PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆5m18GD4M5g[sage] 2015/05/04 10:44:34.22 ID:fIShVnUU0

海馬「そんな馬鹿な!?今まで何度も毎日ブルーアイズでヌいてきた!」

海馬「最近は手も触れずに想像するだけでイッてしまうほどだぞ」

海馬「なのになぜ突然ヌけなくなった!?」

海馬「クソ…何かの間違いだ、俺がブルーアイズでヌけなくなるはずない!」

海馬「もう一度試してみよう、そうだ…何かの間違いに決まっている…」


2 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 10:46:01.45 ID:fIShVnUU0

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

海馬「…」シコシコシコシコ

3 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 10:47:44.57 ID:fIShVnUU0

海馬「…」シコ…

海馬「ありえん…そんな馬鹿な!?」

海馬「…何度やってもできない、いつもならこれで5回はイッているはずだ」

海馬「だが今はイクどころか勃つことすらできないだと!?」

海馬「なぜだ!なぜ勃たない!?俺はEDになったとでもいうのか!?」

海馬「くっ…最愛のカードを前に俺はシコることができないとは…」

海馬「すまない…ブルーアイズ…非力な俺を許してくれ…」

6 : ミス>>5[saga] 2015/05/04 11:00:34.19 ID:fIShVnUU0

トン トン

海馬「なんだ?今の俺は取り込んでいるんだ」

モクバ『俺です、兄様』

海馬「モクバか…入れ」

ガチャ

モクバ「兄様、失礼します」

ピクッ

海馬「!?」ガタッ!

モクバ「…どうかしたんですか?兄様?」

海馬「あ、いや…新しいデュエルディスクの調整を行っていたところだ、なんでもない」

7 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:01:16.33 ID:fIShVnUU0

海馬「そういうモクバは何しに来た?」

モクバ「さっき宅配で兄様宛に高級菓子が届いたので渡しに」

海馬「そうか、別にわざわざお前がやらなくても磯野がやればよかったものの…」

モクバ「受け取ったの俺だし、せっかくだから届けてやろうと思って」

ムクムク

海馬「!?」ガタッ!

モクバ「さっきからどうしたんですか?」

海馬「なんでもない、少し虫がいたから追い払っただけだ」

モクバ「そうですか…」

海馬「にしてもわざわざご苦労だったな、礼を言うぞ」

モクバ「どういたしまして」

8 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:01:55.20 ID:fIShVnUU0

海馬「それじゃあモクバ、それをここに置いておいてくれ」

モクバ「はい」コトッ

海馬「仕事が終わったらチェスやデュエルでもしようか」

モクバ「わかりました」ニコッ

海馬「///!?」ドキッ

ムクムク

海馬(ぐっ!?)

海馬(何故だ…何故モクバを見た途端俺の股間が騒ぎ出したのだ!?)

海馬(静まれ…静まれ俺のブルーアイズ!)

9 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:03:20.89 ID:fIShVnUU0

モクバ「それじゃあ」

バタン

海馬「うっ…ううっ…」

ドピュッ!

海馬「…ふぅ……」

海馬「はっ…!?」

海馬「な、なんということだ…よりによってモクバでイッてしまうとは…!?」

海馬「実の弟に対して欲情するとは…俺は………そこまで落ちぶれたというのか…」

海馬「…だが何故突然モクバでイッてしまったんだ?」

海馬「何かしら理由があるはず…」

海馬「モクバは小学生…子供…男の子…ショタ…ショタ!?」

海馬「まさか!?」


11 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:04:54.35 ID:fIShVnUU0

海馬「影霊衣の術士 シュリット…」

ドピュッ!

海馬「うっ…ふぅ……」

海馬「闇霊使いダルク…」

ドピュッ!

海馬「うっ…ふぅ……」

海馬「ガスタの希望 カムイ…」

ドピュッ!

海馬「ううっ…!股間が……もう限界か…」

12 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:06:34.28 ID:fIShVnUU0

海馬「しかしこれでわかった…」

海馬「何時ぞや俺はブルーアイズではなくショタコンに目覚めてしまったようだ」

海馬「しかもイク頻度はブルーアイズとは変わらない…」

海馬「クッ…なんということだ!?ブルーアイズではなくショタでイッてしまうとは…!」

海馬「最愛にして最高のパートナーでヌくのがデュエリストというものだ…だがこれでは…!」

海馬「これでは…デュエリスト失格だ…、許せ…ブルーアイズ…」

13 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:11:17.74 ID:fIShVnUU0



海馬「ZZz…」


海馬『はっ!?ここはどこだ?俺は一体?』

???『瀬人様』

海馬『お、お前は…』

キサラ『私です』

海馬『何故お前がここに?一体に何をしに来た?』

キサラ『今日はあなたにお話しがあって参りました』

海馬『話だと?』

14 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:14:45.06 ID:fIShVnUU0

キサラ『あなたはブルーアイズでヌく事ができないと嘆いていますね』

海馬『ああ…恥ずかしながら俺はショタコンに目覚めたらしい…』

海馬『今までのようにブルーアイズでヌく事ができない…俺は…もうデュエリストとしての資格がない…』

キサラ『瀬人様、気を落とさないでください』

キサラ『ブルーアイズでヌけなくても、あなたの中にあるブルーアイズの愛は変わらない、そうでしょう?』

海馬『無論だ!俺の中にあるブルーアイズに対する気持ちだけは永遠に変わることはない!』

海馬『だが…何度もいうようにショタコンに目覚めた俺はもうブルーアイズで欲情することはできない』

海馬『どうしたらいい!?俺は一体…』

キサラ『落ち着いてください瀬人様、ある方法があります』

海馬『方法だと?』

キサラ『はい!』


15 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:17:47.19 ID:fIShVnUU0

キサラ『どうやっても、ショタに目覚めた瀬人様はブルーアイズで満足することができない』

キサラ『なら、ショタとブルーアイズを融合して満足したらいいのです』

海馬『何?ショタとブルーアイズを融合だと?』

キサラ『はい』

海馬『何を言っているんだ、新しいブルーアイズのカードでも出せというのか』

キサラ『いいえ、そんな回りくどいことではありません』

キサラ『ただ普通にショタの上にブルーアイズを被せればいいのです』

海馬『被せるだと?被せる…』

海馬『…そうか、わかったぞ!礼を言うぞ!おかげで二つとも愛することができそうだ!』

キサラ『期待にこたえられて光栄です!』ニコッ!

キサラ『それじゃあ私はこれで』

海馬『ああ』

16 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:19:55.41 ID:fIShVnUU0

海馬「…」ムクリ

海馬「あれは…夢だったのか?」

海馬「まあいい、夢であってもヒントをつかむことができた」

海馬「早速取り掛からなくては…」



海馬「…」プルルルルル

ガチャ

海馬「俺だ、海馬だ」

海馬「早速だが頼みがある、今すぐ俺の言うものを作ってくれ…」

海馬「できるだけはやくだ、いいな」

17 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:27:37.58 ID:fIShVnUU0

数日後

モクバ「兄様ったら、俺を呼び出してどうしたんだろう?」

ガチャ

モクバ「兄様、どうかしたんですか?」

海馬「モクバか、お前にしかできないことがあるんだ」

モクバ「俺にしかできない?」

海馬「ああ、新たな商品として近々ブルーアイズのきぐるみを発売しようと思ってな」

海馬「S、M、Lと三種類用意してあるが、Sの着心地がわからんのだ、MとLはすでにわかったが」

モクバ「それで俺に着させようとしたわけですね、兄様」

海馬「話がわかって助かる、早速着てくれ」

モクバ「はい!」

海馬(危ないところだった…あと少しで絶頂するところだった…)

18 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:28:54.21 ID:fIShVnUU0

青眼のモクバ龍「よいしょっと…これでいいですか、兄様?」

海馬「おお…これが…」

ムクムク

海馬「うぅ…」

青眼のモクバ龍「に、兄様?」

海馬「だ、大丈夫だ…少し眩暈がしただけだ!?」

青眼のモクバ龍「そうですか、無茶はしないでくださいね」

海馬「ああ、わかっている」

19 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:30:48.56 ID:fIShVnUU0

海馬「それで、着心地はどうだ?」

青眼のモクバ龍「ちょっと俺にはきついかな?見た目と違って中が窮屈です」

海馬「なるほど、改良をする必要があるな」

海馬「後モクバ、サンプルとして写真を取ることにする」

青眼のモクバ龍「わかりました」

カシャ カシャ

海馬「これでいいだろう、ご苦労だった」

モクバ「ふぅ…、中が結構暑くて死にそうだったぜ…」ヌギヌギ

海馬(ナカが…熱いだと?)

モクバ「おまけに結構汗かいた…ああもうシャワー浴びないと」

ムクッ

海馬(ぐぅ…!)

モクバ「それじゃあ兄様、もし用があるならまた呼んでよ」

海馬「ああ、ご苦労だった」

モクバ「それじゃあ」

バタン

ドビュ!

海馬「…また着替えなおさないといけないな」

20 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:37:24.02 ID:fIShVnUU0

海馬「…」

海馬「…モクバの脱ぎたてのきぐるみ…汗のにおいがするな」

クンクン

海馬「少し酸っぱいが、そのにおいがいい…//」

海馬「俺の最愛のブルーアイズからモクバの香り…//」

海馬「この二つが混ざれば、そう…神にも匹敵する!」

クンクン

海馬「うぅ…!」ビクッ!

海馬「ふぅ…予想外の収穫だ…、これは大切にとっておこう」

21 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 11:51:02.40 ID:fIShVnUU0

しばらくして

海馬「よし、写真の印刷ができた」ピラッ

海馬「おお…ふつくしい…流石俺の弟だ、見事に似合っている…」

ムクムクムクムク!

海馬「おお…俺の股間が…俺のブルーアイズが!」

海馬「高ぶる…高ぶるぞ!これだ…これが俺が求めていたものだ!」

海馬「いける…いけるぞ!」

シコシコシコシコ

海馬「くっ…!少し触れただけでこの感覚…!」ビクッ!

海馬「まずい…俺の滅びのバーストストリームが炸裂するううううう!!!」

ドビュルルルルルルルルルルルルルルル!!!

海馬「んほおおおおおおおおおおおおおおお////」ビクンビクン!

22 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 12:06:27.02 ID:fIShVnUU0

海馬「はぁ…はぁ…」

海馬「これは病み付きになるな…」

海馬「まさかデュエル以外でこれほど満足できるものがあるとは…」

海馬「感謝するぞ…モクバ…」

24 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 12:23:31.24 ID:fIShVnUU0

モクバ「なんか最近兄様の様子が変だな」

モクバ「俺を見た途端挙動不審になったりトイレにすぐに入ったりでたり…」

モクバ「…まさかまたペガサスやジークみたいなやつに会社を滅茶苦茶にされようとしているのか?」

モクバ「それとも下痢かな?」

モクバ「とりあえず兄様に聞いてみよう、俺も力になりたいし」


25 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 12:31:13.93 ID:fIShVnUU0

トントン

モクバ「兄様、いる?」

ガチャ

モクバ「…いないな、どこいったんだろう?」

モクバ「まあそれはそれで都合がいいや、何があったのか知るいい機会だ」

モクバ「えっと…何かないかな?」

モクバ「契約書とか何かのメッセージとか…」ガサゴソガサゴソ

モクバ「ん?なんだこれ?」

モクバ「…俺のきぐるみの写真に…俺が着たきぐるみ?」

モクバ「しかも俺の写真…なんか変なにおいがするしなんかついてる…」

モクバ「この臭い…どこかで…」

モクバ「…あ、思い出した!でもだとしたら…」

コツコツ

モクバ(まずい!誰か来る!)

27 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 12:57:37.07 ID:fIShVnUU0

ガチャ

海馬「ふん、こんなものか」

海馬「まあ少なくとも前よりはましみたいだな」

モクバ(とっさに近くのクローゼットに隠れたけど…)

モクバ(何で俺隠れたんだろう?兄弟なのに隠れなくてもいいんじゃ…)

モクバ(でもなんか本能的に隠れたような…身の危険を感じたみたいだ)

海馬「さて、今日は2日もしてないからな」

相場「早速モクニーで満足するとしよう」

モクバ(モクニー?)

28 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 13:15:08.51 ID:fIShVnUU0

海馬「ふぅん、相変わらずいつ見てもふつくしい…」

モクバ(兄様、俺の写真を見て何を…)

ボロン!

モクバ「!?」

海馬「モクバ…モクバァ…」シコシコ

モクバ(に、兄様…俺の写真であんなことを…!?)

海馬「モクバ…モク…バァ…ァァ…///」シコシコ

海馬「モクバ…お前に俺の滅びのバーストストリームを喰らわせるぞ!///」シコシコ

海馬「モクバアアアアアアアアアアアア!」ビュルルルルルルルル!!

モクバ「あ…ああ…」

30 : ミス>>27[saga] 2015/05/04 13:24:22.43 ID:fIShVnUU0

ガチャ

海馬「ふん、こんなものか」

海馬「まあ少なくとも前よりはましみたいだな」

モクバ(とっさに近くのクローゼットに隠れたけど…)

モクバ(何で俺隠れたんだろう?兄弟なのに隠れなくてもいいんじゃ…)

モクバ(でもなんか本能的に隠れたような…身の危険を感じたみたいだ)

海馬「さて、今日は2日もしてないからな」

海馬「早速モクニーで満足するとしよう」

モクバ(モクニー?)

32 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 13:32:45.46 ID:fIShVnUU0

海馬「ふぅ…思いっきりかけてしまった…」

海馬「にしてもまさかブルーアイズ以上にヌけるものがあったとは…」

海馬「灯台下暗しとはこういうことをいうんだな」

モクバ(に、兄様が…俺で…オ、オナ…!)

ガタッ!

海馬「誰だ!?」

モクバ「!?」ビクッ!

33 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 13:34:25.26 ID:fIShVnUU0

海馬「そこのクローゼットか!?」

海馬「どこのどいつだ!?中で隠れていたということは一部始終を見ていたな!?」

モクバ「あっ…ああ…」ガタガタ

海馬「見られたからには生かして返さん!でて来い!」

モクバ「…」

ガチャ

海馬「な、何…だと…!?」

モクバ「…」

海馬「モクバ…どうしてここに?」

34 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 13:43:58.71 ID:fIShVnUU0

モクバ「見ていたよ、兄様が今までやっていたこと」

モクバ「きぐるみを着せたのはこのためだったんだ…」

海馬「うっ…」

モクバ「なんで…なんで俺でオナニーなんかしてるんだよ…」

海馬「ち、違うんだモクバ…これには理由が…」

モクバ「理由?実の弟をオカズにしながらオナニーするってどういう理由だよ!?」

海馬「そ、それは…」

モクバ「失望したよ…兄様は今まで俺にたくさん優しくしていたけど…」

モクバ「まさかそれ全部性的な目で見るためだったなんて…」

海馬「あ…ああぁ…」

モクバ「…俺をおかずにオナニーする兄様は嫌いだ…」

海馬「モ…」

35 : ◆5m18GD4M5g[saga] 2015/05/04 13:47:48.03 ID:fIShVnUU0

海馬「モクバアアアアアアアアアアアア!!!!!」

こうして海馬兄弟の中は完全に崩壊し

片方は兄のあまりにも無様な様子を見てマインドクラッシュ

もう片方は弟に完全に嫌われマインドクラッシュ

海馬は絶望を味わい社長としての気力を失くし

海馬コーポレーションは完全に内部から崩壊、倒産した

海馬「モクバ…モクバァ…」シコシコ

だが、海馬瀬人は今でも弟のことを思いながら一人オナニーをし続けている

彼の気が済むまで、ずっとし続けるだろう

終わり


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430703864/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP