PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/08/22 20:45:54.08 ID:p6rxXx1uo

私の名前は佐久間まゆ。
運命の人であるPさんを守るため、左手限定で改造人間となった正義のアイドルです。
繋ぎ目はおしゃれに隠すのが乙女のたしなみ。
今日もPさんの平和はまゆが守ります!


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:46:48.52 ID:p6rxXx1uo

・親指はギャング並の味覚

藍子「プロデューサーさん、お紅茶が入りました」

P「ああ、いつもありがとうな、藍子」

まゆ「Pさぁん、ちひろさんが相談したいことがあると……」

P「お、そうか。じゃあ少し行ってくるよ」

藍子「……」

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:47:21.56 ID:p6rxXx1uo

一見ただの差し入れに見えますけど……
少しお行儀が悪いですが左手の親指を紅茶に浸します。
センサーが作動し液中の成分が分析され……紅茶以外の成分を検知しました。

まゆ「藍子さん」

藍子「何でしょうか」

まゆ「この味は、睡眠薬の味です……」

藍子「な、何のことで」

まゆ「出して」

藍子「はい……」

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:48:01.11 ID:p6rxXx1uo

聞けばろくに休みも取らず働き詰めのPさんが心配で、強制的に眠らせようとしたとのこと。
心配はもっともですが業務中は駄目だし、薬を盛るなんてもっての外だと言い含めておきました。

P「まゆ~、ちひろさん別に相談したいことなかったみたいだけど」

まゆ「あれ、そうでしたかぁ?」

P「まあそれはいいんだが……あれ、紅茶は」

まゆ「ああ、それなら冷めてしまったので……」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:48:28.78 ID:p6rxXx1uo

まゆ「ま ゆ が 淹 れ な お し て お き ま し た よ ぉ」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:49:05.28 ID:p6rxXx1uo

今日もPさんの平和を守ることができました!

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:50:00.70 ID:p6rxXx1uo

・とある科学の超電磁人差し指

P「ただいま戻りましたー」

きらり「おっつおっつ!」ダダッ

まゆ「!」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:50:58.59 ID:p6rxXx1uo

諸星きらりさん、多少キャラを作っている感じがするものの至っていい子、なのですが……

きらり「Pちゃんお疲れだにぃ☆いっぱいはぴはぴすゆー!☆」ギュウウウウ

P「あ、ちょ、きらり、入ってる、いいとこ入っちゃってるから……」トントントン

少し力を持て余し気味なんですよねぇ。こういう時もまゆの左手が役に立ちます。

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:51:56.41 ID:p6rxXx1uo

まゆ「スタンモード起動、電磁圧チェック、オールグリーン」

人差し指に青白い光が灯ります。

まゆ「きらりちゃぁん」バチィ

きらり「ビリっときたぁー!?」バタン

まゆ「まったく、世話が焼けますねぇ……Pさん、大丈夫でしたかぁ?」

P「あ、ああ。ちょっと意識が飛びかけたけどなんとか平気だ」

今日もPさんの平和を守ることができました!

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:52:26.13 ID:p6rxXx1uo

まゆ「Pさん、立ち上がれますかぁ。まゆの手をとってください」

P「ああ、ありがビリっときたぁー!?」バタン

まゆ「……スタンモードを切り忘れていました」(・ω<)

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:52:52.70 ID:p6rxXx1uo

・中指プラグイン!まゆEXE、トランスミッション!

P「最近PCが重くなることがあるんだよな」

まゆ「ウイルスですかぁ?」

P「一応セキュリティソフトは入れているんだがな……おっと、そろそろ出かけなくちゃ」

まゆ「気をつけて行って来てくださいねぇ」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:53:32.90 ID:p6rxXx1uo

まゆ「……さて」

中指の第一関節を取り外すとUSB端子が現れます。
それをPさんのコンピュータに接続。

まゆ「ウイルスは……いませんねぇ」

継続して走査をかけていきます……かかった。

まゆ「ハッキングですかぁ。お行儀の悪い子は躾けないといけませんねぇ」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:54:46.01 ID:p6rxXx1uo

その頃どこかで

??『嘘、逆探知!? 私の集めた情報が消えていくですって!』

??『この事務所、ただの零細企業かと思っていたのに……一体何なのよ!』

??『こうなったら潜入捜査しかないわね』

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:56:12.81 ID:p6rxXx1uo

翌週

P「今日から君らの仲間になる八神マキノさんだ」

マキノ「……よろしく」

まゆ「よろしくお願いしますねぇ……諜報員さん」

マキノ「なっ、貴女まさか」

まゆ「うふふふふふふ」

今日もPさんの平和を守ることができました!

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:56:55.43 ID:p6rxXx1uo

・左手メンテナンス

晶葉「ふむ、そこまで酷使はしていないようで安心したぞ」

まゆ「晶葉ちゃんが丈夫に作ってくれたお陰ですよぉ」

晶葉「まあ軽いパーツの交換は行わせてもらうよ。何か追加したい機能はあるかね」

まゆ「ん~、そうですねぇ……」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:58:05.67 ID:p6rxXx1uo

回想

P「やっぱドリルと自爆とロケットパンチは男の浪漫だよなあ」ポチポチ

まゆ「Pさぁん、密林で何買ってるんですかぁ」

P「グ○ンラガンとウイン○ゼロとマジン○ーZなんて買ってないぞ」

回想終

21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:58:51.94 ID:p6rxXx1uo

まゆ「ロケットパンチとドリルをつけてください」

晶葉「君は何と戦う気なんだね」

まゆ「あ、あと自爆も」

晶葉「できるわけがないだろう!」

明日からもPさんの平和を守ることができます!

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 20:59:36.93 ID:p6rxXx1uo

・進撃の薬指

今日は舞台の稽古に来ています。

まゆ「うふふ、Pさぁん、しっかり見ていてくださいねぇ」

やっと掴んだ大きな役です。しっかり成功させなくちゃ!

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/22 20:59:57.83 ID:f13Zw/yuO

愛の力で撃つサイコガンもつけようず

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:00:14.19 ID:p6rxXx1uo

P「おつかれ、まゆ」

まゆ「Pさぁん、お疲れ様です」

P「スポドリ買ってきた」

まゆ「ありがとうございます」

スタッフ「そろそろ休憩終わりにしまーす」

P「おっと、俺は引っ込まないとな」

まゆ「Pさん危ない!」

P「えっ」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:01:26.55 ID:p6rxXx1uo

落ちていく。Pさんが、奈落に。
左手を思い切り伸ばしますけれど、届かない。

まゆ「届いてええええええ!!」

その時、まゆ自身忘れていた機能が発動しました。
薬指の第一関節が外れると、猛烈な勢いで射出されます。その付け根には薬指から伸びたワイヤーが。

P「うわっ、なんだこれ!」

まゆ「今引き上げますからぁ!」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:03:20.60 ID:p6rxXx1uo

Pさんをグルグル巻きにしてようやくワイヤーの射出は止まりました。
周りの人はまゆがワイヤーを放ったくらいにしか思っていないようですが、どうしよう、Pさんにはバレましたよね、これ。
今日もPさんの平和を守ることができました、けれど……

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:04:54.48 ID:p6rxXx1uo

・こゆビームでめでたしめでたし?

P「まゆ、お前……」

まゆ「ごめんなさい、今まで隠していましたけど実はまゆの左手は機械なんです」

P「……」

まゆ「こんな女の子、気持ち悪いですよね」

P「そんなことはないぞ!」

まゆ「えっ」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:05:29.29 ID:p6rxXx1uo

P「左手が何であろうとまゆはまゆだ。トップアイドルになる女の子だ。何ら変わることはない」

まゆ「Pさぁん」

P「それにその手がなかったら今日俺は死ぬ……ことはないにしろ大怪我してたろ。それにサイボーグってなんかカッコいいじゃんか」

まゆ「Pさん、ありがとう……」

P「まあ、だからその、なんだ。事務所を出て行くとか、そんなことは考えなくていいぞ。というか許さん!」

まゆ「Pさん、一つだけお願いがあるんです」

P「ん、なんだ?」

まゆ「まゆの小指をよーく見てください」

P「お、おう。わかった」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/08/22 21:06:10.67 ID:p6rxXx1uo

Pさんありがとう。あなたの気持ち、とっても嬉しかった。だけどね……

まゆ「ニューラライザーモード起動」キュイイイイイイン

P「まゆ、なんか危ないこと、起こそうとしてる?」ダラダラ

まゆ「いいえ、一瞬で終わりますよぉ」ピカッ

P「うっ」バタン

記憶消去装置ニューラライザー、まさかPさんにこれを使う日が来るとは思っていませんでしたけれど。

まゆ「晶葉ちゃんに感謝しなくちゃいけませんねぇ」

これからもPさんの平和を守ることができます。まゆは幸せです。

32 : ◆naranciafLZ1[saga] 2015/08/22 21:08:37.81 ID:p6rxXx1uo

とりあえず終わり

ニューラライザーはメン・イン・ブラックに登場する装置で
レーザー光を見た相手の記憶を消します

まゆは左手首を隠しているけれど、それがこんな理由だったら楽しいかなと思って書いてみました

もしこれの続きを思いついたら別スレを立てて書きます(サイコガンとかね)

じゃあの

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/08/22 21:20:14.44 ID:q6TFd2yE0

おつー


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1440243953/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP