぐ…………だ、ダメです」

響「今一瞬揺れたろ!?OK出しかけたろ!?」

P「んなこたぁないよ!」

686 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 02:06:06.78 ID:XByikWhoo

【逆襲の】

絵理「ね、プロデューサーさん……いいですよね?できちゃったらわたしが育てますから」

P「いやいやなにもよろしくないから、世間体とか法律とかもうよろしいところが寧ろ無いから」

絵理「子作りは愛だ!愛があればLove is OK!」

響「ネタが古い上に一方通行な愛だな!あと単純に下品!」

絵理「最悪夢オチだから……大丈夫?」

P「だいじょばない!」

688 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 02:59:08.27 ID:XByikWhoo

【夢の中へ、夢の中へ】

響「いい加減この茶番止め……ん?…………ヴェェ!?体が動かないぞ!?」

絵理「夢……だから」

響「悪夢だー!」

P「お経を!お経を唱えるんだ!」

響「自分うちなーの真言全然わかんないさー!」

P「それもどうなのよ……」

絵理「ふふ……プロデューサーさん、夢魔って、知ってます?」

P「そう言うの大好物」

響「おい」

690 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 18:10:28.02 ID:XByikWhoo

【HS】

小鳥「サンタは来年からこないわ。私が殺ってやったわよぉ!」

静「流石小鳥さん。これで来年からクリスマスなんて無しですね」

玲子「よーっし!クリスマス明けで安くなったホールケーキ開けるわよー!」

静「あれ?まなみちゃん今年は来ないんですか?」

小鳥「実家」

静「あー…………」

玲子「小鳥も実家帰った方いいんじゃないの?孫の顔早く見せないと」

小鳥「旦那の顔も見せてないのにどーせいと。あれ?乾杯したっけ?」

玲子「してないわね」

小鳥「はいかんぱーい」

静「乾杯」

玲子「かんぱーい!」

691 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 18:18:11.53 ID:XByikWhoo

【きいてよ】

玲子「私の登場率の低さトーク」

静「それ色々不味いです」

692 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/26 20:57:25.31 ID:XByikWhoo

【こたぬく】

真「中居さん歌なんて言うか……春香みたい」

春香「超上手いよね、私みたい」

千早「美希蜜柑取って頂戴」

美希「今ツムツム中なの」

千早「スマホジャンキーJCめ……伊織」

伊織「こたつから手出したくない」

真「ダメ人間への第一歩だよそれ」

春香「こたつには勝てなかったよ……」

695 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/28 01:22:05.41 ID:sP+ZYg6ho

【美しい日本語】

P「しこたまオナニー」

響「男が言った時だけな」

702 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/31 19:07:48.59 ID:GXca2KlEo

【お年玉ください】

春香「プロデューサーさんがローラさんのおっぱいばっか見てる件について」

真「制裁だね」

P「言いがかりです!」

律子「男って……」

絵理「響ちゃんビール……」

響「未成年」

真美「あ、ゲリラだ」

雪歩「iTu○esカード買う?」

小鳥「あれ……がんもがない……」

703 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/31 20:43:03.73 ID:GXca2KlEo

【早い、早いよカ○さん!】

あずさ「わ、私もう眠いかな~って」

P「まだ年明けまで3時間半近くありますよ?」

あずさ「…………2時間!」

P「ベッドお貸しします……」

あずさ「す、すみません」

美希「そして2人はそのまま組んず解れつ……」

千早「家族が増えるわ、よかったわね我那……響」

響「そだね」

704 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/31 23:42:31.66 ID:GXca2KlEo

【ダッシュ!】

伊織「お邪魔するわよ!」

やよい「お邪魔します!」

小鳥「あ、おつかれー、間に合ったのね」

伊織「ったくもうこの時期に生放送ぶち込むアホ共こう……クイッとやりたいわ」

春香「ど、どうどう。年末年始だからこそね?」

やよい「お土産貰ってきましたよー」

P「ナイス。コーヒー淹れるよ。座りな」

伊織「響ー、年越し蕎麦あるかしら?」

響「あるぞ、ちょっと待ってて」

亜美「いおりんでも年越し蕎麦食べるんだね」

伊織「馬鹿にしてんの?」

亜美「うん」

705 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2014/12/31 23:57:40.69 ID:GXca2KlEo

【ずるずる】

伊織「紅白からカウントダウンTVハシゴするSMAPも大変ね……」

雪歩「間に合わなかったらどうするんだろう」

P「一発ギャグ」

伊織「SMAPが?」

P「aikoが」

真「うわそれ見たいなぁ……」

706 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/01 00:03:11.13 ID:Resdspbso

【あけちまった以下略】

小鳥「やっふぃ!あけおめこー!」

千早「…………」

小鳥「あ、千早ちゃんにすらドン引きされてるのあかん」

P「さーて初詣行くか」

響「え、もう行くの?」

P「え、行かない?」

響「めんどう」

P「じゃあいいや」

響「テキトーな……」

709 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/01 01:31:19.69 ID:Resdspbso

【一富士二鷹三茄子】

絵理「プロデューサーさんの、初夢は……わたしとの浮気セックス。です」

P「なんでだよ」

絵理「同時に響ちゃんの初夢はプロデューサーさん寝取られセックス観賞」

響「死ね」

絵理「よ、容赦ない」

響「自分、悪魔祓いになるぞ。今決めた」

P「俺はもう段々と夢ならエンジョイしちまおうと言う考えに傾いてきてるよ」

絵理「………………計画通り」

響「今計画通りっつったぞ!計画通りって!」

P「あれ、手錠が消えてる……」

絵理「プロデューサーさんが、その気になると……消える?夢だから……」

響「べんりだなー死ね」

絵理「響ちゃん……ただの口悪い女になってる…………気をつけて」

響「誰のせいだよ!」

絵理「?」

響「お前やー!」

P「おい他人のネタ」

710 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/01 01:37:24.32 ID:Resdspbso

【秋茄子は嫁に食わすな】

真美「にーちゃん魘されながらテント張ってるけどどんな夢見てんだろうね」

小鳥「え?プロデューサーさんがテント設営しちゃってる?マジで?既成事実チャンス?」

律子「隣で響寝てるんですけど……」

小鳥「プロデューサーさんと子作りしながら響ちゃんとベロチューしたい」

伊織「死んだ方がいいわよ」

春香「絵理ちゃんも寝てるし……」

真「この3人仲良いよね~」

713 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/02 16:34:21.75 ID:vhC7Dzulo

【挨拶回り】

冬馬「巨乳巫女ってどう思うよ」

P「ふむ……そうだな…………」

響「自分を見るな」

P「アリだ」

冬馬「ふーん……」

721 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/03 00:20:34.99 ID:6F7OVMVgo

【英語禁止!】

P「俺ボーリング上手いねんでぇ?」

響「おいこら」

P「ストライク取ったら響も俺にちゅーしてくれる?」

響「取ったらね」

P「まじかよ……まじかよ。ボーリング行こう。マジでマジで」

響「取り敢えず3000円ね」

P「3000円で1ちゅーか……」

730 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/06 09:55:46.77 ID:i9TBp8ZEO

【if】

春香「もし響ちゃんが闇堕ちしたら!」

P「お仕置きレ○プ」

真「ブレないなぁ……」

伊織「死ねばいいのに」

735 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/08 10:16:02.44 ID:KygTvPFFO

【二者択一】

千早「プロデューサーはSとMどちらですか?」

P「ノーマルですけど……」

千早「どちらかと言えば?」

P「…………M?」

響「Sだろ。いっつも自分いじめられてるぞ」

あずさ「いぢめられてる……」

美希「性的な意味で?」

P「どっちかってーと響が上になる方が多

律子「仕事しろぉ!」

736 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/08 14:29:26.55 ID:Jg43wEB8O

【自称マヨラー奴】

P「炒飯にマヨネーズかけない人間を俺はマヨラーとは認めない」

雪歩「ちゃ、炒飯にマヨネー……ズ?」

P「Yes」

真美「そんな……ちゃーはんのパラパラ感が消えちゃうYO!」

P「知ったことか!sweet&calorie!I Love Mayonnaise!」

小鳥「無駄な発音の良さ」

亜美「それな」

P「まぁ食ってみればわかるんだよ……炒飯マヨ。ほんと美味いから。今度作ってやるよ」

雪歩「え、遠慮しておきますぅ……」

742 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/08 21:04:06.43 ID:Jg43wEB8O

【いい子】

春香「真美ってさ」

真美「うん?」

春香「ドラマとか声優の仕事だと日本語間違えないよね」

真美「周りの人に迷惑じゃん?」

春香「うーんリアリティ……」

745 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/09 13:29:08.60 ID:L9CCCBtMO

【美味しかった】

冬馬「よう」

P「おう」

冬馬「?顎の絆創膏どうしたよ」

P「あぁ、これな……朝さ」

冬馬「おう」

P「嫁に起こされるだろ?」

冬馬「はぁ」

P「で、おはようって言いながらおっぱい揉んだら」

冬馬「oh...」

P「綺麗なアッパーカットが飛んできた」

冬馬「自業自得だな」

P「その後抜いて貰った」

冬馬「死ね」

751 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/10 01:43:47.46 ID:2SSnK+xTo

【善悪相殺】

P「目付き悪い系プロデューサーの真似」

響「また色々と危ない事を」

P「我々褐色おっぱい党はぁ!ナ○○○○ちゃんを応援しまぁす!」

響「嫌な党だ……共○党の次に嫌だ……」

P「その発言もだいぶ危ないよお前。あと嫌われ過ぎでしょ」

760 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/10 22:40:20.73 ID:2SSnK+xTo

【オケオケオッケー!】

P「カラオケ来てタバコ吸えないの地味にあれな」

真「フロントに灰皿ありましたよ」

小鳥「動き始めーてるー、輝く日のーためにー!」

春香「Fuu!」

真美「ポテト注文していい?」

律子「どーぞ」

小鳥「みーつけよ、MyOnlyStar!」

春香「FuFuu!」

雪歩「春香ちゃんコールいつ練習してるのか謎だよね」

伊織「暇なんでしょ」

763 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/12 19:28:53.63 ID:urIaJxZMO

【Pアンテナ】

P「ボディペイント……そう言うのもあるのか」

響「……仕事の話?」

P「プライベート。プライベートだ……」

響「ぜ、絶対しないからね!?そう言うのは貴音あたりに仕事としてやらせるべきだと思うぞ!」

P「……ふむ…………ニップレス、前貼りでボディペイント…………しかし色んな団体が煩いな…………………………あ、そうだ明日雪歩の家に挨拶しにいこう」

響「貴音……ごめんよぉ…………」

765 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/12 19:39:58.47 ID:urIaJxZMO

【今世紀最大の悪寒】

貴音「?………………っ!」

千早「どうしたの?つわり?」

美希「プロデューサーさんと貴音の間に子供!?」

春香「まじかよ」

貴音「いえ、私まだ純潔は保っ

美希「想像妊娠!?」

貴音「なぜ美希は先程から私を孕ませたいのですか!?」

美希「最初につわりとか言ったのは千早さんなの!」

貴音「如月千早!」

千早「春香の命令で仕方なく……」

貴音「春香……」

春香「へぅぇ!?」

766 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/12 20:12:37.57 ID:urIaJxZMO

【天才的な最低のアレ】

小鳥「………………………………女子校生にアフターピル渡すお仕事してぇ」

律子「手伝いましょうか」

小鳥「ほんと!?」

律子「ここの仕事いい条件で終わらせてあげるくらいなら手伝いますよ」

小鳥「ヒュー、りっちゃんの瞳がfrozenだぜぇ……」

773 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/13 09:19:21.43 ID:VV+C7v+mO

【メガシャキ】

P「うぃ~おはよーごぜーますぅ」

やよい「おはようございます!」

P「へいやよい。ハーイ

やよい「タッチ!」

P「よっしゃ目ぇ覚めた」

真美「流石やよいっち……」

774 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/13 09:28:03.16 ID:VV+C7v+mO

【よく寝たけど】

P「だって響がおはようのちゅーしてくれなかったんだもん」

亜美「チッ」

雪歩「だもんって……」

美希「デコちゃんが響のかわりにおはようのちゅーしてあげるの!」

伊織「嫌よ!そう言うのは小鳥とか絵理の仕事でしょ!?」

P「んな本気で嫌がらないでよいおりん……」

778 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 09:28:18.32 ID:pFvhrUgWO

【新しい朝が来た】

P「行ってきますのちゅーで舌入れたら噛まれた」

伊織「アホ」

冬馬「噛み切られて死ね」

P「ちょっと……気持ちよかった」

冬馬「うわぁ……」

伊織「ドン引き……」

779 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 10:58:07.66 ID:pFvhrUgWO

【聖水】

絵理「プロデューサーさんが舌を怪我したって……治しに…………きた?」

冬馬「絵理さんいつの間に……あ、俺お茶淹れてきます」

伊織「尼ヶ崎あんたほんと……健気ね」

冬馬「うるせぇ。あと尼ヶ崎って誰だよ天ヶ瀬だ」

伊織「冗談よ。で、絵理。治す?どうやって」

絵理「おばあちゃんが言っていた……傷なんて唾つけとけば治るって」

冬馬「おいてめぇ死ね!」

P「俺悪くねぇよ!?」

冬馬「うるせぇ!」

絵理「プロデューサーさん唾液交換……する?」

P「しない!」

伊織「馬鹿ばっか……」

781 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 15:13:35.75 ID:pFvhrUgWO

【グラビアその他】

春香「うーん……」

P「どした」

春香「いや……今日のカメラマンさん、一段と視線がいやらしい感じがして…………」

P「あぁ……最近彼女と別れたらしいよ」

春香「はぇ!?あの人結婚してましたよね!?」

P「旦那さん女に興味ないんだって」

春香「…………私の知らない世界が意外とそばに転がってた……」

P「襲われない様にね」

春香「aye,sir」

787 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 21:50:55.56 ID:pFvhrUgWO

【古今東西星が描かれてる国旗】

美希「朝鮮っ!」

亜美「べ、ベトナムっ!」

真「ベネズエラ!」

千早「サモア」

美希「あ、えと……クロアチア!」

亜美「チャイナァ!」

真「コンゴ!」

千早「……ブルキナファソ」

美希「…………アメリカ!」

あずさ「あ、美希ちゃんアウト」

美希「なのっ!?」

真「アメリカとか僕が最初に言ったよ」

亜美「あと1回で罰ゲームだよ」

美希「ぐぬぬ……それよりミキ千早さんが言ってる国一つも知らなかったの。本当にあるの?」

千早「ググりなさいな」

790 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 22:46:58.74 ID:pFvhrUgWO

【今回の罰ゲームはぁ……】

亜美「はいクジ引いてー」

真「簡単なのこい簡単なのこい……コレダッ!」

あずさ「じゃあ読み上げ……ぁー…………」

真「え、なに引いたのこれ怖いよ」

あずさ「ち、千早ちゃん?これ書いたの」

千早「我那……『響と一緒にお風呂に入ってお尻の開発具合を確かめる』だったら私ですけど」

あずさ「あらあらぁ……」

真「千早ってさぁ……馬鹿だよね」

亜美「まこちん並だよね」

真「よーし亜美戦争だ」

792 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/14 23:10:32.86 ID:pFvhrUgWO

【ビクンッ】

P「……痛くした?ごめん」

響「や、なんか……背後に嫌な気配が……」

P「背後て……ベッド?斧男でもいんの?」

響「それはリアルで怖いぞ……」

P「…………でこれ続けていいの?」

響「ん…………途中でやめないで……」

P「御意」

795 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/15 01:29:38.73 ID:mr2E8mX7O

【どろり濃厚】

P「何つーか、別に溜めてる訳でもないのにこんだけだせる自分の男性機能すげぇと思う」

響「…………」

P「あ、ごめん今ティッシュ

響「ん……ン…………はぁ………………うぇ」

P「吐気を催すくらいなら飲むなよ……」

響「口の中に溜めてるのも嫌さー……」

P「それはまぁ申し訳ない」

響「……うぅ、食道が変な感じがする…………うがいしてくる」

P「んー」

796 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/15 01:38:03.28 ID:mr2E8mX7O

【ペッ】

響「……こうしてうがいしてるとこ見ると100年の恋も冷めるでしょ」

P「愛だし?」

響「…………なるほど?」

P「恋をする時期は過ぎたね…………ん」

響「ンむぅ…………フ……ちゅ…………っはぁ」

P「……うん、モン○ミン風味」

響「もぅ……」

797 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/15 02:08:38.01 ID:mr2E8mX7O

【モニュモニュ】

P「ん──────はぁ……なんでおっぱいっていい匂いすんだろ」

響「…………母性?」

P「……………………………………お母さん?」

響「やめよう」

P「お母さんおっぱい飲みたい」

響「自分が怒らない内にやめよう?」

P「ウィッス」

809 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/15 22:10:34.80 ID:mr2E8mX7O

【スタンド&ドロー】

真美「えっ……と、この被覆ってなに?」

絵理「呪文や能力の対象にならない、自分が使う能力の対象にも選べない」

真美「なるほど……デュエマで言うアンタッチャブルだね」

絵理「うん……ちなみに、相手からのみ対象に選ばれない呪禁も、ある。こっちの方がデュエマには……近いよ?」

真美「うーむ……しかしあれだね、ギャザは絵が可愛くないね」

絵理「海外のカードゲームだし……仕方ない」

真美「そしてこの時々混じってる英語のカード……」

絵理「勉強になるよ?」

真美「したくないYO……」

816 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/16 10:03:09.65 ID:rnZNv/z5O

【世の中には様々なアイドルがいるわけですが】

P「貴音太った?」

貴音「なっ!?」

律子「会話の流れぶった切るのやめてくれません?」

貴音「私確かに正月様々なラーメンを食べ歩きはしたもののっ!」

P「太ってはいないと?」

貴音「無論です」

P「ふぅむ……」

律子「測りますか」

P「まぁぶっちゃけ多少太っても問題ないけどな……寧ろ太れよ千早」

千早「…………」

P「無視された……」

貴音「フッ……」

P「おい今鼻で笑ったなおい」

819 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/17 13:07:12.31 ID:e9C6FSCio

【まだ助かる、まだ助かる……マダガスカル!】

春香「そぉーr

真「他人のネタァ!」

春香「地球儀から指定された国直ぐに探せる能力って地味に役に立ちそうだよね」

伊織「バハマ」

春香「バハマ!?えぇっと…………………………………………………………」

伊織「…………………………」

春香「………………………………………………………………………………………………」

伊織「………………」

春香「あった!ココ!バハマ!」

真「おっそい……」

伊織「あんたそのネタやっといてバハマすぐ見つけられないとか何してきたのよ」

821 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/17 22:45:52.44 ID:5CV8lhPNo

【300km/h】

響「寝かせてき…………まーた漫画読んで泣いてる」

P「ぅう……お前これが涙無しで読めるかよ」

響「今度はなに?サバイバル?」

P「ん……ティッシュとって」

響「はい」

P「さんく」

響「んと?…………湾岸ミッ○ナイトって車漫画だろ……泣く要素あるの?」

P「すげぇある」

響「はぁー…………男ってなんかこう……あれさー」

P「ほっとけ」

823 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/19 11:33:20.81 ID:vWbB3C8MO

【更衣室】

春香「週末どうだった?」

伊織「くそ眠いわ」

春香「あぁ……日曜朝忙しいんだっけ、プリキュア見れないね」

伊織「見ないわよそもそも」

春香「伊織午後ガッコ?」

伊織「収録」

春香「土曜日に美味しい定食屋さん見つけたんだ~。一緒に行かない?」

伊織「時間に余裕があるならね」

春香「…………あれ?」

伊織「替えの下着忘れた?」

春香「………………私のじゃないブラがカバンに入ってる……」

伊織「なにそれこわい」

825 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/19 21:49:30.50 ID:7XGj08PUO

【俺は下りる】

伊織「結局誰のブラだったわけ?」

春香『寸前に入ってた雪歩かなーと思ったけど違ったみたいで、見つからないまま家に帰ったんだけど』

伊織「えぇ」

春香『お母さんのだった』

伊織「……なんと言うか、若々しいのね。可愛いブラで」

春香『私の方がサイズ大きいんじゃない?って言ったら夕飯のおかず無くなって泣く羽目になったケド』

伊織「それはあんたが悪い」

春香『…………あれもしかして勝負下着とかなのかなぁ……普通の下着ならいざ知らず親の勝負下着ってなんかあんまり見たくなかった』

伊織「まぁ……確かに」

美希「デコちゃんは今日勝負下着なの!大人っぽいスケぐぇっ!?

春香『今美希の声しなかった?』

伊織「そう?空耳じゃないかしら」

829 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/20 19:02:28.41 ID:VoR3SHUMO

【日本下乳協会】

P「会長です。嫁の下乳を舐めながらオ○ニーしたいです」

冬馬「死ぬ程キメェ……」

P「でも気持ちわかるだろ?」

冬馬「……………………ちょっとは」

P「うわ童貞の妄想きめぇな」

冬馬「お前もうほんと死ねよ今すぐ死ねよ早く死ね!」

P「アイドルが死ねとか言っちゃダメなんだゾ☆」

冬馬「コロしたい…………」

832 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/20 21:42:22.01 ID:VoR3SHUMO

【ひざまく】

P「……………………zZZ」

響「寝るなー、お風呂入ってないだろー?」

P「ハッ!……危ない危ない」

響「…………起きてよ」

P「ちょっと下乳と太ももで挟んでくれない?」

響「はぁ?…………こ、う?」

P「ぁ~……………………zZZ」

響「だから寝ちゃだめさー!」

835 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 00:51:15.09 ID:UqumpOogO

【ヤロゥ……】

北斗「で、貴音ちゃんへの誕生日プレゼント決まった?」

冬馬「は?誕生日?いつ?」

北斗「…………──────っはぁー……」

冬馬「その溜め無駄に長い溜息ほんとイラっとくるな」

翔太「いやけどこれは冬馬くんがさ、悪いよ」

北斗「彼女の誕生日だぜ?ちゃんと祝ってやれよ」

冬馬「彼女ぢゃねーよ!……が、まぁ……仕事仲間だしな、何か送るのが礼儀か?」

翔太「そだね。誕生日忘れるのは失礼だよ」

冬馬「何がいいんだ?」

北斗「速攻で俺を頼るなよ……」

冬馬「少しくらいヒントくれ」

翔太「自分で考えないと……」

北斗「それなら昼間買い物行こっか。翔太は?」

翔太「ついてく!」

北斗「オーケィ」

冬馬「……あぁ、あいつ今日が誕生日か」

北斗「しっかりしてくれほんと……」

839 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 11:49:17.60 ID:UqumpOogO

【為】

冬馬「ラーメン作るか」

翔太「へぇ……」

北斗「なるほど」

冬馬「どう思うよ」

北斗「いや、いいんじゃない?材料買いに行こうか」

冬馬「小麦粉探しに行くか」

翔太「あれ?畑から作んないの?」

冬馬「俺はTOKI○じゃねーの!」

北斗「来年の誕生日に向けて?」

冬馬「途方もねーよ……」

844 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 22:11:26.34 ID:UqumpOogO

【冷めやらぬ】

P「貴音!」

貴音「、プロデューサー」

P「店の中で待ってろって言ったのに、寒かったろ」

貴音「いえ、丁度出たところですから」

P「そなの?ニュータイプ的な予感?」

貴音「ふふ、音でわかります」

P「え゛、こいつそんなうるさいかな……」

貴音「時世が時世ですから」

P「…………普段にも増して機嫌いいな。なんか良いことでもあった?」

貴音「さぁ……トップシークレットです」

P「そか、ま、行くか。響が猫耳メイドコスで待ってる」

貴音「なんと!?プロデューサー!急ぐのです!速く!」

P「おー任せろ飛ばすぜ飛ばすぜぇ法定速度で」

845 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 22:32:19.81 ID:UqumpOogO

【ゆるしてニャン】

春香「私も○ちさん嫌い」

律子「やめなさい。つんく○さんに消されるわよ」

真「律子それ伏せれてない伏せれてない」

あずさ「でもプロデューサーさん、もも○ちゃん好きって言ってたわよ?ね?」

響「ぇ?……あぁ、うん、そだね」

春香「○もち最高!」

美希「春香って手のひらくるくる安定してなくて面白いの、見てて」

春香「天海春香withももち結

P「ただいまー」

貴音「猫耳メイド響は何処に!?」

春香「…………」

P「あら春香さん可愛いね」

春香「……………………ゆ、ゆるしてにゃん」

千早「何に対してよ……」

春香「はい響ちゃんも一緒にー!」

響「んー?はいはいゆるしてにゃんゆるしてにゃん」

律子「このやる気のなさ」

846 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 22:41:41.66 ID:UqumpOogO

【おいしくなーれ♡】

貴音「尻尾はないのですか?」

やよい「こっちにあ

響「無い!」

伊織「ほらやよいこっちでオレンジジュース飲みましょ馬鹿移るわよ」

小鳥「なんでこーゆー尻尾はあってノーマルなコスプレ尻尾は持ってないんですかプロデューサーさん」

P「あるけど隠してるんですよ」

あずさ「隠す意味……」

響「それを最初から出してよ最近からさぁ!」

P「いや……俺が帰ってくる間に付けてくれる可能性あるかなと思って」

響「ないだろ……どう考えてもないだろ…………」

847 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 22:47:18.36 ID:UqumpOogO

【沸いてるよ】

伊織「…………あいつ一回頭か精神診てもらったらいいのよ。多分どっかおかしいから」

P「伊織ごめんそれ聞こえてる、聞こえてるから」

伊織「耳は診なくてもよさそうね」

P「ちくしょう」

849 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 23:09:26.31 ID:UqumpOogO

【四条貴音^2】

P「さてさて漸く落ち着いたところで」

美希「落ち着かなかった原因の半分以上はプロデューサーさんなの」

P「…………貴音誕生日おめでとう!」

真美「おめでとー!」

亜美「あ、もう喋っていい?お姫ちんおめでとぅー!」

貴音「このような時間にも関わらず皆に祝って頂けて私は幸せ者ですね」

律子「私達の仕事さえもう少し早く終われば明るい内にお祝いできた……んですけどねぇ?」

小鳥「プロデューサーが一気にバレンタインネタ持ってくるのが悪いピヨ」

P「今年こそ生チョコ美希の限界を攻めたい」

美希「なにそれ聞いてないの」

P「今年はホワイトチョコでイきたい」

美希「なにそれ聞いてないの!」

851 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 23:17:25.52 ID:UqumpOogO

【メインはお菓子】

貴音「さぁ響とんが○コーンですよ」

響「や、あのさ貴音」

貴音「?」

響「今日は貴音の誕生日なんだから自分が食べさせてもらうのはなんか違ムグ

貴音「如何ですか?」

響「ンム……ん、美味しい…………」

貴音「ふふ、それはそれは」

響「貴音も食べング

貴音「私はもう一杯です……えぇ、一杯です」

響「どれだけ夕飯食べてきたんさー……」

貴音「それはもう満たされる程に」

853 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 23:34:20.86 ID:UqumpOogO

【ToDo】

絵理「ん~…………んぅ……パソコン…………めんどう。ケーブル……」

サイネリア『やぁっとログインですか!お待ちしてましたよ!』

絵理「ただいま」

サイネリア『おかえりなさいませ。?なんか音遠いデスけど』

絵理「iPh○neのSky○eだから?」

サイネリア『なるほど。家にはまだ?えぇト……大阪でしたっけ?』

絵理「ううん……無理言って家まで送ってもらった」

サイネリア『はー……乙デス』

絵理「ん……ほんとに、疲れた」

サイネリア『もしかして忙しい感じで?』

絵理「明日の午前中に……お荷物届く、から?」

サイネリア『あぁ密林さん……そう言えば話変わりますけど今日765proのえーと……

絵理「四条さん?」

サイネリア『の誕生日らしいデスね』

絵理「ん……パーティ呼ばれてた…………けど無理そう」

サイネリア『レッドブります?』

絵理「明日に響くから……あ、響ちゃんに会いたい…………やっぱり、行こうかな?」

サイネリア『センパイが会いたいのはその夫さんなんじゃあないですかねぇ……』

絵理「…………」

サイネリア『じゃ、センパイもお疲れみたいですし落ちますねー』

絵理「うん、また……明日」

サイネリア『はい、また明日』

絵理「………………レッドブるって動詞?」

855 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/21 23:54:49.77 ID:UqumpOogO

【in大阪】

涼「ぁ゛ー…………食べ過ぎた、明日帰る時吐きそ……」

愛「涼さーん!」

涼「うぉっ!?び、ビックリしたー……あれ?僕鍵かけてたよね……」

愛「開いてましたよ?」

涼「ほんと?んー……閉め忘れかなぁ…………で、

愛「がいすたー?しましょう!」

涼「……大阪まで来てボードゲームかぁ…………あはは、いいね。修学旅行の夜みたい」

愛「じゃあセットしますね!」

涼「て言うかそれ持ってきたの?」

愛「絵理さんがくれました!」

涼「絵理ちゃんボードゲームもするんだ……」

858 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/23 00:34:43.82 ID:fwCkPi5lO

【絡めて引いて】

響「…………ん、んん……う、動けない」

P「zZッ…………zzz」

響「んなーもうそんなガッチリ抱かなくても自分、逃げたり、しな、い、さーーーーー!………………だぁ、抜けないぞ……」

P「…………さんたまりぁ……」

響「なんだその寝言……どんな夢だ……」

P「…………ようよぅ…………Zz」

響「ぐ、ぬぬぬぬ……と、トイレ行きたい。流石にこの歳でお漏らしはシャレにならないぞ……」

P「俺が飲むよ」

響「あほか…………ん?」

P「ん?」

響「…………離して」

P「ちゅーしてくれたらいン

響「ん……は、ふぅ…………はぁ。いい?自分、トイレ」

P「いってらっしゃい」

響「っ…………」

P「…………………………布団に染み付いた響の匂いうめぇ」

859 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/23 00:58:43.72 ID:fwCkPi5lO

【Ctrl+Z】

P「かもかも」

響「はいはい。あんまり強くロックしないでね?」

P「寝相だからなぁ……」

響「悪過ぎ」

P「響は抱き枕として優秀だ……」

響「あんまり嬉しくないぞそれ」

P「胸に抱いてよし胸に抱かれるもよし。さいつよじゃん」

響「今日は、ムグ……抱きたい気分なの?」

P「髪の匂い嗅ぎながら寝ると凄くいい夢見れそうなんだわ」

響「……米大陸発見とか?」

P「は?」

響「なんでもないさー…………おやすみ」

P「ん……おやすみ」

860 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/23 11:35:35.94 ID:fwCkPi5lO

【6割引だってよ】

真美「……なんか大変そーだねぇー」

P「何が?」

真美「イズイズ」

P「イシスなのな」

真美「え、あれまんまイシスって読んじゃうの?」

P「読んじゃうの」

真美「ふーん…………」

P「イズイズで思い出したパズ○ラログインしてない」

真美「あ、真美もだ」

863 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/24 09:43:43.27 ID:jGP1OA0ao

【おいおいそれは本当か】

P「ムシ○ング復活すんの?」

伊織「なんで私に聞くのよ」

P「え、水瀬が資金提供したんじゃないの?」

伊織「そうだとして私はしらないわよ」

P「あのゲーム筐体空にすんのいくらだっけ」

伊織「しんないわよ!」

P「カブト○使えるかな」

伊織「ごめんそんなキラキラした目で見ないで……」

869 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/26 11:31:23.96 ID:MYD1ixXBO

【悟】

P「善意とおっぱいって似てるよな」

真「…………悪意とおっぱいって似てますよね」

P「!?」

真「律子ー!今日プロデューサー阿保な日だ!」

律子「いっつもでしょー?」

真「それ言われたらなんも言い返せないけどさ」

P「言い返してくれよ……」

872 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/26 21:45:05.89 ID:MYD1ixXBO

【セクシーなの、キュートなの】

黒井「久しぶりだな」

P「お久しぶりです。えーと……ロスですよね確か」

黒井「あぁ、貴様に土産は無いぞ」

P「ちくしょう」

黒井「いや……もしかしたら貴様へのプレゼントにもなるかもな。響ちゃん、これ」

響「にふぇーでーびる黒井社長…………ぉ、おぉ!ビクトリアズシークレット!本場のだ!」

黒井「ウィ。香水に水着、それから部屋着だな。サイズは合っているはずだが……」

P「こいつアイドルやめて太りま

響「黙って?」

黒井「まぁ響ちゃんなら水着は夏までに着れるようにできるだろう」

P「え、これ黒井社長選んだんですか?」

黒井「勿論だ」

P「センス良過ぎィ!」

黒井「社長職は伊達ではない」

響「このスウェット暖かい……」

黒井「うむ、よく似合う」

P「可愛い……流石黒井社長。最高のお土産ッスよ」

黒井「ふん……さてまぁ呑むか」

響「あ、自分用意してくる」

P「頼んだ」

875 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/26 22:03:08.91 ID:MYD1ixXBO

【どっちも好きなの!】

P「え、なに水着これせくすぃーっ」

黒井「こう言うの好きだろう?」

P「大好き……この紐とか超エロい…………イイ」

黒井「ククク……結局貴様への土産になったな」

P「ほんと、ありがとうございます。夏になる前に着せて舐め回します」

黒井「その宣言はいらん」

877 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/27 09:46:49.29 ID:nGEuzFAlO

【テッテッテレテッテッテレッテ】

真美「にーちゃん待っててね今真美の愛を届けに行くyo!」

P「いらない!スターの音聞こえてあぁ!誰だよ青甲羅ァ!」

雪歩「えへへ、私からの愛ですぅ」

P「幸せもんだなぁ俺ぁ!くっそ1位だったのに!」

春香「やっぱり最終的にトップ走るのは私だよね……わかってるよこのゲーム」

美希「赤甲羅をくらうの!」

春香「バナナガード!」

美希「バナナ一個で赤甲羅を防いだ!?」

P「プロかよ」

879 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/27 19:16:10.58 ID:nGEuzFAlO

【溶解の、せいなのね】

伊織「この水しょっぱくないかしら……」

亜美「塩化ナトリウム水溶液!」

千早「………………ンフッ」

伊織「これですら笑うのね」

亜美「千早お姉ちゃんの沸点低すぎだよ。自分でやっといてなんだけどこれ全然面白くないと思うもん亜美」

881 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/27 20:31:33.93 ID:nGEuzFAlO

【容喙の、せいなのね】

亜美「これは蟲の仕業ですね……」

伊織「蟲?妖怪でしょう」

千早「ふふふふふふ…………上手いわね。ふふっ」

亜美「仮に上手かったとしてそこまで笑うネタでは無いよね」

伊織「…………妖怪が容喙」

千早「ブフォッ‼︎」

伊織「全く面白くないわよ!?」

亜美「あーあアイドルの笑い方じゃないよそれ」

882 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/27 22:27:16.77 ID:nGEuzFAlO

【妖怪に何かようかい?なんちゃ

亜美「そんなわけで千早お姉ちゃんの沸点を高くしたいんだけど」

千早「ふふ、ふふふふ…………ンフッ」

P『かいけつゾロリのオヤジギャグかるたでググれ』

亜美「やばいにおいがするよそれ」

883 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/27 22:56:23.22 ID:nGEuzFAlO

【ギャグセン】

P「…………」

響「な、なに?」

P「……おっぱい」

響「わひゃあ!?な、なにするんさー!?」

P「素晴らしい……何時迄この初々しい反応が楽しめるのか…………はぁ……けど慣れておざなりに対応されるのも好き……」

響「へ、変態だ……」

884 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/28 01:07:36.74 ID:YZXzyX8IO

【これなーんだ】

P「……新人デビューもののAVです」

響「あのさぁ……」

P「ちゃうんですよ!オナニー用じゃなくて!一緒に見ながらえっちしたいなって

響「尚更タチが悪い!」

P「勃ちはい痛い!」

響「勃たなくしてあげようか?」

P「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめ

890 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/29 17:32:28.56 ID:CsC61YuCO

【スッ……】

P「なんか凄くたまに美希のMyBestFriend聴きたくなるよね。リマスターAな」

美希「それは多分ミキの歌声が聴きたいんじゃなくてミキの喉を殺したいだけなの」

P「美希ちゃんお兄さんとカラオケ行かない?」

美希「やーなの。あとプロデューサーさんはお兄さんって程若くないよ?」

P「ほっとけ」

897 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 08:05:23.98 ID:ygiaMlPRO

【切なさには名前を付けようか】

P「スノーハレーショォォォン!」

律子「おい誰かあの馬鹿止めて」

千早「おーもいがーかーさなるーまでー」

律子「あ、ちょっとカメラ止めて駄目ですこれ」

899 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 08:12:43.27 ID:ygiaMlPRO

【カットで】

P「春香が転ばないかだけが心配だよ僕ぁ」

千早「大丈夫だと思いますけど……春香、明らか転ぶ要因がある時は転びませんから」

P「その能力は欲しいな」

千早「代償として何もないところで転びますけど」

P「ダメじゃん」

902 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 23:06:39.35 ID:ygiaMlPRO

【CHU-LU ×3】

春香「PA-YA-PA!」

P「なんでラブ○イブ!はダメで水○奈々はいいんだよカラオケは平等だロ?」

律子「色々と洒落にならないでしょう!?」

P「洒落で済まそうよ」

律子「ダメです」

春香「MY DARLIN' ねぇ」

P「vividな恋しましょ!」

律子「歌うんかい!」

P「ったりまえよ」

美希「律子…………さん曲入れないの?」

律子「天城越え入れといて……」

905 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 23:15:23.13 ID:ygiaMlPRO

【カラオケならではの左利き愚痴シリーズ】

真美「わかる」

小鳥「プロデューサーさんまだ何も言ってないけど……」

真美「これでしょ?」

P「YES」

春香「デンモクですか?」

P「そう。タッチペンとかでやる感圧式のデンモク。これさ、タッチペン本体と紐で繋がってるでしょ?」

小鳥「まぁじゃないと紛失しますからね」

P「これを左手で持ちます」

春香「はい」

P「紐が変に引っかかって左半分のタッチしにくいことしにくいこと」

春香「あー……」

P「紐長くしろよ!指でタッチすると誤爆多いから嫌やねん!」

小鳥「カラオケきてその微妙なストレス抱えなくちゃいけない感じ…………右利きになりません?」

P「なりたくてなれたら苦労してませんヨ」

春香「左利きって逆にいいところあるんですか?スポーツ以外で」

P「スポーツって言おうとしたらこれだよ……」

春香「ごめんなさい……」

906 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 23:24:18.73 ID:ygiaMlPRO

【左利きを褒めよう】

真美「スポーツ除いたらもう何も無くない?」

P「いやいやそんな……………………………………希少価値とか?」

春香「千早ちゃんみたいな?」

小鳥「小さい胸は貴重なのよステータスなのよ!」

千早「そうですね」

小鳥「あ、あれ……千早ちゃん今日来れないんじゃ無かったの?」

千早「予定より早く用が済んだので。春香に呼ばれたんです。さっき来ました」

小鳥「そ、そうなのー…………えぇと、何か好きなの頼んでいいわよ?」

千早「ありがとうございます」

908 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 23:27:34.72 ID:ygiaMlPRO

【あなたを殺してもいいですか?】

律子「横で聞いてたけどそもそも希少価値ですぐに千早って言った春香が一番失礼」

春香「千早ちゃん私飲み物とってきてあげるよ!何がいい!?」

千早「………………暖かい紅茶」

春香「おーきーどーきー!」

P「逃げた」

真美「逃げ足の速さね」

909 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/01/30 23:54:58.88 ID:ygiaMlPRO

【やめてよね】

真美「て言うか真美思うんだけどさ、にーちゃんとピヨちゃんはまだしもりっちゃんとはるちんの選曲古くない?」

律子「うっ……プロデューサーとか小鳥さんとか社長達とかと行くのが多いからついそっちに偏っちゃうのよね…………ウケいいし」

春香「最近の曲チェックは入れてるけど歌えないんだよね……ほら、練習する暇ないでしょ?」

真美「えー……カラオケで歌う歌ってそんな練習しなくちゃとかじゃないでしょ…………ねぇ千早お姉ちゃん?」

千早「え?あぁ、えぇ、美味しいわよ。ソフトクリーム」

真美「……さー真美なに歌おうかな」

P「アリ○ナ・グランデ」

真美「E-gi○ls好きな曲ある?」

小鳥「そーねぇ……」

P「…………」

千早「私が代わりに歌いますよ」

P「ありがと……」

911 : ◆eYw0lnfieY[sage] 2015/02/02 10:10:45.18 ID:KhFc2GkAO

【顎が外れちゃう!】

千早「我那……響。お願いがあるのだけれど」

響「どしたの?」

千早「プロデューサーの○○○と同じ大きさの恵方巻き作ってくれないかしら」

響「あのさぁ……」

春香「千早ちゃん一回脳味噌かき回しておいた方がいいんじゃない?」

千早「む……まぁ、それもそうね。ちょっと整えてくるわ」

響「ハァ?」

春香「響ちゃん知ってる?ミイラ作る時って鼻から棒突っ込んで脳味噌ぐしゃぐしゃにしてから出したんだよ(諸説あります)」

響「そんな知識要らないぞ!」

春香「で、千早ちゃんが死んだところで私もお願いあるんだけど」

響「恵方巻きは作らないからね?」

春香「私にもプロデューサーさんの恵方巻きしゃぶら

響「千早ー!春香の脳味噌もかき回しといて!」

千早「トリプルフ

響「言わせないぞ!?」

913 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/02/02 21:10:10.41 ID:KhFc2GkAO

【T7S】

P「はぁーまじくそ褐色巨乳」

冬馬「それな」

P「せやろ?」

冬馬「……このゲームのよ」

P「おう」

冬馬「これ」

P「好き」

冬馬「だろうと思った」

P「リセマラするわ」

冬馬「頑張れ」

P「任せろ」

917 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/02/02 22:55:01.70 ID:KhFc2GkAO

【イベントスキップでお願いします】

P「もう2月か……」

響「早いなぁ……すぐに春が来て夏が来て……」

P「何時迄もラブラブセックス出来る夫婦でいような!」

響「素直に肯定し難い!」

P「年取って響とセックス出来なくなるのが怖い……」

響「何十年後の話さー。あといい加減その思考回路やめて」

P「じゃけん今のうちに死ぬ程しましょうね~」

響「ひぅっ!?ちょ、おろして!お風呂なら自分で行くから!ちょっと!」

P「ちょっとちょっと?」

響「ネタが古いんだってば!」

918 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/02/02 23:08:11.04 ID:KhFc2GkAO

【ネクストコ○ン'sヒーント】

真美「ゆーたいりだつー」

律子「だからネタ古いのよ」

亜美「双子キャラの宿命だからね。ちかたないね」

真美「真美思うんだけどさ」

亜美「うん」

真美「ネクスト○ナン'sヒントって次回予告の後じゃなかったっけ?」

律子「私最近コ○ン見ないから……」

亜美「亜美この前見たコナ○未来少年だったし……」

真美「それはどうなのさ……」

919 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/02/02 23:19:54.44 ID:KhFc2GkAO

【次回予告】

絵理「響ちゃんだ、ボインにタッチ?」

絵理「えぇと……来週のまいっちんぐヒビキ先生は、『アイドルにアタック』って話」

絵理「いたずらじゃわたしの上行ってる真美ちゃんが、突然落ち込んじゃって、まるで幽霊みたいになっちゃった」

絵理「一体……どうしたんだ、って?」

絵理「それは来週わたしと一緒に響ちゃんにタッチしてみれば……わかる?」

絵理「尚この次回予告は次回本編と全く関係ありません」

響「ダメじゃん!」

絵理「今回は如月さんのメタ発言が少なくてよかった、ね」

響「絵理のその一言がかなり際どい気がしないでもないぞ」

絵理「それでは皆様、またふしぎの世界でお会いしましょう。あでゅー?」

響「adieu」

920 : ◆eYw0lnfieY[saga] 2015/02/02 23:21:08.85 ID:KhFc2GkAO

おわり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1412129548/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP