PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:23:02.82 ID:hY/K/IbV0



モンスターハンターのssです




2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:23:40.92 ID:hY/K/IbV0


ハンター「モスは可愛いなぁ」

ハンター「ついつい密林の採集クエストに来ちゃうよ」

モス「ブフッ」

ハンター「持って帰っちゃ駄目かな……駄目か」

ハンター「代わりにたわむれて帰ろう。ほーら、アオキノコだぞ」

モス「ブフ?」スンスン

ハンター「ほれ、食べろ」

モス「ブフフ、ブフッ!」むしゃむしゃ

ハンター「……可愛いなぁ!」



3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:24:07.65 ID:hY/K/IbV0



ハンター「はぁ、クエストが終わって、村に帰ってきたわけだけど」

ハンター「モスに会うためとはいえ、往復四日はキツイなぁ」

ハンター「食っていくためにも、お金はいるわけだし……」

ハンター「そんなにしょっちゅうは行けないよな。やっぱり、家で飼いたいところだ」

後輩「あら、先輩じゃないですか。帰ってたんですね」

ハンター「お、こんにちわ。後輩」

後輩「また採集クエストですか。たまには、一緒に一狩り行きましょうよ!」

ハンター「そうだなぁ、貯金が少なくなったらまた――ん!?」



4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:24:34.05 ID:hY/K/IbV0



後輩「ど、どうしたんですか」

ハンター「足下! お前の足下!」

後輩「足……ああ、この子ですか。まったく、またついてきたの?」

プーギー「ぶひっ」

ハンター「お、お前、それ行商ばあちゃんのところの!」

後輩「そうですよ。懐かれちゃって、今は飼ってるんです」

ハンター「はぁああああ!?」

後輩「ちょっと、さっきから何なんですか!」

ハンター「俺がいくら呼んでも、突進しかしてこなかった、あのプーギーが!」

ハンター「超可愛くて愛らしい、しかし憎らしいプーギーが!」

ハンター「なんでお前に懐くんだぁああああ!?」

後輩「ええっと、タイミング、ですかね」

ハンター「ちきしょぉおおおお!」

後輩「あ、ちょっと、先輩!? ――行っちゃった」

後輩「……君、好かれてたんだね」

プーギー「ぶひっ?」



5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:25:11.23 ID:hY/K/IbV0



ハンター「羨ましい、羨ましいよぉ!」

ハンター「見知ってから長い俺じゃなく、なんで数ヶ月前にきたあいつを……!」

ハンター「プーギー……いや、俺は選ばれなかった。後輩は選ばれた。それだけだ」

ハンター「――そ、それでも悔しいわぁああああ!」

ハンター「……明日は、また密林へ行こう。モスに、会いに行こう……」



6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:25:37.23 ID:hY/K/IbV0



ハンター(それから俺は、後輩とプーギーが歩いてる姿を見るたび、密林へ向かうようになった)

ハンター(後輩とは相変わらず、時折狩りへ行く仲ではある。しかし、あいつの帰りを待つ存在があると思うと……)

後輩「あの、私の顔になにかついてます?」

ハンター「え、あ、いや、なんでもない」

後輩「……そうですか。そうえば、先輩はプーギーが好きなんですよね」

後輩「その、クエストが終わったら、わ、私の家に来ますか。あの子、出迎えてくれるんですよ」

ハンター「出迎えて!? う、う、羨ましいぃいいいい!」

後輩「あ、先輩、どこに――」

ハンター(プーギーが幸せなら、それでいいはずなのに。俺はなんて浅ましい奴なんだ)

ハンター(そんな自分から逃れるために、だんだんと密林へ行く回数が増えていった)



7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:26:04.03 ID:hY/K/IbV0



ハンター「ほら、アオキノコだぞ。今日もたくさんあるからな!」

モス「ブフフッ!」

ハンター「……そうえば、こいつの背中の苔、何度も見た生え方をしているな」

ハンター「もしかして、俺とお前って、意外と付き合いが深かったりするのか」

モス「ブフッ」

ハンター「おお、返事をしてくれたみたいだ。可愛いなぁ!」

ハンター「……本当に、可愛いな。お前を連れ帰れたら、きっと幸せだろうな」

ハンター「――なんて、ギルドが許してくれないな」

モス「ブフ?」すりすり

ハンター「はっはっは、頬ずりか。まったく、可愛い奴だぜ!」

ハンター「また来るよ。なんだか、楽になった」



8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:26:33.95 ID:hY/K/IbV0



ハンター「この前のお礼だ。珍しいキノコを持ってきたぞぉ」

モス「ブフ……?」スンスン

モス「ブフフ、ブフフッ!」

ハンター「え、なに、なんで怒ってるんだ!?」

モス「ブフフゥ!」

ハンター「わ、悪かった。悪かったから突進しないでくれ!」

ボスッ

ハンター「痛いっ!?」

ハンター(けど、ああ、楽しいなっ!)



9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:27:06.81 ID:hY/K/IbV0



後輩「最近、採集クエストに行く数が減りましたね」

ハンター「ああ、どうにも、根を詰め過ぎてたみたいだ」

後輩「気が楽になったなら、とてもいいことです。……そ、その、よければ一緒に狩りに行きませんか」

後輩「新しくクエストが張り出されたんですが、どうにも手強そうで」

ハンター「ああ、いいぞ! 俺もそろそろ、貯金が欲しかったところだからな!」

後輩「それじゃあ、一緒にアイルーキッチンに行きましょう」

ハンター「ああ」



10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:27:33.54 ID:hY/K/IbV0



ハンター「イャンクック、だよな」

後輩「はい。でも、色が違いますね」

ハンター「森丘で亜種を見るのは初めてだな。気を引き締めていこう」

ハンター「後輩はボウガンで援護を頼む。俺はハンマーで徹底的に頭を叩く」

後輩「わかりました。……無理はしないでくださいね」

ハンター「もちろん!」

ハンター(また、会いたい奴もいるからな)



11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:28:06.07 ID:hY/K/IbV0



クック亜種「イャオオン!」

後輩「徹甲弾を撃ちます。どいて下さい!」

ハンター「わかった」

ハンター(――よし、命中だ)

クック亜種「オォン、オォン……」

ハンター(さらに、片脚を引いている。チャンスだな)

ハンター「よし、一気に決めてやる!」

クック亜種「――イャオオンッ!」

ブォンッ

ハンター「な」

バシッ

後輩「先輩!」



12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:28:33.09 ID:hY/K/IbV0



後輩「大丈夫ですか、先輩! 今、回復薬を」

ハンター「不意打ちの尻尾をくらっただけだ。大丈夫、自分で飲める」

後輩「ふぃ、ふぃかひでひゅね」

ハンター「……なんで、後輩が飲んでるんだ?」

後輩「んくっ、その、とっさに口移しをしなければ、と」

ハンター「焦りすぎだ。はっはっは!」

後輩「も、もう、そんなに笑わないでください!」

ハンター「すまん、すまん。さて、あのイャンクックは逃げたみたいだな」

後輩「あ、そうえば、いなくなってますね」

ハンター「弱っていたから、この地区にある飛龍の巣にいるはずだ」

後輩「そうですね。行けますか」

ハンター「当たり前だっての!」



13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:29:08.91 ID:hY/K/IbV0



後輩「――見当たりませんね。ここが巣じゃなかったんでしょうか」

ハンター「いや、巣に適した地形は、この地区ではここぐらいしかないはずだ」

後輩「では、弱っていなかった……?」

ハンター「イャンクックに、人を騙せるほどの知能はない。どういうことなんだ?」

後輩「元々、この地区に巣を置いていなかった、なんて」

ハンター「まさか! ……まさかなぁ」

後輩「とりあえず、探してみますか」

ハンター「ああ、そうしよう」



14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:29:38.31 ID:hY/K/IbV0



ハンター「いないな」

後輩「いませんね」

ハンター「いったいどこに消えたんだ? ペイントボールの匂いも、まったくしなくなってるし」

後輩「不思議ですね……ん、先輩!」

ハンター「ああ、支給品の知らせだ。おかしいな。このクエストは上位クエストじゃないんだけど」

後輩「ということは、ギルドからの知らせでしょうか」

ハンター「ベースキャンプに戻るとするか」

後輩「では、モドリ玉を」



15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:30:05.96 ID:hY/K/IbV0



ハンター「支給品箱の中に手紙か。どれどれ……」

後輩「なんて書いてあるんですか」

ハンター「――観測隊からだ。イャンクックがここを離れたらしい」

後輩「え、それは……なんとも、気が抜けますね」

ハンター「俺たちは村に帰っていいらしい。報酬も出る」

後輩「釈然としません」

ハンター「貰えるものは貰っておこう。帰り支度だ!」

後輩「……あの、前にも言ったんですが」

後輩「村へ帰ったら、私の家に来ませんか。その、なにがあるというわけでもありませんが」

後輩「えっと、プーギーはいますよ!」

ハンター「プーギーか……ああ、いいぞ」

後輩「わ、わ、は、はいっ!」

ハンター(今の俺なら、プーギーとだって会えるさ。むしろ、楽しみだ!)



16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:30:36.67 ID:hY/K/IbV0



後輩「それじゃあ、待ってますから。……採集クエストに行ったら、嫌ですからね!」

ハンター「分かってるよ。湯にでも浸かって、汗を流したら行くから」

後輩「あ、汗……そうですね。私も、その、準備しなくちゃ駄目ですね」

ハンター「別にかしこまる仲じゃないだろうに」

後輩「準備は大切なんです!」

ハンター「わ、分かった、分かった」



17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:31:05.55 ID:hY/K/IbV0



ハンター(家に着いたし、さっそく湯浴みを……む)

ハンター「ギルドからの報告書か。村に帰ってくる間に届いたみたいだな」

ハンター「――イャンクックの移動先、か。クエストは一応クリアしたし、わざわざツアーで出向いて狩るほどでも」

ハンター「え」

ハンター「この、地区は」

ハンター「行かなきゃ!」



ドンドン、ドンドン

後輩「先輩、先輩? いないんですか……あ、鍵が開いてる」

後輩「誰もいない。……もう、約束破って、それに不用心じゃないの!」

後輩「あれ、よく見たら、書置きが――密林に?」



ハンター「やっと着いた……とりあえず、いつもあいつがいる場所へ!」



18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:31:33.74 ID:hY/K/IbV0



ハンター「モスは、いないのか。じゃあ、別の場所を」

「イャォオオオオオオン!」

ハンター「……そうか。お前を狩れば、話が早いな」

クック亜種「オォン、オォンッ」

ハンター「クエストではないが、ここを荒らされるわけにはいかない」

ハンター「――ぶっ潰す!」



19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:32:06.09 ID:hY/K/IbV0



ハンター(いいぞ。一人なせいで苦戦はしているが、確実にダメージを与えている)

ドゴッ

クック亜種「オォンッ!?」

ハンター「翼の次は、お前のくちばしだ」

クック亜種「イャォオオオオン!」

ハンター(様子が変わった。怒ったか)

ハンター「それでも、関係は――な!?」

モス「ブフッ」

ハンター(モス!? あいつか!? 無事だったのか! いや、しかし、なんて時に来てしまうんだ……!)

クック亜種「オォンッ!」

ハンター「しまった、突進」

ドゴォッ!



20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:32:32.93 ID:hY/K/IbV0



ハンター(もろにくらってしまった)

ハンター(まずい。前の不意打ちで痛めた箇所に、運悪く当たっている)

ハンター(動けない。早く、回復薬を飲まなければ)

クック亜種「イャ、イャ、イャ!」

ハンター(痛みで視界が白黒しているが、分かる。この鳴き声は、火炎袋を使うときの)

ハンター(目を空けて、這ってでも避けなければ……目をっ)

ボフッ

ハンター(来る。目を空けろぉ!)

モス「ブフフッ!」

ハンター「あ」



21 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:33:10.36 ID:hY/K/IbV0



ハンター「え」

ハンター(目の前に、焦げた苔がある。そのせいで分かりづらいけど、何度も見たことのある、生え方だ)

ハンター「モス」

ハンター(そうだ。これは、モスの背中だ。それも、あいつの背中だ)

ハンター(可愛い、可愛い、あいつの)

ハンター(どうして、俺は倒れているのに、こいつの背中が見えるんだ?)

ハンター(こいつも倒れているのか。お揃いだな)

ハンター「あ、あぁああああああああ!」

ハンター(回復薬、回復薬、回復薬を! 誰か、誰か、誰か!)

クック亜種「オォン、オォン!」

ノッシ、ノッシ

ハンター(薬草でもいい。少しでも動ければ、動かなければ)

ノッシ、ノッシ

ハンター(こいつを助けなけきゃいけないんだ!)



22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:33:55.92 ID:hY/K/IbV0



ハンター「――背中、これ、は」

ハンター(目の前の苔群の中に、小さいけど、アオキノコが)

ハンター「ぬがぁああああ!」

もぐ、ごくん

ハンター(……ありがとう。そして、すまない)

クック亜種「オォン、オォンッ」

ズドンッ!

クック亜種「イャッ」

ハンター「そいつに近づくなぁ!」

クック亜種「お、オォン……?」

ハンター「目を回したか。――すぐに、戻ってくるからな。絶対、助けるからな!」

ハンター「また、キノコをやるからなぁ!」



23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:34:28.75 ID:hY/K/IbV0



ハンター「はぁ、はぁ……生きてる、よな」

ハンター(イャンクックにとどめをさし、俺はモスの前まで戻ってきた)

モス「……ブフ」

ハンター(生きてる! でも、呼吸が弱い。耳をすまさないと聞こえないくらいに)

ハンター(回復薬はない。薬草も、アオキノコも。回復するための道具は、使い切ってしまった)

ハンター「すまない……すまない……」

モス「ブフ……?」

ハンター「俺は、助けられたのに。どうして、俺は」

モス「――ブフッ」スン、スン

ハンター(モスの鼻が動いている。これは、キノコを欲しがっているときの仕草だ)

ハンター「ああ、そうだな。キノコ、やるって言ったもんな」



24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[] 2015/07/31 00:35:02.52 ID:hY/K/IbV0



ハンター「……ははは、駄目だ。お前の嫌いなやつしかないじゃないか」

ハンター「モドリ玉の調合用に持ってきた、これだけなんだ」

ハンター「また、怒らせちゃうな。あの時みたく、頭突かれて」

モス「ブフ」

ハンター(モスが口をあけている。……食べてくれるのか)

ハンター「ありがとう。お前は本当に、最後まで、可愛い奴だ」

むしゃ、むしゃ

ハンター「モスは、可愛いなぁ……!」



25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:35:34.43 ID:hY/K/IbV0



ハンター(気が付けば、ベースキャンプに戻っていた)

ハンター(観測隊に合図を出し、ギルドからの迎えを待つ)

ハンター(その間、俺はなにも考えずにいた)



26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:36:47.61 ID:hY/K/IbV0



後輩「先輩……採集クエストがそんなに大事なんですか!」

後輩「約束してたのに、少しは私の気持ちだって、考えてくれても」

ハンター「すまん。今は、後輩の話を聞いてやれないんだ」

後輩「なっ! せ、先輩がいない間、私がどれだけ苦労したと思ってるんですか!」

ハンター「一人に、してくれ」

後輩「……そうですか。そういうことを言うんですね」

後輩「もう知りませんから。今度先輩が不用心に留守にしても、番なんてしませんから」

ハンター「ああ、それでいい」

後輩「先輩が忘れていたペットの世話だって、次があっても、絶対にしませんから」

ハンター「……ペット?」

後輩「そうですよ! 私がプーギーを飼っていたから、勝手がわかったものの」

後輩「それに、突然部屋の道具箱から出てくるんですから。二重にびっくりしました」

後輩「――を飼ってるなんて。まったく、普通の人じゃエサだってあげれないんですからね!」



28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/07/31 00:37:14.98 ID:hY/K/IbV0



ハンター(後輩の制止を聞かず、俺は走り出した)

ハンター(自宅につき、扉の取っ手に手をかける。扉はずいぶんと重く感じた)

ハンター(それでも、大きな期待を胸に扉を引くと、そこには――)



「ブフフッ!」






                                おしまい



29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/31 00:38:28.35 ID:hY/K/IbV0


本当は最後に擬人化させてむちむちにしようと思ってた

モスはかわいい

読んでくれてあざました。依頼出してくる


30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/31 00:57:02.03 ID:20ioGtjBo

よかったヒロインが助かって良かった
面白かった乙

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/31 01:19:15.41 ID:Jc1PNSqxo


モス可愛いよな

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/31 01:20:38.41 ID:dj9Il6Ayo

ヒロインはモス


33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/07/31 01:40:27.63 ID:sf7oetjj0

モスへの失恋のくだりで感情移入して泣きかけた
お幸せに


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438269782/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP