PickUp
スポンサード リンク
1 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 00:45:01 ID:nXn

まる子「はぁ~」

まる子「たまちゃん、なんか楽しいことないかなぁ」

たまえ「え? そうだな~あっ、自殺はどう?」

まる子「自殺!? 良いね、やろうやろう!」

はまじ「おっ、さくら達じゃねえか」

まる子「あ、はまじ。これから遊ぶからヒマならアンタも来なよ!」

たまえ「とっても楽しいんだよ!」

はまじ「マジかよ! 行く、絶対行く!」

4 : 1◆QyzpWBPM9o[sage] 2015/06/03 00:47:16 ID:nXn

まる子「たまちゃ~ん、七輪ってこんなんで良いの?」

たまえ「多分大丈夫」

はまじ「スモーク焚く遊びか! よし、炭は俺にまかせろ!」

まる子「頼んだよ、はまじ」

はまじ「わくわくするぜぇ! あっ、ブー太郎も誘っていいか?」

たまえ「もちろん!」

7 : 1◆QyzpWBPM9o[sage] 2015/06/03 00:52:03 ID:nXn

ブー太郎「はまじからメチャクチャ楽しいことをやるって聞いたブー!」

たまえ「あはっ、そうだよ」

はまじ「すげー面白いんだろ!? 炭はウチから持ってきたぞ!」

まる子「あんた炭をそんなに……多すぎだよ!」

はまじ「へへへへっ!」

まる子「で、たまちゃん、どこでやるの?」

たまえ「ん~、あっ! あそこの空き家で良いんじゃないかな?」

まる子「決まったね! よーし、あたしゃ楽しみだよ~」

9 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 00:56:02 ID:nXn

はまじ「よし、セット完了だ!」

ブー太郎「ブー!」

たまえ「火つけて!」

まる子「はいよ~! ついた!」

ブー太郎「うおおお! 忍者になったみたいだブー!」

はまじ「こっからどうするんだ?」

たまえ「まぁ焦らないで! 待ってればいいの!」

はまじ「おお!」

まる子「ゲホッゲホッ……きたよきたよぉおお」

はまじ「ええ!? さくらからかよ! 一体なんなんだよぉおおお!」

10 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:00:08 ID:nXn

はまじ「ゴホッ! ゲホッ!」

はまじ「俺の番はまだかよ! ゲホッ……」

まる子「あががが……が……」

ブー太郎「ブー……ぐぎぎ……」

たまえ「ははは……」

はまじ「お、い……ゲホッ」

12 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:04:06 ID:nXn

たまちゃんの父「ほう! たまえがまるちゃん達と練炭自殺!?」

たまちゃんの父「記念に撮っておくか! たまえ、もうちょい舌を出してくれ!」

さきこ「まる子あんた! 偉いわねえ!」

友蔵「本当じゃ! まる子……偉いぞぉ……」

友蔵「『孫自殺 その様を見て 涙する』友蔵 心の俳句」


13 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:07:35 ID:nXn

丸尾「くぅうううう! さくらさん達に先を越されてしまいましたか!」

丸尾「これでは私、丸尾末男。学級委員として恥でしょう! 急いで死ななければ!」

大野「おお、丸尾! 聞いたか? さくら達……」

丸尾「ええ! おや、その手に持っているのは?」

杉山「見て分かんだろ、ロープだよ。俺たち、飛び吊り自殺するんだよ!」

丸尾「何ですと! 飛び降りと首吊りの複合技ですとな! ぐぬぬ……負けてられません!」

14 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:09:34 ID:nXn

丸尾「母様!」

丸尾母「なんですか、末男さん! そんなに張り切って」

丸尾「私、焼身自殺がしたいのです!」

丸尾母「!?」

丸尾母「なんと立派な……! 末男さん、偉いわ! これを使いなさい」

丸尾「母様……ありがとうございます! 私、しっかり死んでまいります!」

15 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/06/03 01:13:11 ID:BL9

深そうに聞こえてくる不思議

16 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:13:17 ID:nXn

丸尾「うおお……準備はととのいました」

まる子「丸尾くん、凄いよアンタ!」

たまえ「焼身自殺か……負けたッ!」

丸尾「むふ……むふふ……声が聞こえます。行きますよ! うおおおおおおおおおおお!」


藤木「……なんだ? すごい騒ぎだ!」

藤木「あれは……丸尾くん!」

通行人「小学生で焼身か! くそっ、俺も負けてられねえ!」

藤木「……もう誰にも僕を卑怯だなんて言わせない」

18 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:17:38 ID:nXn

藤木「母さん、包丁借りるよ」

藤木「共働きの両親が、僕の死にざまを見たらどう思うだろう」

藤木「きっとほめてくれるはず! 永沢くんも喜ぶだろう!」

藤木「うおおおおおおおおおおお!」

19 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/06/03 01:23:40 ID:K93

やめてくれ...

20 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:27:35 ID:nXn

永沢「丸尾君は焼身で、藤木君は割腹……くそっ! 僕もやってやる!」

永沢「火で死のう……でも、丸尾君と同じじゃ芸がない……そうか!」

永沢「焼身割腹だ!!! そうと決まればさっそく準備だ!」


山根「あ、永沢くん!」

永沢「山根君か。僕、自殺するよ」

山根「そうか、頑張って!」

永沢「うん、ありがとう! それじゃ!」

山根「(良い笑顔だ……)よしっ!」

21 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:30:46 ID:nXn

山根「父さん! 僕も自殺させてください!」

山根父「強……」

山根「ゴクリ」

山根父「偉いな、いつの間にかそんなに立派になっていたとは。よし、死ね!」

山根「ありがとうございます!」

22 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:33:19 ID:nXn

永沢「腹を切った……い、痛い……次は火を点けなくちゃ……!」

永沢「うおおおおおお! ……ぐぎゃあああああああああああ!」

城ヶ崎「永沢くん! 私も! あああああああああああああああ!」

永沢「城ヶ崎!? よし、一緒に行こう!」

城ヶ崎「うん!」

25 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:36:37 ID:nXn

笹山「大野君と杉山君が、サッカーのゴールネットで首を吊ってる」

笹山「大野君から滴り落ちる体液……」ジュルッ……

笹山「我慢できない! 大野君! あはっ、美味しい!」

笹山「大野君、私も死ぬ!」

大野「……」

笹山「笑ってる、カッコいい……」

26 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:39:31 ID:nXn

山田「オイラも自殺したいじょおおお!」

野口「……」

山田「あ、野口! オイラに自殺のやり方教えておくれよ!」

野口「何でもいいのかい?」

山田「ううん、オイラ、目立てるのがいいじょ」

野口「じゃあ飛行機から飛び降りるんだね」

山田「分かったじょ! ありがとう、野口!」


27 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:48:25 ID:nXn

山根「ハチに刺されまくろうかな……」

山根「くそっ、ダメだ! どうすれば良い自殺ができるんだ!」

山根「くそぉおおおおおおおおおおおお!」

山田「あで、山根君だじょ!」

山根「山田……」

山田「オイラ、飛行機から飛び降りて死ぬんだじょ! どうだい?」

山根「……凄いよそれ! そうだ、僕も同じ死に方して良いかな?」

山田「別にいいじょ! オイラ、どうやって飛行機に乗るか分からなくて困ってたんだじょ~」

山根「頑張って自殺しようね、山田くん!」

28 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:52:54 ID:nXn

みぎわ「花輪君、いまどこにいるの? 一緒に死にましょうよ!」

花輪「ソーリーベイベー。ボクは海外にいるのさ。僕はこれからダイナマイトで自殺するのさ」

みぎわ「え~っ! ずるいわずるいわ!」

花輪「君にはシンプルな首吊りが似合うよベイベー」

みぎわ「そうかしら? じゃあそうするわ。愛してるわ花輪君~」

花輪「ははは! 最高の自殺だ! はははははははは」

29 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 01:56:15 ID:nXn

関口「自殺方法が思いつかねえ……」

小杉「おれはもう決めてるんだ」

関口「なんだ? もったいぶらず教えろよ」

小杉「うひひ……青酸カリチョコを食うことにしたぜ……」

関口「お前らしいや! あ~はまじ達が、俺も誘ってくれればよかったのによ!」

30 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:01:21 ID:nXn

長山「やあ、二人とも!」

関口「おお、長山か! 何持ってんだ?」

長山「トリカブトや毒キノコだよ! これで死ねるんだ!」

小杉「へ~、うまそうだな」

長山「一度、食べてみたかったんだ 君にも分けてあげる」

小杉「うおお! いいのか?」

関口「俺にも死ねる量をくれよ! 頼む!」

長山「はい」

関口「ありがとう! でも、本当にいいのか?」

長山「妹の分も含めて、大目に取ってきてるから大丈夫だよ! 頑張って自殺しようね!」

関口「おう!」

小杉「やってやるぜぇええ!」

33 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:10:46 ID:nXn

野口「死ぬならやっぱり薬! ププッ!」

野口兄「さっきからうるせえぞ笑子!」

野口「私、死ぬからね」

野口兄「なに? お、俺より先に自殺だとぉおおお!? 許さねえ!」

野口兄「柿絵と心中してやる! うぉおおおおおお」

野口「フン、こっちのほうが早いよ。ぐあっ!」

34 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:15:54 ID:nXn

笹山「大野君の体液でお腹いっぱい♪ さて……」

前田「早く死にましょうよ!」

冬田「笹山さん! 飛び込みの準備できてるわよ。やっぱり私たちは美しく死なないとね!」

笹山「そうね……フフフ」

前田「ここから飛べば、遺体は海流で流されて見つからないんだって」

冬田「ロマンチックよねぇ……私たち、海の一部になるんだわ……はっ!」

前田「おりゃっ!」

笹山「大野くん……今行くからね!」

35 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:22:07 ID:nXn

とし子「私も自殺しよう。クラスメートで感電死で死んだ人はいないのか……よしっ!」

とし子「家庭用のコンセントでもやりようによっては死ねる……けど」

とし子「私、もう地味なのは嫌だ! 高圧電流で死にたい! 見ててね、まるちゃん、たまちゃん!」

36 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:27:53 ID:nXn

とし子「発電所……これで良い。作業が始まれば高圧電流が流れて死ねる」

たまえ「とし子ちゃん、やるぅう!」

とし子「えへへ……たまちゃんの声が聞こえる」

まる子「がんばれ、とし子ちゃん!」

たまえ「なんで1回しか死ねないんだろう! もっと自殺したかった!」

とし子「悔いのない自殺を!」

とし子「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ」

37 : 1◆QyzpWBPM9o[] 2015/06/03 02:31:54 ID:nXn

戸川「父兄のみなさん、お集まりいただきありがとうございます」

ヒロシ「まる子のクラスはなんて凄いんだ……」

たまちゃんの父「ええ、みんな頑張って自殺した」

戸川「素晴らしいですよ! 生徒が全員自殺……なんて光栄なんでしょう!」

戸川「涙が止まりません!」

ヒロシ「うっ、俺も感動で涙が……」

たまちゃんの父「自殺! 自殺! 自殺!」

ヒロシ「自殺! 自殺! 自殺!」

一同「自殺! 自殺! 自殺!」

END

38 : 名無しさん@おーぷん[] 2015/06/03 02:36:54 ID:QFE

闇深すぎ


元スレ:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1433259901/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
270位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP