PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:12:08.31 ID:8JxvEp9f0.net

コナン「マジかよ博士!」

博士「早速押してみるぞい!」ポチッ

コナン「・・・・・・でも良く考えたら尻の穴が喋るって気持ち悪いだけだよな」

博士「うむ・・・押してからわしも改めて考えみたんじゃが・・・」

博士「とてつもなく気持ち悪いのぉ」

コナン「まぁ折角押したんだし何日かだけ様子見るか」

博士「そうじゃな、その間に解除スイッチを作っておくとするわい」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:12:47.54 ID:XhWyP6Em0.net

まじかよ、最低だな光彦

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:14:12.28 ID:8JxvEp9f0.net

~次の日~

姉「みっちゃーん、朝ごはんだよー!」

光彦「うーん・・・」

光彦「遠くから声が聞こえる・・・でももう少し寝てたい・・・」

光彦「このまま寝たふりをしよう・・・」

???「おぅ!今行くぜ!!!」

光彦「!!!」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:14:12.95 ID:D6glKs2o0.net

また光彦かよ
光彦が何をしたってんだよ・・・



光彦最低だな

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:16:50.45 ID:8JxvEp9f0.net

~通学路~

光彦「突然謎の声がしたせいで寝たふりができませんでしたね・・・」

光彦「おかげで物凄く眠い・・・ふわっ・・・」

チャリンチャリン

おばあちゃん「ああ・・・小銭が・・・」オロオロ

光彦「(うわぁ、あんなに沢山小銭ばらまいちゃって・・・)」

光彦「(拾うのが面倒ですね、ここは気づかなかったふりしてスルーしましょう・・・)」

???「おぅばあさん!派手にぶちまけたな!!」

光彦「!!??」

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:19:44.17 ID:8JxvEp9f0.net

おばあちゃん「あぁすいません・・・お恥ずかしい」

光彦「えっ、えっ?」

???「さっさと拾えよばあさん!俺も手伝ってやるからよ!!」

おばあちゃん「どこのどなたか存じませんが・・・ありがとうございます・・・」

光彦「い・・・いえ、いいんですよ、困ったときはお互い様です・・・」

光彦「(な、なんでこんなことに・・・!)」

光彦「(眠い朝から見知らぬババァがぶちまけた大量の小銭を拾わされるハメになるんですか!)」

光彦「(こうなったら手間賃で500円玉を何枚かくすねてやりましょう!)」

???「こっちに500円玉が2枚落ちてたぜ!ちゃんと拾わねーとな!」

光彦「(ひ、ひぃ!)」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:21:34.56 ID:Dxg3oic/d.net

尻穴いいやつだな

11 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:23:41.11 ID:8JxvEp9f0.net

光彦「朝から酷い目にあいました・・・」

光彦「そういえば心なしかすぐそばで声が聞こえたような」

歩美「どうしたの光彦君?そばかすに皺が寄って気持ち悪いよ?」

元太「うな重が足りねーんじゃねーか?」

コナン「それはおめーだろ元太」

光彦「そうですよ元太君、僕は君と違って

???「実はそうなんだよ!朝はうな重3杯しか食べられなくてさぁ!!」

元太・歩美・コナン「えっ」

光彦「!!!???」

???「おっと、腹いてーからトイレ行って来るかな!!」

光彦「わっ!わっ!わああああああ!!」



歩美「何あれ・・・」

元太「うな・・・」

コナン「・・・・・・」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:24:47.04 ID:8JxvEp9f0.net

光彦「確かに聞こえました!僕のすぐそばで!」

光彦「まさか、博士が背中に寄生虫を這わせるスイッチを押しましたね!?」

???「ちげーよバーカ」

光彦「・・・ま、まさか・・・」

???「そうだよ、尻の穴だよ」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:26:29.98 ID:YcUUp5VC0.net

尻の穴に比べて光彦のクズさよ・・

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:27:26.94 ID:8JxvEp9f0.net

光彦「ぼ・・・僕のお尻の穴が・・・」

光彦「喋った!!!?????」

???「そう、俺は光彦の尻の穴」

???「そうだな、俺のことは尻彦とでも呼んでくれ」

光彦「僕のアナルの分際で何偉そうなこと言ってるんですか!いい加減にしないとケツのアナにわさびととうがらしを練りこんだものを塗りこみますよ!!」

???改めて尻彦「くっくっく、俺が黙ってやられると思うのか?」

光彦「な・・・に・・・?」

尻彦「やっべー!!!ここのトイレくそでけーウンコがたまってらぁ!!!こりゃやべーよ見物だよ!!!きったねーウンコが山盛りだぜえええ!!!」

光彦「ひゃわ!」

17 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:29:20.87 ID:8JxvEp9f0.net

ナニナニードウシタノー?

ウンコナガサネーヤツガイルンダッテー

マジデーwwwキメーwww




光彦「はぁ・・・!はぁ・・・!はぁ・・・!」

光彦「な、なんとか人目につく前に逃げることができました・・・!」

尻彦「くくく、仲良くしようぜぇ光彦・・・」

光彦「く・・・そぉ・・・」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:32:11.14 ID:8JxvEp9f0.net

光彦「(あれから何とか教室に戻ることができましたが・・・)」

光彦「(心配ですね・・・突然喋りだすんですし・・・)」

光彦「(とにかく、目立たないようにおとなしく・・・)」

小林「はい、この問題わかる子ー?」

光彦「(・・・これ簡単だな、でも今は目立たず・・・)」

尻彦「はーいwwwはーいwww」

光彦「ひっ!)」

小林「はい、光彦君お願いねー」

光彦「え・・・えっと・・・」

光彦「(ち、ちくしょう!)」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:36:05.56 ID:8JxvEp9f0.net

歩美「今日の光彦君大活躍だねー!授業はほとんど手上げてたし、体育のサッカーも大活躍だったんでしょう?」

元太「ああ、点こそ取れなかったけどボール追い掛け回してコナンにパスしてたぜ!」

コナン「全く見当違いの方に飛んでっちまったけどな」

灰原「普段の円谷君とは大違い、人は見かけによらないのね」

光彦「た、たまたまですよははは・・・」

光彦「(うう・・・体育のときほとんど止まらずに走り続けたせいで身体が痛いです・・・)」

元太「おまけに給食のプリンを俺にくれたんだもんな!」

歩美「あれはすごかったよねー!みんな拍手してたもん!」

光彦「きょ、今日はお尻じゃなくてお腹の調子が悪くて・・・」

尻彦「(くっくっくっくっ)」

コナン「・・・・・・」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:39:40.80 ID:8JxvEp9f0.net

ジャアネーバイバーイ
マタナー

光彦「・・・・・・」

コナン「なぁ光彦、ちょっといいか?」

光彦「・・・?」



博士「うほほほほほほwww歩美ちゃんの着替えシーンはいつも興奮するのぉwww」

コナン「博士ー連れてきたぜー」

博士「」パチッ

博士「なんじゃ新一・・・コナン君か、光彦君もいるとなると、例の件じゃな?」

光彦「酷いですよ博士!!いつもみたいに僕を爆殺するとか手足をもぎとるとかじゃなくて!!こんな地味な嫌がらせをするなんて!!」

コナン「(どう見ても爆殺の方がひでーだろ)」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:42:56.26 ID:8JxvEp9f0.net

博士「まぁ待つんじゃ光彦君、今回はワシも大いに反省しておるんじゃ」

博士「もうすぐお尻の穴が喋るスイッチを無力化するスイッチができるんじゃ、まぁジュースでも飲んで待っていてくれ」

光彦「本当ですね!?嘘だったときは博士が盗撮している歩美ちゃんや灰原さんの生着替え動画を博士の名前でバラまきますからね!!!」

博士「そ・・・!・・・うむ、天才に二言はない」

コナン「ほら、向こうで待ってようz

尻彦「俺に手を出すなぁ!!!」

博士・コナン「!?」

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:45:15.18 ID:8JxvEp9f0.net

博士「こ、これが光彦君の尻の穴の声か」

博士「以外に男らしい声じゃのぉ、ワシの尻の穴もパクパクしそうじゃわい」

尻彦「俺は尻彦」

尻彦「俺を生んでくれたことには礼を言うが俺を消そうだなんてことは考えるな!」

尻彦「俺は一生こいつにとりついているんだ!はっはっはっはっ!」

光彦「は、博士!手が勝手に・・・!」

博士「なんと!声だけではなく光彦君の体も動かせるようになっとるのか!」

コナン「こいつはスリルショックサスペンスだぜ!!」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:47:38.53 ID:8JxvEp9f0.net

コナン「う、うぐ!」

尻彦「はっはっはっ!機会をいじっているその手を止めろ!さもねぇとこのメガネの首をポッキリと

博士「残念じゃがもうスイッチはできたんじゃ」

尻彦「!?」

光彦「さ、さすがです博士!」

コナン「早く・・・押してくれ・・・意識が・・・」

博士「うむ、ポチッとな!」ポチッ

光彦「・・・」

コナン「・・・」

博士「・・・」

尻彦「はっはー!どうやら不発のようだな博士ェ!!」

博士「なんじゃと!?わしが失敗じゃと!?」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:49:16.97 ID:8JxvEp9f0.net

尻彦「約束を破ったな!このメガネの首をマッチ棒のようにポッキリと・・・」

博士「」チャキッ

尻彦「な、ピストルだと・・・」

光彦「は、博士何を」

バキュン!!

光彦「」

尻彦「」

博士「安心せい、急所は外しておるわい」

コナン「」ガクガクガクガクブクブクブクブク

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:53:39.00 ID:8JxvEp9f0.net

お迎いさん「阿笠さん!今9mm口径の発砲音が聞こえませんでしたか!?」

博士「9mm口径の音が出るスイッチじゃよ、騒がせてしまいましたのぉ」

お迎いさん「なんだスイッチですか、周りに迷惑かけないでくださいよ」

博士「すまんのぉ」

博士「さて、光彦君」

光彦「」

博士「君は今の一撃で尻彦君と共に一度死んだのじゃ、少なくとも死んだと思ったじゃろう」

博士「このどんな重症でもたちどころに元気になるスイッチで、今起こしてあげるぞい」

博士「同時に尻彦君を無効化するスイッチをもう一度押すことで、完全に消滅するはずじゃ」

コナン「」

博士「おっと、新一が気絶しておるの」

博士「水でもかけておこうか」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 21:57:38.67 ID:8JxvEp9f0.net

コナン「博士が丸出しのケツを俺に近づけてくる瞬間、丁度目が覚めて1日が経った」

コナン「朝会った光彦はいつもの調子だった」

コナン「俺が尻彦に首締められて気絶している間に尻彦は消滅してしまったらしい」

コナン「これで光彦はいつもどおりただそばかす顔でニヤニヤしている気持ち悪いただの光彦に戻ったわけだ」



光彦「ほんと今回は酷い目にあいましたよ」

光彦「やっぱり人間プライバシーは守られないといけませんね!」

光彦「たった半日でしたがずっと尻の穴に監視されてたみたいでとても気持ち悪かったですよ!」

コナン「ああ、そうだな」

33 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 22:01:51.91 ID:8JxvEp9f0.net

光彦「全く最低ですね博士は!」

光彦「やっぱり博士が盗撮した数々の動画を善良な市民の方々に暴露して博士を危険人物として触れ回らないと!」

光彦「何せ尻の穴を喋らせるだなんて」

光彦「気でも狂ったんじゃないでしょうか!」

コナン「なぁ、光彦」

光彦「何ですコナン君!僕は今怒りで頭が沸騰しそうに」

コナン「ここのところ女子の身の回りの品が盗まれる事件が多発して、俺達が独自に追っていたのを知っているよな?」

光彦「え、ええそれが何か?」

コナン「それで、よ」



コナン「昨日ぷっつりとそれが無くなって、今日また女子の物が盗まれたんだ」

コナン「おまけにそのときに光彦の指紋があっちこちについていたんだ、何でだと思う?」

光彦「・・・・・・」

光彦「バレテシマイマシタネ」

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 22:07:39.36 ID:8JxvEp9f0.net

ビリビリッ!!

コナン「うっ・・・!」バタッ!

光彦「くくく、無理しないほうがいいですよ、スタンガンです」

光彦「いくら君でも不意をつかれたら身体が言うことをきかないぐらいには動けなくなるでしょう」

光彦「本当は気を失ってもいいはずですが」

コナン「光彦・・・てめぇ・・・!」

光彦「君が悪いんですよ」

光彦「折角君が気づくまで、クラスの女子の上履きや灰原さんの体操服や歩美ちゃんの筆箱をオカズにできていたというのに・・・」

コナン「この変態野郎が・・・!」

光彦「いいですねぇその表情」

光彦「僕最近同性でも興奮できることに気づいたんですよ」

光彦「1日ぶりにコナン君で僕の性欲を発散させてもらいますね・・・!」

コナン「くそ・・・来るんじゃねぇ・・・バーロー!」

35 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 22:10:57.78 ID:8JxvEp9f0.net

ムズムズ

光彦「う・・・」

コナン「な・・・んだ・・・」

光彦「コナン君、僕の尻の穴がムズムズしてきたんですがね」

コナン「まさ・・・か・・・尻彦・・・?」

光彦「痛い・・・痛い!治ってないじゃないかあのメタボ野郎・・・!」ヨロヨロ

コナン「光彦!そっちは道路・・・!」



トラック野郎「恋は~スリルショックサ~スペ~ンス・・・フンフーン」

光彦「う・・・うう・・・」ヨロヨロ

トラック野郎「うお!危ねぇ!!!」キキーーッ

ドーン!!

36 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/04/14 22:14:08.02 ID:8JxvEp9f0.net

トラック野郎「やべぇ!轢いちまった!きゅ、救急車!警察ーー!!」



コナン「・・・」ヨタヨタ

尻彦「よぉメガネ、また会ったな」

コナン「尻彦・・・」

尻彦「こいつ、このまま死なせてやれよ」

尻彦「こいつ、このまま死なせてやれよ」

尻彦「だから俺が言ったろう、俺に手を出すなって」

尻彦「俺が出てるうちはこいつも大人しかった、できればずっと、こうしていたかったんだがね・・・」

尻彦「あばよ。メガネ」

尻彦「」

光彦「」

コナン「もしかしたら、このケツは光彦の良心だったのかもしれない」



おしり

15 :                [] 2015/04/14 21:26:34.56 ID:GehkcTqb0.net

   ∧∧ \  /
    ( 'A `) V
     (⊃⌒*⌒⊂)
      /__ノωヽ__)


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1429013528/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
356位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP