PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:45:41.40 ID:LQdAYDjo0

小鳥「先日、社長が遠くの町でアイドル候補生をスカウトしたらしいですね」

P「俺も聞きましたよ。我が事務所13人目のアイドルということになりますね」

小鳥「個性派揃いの765プロにまた新しいキャラが生まれるのでしょうか?」

P「俺個人としては、平凡なアイドルといいますか…こういう言い方するのも変ですけど、普通な感じの女の子もいいと思うんです」

小鳥「あっ、分かります!ちょっとおっちょこちょいで、どこにでもいる、リボンつけた感じみたいな…」

P「そんな感じです。ある意味王道ですよね」

小鳥「ですね」


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:46:00.48 ID:LQdAYDjo0

小鳥「それで、今日はそのアイドル候補生さんが面接に来るんですよね?」

P「はい。社長の推薦なので、面接と言うほどではありませんが、軽くお話を…」

P「『見てのお楽しみだよ!キミィ!』ってことで、アイドルについてまだ何も知らされて無いんですよ、俺」

小鳥「私も同じことを。あ、でも、軽いプロフィールなら教えてもらいましたよ」

P「ぜひ教えてください」

小鳥「確かメモが……あっ、ありました」

小鳥「なになに…?どこにでもいるような女の子、だけど他の子と明らかに何かが違う」

P「素質があるということですね」

小鳥「チャームポイントは赤いリボン。可愛らしい表情にもアイドルの原石をみた…とのことです」

P「ズバリじゃないですか!これは期待できそうですね!」

小鳥「私も期待で胸が高鳴りま…」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:46:30.73 ID:LQdAYDjo0

コンコン

P「来ましたよ!」

小鳥「私、ドア開けてきます!」タタタ


ガチャ

小鳥「こんにちは、765プロへようこそ!!」













「ぽえーん。」

小鳥「えっ」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:47:04.72 ID:LQdAYDjo0

小鳥「えっ、ちょ」

「ふろあがりは しわが のびちじみするです。」

P「小鳥さん!立ちっぱなしにさせないで、早く座ってもらって…」

「ありがたいです。」











P「えっ」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:48:15.92 ID:LQdAYDjo0

──────

P「えー、では今日はよろしくお願いします」ペコリ

小鳥(何普通に馴染んでるんですか!?)ヒソヒソ

ひ(いや、社長のティン!は意外に期待できますし)ヒソヒソ

小鳥(そ、そうでしょうか…?もはや、人ではないような気も……)ヒソヒソ

P「まずはお名前を…」

「じぶんは どせいさんと いうものですよ。」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:48:44.14 ID:LQdAYDjo0

P「ほほう、どせいさんさん…」

P「ん?名前は『どせい』?」

どせいさん「どせいさんは どせいさんでござます。ぷーぷー」

P「うーん?」

小鳥「芸名みたいなものじゃないでしょうかね?」

P「なるほど」

8 : >>5誤字[saga] 2015/09/11 23:51:10.19 ID:LQdAYDjo0

小鳥(でも…チャームポイントの赤いリボンはともかく…表情って!?)

小鳥(表情というかほぼ顔……言い方悪いけど、生首みたいな…)

小鳥(性別も女の子…?っていうかどっちか分からないくらいだし…私、すっごく不安)

P「えー、ではアイドルを目指すきっかけは?」

どせいさん「しらないで ごじます。」

小鳥(ティン!大ハズレじゃないのっ!!!)

P「な、なるほど。出身はどちらで?」

どせいさん「ちずがあるです。やるです。」

P「これはどうも。ほう、サターンバレー…外国でしょうか?」

どせいさん「ぐんまけん!」

小鳥「群馬県!?!?」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/09/11 23:51:28.59 ID:mbxoD/Wr0

どせいさんはああ見えて器用だからな

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:51:33.62 ID:LQdAYDjo0

P「特技などはありますか?」

どせいさん「はなを つかまれると くしゃみが でるです。」

P「そうなんですか?では、少し失礼して……」プニ

どせいさん「……」

どせいさん「へーき へーき。」

小鳥(平気なの!?)

P「では最後に、何か一言あればどうぞ」

どせいさん「こーひーを のんでってください。はいですか? いいえですか?」


11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:52:02.47 ID:LQdAYDjo0

P「うーん、さっき飲んだからなぁ。小鳥さん、コーヒー飲みます?」

小鳥「私もお仕事がいっぱいなので…」

どせいさん「たまには いいじゃ ありませんか。」スッ

小鳥「そ、そうですか。では一杯だけ」ゴクリ

小鳥「……」

小鳥「お、美味しいっ!」

どせいさん「どやどや。みーん みーん。」

P「へぇ、隠し味に何か使ってるんですか?」

どせいさん「ずっきーに。」

小鳥「ズッキーニ!?!?!?!?」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:52:33.24 ID:LQdAYDjo0

小鳥「それで、どうするんですか?」

P「まずは候補生として様子を見ることにします。ついでに事務所の皆にも紹介するので、全員呼んでもらえますか?」

小鳥「わ、わかりました…」


──────


P「…ということで、皆と同じアイドル候補生のどせいさんだ。仲良くしてくれよー」

千早「……」

真美「なんか大物が来たっぽいよ……」ゴクリ

雪歩(な、仲良くできるかなぁ…)ドキドキ

どせいさん「たんぼ。」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:54:03.76 ID:LQdAYDjo0

◆こうして、どせいさんは765プロアイドルとして活動を始めるのであった

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:54:55.50 ID:LQdAYDjo0

──────

雪歩「うっ…ひっぐ…うぅぅ…」ブルブル

雪歩(今日は小さい村だけど、折角のミニライブ…)

雪歩(それなのに、私は男の人が苦手なばっかりに皆に迷惑ばっかりかけて…)

雪歩(私なんて…私なんて…)グスッ

ガラッ

雪歩「!! 誰…?」

どせいさん「むぎちゃ。」

雪歩「ど、どせいさんちゃん!!」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:55:21.21 ID:LQdAYDjo0

雪歩(どせいさんちゃんとは、まだあまり話したことがないけれど…。でも、私の話を聞いてくれそうな気がする…)

雪歩「あのね、どせいさんちゃん、私…今日のミニライブ、すっごく不安なんだ…」

雪歩「皆が頑張ってるのを見て、私も頑張らなくちゃ!って思うんだけれど、私…ダメダメだから…」

雪歩「どせいさんちゃん…。私、どうしたらいいのかなぁ?」

どせいさん「……」

どせいさん「やめたいときは やめるといい。」

雪歩「!!!」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:55:50.30 ID:LQdAYDjo0

雪歩(どせいさんちゃんもきっと、私のダメダメっぷりに気づいてるんだ…。うぅ…もう諦めちゃった方が…)グスッ

どせいさん「あー もー…。ほんとにー! にこにこ。」

雪歩「えっ……」

雪歩(そうだ…私、ここに来てから全然笑ってない…。嫌な事ばっかり考えてたから…)

雪歩(もしかして…!どせいさんちゃんは私に笑って、ライブを楽しんでって伝えたかったんじゃ…ううん、きっとそう!)

雪歩「ありがとう!私、頑張れる気がする!いっぱい、楽しんできますぅ!」タタタ

イェェェェェェエェェィ!!!

どせいさん「ぽえーん。」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:56:18.30 ID:LQdAYDjo0

──────

やよい「今日はもやし祭りの日なんですよー」

どせいさん「えーなー。」

やよい「だから、どせいさんさんに買い物を手伝ってもらえて、すっごく嬉しいかなーって」

どせいさん「まかせとけ。」

やよい「えへへ、ここのスーパーです!もやしは……あっ!売り切れです…」

やよい「どうしよう…みんなすっごく楽しみにしてたのに…」シュン

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:56:46.47 ID:LQdAYDjo0

どせいさん「できるます。うったり かったり どせいさんです。どんなよう?」

やよい「え…?じゃ、じゃあもやしありますか?」

どせいさん「もやしですね。だれがもつ?」

やよい「私が持ちますよー」

どせいさん「どうぞです。」スッ

やよい「あっ、これってどせいさんさんの住んでる所のもやしですか?」

どせいさん「たすかると いいです。みーん みーん。」

やよい「うっうー!すっごく助かりますー!どせいさんさんも、ぜひウチに来て下さい!一緒にもやし祭りですー!」

どせいさん「いくぜです。」

やよい(どせいさんさんって、気が利いてとーっても優しい人かなーって…えへへ!)

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:57:20.57 ID:LQdAYDjo0

──────

響「うぅ…なんでガケから落ちちゃったんだ…」

響(スタッフの人はいないし、ハム蔵もどこか行っちゃうし…自分、本当にひとりぼっちになっちゃった…)

響「……怖いよう…」グスッ

ザッ

響「!! まさか…ハム蔵!ハム蔵なのか!?」

「……」

どせいさん「おしのびです。」ヌッ

響「どせいさん!?」

響(なんか、ほっかむりしてる…)

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:57:50.47 ID:LQdAYDjo0

パカラッ パカラッ

響(…ちゃぶ台が4足歩行してる様な乗り物に乗ってるけど…なんだコレ…?)

どせいさん「『のりものです』です。ごじゆうにつかえ。おべんじょ。」

響「おべんじょ!?」

響「…でも、ありがとね。どせいさん」

響「今日は朝からハム蔵達とケンカしちゃったし、ちょっと寂しかったんだ」

響「もう…何でハム蔵達は怒ってたんだろ…?」

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:58:17.53 ID:LQdAYDjo0

どせいさん「てんじょう みてるです。なみだがこぼれるです。」

響「天井……涙…?」

響「!!」

響(もしかして…ハム蔵達は自分がいないから、寂しかったんじゃないのか…!?)

響(今思うと、最近は仕事が忙しくてみんなと過ごすことも少なかった…)

響(もしかして、どせいさんはそれを伝えるためにわざわざ…!?)

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:58:57.68 ID:LQdAYDjo0

どせいさん「ぼくもです。ぽえーん。」

響「えっ…どせいさんも自分と会えないのが寂しくて…!?」

響(そ、そうだ。自分、どせいさんともあまり話をすることがなかった…)

響(それなのに…どせいさんは……!こんな自分のことを…!)グスッ

どせいさん「こわかったけど もう こわくない。」

響「うん!もう何も怖くないさー!どせいさんのおかげで大切なものがわかったから!!」

響「早く収録現場に戻らなきゃ!」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:59:26.14 ID:LQdAYDjo0

黒井「765プロのアイドルは遠くに捨ててきたんだな?」

スタッフ「少なくとも、走って戻ってこれる距離ではありませんが…」

黒井「十分だ。ククク…悔しがる高木の顔が目に浮かぶ…!」

パカラッ パカラッ

黒井「ん」

響「はいさーい!我那覇響、今戻りました!」

黒井「!?!?!?」

黒井(ななな何だ!あの、ちゃぶ台が4足歩行してる様な乗り物はぁぁ!?!?)

どせいさん「ふー。」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/11 23:59:52.49 ID:LQdAYDjo0

──────

伊織「だーかーらー!真が速すぎるのがいけないのよ!」

真「ボクは普通だよ!伊織が遅いんだってば!」

雪歩「二人とも、喧嘩は…」

伊織・真「雪歩はだまってて!!」

雪歩「ひぅぅぅ…」

どせいさん「みんな なかよく。みなのしゅう です。」

伊織「どせいさん!アンタどういうつもりよ!この伊織ちゃんに口答えする気!?」

どせいさん「ふー。こっちを みるです。」

伊織「な、何よ…」

どせいさん「ゆかに みずまくか。まかないか。かんそう してるです。」

伊織「はぁ…?」

25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:00:23.60 ID:VAwcrKfR0

真「!!」

真「伊織、どせいさんはおそらくこう言いたいんじゃなかったのかな」

真「ボク達がケンカをしていると765プロ全体のモチベーションが下がり…みんなの心が渇いてしまう」

真「ボク達はこんなことで躓いてる場合じゃない。トップアイドルを目指すために、ここは力を合わせないと…」

伊織「どせいさん、アンタ……!」

どせいさん「まかせとけ。」

伊織「……っ。行くわよ!真!」

真「うん!」

どせいさん「どやどや。」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:00:50.30 ID:VAwcrKfR0

──────

千早(もう、歌えない私なんて……)

ピンポーン

千早「……」

千早「……誰?」

どせいさん「かべ。」

千早「……」


27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:01:33.58 ID:VAwcrKfR0

千早「どせいさんでしょう?もう…私のことは放っておいて…」

どせいさん「はいはい。だめで ごじます。」

千早「!?」

どせいさん「こわくないったら こわくないー。」

千早(……)

千早(分かってる、私が強かったら…こんなことにならなかったことも…。でも私は……)

どせいさん「そらは おなじです。」

千早(!!)

千早(…そうよ!優だって…この空の下、私を見守っているはず…。それなのに…私は……!)グッ

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:02:01.50 ID:VAwcrKfR0

千早「ど、どせいさんっ!」

カタン

千早(…え…?封筒…?)

千早「手紙が……」スッ


『あらまっちゃん

 でべその

 ちゅうがえり。

 ふんが ふんが ふんが。』


千早「……?」

千早「あ、CDもついてる…」

ピッ


『テッテッテッテッ テッテテー♪

テッテッテッテッ テーテッ♪』


千早「????」

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:02:51.49 ID:VAwcrKfR0

──────

P「……ついにニューイヤーライブの日がやって来たな」

P「今のお前たちにふさわしいステージをようやく用意する事ができたよ」

律子「本当にお疲れ様です、プロデューサー」

美希「このライブも、ハニーのおかげなの!」

P「ありがとう。でも、俺は知ってるぞ。本当に頑張ってくれたのは……」

P「どせいさん、お前だろう?」

どせいさん「しらないで ごじます。」

貴音「照れなくても良いではありませんか」

千早「そうよ。行き詰った私を…サターンバレーのテーマで救ってくれたのもあなたじゃない」

あずさ「あれは素敵なライブだったわねぇ」

どせいさん「ぽえーん。」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:03:22.54 ID:VAwcrKfR0

亜美「もー!どせーさんってば、困った時に『ぽえーん』で済ませちゃだめっしょー!」

真美「そうだよー!なんかゆきぴょんが言いそうなセリフじゃーん」

雪歩「え、えぇっ!?私が…?」

アハハハハ

P「よし、そろそろだ。思う存分楽しんで来い!」

「「はいっ!」」

どせいさん「ぽてんしゃる!」



ワァァァァァァァ!!!!



──────
────

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:03:53.75 ID:VAwcrKfR0

P「ふぅ……」

小鳥「プロデューサーさん、元気出してください」

P「おっと、そうですね。こんな姿を見られたら笑われてしまいますよね」

小鳥「どせいさんちゃん…どこに行ってしまったんでしょうね…」

P「……」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:04:46.73 ID:VAwcrKfR0

P「ニューイヤーライブ直後に置いていった手紙…これが最後になるとは思いませんでしたね」スッ


『しゃかんするです。


 しゃかんするです は

 まつがいです。

 かんしゃするです です。


 かんしゃするです です。

 さらば さらば。』


小鳥「……最初に出会った時は、変わった子だと思いましたけど…いなくなると寂しいですね」

P「えぇ、アイドル達も同じ気持ちですよ。勿論、俺もです…」

小鳥「変わった言葉で話して…それが特徴的で可愛くて」

P「気が付けば、俺達もファンもどせいさんの虜でしたね。あの日々が、まるで夢のようです…」

小鳥「……」グスッ

P「……」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:05:12.46 ID:VAwcrKfR0

コンコン

小鳥「は、はい」タッ

ガチャ

小鳥「!!!」

小鳥「プ、プロデューサーさんっ!!!」

P「?」

「は、はじめまして!私、今日からここでお世話になる……」

P「君は……!!!」

春香「天海春

P「どせいさんっ!!!」ダキッ

春香「はるか……って、えぇぇぇぇぇぇ!?!?」

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:05:39.26 ID:VAwcrKfR0

小鳥「どせいさんちゃん……おかえりなさい…!」グスッ

春香「ちょ、ちょっと、何のことだか…私は天海春

P「隠さなくていいんだ!どせいさん!!姿が変わっても…俺達には分かるよ!」

小鳥「そうよ!頭につけた…その、赤いリボンが!!何よりの証拠よ!」

春香「り、リボンですか?これは、私…個性が少ないって言われるので、ちょっとでも特徴があればなーって…」エヘヘ

P「個性がない!?何を言ってるんだ!」

小鳥「そうよ!コーヒーにズッキーニを入れたり、ちゃぶ台に乗っているあなたのどこが無個性なの!?」

春香「ズッキーニ!?ちゃぶ台!?」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:06:13.94 ID:VAwcrKfR0

P「さぁ!今すぐ765プロオールスターライブの準備を!小鳥さん!」

小鳥「任せてください!新たに生まれ変わったどせいさんちゃんを早く披露しないと…!」

春香「ライブ!?私、今日来たばかりですよっ!?」

P「大丈夫だ!お前の実力は俺のお墨付きだよ!!」

春香「だ、だから!その、どせいって人知らないんですってば!!私の名前は天海春

小鳥「プロデューサーさーん!明日でいいですか!?」

P「いくぜです。」グッ

春香「えええええぇぇぇぇぇぇ!!明日っ!?いけませんよ!?!?」

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:06:42.97 ID:VAwcrKfR0

──────
────

ワァァァァァァァ!!!!

千早「ずっと…ずっと待ってたのよ…!どせいさん…!!」

真「絶対に帰ってくるって信じてたよ」

雪歩「おかえりなさい、どせいさんちゃん」グスッ

やよい「おかえりなさい!」

春香「………どうも…」

律子「ほーら、元気出して」

真美「どせーさんらしくないっしょー?」

美希「もしかして、久しぶりだからキンチョーしてる?あはっ☆」

春香「……初めてです…」

37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:07:22.70 ID:VAwcrKfR0

響「自分、ちゃぶだいに乗せてもらった事…忘れないからな!」

貴音「これからも楽しい時間を共に過ごしましょう」

あずさ「あらあら、これからが楽しみね~」

春香「……アハハ…」

伊織「ほら、ファンのみんなも!せーのっ!」


\どせいさーん!!!!!/


亜美「んっふっふー、どせーさん!いつものあれ!やるっきゃないっしょー?」

春香「………ハイ」

春香「……」スゥゥゥ

春香「ぽ……」







春香「ぽえ──────────ん!!!!!!!」シクシク


ワァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!


END

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/09/12 00:09:15.67 ID:VAwcrKfR0

どせいさんのセリフは全てゲームからそのまま引用しました。

ありがと ごじました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441982741/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP