PickUp
スポンサード リンク
2 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:31:13.12 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あなた、おはようございます!」

榛名「朝ですよ、調子はいかがでしゅうか?」

榛名「…まだ疲れが残ってるみたいですね」

榛名「朝食作ってきますから、それまで横になってて下さい」

4 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:36:08.19 ID:i4NQyIdZ0

榛名「気合!入れて!……やっぱり恥ずかしいです」///

榛名「作ってきました。あなた、ご一緒しましょう」

榛名「食べさせてあげますね…はい、あーん」

榛名「おいしいですか?」

榛名「榛名、感激です!」

榛名「たくさん愛情込めて作った甲斐がありました」

榛名「ほら、どんどん食べて下さいね」

5 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:38:29.74 ID:i4NQyIdZ0

榛名「ごちそうさまでした」

榛名「では食器を片付けてきますね、ゆっくりしていてください」

7 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:41:59.83 ID:i4NQyIdZ0

榛名「まだまだ寒い日が続いてますね」

榛名「でもあなたに寄り添っていると、そんなのも忘れてしまいます」

榛名「温かい……」

榛名「いつまでも…ずっと…このまま二人で過ごせたらいいなぁ、なんて」

榛名「ふふふ、榛名はあなたが側にいてくれる」

榛名「それだけでいい、それだけで幸せ」

10 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:45:07.83 ID:i4NQyIdZ0

榛名「……榛名は欲張りです」

榛名「ひとたび手に入れば、それ以上を望んでしまう」

―――貴方の全てが欲しい

―――私だけを見て欲しい

でもそれは仕方のないこと

榛名「あなたがその気にさせるから」

11 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:48:16.52 ID:i4NQyIdZ0



……んっ……ひちゅ……れろ……じゅる……ごくっ…



12 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:51:20.76 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あなた、日が暮れましたね、そろそろ夜の時間です」

榛名「お腹がすいてきました」

榛名「腕によりをかけて作りますね、待ってて下さい」

13 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:55:09.65 ID:i4NQyIdZ0

榛名「榛名特製カレーできました!」

榛名「はい、あーん」

榛名「おいしいでしょう、もっと食べてください」

榛名「もっと…もっと…」

14 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:57:37.75 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あ…ほっぺにご飯粒が」

   ペロッ

榛名「はい、取れましたよ」

榛名「ふふふ…なんだか新婚さんみたいですね」

15 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 22:59:19.21 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あの日のこと」

榛名「今でもはっきりと覚えています」

榛名「私がチョコを差し上げ、そのお返しとして指輪を頂いたときのこと」

榛名「とんでもないサプライズでした」

榛名「その日の夜は…とても熱かったです」

16 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:01:40.61 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あなたと結婚して、もう二人の間を邪魔するものはない」

榛名「提督のご寵愛を受けられるのは私だけ」

榛名「そう思っていた」

榛名「……なのに、なんで!なんであの雷巡にも指輪を!」

榛名「いいんです、あなたは悪くありません」

榛名「ただの被害者」

17 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:03:26.60 ID:i4NQyIdZ0

榛名「無理やり迫られたんでしょう?」

榛名「それで仕方なくケッコンを受け入れたのでしょう?」

榛名「あんな女狐のために、わざわざ偽物の指輪と書類を作らなくても良かったのに」

榛名「本物は私のだけ」

榛名「本物の愛も私にだけ」


―――そうでしょう?

18 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:05:22.30 ID:i4NQyIdZ0

榛名「あなたは私のモノ」

榛名「自分のモノには名前を書かないといけないですよね」

榛名「持ち主が判るように」

榛名「濃く、はっきりと」

20 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:07:59.64 ID:i4NQyIdZ0



カチッ…ジュ…カチッ…ジュ~…カチッ…ジュッ…カチッ…ジュッ…



21 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:10:20.80 ID:i4NQyIdZ0

―――ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい

23 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:13:04.28 ID:i4NQyIdZ0

榛名「辛いですよね、痛いですよね」

榛名「でも許してください」

榛名「これはあなたへの罰でもあるんですから」

榛名「アハハ…これでもう提督は私のモノ!」

榛名「誰の異論も認めない」

榛名「言わせない」

24 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:16:28.00 ID:i4NQyIdZ0

榛名「……身体が火照ってきてしまいました」

榛名「今日も榛名がご奉仕させていただきますね」

榛名「大丈夫です」

榛名「天井のシミを数えていれば終わりますから」

榛名「さぁ、ズボンを脱がし―――

   プスッ……バタン

25 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:18:49.33 ID:i4NQyIdZ0

イムヤ「司令官、助けに来たわ」

イムヤ「早くここから逃げよう」

イムヤ「大丈夫よ」

イムヤ「明石さん特製の睡眠薬で眠らせたから」

イムヤ「しばらくは起きないわ」

26 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/25 23:20:26.34 ID:i4NQyIdZ0

イムヤ「はっ!司令官…その背中…」

イムヤ「そう……


直下コンマ判定

27 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/25 23:20:54.40 ID:T4C+tlP4o



41 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 22:57:47.39 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「ひどい!司令官にこんなことするなんて」

イムヤ「許せない」

イムヤ「帰ったら明石さんに診てもらいましょう」

イムヤ「そのためにさっさとここから出ないと」

イムヤ「こっちよ」

42 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:01:36.06 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「とりあえず外には出られたけど」

イムヤ「辺り一面海が広がってるわ」

イムヤ「鎮守府へは迂回して帰りましょ」

イムヤ「真っ直ぐ向かっても私の速力じゃ追いつかれちゃうかも」

43 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:05:08.89 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「私がおぶって泳いでくから背中に掴まって」

イムヤ「海水がしみると思うけど我慢してね」

イムヤ「―――~~っ!?」

イムヤ「ど、どこ触ってるのよ!」

イムヤ「…もう」///

イムヤ「こんな時にふざけないでよね…」

イムヤ「速く掴まって」

46 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:09:25.52 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「みんな心配したんだよ」

イムヤ「急に司令官と榛名さん、二人がいなくなるんだもの」

イムヤ「まさか榛名さんがこんなことするなんて思いもしなかった」

イムヤ「いつも通り」

イムヤ「変わらない日常だったはずなのに」

47 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:13:44.63 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「司令官がいなくなった時、大慌てしてたの誰だか分かる?」

イムヤ「意外な人達だったわ」

イムヤ「大井さんに満潮ちゃん、曙ちゃん…」

イムヤ「普段ツンツンしてるのにね」

イムヤ「ほんと、素直になればいいのに」

イムヤ「……」

イムヤ「またあの楽しい日々に戻れるのかな」

イムヤ「ううん、戻れる…絶対に」

48 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:15:50.84 ID:QQTKS/7c0

  ポツ…ポツポツ

イムヤ「あ!雨が降ってきた」

イムヤ「海が荒れたら大変!」

イムヤ「近くの島に上陸しなきゃ」

49 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:18:27.28 ID:QQTKS/7c0

  ザーーーザーーー

イムヤ「島にちょうど小屋があって良かった」

イムヤ「雨が止むまで一休みね」

イムヤ「ちょっと…寒い」

イムヤ「司令官は大丈夫?冷えてない?」

イムヤ「……司令官?」

イムヤ「ねぇ!ねぇってば!」

50 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:22:21.07 ID:QQTKS/7c0

起きて、起きて、起きて!起きて、起きてよ!ねぇ、司令官!

51 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:24:18.19 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「……いで……きて…」

イムヤ「起き…司令官!」グス

イムヤ「!!」

イムヤ「司令官、生きてる!?」

イムヤ「よがっだぁ!ほんとに…ほんと」グスッ

52 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:26:45.73 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「ッ!!これは温めてただけなんだからね!」

イムヤ「ほ、ほら…寒い中遭難した時のアレよ!」

イムヤ「勘違いしないでよね、いい?」

イムヤ「頭をなでなでしないで」///

53 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:28:33.92 ID:QQTKS/7c0

イムヤ「はい、温かくなってきたからもういいでしょ!」

イムヤ「なんか食べられるもの探してくるね」

イムヤ「栄養補給は大切だし」

イムヤ「じゃ、待っててね!」

54 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:30:41.78 ID:QQTKS/7c0



  ザ―――ピシャッ……ゴロゴロ ザ―――



55 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:33:19.03 ID:QQTKS/7c0



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



56 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:34:59.63 ID:QQTKS/7c0

 ガチャッ

榛名「……」

57 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:36:37.80 ID:QQTKS/7c0

榛名「あなた、ここにいたんですね」

榛名「まったくもう…私の前から急にいなくならないで下さいね」

榛名「どこに行ってもすぐ見つけられますけど」

榛名「あなたが側にいないと私は…」

榛名「私は…」

58 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:38:16.79 ID:QQTKS/7c0

榛名「戻りましょうか」

榛名「私たちの家に」

榛名「二人だけの世界に」

59 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:41:30.60 ID:QQTKS/7c0

榛名「え?イム…ヤ?」

榛名「ふふふ、何言ってるんですか」

榛名「最初から私とあなたしかいませんよ…」

榛名「あなたは疲れてるんです」

榛名「もう寝る時間ですよ」

榛名「おやすみなさい…お父さん」

60 : ◆3HTJL2wVew[saga] 2015/04/26 23:43:13.74 ID:QQTKS/7c0

おわり

コンマはイムヤが病んでるか病んでないか
正常なイムヤでした


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1429968588/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
12位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP