PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 07:33:04.33 ID:ERIDN60bO



ガチャッ


伊織「おはよう……ふぅ、暑くなって来たわね」パタパタ


小鳥「………………」


伊織「あ、おはよう小鳥」


小鳥「………………」


伊織「……ちょっと、無視しないでよ!」


伊織「何ボーッと応接間見てるの!?」チラッ












美希「じゃあじゃあ、質問タイムなの!」


美希「美希の事が、大好きな人ー!」


P「はーーーーーーーーい!」バッ


小鳥「」


伊織「」



2 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 07:39:19.68 ID:ERIDN60bO



美希「やん、嬉しいの!ハニー!///」


P「じゃあ、こっちからも質問な」


P「俺の事が、大好きな人ー!」


美希「はーーーーーーーい!なの!」バッ


P「ったくぅ、かわいい奴め!」


P「はい、イチゴババロアあーん」スッ


美希「あー………ん!」パクッ


美希「んんー!ハニーが食べさせてくれたら、いつもより美味しいの!」モグモグ


P「このぉ、口がうまい奴めぇ!」イチャイチャ


美希「えへへ、大好きなの!ハニー!///」イチャイチャ


小鳥「」(血涙)


伊織「」


伊織「」













伊織「」


3 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 07:45:38.46 ID:ERIDN60bO


伊織「…はっ!」ピクンッ


伊織「ちょ、ちょっと!あんた達!」


美希「ねぇ、ハニー?」イチャイチャ


P「なんだい?」イチャイチャ


美希「……あはっ、呼んでみただけなの!///」イチャイチャ


P「ったくぅ……こいつぅ!」イチャイチャ



伊織「無視すんじゃないわよ!」


5 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 07:51:14.87 ID:ERIDN60bO


伊織「ちょっと、こっち向きなさい!」グイッ


P「うぉっ」くるっ


美希「あっ……ムゥー、デコちゃん!ヤキモチ妬いてハニー奪っちゃヤ!」


伊織「や、ヤキモチ何て……というか、デコちゃん言うな!///」


伊織「あんたもあんたよ!何公然の前でイチャついてんのよ!」


P「………………」


伊織「い、いや、公然の前というか、アイドルとプロデューサーがそんな淫らな関係なんて……」クドクド


P「……伊織」


伊織「何よ?まだ話の途中で……」


P「……ごめんな」ギュッ


伊織「!!!??///」


伊織「なっ……抱きつい……!?///」パクパク


P「伊織……愛してるよ……」


美希「」


小鳥「」(血液排出中)


7 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 07:59:14.35 ID:ERIDN60bO


P「ごめんな……寂しい思いさせちゃったな……」なでなで


P「でも、俺が一番愛してるのは……」


P「伊織……お前だよ」


伊織「なっ……えっ……なぁっ……///」カアァァ


美希「ま、待って欲しいの!ハニー!」ガタッ


美希「ハニーは、ミキの事が一番好きなんだよね!?だって、あんなに好きって……」


P「伊織……もう、一生離さないからな」イチャイチャ


伊織「ちょ、ちょっと……も、もう、なんなのよ……///」イチャイチャ


美希「聞く耳もたないの!!」ガーン


8 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:04:48.43 ID:ERIDN60bO



P「伊織って、俺の事大嫌いって、いつも言うけど……そうなのか?」


伊織「えっ……あ、あれは……その///」


P「伊織の本心を聞かせて欲しいんだ……大丈夫、からかったり何て絶対しないさ」


P「俺は、伊織をどんな奴よりも愛してるから……」


伊織「な、なぁ……///」カアァァ…


伊織「……わ、私だって……本心は……その……///」


伊織「す……好………///」









ガチャッ


響「はいさーい!皆、元気かー!?」


9 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:11:03.69 ID:ERIDN60bO



伊織「ひゃっ……!ひ、響……!///」ピクッ


P「伊織……さぁ、早く答えを……」イチャイチャ


伊織「えっ……あの、ちょ、ちょっと……///」イチャイチャ


響「」


小鳥「」(輸血者募集中)


10 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:20:52.28 ID:ERIDN60bO


響「う……」


響「うんぎゃーーー!!何してるんだぁ!!伊織!変態プロデューサー!///」


響「そんなのダ……そんな事したらダメだろー!///」ドンッ


P「うぉっ!」グラッ


伊織「キャッ……!ちょ、ちょっと!私達を押すことないでしょ!」


響「あ……ご、ごめん……」


伊織「もう……ちょっと、あんたも大丈……」


P「……響」ギュッ


響「っ!!!??///」


響「え、えぇ!?抱き……!?///」


P「響……愛してるよ……」


伊織「」


美希「」


小鳥「」(AB型の血液募集中)


11 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:30:06.53 ID:ERIDN60bO


伊織「ちょ、ちょっとちょっと!あんた何……!」


P「君でいう、かなさんどって奴さ……響……」


響「えっ……えっ!?えっ!?///」


美希「は、ハニー!?ハニーのミキはここなの!」


P「今の俺の瞳には、響しか写らないよ……」


美希「そんなのってないの!!」ガーン!


12 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:36:51.85 ID:ERIDN60bO



響「な…何言ってるんだ、プロデューサー!さっきまで伊織と……!///」


P「今は他の人の話なんてしたくない……お前だけを、見ていたい」


響「えっ、えぇぇ……///」



P「響、俺に『かなさんど』って言って欲しいな……」


響「えぇっ!?だ、だって今、皆がいて……その……///」


P「お前の愛も、確かめさせてくれよ……」


響「………じゃ、じゃあ……///」モジモジ


響「か……かな……さん……///」










ガチャッ


貴音「おはようございます……皆様」


13 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:45:49.73 ID:ERIDN60bO



響「!!」ビクッ


響「た、貴……」


P「さぁ……響……早く愛の言葉を俺に……」イチャイチャ


響「や、やっぱり、皆が見てる前で愛の言葉なんて、そんな……///」イチャイチャ


貴音「……なんと……面妖な」













貴音「…それで、この状況は?」


美希「えっとね、美希とイチャイチャしてたら、デコちゃんにイチャイチャしだして、そしたら響とイチャイチャしだしたの!」


貴音「………は、はぁ」


15 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 08:57:24.11 ID:ERIDN60bO



伊織「ちょ、ちょっと、あんた!響も嫌がってるじゃない!やめなさい!かわりなさい!」


響「え、いや……自分嫌だなんて……///」


貴音「嫌がっているのですか?響?」


貴音「では、少々手荒ですが……えぃやぁ!」ポイッ!


P「わぁっ!!」ゴロンッ


美希「あっ……ハニーを合気道で……」


貴音「プロデューサー?人に嫌がる事はしてはいけませんよ?」


響「そ……そうだぞ!貴音の言う通りだぞ!」シュン…


伊織「……何か、ちょっと勿体無いなって顔してない?」


響「し、してない!///」


16 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:04:24.83 ID:ERIDN60bO



P「………………」


P「………………」スクッ


貴音「……あの、大丈夫でしょうか?少し強くしてしまったのかも……」


P「貴音……」ギュッ


貴音「!!?///」


貴音「な、なんと……私に、抱擁を……!?///」


P「貴音……愛してるよ……」


美希「」


伊織「」


響「」


小鳥「」(音無汁ブシャーッ)


17 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:09:21.38 ID:ERIDN60bO



P「貴音……いつもみたいに呼んでくれないか……『あなた様』って……」


貴音「あっ……そ、それは、2人っきりの時だけに、と……///」


美希「な、なんなのなの!そのあだ名!ハニー!?」


P「あなた様程、呼ばれて幸せに思うあだ名は無いよ……」


美希「ハニィィィィィィィィィ!!」ガーン!


18 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:15:33.93 ID:ERIDN60bO



貴音「そ…そう仰られても、周りに人が……///」


P「貴音……今は、俺達だけの世界だよ……」


P「その中で、俺の事をどう思っているか教えてくれないか……?」


貴音「あ…あなた様……///」


貴音「私……四条貴音は……あなた様を……///」


貴音「あなた様を、お慕い申して……///」












ガチャッ


真「おはようございまーす!」


雪歩「遅くなって、すみません…」


19 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:24:09.34 ID:ERIDN60bO



貴音「…!///」ぴくっ


貴音「ま、真……雪歩……///」


P「貴音……どうなんだ?好きなのか?教えてくれよ」イチャイチャ


貴音「や、やはりいけません……他の方々が見ている前で……///」いちゃいちゃ








真「」


雪歩「」


小鳥「」(オラに血液を分けて復活の「K」にしてくれー!)


20 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:30:07.26 ID:ERIDN60bO




真「な、ななななな、何してるんですかぁ!?プロデューサー!?///」


雪歩「し、四条さんも、プロデューサーとそんな……///」


貴音「ふ、二人共、落ち着いて話を……///」


P「そう……落ち着いて、リラックスして……身を委ねて……」


伊織「な、何しようとしてんのよ!!///」


響「真!プロデューサーと貴音を離すの手伝って!」


真「あ、う、うん!」


21 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:37:14.85 ID:ERIDN60bO



真「プロデューサー!ダメですよ!恥ずかしがってるじゃないですか!」グイッ


P「おっ、おわっ!」グラッ


貴音「あぁ……」シュン


真「プロデューサー!これは、どういう事なんで……」


P「真……」ギュッ


真「ふわぁっ!?///」


真「ど、どうしたんですか!?きゅ、急に抱きついて……///」


P「真……愛してるよ……」





美希「」


伊織「」


響「」


貴音「」


雪歩「」


小鳥「」(あたしは、人間をやめるぞーーっ!!自分の血でなぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!)


22 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:45:36.90 ID:ERIDN60bO



真「え、えぇ!?ぷ、プロデューサーがボクを……!?///」


P「真だけの王子様にさせてくれないか……俺だけの、お姫様」


真「え、え……えへへ///」テレテレ


雪歩「ま、真ちゃん、ダメェ!」ドンッ


P「うぁっ」ユラッ


真「うわわっ!」グラッ


雪歩「ま、真ちゃんはカッコイイ王子様じゃないとダメだよ!」


真「うえぇっ!?」ガーン!


伊織「ツッコむ所は、そこなのね……」


23 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:50:35.75 ID:ERIDN60bO



雪歩「プ、プロデューサーも、四条さんや真ちゃんにナンパ紛いな事しちゃダメですよぅ!///」


P「………………」


雪歩「……プロデューサー?」


P「雪歩……」ギュッ


雪歩「っ!!!??///」ビクッ


雪歩「な、にゃ、え、えぇ……!?///」


P「雪歩……愛してるよ……」





美希「」


伊織「」


響「」


貴音「」


真「」


小鳥「」(たかゆき……ゆきまこ……は、鼻血が……)


26 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 09:55:53.06 ID:ERIDN60bO




P「ごめんな……雪歩が貴音や真ばっか構うから妬いちゃって…構ってもらおうとして…俺…」


P「本当は、雪歩だけを愛してるよ……俺のマイエンジェゥ……」


雪歩「え、えぇ……そ、そう、なんですかぁ?///」


美希「ち、違うの!ハニーはミキだけのハニーなの!そうだよね!?」


P「ユキホ……マイ……エンジェゥ……」


美希「うぁぁぁぁぁぁぁあああ!プロレスラーにビンタされた位のショックなのぉ!!」


27 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:01:38.41 ID:ERIDN60bO



真「ぷ、プロデューサー!ボクだけの王子様じゃないんですか!?」グイッ


P「真……あぁ、そうだよ、眠りの魔法を解いてあげよう……」スッ


雪歩「プ、プロデューサー!私以外に、もう、そんな事しなくてもいいですよぉ!」グイッ


P「雪歩……わかったよ、もう君だけを見ているよ……」


伊織「ちょっと!何コロコロ心変わりしてるのよ!」


貴音「あなた様……どういうおつもりなのですか?」


響「そうだぞ!さっきから皆をナンパして……」










ガチャッ


千早「……はい、この道順が事務所までの道程です」


あずさ「あら〜、いつもより早く着いたわぁ」


28 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:06:00.66 ID:ERIDN60bO



千早「もう……あずささんは、道に迷いすぎで……」クルッ


真「プロデューサー!ボクですよね!」グイッ


P「真……あぁ、もちろんさ」


雪歩「プロデューサー!さっき私だけを愛してるって言ったじゃないですかぉ!」グイッ


P「雪歩……そう、雪歩だけを愛してる」


千早「」


あずさ「あ…あらあら…迷ってるわねぇ〜…」


小鳥「」(どっかの麦わら海賊団の剣豪師よりも出血してるかも)


29 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:12:29.71 ID:ERIDN60bO



千早「ぷ、プロデューサー!何してるんですか!」グイッ


P「うわっ、ちょっ!」ユラユラっ


P「っとっと…こ、転け……わっ」ドンガラ……






ムニュッ


P「あ、あれ?柔らかいクッション……?」


あずさ「あ、あらあら〜、ぷ、プロデューサーさん…///」


あずさ「こ、こんな所でその……だ、ダメですよ〜///」


響「う、うあぁ!ぷ、プロデューサーがあずささんの胸に飛び込んだぁ!///」


千早「なっ……くっ!」


30 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:19:10.05 ID:ERIDN60bO



あずさ「あ、あの、プロデューサーさん?大丈夫ですか?///」


P「………………」


P「やはり……素敵だ」スクッ


あずさ「え?」


P「普通、男性が女性に過度な接触をすれば、女性は嫌がるはず……」


P「でも、あずささんは嫌がるどころか、自分の心配までを……」


あずさ「い、いえ、それはプロデューサーさんだったから……///」


P「あずささん……結婚、しましょう」


美希「」


伊織「」


響「」


貴音「」


真「」


雪歩「」


千早「」


小鳥「」(女でもあの乳揉めば鼻血もんよ)


31 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:24:26.01 ID:ERIDN60bO


あずさ「えっ……えぇ〜!?///」カアァァ


あずさ「け、けっ……結婚、ですか?///」


P「あずささん……自分は、力及ばない所もあるかもしれません……でも!」


P「約束します!あなたを……必ず、幸せにしてみせます!」


あずさ「ぷ、プロデューサーさん……///」


あずさ「あの……もう、私十分に幸せで……///」テレテレ


千早「………………」ボーッ


千早「……はっ!?」


32 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:31:48.89 ID:ERIDN60bO



千早「ちょ、ちょっと!事務所で何してるんですか!2人とも!」グイッ


P「うぉっおっ…こ、転け……」ドンガラ…








ペトンッ


P「……よ、よかった、寄れかかる壁があって……」ホッ


千早「…………」プルプル


P「あれ?壁が揺れて……地震か?」


貴音「あなた様……それは、壁ではなく……」


P「…………あっ」


33 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:39:37.25 ID:ERIDN60bO



千早「…………」プルプル、ワナワナ


P「…………」


P「……千早」


P「そんなお前だから、好きなんだ!!!」


千早「遺言はわかりました、さよなら」スッ


P「ま、待ってくれ!は、話を……」アセアセ


P「……いや、当然の報いかもな」


千早「え?」


P「自分のコンプレックスを、形状で揶揄されてる無機質な物に例えられたら、怒るに決まってるよな……」


千早「…も、もちろんです!あなたは私の胸を、か、壁と……」


P「でも、偶然そうなっただけで、本当に千早の胸を馬鹿にしたわけじゃないんだ」


P「むしろ、俺は千早の胸が好きだ!!」


千早「…!!///」


34 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:46:56.30 ID:ERIDN60bO



P「お前の胸を含めて、お前の全部を愛してる!」


千早「そ、そんな……急にそんな事言われたら私……///」


P「千早……愛してる……胸も、お前も……」





あずさ「」


小鳥「」(なんじゃこりゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!あ、私の血か、なんだ)


35 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 10:54:04.43 ID:ERIDN60bO



P「もう、ずっと一緒だよ……千早……」


千早「プロデューサー……私を離しちゃ、嫌……ですよ?///」


美希「ちょっと待って待って、何か千早さんとカップルになる前提で話進んでない!?」


美希「ハニーは、ミキとカップルなんだよね!?ね!?」


P「何カップだなんて大きさで決めつけないよ……お前の胸、その物が好きなんだからさ……」イチャイチャ


千早「プロデューサーにそんなに好かれるだなんて、私の胸も幸せものですね///」イチャイチャ


美希「夢なら醒めて星井のぉぉぉぉぉぉぉぉおお!!」


36 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 11:00:47.64 ID:ERIDN60bO



P「さぁ、千早……今度は千早が俺の胸に飛び込んで来るんだ」


千早「えっ……そんな、皆が見てる前で///」


P「千早……さぁ」スッ


千早「そ、そんな……い、一回だけですよ?」タタタ…


P「さぁ、飛び込んで来い!」


千早「はい、プロデュー……」タタタ…












律子「なぁ〜〜に、してるんですかぁ?」ゴゴゴゴゴ…


P「うぉっ!?律子!?」クルッ


千早「ん"あ"ぁっ!?」ドンッ


響「あ、壁ドン」


真「壁が壁に壁ドンした、体全身で」


37 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 11:05:54.84 ID:ERIDN60bO



律子「何してるんですか……ハイジとクララが抱き合うシーンみたいな事して」ジー


P「い、いや、これはだな……あっ!千早!」タタタ…


千早「プロデューサーの胸……広いん……です……ね」ピクッピクッ


P「ち、千早!悪かった!よく怒る仕事仲間に会ったから、条件反射でつい……!」


律子「よ、よく怒るって……」


春香「今、千早ちゃん、ヒロインって言いました?」ヒョコッ


やよい「はわっ!ち、千早さん、大丈夫ですかぁ!?」ヒョコッ


小鳥「」(何で私に対して皆、我関せずなの?)


38 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 11:11:50.81 ID:ERIDN60bO



P「千早……本当、ごめんな……痛いところ撫で撫でしてあげるよ……」なでなで


千早「ぷ、プロデューサー……もう大丈夫ですよ、くすぐったいですよ///」イチャイチャ


P「千早は撫で心地がいいなぁ」なでなでイチャイチャ


律子「なっ、なぁっ!?///」


春香「」


やよい「千早さんとプロデューサー、仲良しですね!」


律子「な、な、何公衆の目前でイチャイチャしてるんですかぁ!///」


春香「そ、そうですよ!こういうのは私の役目ですよ!私の!」


やよい(千早さん、なでなでされて嬉しそうだなぁ……)


P「千早……ここも、撫でていいか……?」なでぇ…なでぇ…


千早「ぷ、プロデュ……んっ……それ……壁ですよ」


39 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 11:17:33.34 ID:ERIDN60bO



律子「……誰か、状況説明できる人いる?」


伊織「それが……皆もいきなりこんな事されて、誰もわからないのよ」


小鳥「」(そうなんです)


春香「プロデューサーさーん!?プロデューサーさんの大好きな天海春香はここですよー!?」


P「千早……何だか胸が硬くなったな……柔軟剤変えただろ?」なでなで


千早「壁ですて」


律子「こんな状況を見たら、真美と亜美が変な事しそうね……」


伊織「そうね……あの2人が今いなくてよかっ……」





ガチャッ


真美「おっはよーん!!」


亜美「ご機嫌いかがーん!?」


伊織・律子「うわぁ……」


45 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:07:06.97 ID:3B/DDTH/O


真美「あれあれ?兄ちゃん、何してんの?」


亜美「それ、ちは……事務所の壁だよ?何で撫でてんの?」


P「千早……千早……」なでなで


真美「……むぅ!無視しないでよぉ、兄ちゃん!」グイッ


P「おわっ……!」グラッ


真美「兄ちゃん、どうしたの?今日の兄ちゃん、いつものみたいな兄ちゃんじゃ……」


P「………………」


P「真美………」ギュッ


真美「へっ?」


亜美「!!」


46 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:14:25.93 ID:3B/DDTH/O



P「真美……会いたかったよ……お前をずっと待ってたよ……」


真美「…………」


響「うわあぁ、また始まって……!!」


律子「ま、真美?これはね、その、今日のプロデューサーは様子が……」


真美「………………」


P「どうした?真美?やけに静かだが……」


亜美「………………」


亜美「えいっ」グイッ


P「わっ!?……ととっ」グラッ


亜美「………………」ジー


P「………………」


P「亜美……愛してる……」ギュッ


亜美「あーーー!!やっぱりぃ!!」


真美「もしかしたらと思ったら、もしかしたYO!!」


伊織「え?」


47 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:21:59.06 ID:3B/DDTH/O



あずさ「ど、どういう事?亜美ちゃん?真美ちゃん?」


亜美「兄ちゃん、病気だよ、病気!!」


律子「いや、病気みたいな行動してるけど、本当に病気なわけじゃ……」


真美「本当に病気なの!最近、ウチの病院で同じ症状の患者さんがいたの!」


貴音「なんと……それは、真ですか?」


亜美「本当だよ!病名はぁ……わ、忘れちゃったけど」


亜美「確か、『体を触れられた人が、触れた人を好きになる病気』……とか、なんとか」


小鳥「」(えっ、マジ?)


小鳥「」(………………)


小鳥「」(えいっ)グイッ


P「うわっ!!」グラッ


小鳥「」(………………)


P「………………」


P「小鳥……愛してるよ……鼻から血出まくってるけど大丈夫かい……?」ギュッ


小鳥「」(やったぜ)


48 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:28:27.26 ID:P7ClBEhE0



伊織「ほ、本当にそんな病気が……」


雪歩「それって、どうやったら治るの?真美ちゃん?」


真美「えっとね……確かぁ……」


真美「兄ちゃんの本当に好きな人に触れられたら、その好きな人以外にはもう振り向かない……はず」


真「本当に好きな人に以外……」


千早「振り向かなくなる……」


伊織「……という、事は……」


(((((((今までに触れた人は、好きな人じゃないって事……)))))))ズ〜ン……


50 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:34:19.22 ID:P7ClBEhE0



千早「くっ……くっ!!」ゴンッ!!


真「そんなぁ……嘘だぁ!!ワー!!」タタタ…


響「貴音ぇ……うぅ……貴音ぇ」グスッヒクッ


貴音「今は思いっきり泣いても良いのです……響……」グスッ


あずさ「うぅ……今日は、飲みに行くしかないわ……」グスッ


雪歩「こんなダメダメな私だから、プロデューサーは……うぅ、私穴掘って埋まってますぅぅぅぅ!」ザクッ、ザクッ


美希「…………………」


亜美「み、ミキミキ、ソファに寝込んで動かないYO……」


伊織「キィー!こんな奴に振り回されたなんて、腹の虫がおさまらないわ!」


真美(振り回されても、喜んでたんだろうな……絶対)


51 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:41:41.11 ID:P7ClBEhE0



千早「……という事は、プロデューサーを治せる可能性がある人達は……」


響「やよいか、春香か、律子……の3人か?」


真「いやぁ、この3人の中にいるとは限らないんじゃ……」


雪歩「それに、まだ好きな人がいないって事も……」


やよい「あの……小鳥さんはどうなんですか?」


P「ポテンシャルの高いあなたが、何故結婚しなかったかはわからない……」


P「これはきっと、神様が自分にチャンスをくれたんだね……結婚しましょう、小鳥さん」


小鳥「」(ぉk)


伊織「……そうね、一応小鳥も候補の1人だわ」


52 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:47:37.91 ID:P7ClBEhE0



亜美「というわけで……『兄ちゃんの好きな人模索大会!ポロリもあれよ』の始まり始まりぃ!!」


真美「いぇーい!パフんパフんパフん!!」


亜美「じゃあ、まずは……律っちゃーん!君に決めたぁ!」


律子「えっ……わ、私から!?///」


亜美「ほれほれぇ〜、早く兄ちゃんに触るが良いさ〜」ニヤニヤ


律子「や、やらしい言い方しないの!」


律子「それに、触ったら今の小鳥さんみたいにプロデューサーが私に口説いてくるかもしれないじゃない……///」


真美「またまたぁ〜、楽しみな癖にぃ!このこのぉ!」ツンツン


律子「かっ、からかわないの!///」


53 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 15:53:03.26 ID:P7ClBEhE0



亜美「さぁ!触るがよい触るがよい!」


律子「はぁ……もう、わかったわよ」


律子「さぁ、いつまでやってるんですか、プロデューサー!」グイッ


P「どわっ!こ、転けそう……」グラグラ


小鳥「」(あぁん、もう少し……)


P「………………」


律子「……な、何か、喋って下さいよ……」


P「…………律子」


P「……愛してる」


律子「な、んなぁっ……///」


春香「」


伊織「春香、あんた居たのね」


春香「ずっといた!!」


54 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:00:53.45 ID:P7ClBEhE0



P「律子……もっとそばに来てくれ……」ギュッ


律子「ひゃあっ……な……な……///」


P「お前の顔は本当にかわいいよ……眼鏡姿も好きだけど、今日は外した顔も見せてくれ……」スッ


律子「か、顔が近いですよ……ぷ、プロデューサー……///」


亜美「はーい!終ーーー了ーーー!!」


真美「お楽しみはここまでねー、ここからは追加料金いただくよーん」


律子「ちょ、ちょっと!何よそれ!追加料金って何よ!いくらなのよ!」


響「それを聞いたら、まさか払う気なのか……?」


55 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:06:34.94 ID:P7ClBEhE0



貴音「さて……これでもし春香かやよいが触れても心が揺れ動かなければ……」


真美「リッチャンノダイショウリデスヨ」


春香「じゃ、じゃあ、早速私が触ります!」ヴァイッ!


亜美「はるるん……大丈夫?落ち込まない?」


春香「あれっ!?何その心配!?」


真「なんか、春香って落ち要因な人だから……」


春香「ひっ、ひつ……失礼ね!私の大勝利で円満エンド見せてあげるわ!!」


57 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:13:01.52 ID:P7ClBEhE0



真美「落ち込まないでね、はるるん……じゃあ、思い切ってどうぞー!」


春香「ヴァイッ!!」グイッ


P「うわぁっ、ひ、引っ張るなよ……」グラッ……


春香「さぁ!どうですか、プロデューサーさん!生春香ですよ、生春香!!」


P「………………」


P「春香………」


P「…………愛してる、よ?」


春香「何で疑問文何ですか!?」


59 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:20:02.20 ID:P7ClBEhE0



P「あ、いや、本当に愛してるよ、うん、愛してる……」


春香「じゃ、じゃあ、早くいつもみたいに愛の言葉囁いて下さいよ!!」


P「春香……春香は……春香はその……春香は……あの、春香だな……春香で……」


P「…………うん、春香だな」


春香「春香だなって何ですか!?」


亜美「……アレって、イチャついてんの?」


真美「ま、まぁ、愛してるって言ってるし……」


律子「うぅ……私じゃなかったんだぁ……」ズ〜ん…


小鳥「」(今夜、飲みに行きましょや)ポンッ


あずさ「あっ、私も行きたいです〜」


60 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:27:32.32 ID:P7ClBEhE0



亜美「じゃあ、最後にやよいっちに行って貰いましょうか」


真美「ほら、はるるん、どいたどいた」


春香「ちょ、ちょっと!早くない!?」


やよい「えっと……普通に触ればいいの?」


亜美「うん!そいじゃあ、いっぱつ頼みますよ!姉御!」


やよい「えっと……あの、プロデューサー?」チョンチョン


P「……っ!」ピクンッ


61 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:33:04.28 ID:P7ClBEhE0



やよい「あの……大丈夫、ですか?」


P「………………」


P「………………」










P「ぁぁ……ゃょぃ……ゃょぃヵゎぃぃょゃょぃ……」


伊織「」


やよい「ウ?」


62 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:40:17.55 ID:P7ClBEhE0



P「ゃょぃ……ゃょぃぃ……ャョィィィィィィィ……」ハァハァ


伊織「なっ、こっ、えっ、こっ、なっ……何よこれぇ!?」


亜美「こ、この症状は……そういえば、聞いたことがある!」


真美「知ってるのか!?亜美!?」


亜美「あぁ、確かこの病気は、ちょっと触れられた場合危ない感じになる……と!!」


春香「そんなぁ……プロデューサーさん、私が好きじゃなかっただなんて……」ガクッ


貴音「どんまい、です」ポンポン


63 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:46:10.15 ID:P7ClBEhE0


P「ゃょぃ……ゃょぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!」タタタ…


伊織「ひっ……や、やよいに近寄らないで!!」


真「あっ、さっき雪歩が掘った穴……」


P「アヒョッ」スポッ…


ヒュゥゥゥゥゥゥゥ……








あずさ「あ、あらあら〜…」


春香「落ちましたね……」




ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー


64 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 16:51:33.62 ID:P7ClBEhE0


ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー



P「」ピクッピクッ


貴音「とにかく、プロデューサーを『そふぁ』に寝かせて……」


響「結局、プロデューサーの好きな人ってやよいなのか?」


千早「それか、事務所以外の人間か、元々いなかったか……」


小鳥「」(社長は?)


響「う、うえぇ!?しゃ、社長は男じゃ……」


亜美「たしか、この病気は同性とかは絶対ありえないって言ってたよ?」


小鳥「チッ」


律子「舌打ちって……」


65 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:03:34.05 ID:P7ClBEhE0



春香「ちょっと待ったー!!」


千早「何?」


春香「本当にあのやよいへの反応はこの病気にカウントされるの!?あれは明らかに別の病気でしょ!!」


春香「だから、やよいの奴はノーカン!!ねっ!!」


律子「いや、だから触り具合で症状が変わるって……」


春香「じゃあ、多数決!春香さんの意見が正しいと思う人ーーー!!」


「「「「「「「「「「「「「………………」」」」」」」」」」」」」


春香「……じゃ、じゃあ、春香さんの意見の可能性もあると思う人ーーー!!」


「「「「「「「「「「「「「………………」」」」」」」」」」」」」



春香「……な、ならっ、春香さんの意見がほんの少しでもいいから有りだと……」


真「はいはい、わかったからわかったから」


春香「な、何よ!ふん!なんぼのもんじゃい!」グスッ


66 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:09:35.58 ID:P7ClBEhE0


伊織「……あら?」キョロキョロ


貴音「どうかしましたか?伊織?」


伊織「……ちょ、ちょっと」








伊織「プロデューサー、いないじゃない!!」


「「「「「「「「「「「「………!!!!」」」」」」」」」」」」





ーーー
ーーーーーー
ーーーーーーーーー


67 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:15:52.13 ID:P7ClBEhE0


ーーーーーーーーー
ーーーーーー
ーーー






P「はぁ……はぁ……」タタタ…


P「ま、待ってくれ……そんなに速く走っちゃ……」タタタ…


謎の女性「キャッ!!」ドンッ


P「あっ……す、すみません、ぶつかっちゃって……大丈夫ですか?」


謎の女性「い、いやぁ、大丈夫、オーバーランクだから」


謎の女性「気を付けなよ?じゃあね」スタスタ…


P「……どっかで見たことあるような」


68 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:23:13.05 ID:P7ClBEhE0





グイッ


P「う、わあぁ!?」ユラっ


















美希「ムゥー!ハニー!また浮気なの!?」


P「み、美希……違うよ、ちょっとぶつかっただけで……」


美希「さっきみたい、また他の子とイチャイチャするの!?」


P「い、いやいや!浮気なんてしないって!他の子とって何の話だ!?」


70 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:29:59.85 ID:P7ClBEhE0



美希「……ハニー、さっきまでの事覚えてないの?」


P「それが……美希とイチャイチャしあった所は覚えてるんだが……」


P「そのあと、誰かにグイッっと肩を引っ張られて、急に意識が無くなって……」


P「それで、目が覚めたら事務所のソファで横になってて、隣のソファに居た美希に起こされて……」


P「で、ここまで引っ張られて来て……それしか覚えてない」


美希「……本当に?あんなに他の子とイチャイチャしてたのに?」


P「そんな……昨日から交際したのに、美希以外の奴とイチャイチャするわけないじゃないか!」


P「俺が愛してるのは、この世界でたった一人お前だけだよ、美希」


美希「ハニー……///」


71 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:35:59.73 ID:P7ClBEhE0



P「……というか、俺は目が覚める前は何してたんだ?」


美希「えーっとね……急にデコちゃんとか響とかとイチャイチャしだしてね……」


美希「でもミキ、律子さんが来たあたりで眠くなってソファで寝ちゃったの」


美希「だから、その後の事は知らないくて……で、目が覚めたら皆は話してて、隣のソファにはハニーが……」


P「そうか……それで美希は、俺を起こして一緒に外へ……」


73 : ◆p3yuNM37DY[saga] 2015/05/02 17:41:38.41 ID:P7ClBEhE0



美希「……とにかく!もう、他の子とイチャイチャしちゃ、ヤ!」ギュッ


P「覚えてないけど、ごめんな?もう絶対美希を悲しませたりしないからな?」ギュッ


美希「……あはっ、絶対だよ?ハニー!///」


美希「じゃあ、このままデートしよっ!」


P「えっ、でもまだ勤務中……まぁ、いっか、病欠扱いにでもしてもらおう……」


美希「ほら、ハニー!早く行こ?」スリスリ


P「お、おいおい、そんなにくっつかなくても……」


美希「今日は、他の子とイチャイチャした分……ううん、それ以上にハニーとイチャイチャするの!」


美希「だから、ミキの事だけを見ててね!ハニー!///」ニコッ
















元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430519584/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
322位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP