PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:05:21.89 ID:L0wx6I0r0

千早「おはようございます」

P「お、早いな。おはよう」

千早「今日はイベントの仕事でしたよね?」

P「ああ、出発までまだ時間があるから休んでてくれ」

千早「はい」

P「俺はちょっと朝飯を済ませてくるから」

千早「分かりました。行ってらっしゃい」

P「おう」

ガチャッ

千早「ふう……」

千早「あら、何かしらこれ……?」


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:08:47.14 ID:L0wx6I0r0

千早「HARU NOTE……?ハルノートって読むのかしら」

千早「それにしても随分と悪趣味な表紙ね」

千早「……」

千早「ちょっとぐらい、覗いてもいいかしら……」

千早「……」

千早「こんな所に無防備に放ってあるぐらいだし……」パラッ

千早「……何も書いてないわ」

千早「中は普通のノートなのね」パラパラッ

千早「……!」

『このノートに名前を書かれた人間は転ぶ。』

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:11:02.52 ID:L0wx6I0r0

千早「……なんて、そんな馬鹿な話ないわよね」

千早「そろそろプロデューサーも帰ってくる頃かしら」

ガチャッ

春香「おはようございまーす!」

千早「おはよう、春香」

春香「あれ?千早ちゃん今日は早いんだね」

千早「ええ、今朝はイベントの仕事があるの」

春香「そっか、頑張ってね!」

千早「頑張るわ、ありがとう」

春香「それでね、今日はクッキーを焼いてきたんだけど……」ゴソゴソ

千早(……ハルノート、ちょっと試してみようかしら……)

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:14:23.74 ID:L0wx6I0r0

千早(これで本当に春香が転んだらすごいわね)

春香「あれー?どこに入れたかな……?」ガサガサ

千早(天海春香、と……これでいいかしら)

春香「あ!あったあった。はいどうぞ!千早ちゃん」

千早「ありがとう。春香はこういうの上手ね」

春香「えへへ、でも今回はちょっと焦がしちゃったかも……」

千早「そうかしら?とっても美味しいわ」パクッ

春香「本当?そう言ってもらえると作ったかいがあるよ!」

千早(やっぱり転ばないわね……。まあ当然と言えば当然だけれど)モグモグ

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:17:28.97 ID:L0wx6I0r0

春香「私、ちょっとお手洗いに行ってくるね」

千早「ええ」

千早(そう言えばこのノート、誰が置き忘れたのかしら?)

千早(四条さんとかなら持ってても違和感は……あるわね)

千早(すると亜美、真美あたりがいたずらで……


どんがらがっしゃーん!!


千早「春香!?大丈夫!?」

春香「あはは……今日も朝から転んじゃった……」

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:20:39.71 ID:L0wx6I0r0

千早(まさか……本当に転ぶなんて……)

千早(これがハルノートの力……?でも春香が転ぶのなんて日常茶飯事だわ)

千早(きっとただの偶然……。春香なら十分ありうるわね)

ガチャッ

響「はいさーい!……って、春香また転んでるのか!?」

春香「あ、響ちゃんおはよう……。ごめんね、今どくから……」

響「自分、こんな足元から挨拶されたの初めてだぞ……」

千早「おはよう、我那覇さん」

千早(そう言えば、我那覇さんが転ぶところって見たことがないわね)

千早(ダンスのレッスンでも転ばないし、やっぱり運動神経が良いのかしら?)

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:23:55.24 ID:L0wx6I0r0

千早(我那覇さんを転ばせたら、このノートも本物ね……)

千早(少しだけ、確かめさせてもらおうかしら……)

春香「あ、そうだ!私クッキーを作ってきたんだけど、響ちゃんも食べる?」ゴソゴソ

千早(我那覇響、と……覇って思ったより難しいわね)

響「本当か!?春香のクッキー、おいしいから自分大好きだぞ!」

春香「今日はちょっと失敗しちゃったんだけどね……はい、どうぞ!」

ハム蔵「チュチュッー!」ダッ

響「あっ!ハム蔵いきなりどこ行くんさ……」ズルッ


すってーーん!!

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:26:29.67 ID:L0wx6I0r0

千早「!?」

響「あいたたた……。こんな何もない所で転ぶなんておかしいな……」

春香「だ、大丈夫!?」

響「なんくるないさー。自分、春香のこと言えないぞ……」

春香「こう立て続けに2人転んじゃうと、何か不安になってくるよね……」

千早「そんな……こんなことって……」

千早(……)

千早(本物だわ……このノート……!)

9 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:29:35.31 ID:L0wx6I0r0

千早(こんなもの……いったい誰が何のために……)

千早(そもそも、どういう仕組みになっているのかしら。名前を書くだけで人が転ぶなんて……)

響「こらっ、ハム蔵!いきなり飛び降りてケガでもしたらどうするんさー!?」

ハム蔵「チチー…」

春香「ハム蔵、どうしちゃったんだろうね?はい、クッキー」

響「おお!ありがとな、春香!……ハム蔵、今日はあげないぞ」

春香「あははは……そうだ、私トイレに行くんだったっけ」

千早(確か、見返しにまだ説明が書いてあったわね……)ピラッ

10 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:32:47.43 ID:L0wx6I0r0

千早(……名前を書いてから40秒間、転ぶ原因を書き加えることができる……?)

千早(転ぶ原因なんて指定して、何か意味があるとは思えないけれど……。まだ続きがあるわね)

千早(……転ぶ原因を書くと更に6分40秒、転んだ直後の詳しい行動を書く時間が与えられる……)

千早(つまりノートに記入するための時間は、合わせて7分20秒になるのね)

千早(…………)

千早(そこはかとない悪意を感じるわ)

千早(……それにしても、何から何まで中途半端なノートね)

千早(誰かに悪用される前に、燃やして捨ててしまった方がいいのかしら……?)

11 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:35:26.21 ID:L0wx6I0r0

ガチャッ

やよい「おはよーございまーすっ!」

千早「おはよう、高槻さん」

響「おはようだぞ、やよい!」

やよい「わっ、今日は2人とも早いんですねー!」

千早「そうね。あとは春香も来てるのよ」

響「そうだ!さっき春香にクッキーもらったんだけど、やよいも一緒に食べないか?」

やよい「ホントですか!?ありがとうございますー!」

響「って、自分が作ったんじゃないんだけどなー」

12 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:39:35.70 ID:L0wx6I0r0

やよい「うっうー!やっぱり春香さんのクッキーはおいしいですーっ!」

千早(高槻さんは素直で可愛いわね……)ジーッ

やよい「?」

千早「あ……な、何でもないのよ」

千早(愛らしすぎて頭がどうにかなりそうね……)

千早(……そうだわ!)

千早(このノートを使えば……ふふふ……)コソコソ

千早(……高槻やよい……転ぶ原因はつまずき……それと……)

13 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:42:16.27 ID:L0wx6I0r0

千早「私、ちょっとお茶を淹れてくるわね」ガタッ

やよい「あ、私も手伝いますー!」トテトテ

千早「本当?助かるわ」

やよい「最近はちょっとだけお茶のいれかたも勉強してるん……」ズコッ

やよい「あっ!?」


ぎゅーっ!!


千早(計画通り……!)

14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:45:59.43 ID:L0wx6I0r0

やよい「はわっ!ご、ごめんなさいっ!抱きついたりなんかしちゃって……」

千早(目を潤ませながら上目遣いで謝る高槻さんマジ可愛い)

千早「全然いいのよ。高槻さんに怪我がなくてよかったわ」

やよい「あ……えへへ……」

千早「?」

やよい「……もう少しだけ、こうしててもいいですか?」ギュッ

千早「!!??」

やよい「なんか安心するっていうか……お姉さんがいたらこんな感じなのかなーって」

千早「」

15 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:48:16.72 ID:L0wx6I0r0

やよい「千早さんがお姉さんだったらいいのに……なんて、わがまま言っちゃダメですよね!」バッ

千早「あっ……」

千早(行ってしまったわ……)

千早(……)ポーッ

千早(こんな素敵なノートを焼き捨てようだなんて私、どうかしてたわね)

ガチャッ

貴音「おは……それは春香の焼いたくっきぃではございませんか」

響「おお!貴音も一緒に食べるか?ってちょっとしか残ってないけどなー」

貴音「……もっと早く起きるべきでした」

16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:51:35.42 ID:Y0rV/EIl0

千早(四条さんは本当に食いしん坊ね。あれだけ食べても太らないのが不思議だわ)

千早(もしかして摂った栄養が全て……あの胸に行っているのかしら)チラッ

千早「……くっ」

千早(はっ……このノートの力を借りれば……)

千早(しかし、それは人間として……)

千早(…………)

千早(四条貴音、転ぶ原因はふらつき、如月千早に倒れかかりその衝撃で胸が少し移動)

千早(……完璧だわ)

18 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:54:26.09 ID:Y0rV/EIl0

千早「四条さん、私もさっき春香からクッキーを貰ったのだけれど、良かったらどうぞ?」

千早(せ、成功するかしら……)ドキドキ

貴音「それは真にございますか?ではお言葉に甘えて……」フラッ


むにゅ~~っ!


千早(!?……これが……胸があるという感覚……!)

千早(移動してる……!今まさに胸が移動してる感じがするわ……!)

貴音「……申し訳ありません……少々立ち眩んでしまったようです」

千早(む、胸は!?)

19 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 00:57:32.73 ID:Y0rV/EIl0

千早(……!!)

千早(変わって……ない……)

貴音「千早、どうかしましたか?……まさか、どこか怪我でもさせて……」

千早「あ……大丈夫ですから……。クッキーです、どうぞ」

貴音「……」

千早(……つまり、物理法則を無視した現象は起こせないのかしら……)

千早(もっとノートのルールを読み込む必要があるわね)

千早(……)パララッ

千早(!?……これは……?)

20 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:00:23.65 ID:Y0rV/EIl0

千早(……ノートの所有者は『転び神』の姿や声を認知することができる……?)

千早(……!)キョロキョロ

千早(そんなもの、見えもしないし聞こえもしないけれど……)

千早(そもそも、転び神って何かしら……?かなりどうでもいい神であることは間違いないわね)

千早(……)ピラッ

千早(えっ……)

『このノートを使った人間は、巨乳にも美乳にもなれない。』

千早「そんな……!こんな馬鹿な話あるわけ……!」

???「本当だよ。千早ちゃん」

千早「!?」

22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:03:15.40 ID:Y0rV/EIl0

千早「あなたは……春香、じゃない……?」

???「私は転び神。そしてそのノートはもともと私の所有物だった」

千早「……え……?」

???「ハルノートを使った人間が巨乳や美乳になんてなれると思わないで」

千早「……あ……やめ、て……!」

???「あなたの行き着く先は……"無"よ」

千早「……そ……んな……」ポロッ




???「……なーんちゃって!ドッキリでしたー!!」

23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:06:26.88 ID:Y0rV/EIl0

千早「……へ?」

春香「みんなー!大成功だよー!」

響「あ~~~~、緊張したぞー!」

やよい「騙しててごめんなさいです……」

貴音「真、転ぶ演技とは難しいものですね」

千早「え……演技?」

響「そうだぞー!自分、何回も転ぶ練習したんだからなー!」

ハム蔵「チュー!」

響「あはは!ハム蔵も上手だったぞー!」

春香(私は演技じゃなかったんだけど……)

24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:09:19.09 ID:Y0rV/EIl0

千早「じゃあ、高槻さんが私に……その、抱きついたのも……」

やよい「はいっ!演技ですよー?」

千早「そ、そうよね……何聞いてるのかしら私」

やよい「あ、でも……千早さんがお姉さんだったらいいのになーっていうのは嘘じゃ……」ボソ

千早「え?」

やよい「な、何でもないですーっ!」

千早「……でもみんな、ノートに書かれた内容がどうして分かったのかしら?」

P「そのノート、表紙と裏表紙に圧力センサーが仕込まれているんだ」

千早「プロデューサー!?」

25 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:12:48.61 ID:Y0rV/EIl0

P「それとアンテナも内蔵されていてな、俺のパソコンに千早の書いた文字が送られてくるんだよ」

P「俺はそれを見て、みんなのワイヤレスイヤホンに指示を送っていたってわけだ」

千早「なるほど……プロデューサーも仕掛け人だったってことですか……」

P「ああ、騙していて悪かったな。でもおかげで良いものが撮れたと思うぞ?」

千早「撮れたって……まさか……」

P「千早はいつもクールだからな。こういうちょっとうろたえた一面を見せれば視聴率も……」

千早「それは……やめて下さい!!」

千早「せめて、し……四条さんのくだりだけは……!」

P「?」

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:15:30.00 ID:Y0rV/EIl0

P「ああ……ははは、あれは正直困ったな」

貴音「ええ、いくら演技でも出来る事と出来ない事がございますから」

千早「……!」

春香「あれ、どうかしたんですか?」

やよい「千早さん、あの時なんて書いたんですかー?」

P「それがな、貴音が倒れかかったあと……千早?」

千早「…………」プルプル

千早「もうっ……知りませんっ!!!!」



おわり

27 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都)[saga] 2012/07/02 01:18:28.50 ID:Y0rV/EIl0

ssを書いたのはこれが初めてなもので、至らぬ点も多々あったかと思いますが、
ここまで読んで……いや途中まででも読んで下さった皆さん、ありがとうございました。

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋)[sage] 2012/07/02 01:25:53.86 ID:RbHDeZNLo

おつ
面白かった!

最後の件はいたたまれないww


31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/07/02 11:40:00.88 ID:2ayNYPQIO

乙。
しかしハルノートっつーネーミングはwww


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1341155121/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP