PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 10:03:37.31 ID:GHoJSjDDO

ちひろ「本当ですか?すぐにチョロチョロ手を出しそうですけど」

P「なんですかその名誉毀損は」

ちひろ「まぁいいですけど、私はアイドルのお迎えに行きますから」

ちひろ「変なことしないでくださいよ?」

P「もちろんですよ」

ちひろ「乳首触っちゃ駄目ですからねー」

ガチャッ(ドア、開く)

バタン(ドア、閉まる)

(ちひろ、歩く)

(ちひろ、この先に待ち受ける試練などつゆ知らず)

(ちひろ、ただ歩く)

P「……え?」


4 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 10:11:45.64 ID:GHoJSjDDO

P「今……乳首触っちゃダメって……」

P「いや、乳首はセーフだよな!乳首セーフ!セーフ乳首!」

P「ちひろさんはうっかりさんだなぁ!」

P「さぁて!お仕事お仕事ガンバルンバ!」

ガチャッ

みく「おっはようだにゃ!」

P「おはよう」

P「今日は*で仕事だったな」

みく「そうだにゃ、李衣菜ちゃんとは最初こそ
……やたら長い回想……
だったにゃあ」

P「……」カタカタ

みく「聞いてない!?」

14 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 13:58:29.34 ID:GHoJSjDDO

みく「ちゃんと話を聞いてにゃ!」

P「あーはいはいそうですねー」

みく「フシャー!」

P「ほれ、チョコレイトをやるから機嫌を直せ」

みく「みくはそんなにチョロくないにゃ!」

P「あーん」

みく「……」

みく「あーん」

パクッ

みく「……えへへ、あまぁ……」

P(チョロすぎぃ……チョロQかよ)

15 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 14:00:05.84 ID:GHoJSjDDO

P「もうひとつやろう」

P「あー、あっ」

ポロッ

みく「にゃっ!?」

P「しまった!チョコレイトがみくの服の中に入ってしまった!?」

P「今とってやるからな!」

16 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 15:42:41.81 ID:GHoJSjDDO

みく「え゛っ!?大丈夫!自分でとれるにゃ!」

P「いくぞ!」

ズボッ

みく「うにゃっ!?」

P「これか!?」

クリクリ

みく「っ!?」

みく「あっ」

26 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 17:38:11.92 ID:GHoJSjDDO

P「なんだ!?この程よい硬さのこれは!」

みく「だ、だめっ……!」

P「もしかしてこれは!?」

スポッ

P「なんだグミか」

31 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 19:54:30.83 ID:GHoJSjDDO

P「なんで服のポケットにグミ入れてんだ」

みく「多分、袋から漏れちゃったんだにゃ」

P「ふむ、まだ入ってんだろ」

P「探してやる、じっとしていろよ」

ズボッ

33 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 20:55:42.24 ID:GHoJSjDDO

P「結論から言うと」

クリクリ

みく「は……っ!にゃぁっ……!」

クリクリ

P「乳首でした」

みく「りゃめぇ……!」

P「グミだと思ったんだけどなぁ」

クリクリ

34 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 20:58:58.84 ID:GHoJSjDDO

P「みく、大丈夫か?」

みく「はぁ……はぁ……30分乳首を責め続けた人のセリフとは思えないにゃ……」

P「まぁ、ほら」

クリッ

みく「イっ!?」

P「スキンシップってやつだ」


▽みくとみく乳首が仲間になった!




35 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 21:00:11.89 ID:GHoJSjDDO

こんな感じでやっていくんでよろしくです。


アイドル名
飛鳥なら安価下
下1

36 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage ] 2015/04/13 21:00:56.03 ID:bh3KQwMj0

小梅ちゃん

40 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:25:57.82 ID:GHoJSjDDO

P「ちーくーびだけの特権(特権)特権(特権)特権です~♪っと」カタカタ

小梅「あ、あの……」

P「なんだい小梅ちゃん」ハニカミスマイル

小梅「あの子が……遊びたいって……」

P「……まじか」

小梅「うん……」

P「なにやればいいんだろうな、こっくりさん?」

P「こっくりさんやるか、折角だし」

小梅「折角……?」

41 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:31:28.57 ID:GHoJSjDDO

P「とりあえず50音がかかれた紙を用意したぞ」

P「あとは小銭……ごめん二千円札しかなかった、これでいいか?」

「」

小梅「うん……いいって……」

P「よし!やるぞぉ!」

P「こっく……違うな、あの子はこっくりさんじゃないよな」

小梅「……な、なんて……呼ぶ……?」

P「……うーん」

P「……さだこ?」

ガタガタガタ

P「ひぃっ!?」

小梅「他の女の名前を……出しちゃだめ……」

P「わ、わかった」

42 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:34:38.49 ID:GHoJSjDDO

…………
……

P「おいでませー」

小梅「お、おいでませー……」

ススッー

P「動き始めたぞ!」

こ・ん・に

P「凄い!文字を描き始めた!」



P「ち……乳首か!?」

小梅「止まっちゃった……あの子が怯えてる……」

P「すまん、ちって文字を見ると乳首が予測変換で出てきてしまうんだ」

小梅「リトライ……します……?」

P「あぁ!」

43 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:39:02.34 ID:GHoJSjDDO

こ・ん・ば・ん・は

P「はいこんばんはー」

小梅「こ、こんばんは……」

P「早速質問に入らせて頂きますね」

P「小梅が俺のことどう思っているのか教えてくれ」

小梅「!?///」ボンッ

す・k

ヒュバオッ(謎の力によってこっくりさん(あの子)の操作が利かなくなる音)

め・し

小梅「……だめ……まだだめ……///」ボソボソ

P「酢飯か……」

P「そんなに臭いのか……」

P「ちょっとシャワー浴びてくるよ……」

44 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:42:45.58 ID:GHoJSjDDO

シャヮァァァァ(シャワァの音)


小梅「……」

小梅「……Pさんの気持ちを教えて……」

だ・め

小梅「……え……?」

ず・る・は・だ・め

小梅「……うん」

小梅「……とりあえず……Pさんの背中を……流す……ね」

すたたた

ウワッ!?コウメヨイキナリハイッテクルンジャナイ!
ソレチクビダロ!!チクビダメチクアーッ!!

ススーッ

が・ん・ば・れ

45 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/13 23:43:28.85 ID:GHoJSjDDO

下1


今回はエロス無しっす。あしからず。

46 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/13 23:43:45.24 ID:afVe6ySCO

木場さん

49 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 00:20:30.86 ID:6WCP18IDO

真奈美「P、乳首を触りたいらしいじゃないか」

P「あ、いえ、今はそれほどでも」

真奈美「そう言わずにほら」

ググググッ

P「手を胸の方へひきよせないでくださいよっ!」ググググ

真奈美「今日はブラを着けてないぞ」ググググ

P「うわぁちからでまけたぜ」

ムニッ

P「……うそつきましたね」

真奈美「あぁ、まんまと騙されたな」

P「力に負けただけです」

51 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 00:24:27.54 ID:6WCP18IDO

P「ま、でも」

クンッ

真奈美「な!?早い!?」

真奈美「ブラを外されただと!?」

P「真奈美さんの乳首も素敵ですよ」

クリクリ

真奈美「んっ、く……っ!」

P「ふふ……」

ちひろ「乳首駄目って言っただろバカ!」バシーン

P「いてぇ!」

グニッ

真奈美「うぁぁっ!」ビクン



下1

52 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/14 00:24:45.58 ID:drwLTOH20

沙理奈

55 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 10:02:20.71 ID:6WCP18IDO

沙理奈「プロデューサー!」

ムギュッ

P「おっと、急に抱きついてどうした」

沙理奈「アタシに抱きつかれたのに動じないなんて……」

沙理奈「けんじゃ?」

P「お前はアイドルだろ!」

沙理奈「え……違うの?」

P「違うの!」

56 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 10:06:07.63 ID:6WCP18IDO

P「乳首触るとちひろさんがぶちころするから」

沙理奈「あー、遂に駄目って言われたのね」

P「遂にってなんだ遂にって」

沙理奈「……バレなければ大丈夫」ボソッ

沙理奈「ほら、どうぞ」クイッ

P「」スッ

クリクリ

沙理奈「はぁん♪」

ちひろ「真後ろにいるわ!」バシーン

P「はっぺん!?」


下1

57 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/14 10:06:52.17 ID:5LOiUgcqo

美穂

59 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 20:28:56.54 ID:6WCP18IDO

美穂「はぁ……はぁ……」

P「美穂……」

美穂「プロデューサーさん……はやく……!」

美穂「わたし……もう我慢が……」

P「わかった……触るぞ」

60 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 20:32:34.40 ID:6WCP18IDO

ちひろ「」ジー

P「や、やっぱり駄目だよ」

美穂「うぅ……独りじゃ満足できないですよぉ」

P「なんとかcamouflageしないと……」

P「そうだ!」

圧倒的閃きッ!

63 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 21:35:38.99 ID:6WCP18IDO

P「テレテテッテテーッッッ!」

P「なんかよくわかんないけど輪っかに手を通すと異次元に繋がってなんとかなるやつ~!」

美穂「長い……っ!」

P「その名も、「レクイエム」だ」

美穂「それでどうするんですか?」

P「これを腕に嵌めて……よっしゃいくぜぇぇぇ!」

クリクリ

美穂「あっ……!あぁっ……ん!」

ちひろ「馬鹿かよ」バシーン

P「いってぇ!」

64 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/14 21:39:39.75 ID:6WCP18IDO

P「しょうがない、たかいたかいで許してくれ」

美穂「はい……」

P「そーぉれ!たかいたかいーぃ!」

美穂「お日様に近くなりましたね!」

P「あぁ、日に当たるのは気持ちいいなぁ!」

クリクリ

美穂「ふ……っん、はい……気持ちいいです」

P「そーれたかいたぃーかい!」

クリクリ

美穂「あっ……はぁっ……!」

美穂(足が宙に浮いてて踏ん張れないから……)

美穂(これすごくいい……)ゾクゾク



下1

65 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/14 21:40:20.87 ID:JHibMFxUO



68 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 01:29:58.18 ID:JwD1Hz3DO

P「杏、仕事にいくぞ」

杏「今日は遠慮しておくよ」

P「そうか、わかった」

P「なんていうと思ったかこらー!」

クリクリッ

杏「あんっ……」

杏「乳首に免じて……今日は有給休暇を申請するよ」

P「乳首に免じられたらしょうがない」

杏「え゛、いいの?」

P「乳首だしな」

69 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 01:35:35.10 ID:JwD1Hz3DO

P「もともと今日の仕事は、俺とショッピングモールで買い物だったし、休みたいならしょうがない」

杏「待って、今凄く働きたくなってきたよ」

P「杏が働きたいだなんて……!」

P「でも……乳首に免じられたからな……今日は休みだ」

杏「え……わかった!」

ガバァッ

P「服をめくるんじゃない!」

杏「乳首、好きなだけさわっていいよ」

74 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 09:57:59.74 ID:JwD1Hz3DO

P「馬鹿やろう!」

P「お前は今さっき乳首に免じたばかりだれう!」

P「ほんなにふぐはわらへはら(そんなにすぐ触らせたら)」

ハムハム

杏「いっ……!」

P「乳首が可哀想でしょうが!」

クリクリ

杏「にゃぁっ……!」

75 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 10:02:07.26 ID:JwD1Hz3DO

…………
……

P「わかったか!」

杏「あっ……あ……」ビクンヒクン

P「これに懲りたら……」

ガシッ

P「なんだ?」

杏「……まだ懲りてないよ……杏、悪い子だもん」

杏「だから……ね?」



下1

76 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/15 10:03:03.82 ID:s1s07kr40

菜々さん

79 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 18:02:33.66 ID:JwD1Hz3DO

ガチャッ

P「あ、菜々さ……」

菜々「あ……」

P「……着替え中でしたか、失礼しました」

P「シチズンッ!」ダッ

ガシッ

菜々「逃がしませんよ?」

P「ひぃぃぃ」

82 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 20:07:24.04 ID:JwD1Hz3DO

菜々「17才の柔肌を見たんですから……感想の一つくらいいってもらわないと」

P「わかりました」

サスサス

P「菜々さん……どんな手入れをしてるんですか……!?本当に17才みたいだ」

菜々「ありがとうございま……違います!菜々はれっきとした17才ですよ!」

サワサワ

P「手にすいつくようなきめ細かな肌……」

菜々「も、もういいですよ?」

サスリサスリ

菜々「というか、なんで触ってるんですか!」

菜々「これじゃアベックみたいじゃないですか!!」

87 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 21:20:16.28 ID:JwD1Hz3DO

P「この肌の張りのよさに、なにか理由はあるんですか?」

菜々「うーん……あ!」

菜々「恋は女を綺麗にするんですよ!キャハ☆」

P「恋……ということは、好きな人がいると」

菜々「しまっ……」

P「いるんですね」

菜々「……はい」

菜々「……ナ、ナナは着替えますね!いつまでもこの格好でい
ギュッ

菜々「っ……!?」

P「菜々、俺だけを見ていろ」

89 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 21:26:55.28 ID:JwD1Hz3DO

菜々「Pさんだけ……を……?」

P「あぁ」

菜々(こ、これってもしかして駄目よ菜々!あなたはアイドルになるんでしょう!)

P「俺みたいなブサ男を見ていれば男に興味がなくなりますよ」
菜々(あぁでもPさんだけのアイドルもいいなぁメルヘンチェンジしちゃう)

P「……しかし、菜々さんも早いところ相手を見つけないと不味いか」

菜々(新婚旅行はウサミン星……とは離れた所で……ウサミンパワーでPさんと繁殖したり)

菜々「あぁう……///」キュウ

バタン

P「バタンキューだと!?」

90 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 21:30:21.65 ID:JwD1Hz3DO

P「あかん!と、とりあえずどうすれば!?」

P「心臓マッサージは必要ないよなでもそれに近いことはしなくちゃいけないよな!?」

P「心臓に近い……?」

P「あぁ……乳首か、乳首マッサージか」

P「菜々さーん」

クリクリ

菜々「ぁっ!あっ!」


下1

91 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/15 21:33:33.43 ID:4d3S2HQOO

よしのん

93 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 23:03:48.65 ID:JwD1Hz3DO

芳乃「さなたからー危ない気がー見えるのでしてー」

P「危ない気?何かに憑かれてるのかな」

P「よし、なんとかしてくれ!」

芳乃「かしこまりー」

P「なんか軽いな」

…………
……
P「何故俺は裸に……?」

芳乃「清めの水でしてー」

バシャァ

P「つめたっ……くはない……って、これローションじゃん!」

94 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 23:06:44.01 ID:JwD1Hz3DO

芳乃「清めの儀式を始めるのでしてー」

P「芳乃さん?何故裸になっているんです?」

芳乃「そなたのー危ない気―性欲―をー払うのでしてー」

P「ばかたれ!そんなことしちゃいけない」

ニュルッ

芳乃「ぁ……んっ」

P「おうふ」

芳乃「そなたもー気持ちいいのでしてー?」

P「はい……」

95 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 23:10:02.32 ID:JwD1Hz3DO

「そなたー?小さき娘に責められて何故に大きくしているのでしてー?」

「変態のそなたにはー罰を与えるのでしてー」

「達する寸前をー小一時間ー」

「耐え切れたらーご褒美をー」

「それではー始めるのでしてー」

ブォォォ

96 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/15 23:11:33.18 ID:JwD1Hz3DO

飛鳥「キングクリムゾンッッッ!」

…………
……
P「ふひぃ、芳乃に責められまくるとは……あいつに変なことを吹き込んだ奴はだれだ畜生……」


下1

97 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/15 23:11:58.14 ID:uVPwtXWh0

しき

100 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 00:32:28.27 ID:3LzdJlZDO

P「まてこら」

ガシッ

志希「?芳乃ちゃんに変なこと吹き込んだりしてないよ?」

P「うそつけこら」

P「天誅喰らわせてやろうかこら」

志希「……」

志希「ま、それも大正ロマンで~」

P「大正に謝れ」

102 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 09:52:46.16 ID:3LzdJlZDO

P「こら、にげるんじゃない!」

ガシッ

志希「つかまっちゃった~」

志希「ハスハスー」

P「匂いを嗅ぐんじゃないよ!」

志希「えー、じゃあどうすればいいの?」

P「……こいつはオシオキすら喜びそうだな」

P「仕事に連れて行くか」

志希「やだーもっとハスハスする~」

P「お前は杏か!」



下1

103 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/16 09:55:08.01 ID:CavKnEEeo

洋子

104 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 14:01:35.58 ID:3LzdJlZDO

P「なぁ、洋子」

洋子「どうしました?」

P「半身浴ってさ、下半身だけがお湯につかるじゃん?」

洋子「まぁ、普通はそうだよね」

P「」ブワァッ

洋子「どこに泣く要素があったの!?」

P「だって……」

P「乳首が……ひっく……可哀想だろ……」

107 : 過ちを繰り返さないでしょ(憤怒)[saga] 2015/04/16 16:44:16.34 ID:3LzdJlZDO

洋子「えー……」

P「だからな、俺考えた」

P「半身浴している洋子の乳首に、俺が優しくしてやろうって」

洋子「」

P「よし、今からやるぞ」

洋子「え」

108 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 19:53:04.11 ID:3LzdJlZDO

P「というわけで、熱湯を用意しました」

洋子「このセット凄く見覚えがあるよ!?」

洋子「あの三人組が使ってたやつだよね!?」

P「押すぞ!押すぞ!」

洋子「違うよ逆!押すな押すなでしょ!」

109 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 23:20:53.97 ID:3LzdJlZDO

P「……」

洋子「……」

ビシャァァ(ちひろの緑の服がビシャビスャになった音)

P「まさか運んでいる最中にひびが入っていたとはな……」

洋子「……逃げる?」

P「そうだな、よし。書き置きをしておこう」

「みくがやりました」

P「明日が楽しみだぜフゥーハハハ!」

洋子(絶対バレるなぁ……)

下1

110 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/16 23:21:15.14 ID:YTZsXZkro

蘭子

112 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/16 23:25:59.33 ID:3LzdJlZDO

蘭子「闇に飲まれよ!」

P「ぐぅー……すぅー……」

蘭子「悠久の眠りか?」

P「うーん……蘭子ぉ……」

蘭子「?……眠りの底より這い寄りし言葉か」

P「愛して……ぅ……」

蘭子「」ドキドキドキーン
ドキドキーンドッキーン

蘭子「せ、刹那の風の如き言霊よ……」

114 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 09:55:59.90 ID:a7CAW08DO

蘭子「……僕よ、今こそ覚醒の時」

ツンツン

P「んー……?」

ムギュッ

蘭子「はわー!」ドッキーン土器

P「あと5分」

蘭子「ま、まくらじゃないですよ……?」

115 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 09:59:31.87 ID:a7CAW08DO

P「すぅ……」

蘭子「あぅ……堕落の輪廻か……」

P「ぐぅ……」

クリクリ

蘭子「あっ……!」

蘭子「そ……そこは……触っちゃだめ……!」

ちひろ「起きろ馬鹿ToLOVEるかよ」バシーン

P「いってぇ!」


下1

ラスト、飛鳥でも可

116 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/04/17 10:01:24.44 ID:05sd6fGXo

じゃあ飛鳥

119 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 10:09:31.68 ID:a7CAW08DO

P「……飛鳥」

飛鳥「なんだい?キミが問いかけると言うことは、意味があるのだろう?」

飛鳥「それとも、呼んだだけというやつかい?」

飛鳥「どちらにせよ、キミに名前を呼ばれて悪い気はしないね」

P「お前、俺のプリン食べたろ」

飛鳥「……なんのことだい?」

P「俺が冷蔵庫にいれていたプリンを、食べただろ?」

120 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 12:29:01.57 ID:a7CAW08DO

飛鳥「なんのことだい?」

P「しらばっくれるのか?」

飛鳥「しらばっくれるも何も、身に覚えがないよ」

P「そうか……疑って悪かった」

飛鳥「キミが疑うのもしょうがないさ、大事なものを取られたなら、人は冷静さを失う」

飛鳥「ただ、次からは名前を詳しく書いておいた方がいいんじゃないかな?「P」とだけ書かれていては、puddingのPと間違えてしまうよ」

P「ほぉ?」

121 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 17:48:15.70 ID:a7CAW08DO

…………
……

P「何故Pと書かれていたことを知っているんだ?」

クリクリ

飛鳥「はんっ……そ……それはぁ……」

P「白状しないと止めないからな」

クリクリ

飛鳥「あっ……!」

飛鳥「は、吐くものか……絶対に口を割らないよ……」

飛鳥「悪には屈しない……それがボクのポリシーだから……」

クリクリ

飛鳥「ひぁぁんっ……!」

126 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 19:56:03.49 ID:a7CAW08DO

「飛鳥」

「さっさと白状したらどうだ?」

キミの声が、キミの甘い声が、頭の中を廻る。

「は……んっ……ボクじゃないよ……」

ごめんね、P。
キミのプリンはとても甘美だったよ。

でも、真実は言えない。

胸の先端を擦る手が、少し強くなる。
刺激は直接脳へと伝わり

「ふ……ぁっ!」

食欲に負けたボクの口から、
甘味のように甘い声が漏れる。

127 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 22:22:31.19 ID:a7CAW08DO

P「なんて地の文を入れようとしても逃がさないからな?」

飛鳥「あっ、あっ!」

P「はけーそろそろプリンを食べたって言えー」

クリクリ

飛鳥「くっ……卑劣な……」

クリクリ

飛鳥「にゃぁ……っ!」

飛鳥「あっ、イっ!」

P「……」

128 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 22:28:07.58 ID:a7CAW08DO

P「これだけやってもいわないってことは……本当にやってないのか……」

飛鳥「……え?」

飛鳥「えっ、ちょ」

P「すまんな、辱めを与えてしまって」

飛鳥「あ……P……」

P「どうした?」

飛鳥「食べた……食べたから……」

飛鳥「オシオキを……続けてくれないかい……?」

129 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 22:32:41.77 ID:a7CAW08DO

P「……俺は、アイドルに手を出さないマンだぞ?」

P「……つい1分前まではな!」

P「プリン食べられた分……しっかり味あわせて貰うぞ」

飛鳥「うん……!」

P「いただ

―――――――
残念ながらここからは18禁です。
ありおりはべり。

―――――――
飛鳥「あ……ぅ……」ビクンビクン

P「さて、俺はこれから手を出したから責任取るマンになるが」

飛鳥「……?」

P「俺と、結婚してくれるか?」

飛鳥「……ふふっ」

飛鳥「もとより、そのつもりさ」

チュッ

130 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[saga] 2015/04/17 22:36:47.48 ID:a7CAW08DO

あやうくえっちなの書いちゃうとこでした!
すばやく軌道修正しました!
かわいい飛鳥が書けてたらいいなぁと思います!

なかなか時間が取れなかったので更新が遅くてすみません!
めろん

いつかまた書いたときは、宜しくです。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428887016/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP