PickUp
スポンサード リンク
2 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 16:54:03.57 ID:0dNjgKGy0

暁「・・・・・・・・」

提督「というわけで言ってくれないか?」

暁「ハァ・・・いやに決まってるじゃない」

提督「どうしても駄目か?間宮でどうだ?」

暁「変な事言ってないで早く書類片付けてよ」

提督「伊良子も一緒にどうだ!?」

暁「・・・・・・この書類何日分溜まってるんだっけ?」

提督「いやー暁、おにいt」

暁「 何 日 分 だ っ け ?」

提督「3日分です」

暁「今日中に終わらせる事」

提督「そんな殺生な・・・」

暁「ほら、手伝ってあげるから、きりきり手を動かす!」

提督「はい・・・」

3 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 16:55:16.24 ID:0dNjgKGy0

書類すんだよ午前5時05分!

提督「おわった・・・」

暁「ん、おつかれさましれーかん」

提督「とりあえず寝よう・・・」

暁「うん、おやすみ」

「おにーちゃん」バタン

提督「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

「うっひょおおおおおぉぉぉぉぉぉ!!俺は!今日も!一日!頑張れるぅ!」

6 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 17:04:26.04 ID:0dNjgKGy0

提督「ってことがあったんだよ」

長門「なんだそれは羨ましすぎるぞ」

那智「ほぅ・・・私も駆逐艦たちにおねーちゃんと呼ばれたいな」

武蔵「今度清霜に言ってもらってみよう」

長門「特定の者がいるというのは羨ましいな」

提督「まて、長門特定の者がいるってことは不特定多数に言われないというデメリットがあるんだぞ」

那智「ということは提督は暁だけでいいのか?」

提督「私は非常に満足している。」

長門「というか。暁と言う長女におにいちゃんと呼ばれたのなら妹である響、雷、電にも呼ばれる可能性が」

提督「その手があっt」

8 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 17:08:17.04 ID:0dNjgKGy0


バーン!!
暁「無い!司令官!また!仕事を!放り出して!」

提督「いや、これは休k・・・」

暁「二時間も休憩しら十分よねー?」ニッコリ

提督「い、いやそれに話の途ty」

暁「いいですよね?持って行っても?」

長門武蔵那智「どーぞどーぞ」

提督「裏切り者ぉー!」

暁「ほら!また書類午前の分終わってないんだから!早く歩く!」

提督「はーい・・・」

9 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 17:13:55.30 ID:0dNjgKGy0

書類すんだよ!19時25分!

提督「終わったぁー・・・」

暁「はい、ご苦労様」

提督「腹減った・・・」グデー

暁「私はその前にシャワー浴びてくるわ。あ、そうだ」
提督帽取り

提督「?暁?」

暁「今日はよく頑張りました。」ナデナデ

提督「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

暁「じゃぁ明日もこの調子で頑張ってね?」
バタン

提督「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

提督「俺は今日まで生きてて良かったと心から思う・・・」

10 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 17:22:46.23 ID:0dNjgKGy0

暁「ってことがあってねー」

響「いいじゃないか、頼りにされてるんだよ」

雷「むぅ・・・前みたいに私に頼ってくれていいのにー」

電「雷お姉ちゃんは甘やかしすぎなのです。」

暁「そうよ雷、少しは厳しくしないとドンドン駄目になっちゃうんだから!」

雷「うーでもぉ・・・」

響「雷は世話焼きだからね。いい所であるけど人によっては溺れてしまう事も考えた方がいいよ」

電「厳しくするのもまた愛なのです!」

雷「愛かー」

暁「愛って・・・」

響「初めての相手は言う事が違うね」

電「誤解を招く言い方はやめてほしいのです!?」

響「ハハハッ」

11 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 17:35:43.31 ID:0dNjgKGy0

響(そうだな・・・今度兄さんって呼んでみようか)


真面目にやってる!仕事中!

提督(新しく雲龍型の葛城を救出したのはいいが、この救出により資材がなぁ・・・)
提督(ひょっとしたらまた本土に強襲が来るかもしれないし、教導は安全を確保してから・・・)

響「兄さん、失礼するよ」

提督「ん?おぉ響か・・・え?」

響「どうしたんだい?兄さん、響の顔に何かついてるかい?」

提督「いや、いい、どうしたんだ?」(平常心!平常心!足の指先に神経を集中するのだ!)

響「いや、暁姉さんが今は演習中だからね、兄さんがサボってないか見にきたんだ」

提督「俺そんなに信頼無いか?」(兄さん!?これはあれか!?姉妹公認ってやつか!?)

響「そんなことないさ。暁姉さんのこと、よろしく頼むよ?アレで抜けているところもあるんだ。じゃぁ邪魔したね」
バタン

提督「な、何が起こったんだ・・・理解できない。心臓が爆発しそうだ」ハァハァ

結局書類が終わらず暁に怒られた

13 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 18:06:55.76 ID:0dNjgKGy0

雷(んー厳しくかーそうだ!前見たドラマみたいに兄貴って呼んで鼓舞すればいいのね!)



提督(秋津洲・・・水上機母艦らしいが・・・千歳と千代田みると器用貧乏なんだよなぁ・・・)
  (ここはキス島での実地訓練での偵察や開終幕雷撃ように据えて・・・)
バーン
雷「兄貴ー!お茶を入れてきやしたぜー!」

提督「へぁっ!?」(あれ!?この子こんな感じの子だっけ!?)

雷「兄貴!どうかしたんですかい!?熱でもあるんですかい!?」

提督「いや、・・・雷ってそんな子だったっけ?」

雷「いやいやいや!兄貴が最近しっかりしてきたということなんでね!これを機にもっと兄貴らしくなってもらいやしょうと思いましてな!」

提督「なにがなんだかわからない・・・」

雷「どうしやしたか!?まさか頭でも痛いんでやんすか!?」

提督「あぁ俺は今頭が痛いよ・・・」(主に雷のせいで・・・)

雷「そいつぁてぇへんだ!今すぐ医務室へいきゃしょう!」

提督「いや、しばらく一人でゆっくりしてれば直ると思うから一人にさせてくれ」

14 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 18:07:58.59 ID:0dNjgKGy0

雷「しかし・・・!」

提督「そ、そうだ!雷!今日の晩御飯は肉じゃがが食べたいな!」

雷「!わかりやした!兄貴のために愛情こめて作ってきやす!」
ガチャ!バタン!


提督「・・・なんだったんだ・・・テレビでも見て落ち着こう・・・」

TVチンピラA「アニィー!しっかりしてくだせぇ!アニィー!」
 チンピラB「チクショウ!佐世保組の奴等目!チクショウ!」
 チンピラC「この無念かn」プツッ

提督「・・・・さて、仕事に戻るかー」

何故かこの後書類がめちゃくちゃ進んで暁に褒められた
結局厳しくできない雷ちゃんマジ天使

19 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 19:13:45.39 ID:0dNjgKGy0

クズ兄貴か・・・リアルに言われてるやついたわ・・・羨ましいとか思ってない。断じてだ

ガチャ
霞「司令官!起きてる!?」

提督「zzzz」

霞「全くこのグズは・・・!」

霞「ほらっさっさと起きなさい!」ゲシッ

提督「うっ・・・ぐぅ・・・」

霞「あー!もうっ!だらしないったら!このグz・・・」

ここで突然の回想!
暁「この前から司令官の事お兄ちゃんって呼んでるんだけど結構効果的なのよね」
 「ここぞって時に呼んであげると仕事が速く進むの!」

響「それはそれで駄目な方向に進んでないかい?」

暁「いいのよ!元から駄目なんだし!」
回想終了!

20 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 19:14:13.66 ID:0dNjgKGy0

霞「うぅ~・・・うん!よし!」
 「ほらっ!さっさと起きなさいクズ兄貴!」

提督「zzzz・・・・!?」ガバッ
  「え?あれ?霞さん?今なn」

霞「///うるさい!さっさと着替えて準備する!」ゲシッ

提督「いたっ痛い!やめて!」

霞「やめてほしかったらさっさと布団から出て着替える!」ゲシッゲシッ

提督「痛い!やめ!あっ水たm」ドゲシィッ!「グヘッ!」

霞「か、勝手に見んな!///このバカ兄貴!」ダッ!

提督「ぐぅ・・・いてぇ・・・でもなんだろう・・・今日も一日頑張れそうな気がする・・・」

22 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 19:28:05.61 ID:0dNjgKGy0

EX

清霜「武蔵さ~ん!」

武蔵「ん?おぉ清霜かどうした」

清霜「今回も遠征でがんばったのよ!」

武蔵「そうか・・・えらいぞ!」

清霜「ふっふーん!いいのよ!もっと褒めても!」
  「あ!これお土産!」

武蔵「ほぉ、木彫りのお守りか・・・ん?」

清霜「いいでしょ!あげる!」

武蔵「あぁ大切にしよう」(これは交通安全祈願なんだがなぁ・・・)
  「そうだ、清霜、最近では親しい者に対しては兄や姉で呼ぶというのが流行らしいぞ?」

清霜「そうなんですか!?じゃぁ、武蔵姉さま!」ニパァー!

武蔵「はっはっはそんな風に呼んでくれるとは嬉しいな」(ぐぅぉっ!これは・・・強烈だな・・・)

清霜「いつか武蔵姉さまみたいな戦艦になってみせます!」ニコォー!

武蔵「はっはっは!頼りしにしているよ。そうだこれから飯にでも行こうか、奢ってやろう」
  (提督あなたの気持ちが良くわかる。影ながら応援しているよ)

清霜「ホントですか!?ゴチになります!」

武蔵(この笑顔に勝てる日が来るのだろうか・・・無くていいか・・・)

25 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 19:45:28.69 ID:0dNjgKGy0

暁「あれ?司令官どうしたの、その頬」

提督「いや、いい夢を見てな、ちょっとぶつけたんだ」

暁「いい夢を見てぶつけたって・・・どうせ夢であってほしくて変に抓ったんじゃないの?」

提督「いや、ぶつけたんだよ。」(正確には蹴られたんだが)
  「てか酷くないですか?」

暁「普段の行いからすれば当然よ。今日の仕事が届いてるわ」

提督「はいよーところで暁」

暁「いやよ?」

提督「まだ何も言ってない」

暁「どーせ変な事でしょ?だからいやよ」

提督「そういわずに、おにいちゃまって呼んでくれないか?もしくはお兄様」

暁「ハァ~司令官、ちゃんと仕事しましょうね?」

提督「はーい・・・」

26 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/01 19:50:42.69 ID:0dNjgKGy0

提督「育成に関してなんだが、今回新しく着任した連中がすさまじくバランス良いのでこのまま演習→実地訓練(3-2-1)にしようと思う」
  「編成はU511、高波、秋津洲、葛城、Roma、で一応熟練者として赤城」

暁「そうね・・・いいんじゃないかしら?ただ・・・」

提督「資源がなぁ・・・ここは58でもいいかなぁ・・・」

暁「58ちゃんはちょっと心配かな・・・」
 (赤城さんにおにいちゃまって呼ばせれば資源が沸いて出そうな気がするなぁ・・・よし!)
 「司令官!ちょっと失礼するわね!」

提督「あぁいってらっしゃい」

コンコン、ガチャ
赤城「失礼します!」

提督「おぉ赤城か。どうした?」

赤城「え、えっと・・・その・・・この度の新規着任艦の教導を是非やらせてほしいのです!」
  「その・・・あの・・・おねがいしま、す・・・お、おにいちゃま・・・///」
  「すいません!失礼しましたぁ~」ダッ

提督「・・・・・・・・・・・・・」
  ピッピッピッポ...トゥルルルトゥルル「あ、もしもし、上限解除をお願いしたいのですが・・・はい、はい・・・お願いします」

提督「これが・・・ギャップ萌え・・・!暁グッジョブ!」ゴフッバタッ

40 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 00:52:40.83 ID:sfMvE8Mb0

川内(ほうほう提督をお兄ちゃんと呼べば言うことを聞いてくれるのか・・・!)
  (でも私ってお兄ちゃんって感じじゃないしなー・・・そうだ!)


提督「なんか今夜は静かだな・・・」
タタタタタタタ

暁「川内さんが静かな夜って珍しい」
ダダダダダダ

提督「ま、たまにはアイツも休む時g」

バァーン!!
川内「兄者ー!夜戦の時間にござるー!」

暁「ひゃぁっ!」提督の後ろに隠れる

提督「・・・・・・川内もうちょっと静かに入室できないか?」

川内「おっとこれはかたじけない!でも兄者!夜戦のじかんだよ!」

提督「あー・・・わかったわかった」
(兄者か・・・川内らしいといえばらしいな・・・今度神通にも言ってもらおう)

川内「むぅ~反応薄いなぁ~」

提督「いやぁ妙にしっくり来過ぎて逆に冷静になった」

41 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 00:54:04.05 ID:sfMvE8Mb0

川内「ん~じゃぁさ」
チカヅキ
川内「兄者ぁ・・・夜戦、しよぅ?」

提督(上目遣いからの誘うような言葉遣い!)「断る理由が無いな!」bグッ
  「ちゃんとシャワーを浴びて俺の部屋で待っててくれ!俺が直々に相手をしてやる!」

川内「承知!待っておるぞ~」タッタッタッタッタ

暁「じぃ~」

提督「・・・・・・・・・・・・」メソラシ

暁「じぃぃ~」

提督「・・・・・・・・・・・・」ダラダラダラ

暁「ハァァ~・・・遊びは良いけど浮気はめっなんだからね?お兄ちゃん」
 「それと川内さんだから大丈夫かもだけど私も付き添うからね!」
 「じゃ、私も装備をとって来るわ!」

提督「・・・・・・・・・・・・やっぱり暁が一番だわ・・・」

42 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 00:56:53.47 ID:sfMvE8Mb0

EX
川内「アハハハハ!私の砲撃を潜るなんて流石だね提督ぅ!」

提督「フハハハハ!俺の剣戟を見切るとは流石じゃないか川内ぃ!」

川内提督「ハハハハハハハハハ」


暁「はぁー相変わらずバトルマニアだなぁ・・・」

長門「爆発音がしたので見に着てみれば・・・やはりか」

武蔵「流石は生身で深海と渡り合う訓練をさせられた世代だけはあるな」

天龍「あぁ動きが違う。それにしてもあの刀いいよなぁ・・・」

木曾「鬼丸・・・だったか?」

暁「鬼丸国綱ね司令官は時代遅れの骨董品って言ってるけど・・・」

木曾「アレでレ級の尻尾切ったからなぁ・・・」

武蔵「使い手の筋がいいのだろう」

天龍「剣先が全くぶれないってどんな訓練だったんだろうな・・・」

長門「何にせよ、海上は分からんが、地に足ついている状態なら勝てる気がせんな」


何気に戦闘能力は高めってか鬼もちろん机仕事もできるハイスペ但し見た目幼女に甘える駄目人間寸前でロリk(以下略)

60 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 22:23:47.45 ID:ocgANj950

酉忘れ

あなたは未来の旦那様?


提督(そろそろ甲種勲章を目指して本格的に攻略をしてみるか・・・)
  (資材は私の財産をすでに生贄に捧げたから余裕がある・・・)
  (問題は新規着任艦の配置か・・・)

鳳翔「提督、お茶が入りましたよ。」

提督「あぁ暁悪いな」

鳳翔「クスクスクス・・・」

提督「ん?あっ・・・」

鳳翔「私は暁ちゃんではありませんよ?」ニコニコ

提督「いや、すいません、声が似ていまして・・・」

鳳翔「あらあら、では、私もお兄ちゃんと呼んであげましょうか?」

提督「いや、流石に勘弁してください・・・同年代にそれを言われると結構くるものが・・・」

61 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 22:30:05.84 ID:ocgANj950

鳳翔「あらあら・・・では、あと少しですよ、旦那様」

提督「おぉぅ・・・」突っ伏

鳳翔「うふふふ、頑張って下さいね。では、夕食の準備をしてきますね」
パタン

提督「うわぁ・・・これはたまんねぇわぁ・・・」ダン・・・ダン・・・


鳳翔(はぁ・・・ふぅ・・・)
  (なんてことを言ってしまったんでしょう・・・)
  (でも提督となら・・・い、いえ提督は暁ちゃんが好きなんでしょうし・・・これ以上は・・・)
  (で、でも暁ちゃんはまだ子供ですし・・・い、いえ!ご飯を作ってきましょう!)



暁「ただいまー」

提督「暁ー!俺ロリコンのつもりだったけど鳳翔さんでも結構可愛いと思えるようになった。」

暁「それを私に言ってどうしたいの?」

提督「俺やっとまともになれそうだよ!」

暁「はぁ~・・・言っているうちはしばらくは駄目そうね」

提督「ひどくね?」

暁「ひどくありません。あ、髪が乱れちゃったの。お願いできる?」

提督「仰せのままに」

63 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 23:12:16.41 ID:ocgANj950

山城「不幸だわ・・・」

扶桑「空はあんなに青いのに・・・」

提督「執務室で黄昏ないでくれませんかね」

扶桑「だって・・・暇なんですもの」

山城「だって姉様が執務室にいるんですもの」

提督「うん、山城が通常運転なのは分かった。」

扶桑「しかしなぜもうすでに制圧した海域を?」

山城「そうですよ!そのせいで姉様と私の艤装が・・・艤装が!!」

扶桑「落ち着いて山城、ただ修理中なだけよ・・・」

山城「これじゃただのエロ巫女コスじゃないですか!」

提督「お前それは思って言っちゃいけないことだと思う。」

扶桑「私、泣いてもいいのかしら・・・」

64 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 23:12:59.88 ID:ocgANj950

提督「まぁそれは良いとして」

扶桑「良いの?」

提督「非常に目の保養にいいので最高です」

扶桑「むぅ・・・」ヒラヒラ

山城「姉様、スカートを手でヒラヒラさせるのは些か危ないのでは・・・」ガンプクガンプク

扶桑「別に良いのよ、提督ですから」

山城「そうですね、ロリコンですもんね」

提督「酷くないかい?それに俺はロリコンでもある。だ。」

扶桑「・・・・・・・・・」

山城「・・・・・・・・・」

提督「いや、なんでそんな疑うような目を向けますかね・・・」

65 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 23:14:20.86 ID:ocgANj950

扶桑「暁」

山城「お兄ちゃん」

提督「・・・・・・・・・」

扶桑「ぐぅの音も出ないのね」

提督「いや!最近は鳳翔さんとかもかわいいって思えるんだぜ!?」

扶桑「・・・・・・・・・」

山城「・・・・・・・・・」

提督「はい。ごめんなさい。」

扶桑「でも、提督?」
提督の右隣に移動

山城「鳳翔さんが可愛いなら」
提督の左隣に移動

扶桑山城「私たちも、可愛いですよね?旦那様っ!」
扶桑姉妹の抱きつき攻撃!

提督「おぅふ」

66 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 23:15:17.84 ID:ocgANj950

扶桑「本当に効くのね」クスクス

山城「こうなると可愛らしいですね」クスクス

提督「お前らどっからその情報を・・・」

扶桑「皆知っていますよ?」

山城「暁ちゃんがお兄ちゃんって呼んで言うこと聞く姿が艦娘新聞に載ってました」

提督「青葉か・・・いつのまに・・・」

扶桑「まぁ、覚悟して頑張って下さいね?旦那様」

提督「扶桑さん、今度からそう呼んでくれませんか」

山城「旦那様?あまり調子に乗っていると砲撃しますよ?」

提督「フハハハハ、あと8時間はドックだと知っているぞ!」

暁「ただいまー」

提督扶桑山城「あ」

67 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/02 23:22:10.01 ID:ocgANj950

暁「・・・・・・・・・・・・・・・」

提督「・・・・・・・・・・・・・・・」

扶桑「・・・・・・・・・・・・・・・」

山城「・・・・・・・・・・・・・・・」

暁「おにぃーちゃぁーん?なんだかとっても楽しそうねー?」ニコニコ

ていとく「いやぁ・・・これは・・・その・・・あれだ・・・その・・・ほら・・・」

扶桑「・・・・・・・・・」ソロォー

山城「・・・・・・・・・」ソロォー

暁「おねえちゃん?どこいくのー?」

扶桑山城 ビックゥ

暁「さぁ~私が納得できるように楽しいお話しよっか~?」

提督扶桑山城「」

この後メチャクチャお話した

74 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/03 03:11:39.47 ID:Pz4fdBur0

寝ている最中に思いついたんで投下。先に謝っておきます。金剛好きの皆さんごめんなさい。

75 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/03 03:13:52.02 ID:Pz4fdBur0

廊下
提督(酷い目にあった・・・決して浮気していたわけではないのだがなー)
スタスタ・・・

金剛「Hey!my darling!元気してるぅー!」

提督「おー金剛かー相変わらず元気だなー」

金剛「当然デース!それよりも提督ぅ~no reactionはヒドくないデスかー?」

提督「いやーなんていうか金剛が言うと凄まじくしっくりきてしまってなー」

金剛「Oh...それは私のloveが伝わっているってことデスねー!」

提督「あー今loveとかいうのはちょっと勘弁してくれー色々あってなー」

金剛「what...?あぁ!また暁ちゃんを怒らせたんデスねー!」

提督「まさにそれだよ。俺は暁一筋のはずなんだがなー」

金剛「nhuhuhu-提督も隅に置けませんからねー!」
  「ではではワタシは明日出撃があるので寝ますネー!good night-!」
 スタター

提督「あ、おう、おやすみー」

暁「じぃ~」

76 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/03 03:14:36.94 ID:Pz4fdBur0

提督「うぉぅっ!」
  「いつからそこに!てか今は普通に挨拶だぞ!?」

暁「はぁ~・・・司令官は乙女心ってのがわかってないわねー」

提督「what!?」

暁「あんなの照れ隠しに決まってるじゃない」

提督「えーっと何から何まででございましょう」

暁「決まってるじゃない。1から10まで全部よ」
 「あのね?金剛さんってかなり一途な人なのよ?」
 「そりゃ一部から上司に尻尾を振ってるとか言われたりしてるけど」
 「あのダーリンは照れ隠し1割、理想1割、本心8割なんだから」

提督「あのー暁さん?」
  「どういう意味なんでしょうか・・・バカなワタシにも分かるようにお願いします」

暁「だからね、金剛さんは本心から司令官のことをダーリンって言いたいのよ」
 「それを照れ隠し(と私)が邪魔してるってだけ。」

提督「照れ隠しねぇ・・・でも普段からあんな感じだぞ?」

84 : ◆Xa04WC0Zv2[sage] 2015/05/05 20:26:34.46 ID:ylARwvOB0

デジモン面白くてネタが浮かんでこない。

てかデジモンやるならゾイdいや、なんでもない。とりあえず一個だけ砂糖(?)いれてデジモン見てくる

88 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/05/05 21:43:19.79 ID:nt0iTjoZ0

愛のデジメンタル

89 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/05 23:49:55.49 ID:ylARwvOB0

電「う~ん・・・」

雷「どうしたの?」

電「私も司令官さんのことおにいちゃんって呼んだほうがいいのかなって思ったのです」

響「ふむ・・・」

雷「電がおにいちゃんっていうと犯罪の気配がするわよね」

電「それは雷おねーちゃんも一緒なのです!」

響「・・・・」

雷「なっし、失礼しちゃうわ!私は電よりもおねーちゃんなんだから大丈夫よ!」

電「見た目はそんなに変わらないのです!」

響「まぁまぁ・・・しかし、そうだね・・・電はこう言ってごらん」

電「・・・・・・わかったのです!」

90 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/05 23:50:57.01 ID:ylARwvOB0

提督(また資材集めの時期が来たな・・・)
  (また軽巡、駆逐の子たちには頑張ってもらうことになりそうだ・・・)
  (バケツはまだ余裕がありそうだがなぁ・・・)

コンコン
電「し、失礼します」

提督「ん?おぉどうした電」

電「そ、その・・・あのぅ・・・」
 (いざ言うとなると恥ずかしいのです・・・!)

提督「・・・?本当にどうした?」

電「スゥー・・・あの!暁おねーちゃんのことよろしくおねがいしますなのです!おじ様!」
  
(ザクゥ!!)
提督「・・・・・・・・・・・・・・・・カハッ」
  (スッ・・・ゴン)

電「あ、あの・・・おじ様?」

(ザクッ)
提督「・・・・・・・グフッ」

電「あ・・・あれ?」

ガチャッ!
響「Ура!」

95 : ◆Xa04WC0Zv2[sage] 2015/05/07 22:54:42.56 ID:xdV0mrSY0

GWあけしょっぱなから4時間残業とか何を考えているんですかねぇ・・・あぁ雷のヒモになりたい。23時ごろ少し投下するー
お父さんは睦月型でやろうか、それとも潜水艦でやろうか検討中

96 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/07 23:01:06.60 ID:xdV0mrSY0

提督「おーい暁さんやー」

暁「んー?なにー?」

提督「誕生日おめでとう」

暁「また唐突ね」

提督「いやーまぁ、な・・・どうだ、今夜どっか飯でも」

暁「残念でした。今夜は妹達と七駆の子達と食べに行くの」

提督「あちゃー出遅れたか・・・」

暁「でもま、昔みたいになーんにも覚えてないよりかはマシかな?」ヨシヨシ

提督「頭を撫でるでない。それより引率とか大j」

暁「いったい誰が司令官の面倒を1年半も見てきたのかしら?」

提督「だな。まぁ緊急時はちゃんとコールしてくれ。飛んでいくから」

暁「ふふっ・・・その時は頼りにしてるわ」

115 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:07:20.21 ID:fiM5XED80

ただいま。部長の息子がかなりいい奴で焦った。てか隠れアニオタって大変そうだなって思った。

まだ真っ暗だし土曜日の深夜だよね!眠気ヤバイけどなんとかモシモシから書き写した分だけでも投下して寝る。

続きは昼か夜くらいにでもやる

116 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:09:06.81 ID:fiM5XED80

睦月「これより睦月型会議です!はりきってまいりましょう~!」

パチパチパチ

如月「それじゃ、今回の議題は?」

卯月「はーい!司令官のことをなんて呼ぶかっぴょん!」

望月「うあーめんどいなー司令官で良いじゃん・・・」

三日月「そうですね。司令官は司令官名わけですし・・・」

弥生「でも・・・今の流行。霞もやってた・・・」

長月「霞までもか・・・」

皐月「何だかんだ言って霞は司令官のこと好きだしね」

菊月「といより嫌いな者がいないと言った方が正しいだろう」

睦月「はいはーい!というわけで司令官のことをなんて呼ぶか決めようー!」

117 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:09:51.21 ID:fiM5XED80

望月「zzzzzz」

睦月「もっちー!早速寝ない!」

如月「ま、議題のことを考えるなら私なら、そうねぇ・・・あなた、とか」

長月「そういうのはなぁ・・・特定の一人からなら良いだろうが・・・」

菊月「それに、我々の容姿では戦艦や空母の人達ほどの威力が無いだろう」

文月「ん~でも戦艦や空母の人達よりも私たちのほうが長いこと一緒だよぉ~?」

皐月「ん~でも容姿はなぁ・・・そうだ!明石さんや夕張さんに頼めば!」

弥生「でも私や卯月はまだここに来てそんなにたってないよ?」

皐月「そうだったぁ!」

卯月「・・・くふふふっ!うーちゃんにいい考えがあるぴょん!」

118 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:10:56.81 ID:fiM5XED80

提督「いやぁ~最近ウチの艦娘達からの誘惑がすごくてさぁ~」
  「いやいや!性的な意味じゃなくな!こうなんていうのかね・・・」
  「こっちの精神と理性に訴えかけてくるような凄まじさがねー」
  「おいおい・・・俺は最近ロリコンでもある。にまで進化したんだぜ?」
  「は?節操なし?うるせーお前みたいな変質者じゃないだけマシだ」

睦月「司令官は電話中みたいにゃ」

如月「ん~会話からすると結構親しい人みたいね」

弥生「電話中だし・・・もう少し待つ?」

望月「いいじゃ~ん第一陣とっとと行くよー」

ガチャ
望月「親父~今日の遠征何時から何処~?」

提督「あ、すまんちょっと待ってくれ」
  「今日は09:00からいつもどおり頼む」

望月「あ~い、ところで親父~電話相手誰だ~?」

提督「・・・・・・・・・」

望月「どした~?」ニヤニヤ

提督「あ、すまん。ちょっと切るわ」
  「あれ、ちょっとまって俺まだオヤジって年齢じゃな」

睦月「お父さ~ん!今日もお使い張り切っていくにゃー!」

提督「!?」

119 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:11:35.00 ID:fiM5XED80

如月「うふふふ仕方の無い子達ねぇ・・・そう思わない?お父さん」

提督「お、おい・・・?」

弥生「お父さんの教育が悪い。」

提督「ちょっとまって・・・ちょっとまって・・・それと弥生さん、怒ってますか?」

弥生「怒ってなんかないです」

提督「そ、そうか・・・てか如月、お前どういう意味で」

如月「あらあら・・・だってお父さんはみんなのお父さんでしょ?」

望月「そうそうーあ、煎餅もらうね」

提督「わかったぞ・・・暁の影響だな!」

睦月「せいかーい!さっすがお父さんにゃしぃ!」

提督「しかしなんでまたお父さん?」

120 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:12:56.57 ID:fiM5XED80

バァーン!
卯月「それはうーちゃんからパパに説明するぴょーん!」

皐月「あー!ボクと文月も一緒にって言ったじゃーん!」

文月「卯月ちゃん抜け駆けはずるいよぉ~」

提督「パパ・・・パパ・・・か・・・」

文月「パパは鎮守府のパパだからパパになったの~」

皐月「それにほら、ボク達って親がいないじゃないか・・・だからパパになってくれたらなって!」

卯月「ぷっぷくぷぅー色々あるけど流行に乗っただけぴょん!」

三日月「あの・・・それは考えていたこととか全部すっ飛ばしてませんか?」

提督「卯月・・・台本面倒くさくなったな?」

卯月「ぷっぷくぷぅ~!」

三日月「もう・・・お父様や皆を困らせちゃ駄目でしょ?」

提督「お、お・・・お父様・・・」

121 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/17 04:14:30.76 ID:fiM5XED80

三日月「あれ?あ、あの・・・?」

睦月「むぅ~お父様が正解だった~?」

如月「あらあら・・・」

文月「うみゅぅ~ぱぱぁ~?」

提督「oh...」ナデクリナデクリ

文月「ふみぃ~」

皐月「あぁ~ズルイ!ボクもボクも!」

卯月「パパ~卯月も撫でてくれないと拗ねるぴょ~ん!」

提督「おぉすまんすまん・・・」

望月「zzzzzz」

弥生「お父さん、望月寝ちゃったんだけど布団ある?」

提督「おぉーそっちの部屋に毛布があるはず」
  「そういえば長月と菊月は?結構しっかりしてるしあいつらが保護者役か?」

131 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:45:04.52 ID:v8iSnBtx0

おはようごじゃいます。夜勤明けは辛いです。昼間まで寝るつもりが夜まで寝てました。
更新していくよー

132 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:46:26.37 ID:v8iSnBtx0

間宮「いきなり子沢山になりましたね」クスクス

提督「いやぁ~ごっことは言えやっぱお父さんと呼ばれるのは嬉しいですねぇ~」デレデレ

卯月「ぷぅ~ごっことか酷いぴょ~んこれからはぁ~ずぅ~っと!パパにするぴょ~ん!」

如月「ふふふ、お父様、冷やしぜんざい食べてみます?」

提督「おぉそれはそれで気になってたんだ」

三日月「あの、それは私の呼び方・・・」

如月「あらあら、どうせなら色々な呼び方を楽しみたいじゃない」クスクス
  「はい、お父様、あ~ん」

提督「あ~っん・・・ふむ・・・赤福を水で溶いたみたいな感じだな」

暁「・・・・・・・・・・」コソッ

133 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:47:00.70 ID:v8iSnBtx0

間宮「まぁ、どちらとも餡子とお餅ですからね」(・・・?)暁「」シィー

如月「あら?私はこういうの好きよ?」

睦月「餡子isお餅!」

弥生「睦月、それは色々間違ってると思う」

望月「あ~ういろう美味しい~」

文月「ぱぱぁ~あんみつも食べるぅ~?」

提督「おぉ!食べる食べる!あ~ん」

文月「あ~ん」

暁「」提督の横座り

134 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:47:46.17 ID:v8iSnBtx0

長月「皐月、そっちのバニラ少しくれないか?」

皐月「いいよー!その代わりそっちの抹茶頂戴!」

長月「あぁ、もちろんだ。」

菊月「やはり羊羹には熱い緑茶だな」

三日月「そういいつつ少し温めなんですね」クスクス

菊月「い、良いだろう別に!」

三日月「冷たいのも良いですから試して見ますか?」

菊月「う、うむ・・・」

提督「いやぁ~久々に楽しいおやつだなぁ~」

暁「本当、楽しそうね?」

135 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:49:10.40 ID:v8iSnBtx0

提督「・・・・・・・・・・・・・・・・・へぁっ!?」

暁「あ、間宮さんスーパー赤城翔天スペシャルMIXウルトラ盛お願いします。」

間宮クスクスクス「わかりました。」

提督(どどどどどうしよう!?いや、しかし今日の分は終わらせてるし大丈夫なはず!しかしこれはどういう判決になるんだ!?)
  「あ、暁さんや?食べれるのかい?」

暁「もちろん、睦月ちゃんたちと食べるに決まってるじゃない」

卯月(うーちゃんにいい考えがあるぴょん)
  「じゃーうーちゃんはストロベリーアイスも~らいっ!」

提督(こいつ、脳内に直接!)
  「あの、それすごくお高いんですが・・・」

暁「あら?提督の奢りなのよね?」

提督「・・・・・・・・・・・はい」

弥生(考えがあるの?)
  「お父さん、無理はしなくて良いよ」

提督「ははは、大丈夫さ・・・」

136 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:51:11.22 ID:v8iSnBtx0

皐月「おぉー!写真とかとっていい!?」

卯月(いたずらのスペシャリストをなめてもらっては困るぴょ~ん)

文月(あれをやるんだねぇ~)

皐月(どんな反応するのか楽しみだね!)

菊月「赤城さんでも苦戦したと言うあれか・・・楽しみだな」

長月「あの赤城さんがほぼ逝きかけたらしいからな」

暁「でもみんなで食べればへっちゃらよ」

望月「流石暁、やることが私たちと違う」

卯月文月皐月(せ~っの)
    「流石はママ!やることがちがう~!」

暁「・・・・・・・・・・・・えっ?ちょ、ママ?」

137 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:52:56.30 ID:v8iSnBtx0

菊月(なるほど)「母よ私たちもアレを頼むのは遠慮していたんだ、感謝するよ」

長月「フッ、母上と協力してならあれも食えるか」

暁「いや、母とか母上ってえ?あれ?どういうこと!?」

提督(おぉ!暁が困惑している!カワイイ!やったー!)

弥生「司令官がお父さんなら・・・」

睦月「暁がお母さん、なのです!」

如月「うふふ、そういうことよ~」

暁「い、いや!司令官とはまだそういう関係じゃないし!それにまだお母さんなんて・・・!」

提督「いいじゃないか、暁。「まだ」なんだろう?将来の予行演習だと思えば。」

暁「しょ、将来・・・!?え、こ、こんなにたくさん・・・?」カァー

望月「お袋さんよ~何を想像したの~」ニヤニヤ


138 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/05/23 22:53:48.28 ID:v8iSnBtx0

暁「な、なんでもないし!なんにも想像なんてしてないし!」

提督(暁はかわいいな。)「暁はかわいいな。」

暁「ふぇぁっ!?しれーかん!?」

弥生「声、もれてるよ」

提督「おっといかんいかん」

如月「確信犯かしらぁ~?」

提督「いやいや、紛う事無き本音だよ。暁、やっぱりお前が一番かわいく、愛しいよ」

暁「~~~~~!ふ、ふん!そんな事言ったってごまかされないんだからね!」

提督「もちろんだ。ちゃんとスーパー赤城なんちゃらは奢るし、特等席で食べると良いぞ」ヒザポンポン

暁「もう!私はお子様じゃないの!」

147 : ◆Xa04WC0Zv2[sage] 2015/06/23 22:58:30.31 ID:vGidoXUA0

お仕事忙しくなったの。だから更新できないの。ごめんねっ☆
露が終わるころ7月半ばごろからゆっくりできたらいいなーっ☆

148 : ◆Xa04WC0Zv2[sage] 2015/06/23 22:59:06.97 ID:vGidoXUA0

暁「雨ねー」

時雨「雨だねー」

響「雨は・・・いつか止むさ」

時雨「ちょっ!それボクの台詞!」

夕立「露は髪が跳ねて大変っぽいー・・・」

提督「エアコンかければいいじゃないか・・・」

暁「外に出たときがしんどくなるのよ」

夕立「それに髪は直らないっぽい」

時雨「癖っ毛はつらいんだよ・・・」

響「・・・・なんで暁は癖になってないんだろうね・・・・」

暁「髪の手入れをしっかりするのもレディーのたしなみよ?」

響「そう言いつつ・・・」

時雨「ただ司令官に」

夕立「褒めてほしいだけっぽい?」

暁「なぁっ!そ、そんなわけないし!」

152 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/06/28 17:09:42.85 ID:ujqlX+YJO



153 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/19 23:56:05.17 ID:N3ir1/gq0

執務中・・・

暁「む~ね~ひ~めた~♪」

壁 提督「・・・・」ニヤニヤ

暁「お~もい~ひ~とつ~♪」

壁 提督(録音、録音・・・)

暁「司令官、隠れてるのバレてるよ」

提督「なんだと!?」

加賀「優秀な子たちがいますから」

提督「あーそりゃバレるわな」

赤城「私もいます。」もっちゃもっちゃ

提督「いたのか、てかなに食ってるんだ・・・」

赤城「やきもちチョコドーナッツですよ」もっちゃもっちゃ

暁「結構おいしかったわ。私はバニラのほうが好きだけど」

加賀「ですがドーナツではポンデリングが至高です。これは譲れません」
  「さて・・・」

154 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/19 23:56:56.51 ID:N3ir1/gq0

赤城 コクリ「おにいちゃまもたべまちゅかぁ~?」

提督「ぬ?ぐぅ・・・もうその手にはのらんぞぉ・・・」

加賀「おにいちゃま、ほら、あ~んちて・・・?」

提督 <●><●>「アカツキサーン」

暁「フンフーン」←我関セズ

赤城 背後から両肩に手を置いて左耳元で
「ほりゃぁ・・・と~ってもおいちいぃよぉ~?」

提督「フスーッ!フンー!!フスッー!フンー!!」(鼻息)

加賀 ドーナツを銜えて
「んん~・・・」

提督「フッ・・・ヒッ・・・オホッ」

赤城 両ほほを支えて右耳元で
「おにいちゃまぁ~おくちあけてぇ~」

155 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/19 23:57:28.75 ID:N3ir1/gq0

提督「あ、あぁ・・・ぁ~ん」モグ・・・

加賀 ドーナツを両手で持って
「おいちぃでちゅかぁ~」

提督「おいちぃでちゅ~」(陥落

赤城「たぁ~くさん、あるから」

加賀「い~っぱいたべるんでちゅよぉ~」

ていとく「わぁ~い」

――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――
―――――――――――

161 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:39:55.52 ID:GQ10L12v0

今回は本当にただただ思いついたのものです。
暁一切関係ないです。浮気ではないです。ないです。

162 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:40:36.13 ID:GQ10L12v0

利根「提督殿~演習終わったぞ~」

暁「あら、殿さんお帰りなさい」

提督「お~殿おかえり~、で、守備はどうだった?」

利根「うむ、長門が相手の北上と木曾の開幕魚雷で轟沈判定を食らったがその後はこちらの航空戦力でうんぬんかんぬん」

提督「カクカクシカジカ」

利根「マルマルウマウマ」

提督「よし、ご苦労だった。今日はもう休んでいいぞ殿」

利根「うむ、では失礼するぞ!」
ガチャバタン

トノーテイトクナンテー? モウヤスンデヨイソウジャー! ヤッター!

武蔵「・・・・・・なぁ、提督よ・・・」

提督「ん?なんだ?」

武蔵「なぜ利根が殿なんだ・・・?提督を殿なら分かるが・・・」

提督「あーそれはなー・・・聞くも涙、語るもなm」

暁「利根さんが最初に来たとき噛んだのよ」

提督「なんでそこで切っちゃうかねぇ・・・」

武蔵「噛んだのか。」

提督「うむ。あれはカムラン半島へ始めて行った時だった・・・」

163 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:41:02.92 ID:GQ10L12v0

―――――――――――――――――――
以下回想
―――――――――――――――――――

川内「あぁ・・・夜戦、夜戦がしたいぃぃ~・・・」

夕立「素敵なパーティーが死体っぽいぃぃ~・・・」

赤城「慢心、ダメ、絶対。」ガタガタ(Lv1初出撃

鳳翔「大丈夫ですよ赤城さん、私がいますから」

暁「そうよ、ちゃんと私も護衛についてるから・・・そこの暴走組みは落ち着きなさい」

電「鳳翔さんは電がお守りするのです!」

提督「このあたりでは重巡や軽空母がもっともな警戒対象だ。」
  「今回は主力艦隊までは行かないから適度に方の力を抜くようにな」

赤城「うぐぐ・・・というか!なんでいきなり実践なんですか!演習くらいさせてください!」

電「問題ないのです。電は初期装備で鎮守府前海域を制圧できたのです!」

暁「しかも単艦でね。」

提督「オラびっくりしただ」

電「あの時は死ぬかと思ったのです!装備を作ったのに装備しない!暁ちゃんが着たのに編成しない!なのに出撃したのです!」

提督「いやぁ~ハッハッハッ」

―――――――――――――――――――
回想中止
―――――――――――――――――――

164 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:42:36.71 ID:GQ10L12v0

武蔵「まて、そこからやる必要があったのか?」

提督「ん?だって聞くも涙、語るも涙って」

暁「正直いらないわね。」

武蔵「うむ、いらんな」

利根「うむ、いらんの」

提督「おまえらひどくね?つか殿いつのまに!?」

利根「先ほどからずっとじゃ。ほれ、はよぅつづけんか」

提督「御意」

―――――――――――――――――――
回想再開
―――――――――――――――――――

165 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:43:31.63 ID:GQ10L12v0

暁「敵前衛部隊の重巡リ級の砲撃により赤城さんが大破したので帰投します」

提督「あいよ~初出撃だ。沈まなかっただけ優秀優秀」

暁「全く・・・」

川内「夜戦できたし満足」

夕立「昼も夜も一隻づつ沈めたし満足っぽい~提督さん、褒めて褒めて~」←MVP

赤城「うぅ・・・だから言ったのに・・・」

鳳翔「制空権はとりましたし頑張りましたよ」

電「赤城さんの仇は討ったのです!」

暁「いや、死んでないからね」

赤城「あれ?皆さん、報告です。偵察機から近くに艦娘がいるとのことです。」

提督「ぬ?野良艦娘か?とりあえずこのあたりは安全になったし回収してから帰ろうか」

166 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:44:24.29 ID:GQ10L12v0

暁「了解。赤城さん方向は?」

赤城「ここから西南西の方向です。近づいてきていますね」

鳳翔「あら、あれでしょうか?」

川内「もう終わったし私寝てていい?」

夕立「川内はそればっかりっぽい」

利根「もし・・・うぬらがこのあたりの深海共を掃討してくれたのかの?」

暁「そうよ。私は大湊警備府所属の暁型駆逐艦一番艦の暁。あなたは?」


利根「うむ!我輩は殿である!」


暁「との?」

鳳翔「との?」


電「おい、殿、真面目に答えろ」

167 : ◆Xa04WC0Zv2[] 2015/07/25 00:45:23.22 ID:GQ10L12v0

利根「ヒィッ!すいません!少し噛みました!」

利根「私は艦隊未所属利根型一番艦利根でございます!」

電「なるほど、では殿さんよろしくお願いします。なのです。」

利根「え?いや、私はとn」

電「殿さんよろしくおねがいします。」ニッコリ

暁「諦めなさい。殿さん」

提督「よろしくな、殿」

利根「う、うむ・・・よろしく頼む」

―――――――――――――――――――
回想終了
―――――――――――――――――――


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430466696/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP