PickUp
スポンサード リンク
2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:01:11.25 ID:34heVXCs0.net

妹「…それで?」

兄「お前にはこれからデレツン妹を演じてもらう」

妹「なにそれ…嫌だけど」

兄「だめだダメだ駄目だ!そんなんじゃデレどころかツンとしても成り立っていない」

妹「えー…」

兄「いいか妹、まずはデレツンを目指すにあたってーー」

妹「というか何?もう始まってるの?」


※タイトルはあまり関係ありません悪しからず

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:03:16.34 ID:34heVXCs0.net

妹「でもさ、お兄ちゃん」

兄「なんだ?」

妹「ツンデレならまだわかるけど、デレツンってどんなの?ツンデレと何が違うの?」

兄「それはだな…」

兄「実はお兄ちゃんもよく分からないんだ」

妹「えー…じゃあダメじゃん」

兄「ま、待ってくれ!だからそれを二人で開拓していこうと!そういう話じゃないか!なあ?」

妹「えー…」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:05:15.16 ID:34heVXCs0.net

兄「しかし妹よ」

妹「うん」

兄「ここまで一つ分かった事がある」

妹「なに?」

兄「なんだかんだお兄ちゃんの話を聞いてくれてるあたり、デレの要素が垣間見える」

妹「…うるさいな」

兄「おお!?これがツンか!?」

妹「(…めんどくさ)」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:07:17.18 ID:34heVXCs0.net

妹「デレってそんな簡単な要素じゃないと思うけど」

兄「そうなの?」

妹「う、うん…」

妹「なんというか、えへへ…お兄ちゃん大好き///みたいなさ」

妹「そういうガッツリしたイメージ」

兄「なんだ、妹はお兄ちゃんのこと大好きじゃないのか」

妹「へっ?まあべつに…嫌いではないけど…」

兄「ふむ…」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:09:19.93 ID:34heVXCs0.net

兄「つーことは大好きでもないってこと?」

妹「まあ…そうだね、うん」

兄「からの?」

妹「大好きではない」

兄「といいつつも?」

妹「だから…」

兄「実はやっぱり?」

妹「今まさに嫌いになりそう」

兄「ごめん」

妹「はい」

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:11:25.53 ID:34heVXCs0.net

兄「お兄ちゃんは妹のこと大好きだよ」

妹「ありがと…気持ちだけ受け取っておくね」

兄「なんだその気の抜けた返事は!!」

妹「!?」ビクッ

兄「デレなら『えへへ…ありがと♡私もお兄ちゃんのこと大好きだよ♡』」

兄「ツンなら『ば、ばっかじゃないの!?キモい!出ていけ!変態!!(はわわわ好きって言われちゃった…///)』ってなるところじゃないのか!?」

妹「えー…そんなこと言われても」

兄「ダメだよそんなどっち付かずな反応じゃ!!もう全ッ然ダメ!!」

妹「なんで私怒られてるの…」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:13:07.31 ID:34heVXCs0.net

兄「お兄ちゃんに大好きって言われて何とも思わなかったのか?」

妹「ありがとって言ったじゃん」

兄「それは確かに」

妹「うん…」

妹「まあ嬉しくないわけじゃないけど、それ以上でもそれ以下でもない」

妹「それが正直なところ…かな」

兄「……」

妹「…なにか言ってよ!」

兄「あ、ごめん鼻ほじっててよく聞いてなかった」

妹「~~ッ!」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:15:11.39 ID:34heVXCs0.net

兄「なにも叩くことないじゃないか、それじゃボコデレだぞ」

妹「大好きな妹の前で鼻ほじるお兄ちゃんが悪い」

兄「うん、確かに妹の言う通りだ…ごめん。次からはちゃんとティッシュでかむから今回は勘弁してよ」

妹「いや、うん…まあいいや」

兄「とにかくお兄ちゃんボコデレは嫌いだ」

妹「なんで?」

兄「だって痛いじゃん」

妹「珍しく当たり前のこと言うね」

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:17:24.24 ID:34heVXCs0.net

兄「誰だって痛いことされたら嫌だと思うけどなぁ」

妹「それはでもまぁ、好きだからこそ照れ隠しでつい…とか色々あるんじゃないの?」

兄「ハッ!?」

兄「ということはさっき妹がお兄ちゃんを叩いたのも照れ隠しでつい…?」

妹「……」

兄「つまりお兄ちゃんに照れてる=お兄ちゃんに気があるってことだな!ファイナルアンサー!?」

妹「ドロップアウトで」

兄「そんなぁ~」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:20:01.81 ID:34heVXCs0.net

兄「でも実際ちょっとだけ照れ隠しした部分もあったでしょ」

妹「ないよ」

兄「いいや、お兄ちゃんには分かるぞ」

兄「俺が鼻ほじってて返事しなかったから恥ずかしくなって」

兄「本当にどうでもよかったら何も言わないけど、わざわざ『なにか言ってよ!』って」

兄「それって照れ隠しとちゃうん?」

妹「意地悪なお兄ちゃんは嫌い」

兄「ぐぬぬ…」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:22:12.96 ID:34heVXCs0.net

妹「そもそもお兄ちゃんが私のこと大好きなんて気持ち悪いこと言うからよくない」

兄「気持ち悪いとは失礼な!家族愛だよ、家族愛」

妹「自分で家族作って、その中で育めばいいじゃん」

兄「え、お兄ちゃんに結婚しろって?えげつないこと言うね~ハハッ☆」

妹「もう社会人になってしばらく経つんだし、その…見てくれだって悪くないんだから」

妹「候補の一人や二人くらい、いるんじゃないの?」

兄「うん、ごめん全くいない」

妹「…ふーん」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:24:19.74 ID:34heVXCs0.net

兄「ん?いまお兄ちゃんのことカッコイイって言ったよね?」

妹「言ってない」

兄「見てくれは悪くないって?」

妹「うん…見てくれはね、悪くないと思うよ」

妹「…たぶんね」

兄「そっかそっか~!お兄ちゃん見てくれ悪くないか~!」

兄「妹がそう言ってくれるんだから間違いないな!お兄ちゃん嬉しいよ」

妹「良いとは言ってないからね!」

兄「あ、照れ隠し?」

妹「……」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:26:13.96 ID:34heVXCs0.net

兄「あれ、もう叩かないの?」

妹「お兄ちゃんがボコデレは嫌だっていうから」

兄「おお、それはそれは…なんだか気遣ってもらっちゃって悪いね」

妹「べつに…」

兄「なら最初から叩かれるようなこと言うなって?」

妹「うん。分かってるなら尚更」

兄「ははっ、ごめんごめん」

妹「もー…」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:28:04.96 ID:34heVXCs0.net

妹「ふぁ…」

兄「もうこんな時間か~、そろそろ寝るかい?」

妹「んー…」

兄「遅くまで下らない話に付き合わせちゃって悪かったね」

妹「ホントだよ…」

兄「もしかして怒ってる?まあまあお兄ちゃんの相手してくれた代出すからさ!深夜加給付きで!」

妹「べつに怒ってないしいらない」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:30:08.67 ID:34heVXCs0.net

兄「ほんとに?何もいらないの?」

妹「うーん…じゃあアイス食べたい」

兄「こんな時間にアイス?太るぞ~」

妹「うるさいっ!いいから早く取ってきて!」

兄「は、はひぃっ!すぐお持ちしま~すっ」

妹「カップじゃなくて棒のやつがいい!」

兄「はいよ~」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:32:08.44 ID:34heVXCs0.net

兄「おいしい?」

妹「うん」

兄「いや~しかし、妹も大きくなったよなぁ」

妹「どうしたの?急に…」

兄「俺が仕事始めてもう何年も経つんだもんな、そりゃ妹も歳とるわけだ」

妹「歳とるったってまだ高校生になったばっかりだよ、失礼だな」

兄「こうして二人でアイスなんか食べてると、昔を思い出すなぁと思ってさ」

妹「昔…?」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:34:28.81 ID:34heVXCs0.net

兄「昔はよく『お兄ちゃん大好き!大きくなったらお兄ちゃんと結婚する!!』なんて言って」

妹「当時はまだ結婚制度について知らなかったからね」

兄「そういう問題…?まあいいや、とにかく昔はどっか行く度何かする度お兄ちゃんの後ろトコトコついてきてさ、可愛かったんだよ」

妹「今だって可愛いよ」

兄「えっ、それ自分で言っちゃう!?」

妹「ううん、お兄ちゃんが思ってそうなことを言ってみただけ」

兄「さすがは我が妹よ…全てお見通しというわけだ」

妹「まあねっ」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:36:23.57 ID:34heVXCs0.net

兄「あとあれだ!頭なでられるの好きだったよなぁ~いつもナデナデしてた記憶がある」

妹「……」

兄「まぁさすがにそれは今はもうやらないよ、そんな子供っぽいことされたら嫌でしょ?」

妹「…べつに」

兄「ん?それはしたいならすればってことでいいの?それとも是非してくださいお兄様ってこと!?」

妹「どちらかというと前者」

兄「うん、知ってたから大丈夫。じゃあ遠慮なく」

ナデナデ

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:38:15.03 ID:34heVXCs0.net

兄「お前相変わらず髪の毛ふわふわしてるな」

妹「……ありがと」

兄「やけに素直だなぁ」

妹「なんで?」

兄「いやなんでって言われても…逆になんで?」

妹「確かにお兄ちゃんに頭なでられるのは好きだったし、今も嫌ではない」

兄「そ、そうか…そう改めて言われるとなんだか照れるな///」

妹「お兄ちゃんが照れてどーするの…」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:40:09.82 ID:34heVXCs0.net

兄「にしても、結局デレツンってどういう感じなんだろうな」

妹「やっぱり分からなかったんだ」

兄「面目ない、妹よ…」

妹「仕方あるまい…」

兄「妹もデレツン妹わざわざ演じてくれてありがとな」

妹「え?う、うん」

兄「久々に妹と話したり頭なでたりできて嬉しかったよ」

妹「そう…良かったね」

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:42:13.53 ID:34heVXCs0.net

兄「でもさ、妹」

妹「どうしたの?」

兄「一生懸命協力してくれた妹には申し訳ないんだけど」

兄「普段の妹と何がどう違ったのかまったく分からなかったよ…」

妹「うん…だってべつに演じてないし」

兄「あぁそっか、それなら仕方ないーーって…え?」

妹「(本当に気付いてなかったんだ…)」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:44:10.28 ID:34heVXCs0.net

兄「なんだ~、じゃあ最初からなんてことない妹だったわけだ」

妹「そうだよ、なんてことなくてごめんね」

兄「あっ…いやいやそういう意味じゃなくてですね…」

妹「ふんだっ」

兄「ごめんって~…プリン買ってあげるから機嫌直して?ね?」

妹「さっきアイス食べたからいらない」

兄「ふぇぇ…」ジワ

妹「涙目になってもだめ!」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:46:17.28 ID:34heVXCs0.net

兄「ん?でも待てよ?」

妹「今度は何…」

兄「だとすると、さっきお兄ちゃんのこと嫌いではないとか」

兄「見てくれは悪くないとか頭なでられるの好きってこととか」

兄「それも本当だってことになるんじゃないのか!?」

妹「だからそう言ってるのに…」

兄「ハッハッハ!!なんだなんだそうか!妹は今も昔も変わらず素直で良い子だなぁ~このこの★」

妹「嬉しくない!それと気持ち悪い!」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:48:13.29 ID:34heVXCs0.net

兄「お兄ちゃん今回の一件でよく分かったよ」

妹「何が?」

兄「団地で暮らしてた頃はさ、部屋も何もないから二人で食べて遊んで寝て、ずっと一緒だったけど」

兄「妹も年頃になるからそれじゃマズいよなってことで、今のマンションに引っ越したわけだ」

兄「当然部屋も別々になって、俺も大学生、社会人になってからは家に帰らないってことも多くなった」

妹「その話長くなりそう?ねむい…」

兄「もうちょっと辛抱して!><」

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:50:17.17 ID:34heVXCs0.net

兄「要するに、お兄ちゃんと妹がいつの間にか疎遠になってるような気がしたんだよ!」

妹「うん…まあ」

兄「妹はそこんとこどう思う?」

妹「確かに…だってお兄ちゃん帰ってこないんだもん」

兄「妹ももうちょっとすると分かると思うけどさ、大人になると色々あるんだよ~…付き合いとは名ばかりのパワハラにアルハラ、その他諸々…」

妹「ふーん…お兄ちゃんも大変なんだね」

兄「おっ、分かってくれる!?俺だって早く帰って家族との時間を大切にしたいってのにまったく」

妹「でも飲んでフラフラになって帰ってくるお兄ちゃんのことは嫌いだった」

兄「oh…」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:52:15.16 ID:34heVXCs0.net

兄「とにかく、妹が今も昔も変わってなくて安心したよ」

妹「なにそれ…変なの」

兄「何て言えばいいんだろうな…うまく言葉にできないけど、お兄ちゃんは嬉しいぞ」

妹「デレツンじゃないけどね」

兄「やっぱりお兄ちゃんはデレツンよりも、ありのままで素直な妹のことのほうが好きだな」

妹「…うん」

兄「あーっ!照れてる!?ねえ照れてるの!?」

ゲシッ

兄「いってぇぇぇええーーっ!!!」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:54:34.16 ID:34heVXCs0.net

妹「一言多いんだよ、いつも…」

兄「すみませんでした…」シュン

妹「…くすっ」

兄「?」

妹「まったく…お兄ちゃんも昔から全然変わってないね」

兄「はい、いつまでたってもまるで成長してないってよく言われます…」

妹「でもね、そんなお兄ちゃんのこと私はーー」

兄「見た目は大人!頭脳は子供!!その名は!?!」

妹「(聞いてないからいいや)」

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:56:33.16 ID:34heVXCs0.net

兄「さてと、じゃあいい加減に寝ますかね」

妹「ねえお兄ちゃん」

兄「どうした?さてはお前、お兄ちゃんと一緒に寝……!?」

妹「いやそれはない」

兄「ごめん知ってて言った」

妹「はいはい…でも、話くらいだったらいつでもしていいからね」

妹「私、遊んでくれるお兄ちゃんは好きだよ」

37 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 22:58:14.85 ID:34heVXCs0.net

兄「な、なんとっ……!?」

兄「そういうことなら毎日話したって話し足りないくらいだよ!お兄ちゃんこう見えても喋りは得意だから!」フンス

妹「毎日はちょっといいかな」

兄「まあまあそう言いなさんなって!なんならお兄ちゃんの話一回につきデザート一個進呈します」

妹「なるほど…前向きに検討します」

兄「さすが我がマイシスター!話が分かるゥ~↑」

妹「どやっ」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:00:22.95 ID:34heVXCs0.net

兄「それじゃあ、続きはまた明日だな」

妹「うん」

兄「夜更かししたからって、寝坊しちゃだめだぞ?」

妹「お兄ちゃんと違って私は良い子だからしませ~ん」

兄「確かにそれもそうか、妹はいつだって良い子だもんな」頭ポン

妹「へへ…」

兄「(今まで気にしてなかったけど、よく見ると全然変わってないんだな…嬉しいときの顔)」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:02:31.88 ID:34heVXCs0.net

兄「寝るときはちゃんと電気消してから寝るんだぞ~?あとエアコンつけっぱも禁止!」

妹「分かってるってー…」

兄「もし破られてたら容赦なく寝込みドッキリするから覚悟するように」

妹「鍵かけとくから大丈夫」

兄「しまった、その手があったか…とまあこんな話してるとキリがないからもう寝よう!そいじゃおやすみ!」

妹「あっ…」

兄「どーした?まだ何かある?」

妹「……」

妹「おやすみ、お兄ちゃん」ニコッ

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:03:15.85 ID:M9gI9Ye+0.net

このままヤれ!やってしまえ!

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:05:05.92 ID:34heVXCs0.net

~次の日~


兄「ただいまー!妹いるかー!?」

ガチャ

妹「わっ!部屋を開けるときは普通ノックするでしょ!」

兄「あっ、そうだった忘れてた…ちなみに俺の部屋に入るときはノック不要だから勝手に入っていいよ」

妹「聞いてないしそういう問題じゃない!」

兄「いまだに自分の部屋があるって環境に慣れなくてな…次から気を付けます」

妹「分かればいいけど…それで?何の用?」

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:07:38.44 ID:34heVXCs0.net

兄「そうそう!今日会社の同僚から聞いたんだけど、どうやら世間では干物妹ってのが流行ってるらしいぞ!!」

妹「…それで?」

兄「お前にはこれから干物妹を演じてもらう…と言いたいところだけど、今日はそうじゃないんだ」

妹「ふんふん」

兄「同僚いわくアニメがやってるらしいから、それを妹と一緒に見ようと思って」

妹「なるほどね、それならいいよ」

兄「ちなみに漫画も借りてきた」

妹「ずいぶん用意周到だね…」

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:10:05.94 ID:34heVXCs0.net

兄「よ~しそうと決まれば早速ーー」

妹「待って、お兄ちゃん」

兄「なんだい?マイシスター」

妹「その前に私プリン食べたい」

兄「ふっふっふ、そうくると思ったよ…」

妹「何、まさか読まれている…?」

兄「なんとですね、そのまさかです!」

47 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:12:40.03 ID:34heVXCs0.net

兄「お兄ちゃんの話一回につきデザート一個進呈キャンペーン、初回はプリンをご用意させていただきました!!」

妹「いぇーい!!」

兄「FOOOOOOOO‼︎‼︎‼︎‼︎‼︎↑↑」

妹「さっすがお兄ちゃん!大好き!!」

兄「…一応聞いとくけど、お兄ちゃんが大好きなんじゃなくてプリンが大好きって意味だよね?」

妹「そうだよ?分かってるなら早く取ってきて!」

兄「は~い……」トボトボ

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:15:02.63 ID:34heVXCs0.net

妹「あ、やっぱり訂正」

妹「プリン買ってくれるお兄ちゃんのことも大好きだよ!えへへっ」

兄「……」

兄「ま、それでもいっか…」

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/09/14 23:17:27.70 ID:34heVXCs0.net

兄「はい、持ってきたよ~」

妹「え?容器ごと?プッチンは?」

兄「それくらい自分でやれし」

妹「えー…プッチンしてくれないお兄ちゃんは嫌い」


兄「(やっぱり素直な妹よりもデレツンな妹のほうが理想に近い気がする……)」


おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1442235609/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP