PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:49:46.21 ID:rMRIabBVE.net

キモオタ「す……好きでひゅっ! 付き合ってくらひゃい!」

美少女「ごめんなさい!」

キモオタ「ど、どうしてですかっ!?」

美少女「え……えっと、部活とか忙しいし……今は彼氏とかは……」

キモオタ「そ……そうですか……分かりました」

美少女「そ、それじゃっ!」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:51:07.02 ID:rMRIabBVE.net

キモオタ「ううっ……」

俺「大丈夫か?」

キモオタ「えっ? 俺……くん? 見てたの!?」

俺「屋上で寝ててたまたまな……大丈夫だ。俺がなんとかしてやるよ」

キモオタ「でも……もう無理だよ!」

俺「大丈夫……大丈夫だから……」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:52:36.53 ID:rMRIabBVE.net

女「えーっ……キモオタに告られたの!?」

美少女「うん……断ったけど」

女「馬鹿じゃん! あの顔で……無謀すぎだろ! ぎゃはははは!」

美少女「別に、顔とかじゃ……喋った事ないのにいきなり付き合ってって言われたから」

女「でも、幼馴染のフツメンの告白だって断ったじゃん! 野球部のDQN先輩だって振ったし」

美少女「だってみんな……顔とか胸ばかり見て、内面を見ようとしてないんだもん」

女「うぜー! 顔も良くて胸もデカい女は言う事が違うね!」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:54:13.83 ID:rMRIabBVE.net

――翌日――

イケメン「付き合ってください!」

美少女「……!」

女「サッカー部のイケメンくんじゃん!」

イケメン「駄目ですか!?」

美少女「わ……私のどこが好きになったの?」

イケメン「部活も勉強も一所懸命だし、子供やお年寄りに親切している所を見て……好きになったんだ」

美少女「私の内面を見てくれてるんだ……! 嬉しい……こんなの初めてかも……」

イケメン「もちろん可愛いとも思ってるよ……笑顔がとってもステキなんだ」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:55:42.65 ID:rMRIabBVE.net

イケメン「付き合ってくれるかな?」

女「断る理由ないっしょ?」

美少女「はい! よろこんで――」

俺「待てぃ!!!」

美少女「えっ……俺くん!?」

イケメン「なんだ? 邪魔しないでくれよ」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:56:59.36 ID:rMRIabBVE.net

俺「君は部活が忙しいから、付き合えないんじゃあなかったのか?」

女「そんなのキモオタに対する優しさに決まってんじゃん!」

俺「うるせぇーーーーッ! てめぇに聞いてねえ!」

ドゴォ!

女「ひぎゃっ!?」

美少女「でも……そう! キモオタくんを傷つけたくなかったから!」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:59:39.23 ID:rMRIabBVE.net

俺「君達が付き合っている姿を見て、キモオタはさらに傷つくんじゃあないのか?」

美少女「それは……学校では付き合ってる事バレないようにすれば……」

イケメン「えっ……! なんでオレ達がそんな気を遣わないと……」

俺「なんだ? 自慢の彼女を見せびらかしたいのか?」

イケメン「くっ……そうじゃなくて! えっと……コソコソするのが嫌なだけだ!」

俺「まあ、そういう事にしといてやろう……」

イケメン「何様なんだよ……」

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:01:10.36 ID:rMRIabBVE.net

俺「なんでこいつと付き合う気になったんだ?」

美少女「何でそんな事をあなたに……」

俺「いいから言えよ」

美少女「今までの人と違って、内面を見てくれたからよ! これでいい!?」

俺「そうか……でも、こいつの顔がキモオタと同じだったらどうだ? 振っていたんじゃあないのか?」

美少女「それは……」

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:02:33.29 ID:rMRIabBVE.net

俺「結局、君も外見しか見ていないんだよ」

美少女「ち、違う!」

俺「だったら付き合えるのか!? こいつの外見がキモオタでも! キモオタが内面を見てくれるのなら!」

美少女「つ……付き合えるわ!」

俺「だったら付き合えよ! キモオタは君に親切にされて、君の事を好きになったんだよ!」

美少女「っ……! お、覚えていないわよ!」

俺「キモオタだからか覚えていないのか!? 君の内面の優しさに惹かれたというのに!」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:03:54.61 ID:rMRIabBVE.net

美少女「だったら……キモオタくんはそれを告白の時に伝えてよ! もう遅いわよ!」

俺「その猶予さえくれなかった癖に……! イケメンの時は理由を聞いたが、キモオタの時はすぐ断っただろう!」

美少女「あっ……ううっ……」

女「ちょっと、あんた! いい加減にしなさいよ!」

俺「うるせぇーーーーッ! てめぇは黙ってろ!」

ボゴォ!

女「あんぎゃぁぁああああ!」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:05:18.58 ID:rMRIabBVE.net

美少女「フィーリングよ……ビビっときたの! これが恋じゃないの!? 私はイケメンくんの事が好きになったの!」

イケメン「美少女さん……!」

俺「ついさっき告白されて好きだぁ? こいつの何を知ってるんだ!? 顔が好みなだけだろ!」

美少女「そ、それだけじゃないわよ!」

俺「背が高いし、スポーツもできるし、勉強もそこそこできるからかぁ!?」

美少女「内面の話よ!」

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:06:24.88 ID:rMRIabBVE.net

俺「こいつの何を知ってるんだ!?」

美少女「爽やかだし……周りの人に慕われているし……」

俺「何だそれ……ちゃんちゃらおかしいわ……がっかりだよ」

美少女「な、内面なんて! これから知っていけばいいじゃない!」

俺「言ってる事がめちゃくちゃじゃあないか!?」

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:08:14.69 ID:rMRIabBVE.net

イケメン「さっきから聞いていれば……恋ってのは、心でするものじゃないのか?」

俺「うるせぇーーーーッ! 死ねッ!」

ヌゴォ!

イケメン「ぐぎゃぁぁああああ!」

美少女「イケメンくん!」

俺「もういい……だったら、そいつにどんな事があっても好きでいられるのか?」

美少女「もちろんよ……! 彼が不治の病になって寝たきりになっても、愛し続けられるわ!」

52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:09:33.09 ID:rMRIabBVE.net

俺「そうか……それじゃあ……」

イケメン「んくっ……!?」

美少女「ちょっと!? 何を飲ませたの!?」

俺「すぐに分かるさ……」

イケメン「はうあッ……!?」

グギュルルル!

54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:10:19.53 ID:rMRIabBVE.net

美少女「ど、どうしたの!?」

イケメン「す、すまない……少し用事が……!」

ダダダッ!

美少女「イケメンくん!?」

俺「おっと……トイレには行かせねえよ……」

タタッ!

美少女「ま、待って!」

56 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:11:22.21 ID:rMRIabBVE.net

イケメン「はぁはぁ……」

後輩「イケメン先輩チーッス!」

女後輩「今日もカッコイイですね!」

マネージャー「イケメンくん! 今度の試合頑張ろうね!」

イケメン「ああ……」

俺「ふふっ……」

ぐいっ

イケメン「っ……! は、放せ!」

俺「やだね……」

65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:13:47.95 ID:rMRIabBVE.net

イケメン「舐めるなよ……サッカー部で鍛えた脚力を……!」

俺「舐めてはいないけど、そんなに力んで大丈夫かい?」

イケメン「えっ……あっあっ……!」

ブリュリュリュリュリュズピッ!

後輩「信じらんねー! あのイケメン先輩が脱糞してるよ!」

女後輩「くさっ……最低! 死ねッ!」

マネージャー「もうマネージャーやめます。ツイッターに上げときますね」パシャパシャ

70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:14:56.01 ID:rMRIabBVE.net

美少女「イ……イケメンくーーーーん!」

俺「これでも好きって言えるのか?」

美少女「わ、私は……」

俺「明日から、こいつは学校中で陰口を叩かれるだろうな……うんこキャプテンとか……」

美少女「それでも……」

俺「そんな男と付き合う女も、色々変な目で見られるだろうな……」

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:16:29.59 ID:rMRIabBVE.net

イケメン「美少女さん……」

美少女「イケメンくん……違うわ! 私は……!」

イケメン「美少女さん!」

美少女「ごめんなさい! やっぱり、無理なの!」

イケメン「美少女さーーーーん!」

ブリュリュリュ……ブビッ!

イケメン「くふぅ……!」

プスー……ブリョォ……!

イケメン「ああっ……!」

ブリュリュリュリュ!

83 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:17:58.55 ID:rMRIabBVE.net

――――

美少女「何なのよ……私はどうすればいいの……」

俺「男は見た目じゃないって事さ……」

美少女「でも恋って……そういうものじゃないの!?」

俺「そうかもな……キモオタはやっぱり無理か?」

美少女「……うん」

俺「理由は? 部活が忙しいからじゃあないだろ?」

美少女「キモいから……生理的に無理……」

俺「そうだ……それでいい……いくら美少女だからって、本心を隠す事は無い」

91 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:20:03.32 ID:rMRIabBVE.net

キモオタ「あの……」

美少女「ひっ……い、いたの!?」

キモオタ「う……うん……」

俺「……」

キモオタ「ひ、ひどいよ! 俺くん……何とかしてくれるって言ったじゃないか!」

俺「うるせぇーーーーッ! どうせいつもこの女でズリセンこいてるキモ豚の癖によォーーーー!」

ズンドコォ!

キモオタ「ぶぎゃあああ!?」

100 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:21:56.86 ID:rMRIabBVE.net

美少女「ううっ……」

俺「さっきの自分の言葉ではっきり分かっただろ? 内面だとか抜かしていた自分の言葉が嘘だって」

美少女「……」

俺「そりゃあ、内面は大事だ。大人になるほどな……」

美少女「……」

俺「ただ、おまえはまだ学生だ……見た目なんだよ……男も女もセックスの事ばかり考えてるんだ」

美少女「わ……私はどうしたらッ! どうしたらいいの!? 私だけは違うと思っていたのにッ!」

俺「自分を清い存在だと思っていた奴ほど、自分の本質に気付いた時に堕ちやすい……」

106 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:23:35.41 ID:rMRIabBVE.net

美少女「はぁはぁ……」

俺「君はもう戻れない……このまま、この学校の性処理係として生きていくしかないだろうな……」

美少女「性……処理……?」

俺「このキモオタはもちろんの事、クラスの地味男、キモハゲ教頭やエロ体育教師の相手を毎日するんだ……」

美少女「いやぁ! そんなの無理っ……!」

俺「無理とかそういう問題じゃあない……君はそういう女だ……そして、そんな女は誰も愛さない……」

美少女「誰からも愛されない……巨乳性処理便所女……」

114 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:26:33.46 ID:rMRIabBVE.net

俺「ただ……救いはある……」

美少女「えっ……」

俺「世の中の男全てがお前を見捨てても……俺は……俺だけは君を愛せるだろう!」

美少女「そんな……無理よ! だって……私は性処理用JK……人間オナホなのよ!」

俺「うるせぇーーーーッ! 自分をそんなに卑下するんじゃあないッ!」

美少女「きゃっ!」

俺「他の奴がなんと言おうと、自信を持て! おまえは俺に愛された男なんだからな!」

美少女「俺くん……はいっ!」

124 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:28:11.71 ID:rMRIabBVE.net

俺「それでいい……!」

美少女「なんだかモヤモヤがすっきりしちゃった……何を悩んでいたのかなって」

俺「それなら良かった」

美少女「この後……どうしよっか?」

俺「そうだな……」



俺「セックスするか!」

美少女「うん! 俺くんの子供が欲しい!」

俺「はっはっは! パイプカットしてるから無理だけどな!」

~Fin~

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 20:56:45.27 ID:gEckQOWf0.net

美少女「わ……私のどこが好きになったの?」

キモオタ「部活も勉強も一所懸命だし、子供やお年寄りに親切している所を見て……好きになったんだ」

美少女「なんで親切にしてたことを知ってるの……気持ち悪い……こんなストーカー初めてかも…」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/30 21:01:09.74 ID:2fcp5SAw0.net

>>16
悲しい世界


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1430394586/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP