PickUp
スポンサード リンク
1 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 11:08:21.68 ID:6RgTIHnDO


ケンイチ「う゛~・・・今日も無事に生き延びる事ができました・・・お母さん、お父さん、ほのか・・・・・・」


ケンイチ「日に日に修業が辛くなっていく・・・」


ケンイチ「でもこれもみんな僕のためなんだ、そう思わないとやってらんないよ。ハハッ・・・」


ケンイチ「明日も朝早いしもう寝ようっと」


しぐれ「・・・・・・」ジィー


ケンイチ「あの、・・・・・・だから今の聞いてました?」


ケンイチ「しぐれさんが天井から見下ろしてると落ち着いて寝れないんですが」

しぐれ「・・・・・・・・・」


ケンイチ(何か言って下さいよ)


2 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 11:09:07.20 ID:jOQ7NqJSO

めっちゃ期待

5 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 11:35:22.18 ID:BzQVbwmAo

ケンイチSSとは珍しい
期待させてもらいます

22 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 20:01:40.50 ID:Q+W9eCfAO

激レアSS期待

3 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 11:15:16.99 ID:6RgTIHnDO

しぐれ「・・・・・・」シュタ


ケンイチ「え?なんですか?急に降りてきて」


ケンイチ(もしやまた裏社会見学に?こんな時間に???)


しぐれ「・・・・・・」


ケンイチ「・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・・・・」


ケンイチ「・・・・・・・・・;」


しぐれ「・・・」スッ


ケンイチ「!」(ち、近づいて来た?)


しぐれ「・・・・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・」モゾモゾ


ケンイチ「えぇ!?!?」

ケンイチ「ちょ、ちょっとしぐれさん!?無言で布団に入って来ないで下さいよ!!!」アセアセ

4 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 11:28:16.23 ID:6RgTIHnDO

ケンイチ「な、何をしてるんですか貴女はー!!!」ジタバタ


ケンイチ「ぼ、僕だって男子ですからね!?一応!」

ケンイチ「な、なななな何か間違いが起きてしまう可能性だって・・・・・・!」


しぐれ「・・・おい」


ケンイチ「ひゃいぃ!?!?」


しぐれ「うるさい」


ケンイチ「え?あ、すいません」



ケンイチ「じゃないでしょうがー!!!」


ケンイチ「だ、第一僕にはみ、みみ美羽さんが・・・!」アセアセ


しぐれ「・・・・・・っ」ピタッ


ケンイチ(と、止まった!

しぐれ「・・・」ガバッ!


ケンイチ「ウヒャア寒い!」


しぐれ「・・・・・・」バッ クルッ カパッ


ケンイチ「天井に帰っていった・・・」


ケンイチ「しかしどうしたんだろう、心なしか少しご機嫌ななめだったような」

ケンイチ「まぁあの人が気難しいのはいつもの事かー」


ケンイチ「今度こそ本当に寝れる・・・・・・」スヤスヤ

6 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 11:40:07.38 ID:6RgTIHnDO

ケンイチ「って言う事が昨日あってさ」


夏「・・・・・・」


ケンイチ「ねぇなっつん聞いてる?」


夏「やかましい!一人でべらべらと喋りやがって!だいたい気安く話しかけんじゃねー!」


ケンイチ「まぁまぁそう怒らないでよ」


ケンイチ「しかししぐれさん、一体何を考えてるのやら・・・」


夏(こ、こいつ本気で言ってんのか?それどう捉えても・・・)


コーキン「恋だな、それは」



イチ夏『!?!?ティーラウィット・コーキン!?』

7 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 11:53:03.35 ID:6RgTIHnDO

夏「な、お前、師のアーガードと共にタイにいるんじゃ」


ケンイチ「コーキン!今はそんな話しをしてるんじゃない!僕の師匠の話しを・・・」

コーキン「だから恋だと言っている」


ケンイチ「!?」


夏(こ、こいつ言いやがった!!ド直球で!!)


ケンイチ「こ・・・・・・い・・・?」



夏(っていうかそこまでいったらお前も気付けよ)


コーキン「そう、武器と兵器の申し子『香坂しぐれ』は白浜兼一。貴様に恋をしている」


ケンイチ「・・・・・・」

夏「お前・・・いくらなんでも直球過ぎだろ・・・・・・」


ケンイチ「・・・・・・」


夏「お、おい大丈夫か?」(なんかしゃべれよ・・・)

ケンイチ「ふふふ・・・・・・」


夏「うおっ!?笑った!!」


ケンイチ「コーキン!また読みを外したな!断じて言う!!それだけはありえない!!!」


コー夏『!?!?』

8 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 12:03:59.70 ID:6RgTIHnDO

コーキン「なに・・・?」

ケンイチ「恋だって?お前はしぐれさんの事をなにもわかっちゃいない!!」


ケンイチ「それは・・・それだけは断じてない!!!」


コーキン「根拠は?」



ケンイチ「え?ないよ、そんなの」


夏(ねーのかよ!ただの予測じゃねーか)


ケンイチ「とにかくそれはないよ」アハハハハ


夏「・・・・・・」


コーキン「・・・・・・」

夏(いやいやこれこいつがただ・・・)


コーキン「白浜兼一。どうやらまた俺は読み間違えたようだ」


イチ夏『???』


コーキン「お前は人の心をそれなりに読めると踏んでいたが、だだの鈍感天然ジゴロだったらしいな」


ケンイチ「???」


夏(お前正直過ぎだろう!!!)

14 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 15:53:41.32 ID:6RgTIHnDO

コーキン「さて、お前のその鈍感さで一体どれだけの人間が迷惑しているかな」


ケンイチ「え?なにどういうこと?なっつん」


夏「知るか!俺に聞くな!」

コーキン「・・・」スタスタスタ

夏(野郎!散々言いたい放題言った挙げ句にどこか逃げやがった。っていうか何しにきた)

夏(あえて空気を読まずにズバズバ言いやがって・・・だがそれでも気付けない白浜の野郎は・・・・・・本物だな)


ケンイチ「あ、もうこんな時間だ。またねなっつん」


夏「二度とくるな!」




16 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 16:35:01.56 ID:6RgTIHnDO

美羽「皆さ~ん!ご飯ですわよ~」


アパチャイ「アパパパパ!!」シュバ


剣星「相変わらず早いね、アパチャイ」


逆鬼「お~いケンイチー!飯だ飯ー!」


ケンイチ「あ、はぁ~い・・・今行きますぅ・・・」ヨロヨロ


秋雨「今日はこれまで!明日に備えゆっくり今日は休みたまえ」


ケンイチ「はい!」


ケンイチ「ご飯ご飯っと・・・わぁ今日もおいしそうだなー、これだけが毎日の僕の癒し・・・・・・」


美羽「今日はしぐれさんも手伝ってくれましたの」


ケンイチ「へぇ!そうなんですか!」


師匠ズ『!!??』


逆鬼(おいおいしぐれの奴どういう風の吹き回しだぁ!?)ヒソヒソ


剣星(あいや、おいちゃんにもわからないね・・・でも最近腕を上げてるのは確かね。美羽がいなかった時も何回か作ってたしね)ヒソヒソ


秋雨(ふむ、彼女に何か心境の変化があるのかもしれないな)


アパチャイ(まだよ、まだみんなで頂きますをしてないよ)


しぐれ「・・・・・・」スタスタスタ

美羽「しぐれさん、せっかく作って下さったのだから一緒に食べましょう!」

しぐれ「・・・・・・」コクッ



17 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 16:48:17.38 ID:6RgTIHnDO

美羽「さ、しぐれさん私の隣どうぞ」ササッ


しぐれ「・・・・・・」スタスタスタ


美羽「あら?しぐれさん?」


しぐれ「・・・・・・」スタスタスタ ピタッ


ケンイチ「え?あ、僕の横座ります?」


しぐれ「・・・・・・」コクッ


師匠ズ『!!??』


逆鬼(お、おい今しぐれのヤロー美羽を無視してケンイチの隣にいきやがったぞ!?)ヒソヒソ


剣星(なんね?喧嘩でもしたね?)


アパチャイ(じじぃ挨拶まだかよ!?)


しぐれ「・・・・・・」チョコン


美羽「えっと・・・・・・え・・・?」


じじぃ「オホン!それではみな揃ったようじゃし頂きまーす」


一同『頂きまーす』


ケンイチ「あ、これしぐれさんの作ったやつですか?」


しぐれ「うん・・・・・・ミラノ・・・風」


ケンイチ「へぇ~ミラノ風かぁ~、それじゃあさっそく頂きま・・・え?なんですかしぐれさん?」


しぐれ「はい・・・・・・あ~ん」ア~ン


師匠ズ『!!??』


美羽「!!??」

23 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 20:21:07.85 ID:6RgTIHnDO

ケンイチ「え、ちょ、ちょっとしぐれさん!?やだなぁもう、一人で食べれますって!」アセアセ


しぐれ「んーっ・・・・・・」


ケンイチ「あは、あははは・・・・・・」


美羽「」ググググ ベキィ!


美羽「ハッ!いけない箸が・・・・・・」


師匠ズ『・・・・・・』ジィー


ケンイチ「も、もうどうしたんですかしぐれさん!?昨日といい今日といい!変ですよ!?」


しぐれ「はやく・・・・・・しろ」ア~ン


ケンイチ「も、もうからかわないで下さいよ!」


ケンイチ「あーおいしそうだなー!しぐれさんの料理!うん!美味し・・・・・・というよりなんだろう?不思議な味がしますね」


しぐれ「そう・・・・・・か・・・」ショボーン


師匠ズ『・・・・・・』


逆鬼(ど、どどどどういう事だよ剣星!?あのしぐれがケンイチにアプローチしてやがるぜ!?しかもあの馬鹿断りやがった!!)ヒソヒソ


剣星(さぁね・・・しかし兼ちゃんも罪な男ね、あんなにしぐれどんが分かりやすく落ち込んでいるのにね・・・・・・師匠として恥ずかしいね)


秋雨(ふむ、これは・・・)


アパチャイ(アパパパパ!しぐれの料理は毎度切実よ!なんだかアパチャイ昔を思い出すよ・・・・・・)


24 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 20:37:49.06 ID:6RgTIHnDO

しぐれ「おい・・・・・・」


ケンイチ「は、はい!?なんでしょうか・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・」パクッ モグモグモグ


ケンイチ「あの・・・え?しぐれさん?」


師匠ズ『・・・・・・』ジィー


美羽(はぁ・・・私ったらどうしたのかしら・・・・・・二人が仲睦まじく食事しているのは良いことではありませんか・・・なのにこの感情はなんでしょうか・・・・・・私ってば嫌な子ですわ・・・・・・)



しぐれ「・・・・・・」モグモグモグ


ケンイチ「・・・・・・?」


美羽(いけないいけない!ですわ!あのしぐれさんが自ら歩み寄ってる!良いことではありませんか!)


しぐれ「・・・・・・」モグモグモグ ピタッ


しぐれ「んっ・・・」ズィ


ケンイチ「うわわわ!しぐれさん顔が近い!近すぎますってー!!」


師匠ズ『!!??』


美羽「」ズズズ・・・・

26 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 20:55:30.23 ID:6RgTIHnDO

逆鬼(おいおいおい勘弁してくれよケンイチー!!隣から負のオーラが溢れ出してるぞ!!!)


剣星(く、口移しね!?口移しをこの大衆の中でやるね!?写真を撮るべきか否か・・・・・・いや無理ね!お、おいちゃんにはこの空気の中・・・・・・何より今の美羽の前でそんな・・・)


秋雨(しぐれ、そういう事は時と場所をわきまえなさい・・・・・・何より、とくに美羽の前では・・・)

アパチャイ(アパパパパ!なんだかみんな動きがぎこちないよ!アパ!最後の唐翌揚げ頂きますよ!)


美羽「」カハァー・・・・・・

じじぃ「あーオホン!兼ちゃん、しぐれ」


逆鬼(じじぃがいきやがったー!!!!!!)


剣星(流石長老ね)


秋雨(さて、どうしますか長老)


アパチャイ(お魚さんも頂きよ!)アパパパパ


28 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 21:25:09.33 ID:jOQ7NqJSO

この原作再現率…

こんなとこで何やってんすか松江名先生

29 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 21:58:36.39 ID:6RgTIHnDO

ケンイチ「はい、なんでしょう」


しぐれ「おい・・・・・・こっち、向け・・・」


美羽「」ベキィ!パリンッ!ズァァァ・・・


逆鬼「おぉ・・・・・・」ドキドキ


じじぃ「ああ、これしぐれ。聞きなさい」


しぐれ「・・・・・・」ムスッ


じじぃ「兼ちゃんに美羽、次点でしぐれはとくに若い方じゃ」


じじぃ「兼ちゃんなんて思春期真っ盛りじゃしな、わしもそういう事には理解はある。とやかくは言わんよ」


じじぃ「じゃがな、白浜兼一君。君はあくまで居候じゃ、もしも下宿先で不埒な関係を異性と築いていたとなれば親御さんに申し訳がたたん」


逆鬼「・・・・・・」(じ、じじぃが真っ当な事言ってやがるー!!!)


剣星(あえて真摯に向き合うかね!?)


秋雨(しかしこの流れは・・・まさか長老!)


アパチャイ(アパパパパ!)パクパクパク


じじぃ「どうじゃな、今ここでみな公認で、正式に交際するというのは」


美羽「」スッ


逆鬼(美羽の気当たりが消えたー!!!)


秋雨(長老!・・・やはりそうきましたか・・・)

31 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 22:10:28.77 ID:6RgTIHnDO

しぐれ「・・・・・・フッ///」


逆鬼(美羽の奴瞳孔開きっぱなしじゃねーか!?)

剣星(長老それはあんまりね!!美羽と兼ちゃん、二人が両想いだということは誰が見ても一目瞭然ね!)

秋雨(ここで正式な交際関係築かせる!?それほど孫が自分の手から離れるのが嫌なのですか!過保護にも程がある!)


秋雨(そして!何よりこの状況のなか断りずらい!!!!!!)


ケンイチ「ええ!?何を言ってるんですか長老ー!冗談キツイですよー!」


ケンイチ「僕としぐれさんは師弟の仲!それ以上でも以下でもありませんよ」アハハハハ


師匠ズ『・・・・・・・・・・・・・・・・・・』


美羽「ハッ!私ったら今まで何を?」

34 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/05 22:15:10.43 ID:UWRkJA5i0

この空気の読めなさ……原作と遜色ねぇな……

35 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 22:20:05.34 ID:6RgTIHnDO

逆鬼「・・・・・・こいつ」


剣星「・・・・・・しぐれどんかわいそうね」


秋雨「・・・・・・いや、我々にも少なからず責任はある・・・しかし君・・・・・・」


アパチャイ「アパパパパ!ご馳走様でしたよ!」


じじぃ「チッ・・・・・・」

ケンイチ「ってあれ?な、なんですか師匠方?え?あれ?」


しぐれ「・・・・・・・・・・・・」スタッ



美羽「しぐれさんもうよろしいのですか?」


しぐれ「・・・・・・」コクッ


しぐれ「ごちそうさま・・・・・・」トボトボ


逆鬼「うぉいケンイチー!!!!食べ終わったら巻きワラ一万本突いてこい」


ケンイチ「えぇ!?」


秋雨「うむ、もちろん特注の重りをつけてね」


ケンイチ「!!??」

37 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 22:32:55.19 ID:6RgTIHnDO

秋雨「これより師匠ズ円卓会議を行う!」ズビシッ


逆鬼「ありゃあ病気だぜ」

剣星「確かにちょっと目に余る物があったね」


秋雨「我々が常日頃から修業修業と言って聞かせたために『自分が誰かと交際する』という思考に至らないのだろうか・・・」


逆鬼「にしてもあれはねーだろ!見たかあのしぐれの後ろ姿!?初めて見たぜあんなの」


剣星「思わず泣きそうになったね」


秋雨「兼一君の美羽に対する気持ちは痛いほどわかる。あの時懇切丁寧に断るなら分かったが・・・今回のはさすがに私も苛立ちを覚えたよ」


アパチャイ「アパパパパ!逆鬼おつまみないのかよ?」


41 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 22:52:20.54 ID:6RgTIHnDO

逆鬼「しかしよぉ、しぐれの奴・・・」


剣星「そうね、アレは完全にね」


秋雨「彼も罪な男だね」


逆鬼「・・・・・・俺はしぐれを応援するぜ」


剣星「!!」


秋雨「ほう」


逆鬼「基本アイツは人付き合いは悪ぃしな、そんなアイツがこれから先ほかの誰かを好きになると思うか?何より兼一は活人拳のお手本みてぇに馬鹿正直だ。あれほど馬鹿な奴はそうはいねぇ。まぁ今回みてぇのはもう見たかねぇがな」


秋雨「意外に言うねぇ君、しかし彼は美羽に一筋だよ」


逆鬼「そこだぜ・・・そこが最大のネックだぜ」


剣星「まぁ美羽も美羽ね、自分の気持ちと真摯に向き合ってもっと積極的に行かないと兼ちゃんかわいそうね」


秋雨「おや、剣星もしぐれを?」


剣星「ん~、おいちゃんは誰も。最後はやっぱり兼ちゃんが決めるべきね。でも後味悪いのはいやね」




43 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/05 22:58:17.50 ID:6RgTIHnDO

秋雨「まぁしかしどちらにしろ我々がどうこうしていい問題ではないか・・・」

秋雨「この先どうなるか分からないが、どうなろうと当人同士の問題・・・見守ろうではないか」


じじぃ(わしもしぐれ派じゃよ逆鬼君)コソコソ


アパチャイ「アパパパパ、じじぃコソコソ何してるよ?」

71 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2012/12/07 09:56:53.47 ID:zsc1dTGDO

ケンイチ「か、身体がうごがな゛い・・・」フラフラ


秋雨(思ったより早かったな・・・)


逆鬼「・・・・・・」


剣星「あ、そういえば一つ聞き忘れてたね」

逆鬼「なに?」


ケンイチ「きょ、今日はもう無理・・・・・・早く寝ようっと・・・しかしどうしたんだろう急に・・・・・・皆やたら機嫌悪かったような」


剣星「あー兼ちゃん、ちょっとこっちの部屋くるね」オイデオイデ


ケンイチ「え?・・・・・・ど、どうしました?」


剣星「まぁまぁ、座って座って」


ケンイチ「は、はい・・・失礼します」


逆鬼「・・・・・・」


秋雨「・・・・・・」


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


ケンイチ(あ、僕死んだなこれ)

81 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/07 21:31:48.51 ID:zsc1dTGDO

剣星「そんなに緊張しないで兼ちゃん、ちょこっと質問するだけよ」


ケンイチ「ハ、ハイ!・・・」


剣星「さっき兼ちゃんしぐれどんに『昨日といい今日といいどうしたんだ』みたいな事言ってなかったかね?」


逆鬼(!!そ、そういえば!)


秋雨(確かに!)


ケンイチ「え?あれ?そんなこと言ってましたっけ?」


剣星「言ってたね」


ケンイチ(こ、怖いですよ師父・・・!)


ケンイチ「あ、いやぁ・・・昨日僕が寝てる時に無言で布団に入ってきたんですよ」


師匠ズ『!!??』


逆鬼(攻めすぎだろしぐれー!!!!)


秋雨(こ、これは!!)


剣星(しぐれどん兼ちゃんにぞっこんね)


ケンイチ「一体どうしたんでしょうねーしぐれさん」

師匠ズ『・・・・・・』




83 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/07 21:37:48.25 ID:HVYEqtQBo

原作でもこんなかんじだから困る

84 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2012/12/07 21:51:28.71 ID:zsc1dTGDO

ケンイチ「って言うことがあってさー、長老もちょっと人騒がせだよねー」ボロボロ


夏「お前朝稽古よく生きてられたな」


ケンイチ「え?なんで?まぁ確かに今日は通常の三倍くらいキツかった気がしたけど・・・なんで分かったの?」


夏「別に」


夏(こいつ本気で死んだ方がいいな)


ジェイハン「ふっ・・・貧民は発想までも貧相じゃのー」


イチ夏『!!!ラデン・ジェイハン!?!?』


ジェイハン「ああー楽にしてよいぞ二人とも。白浜兼一、先日の一件は改めて礼を言おう。だがやはりお主は相変わらずだのー」ハハハ


夏「お、お前は国が大変な今の時期になんでここにいるんだ・・・」


ジェイハン「国は妹に任せてある」


夏(頭いてぇ)



90 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/07 22:13:40.10 ID:zsc1dTGDO

ジェイハン「しかしその梁山泊の女剣客も可哀相だのー」アハハハハ


夏(可哀相)


ケンイチ「???」


ジェイハン「白浜兼一、貴様には恩もあるし今は余もYOMIとは言えぬ」


ジェイハン「お前が望むなら余も出来る限り何かと協力してやろうと思うてたが、やはりやめた」


ケンイチ「え?何?なんなの?」


ジェイハン「だが一つだけ助言はしてやろう」


ケンイチ「な、なにを?」

ジェイハン「今のままでは身を滅ぼす一方だぞ」


ケンイチ「!!」


ジェイハン「さぁ、予鈴が鳴ったぞ。席につけ庶民共」アハハハハ


ケンイチ「何しにきたのかな」


夏(何なんだよどいつもこいつも)

94 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/07 22:28:45.93 ID:zsc1dTGDO

某所


陽炎「 大 地 を 居 合 斬 る !!!!!」


陽炎「ムッホー!!!!」ズバババババ


陽炎「この感触!イイ!今日も素晴らしいよ刹那丸(鍬)!!」ムッホー!!!


陽炎「ふぅぅ・・・ああ、実に清々しいねぇ小鳥ちゃ~ん???」←頭の上


陽炎「大地は無限にある!耕しても耕しても終わりが見えないなぁ~」


陽炎「さ、お家に帰ってご飯を食べようねぇ~???」ムホホホ


陽炎「おんやぁ~???誰かが~僕ちんの家に上がった気配があるなぁ~??」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


陽炎「だぁれかなぁ?闇かなぁ~??僕ちんの命を狙う刺客かな~~~~~~~???」ゴゴゴゴゴ


陽炎「・・・・・・・・・」





陽炎「 そ こ だ !」グワァァッ!


しぐれ「よっ、のっぺり」

陽炎「あ」



陽炎「みっちゃん???」

96 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/07 22:31:15.91 ID:jgDkqI8AO

おおうwwww鍔鳴りwwww

97 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2012/12/07 22:34:03.90 ID:HVYEqtQBo

鍔鳴りとか懐かしいなwwwwwwww

99 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/07 22:38:23.55 ID:zsc1dTGDO

陽炎「ああ~違うなぁー!君は確か新しい刹那丸との出会いをくれた梁山泊の!」


陽炎「香坂氏の弟子であり、刹那丸を打った刀匠の娘ちゃんじゃないかー!久しぶり~~」


しぐれ「ん・・・」コクッ


陽炎「おんやぁ~・・・・・・元気がないねぇ~?」

陽炎「というか・・・・・・何故部屋の隅で体育座りなんてしてるのかなぁ~~~~???」


しぐれ「・・・・・・・・・」


陽炎「ムホッ!無視は傷つくなぁ~」


しぐれ「・・・・・・・・・・・・」


陽炎「おんや、やっぱり元気ないねぇ~~」


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「どうちたのかな~?お腹が痛いのかな~~~~??お・嬢・さ・ん???」


しぐれ「・・・・・・・・・」


陽炎「・・・・・・」

しぐれ「・・・・・・」


陽炎(ムホッ)

100 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/07 22:58:28.63 ID:zsc1dTGDO

陽炎「ああもうわかんないなー女の子ってーー!!」ウガァー


陽炎「しばしお待ちを」スタスタスタ


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「秘包丁!!薄 刃 陽 炎 !!!!!!にょ~ろにょろにょろにょ~ろにょろ!!!!!!」ズバババババ


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「お待たせしました」スタスタスタ


陽炎「刹那丸で耕し、僕ちんの愛で育んだ野菜さん達で作った野菜ナムルです」


しぐれ「ん・・・・・・頂き、ます・・・・・・」パクパク


陽炎「・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・」モグモグモグ


陽炎「・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・」パリパリ


しぐれ「うま・・・・・・い」


陽炎「ムホッ!」


陽炎「やったー!やったよ小鳥ちゃ~ん!!」ムッホーイ!ムッホーイ!




102 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/08 02:08:09.19 ID:8X2oNDHDO

2時間後



陽炎「」ポケェ~


小鳥「チュンチュンチュン」


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「」ポケェ~


陽炎「はっ!」キョロキョロ


陽炎「な~んだ夢だったのか~、よく寝たな~」


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「あれ?みっちゃん???」


しぐれ「・・・・・・・・・」


陽炎「ああお嬢さんか~、まだいたんだ~」


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「ムホッ!また無視ですか~・・・」



陽炎「あ、そうそう。あの子・・・・・・あの梁山泊の弟子元気?」


しぐれ「!・・・・・・」


陽炎「ムホッ!今!今反応した!」


しぐれ「・・・・・・」


陽炎「はは~ん・・・なるほどなるほど、さては・・・・・・」


しぐれ「・・・」


陽炎「ずばり!彼と喧嘩しましたねぇ~~~???」

しぐれ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


陽炎「ムホッ!正解?ですね」

107 : ◆S.PtdgMO6E[sage] 2012/12/08 21:40:24.45 ID:8X2oNDHDO

しぐれ「・・・・・・」


陽炎「・・・・・・」


陽炎「・・・いいんですか?こんなところにいてもなにも変わりはしませんよ」

しぐれ「・・・・・・・・・」


しぐれ「・・・」スタッ


陽炎「ムホッ」


しぐれ「じゃ・・・」スタスタスタ


陽炎「ええ、ご機嫌よう・・・・・・」


陽炎(仲直りできるといいねぇ~)

108 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/08 21:57:45.75 ID:8X2oNDHDO

泉「うふふ、芽が出てきたねぇ~千影ちゃん」


千影「は、はい・・・・・・!」


千影「花が咲くまでもう少し・・・ですか?」


泉「うん、もうちょっとだよ!」ニコッ


千影「!」


千影(えへへ・・・//)


泉「お花さんが早く咲く様にお水与えないとね!いこっ千影ちゃん」ニコッ


千影「うn、あっ、はい・・・」


泉「もう千影ちゃんたら、もっと自然体でいいのに」クスクス


千影「あっ・・・・・・うん//」ボソッ


ケンイチ「ごめんなさいお待たせしました!」


泉「し、ししし白浜君!?//だ、大丈夫よ!全然待ってないわ!!!」


千影「チッ・・・・・・」←闇モード(弱)


ケンイチ「あ、水汲み行くの?なら僕がいくよ!」ヒョイ

千影「あ」


泉「わ、私も一緒に行くわ白浜君!//」


スタスタスタ


千影「・・・・・・」

千影「・・・・・・」ピピピピ!

prrrr


『もしもし?』


千影「白浜兼一の抹殺許可を」←闇モード(強)


『・・・・・・いや、しばし待つのじゃ』


千影「チッ!」


『!?』

109 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/08 22:42:36.45 ID:8X2oNDHDO

ケンイチ「ん?」prrr


ケンイチ「メールだ」パカッ


元次『至急家に帰られたし』


ケンイチ「え?何だろうコレ」

泉「どうしたの?」


ケンイチ「いや・・・父から変なメールが・・・」


ケンイチ「なんだか嫌な予感がする!ごめんなさい泉さん!もう帰るね!」ダダダダ


泉「あ、白浜く~ん!!!」


ケンイチ「父さん!一体何が!?」





110 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/08 22:49:06.95 ID:8X2oNDHDO

ケンイチ「白浜兼一!ただいま帰還しましたー!!!!!」ダダダダ


ケンイチ「母さん!?父さん!?ほのかー!!!どこにいるの!?」ダダダダ



元次「兼一、こっちだ」


ケンイチ「父さん!?無事だったんだね!?」

ケンイチ(って、え?あれ?何だろうこの空気・・・)


元次「いいからこっちに来て座りなさい」


ケンイチ「は、はい・・・・・・って、えぇ???」




ケンイチ「しぐれさん???」



しぐれ「遅かった・・・な」

115 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/09 00:33:24.25 ID:y0diUoQDO

さおり「はい、お茶ですあなた」カタンッ


元次「うむ」ズズズ


さおり「はい、しぐれちゃんも」カタンッ


しぐれ「・・・」コクッ


さおり「はい、兼一」ニコッ


ケンイチ「う、うん」


元次「・・・・・・」ゴゴゴゴゴ


さおり「・・・・・・」ウフフフ


しぐれ「・・・・・・」ズズズ


ケンイチ「・・・・・・あの、ど、どうしてしぐれさんがここn」
元次「兼一」


ケンイチ「は、はい!?」

元次「彼女は確かお前の通っている道場にいたね」


ケンイチ「うん、そうだよ」


元次「それはそれは大層アグレッシブなお嬢さんだったね~」フッ・・・


ケンイチ「アハ、アハハハハ・・・ソ、ソウダッタネ・・・」


さおり「あらあらお母さんだけ仲間外れは寂しいわね~、混ぜてもらえるかしら?」ニコッ


元次「それで、だ」


元次「その道場のお嬢さんと兼一、二人はどういう関係なのか・・・・・・お父さんは」



元次「 お ま え の 口 か ら 聞 き た い な 」




117 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/09 00:48:12.64 ID:y0diUoQDO

ケンイチ「えぇ??」

さおり「正直に言っていいのよ?兼一」ウフフフ


ケンイチ「なんだそんなことか~」


元次「そんなこと!?」


ケンイチ「そうだよね、普通はちゃんと紹介するべきだよね」


さおり「ええ、そうね」ウフフフ


元次「・・・・・・」


ケンイチ「彼女は僕の通っている道場の、師匠の一人です」


元次「!!」


さおり「あら・・・・・・」


元次「ふ、ふふふ・・・」

兼一「父さん?どうしたの?」


さおり「しぐれちゃんはね、さっき『自分は兼一の彼女で、両親に挨拶に来た』って言ってたのよ」


ケンイチ「えぇ!?そんなことありえないよー!」


さおり「・・・・・・」


元次「そ、そそそうだと思っていたよ私も!ま、ままさか私の兼一にか、かかか彼女だなんて!お父さんは許しません!反対です!」

さおり「あなた」


元次「あ、違うんだ母さん」

119 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/09 01:02:10.22 ID:y0diUoQDO

さおり「そうなの・・・でもせっかくいらしたのだから晩御飯でも一緒にいかが?師匠?なんでしょう?尚更もてなさなくては」


元次「ああそうだとも!『師匠』だからね師匠!師匠としてもてなさなくてはね!母さん!


さおり「あなた」



元次「ハ、ハイ・・・」


ケンイチ「んー・・・よくわからないけど・・・僕はもう美羽さんに言ってあるし、しぐれさんがよければ一緒に食べませんか?」


しぐれ「・・・う、ん」


さおり「兼一、今日はゆっくり家でお休みなさい?ね?母の命令です」


ケンイチ「うん、わかった」


さおり「あとしぐれちゃん」コソコソ


しぐれ「?」


さおり「今日は泊まっていってね、あの人は私がなんとかするから」ニコッ


しぐれ「!」


さおり「それとごめんなさいね・・・兼一がああなってしまったのは親の責任だわ」


しぐれ「大丈・・・・・・夫」


さおり「兼一をよろしくお願いね」ニコッ


しぐれ「フッ・・・・・・任せ・・・ろ//」


121 : ◆S.PtdgMO6E[sage] 2012/12/09 01:43:19.17 ID:y0diUoQDO

美羽「しぐれさーん?どこですかー?ですわ」


逆鬼「なんだ、いねーのか?」


美羽「はい、呼んでも出てきてくれなくて・・・」


逆鬼「そういや一日みてねぇな。ま、いつもの事だろ」


逆鬼「それにしてもケンイチがいねぇと暇だぜー」ゴロゴロ



美羽「ささ、ご飯にしまょうですわ」









じじぃ「それでは頂きまーす」


逆鬼「・・・・・・」モグモグモグ


剣星「・・・・・・」モグモグモグ


秋雨「・・・・・・」モグモグモグ



アパチャイ「アパ!アパパパパ!」シュババババ


美羽「・・・・・・」パクパクパク



逆鬼(気まずい、早く帰ってきてくれー!ケンイチィィ!)


125 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/10 21:46:01.69 ID:FAYrJ/zDO

ほのか「ねぇねぇしぐれしぐれー!お母さんのご飯おいしいー!?」


しぐれ「う・・・ん」モグモグモグ


さおり「あらあら」ウフフフ


ほのか「それにしてもびっくりしたじょ~、家に帰ったらしぐれがいるんだもん!」


元次「ほのか、食事中だぞ」



ケンイチ「そうだぞほのかー、お行儀が悪いぞー」


ほのか「ごめんなさい」エッヘン


ケンイチ「なんで偉そうなんだよ」



\アハハハハハハ!/




逆鬼「美羽、ちょっと醤油とってくれ」


美羽「はいですわ」


逆鬼「すまねぇ」


じじぃ「・・・・・・」モグモグモグ


剣星「・・・・・・」モグモグモグ


秋雨「・・・・・・」モグモグモグ


アパチャイ「アパパパパ!」シュババババ!


逆鬼(なんだってんだよー!!!)




126 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/10 21:55:50.05 ID:FAYrJ/zDO

ほのか「しぐれー!今度これやろー!」


しぐれ「う・・・ん」


さおり「ほのか、随分しぐれちゃんに懐いているわねー。あ・な・た?」ウフフフ


元次「そうだな、それがどうかしたのか母さん」


ケンイチ「ほのかー、あんまりゲームばっかりしてないで寝る準備しろよー」


ほのか「は~い」


ケンイチ「そうだ母さん、しぐれさん」
さおり「今日は泊まって行くそうよ」


ケンイチ「え?う、うん?はい」

さおり「それより兼一、お風呂先入っちゃいなさい」

ケンイチ「はーい」タタタタ



さおり「今よしぐれちゃん」ニコッ


しぐれ「フッ・・・」グッ



ほのか「えーなになにー?どしたの二人ともー?」



127 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/10 22:09:09.85 ID:FAYrJ/zDO

さおり「さ、ほのかももう寝ちゃいなさい」


ほのか「はーい・・・」ムニャムニャ


元次「母さん」


さおり「はいあなた、お茶です」カタンッ



元次「む、息子がぁぁぁあ!!!私の兼一が取られちゃうよぉおおお!!!ねぇいいの!?母さんは息子があの娘に取られちゃっていいの!?!?」


さおり(ああまた始まった・・・)


元次「ねぇあの娘知ってる!?刀持ってるんだよ!?あの包みの中絶対刀だよ!?わ、わわ私の息子がぁぁぁあうわぁぁぁ!!!」


さおり「そんな馬鹿な」


元次「本当だもん!私命懸けの鬼ごっこしたもん嘘じゃないもん!!」



ほのか「トイレ~・・・」ムニャムニャ


元次「こらこら、部屋に戻る前にちゃんと行かなくちゃダメじゃないかほのか」

ほのか「ふぁぁい・・・」

元次「・・・・・・」


さおり「はぁ・・・あなたが言ってる事はよくわかりませんが。とにかく!今時の、あのくらいの年齢の子が彼女がいておかしくありません!」


元次「嫌だ嫌だー!私の兼一が・・・」


<うわぁぁぁしぐれさん!?何入って来てるんですかー!?


元次「!!??」


さおり「あらあら、若いっていいわねー」ニヤニヤ

128 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/10 22:15:38.03 ID:FAYrJ/zDO

元次「・・・・・・な・・・きゃ」


さおり「え?あなた?」


元次「もら・・・なきゃ!」


元次「息 子 を 守 ら な き ゃ !!!」ガシャコン!


さおり「あなた!!??」


元次「セバスチャンカモ~・・・ン!!??」


ほのか「なんだじょ~?・・・・・・お父さん、そんなところで寝てたら風邪引くよ?」


さおり「大丈夫よほのか、お父さん仕事でちょっと疲れちゃってるだけみたいだから」






129 : ◆S.PtdgMO6E[sage] 2012/12/10 22:28:12.43 ID:FAYrJ/zDO





ケンイチ「はぁびっくりしたなー、最近のしぐれさんやっぱりおかしいなー」


ケンイチ「そんなに早くお風呂入りたかったのかな?」


ケンイチ「まぁなんにせよ明日からの鬼の修業に備えてもう寝よう」モゾモゾ


ケンイチ「わぁ家のベッドは久しぶり・・・だ・・・な、んだと・・・?」




ケンイチ「しぐれさん・・・・・・?」



しぐれ「んー・・・・・・・・・」モソモソ


しぐれ「おい、寒い・・・ぞ」


ケンイチ「ああすいません、今入ります」ヨイショ


ケンイチ「じゃあお休みなさいしぐれさん」


しぐれ「ん、お休・・・・・・み//」ギュッ


ケンイチ「・・・・・・・・・」


しぐれ「・・・・・・・・・」


ケンイチ「・・・・・・ってなんでですかー!!!???」



ケンイチ「ちょっとお母さーん!!??何故二つ分の枕がー!!??」

130 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/10 22:40:02.92 ID:FAYrJ/zDO

ーーーーーー
ーーーー
ーーー



「・・・お・・・い」


ケンイチ「んん・・・」



「・・・・・・おい」


ケンイチ「ふわぁあ・・・・・・」


「っ!・・・・・・おい!」



ケンイチ「んー?だれですかー?・・・・・・」



「」プッツ~ン


翔「早く起きやがれってんだよこんのウジムシ!!」ドゴオッ!


ケンイチ「へぶぅ!?」




135 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/10 23:33:54.47 ID:FAYrJ/zDO

ケンイチ「かはっ!ゴホッ!ゴホッ!・・・き、君は叶しょ」
翔「・・・」バキィ!


ケンイチ「へぶらっ!?」ヨロヨロ


翔「・・・!」ゴシャァ!

ケンイチ「ちょ、ちょっと・・・・・・うげっ!?」

翔「・・・・・・!」ドカァ!


ケンイチ「む、無言はやめてっ・・・ぐはぁ!?」バタン


翔「・・・お前・・・・・・なぁ」ワナワナワナワナ


ケンイチ「い、痛い・・・・・・君がいるって事は夢かぁ~・・・でも痛い・・・・・・」ボロボロ



翔「お前にっ!俺の気持ちが!!分かるかー!!!!!!」ウォォォ!


ケンイチ「ち、血の涙を・・・・・・」



翔「何故だ美羽ー!!何故こんな奴がー!!!・・・・・・お、俺のこの悲しみが分かるか・・・?白浜兼一ィィィィ!」


ケンイチ「ひぃ!」


141 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/11 22:54:31.12 ID:U68nE0gDO

翔「てめぇは!あの時ティダートで死んでいればよかったのにぃぃぃぃうわぁぁぁぁぁぁあ!!!」エンエ~ン

ケンイチ「ね、ねぇちょっと?そ、そんなに泣かないでよ・・・・・・」アタフタ



翔「うるせぇ!」


ケンイチ「正直あの時はダメかと思ったよ、・・・でも君のおか・・・げぇっ!?」バキィ!


翔「もういいうるさい!今死ね!!今俺が殺す!!!!!!」


ケンイチ「ちょ、ちょっと落ち着いてってば・・・!」


翔「ちぃ、このやろぅ・・・・・・前より下半身が随分安定してやがる!ジュナサードの爺さんの狂れた弟子を一撃でのすだけの事はあるな・・・」


ケンイチ「え、えへへ・・・」


翔「・・・」バシィ!



ケンイチ「だから無言やめて!」


142 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/11 23:11:06.86 ID:U68nE0gDO

翔「まぁ正直あの時はお前より先生がこっちに来るかと冷や汗もんだったけどな」


ケンイチ「あ、あぁ~・・・・・・うん」


翔「流石人越拳神先生だぜ、この調子でケンカ100段もぶっ殺して欲しいぜ」


ケンイチ「逆鬼師匠が負けるものか!」プンプン


翔「ふんっ・・・・・・それよりてめぇは自分の心配してな。もう美羽はいい、二度と近寄るな、死ね」


ケンイチ「さっきから酷くない!?それに美羽さんは僕が守る!!!」キリッ



翔「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


ケンイチ「え?あ、あの~・・・」


翔「お前のその淀みねぇ瞳が余計腹立つんだよぉぉお!!!」


ケンイチ「な、なんかごめんなさい」


翔「あぁ俺とした事がぁぁぁぁぁぁなんでこんな奴に・・・・・・・・・こんな才能のカケラもない虫けらに・・・・・・!」

ケンイチ「でもあの時は本当に運が悪・・・」
翔「結果が全てだ」


ケンイチ「・・・・・・」

翔「運も何も、全て引っくるめた結果がこれだ」

143 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/11 23:22:16.08 ID:U68nE0gDO

翔「はぁ・・・こんな有様だったんだ、認めざるを得ねぇよ。俺は所詮それだけの器だったってな!!!ああもう嫌になぜ!!本当にな・・・・・・」



ケンイチ「そんなこと言わないでくれ!君のお陰で僕と美羽さんは助けられたんだ!しかも一回じゃない!!」


翔「・・・・・・」


ケンイチ「こんなこと今更言過ぎるかも知れなけど・・・」


ケンイチ「ありがとう!!!」ドゲザー


ケンイチ「僕は君を尊敬している!あの時も僕は本当に君がすごいと・・・おごっ!?!?」


翔「それはもう聞いたからいいっての!!・・・//」


ケンイチ「な、なんだよまだ言い終わってないよ!」

ケンイチ「って言うか聞いてたの!?アレ!!!」


翔「う、うるせぇ!」





153 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/17 13:45:18.40 ID:Z0LMCs2DO

ケンイチ「なんだか凄く恥ずかしくなってきたぞ・・・」


翔「正直今の俺は本気でお前に死んでほしいと思ってるがな」


ケンイチ「えぇ!なんでさ!」


翔「お前みたいな不純なやつよりあのボクサーの方が才能あるし一途だし、何より美羽を傷つける様な事しないだろうしな」(まがりなりにも俺の攻撃受けて立ったし)


ケンイチ「僕だって美羽さん一筋だ!美羽さんは僕が守る!」キリッ


翔「死ね、本気で死ね」



ケンイチ「だから怖いってば・・・」ビクッ


翔「はぁぁぁ・・・・・・・・・つっても、言っちまえば今の俺には正直全てが関係ない事だしな・・・・・・」


ケンイチ「翔・・・・・・それでも僕は君の恩は決して忘れないよ」



翔「るせぇ・・・・・・」

翔「もう時間だ、俺は行く」


ケンイチ「そ、そうなんだ・・・」


翔「ふんっ・・・お前が今後どうなるか高見の見物しててやるよ」



ケンイチ「翔・・・・・・」


ーーーーー
ーーー



154 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/17 13:56:11.99 ID:Z0LMCs2DO

ケンイチ「う、うぅん・・・ふぁぁ・・・・・・ん!?」


ケンイチ「な、なんだか身体が痛い!?うわっ!なんだこの蹴りと拳の跡・・・・・・全然覚えてない・・・・・・」



しぐれ「んん・・・?・・・・・・・・・どうした?」


ケンイチ「あ、いえなんでもありません」



ケンイチ「じゃなくてですね・・・・・・どうしてしぐれさんが布団に入っているんですかぁぁぁあ!?!?」


しぐれ「フッ・・・・・・お前すぐ寝ていた・・・な」

ケンイチ「ああそうだ・・・何故か急に眠くなってそれで・・・・・・なんでだろうその先が思い出せない」


しぐれ「・・・・・・・・・・・・・・・おはようのちゅー・・・・・・する?」


ケンイチ「な、なななな何を言ってるんですかおきますよしぐれさん!!!!!!」アタフタ



しぐれ「ちぇ」

161 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/17 21:03:06.08 ID:Z0LMCs2DO


ケンイチ「おはようございまーす」


しぐれ「おはよう・・・・・・ございます」ボソッ


さおり「あらおはよう兼一、しぐれちゃん」



元次「おはよう二人とも・・・・・・母さんコーヒー」


さおり「はいどうぞ、それで二人は昨日はよく眠れたのかしら?」ニコッ


元次「は、ははっははははやっ、やっぱり朝一番はコーヒーに限るなぁ」カチャカチャカチャカチャカチャカチャ


さおり「あなた、こぼし過ぎです」


ケンイチ「うん!ぐっすり眠れたよ!」

しぐれ「ん・・・」コクッ


さおり「あら・・・・・・そうなの」


ケンイチ「え?」


さおり「なんでもないわよ~?さ、朝ご飯食べちゃいなさい」


ケンイチ「は~い」


元次「それじゃあ私は行ってくる」ガタッ


さおり「いってらっしゃいあなた」


ケンイチ「気をつけてね」


元次「うむ、兼一もな」ガチャ


<・・・・・・

<う、うぉおぉおおおああああ!!!!私のけ、けん・・・兼一がぁぁぁぁぁあああ!!!!!!う、うおっ・・・・・・うわぁぁぁああああ!!!!

169 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/24 12:40:20.51 ID:X/8dQ1vDO

ケンイチ「それじゃあ行ってきまーす!しぐれさん、また道場で」ノシ


ほのか「行ってきまーす!バイバイしぐれ!」タッタッタッ


しぐれ「気をつけて・・・・・・な」ノシ



さおり「・・・・・・さ、しぐれちゃん。中でゆっくりお話でもしましょ?」ニコッ


しぐれ「う・・・・・・ん//」コクッ


170 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2012/12/24 12:53:05.35 ID:X/8dQ1vDO

ケンイチ「おはようなっつん!」


夏(真っ先に俺の席に向かってくるんじゃねーよ・・・)


美羽「あ、ケンイチさんおはようござ・・・」ケンイチ「昨日何故かしぐれさんが実家に泊まりにきて大変だったんだよ!」


美羽「え」


夏(もうやだこいつ)


ケンイチ「僕が入ってくるのに間違えてお風呂に入って来ちゃったり」


美羽「・・・・・・」


夏(やめてお願い)


ケンイチ「布団にまで入って来ちゃって大変だったよ昨日は・・・あはは」


美羽「・・・・・・・・・」


ケンイチ「あ!美羽さん!おはようございます!」


夏(ヤバい、白浜ヤバい)

ケンイチ「昨日は急に休み取っちゃってごめんなさ 美羽「はいコレ今日のお弁当ですわ」バシィィィィ!


ケンイチ「うわっ!?美羽さん!?!?」


夏(『美羽さん!?!?』じゃねぇよ俺の机がぁぁぁあ!!!)

美羽「・・・」スタスタスタ



ケンイチ「い、一体どうしたんだろう美羽さん・・・」


夏「お前頼むから死んでくれ・・・・・・」

171 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/24 13:03:32.14 ID:X/8dQ1vDO

ケンイチ「あ、しまった」

夏「今度はなんだよ」


ケンイチ「しぐれさんに今日作って貰ったからお弁当二つになっちゃうな・・・」ウーン・・・


夏「あのさぁ・・・」


ボリス『やはりジェイハンの言った通りだな』


イチ夏「「!?!?この声は!」」


ボリス『このままでは活人拳同士のいさかいが起きるのも時間の問題!!!』キュッキュッキュッ


イチ夏「「ボリス・イワノフ!?!?」」


夏「お、お前何してんだよ・・・」


ボリス『見てわからないのか?マ・ド・フ・キだ!!!』キュッキュッ




172 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/24 13:15:11.76 ID:X/8dQ1vDO

ボリス「待たせたな」


ケンイチ「それでさっきの話は・・・」


ボリス「ふんっ・・・気付いていない貴様が悪い。全て貴様が悪い」


夏(たしかに)


ケンイチ「な、なんなのさ皆して!よってたかって弱いものイジメは良くないよ!!!」


夏「・・・・・・」ジィー


ボリス「・・・・・・」ジィー


ケンイチ「うっ・・・!」(な、なんなんだこの視線は!?殺気とも気当たりとも違うこの冷たい視線は・・・!?)


ボリス「白浜兼一」


ケンイチ「な、なにさ!?」


ボリス「貴様はもう殺人拳はおろか活人拳の人間に刺されても文句は言えない・・・そんな崖っぷちにいる」


ケンイチ「え!?」


夏(なんでどいつもこいつもそうズバズバはっきり言えるんだ)


ボリス「その事を忘れるな・・・・・・これから俺は廊下の拭き掃除がある。さらばだ」ダダダダダダダダ!



ケンイチ「ボリス・・・・・・よくわからない奴だ・・・」


夏「早くお前も行けよ」

179 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/24 22:25:49.89 ID:X/8dQ1vDO

ー授業中ー



美羽「はぁ・・・わたくしったらまた頭がしょーとしてしまいましたわ」


「よーしこの問題お前解いてみろ」


「なに?余が?」


美羽「一体なんなんでしょうかこの気持ちは・・・」

「答えは8だな」


「全然違う」


美羽「後でケンイチさんに謝らないと・・・ですわ」


「余が数式の答えを合わせるのではない、数式が余の答えに合わせるのだ」


「意味わからんから立っとれ」


美羽「しかし何故でしょう・・・・・・しぐれさんとケンイチさんが一緒にいるのが分かると何故かこう・・・」


「ふっ・・・この国では郷に入っては郷に従えと言うらしいな。よかろう、見事立ってしんぜよう」


美羽「ぶちゅっと潰したくなりますわ、ケンイチさんを」エンピツボキャァ!


泉「ひぃ!?なに?どうしたの風林寺さん!?!?」

183 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/24 22:47:49.78 ID:X/8dQ1vDO

ケンイチ「なんだか最近懐かしい人達に合うな・・・って言うか正直何しにきてるんだろ」


「あー、オホン!仕方ないからお前が代わりに解いてみろ」

「・・・・・・しらね」クッチャクッチャ


ケンイチ「それにしても最近美羽さんやしぐれさんの様子がおかしいな・・・とくにしぐれさん」


「授業中に・・・・・・ガムを食べるんじゃない!!!」シュバ!


「!?投げチョーク・・・はやっ・・・!」ガツン!

ケンイチ「一体しぐれさんに何があったんだ?実家に遊びにくるなんて・・・そんなにほのかに会いたかっのかな」


「教師生活20と5年・・・お前たちの様な輩は数知れず相手にしてきた。あまり私を嘗めるなよ若造」


「・・・・・・・・・教師パネェ」


ケンイチ「まぁいっか!しぐれさんが捕え所がないのはいつものことだし!」アハハ


夏(なんかまたあいつ反省してない予感)

184 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[] 2012/12/24 23:09:04.58 ID:X/8dQ1vDO

ケンイチ「よーし授業終り!」


美羽「ケンイチさん」


ケンイチ「!あ、美羽さん・・・?」


美羽「朝はすいませんでした!ですわ!」ペコッ


ケンイチ「あ、いえいえ全然気にしていませんよ!僕こそすいません、勝手に修業休んじゃって」


美羽「いえ、それは別に気にして・・・」

ケンイチ「え?」


武田「やっ、ハニーに兼一君!」


宇喜多「よぉお前ら!」


ケンイチ「武田さんに宇喜多さん!」


美羽「あっ・・・」シュン


武田「一緒に帰ろうじゃな~い」(二人きりにはさせないよ!)


ケンイチ「はい!なんだかこういうのっていいですね!」エヘヘ




宇喜多「なんだ?校庭がやけに騒がしいな・・・」


高島「くっ・・・!なんだあの乳は!?風林寺といい・・・」ブツブツ


泉「あれどこの制服?それにしても凄いプロポーション・・・」


武田「ってアレ!?しぐれさんじゃな~い!?!?セーラー服着てるじゃな~い!!!」

しぐれ「・・・・・・フッ」


ケンイチ「えぇ~!?しぐれさん!?」


宇喜多「む、胸が大き過ぎてヘソが見えちまいそうだぜ!・・・//」





186 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/24 23:20:47.72 ID:X/8dQ1vDO

武田「何故しぐれさんが・・・・・・ハッ!まさか・・・」


宇喜多「なんか昭和?っぽいな」


ケンイチ「しぐれさん、それどこかで見覚えが・・・・・・」


しぐれ「フッ・・・貰った」

ケンイチ「貰ったって・・・まさかお母さん!?ああー!学生時代のアルバムに確かにあった!!」


しぐれ「フッ・・・//一緒に帰るぞ・・・兼一・・・・・・君//」ボソッ


ケンイチ「え?ええ?は、はい」


武田「!!!」
武田(やっぱりそうじゃな~い!?)


宇喜多「あ、おい風林寺・・・?」


武田「しぐれさん!」グッ


しぐれ「フッ・・・・・・礼を・・・言う」コクッ


しぐれ「いくぞ・・・ケンイチ・・・・・・//」ギュッ


ケンイチ「あ、ちょっとしぐれさん?あれ?美羽さんは・・・」
武田「ハニーは僕が責任持って送るから先に帰るといいじゃな~い」ニコッ


ケンイチ「え?は、はい・・・?」


宇喜多「おい風林寺!?返事をしろよ!?風林寺ー!?」





188 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/25 00:00:57.57 ID:SGP59U2DO

武田(このまま二人を行かせれば・・・!)


宇喜多「おい武田ァ!風林寺がヤベー!瞳孔が開きっぱなしだぞコレ!!」


武田(ハニーは必然的に僕と帰る事になる!)キリッ


しぐれ「フフッ・・・・・・//」


ケンイチ「あのぉしぐれさん?少し歩きづらい気が・・・」


しぐれ「んふふっ・・・・・・//」


ケンイチ(あれ、聞いてない)



連華「やっほー!連華ちゃんだよ」ヒョコ



武田「なぁにしてくれてるんだぁい君ィィィ!?」


宇喜多「うおっ!?武田!?」

しぐれ「・・・・・・チッ」

連華「あれ?梁山泊の香坂しぐれ?どしたの?そんな格好して???」


ケンイチ「連華さんも今帰りですか?」


連華「うん!私も一緒に帰ってい?」ピョコピョコ


ケンイチ「もちろんですよ」


連華「わーい!じゃあ私こっちに掴まる!」ギュッ

ケンイチ「ちょ、ちょっと歩きづらいですってば!」

しぐれ「・・・・・・」


武田「兼一君・・・・・・」

190 : ◆S.PtdgMO6E[] 2012/12/25 00:15:45.84 ID:SGP59U2DO

武田(まずいじゃな~い!!このままじゃしぐれさんが不憫だ!しかし兼一君、君って奴は・・・)


宇喜多「なぁ武田・・・そろそろ俺の話聞いてくれよ・・・・・・」


武田「くっ!まずい!打つ手なしか!!」


レイチェル「ふふふっ!ここは私に任せるデース!!」


武田「!?!?レイチェル・スタンレイ!?」


宇喜多「武田・・・」


レイチェル「ハァイ!連華!!これからクラスメートとカラオケ行きますけど連華もどうデース?」


連華「あん?私は今ケンイチと下校中!向こう行けよYOMIー!!」


レイチェル「ふふっ・・・そう言って実は怖いんじゃないデスかー?私に負けるのが。カラオケには点機能がありますからね」ニヤニヤ


連華「あんだとー!?馬一族の歌唱力なめんなよYOMIー!!」


レイチェル「HEY!!そうこなくっちゃ!!!」

レイチェル(キャーーー!!!連華ちょろかわいいデース!!!!!///)


連華「ほらほら早く行くぞー!YOMI!!」


ケンイチ「あ、いっちゃった」


レイチェル(うふふふ!これは貸しデース!!香坂しぐれ!!後できれば名前で呼ばれたいデース!!!)

198 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/01 19:47:43.74 ID:UeEt2huDO



ケンイチ「行っちゃいましたね。僕らも帰りましょっか」


しぐれ「ん・・・・・・」ギュッ


ケンイチ「ってしぐれさん!?こんな状態で帰るんですか!?」


しぐれ「だめ・・・・・・か?」


ケンイチ「い、いやぁ別に大丈夫ですけど・・・歩きづらいというか勘違いされてしまうというか・・・」

しぐれ「ケンイチ」


ケンイチ「は、はい?」


しぐれ「・・・・・・・・・・・・・・・似合ってる・・・・・・か?//」ソワソワ



ケンイチ「ええ!似合ってますよ。和服もいいですが、何て言うかこう・・・凄く新鮮ですね」



しぐれ「~~~~~~//」ソワソワソワソワ


ケンイチ(でもやっぱり刀は持ち歩いているんですね・・・)

199 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/01/01 20:08:46.03 ID:UeEt2huDO


レイチェル「ハァイ連華!ちょっとそこのゲームセンターで寄り道しましょう!」


連華「あん?連華ちゃんのクレーンゲーム力(意味不明)なめんなよYOMI!!」



「うぉー!初音ミ○のProject DIVE Arcadeだお!!」

「あ、ちょっと離れないでください。・・・・・・こう雑音がうるさいと探すのが面倒なので」


レイチェル「ふふふ・・・ならあの熊のぬいぐるみを取ってみてくだサーイ!」


「やりたい!やりたいお!ねぇねぇ100円貸して~!」


「ダメですよ。早く帰りますよ」


連華「はん!あんなの連華ちゃんにかかればちょちょいのちょいよ!」



レイチェル「ふふふっ、相変わらず自信家デスネー!」

レイチェル(はぁぁあああ連華かわいいデース!!!!!!YOMI特製の超小型カメラ常備しててよかったぁぁぁぁぁぁぁぁ!)





200 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/01 20:24:16.08 ID:UeEt2huDO

連華「あれ~?・・・よしっ!次こそ取るぞー!」パタパタパタ


レイチェル(そう言ってもう46回目なのに強がってる連華はぁぁあああん。あの髪だか耳だかわからないパタパタしたもの触りたいぃぃぃ)ハァハァ


連華「あっー!・・・・・・ぐぬぬ、今度こそ・・・」


「ええーやだやだぁ!せっかく来たんだから何かしたいお!」


「はぁ・・・貴女という人は本当に我が儘でいけませんね」


連華「あっ、もうお小遣ない・・・・・・」シュン


レイチェル(後先考えずお金投入して後悔する連華かわっ・・・かわいいぃぃぃぃぃいやぁぁぁぁぁぁぁああ///)


レイチェル「そこをどいてくだサーイ」


連華「ふんっ!私にできなかったのにお前に出来るわけ・・・ってえっー!?一回で取った!?!?」


レイチェル「ふふっYOMIならクレーンゲームくらい朝飯前デース!」


連華「ぐぬぬ・・・」ムムッ


レイチェル(あっヤバい気絶しそう)

202 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/04 16:46:05.49 ID:7PxQbTqDO


レイチェル「・・・・・・れ」ボソッ


連華「あん?なんか言った?」


レイチェル「これ・・・・・・あげましょうか・・・?//」


連華「え、くれんの?」


レイチェル「まぁ連華が!?どうしてもほ、ほほしいというならあげなくもないデスよ???」ドキドキ


連華「んー?」ジィー


レイチェル「・・・っ//」
レイチェル(まぁ代償として?えっちな命令しちゃうかも知れませんけど?・・・あ、ちょ、そ、そんなに見つめられたら私・・・私もうっ・・・!!)ドキドキ

連華「よっしゃ隙ありぃぃぃ!!!」シュバ!


レイチェル「あ」


連華「もーらった!もう連華ちゃんのもんだもんね!」エヘヘ


連華「YOMIのくせに私の前で油断するから悪いのよー!かわいいなこれ。えへへ♪」パタパタ


レイチェル(これが天使か)

205 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/04 16:50:22.62 ID:7PxQbTqDO

連華「んー?やっぱり反応が鈍いんじゃないかー?YOMI」


レイチェル「ハッ!気を失いかけてマシター・・・」


連華「???」


レイチェル「ふふっ・・・では貴女には私とあの中に入って貰いマース」


連華「は?なんで?」


レイチェル「いいんデスか?人のものを盗んだら泥棒デスよ?ましてやあの名門馬一族の娘が・・・」


連華「はいはい分かったわよ。貰う代償にあの個室で闘ろうってのね、わかりやすくていいじゃない」ゴゴゴゴゴ


レイチェル「そうこなくては・・・」

レイチェル(え?ヤルって?いいの!?本当にいいんデスか!?!?お互い合意の上で・・・)


連華「おーい早く来いよーYOMI」


レイチェル「えっ、あ、あのまだ心の準備が//」


連華「うぉーなんだこれ!!」


レイチェル「え?なにってプリクラデスけど」



連華「へーなにこれ写真?どうやんのどうやんの?」

レイチェル「ここにお金を入れマス」


レイチェル(え?え?ヤらないんデスか?)


連華「うぉーすげー」キラキラキラ


レイチェル「・・・・・・」

レイチェル(まぁ、当初の目的は果たせそうなのでもうイイデス)

207 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/04 16:55:41.44 ID:7PxQbTqDO


連華「へー落書き出来んだこれ!すげー!YOMIの顔落書きしちゃえ!!」ウリャー


レイチェル「は、ハートもここに書きましょう・・・」ボソッ


連華「あはははYOMI変な顔ー」


レイチェル「・・・・・・んふっ//」ペタペタ


連華「ん?ケータイの蓋の裏側につけても意味なくない?」


レイチェル「あ、いやこれ一回やってみたくって・・・・・・・・・//」


連華「ふーん?ま、いいや。そーだ今度兼一にも教えてあげよー!!」


レイチェル「!!!!!!」


連華「さ、早くカラオケ行こーっと、皆お待たせー」

「随分お楽しみみたいだったね連華ちゃん!」


「本当二人は仲いいよねー」


連華「え?なに?なんの話し?それより早く行こー!」アハハハ


レイチェル「・・・・・・・・・」



レイチェル「白浜ボーイ・・・」ギリギリギリギリギリギリ


211 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/01/07 22:12:08.06 ID:K9x8ns6DO

「そしたらさー」


「へーそうなんだー」


連華「はふっはふっ、あちちち。あーやっぱり本場の肉まんの方がおいしいかな?」


レイチェル「・・・・・・」トボトボ


レイチェル「ん?あれは・・・」


泉「あ、ここのクレープ結構有名なんだけど買ってく?」


千影「う、うん・・・!」


泉「うふふ、いい子ね。さ、ちゃんとお手々繋いでいきましょうねー」


千影「・・・・・・えへへ///」


泉「はい、千影ちゃん!」

千影「うわぁぁ!おいしそう!ありがとう!い、泉おねぃちゃん//」


泉「うふふ、さぁ頂きましょうね!」ニコニコ


千影「頂きまぁ・・・・・・・・・・・・・・・!!!!」


レイチェル「チャオ♪」



213 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/07 22:19:31.35 ID:K9x8ns6DO

泉「え?あ、貴女は確か・・・レイチェル・スタンレイさん?」


レイチェル「イエス!デスが何故私と?」


泉「いや、貴女は学校一有名だから知らない人はいないと思うけど・・・」


レイチェル「ああそうデスか、それより・・・」ニヤニヤ








千影「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


泉「え?あの、千影ちゃん?」


レイチェル「千影ちゃん?」ニヤニヤ


千影「ぁ・・・あああぁぁぁぁうわぁぁぁああああぁぁぁぁ!!!ちが、ちがうのぉぉぉおおおいやぁぁああああぁぁぁぁ!!!」ポカポカポカ


泉「千影ちゃん!?」

レイチェル(ぐ、ぐるぐるパンチ・・・・・・心乱れ過ぎデース・・・・・・)

215 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/01/07 22:30:30.05 ID:K9x8ns6DO

千影「だもだもう!殺す!!!それしかない!!!!」カハァァァ


泉「千影ちゃん!!!!なんて事言うの!!!」


千影「ぁぅ・・・でも・・・・・・でもぉ・・・」ウルウル


泉「すいませんレイチェルさん、この子も気難しい年頃なんで・・・。今日の事は忘れてあげてくださいね?」


レイチェル「ハイ!モチロンいいデスよ!」


レイチェル(良いものが撮れましたしwwwwww)

千影「ダメだ!!!今すぐその盗撮器をこわせ!!!!!!」


レイチェル「・・・・・・チッ!気付きましたか・・・」ボソッ


泉「え!?盗撮・・・!?」


レイチェル「くっ!ち、違いマース!そのおチビちゃんは嘘を」千影「嘘じゃない!!!首のチョークについてるもん!!!!!!」

泉「・・・」ジトー

レイチェル「あ、いやこれは決して貴女達に使うつもりじゃ・・・」


泉「って事は本当についてるんですね」


レイチェル「・・・ッ!」

216 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/01/07 22:40:03.52 ID:K9x8ns6DO

泉「はい」スッ

レイチェル「くっ・・・!」


千影「」ジィ~~~~~~~~~


レイチェル「ああもうわかりマシタ!!もうわかりマシタからそんな目で見ない!!!はいどうぞ・・・」スッ


泉「よろしいです、えいっ!」グシャァ!


レイチェル「あ」


レイチェル(連華ぁぁぁぁいやぁぁああああぁぁぁぁ!!!)


千影「ふんだっ!いい気味だ!!いこっ、泉おねぃちゃん」


レイチェル「・・・」ジィ~


千影「ハッ!・・・・・・いきますよ、泉先輩」


レイチェル(いまさら闇モードしても遅すぎデース)

泉「あの、レイチェルさん・・・」


レイチェル「ああもうはいはい!反省してマスから!!」


泉「本当は警察に・・・でも、貴女が反省してるならそれでお咎めなしです!」

千影「チッ・・・よかったな」



219 : ◆S.PtdgMO6E[sage] 2013/01/07 23:32:21.04 ID:K9x8ns6DO

泉「じゃ、行こうか千影ちゃん」スッ


千影「っ・・・」


泉「あれ?手繋がないの?」


千影「いや、あの・・・」フルフルフル


レイチェル(なんだかあの二人がうらやましいデース)


泉「ふふっ、また繋ぎたくなったら言ってね?」


千影「・・・//」コクッ


泉「それとチョークじゃなくてチョーカーだよ」


千影「意地悪する泉おね・・・・・・先輩は嫌いです」

泉「ごめんごめん」


レイチェル(ちくしょうのろけまくりやがってー!デース!!)



232 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/02/11 20:27:04.14 ID:OA8atm7DO


ケンイチ「し、しぐれさん・・・?」

しぐれ「ん」

ケンイチ「あのですね・・・その、あ、ああ当たっているんですが」アセアセ

しぐれ「あててんの・・・よ」ボソッ

ケンイチ「あひゃぁっ!」

ケンイチ「耳元でそれは禁止ですってば!!!!!!」

しぐれ「・・・//」


「こいつぁどういう事だよオイ・・・・・・」

ケンイチ「ハッ!?だ、誰だ貴方は!」スッ

ケンイチ「コォォー・・・」

しぐれ「お・・・悪くない対応・・・・・・だな」

「へっ!いいツラだぜ!調度ムカムカしてたとこだ!いっちょおっぱじめようじゃねーか!!!」

ケンイチ「貴方は誰だ!YOMIか!?それとも別の武人・・・」

「ああ゛!?まさかまたお前この俺様を忘れたのか!?」

ケンイチ「え?」



233 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/02/11 20:38:31.21 ID:OA8atm7DO


なんかモジャモジャした人「ったくなんでてめぇらは人の名前をそう簡単に忘れんだよ!!」

隊員A「た、隊長!落ち着いて下さい!!」

隊員B「またあの野郎をぶっ倒せば意地でも思い出しますよ!!!」

ケンイチ「ま、また?」

がさつそうな人「しかもまたてめぇはバインボインな姉ちゃんを連れてるしよー・・・女っ気ない代表として許せねぇぜ!」ピキピキ

しぐれ「でかいのか?これ」ドタプーン

女っ気なさそうな人「お、おう・・・まぁな・・・・・・」


ケンイチ「あ、ああああ!!!思い出した!!!貴方はモジャモジャさん!!!」

辻「いやそれ違うからな!辻だ!辻伸之介だって言ってんだろ、てやんでぇ!!!」




234 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/02/11 20:51:41.91 ID:OA8atm7DO


ケンイチ「ず、随分久方ぶりですね」

辻「挨拶なんざいいからさっさと始めようぜ・・・久しぶりにキレちまったからよぉ・・・・・・」ピキピキピキピキ

ケンイチ「そ、そうだ!僕はあの時負けたままだった!」

辻「勝ち逃げしたままもいいが俺はてめぇを殴らねぇと気が済まねぇんだ!」

ケンイチ「こ、こっちこそ!次は油断しません」

辻「おう」

辻(な、なんだこいつ。なんかやべえ空気を感じるぜ・・・ん?)チラッ

ケンイチ「しぐれさん!立ち会い人お願いします!」
しぐれ「ん」コクッ


辻ビジョン

ケンイチ『下がっていてくれしぐれ!この勇気ある漢は僕に用があるらしい』
キリッ

しぐれ『ん//』コクッ


辻「うわあああああああ!!!!!」ズズズズ・・・
隊員A「た、隊長!?」

ケンイチ「うわあっ!?すごい気の解放!」


236 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/02/11 21:55:35.01 ID:OA8atm7DO


辻「よぉし・・・この辺でいいだろ」


ケンイチ「そうですね」

ケンイチ(今すぐ襲い掛かってくるかと思ったら随分場所を選ぶんだなモジャモジャさん)


辻「・・・」チラッ


しぐれ「ん・・・・・・口出しは・・・いくない」


辻「っしゃあオラ!行くぜべらぼーめ!!!」

ケンイチ「ええ、いつでもどうぞ!」シュバ!


隊員B「隊長~!頑張って下さい!!!」


隊員A「山での地獄の特訓見せてやりましょう!!!」


辻「あたぼうよ!」ジリジリ

ケンイチ「!」

ケンイチ(来た!骨法の体捌き!)


辻「スゥーー・・・っ!ちぇりぇあ!」ズバッ!


ケンイチ(鋭い蹴り!だけど少し大振り過ぎる!余裕でかわせる!)バッ


しぐれ「・・・・・・」


ケンイチ「って、うわあっ!?土煙り!?」ゴホッゴホッ

辻「へへっ」

辻「てめぇにはあの、なんだっけ?ひょーほー?って奴を味合わせてやるよ・・・」ニヤニヤ


237 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/02/11 22:08:03.14 ID:OA8atm7DO

ケンイチ(視界が悪い!アスファルトじゃできない芸当だから場所を選んでたのか!)


辻「・・・」ササッ


ケンイチ「!」

ケンイチ「そこだ!っっ!?眩しっ・・・」


辻「うおっ!?」ガス


ケンイチ(しまった!夕陽に目がくらんで拳に上手く体重が乗らなかった!)


辻「かすっただけでなんて威力の突きだよ!?あぶねー・・・だが掴んだ!」


ケンイチ「くっ!」

ケンイチ(関節技か!?)

辻「行くぜ!腕なんちゃらねじり落としー!?!?」

ケンイチ「えぇ!?!?この技は!?」


辻「地面に口づけしな!!!」

ケンイチ「腕ひしぎねじり落とし返し」ガシッ

辻「え?」コテ~ン

ケンイチ「勝負あり・・・ですね」←寸止め


辻「え?えぇ!?なんで!!!」


ケンイチ「それはこっちの台詞ですよ!」


隊員A・B「た、隊長ー!!隊長が負けたー!!!」ウワァァ!


238 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2013/02/11 22:19:17.87 ID:OA8atm7DO

しぐれ「勝者・・・白浜兼一~」パチパチパチ


ケンイチ「やった!リベンジ成功!それより何故モジャモジャさんが直輝君の技を!?」


辻「あん?あのチビ助を知ってんのか?お前」


ケンイチ「知ってるも何も・・・」

ケンイチ(正直あの返し技覚えてなかったらさっきのはあぶなかったかもー!)

隊員A「ここは俺が話ましょう」


辻「頼むぜA」


ケンイチ「あ、はいお願いします」


隊員A「実は数ヶ月前、隊長に武道を教えた達人の元に行こうとしたんですが・・・山で遭難してしまいまして」

隊員A「日は暮れ、帰り道も分からず、仕方なくせっせっと野宿と飯の支度をしていたところにある親子と会いまして・・・」


ケンイチ(野宿に手慣れている感があるような・・・)

264 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage saga] 2013/06/08 01:23:01.48 ID:xGNk5FMDO

~~~~~~



辻「っと・・・まぁこんなもんかぁ?」


隊員A「あ、隊長!もう少しで晩御飯できますよ」


辻「おう!完全に日が暮れる前に食っちまおう」


隊員B「偵察終わりました・・・」


辻「おう、すまねぇな。どうだった?」


B「ダメっすね・・・民家らしきものも全然見えません」


辻「そうか・・・すまねぇお前ら!俺が道をまともに覚えてないばかりに・・・!!!」ドゲザー


A「やめて下さいよ隊長!」


B「そうですよ!頭をあげて下さい!その達人に会えなくたって辻隊長は一人ででも強くなれますって!!!」


A「身の回りの世話は俺達に任せて修業に励んで下さい!!!」


辻「お、お前ら・・・」ジーン


265 : トリまた忘れた ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:25:09.58 ID:xGNk5FMDO


<う、ウォォォォ!!!うわぁぁぁぁぁ


三人『!?』


辻「な、なんだ今の悲鳴!?」


A「ひぃぃ!ま、まさかお化け!?」


B「いやそんな馬鹿な!そんな非科学的な物・・・」

辻「へへっ!面白そうだ!ちょっくら見てくるぜ!!!」ダダダダ


AB『た、隊長~!!!』



直輝「なんの!・・・これしきぃぃ!!!うわっ!?」ズルズルズル


大輝「・・・・・・」


直輝「ま、まだまだぁぁぁあ!!!」ガシィィィ!


辻「お、おお!?なんでぇありゃあ・・・石像なんかぶら下げて竹を登ってやがるぜ!?」


A「す、すげえ」


大輝「!」


大輝「何奴!」

267 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:29:31.77 ID:xGNk5FMDO


シュバ!ガササッ!


辻「うわっ!?なんつー素早さだ!?いきなりこっちきた!!!」


B「ひぃぃ!お助け~!」

大輝「!?・・・・・・子供だと・・・・・・?」


辻「あぁん!?おっちゃん俺様を子供扱いたぁ随分じゃねぇか!?」


A「た、隊長!やめましょうよ!なんかヤバいですって!」


直輝「はぁ・・・はぁ・・・あれ?父上その人達は?」


大輝「うむ・・・・・・遭難者かもしれん」


直輝「えぇ!?でもこんなところまでくるなんて珍しいというか・・・」


辻「バーロー俺達は自ら進んでここまで来たのよ!!」


大輝「なんと、無茶な・・・・・・」


直輝(ち、父上が心底呆れた顔をしている・・・・・・!?)

268 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:32:01.15 ID:xGNk5FMDO

大輝「もう日が暮れる・・・・・・仕方ない、今日は泊めてやる、だから明日早くに山を降りなさい・・・・・・」


辻「べらぼうめぇ!ここまで来て帰れるかってんだ!!!」


B「お、俺達人を探しているんです」


大輝「人・・・・・・?馬鹿な・・・この辺り一体は我々二人しか住んでいない」


辻「なにぃ!?やっぱり俺の記憶の間違いか」


直輝(どんだけ凄い間違いなんだ)


辻「なら仕方ねぇな、あんたでもいいや」


辻「俺様と勝~~負!!!!!!」クワッ


直輝「はぁぁあ!?」


大輝「・・・・・・・・・・・・・・・ほう?」

269 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:36:35.85 ID:xGNk5FMDO

直輝「な、ななな何言ってんだモジャモジャのあんちゃん!?父上に本気で勝負を挑んでいるの!?!?」

辻「あん?なんだガキンチョ!モジャモジャ言うな!」

辻「あたぼーよ、俺にも分かるぜ!あんたただもんじゃねぇよな、あのへんてこ道場レベルかもな!俺なんかよりずっと強ぇのはハナから承知よ」


辻「だ か ら こ そ あえて勝負を挑むのよ!!!!!!」

直輝「っ!!!」(む、無茶苦茶だ!)


大輝「・・・・・・ふ・・・ふははは!」


直輝「父上が兼一兄ちゃんの時以上に笑ってるー!?」


大輝「大した子だ・・・良かろう、受けて立つ」


直輝「な!父上・・・!?」



270 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:38:59.86 ID:xGNk5FMDO


辻「っしゃあ!ならいく」大輝「ただし一つ条件がある」


辻「ぜ!・・・・っと、なに?条件だぁ?」


大輝「私と戦う前に、私の息子と戦ってもらう」


直輝(ああ・・・やっぱりこうなるのね・・・)


辻「あぁん!?こんなチビ助とだぁ!?」


A「ちょ、ちょっと待って下さいよ!この人はかなり強いですよ!?」


B「身内贔屓とかじゃなくてかなり強いお方ですよ!」


大輝「いや心配はいらん・・・・・・君ではまともに触れもしないだろう・・・」


辻「あぁ!?言ってくれるじゃねぇか・・・」




271 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/06/08 01:41:17.46 ID:xGNk5FMDO

直輝「ま、まぁ確かに・・・」ジィーッ


直輝(年齢差を気にして油断してる上に身のこなしが大分おろそか・・・あれじゃまともな勝負なんて出来やしない・・・)


辻「チッ!仕方ねぇ、いっちょ遊んでやるよチビ助!」


A「ちょ、本気っすか隊長!?」


B「相手はまだ小さい子供ですよ!?」


辻「心配すんな、ちょこちょこーっと遊んでやるだけよ!」ガッハッハッ


大輝「フッ・・・・・・それでは無制限一本勝負で始めて貰おう」


辻「おう!いつでもきな!なんならハンデもくれてやるよ!」


直輝(むかっ!流石にナメすぎだぞ!?)


直輝「もう準備はいいの?」


辻「へへっ、こちとらいつでもOKよ」


大輝「では・・・・・・始め!」クワッ!


辻「へへっほぅらこっちこっ」直輝「ハッ!」ドカッ バキィ バタンッ


辻「」チ~ン


AB『た、隊長ー!?!?』


直輝「兵法を使うまでもなかった・・・・・・」


大輝「・・・・・・」

281 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/07/08 22:37:54.56 ID:te/EN0ODO

ーーーー・・・


辻「・・・・・・・・・・・・ハッ!?!?」


A「隊長!!!」


B「気が付いたんですね!!!」


直樹「だ、大丈夫か兄ちゃん・・・ごめんやりすぎたかも・・・・・・」


辻「んぁー・・・頭がくらくらするぜ」


辻「んでここは?」


A「山本親子のご自宅です」


辻「自宅ってここ・・・・・・」キョロキョロ


辻「す、スゲーな・・・・・・」


大輝「気が付いたか」


辻「よぉあんたか・・・・・・へへっ、中々いいもんもらっちまったみてぇだな・・・!」


直樹「んん???」


辻「なんだかよく覚えてねぇが次はそうやすやすと負けやしねぇぜ!」


B「隊長!?」


A「まさか隊長直樹君との対決を覚えてないんですか!?」


辻「あん?覚えちゃいないがどうせ俺の勝ちだろ」


直樹「ちょっとちょっと!?俺の勝ちだったからね!?」


辻「馬鹿言え、俺様がお前みたいなチビスケに負けるかよ」



282 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/07/08 22:48:35.05 ID:te/EN0ODO

直樹「むっかー!!!さっきから失礼だぞこのモジャモジャぁあ!だったら今も一回勝負しようよ!!」


辻「だれがモジャモジャだべらんぼーめ!!上等だ表出ろチビ!!!」


B「ちょ、落ち着いて下さい隊長!」


大輝「よさないか二人とも」


直樹「む、むー・・・・・・」


辻「へへっ悔しかったら強くなりな、俺様の様にな!」ドヤッ


「「「・・・・・・・・・・・・」」」


大輝「オホン!さて、明日にそなえて今日は早めに寝るのだ・・・」

A「そうっすね、明日朝一番で街に案内してくれるそうで」辻「そうだな!明日から辻スペシャル強化特訓の始まりだからな!」


直樹「へ???」


AB「「え?」」


辻「なんだよ違うのかオッサン」


大輝「ふむ・・・・・・・・・・・・まぁよかろう」ニヤッ


直樹「えー!?!?!?」(なんか笑ってるしー!)

A「本気ですか隊長!?」


辻「え?うん」


287 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/08/09 23:45:08.57 ID:9BrYp4gDO

翌日



辻「ぬ、ぬぉぉお!!!!!!???なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!」


直樹(言わんこっちゃないよ!翌日にいきなり父上の特訓を受けるなんてどうかしてる!!!)


辻「こんな重しつけて崖なんか登れるかぁぁぁぐわぁぁぁぁああ!!!オッサン降りてこいべらんぼーめ!!!!!!」


直樹(はぁ・・・なんだか相手するだけ疲れるから先いこ)ヨジヨジヨジ


辻「!?!?!?」


辻(べらんぼーめ!なんでいあのチビ助!?いとも簡単に登っていきやがる!?)

辻(しかもコイツなんて余裕そうな表情なんだ!?いや、辛いには辛そうだけどよぉ!なんだって文句一つもなしにスイスイ登っていきやがる!?)


辻(あれれ?なんか重りも俺のより心なしか重そうじゃねぇか!?・・・あれ!?あれれぇぇ・・・???)


辻「なんだかこれ軽くなった気がする」ヨジヨジヨジ


直樹「えぇ!?なんで!?!?」


289 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/08/09 23:56:13.22 ID:9BrYp4gDO

辻「追いついたぜべらんぼーめ!」


直輝「うわぁぁ!なんでだぁぁあ!!!その底力はどこからくるのさ!?」


辻「あん?何言ってやがんだおめぇ・・・・・チビ助に出来て俺に出来ねぇわけねぇだろう・・・」


直輝(このモジャモジャの兄ちゃんは無意識に動の気を解放するのか!?)


辻「っと!・・・・・・ふぅ、やっと終わったぜ」


辻「なぁオッサンよぉ!俺の重り足りなくねぇかぁ!?チビ助がアレで俺様がコレたぁどういう事だよ!!!」


直輝「もうやだよぉこの人・・・・・・」

291 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/08/10 01:12:37.13 ID:ARmlEpBDO

大輝「その前に食事にしよう」


直輝「あ、はい父上。今準備を」


A「それには及ばないよ直輝くん」


B「俺達だってタダで居座る気はないさ」


直輝「え・・・!?」


大輝「食事作りには彼等に手伝ってもらった。礼をいいなさい」


直輝「は、はい!ありがとうございます!」


B「しかしこのあたりは食料が豊富ですねー!」


辻「そうなのか、俺にはわかんねぇ」


直輝(す、すごいな・・・こんなに珍しいものばかり!・・・きっとこの人と付き合っていくには一筋縄ではいかないんだ)


直輝(・・・・・・・・・いい意味でも悪い意味でも)


辻「おっちゃんこの辺河童とかいんの?」


大輝「さて、な・・・・・・ただ天狗ならいるようだが」ニヤッ


直輝「!!!!!!」ビクゥ

A「ちょ、やめて下さいよぉ、もぉ!」



301 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/10/10 00:17:15.26 ID:FoBWtuQU0

辻「なんだよビビってるのか?」ガハハハ

A「そ、そういうんじゃないですよー」

直輝「ハハ、ハハハハハ.....」カタカタカタカタ

B「でもまぁいてもおかしくないですよねぇ」

大輝「オホン....!」

大輝「今日は早めに休み明日に響かないようにしなさい」

辻「へーい、おー見事に足腰がガクガクだぜ」

直輝(そんなこと言ってる余裕あるなんてすごいぞ)



302 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/10/10 00:28:25.85 ID:FoBWtuQU0

A「そして数日が経過しました」

ーーーーーー


直輝「モジャ兄ちゃん覚悟はできたか・・・・?」

辻「おういつでもいいぜべらんぼーめ!!天狗でも河童でも来やがれってんだ!!!」

直輝「うん、よし行こう!!」

直輝(ついにこの日が来てしまったか!)

辻「よっしぁおっさきーーー!!!」ヤホー

直輝「あ、ちょモジャ兄ちゃん!?!?一人は危険すぎるよ!!!!」


のあああああああ!!!!!!

直輝「あーほらー!!」スタタタ

303 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/10/10 00:33:05.26 ID:FoBWtuQU0

辻「お、おいこいつぁ・・・・・・」プルプルプルプル

直輝「兄ちゃん!?無事か!?」

辻「ま、ままま・・・・」

直輝「ま?」

辻「まじだ!まじにいやがったぜ!!!!」

直輝「でしょう!?!?」

天狗「」コハァァァァ.....!

304 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/10/10 00:44:43.58 ID:FoBWtuQU0

辻「へへ、こいつに一発ぶちかましゃあいいわけだ」

直輝「うん!気をつけて!相当に武術をやりこんでいる天狗だから」

直輝「まずお互いの役割をはっきりしよ、一人じゃ絶対無理だから。俺が撹乱するから兄ちゃんが」辻「その鼻っ柱叩き折ってやるぜべらんぼーめぇぇぇ!」

直輝「お願いざから話を聞いてよぉぉ!!!!」

天狗「!」ズシャァァ

辻「つええ!!」バターン

直輝「はや!?!?」

305 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/10/10 00:55:43.21 ID:FoBWtuQU0

辻「へへ、天狗にしてはやるじゃねぇか・・・」

直輝「ええ!?他にもやったことあんの!?」

辻「いんや、初めて」

直輝「ま、真面目にやってよもー!!」

直輝「態勢を立て直して、俺が撹乱するから兄ちゃんは天狗に一本を・・・・・」

辻「なぁ直輝よぉ」

直輝「・・・え?」

辻「俺はいつだって喧嘩の時やぁ真面目だぜ。それに喧嘩ってのはタイマンが基本なんだぜべらんぼーめ」

直輝「!!!」

辻「確かに野郎ただもんじゃねぇ・・・だが、いやだからこそ俺は」

辻「俺 だ け で 一 本 と り て ぇ !!!」

直輝「!!!」ゾクゥ

辻「いくぜ!!!」ダダダッ

辻「ぐはぁぁぁ!」ズザザー

直輝「だからはやっ!!」

317 : ◆S.PtdgMO6E[] 2013/12/28 23:12:09.94 ID:utyGzxMc0

ーーーー


A「あ、おいあれ!」

B「ん?・・・・・あ!隊長!!直輝君!!」

辻「へへ・・・・・」ボロボロ

直輝「あはは・・・・」ボロボロ

A「二人ともこんなにボロボロになって・・・・!」

B「そ、それでて、天狗は!?一本は!?」

辻「ああ、それか・・・・ヤロウ話以上にとんでもねぇ天狗だったぜ・・・」

直輝「はは、・・・・何か前回よりイキイキしてたみたいで今までで一番苦戦したよ・・・・」

A「てことは・・・・」

辻「ああ・・・・」

直輝「もちろん・・・・!」

辻直輝「「一本取ってきたぜ(よ)!!!!」」


318 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2013/12/28 23:18:57.36 ID:utyGzxMc0

B「え!?」

A「お、おおおおお!!!!流石っす隊長!!直輝君!!!!」

辻「しかもそれぞれ一本つづな!!」

直輝「ほんと・・・・今でも信じられないよ・・・・」ハハ

B「よっしゃああ!!さっそく今日は赤飯だぁぁあ!!!」

A「おう!飛びっきりのご馳走を作ろう!」


\アハハハハハハハハハ!!/


大輝「ふっ・・・・・」


326 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/02/06 19:42:17.47 ID:AKLc64l80

A「その後しばらくして俺らは山を降りたんすよ」

B「いやー不思議な親子でしたね」

辻「なかなか見込みのあるガキんちょだったぜ!いつかは俺様の様に強くなるぜありゃ」

ケンイチ「は、はぁ...」

ケンイチ(しかしこの人とあの兵法は相性が良さそうだな...)ゴクリ

辻「あいつが山を降りた時は是非旨いらーめんを奢ってやりたいぜ」

A「そういえば二人でそんな話してましたね」


ケンイチ「何て言うかすごく楽しそうだったんですね」

ケンイチ(僕と違ってなんてコミュニケーション能力....!)


327 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/02/06 19:46:08.87 ID:AKLc64l80

ケンイチ「しかしすごいなーあの天狗(直輝君のお父さん)から一人で一本とるなんて」

辻「おうよ、なんせ直輝のヤローが一本取っちまうからよ」

ケンイチ「んん???」

辻「俺様なんてもっと楽勝で取れて当然だろうがよ」

ケンイチ「はぃ??」

ケンイチ(こ、この人まさか無意識で『子供に出来て俺様に出来ないなんてことない』と言うノリだけで一本取ったんじゃ)

ケンイチ「恐ろしい人だ.....」

329 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/06 19:49:29.86 ID:AKLc64l80

しぐれ「おい....」クイッ

ケンイチ「あ、はい。そろそろ僕ら帰りますね」

辻「そういやお前らは同棲してんだったな」

ケンイチ「んー、その言い方は若干語弊があるような」

しぐれ「......」ギュ

ケンイチ「しぐれさん痛いですよ!?」

辻「けっ、シラケちまったぜ.....てめぇ白浜ァ!今日の勝負は引き分けにしておいてやるぜ。またな!」ガハハハハ

ケンイチ「え、いや僕の勝ちじゃ辻「 引 き 分 け に しておいてやる」

ケンイチ「は、はい!ありがとうございます....」

ケンイチ(やっぱりこの人こわい)



330 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/02/06 19:53:02.26 ID:AKLc64l80

ケンイチ「そろそろ僕らも帰りましょうか」

しぐれ「......」

ケンイチ「?しぐれさん?」

しぐれ「.....やだ」

ケンイチ「うーん....どこかに寄りたいところとかあるんですか?」

しぐれ「....」コクッコクッ

ケンイチ「なーんだ!なら最初から言ってくれればいいのに」

ケンイチ「で、どこに行きたいんです?赤羽刀が飾ってある博物館とかですかね?」

しぐれ「.ゆ.....ち.....」

ケンイチ「え?」

しぐれ「ゆう.....えんち.....///」


ケンイチ「遊園地???今からですか?」

ケンイチ(いったいなぜだろう....遊園地で修行....だろうなー、嫌な予感しかしない....)ガクブル

しぐれ「ぼく、とじゃ......いやか.....?」

ケンイチ(いや!そんなこと言ってる場合か!)クワッ

ケンイチ「いえ、行きましょうしぐれさん!こちらこそよろしくお願いします!!!」

しぐれ「...そう....か!....そんなに.....ぼくと行きたい、か///」パァァァ



331 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/06 19:56:18.04 ID:AKLc64l80

ーーーー




ケンイチ「わー見てくださいよしぐれさん、いい景色ですね。」

しぐれ「.....」ジィーーー

ケンイチ「あの辺りが梁山泊があるとこじゃないですかね」

しぐれ「......」ジィーーー

ケンイチ「あのー...しぐれさん、せっかく観覧車乗ってるんですから景色を楽しみましょう?」


ケンイチ「そんなに僕の顔ばかり見られても困りますよ....」

しぐれ「もうすぐ.....頂上....だぞ」

ケンイチ「あ、本当ですね」

しぐれ「..........」

ケンイチ「........?」

しぐれ「...................」

ケンイチ「???し、しぐれさん?」



アパチャイ「あ、しぐれとケンイチだよ」


ほのか「えーどこ?」

アパチャイ「あのぐるぐる回るおっきいのに乗ってるよ」アパパパパパ

ほのか「えーうそー!全然見えないじょ!」

アパチャイ「アレは覚悟を決めたモモノフの眼よ」キリッ

ほのか「モモ???」

333 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/02/06 20:00:21.94 ID:AKLc64l80

アリガトウゴザイマシター


ケンイチ「んー!結構面白かったですね!」

しぐれ「........」ムスー

ケンイチ「え、えぇ??」

しぐれ「おい....次」ビシッ

ケンイチ「えっとお化け屋敷?あはは....もうそろそろかえりませんか?流石に修行する時間が」しぐれ「大丈夫....だ....今日は特別....授業.....」ニヤッ

ケンイチ「ひ、ひぃ!だ、誰か助けっーーーーー

334 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/06 20:02:38.66 ID:AKLc64l80

タダイマカエリマシター


師匠ズ「!!!!」


逆鬼「ケンイチィィィイ遅ぇじゃねぇかバカ野郎!!!」(美羽のおっかねえ気あたりでどうにかなっちまいそうだったぞ!!!)

秋雨「お帰りケンイチ君、しぐれ」サササッ

剣星「しぐれどんが.....セーラー服.....だと!?」キランッ

ケンイチ「す、すいません皆さん.....只今生還しました....」

アパチャイ「アパパ!早くご飯にするよケンイチ!アパチャイもう限界よ!遊園地は楽しかったかよ?」




335 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/06 20:06:06.38 ID:AKLc64l80

美羽「お帰りなさいですわ、二人とも」

ケンイチ「はい!ただいま......かえり、マシタ.....」

ケンイチ(え?なぜか膝が笑ってる!?)

美羽「あれから随分帰るのが遅かったですわね」

ケンイチ「はひぃ!あのあと久しぶりにモジャモジャさんに会って、それからしぐれさんと二人で遊園地に」美羽「ご飯、冷めてしまいますわ」

美羽「それにアパチャイさんも待ってますしご飯にしましょう」

ケンイチ「そ、そうですね。てを洗ってきますね」

美羽「はい」

逆鬼(だから自分から地雷踏み抜いてどうすんだこのバカ!)ゴンッ

ケンイチ「っ!?!?ちょ、逆鬼師匠!?」



337 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/06 21:10:20.74 ID:AKLc64l80

\いただきまーす/


ケンイチ「......」モグモグモグモグ

美羽「.....」モグモグモグモグ

しぐれ「.......」ジィーーー

師匠ズ「........」

ケンイチ「あの、僕の顔になにかついてます?」

しぐれ「....」プイッ

しぐれ「....」モグモグモグモグ

ケンイチ「えぇー....?」

剣星(もうおいちゃん嫌ね。この空気)

逆鬼「あ......美羽、ソース......」

美羽「...........」モグモグモグモグ

逆鬼(やっぱり女がキレるのはこええ!)

アパチャイ「アパパ!逆鬼すきだらけよ!!アパパパパパ」ババッ




じじぃ「ケンちゃんや」

師匠ズ「!!?」キタッ!

ケンイチ「はい、なんでしょう」

じじぃ「昨日はどうだったんじゃ?ご両親はなんて?」

ケンイチ「え?両親??」

美羽「.......」

逆鬼(だからじじぃテメェわざとだろぉぉぉお!!!時と場合を考えやがれ!!!)

剣星(もうおいちゃん胃が痛いね)

秋雨(長老、あなたの考えてる事が我々にはわからない)

アパチャイ(今日のご飯はなにか深い哀しみを感じるよ!)アパパパパパ

338 : ◆S.PtdgMO6E[] 2014/02/08 13:04:17.26 ID:0t/D8fXu0

ケンイチ「えっと、.....?まぁ今まで全然師匠達の事紹介出来なかったのでちゃんと紹介してきました。いずれは皆さんもちゃんと紹介したいですね」

逆鬼「お、おう。また今度な....//」ヘヘッ

アパチャイ「アパチャイは割りとよく会うよ!」アパパパパパ

じじぃ「うんうん、それで?」

剣星(もうやめてほしいね)

ケンイチ「うーん、しぐれさんはほのかと一緒にゲームとかしてましたね」

じじぃ「いやそう言うのいいから」

ケンイチ「はい??」

じじぃ「一人の生娘が男の子の実家に挨拶に行ったとなれば。ね?ほら」

ケンイチ「???」

しぐれ「.........一緒にお風呂入った.........」ボソッ

師匠ズ「!!??」

ケンイチ「ちょ、しぐれさ」
しぐれ「 一 緒 に 寝 た 」

師匠ズ「!!!!」

しぐれ「.....」チラッ

師匠ズ「......」チラッ





美羽「................」

ケンイチ「いや、まぁあのしぐれさんもほのかと遊んでてテンションが上がってましてそのー.......なんです?この空気......」

340 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/02/08 19:09:41.45 ID:0t/D8fXu0

美羽「ケンイチさんおかわりは」

ケンイチ「あ!は、はい!おおお願いします!」ビクゥ


カッ!!


ケンイチ「あっはは.....三粒ですか......前の時より増えましたね.......」

逆鬼「お、俺そろそろご馳走さん」

アパチャイ「アパパ!逆鬼珍しいよ残すなんて!腹痛かよ!?」

逆鬼「ああ.....ちょっと胃がな.....」

剣星「おいちゃんももういいね」

じじぃ「うんそれでケンちゃんや」

秋雨「少し黙りましょうか長老」

美羽「食器片付けますわね」

ケンイチ「ぼ、ぼくも手伝います!!」





344 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/02/08 21:13:02.75 ID:0t/D8fXu0

ーーーー
ーーー


キサラ「あんたら......何してんのさ」

宇喜多「おお!キサラか!」

白鳥「私もいますよ......宇喜多さん......//」

宇喜多「おお....おめぇも相変わらずキサラにべったりだな.....」ギリギリ

キサラ「で?どうして美羽はこんなフリーズしちまったのさ?」

武田「どうもこうもないじゃなーい!」

キサラ「ま、聞かなくてもなんとなく分かるけど。どうせ坊や絡みだろ?」

武田「まぁね.....」

美羽「はっっ!」ガバッ

武田「わっ!?」

キサラ「あ、起きた」

美羽「い、いけない私ったらまた......すいません皆さん......私ちょっと行って参ります....!」ダッッ!

キサラ「ん、行ってきな」

武田「ちょ、ハニー!」

キサラ「待ちな武田、野暮な事はするんじゃないよ」

武田「キサラちゃん....だが...!」

キサラ「それにあんたじゃ追い付けないよ」

武田「それを言わないでくれ....」



宇喜多「は、はぁ!?今度お茶しないかだって!?よせよ白鳥!!俺にはそっちの気はー......」


349 : ◆S.PtdgMO6E[] 2014/03/06 21:03:09.28 ID:hHB14elz0



美羽「ど、ドラ●もーーーーん!!!////」バタン!
美羽(これ一回やって見たかったんですわ///)



新島「え?なに?俺様のこと???」

美羽「はい!新島さん!!」

新島「いやまぁ...."たまたま"おやつにどら焼食べてるんだけどよぉ....」モグモグ

美羽(見たこともないどら焼ですわね....)

新島「ま、事情はもう把握してるから座んなよ美羽ちゃん」

新島「あのねーちゃんのことだろ?」

美羽「.......さすが....ですわね....恐るべし新白情報部隊....!」

新島「いや、この闘忠丸に聞いた」

闘忠丸「ヂュ!」

美羽「!?」


351 : 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします[] 2014/03/10 19:34:43.17 ID:Ajlh1ri80

確かに「ど、ドラ●もーーーーん!!!」って言ってみたいわ
宇宙人どうやってネズミの言葉を理解した

359 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/04/27 23:37:18.29 ID:gDWFcEE20

美羽「闘忠丸....さん!?」

闘忠丸「ヂュ」

新島「なに、先日から俺様に相談に来てな」

新島「しかしケンイチのヤツもつくづく罪作りなヤツだぜ...」

闘忠丸「ヂュ!」

新島「いや全く」ウンウン

美羽(なんだかわかりませんが会話が成立している様ですわ)

新島「で、美羽ちゃんよぉ。いいのかこれで?」

美羽「.....!」

新島「正直俺様には関係もないし、第一アイツの恋愛沙汰なんて興味もない」ケッ

美羽(酷い言われようですわね)


360 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/04/27 23:40:47.18 ID:gDWFcEE20

新島「ただまぁ一つだけ言えることがある」

美羽「!.....ごくり、ですわ....」

新島「今のままじゃ美羽ちゃんに万に一つも勝ち目がないってことが」

美羽「ッ....!」

新島「あのねーちゃんは今必死に伝えようとしてる、行動で、不器用なりにほかにも色々とな」

新島「じっと指加えて見てるだけの美羽ちゃんとじゃ雲泥の差だぜ....」ケケケ

美羽「..........」

新島「まぁ今後は自身を後悔しながら身悶えることだな!ケケケケ!」

美羽「あ.....」

美羽「ふふ.....」

新島「何が可笑しいんだい?」

美羽「ありがとうございます新島さん!大した役者ですわね、ふふっ。では、わたくし行って参ります!」ダダダダ!

新島「全くだぜ....まさか俺様が美羽ちゃんにはっぱ掛けるとはよぉ。しかし慌ただしい子だぜ。もういっちまいやがった」

361 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/04/27 23:43:39.93 ID:gDWFcEE20

新島「実際ケンイチの野郎がねーちゃんとくっつく可能性なんて低いだろうがなぁ」

闘忠丸「ヂュヂュヂュ!」

新島「ふむ、本気の美羽ちゃんと真っ向から立ち向かい、勝利を勝ち取らなければ意味がない、ねぇ」

新島「俺様には特に興味もない話だったが以前の借りはこれで返したぜ」ケケケケ

闘忠丸「ヂュ!」



ーーーー
ーーー


兼一「ふぅ....食器洗いのあと何故か特別メニューとか言われていつもよりキツい修業させられたぞ....ハァァ...」

兼一「でもこれも全てぼくのためなんだ!明日も僕は頑張るよ父さん、母さん、そしてほのか。さて、明日のためにも疲れを少しでも癒す様にしなきゃ....」

兼一「ですから、ね?なんども言うようですがしぐれさん.....気になって眠れませんってば......」

しぐれ「.....」ジィーーーー

362 : ◆S.PtdgMO6E[saga] 2014/04/27 23:46:05.24 ID:gDWFcEE20

兼一「...だ、だからなにか言って....」

ガタガタ!


しぐれ兼一『!?!?』


美羽「.....」

兼一「え、あれ、美羽さん.....?」

美羽「......」スタスタスタ

兼一「あの、え?こんな時間に.....って美羽さんもなぜどうして無言....」

美羽「.....///」ガバッ!

兼一「あひゃあ!?み、みみ美羽さ....ってしぐれさんもいつの間に...!?」

しぐれ「っ...」ギュッ

美羽「っ....!」ギュッ

兼一「ちょ、ちょっと二人とも!?両サイドから羽交い締めにされたら身動きが『うるさい(ですわ)』

兼一「あ、はいすいません」

363 : ◆S.PtdgMO6E[sage saga] 2014/04/27 23:49:42.66 ID:gDWFcEE20

美羽(負けません....ですわ...!)ギリッ!

しぐれ(ボク......も....!)ギリリッ!


兼一「いやいやいやいや!!!!そうじゃないですよ!い、いいいったいどうしたんですか二人ともぉぉお!?」






兼一「ってことが昨日あってさぁ」

夏「もういいからさっさと死ね!!!!!」



アパチャイ「おしまいよ」アパパパパパパ!

364 : ◆S.PtdgMO6E[] 2014/04/27 23:54:39.48 ID:gDWFcEE20

ほんとに遅筆で申し訳ありませんでした。
さいごまで付き合ってくれた方も本当にありがとうございます。
ケンイチキャラは皆好きです。

それではさよならです。

365 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/04/28 14:00:06.86 ID:cyLY5FGh0

一年半近く、長かったなぁ……乙です。

366 : VIPにかわりましてNIPPERがお送りします[sage] 2014/04/30 19:45:16.11 ID:5m7wJ5nb0

面白かった!乙!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1354673301/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
323位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP