PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:48:59.04 ID:vgPOy+kX0

洋子「ちょっとした用事でこっちまで来るみたいで、ついでに私にも会いたいって」

モバP(以下P)「いいじゃないか、顔を見せてあげるといいよ」

洋子「それで、プロデューサーにも会いたいみたいで」

P「俺も?」

洋子「はい、お願いできますか?」

P「いいけど」

洋子「ありがとうございます、伝えておきますね」

P(洋子のお母さんに会うのも久しぶりだなー…洋子が事務所に入るときにちょっと挨拶した以来だな)


2 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:49:52.53 ID:vgPOy+kX0

数日後

事務所

タッタッ

洋子「プロデューサー、お母さん来ました」

P「お、本当か。じゃあ会いに行こうか」

洋子(何でプロデューサーにも会いたいって言い出したんだろう?)

3 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:50:51.02 ID:vgPOy+kX0

洋子母「お久しぶりです、洋子の母です」

P「Pです。遠い所からお疲れ様です」

P(しかし洋子に似てるな…アホ毛生えてるし)

洋子母「急に芸能事務所へのお誘いを受けたときはどうなるかと思いましたけど、なんだかちゃんとやれているみたいで何よりです」

P「洋子は頑張っていますからね」

洋子母「最初は心配だったんですよね。運動とお風呂が好き、っていうだけの子ですから。それに勉強も出来ませんし」

P「いえいえ、苦手なところもあるかもしれませんが、洋子はそれを補えるほどの元気さがあるんです。それが一番大切なことですからね、人の前に出る仕事ですし」

4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:51:39.84 ID:vgPOy+kX0

P「こんなに良い娘さんを預からせてもらっているんですから、こちらがお礼を言いたいぐらいですよ」

洋子母「あらあら、ホントですか。ホホホ」

洋子(ちょっと照れるなぁ…)


洋子母「洋子、いい人に捕まったんじゃないの」バシバシバシ

洋子「お母さん痛いよー!」

P(元気な人だなぁ)

5 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:52:21.60 ID:vgPOy+kX0

洋子母「Pさん、今日の洋子の予定はどうなっていますか?」

P「今日ですか?今日はオフの日ですが…」

洋子母「でしたら、ちょっと夜に洋子をお借りしてもよろしいですか?ちょっと二人でご飯を食べに行きたくて」

P「もちろんいいですよ、楽しんできてください。…お借りしていいですか、って聞かれるのもちょっと変な感じですね」

洋子母「いえいえ、もうこちらとしては差し上げた気持ちですので」

P「え?」

洋子「お、お母さん!?」

洋子母「洋子、今夜は沢山お話しましょうね」

6 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:53:14.98 ID:vgPOy+kX0

飲食店


洋子母「娘と飲むとお酒が進むわね。洋子は飲まないの?」

洋子「私はいいかな、明日はお仕事だし。それよりお母さん顔色悪いけど、どうしたの?」

洋子母「あー大丈夫よ。最近ちょっと寝てないだけだし」

洋子「あんまり遅くまで起きてると体に悪いよ」

洋子母「心配してくれてありがと。ふふ、確かにPさんの言う通りに良い子ね。さすが私の娘よ」

洋子「お、お母さん…もう酔ってるの?」

7 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:54:14.02 ID:vgPOy+kX0

洋子母「しっかし洋子、いい人に捕まったわねー。お父さんの若いころにそっくりよ!」

洋子「そうなの?」

洋子母「ああいう人が来てくれたらお母さんも安心ねえ…」

洋子「え、来てくれたらって…ちょっとお母さん!?」

洋子母「あら洋子、Pさんのこと嫌いだったの?」

洋子「嫌いじゃないよ!その…」

洋子母「ホホホ、わかりやすい娘ね」

洋子「…もう!」

8 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:54:45.23 ID:vgPOy+kX0

洋子母「ライバルはやっぱり事務所の子よね?多いかもしれないけど頑張るのよ洋子」

洋子「あはは…ありがとう」

洋子母「事務所の子達10人相手は大変だと思うけど、洋子なら大丈夫よ」

洋子「…。え?違うよお母さん、事務所のアイドルは10人じゃないよ」

洋子母「え、違うの?」

9 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:55:29.89 ID:vgPOy+kX0

洋子母「じゃあ30人ぐらい?」

洋子「違うよ」

洋子母「え?…まさか50人?」

洋子「違うよ、もっと多いよ」

洋子母「…100人いるとか言わないわよね」

洋子「200人以上いるよ」

洋子母「200人!?」

10 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:56:00.47 ID:vgPOy+kX0

洋子母「どういうことよ洋子!なんでそんな大所帯なのよ!」

洋子「最初からそれぐらいいたよ。それよりお母さん知らなかったの?」

洋子母「事務所の他の子のことまで気にしてないわよ…そんなに大きいと思わなかったし」

洋子母(やけに事務所の名前を見ることは多いと思っていたけど)

11 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:56:33.07 ID:vgPOy+kX0

洋子母「しかしこのままじゃピンチよ洋子。そんなに多いなんて…このままじゃPさんを先に取られちゃうわ」

洋子「取られるって…」

洋子母「いいから!私に任せなさい!名付けて洋子をプロデュース!」

洋子「えええ…」

洋子母「洋子だって、Pさんのことが欲しくないわけじゃないでしょ?」

洋子「…。そうだけど」

12 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:57:41.01 ID:vgPOy+kX0

洋子母「決まりね。Pさん誘惑作戦よ!はい拍手」

洋子「誘惑作戦かぁ」パチパチ

洋子母「まず洋子、Pさんに注目してもらうために…他の子とは違うものを作るのよ」

洋子「違うもの?」

洋子母「他のことは違う、ちょっとしたキャラを作るのよ」

洋子「キャラ作り?」

13 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:58:14.27 ID:vgPOy+kX0

洋子「でも急にやってもビックリされるよ」

洋子母「継続は力よ。続けていれば馴染むようになるわ」

洋子「なるかなぁ」

洋子母「なるわ。やってみないことには始まらないわ」

洋子「…まあ、そうだよね」

洋子母「決まりね。というわけでPさんの気を引くため作戦の内容を発表するわ」

洋子(何だろう)

洋子母「明日から猫キャラで過ごすのよ洋子」

洋子「…。え?」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:59:07.14 ID:vgPOy+kX0

洋子母「斬新でしょう?猫系アイドル。絶対に新しいジャンルだと思うわ」

洋子「あのーお母さん」

洋子母「日々から徹底するのよ。語尾に、にゃんを付けて喋るのよ」

洋子「お母さーん」

洋子母「そもそも男は甘えてくる猫みたいな女が好きよ」

洋子「お母さん」

洋子母「猫耳もつけて常日頃から猫っぽさを…」

洋子「お母さん!」

洋子母「きゃあびっくりした。大声出してどうしたの」

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 17:59:38.21 ID:vgPOy+kX0

洋子「猫キャラだけど…」

洋子母「え?嫌なの?いいアイデアだと思うんだけど」

洋子「そういうことじゃなくて…」

洋子母「じゃなくて?」

洋子「もう猫キャラの子、事務所にいるの」

洋子母「いるの!?」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:00:10.32 ID:vgPOy+kX0

洋子母「えええ…まずいわよ洋子。これは大きくリードされているわ」

洋子「お母さん猫キャラ好きなの?」

洋子母「別の手を考えないと…。そうだ、猫がダメならお魚よ!お魚キャラで猫キャラのことぶつかるのよ」

洋子「お魚キャラの子もいるよ」

洋子母「お魚もいるの!?」

17 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:01:20.97 ID:vgPOy+kX0

洋子母「動物系はほぼ手を付けられているみたいね…」

洋子「うーん、そうだね。結構いるね」

洋子母「ならば料理で胃袋を掴むのよ!洋子、料理の練習をするのよ」

洋子「料理が上手い子はいるよ」

洋子母「…そりゃいるか。…じゃあ職業をテーマにしましょう。実は元ディーラーだった、なんてどう?ミステリアスな大人の魅力を…」

洋子「ディーラーの人いるよ」

洋子母「いるの!?…じゃあ警察官風アイドルよ!悪いことした人を制裁するお姉さんアイドル…」

洋子「いるよ」

洋子母「警察官いるの!?」

18 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:01:57.18 ID:vgPOy+kX0

洋子母「なら、女の子にお肌の確認と言いながらお触りするセクハラアイドル…」

洋子「似た子はいるかなぁ」

洋子母「いるの!?大丈夫なの!?…それなら自分のことをオレって言う、カッコいいに憧れるボーイッシュ系アイドルを」

洋子「その子もいるよ」

洋子母「こういう子もいるの!?…ならあざとかわいいドジっ子路線よ!なわとびやってたら自分の体にからんでふええって言って涙目になる…」

洋子「ほぼ同じ子いるよ」

洋子母「いるのこういう子!?」

19 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:02:43.06 ID:vgPOy+kX0

洋子母「だったら、お嬢様キャラよ。ですわ口調で話して、優雅に華麗に…」

洋子「お嬢様な人達はいるよ」

洋子母「人達!?複数いるの!?…それなら秀才キャラよ!ロボットとか作ったり薬とか作ったり、飛び級する勢いの秀才キャラを…」

洋子「その人達もいるよ」

洋子母「秀才な子も複数人いるの!?…よし、人の領域を超えましょう!謎の力を持っていそうなミステリアス神様系アイドル…」

洋子「あ、いるかも…」

洋子母「いるの!?」

20 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:03:13.69 ID:vgPOy+kX0

洋子母「…じゃあ洋子、結婚したがりのアイドルなんてどう?洋子はもう結婚できる年齢ですものね。常に婚姻届を持っている勢いの…」

洋子「…それもいるかなぁ」

洋子母「いるの!?…こうなったら奥の手よ。Pさんの車にGPSを忍ばせちゃうぐらいPさんが気になる愛の深い系アイドルを…」

洋子「…多分いると思う」

洋子母「こういう子もいるの!?」

22 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:03:59.82 ID:vgPOy+kX0

洋子母「ゲーマーで常にゲーム機を持ち歩いている…」

洋子「いるよ」

洋子母「お菓子が大好きでいっつも食べている…」

洋子「いるよ」

洋子母「ダジャレが好きで思いついたダジャレをすぐに言う…」

洋子「いるよ」

洋子母「旅好きでお姉さんキャラ…」

洋子「いるよ」

洋子母「…ぜえぜえ…。…どういうことよ!なんで私が思いついた属性ほぼいるのよ!全属性網羅してるんじゃないの!?」

洋子「そう言われても…逆に当ててくるお母さんの方が凄いよ。ホントに事務所のこと知らないの?」

23 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:04:35.48 ID:vgPOy+kX0

洋子母「当てたくて言っているんじゃないわ!…そうだ、こういうのはどう?洋子。自分の美しさに酔いしれていて、あなたのステージにうるおいを与えてあげる、なんて言っちゃうキャラ。そして自分のことを美の道化師と…」

洋子「ちょ、ちょっとー!それ私だよ!」

洋子母「あら、そうだっけ?」

洋子「お母さん今のはワザと言ったでしょ!もー!」

洋子母「ちょっとイジワルしたくなっただけよ」

24 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:05:04.22 ID:vgPOy+kX0

洋子母「しかし手ごわい事務所ね。お母さん逆に燃えてきたわ」

洋子「まだやるの!?」

洋子母「当然よ!まだまだ考えるわよ!」

洋子「夜更かしするとお肌と健康が…」

洋子母「洋子はまだまだ20なんだからなんとでもなるわよ!」

洋子「ふええ…」

25 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:05:35.55 ID:vgPOy+kX0


数時間後


洋子母「…よし、出来たわね!洋子の新属性。これなら被らないわね」

洋子「…」

洋子母「どうしたの?洋子」

洋子「…大丈夫かなぁこれ?」

洋子母「大丈夫よ、お母さんを信じなさい。ちゃんと見ててあげるからね」

洋子「…見ててあげる、ってどういうこと?」

洋子母「隠れやすそうなロッカーとかあるかしら?」

洋子「事務所に忍び込む気!?」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:06:17.62 ID:vgPOy+kX0

翌日

事務所


洋子母「じゃあ私はあのロッカーに隠れてるから。頑張るのよ、洋子!」

洋子「うん…」

ガチャッ バタン

洋子(…)

洋子(…でも誘惑かあ、考えたことなかったな)

洋子(私も20歳なんだし、挑戦してみるのもいいのかも)

洋子(…よし!)

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:07:01.22 ID:vgPOy+kX0

ガチャッ


P「お、洋子今日は早いな、おはよう。どうだった昨日は」

洋子「おはようございますプロデューサー!今日のプロデューサーのネクタイも決まっていますね!いつも通りの150センチものですね!」

P「ああ。…ん?センチ?」


シャーッ ピタッ

洋子「現在私とプロデューサーの距離も150センチ!」

P「洋子ってメジャー持ち歩いてたっけ?」

28 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:07:31.64 ID:vgPOy+kX0

洋子「おおっ!見てくださいプロデューサー!この机、200センチもありますよ!」

P「まああるとは思うけど」

洋子「そしてこの椅子は高さ75センチ!二つの長さの差は…えーっと、125センチ!」

P「125センチだね」

洋子「いい数字ですね、125センチ!洋子指数的にとってもセンチメンタルな値です!」

P(センチと掛けたのかな?あとセンチメンタルって感傷的って意味だよな)

29 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:08:07.06 ID:vgPOy+kX0

洋子「そして…よっと!」


ピョン


P「ん?どうした、洋子。近づいてきて」

洋子「現在プロデューサーとの距離、100センチ!朝よりも近づきましたね!」

P「メートルで言うと1メートルだな」

30 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:08:40.23 ID:vgPOy+kX0

ピョン


洋子「もう一歩踏み出して50センチ!」

P「だいぶ近くなったね」

洋子「洋子指数的にとってもフワフワしちゃう数字です!」

P(洋子指数って何だろう?)

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:09:14.99 ID:vgPOy+kX0

洋子「そしてあと一歩近づけば…」

P「近づけば?」

洋子「プロデューサーとの距離、ぜ、ぜ…」

P「ぜ?」

洋子「あ、あと一歩近づけば!」

P「近づけば?」

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:09:49.57 ID:vgPOy+kX0


ロッカー内部


洋子母(今よ洋子!そこで思いっきり抱きしめて『プロデューサーとの距離0センチ!』という決め台詞を言うのよ!)

洋子母(…。どうしたの洋子!固まってる場合じゃないわ!)

洋子母(うつむいて赤くなってる!?あと50センチじゃない!頑張るのよ!)

洋子母(…あれ、こっち向いた。ジェスチャーしてる。やっぱり無理?恥ずかしい?…ここまで来て何言ってるの!あと50センチよ!)

洋子母(洋子!あんまりこっち見ちゃだめよ!お母さんがロッカーにいるのばれちゃう…)

洋子母(…ちょっと!Pさんがこっちに歩いてきたじゃない!いや、冷静になるのよ!私!空気になるのよ!気付かれないように気配を消して…。無、無、無…)


ガチャッ


洋子母「きゃあああ!」

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:10:23.28 ID:vgPOy+kX0

P「視線を感じると思ったら…洋子のお母さんでしたか。なんでロッカーに隠れてたんですか?」


洋子母「もう、洋子がこっち見るからばれちゃったじゃない」ヒソヒソ

洋子「だっていざやるとなると恥ずかしかったんだもん」ヒソホソ

洋子母「途中までノリノリだったじゃない」ヒソヒソ

洋子「そう見えるかもしれないけどちょっとヤケだったよ。それにやっぱ急に抱き締めるのは無理だよ、ドキドキするもん」ヒソヒソ


P「…。あのー?」

洋子「その、えーっと…」

洋子母「ゴホン、そのですね…」

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:10:52.08 ID:vgPOy+kX0

洋子母「洋子の新しいプロデュース方針として考えてみました」

P「方針?」

洋子「え!?」


洋子母(『Pさんを誘惑する為』はちょっとストレートすぎるものね…ここはゴマカシよ)

P「ああ、メジャー持ってセンチ言うのはお母さんと考えたのか。急にどうしたんだろうと思ったけど」

洋子「う…はい。そうです…」

洋子(冷静に説明されるとなんだか恥ずかしいなあ…)

P「そんなヘコまなくていいよ。元気で活発で面白かったよ、メジャー洋子」

洋子「メジャー洋子!?芸名みたいに言わないでくださいー!」

35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:12:03.77 ID:vgPOy+kX0

P「でも、なんで洋子のプロデュース方針を考えよう、ってなったんですか?」

洋子母「えーと…」


洋子母(本当は誘惑する為だけど…スパっとは言いにくいわね)

洋子母「…この事務所って個性の強い子が多いですよね?」

P「まあ多いですね」

洋子母(知ったのは最近だけど)

洋子母「だから、私も出来る限り何かお手伝いできたら!と洋子の新しい個性を考えました!」

P「…なるほど」

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:12:44.43 ID:vgPOy+kX0

P「ところで、今日のお母さんの予定はどうなっていますか?」

洋子母「え?私ですか?今日は何も無いですけど…明日に帰るつもりでしたし」

P「よければ、洋子の仕事風景を見ていきませんか?」

洋子母「え?」

洋子「え!?」

洋子母「一般の人が入ってもいいんですか?」

P「厳密に言えばダメでしょうけど…バレなきゃいいんですよ。他言無用でお願いしますね」

洋子「いいんですか!?」

洋子母「じゃあお願いします!」

37 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:13:39.01 ID:vgPOy+kX0


仕事場


P「今日はよろしくお願いします」

洋子「よろしくお願いします!」

洋子母「よろしくお願いしますー」


スタッフA「…。新人の方ですか?洋子さんに似てますけど」

P「まあそんなところです」

洋子母「ホホホ、良く言われます」

洋子(普通に入れちゃった)

38 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:14:26.99 ID:vgPOy+kX0


ライブステージ会場

志乃「ふふ…花見酒の季節ね…。さあ、歌声を響かせましょう…」

洋子「はい!勝ったら祝いの酒を…って志乃さん、もう飲んでるー!?」




洋子母(…)

洋子母(あれから一日中仕事に付いて回ってたけど、何事も無く全部普通に上手くいってるわね)

P「どうでしょうお母さん、洋子の仕事っぷりは」

洋子母「ええ、上手くいってますね…いっつも元気ですし」

39 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:15:18.33 ID:vgPOy+kX0

P「そう言ってもらえると俺も嬉しいです。洋子は大丈夫ですよ、あの通り、人を元気にする、元気さがありますから」

洋子母「…」

P「なんだか心配をかけてしまったみたいで…俺ももっと頑張らないといけませんね、すいません」

洋子母「いえ謝るのはこちらです!すいません、余計な心配を…」

洋子母(元は誘惑する為だったとは言いにくいわね、もう言えないわ)

40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:15:56.42 ID:vgPOy+kX0

P「でも面白かったですよメジャー洋子。だけど全部にセンチセンチ言うんじゃなくて、長さから求められる数式を…みたいな、理数系キャラの方がいいかもしれませんね」

洋子母「…あ、理数系ですか…その発想は無かったですね」

P「それに、物の長さって気になりませんけど、知ったら面白いと思いますし。言うなれば豆知識ですからね」

洋子母「…確かにそうですね、私もネクタイの長さとか調べるまでわかりませんでした」

P「長さを元気に伝えるアイドル…確かに新ジャンルですね」

洋子母「もうちょっとお話しませんか!」


キャッキャッ


洋子(何の話してるんだろう)

41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:16:44.07 ID:vgPOy+kX0



P「お、ライブバトル勝ったのは…洋子と志乃さんか。お疲れ様…」


洋子「ひっく」

P「洋子!?どうした!酔ってる!?」

洋子母「えっ!?」

志乃「勝利は…お酒の味わいを濃くしてくれるわね、洋子ちゃん」

洋子「…ふぁい!勝っていただくお酒はおいひいれすっ!」

P「志乃さん!ライブ中に他の子にお酒飲ませちゃダメですって!洋子もそんな強くないんですから!」

42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:17:18.60 ID:vgPOy+kX0

志乃「そうだったわね、ごめんなさい」

洋子母(アレ演出じゃなかったのね…。つくづく恐ろしい事務所だわ)

洋子母(でもお酒飲み属性の人もいるのね。この調子だと洋子の積極的なアプローチの手段が…)


P「全く…大丈夫か?洋子」

洋子「うへへ、プロデューサー」グィッ

P「うぉっと!」

洋子「プロデューサーとの距離0センチー」

P「こらこら、大人しくしなさい」


洋子母(…ナイスよ洋子。お酒に弱いキャラでもいけるじゃない)

43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:18:01.94 ID:vgPOy+kX0


翌日




洋子母「わざわざ送って頂いてありがとうございます」

P「気を付けて帰ってくださいね」

洋子母「じゃあお母さんは帰っちゃうけど、頑張るのよ、洋子」

洋子「うん、お母さんもありがとうね」

洋子母「あとお酒を飲むのはPさんの前だけにしておいた方がいいわよ」

洋子「え?お酒?…何かしたっけ?」

洋子母「またね!」


タタッ

44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:18:55.03 ID:vgPOy+kX0


トコトコ

洋子母(…)

洋子母(でもこのまま帰っていいものかしら)

洋子母(…洋子にしてもやっぱりもう一押しが欲しい)

洋子母(何かこう…決定打になりそうな…)

洋子母(…)

洋子母「ハッ!」

洋子母「そうよ!なんでこんなことに気が付かなかったのかしら!」


タタッ

45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:19:41.75 ID:vgPOy+kX0

事務所

ガヤガヤ


ちひろ「洋子さんのお母さんはもう帰ったんですか?」

P「はい、送ってきました。…って、事務所人多いですね」

ちひろ「ええ、移動前ですからね」

P「じゃあ準備しないとな」


ガチャッ


洋子母「こんにちはー!」

洋子「お母さん!?」

46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:20:27.90 ID:vgPOy+kX0


オカアサン? ヨウコサンノ? ソックリダネ


洋子母「あ、Pさん!急にごめんなさい。忘れ物を見つけたので届けに来ました」スッ

P「…。ポケットティッシュ?いやこれぐらい気にしませんが…」

洋子母「先日は娘共々お世話になりまして」

P「いえ、そんなに気にしなくても」

洋子母「洋子の将来について沢山のことを話し合わせてもらい感謝しています」

P「…将来?まあ将来と言えば将来ですけど…」

洋子母「今後とも洋子のことを末永くお願いしますね!」


スエナガク? ザワザワ ザワザワ

47 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:21:11.45 ID:vgPOy+kX0

洋子「お、お母さん!ちょっと!何を言ってるの!」

洋子母「ホホホ。洋子!これからは『外堀埋めてる系アイドル』として頑張るのよ!」

洋子「お母さん!?」

洋子母「それじゃあお母さん帰るからー!」タタッ

ガチャ バタン


洋子「お母さん待ってー!凄いこと言ってから帰らないでー!」

P「…」


ゴゴゴゴゴゴ

P「…あのー…みんな、どうした?」

48 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:22:18.06 ID:vgPOy+kX0


プロデューサ- チョットコッチデ オハナシシヨウカ

P「え、ちょっと!」グィッ

ダイジョウブヨ イタクシナイヨ ヤサシクスルワ

P「これからお仕事じゃなかったっけー!」ズルズル


ヨウコサンモ コッチニコヨウネー

洋子「ふぇっ」グィッ

ナニガアッタノカ ジックリト オハナシシヨウネー

洋子「きゃー!お母さーん!もー!」ズルズル

49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/30 18:23:53.75 ID:vgPOy+kX0


洋子「外堀埋めてるアイドルの子もいるよーーー!!」



洋子母「いるのーーー!?」







元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430383729/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP