PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:13:27.31 ID:atI4F+kO0.net

あかり「ホームで電車を待つよぉ」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:19:37.09 ID:atI4F+kO0.net

夜だった

全く静かだった

あかりちゃんは高岡駅にいた

ホームは地方都市ながら広かった

だけど人はまばらだった

時折停車する特急電車が

日本第二の都市圏から連れてきた

この北側の日本の何処へと行くのかわからない大勢の人を乗せて

東の方へと走っていく

あかりちゃんはベンチで座っている

あかりちゃんは電車を待つ

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:21:45.35 ID:atI4F+kO0.net

暗く

静かだった

僅かばかり進めば田畑や自然の広がる街だった

あかりちゃんは静けさの中

眠りに落ちてしまった

あかりちゃんは膝の上にある鞄を抱いたまま

ゆっくりと浅く短い眠りの中に入っていった

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:26:31.79 ID:atI4F+kO0.net

あの日乗り遅れた電車の事を思い出す



あかり「あれ?さっきまで夜だったのに明るいよぉ」

櫻子「あかりちゃん!」

あかり「櫻子ちゃん!?」

櫻子「あかりちゃんもお出掛け!?」

あかり「いや・・・その、あかり・・・」

櫻子「?・・・どうしたの?様子がおかしいよ?」

あかり「さっきまで夜で・・・それで電車を待ってて・・・」

櫻子「???」

櫻子「変なあかりちゃん!まだお昼だよ!駅のホームではあるけどさ!」

あかり「そ、そうだよねぇ・・・あはは・・・あかり夢でも見てたのかなぁ・・・!」

櫻子「そうだよ、あかりちゃん!きっと寝ぼけてたんだよ!」

櫻子「さっきお昼になったばかりだからこんなに明るいのに!」

あかり「そ、そうだねぇ・・・」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:28:47.70 ID:atI4F+kO0.net

櫻子「あかりちゃんも電車でおでかけかぁ・・・」

櫻子「偶然だね!」

あかり「偶然だよぉ」

櫻子「私はこれから――にいくんだけど、あかりちゃんは?」

あかり「あ、あかりは・・・」

櫻子「あかりちゃんは?」

あかり「あかりは・・・――にいくんだよぉ・・・」

櫻子「私と一緒だ!」

あかり「そ、そうだよぉ」

櫻子「じゃあ一緒に行こうか!」

あかり「・・・・・・・・・・・・う、うん!」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:31:32.40 ID:atI4F+kO0.net

あの日乗り遅れた電車を思い出す

夢の中で

そこには櫻子ちゃんがいて

だけどあの日あの時そこにいなかった

あかりがいた

あかりはあの日櫻子ちゃんとこうして

駅のホームで会ってはいない

だけど今

過去の櫻子ちゃんがそこにいて

あかりはあの日いなかった駅のホームにいた

あかりは何故かそこにいた

お昼だった

――季節は初夏だった

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:35:09.92 ID:atI4F+kO0.net

どうして・・・?という疑問も

夢だから

という結論で済ませた

あかりちゃんと櫻子ちゃんは電車をまつ

やがて小さな体を揺らす律動が響き

駅のホームへと電車が入ってきて

その扉を開けた

体を揺さぶるゴトゴトと響く電車の律動を感じて

うっすらと汗ばんできたこめかみのあたりの汗を感じて

あかりちゃんはその妙な幻の

夢の中の電車に足を踏み入れる

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:41:40.93 ID:sYeAGb+n0.net

電車の中にはいつもどおりまばらに人がいた

通勤や通学の時間にならなければ

混むということをしらない電車立った

あかりちゃんと櫻子ちゃんは

並んで座った

あかりちゃんは違和感を覚えながらも

体を座椅子に沈めた

他の客は置物のように動かなかった

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:43:29.77 ID:sYeAGb+n0.net

櫻子「あかりちゃんは学校では――」

櫻子ちゃんがお喋りをする

あかりちゃんはそれに応える

夢の中の世界だからそれはきっと

自問自答なんだとあかりちゃんは思っていた

だけどあかりちゃんは目の前の櫻子ちゃんに対して

丁寧に一つ一つ応えていた

あの日乗り遅れた電車

電車は走る

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:46:12.41 ID:sYeAGb+n0.net

櫻子「ねぇあかりちゃん」

あかり「なぁに櫻子ちゃん」

櫻子「あかりちゃんは何か後悔してる事ってある?」

あかり「・・・え?」

櫻子「例えばだよ」

あかり「あかりは・・・・・・」

櫻子「・・・何かあるの?」

あかり「どうしていきなりそんなこと・・・」

櫻子「うーん、どうしてだろうね・・・」

あかり「・・・・・・・・・」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:48:04.56 ID:sYeAGb+n0.net

櫻子「だけどそれはきっと」

あかり「うん」

櫻子「聞いておかなければならない事だから」

あかり「・・・うん」

櫻子「だから・・・」

だからこれは自問自答だと思う

あかりちゃんはそう思って

口を開く

あかり「あかりは・・・」

櫻子「・・・・・・・・・」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:49:52.40 ID:sYeAGb+n0.net

櫻子「私の事で赤座あかりは悩みを持っている昔から今も」

あかり「あかりは・・・」

櫻子「全部わかってるよあかりちゃん」

あかり「・・・・・・・・・」

櫻子「あかりちゃんは・・・・・・」

あかり「・・・・・・・・・」

櫻子「こ れ が 夢 だ と で も 思 っ て る の ?」

あかり「・・・え?」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:52:22.29 ID:sYeAGb+n0.net

あかり「・・・・・・・・・え?」

櫻子「あかりちゃん」

あかり「・・・・・・ぁ」

櫻子「あの日乗り遅れた電車」

あかり「・・・・・・・・・」

櫻子「あれにあかりちゃんも乗っていたのなら・・・」

あかり「・・・・・・・ぁ・・・ぁあ」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:54:41.72 ID:sYeAGb+n0.net

電車の律動があかりちゃんの覚醒を叩きつける様にして引っ張り出す

あかり「ぶっひええええええええええええええええええ」

あかりちゃんは大声を上げて起きて

自分が今、夜のホームで電車を待っていたという状況を

周囲の光景で思い出す

あかり「ぶ、ぶっひぇー・・・あかり凄い夢を・・・」

あかり「すごい夢を・・・」

あかり「あかりは・・・」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:56:56.25 ID:sYeAGb+n0.net

あかり「あかりは・・・」

あの日乗り遅れた電車の夢を

あかりは時折見る

だけどあかりちゃんは覚醒してしまう

あの電車が目的地に着くことはない

あかりちゃんはいつも置いてけぼりにされる

あかりちゃんが欲している結末を

あの夢は辿ってくれない

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 12:58:36.39 ID:sYeAGb+n0.net

櫻子「こ れ が 夢 だ と で も 思 っ て る の ?」

その言葉を

あかりちゃんはいつも疑っている

もしかしたらあれは本当に夢じゃなく

いつかなにかの瞬間に

あの電車は永遠に

あかりを乗せて

行ってしまうのかもしれない

まだその時期じゃないのかもしれない

あかりは・・・いつか・・・

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:03:11.25 ID:sYeAGb+n0.net

あかり「あかりは・・・」

向日葵「夢でまた櫻子に会ったと・・・」

あかり「そうだよぉ」

向日葵「でもそれはただの」

向日葵「夢ですわ」

あかり「わかってるよぉ・・・」

向日葵「赤座さんが気にかける事はないのです」

あかり「でもあかりは・・・」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:03:31.62 ID:sYeAGb+n0.net

向日葵「いいですか、赤座さんこれは赤座さんの問題じゃないんですわ」

あかり「・・・・・・・・・」

向日葵「幼馴染でもない赤座さんの問題では・・・決して・・・」

あかり「・・・・・・今日はもう帰るねぇ・・・ありがとう・・・」

向日葵「・・・・・・ええ、わかりましたわ」

あかり「それじゃあ」

向日葵「あ、赤座さん待ってくださいまし」

あかり「向日葵ちゃん?」

向日葵「良い精神病院を見つける事をおすすめしますわ」

あかり「・・・・・・」

向日葵「櫻子と会っているなんて戯言をもう吐かないためにも・・・」

あかり「さよならだよぉ」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:05:51.00 ID:sYeAGb+n0.net

いつだってそうだった

向日葵ちゃんはあかりに対して上品に

酷く社交性をもって

あかりが櫻子ちゃんの話をするのを

心の奥底で憎んでいた

綺麗に包装された悪意を

僅かばかりあかりに寄越した

あかりはそれを無視していたけど

それはきっと人の在り方の当然あるべき感情なのだと

思った

あかりは櫻子ちゃんのことが好きで

櫻子ちゃんはあかりのことが好きだったから

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:07:43.77 ID:sYeAGb+n0.net

そうして遠い所にあるだれかの心と共に

櫻子ちゃんの夢への誘いで

あかりはきっと

色々なものを見過ごしていた

あかり「あかりがこれからすることは・・・」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:08:10.61 ID:sYeAGb+n0.net

あの日乗り遅れた電車を最後までいくことでしかなかった

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:10:55.74 ID:wFJPmRVL0.net

あかりは・・・

櫻子「そうしてまたここに来たわけだ」

あかり「そうだよぉ」

櫻子「行先は知ってるの?」

あかり「・・・ううん」

櫻子「もう戻れないとだけ言っておくよ」

あかり「うん」

櫻子「それでもあかりちゃんは」

櫻子「いいの?」

あかり「・・・・・・」

櫻子「もう戻れなくても」

櫻子「いいの?」

あかり「・・・・・・・・・」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:12:15.06 ID:wFJPmRVL0.net

あかり「嫌だよぉ」

櫻子「・・・・・・」

あかり「あかりは」

あかり「もちろん帰りたいよぉ」

櫻子「・・・・・・・・・」

あかり「それでも」

櫻子「!」

あかり「それがあかりの中の櫻子ちゃんの」

あかり「のぞむことなら」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:14:23.87 ID:wFJPmRVL0.net

あかり「あかりはこの電車に乗っていくよぉ」

櫻子「そう・・・」

あかり「あの日あかりが乗り遅れた電車」

櫻子「・・・・・・・・・」

あかり「櫻子ちゃんだけ先に行かせてしまって」

あかり「ごめんねぇ」

あかり「だけどあかりも今乗ったから」

あかり「だから」

櫻子「あかりちゃんはそれでも自分よりも私に付き合うの?」

あかり「・・・うん」

あかり「それがあかりの心だから」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:21:18.60 ID:wFJPmRVL0.net

櫻子「・・・・・・・・・」

あかり「・・・・・・・・・」

櫻子「・・・・・・・・・」

あかり「・・・・・・・・・」

櫻子「そうだよね・・・」

あかり「・・・うん」

櫻子「あかりちゃんはそういう子だからね」

あかり「うん」

櫻子「私もそれを知っているから」

あかり「うん」

櫻子「だからきっと私もまだあかりちゃんに夢の中で会えるんだ」

櫻子「あかりちゃんが私を思ってくれるから」

あかり「あかりは・・・」 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:21:54.77 ID:wFJPmRVL0.net

櫻子「あかりちゃん」

あかり「なぁに?」

櫻子「まだこの電車は目的地につかないんだ」

あかり「うん」

櫻子「だからそれまで踊ろうよ狭い車内だけどさ」

あかり「・・・・・・うん!」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:24:02.95 ID:wFJPmRVL0.net

電車の外はいつの間にか夜だった

車内の座席を照らす

古くて黄色っぽい光と

月光が満ちている

あかりちゃんと櫻子ちゃんは互いに手をとって

踊り出す

狭い車内ではあるけど

それを感じさせない程

優雅に舞う

あかりちゃんと櫻子ちゃんは踊り続ける

ワルツを

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:26:50.86 ID:wFJPmRVL0.net

北へと向かう電車は

車内灯が照らす範囲だけが世界だった

外は真っ暗だった

そうして北へ向かって

暗闇の中踊り続けて

そうやってある時突如世界を覆った光に

あかりちゃんと櫻子ちゃんは包まれた

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:31:40.66 ID:wFJPmRVL0.net

あかりちゃんの人生はそこで閉じた

あの日の櫻子ちゃんを

あかりちゃんは追っていった

電車正面ライトに照らしだされたあかりちゃんは

月光の下で蝶のように舞っていたという

駅のホームで目を瞑り笑みを浮かべて

優美に一人踊るあかりちゃんを

そこにいた何人かの人が目にしていた

その最後の瞬間

舞った先はホームに滑り込んできた電車のライトの中だった

精神科での診察の帰りだったという

40 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/05/16 13:35:20.88 ID:wFJPmRVL0.net

向日葵「・・・・・・・・・」

もう戻らない物が

向日葵ちゃんの世界に二つあった

だけどもう重ならないはずだった二つの心――

あかりちゃんと櫻子ちゃんの心は

そうやって再び重なった

向日葵「・・・・・・!」

――櫻子と踊る為には自分ですら捨てること

向日葵ちゃんは口を強く結ぶ

あかりちゃんが望んだのは

いつでも櫻子ちゃんと

「ワルツを踊る事だから」



おわり


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1431746007/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP