PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:13:58 ID:fE2OAdCM


朝 食堂



ミカサ「おはようアルミン。……エレンはどうしたの?」キョロキョロ

アルミン「ああミカサ、昨日の夜からエレンの体調が良くないんだ」

ミカサ「!?早く看病しなければ……!」ガタンッ

アルミン「駄目だよミカサ!君は訓練に出ないと」

ミカサ「でも!」



ライナー「おいおいどうしたんだミカサ」スタスタ

ベルトルト「……」



2 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:16:07 ID:fE2OAdCM



アルミン「ライナー」

ミカサ「エレンが心配。今すぐ私が看病しにいくべき」

ライナー「エレン?ああ体調が悪いって言ってたな。咳もしてたし熱もある、ありゃ多分風邪だ」

ミカサ「……!!」ガタンッガタンッ

アルミン「ライナー!ミカサをそれ以上刺激しないで」

ライナー「わ、悪い」

ベルトルト「……」



3 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:18:33 ID:fE2OAdCM



ミカサ「やっぱり行ってくる」バッ

ライナー「待てミカサ」ガシッ

ミカサ「離して、私はエレンの看病をしなければ」

アルミン「そもそも男子寮に入れないんじゃ……」オロオロ

ライナー「落ち着け、よく考えてみろ。もしミカサがエレンの看病をしに行ったとして、エレンは喜ぶのか?」

ミカサ「……」

ライナー「そんなことする暇があるなら訓練しろよ!」カッ

ライナー「って怒ると思うんだ、エレンなら」



4 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:20:20 ID:fE2OAdCM





アルミン(さすがはライナーだ、説得力がある)

アルミン「僕もそう思うよ、だから今日はエレンの分まで訓練を頑張ろう?」

ミカサ「……わかった。私が間違っていた」シュン

ミカサ「ごめんなさい」

ライナー「分かればいいんだ。休憩のときにでも俺が様子を見に行くから」

ベルトルト「……」



5 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:22:14 ID:fE2OAdCM


昼 男子寮



エレン「畜生!」バンッ

エレン(こんな時に風邪ひいちまうなんて!)

エレン(最悪だ、何が駆逐してやるだよ)

エレン(自分の体調管理もできてねぇ!)

エレン(情けねー……)

エレン「……ゴホッ」

エレン「今頃みんな訓練してんだよな」



6 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:24:07 ID:fE2OAdCM





エレン(やっぱり行くべきだ)

エレン(こんなとこで大人しく寝てられるか!)バサッ



エレン「今からでも行かないとだ」

エレン(着替えて)ゴソゴソ

エレン(ちっ……視界が霞んでうまく着替えられねー)クラッ



バタンッ



ライナー「どこに行くつもりだエレン」



7 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:26:25 ID:fE2OAdCM



エレン「ライナー!?なんでここに」ビクッ

ライナー「何って、ちょうど昼だからな、お前に昼飯を持ってきたんだ」

ライナー「そしたら案の定これだ、お前なら無理矢理にでも行くだろうと思ってた」

エレン「……だって、行かなきゃいけねーだろ」

エレン「俺たちにとって一日がどれだけ大切か分かるだろ!俺は少しでも強くなって巨人を駆逐してや──ゲホゴホッ」

ライナー「おい、興奮するな。熱が上がるぞ」



8 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:32:20 ID:fE2OAdCM



エレン「くっ……そが」ギリッ

ライナー「それになエレン。もしお前が訓練に行ったとしたら、誰かに風邪がうつるかもしれないだろう?」

エレン「……あ」

ライナー「特にいつも一緒にいるミカサやアルミンなんかは」

エレン「それは、困る」

ライナー「だったら今日は大人しくしていろ、ぱっと見そこまで風邪はひどくなさそうだから、明日か明後日には治る」

ライナー「ほらパンだ、食べれるか?」スッ

エレン「……食べれる」

ライナー(大人しくなったみたいでよかった)



9 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:34:24 ID:fE2OAdCM



エレン「……」パクッ

エレン「うまい」

ライナー「そうか、よかった」ホッ

エレン「ライナー……、ありがとな。心配してくれて」

ライナー「当たり前だろ、友達なんだから」

エレン「ライナーらしいな」ハハッ



バタンッ



ベルトルト「ライナー」



13 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:47:20 ID:fE2OAdCM



ライナー「おおベルトルトか、どうした?」

ベルトルト「そろそろ訓練始まるから呼びにきた」

ライナー「もうそんな時間か、じゃあ行くか」

エレン「頑張れよ、二人とも」

ライナー「もちろんだ」

ベルトルト「うん。エレンも早く治るといいね」ニコッ



バタンッ



エレン(早く治そう)



14 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:49:25 ID:fE2OAdCM


次の日



エレン「ようミカサ」

ミカサ「エレン!体調は?」

エレン「気合いで治した、そんな長いこと休んでるわけにもいかねーしな」

ミカサ「本当に無理していない?」

エレン「してねーよ」





ライナー「まさか本当に一日で良くなるとはな。よかった」

ベルトルト「ライナー」

ライナー「ん?」

ベルトルト「あのさ、後でちょっと話が──」



15 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:51:15 ID:fE2OAdCM






ライナー「なんだよベルトルト。話って」

ベルトルト「ライナーは戦士なんだよね?」

ライナー「戦士?」

ベルトルト「僕たちの目的は故郷に帰ることだ」

ベルトルト「君も僕もアニも、戦士なんだ」

ライナー「……」ハッ



16 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:52:32 ID:fE2OAdCM





ライナー「ああ」

ライナー「そう、だったな」

ライナー「そうだった」

ベルトルト「僕らは兵士じゃない、エレンたちとは違う」

ライナー「そんなこと知ってる、知っているんだ」

ベルトルト「だったらあんまり馴れ合わない方がいい」

ライナー「ああ」

ベルトルト「情がわいてくる、忘れないで」

ベルトルト「話はそれだけだから」



17 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:54:38 ID:fE2OAdCM



ベルトルト「……なんか言ったかい?」

ライナー「言った」

ベルトルト「ライナー!僕たちは」アセアセ

ライナー「わかってる」

ライナー「でも放っておけないんだ、あいつらバカだから、何起こすかわからんしな」

ベルトルト「……良いよもう」ハァ

ベルトルト「だけど自分の目的は何かを忘れないでくれ」

ライナー「わかった。すまない、ベルトルト」



ベルトルト(本当は良くないよ、全然良くない)



18 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:56:20 ID:fE2OAdCM


ある日 食堂



アルミン「痛っ」

ライナー「どうした?」

アルミン「あはは……さっきの座学の時間に紙で指切っちゃってさ」

ライナー「どれ、見せてみろ」

アルミン「う、うん」スッ

ライナー「ぱっくりやっちまってるな」

アルミン「マヌケだなぁ僕」アハハ

ライナー「何言ってるんだ、誰でも一回はしてる。俺も指切ったことあるしな」

アルミン「ライナーは優しいんだね」



19 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:57:20 ID:fE2OAdCM



ライナー「そういえば良い薬あったな」

アルミン「え?」キョトン

ライナー「治りが早くなる薬、たぶん寮にあるから後でやるよ」

アルミン「いいの?」

ライナー「むしろこういう時に使うもんだと思うが」

アルミン「ありがとう!」ニコッ



アルミン(ライナーは頼りになるなぁ)

ベルトルト(……)



20 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 21:58:34 ID:fE2OAdCM


またある日 男子寮にて



コニー「全っ然わかんね、アルミンが羨ましいぜ……」ハァ

アルミン「どうしたの?」

コニー「座学だよ!俺バカだから全然頭に入んねーんだよ」

エレン「俺も今回のところはちょっと分からないところがあったな」

ライナー「そうか?俺は意外と理解できた」

コニー「すげーなライナー。ベルトルトはどうだ?」

ベルトルト「僕も、まあ理解はできたかな」

コニー「うわーなんでみんな分かるんだよ」



21 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:02:20 ID:fE2OAdCM





ライナー「なあここでちょっと提案なんだが」

コニー「なんだなんだ?」

ライナー「次の休みにみんなで勉強しないか?なんなら女子たちも誘って」

アルミン「あっ、それいいかもね」

エレン「だな」

コニー「げっ、休みの日まで勉強すんのかよ!?」アセアセ

アルミン「いいじゃないかコニー。分からないんだろ?」

コニー「まあそうなんだけどさ、……よし!たまにはするか」

ライナー「決まりだな」



22 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:04:21 ID:fE2OAdCM





ライナー「エレンはミカサを、アルミンはクリスタとユミルを、コニーはサシャを誘ってくれないか」

ライナー「俺とベルトルトはアニと、ここにはいないジャンとマルコを誘ってみる」

ベルトルト「……」

ライ・ベル以外「了解」



エレン(兄貴みたいだ)

アルミン(頼れるなぁ)

コニー(兄ちゃんみてー)

ベルトルト(……)



23 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:05:33 ID:fE2OAdCM


休日



アルミン「とりあえず全員集まったみたいだね」

ライナー「すまん、アニには断られた」

クリスタ「ユミルも用事があるから行けないって」ショボン

アルミン「じゃあアニとユミル以外は揃ったってことかな」

ライナー「そうみたいだ」

コニー「さっさと始めようぜ」

アルミン「そうだね、じゃあ最初はエレンが分からないって言ってたところから始めようか」



24 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:06:25 ID:fE2OAdCM



ライナー「俺もできる限りアルミンをサポートする。言い出しっぺだしな」

ミカサ「私も、エレンに教えるのを手伝う」

マルコ「僕も手伝うよ」

アルミン「ありがとう三人とも、じゃあまず最初に──」



25 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:08:56 ID:fE2OAdCM


夕方



アルミン「よし!ここまでかな、みんな理解できた?」

クリスタ「うん!すごく分かりやすかったよ」ニコッ

ジャン「マルコのが一番わかりやすかったな」フッ

コニー「ああ、バカな俺でも理解できたぜ!」

サシャ「すごいです!私も理解できました」

エレン「教官よりもわかりやすいんじゃねぇか、これ」ボーゼン

アルミン「よかった、手伝ってくれたみんなもありがとう」

ライナー「お疲れアルミン、俺が言い出したのに悪かったな」

アルミン「僕は楽しかったよ、復習もできたし」



26 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:10:40 ID:fE2OAdCM





ライナー「アルミンの優等生ぶりもそこまでくると、素直に尊敬できる」

アルミン「僕はライナーの方が尊敬できるしされていると思うよ?」

ライナー「そうか?照れるな」テレッ



アルミン(今日話が脱線したときとか、戻してくれたのはライナーだった)

アルミン(エレンとジャンが喧嘩して、雰囲気が悪くなったとき場をまた盛り上げたのもライナーだった)



アルミン(やっぱりライナーはすごい)



27 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:12:03 ID:fE2OAdCM


またまたある日 訓練場にて



ライナー「対人格闘術か、誰と組もうか」キョロキョロ

ベルトルト「今日は僕と組もうよ」スタスタ

ライナー「ベルトルトか。友達だからといって手加減しないからな?」

ベルトルト「……」

ベルトルト「ライナー」



ベルトルト「解散式まであと一ヶ月だよね?」



35 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:56:58 ID:fE2OAdCM



ライナー「?そりゃそうだろう、今まで長かった。これでやっと俺たちも兵士に」

ベルトルト「ライナー」ガシッ

ライナー「なんだよベルトルト、今日は妙に俺の名前を呼んでるじゃないか、それにそんな顔近付けて、気色悪いぞ!」

ベルトルト「僕たちは、故郷に帰るんだ」

ベルトルト「どんな手を使っても、帰るんだ」

ベルトルト「ライナー君は、兵士じゃない。戦士なんだ」



ライナー「……!」ハッ



36 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 22:59:37 ID:fE2OAdCM





ライナー「そうだった」

ライナー「俺は戦士だった、今でも変わらない」

ライナー「故郷に帰るんだ」



ライナー(何を考えているんだ俺は)

ライナー(兵士に、なんてそんなバカなことを)

ライナー(ここにいる同期だって、いつかは殺さないといけない相手だ)

ライナー(……)



37 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:01:11 ID:fE2OAdCM





ベルトルト「あともう少しじゃないか、頑張ろう」

ライナー「ああ、……わかってるさ」

ベルトルト「そっか」

ベルトルト「じゃあ最初に僕がならず者をするよ」



ベルトルト(あれだけ注意したのに)

ベルトルト(僕みたいに、自分の意志をなくせばライナーはこんなことにはならなかったのに)



38 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:03:04 ID:fE2OAdCM


次の日 食堂



ライナー「……」ボーッ



コニー「なんかライナーの様子おかしくねーか」

サシャ「そうですね。今日の立体起動の訓練でも珍しくミスしていましたし」

サシャ「どうしたんでしょう。心配です」パクッ

コニー「なあサシャ」

サシャ「なんですか?」モグモグ

コニー「今俺のパンをとっただろ、返せよ」

サシャ「もう口の中です」パクッ

コニー「ああああ!?」



ライナー「……」ボーッ

ベルトルト「……」



39 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:04:50 ID:fE2OAdCM





エレン「ライナー」スタスタ

ライナー「……」

エレン「ライナー?」

ライナー「…………」

アルミン「ライナー……?」



エレン「おいベルトルト」



40 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:05:52 ID:fE2OAdCM



ベルトルト「なに?」

エレン「ライナーの様子がおかしいんだが」

アルミン「ベルトルトは何か知らない?」

ベルトルト「えっと」



ベルトルト「訓練で失敗したから落ち込んでるんじゃないかな」



41 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:07:24 ID:fE2OAdCM





ライナー「……普通本人がいる前でそういうこと話すか?」ハァ

エレン「やっと喋った!だってお前、話しかけても反応なかったから仕方ねぇだろ」

ライナー「話かけた?」

アルミン「うん、あのねライナー。今日の訓練で失敗したこと気にしない方がいいよ?」

アルミン「僕だって体力ないからいつも失敗しているようなものだし」シュン

ライナー「……心配してくれるのか?」

ライナー(こんな俺を)



42 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:08:34 ID:fE2OAdCM



アルミン「当たり前だよ、ライナーも僕が少し怪我をしたとき心配して薬までくれたじゃないか」

エレン「俺も風邪ひいた時、ライナーに止められなかったらそのまま悪化してたかもしれない」

エレン「だからそんなライナーが落ち込んでるなんて放っておけないだろ」ニコッ

ライナー「二人とも……」



ライナー(なんなんだ)

ライナー(本当になんなんだよ、これは)

ライナー(なんで)



ライナー(お前らはそんな良い奴なんだよ……!)ギリッ



43 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:10:29 ID:fE2OAdCM





ライナー「……」ガタッ

エレン「!きゅうに立ち上がってどうした?」ビクッ

ライナー「二人とも、ありがとう」

ライナー「ちょっと外の空気吸ってくる」

アルミン「え?うん、いってらっしゃい」オロオロ

ライナー「おう」



ベルトルト(……)



44 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:13:37 ID:fE2OAdCM





コニー「あれ、ライナーの奴どこいったんだ?」スタスタ

エレン「外の空気を吸いに行くんだと」

サシャ「夜ご飯ほとんど余ってるじゃないですか、食べていいですか?」スタスタ

コニー「サシャさっき俺の分まで食べてただろ」

サシャ「あはは……すいません」

コニー「はぁ、俺外にいってライナーにパンだけ渡してくる」スッ

コニー「二口くらいしか食べてない、これじゃ明日に響く」

アルミン「じゃあ僕も」

コニー「アルミンはまだ食べ終わってねぇだろ、俺が行くから」



45 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:15:06 ID:fE2OAdCM



アルミン「わかった、頼んだよコニー」ポンッ

アルミン(不安だけど)

エレン「余計なこと言って更に凹ますなよ?」

コニー「ジャンじゃあるまいし大丈夫だ」

コニー「行ってくる」スタスタ

サシャ「結局行くんですか?ライナーのこと頼みましたよ」パクッ

エレン「そう言いながらやっぱお前は食うんだな……」ハァ



46 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:16:37 ID:fE2OAdCM






コニー(お、後ろ姿発見)



コニー「ライナー」ポンッ

ライナー「!?」

ライナー「なんだコニーか、驚かせるな」アセアセ

コニー「悪い悪い」

ライナー「……」

コニー「……」



47 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:18:32 ID:fE2OAdCM





ライナー「なんでお前はここに来たんだ」

コニー「そりゃ、これやるためだ」ヒョイ

ライナー「パンか」スッ

コニー「全然食べてなかっただろ、そんくらいは食べといた方がいいと思うぜ」

ライナー「すまない。……懐かしい」

コニー「何が?」キョトン

ライナー「昔、エレンが風邪ひいたときパンを持って行ってやったことを思い出してな」



48 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:19:43 ID:fE2OAdCM



コニー「へぇ、そんなことがあったのか」

ライナー「ああ」

コニー「……」

ライナー「……」



ライナー「お前も、心配してくれてるのか」

コニー「は?当たり前だ、俺だけじゃなくてサシャも心配してたみたいだし」

ライナー「……そうか」ハァ



49 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:21:45 ID:fE2OAdCM





コニー「俺はもう戻るけど、ライナーはどうするんだ?」

ライナー「俺はもう少しここにいる」

コニー「わかった」

コニー「元気出せよ」ニッ

ライナー「ああ」

コニー「また後でな」スタスタ



ライナー(もう、ダメだ)

ライナー(お前らは知らないだろう)

ライナー「その優しさが俺を追い詰めていってることなんて」グッ



50 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:23:10 ID:fE2OAdCM





ライナー「解散式なんか、したくない」ボソッ

ライナー「ずっとこのまま」

ライナー「いられたら」



ライナー(……そんなこと考えるなんて俺も相当きてるな)

ライナー(優しすぎるんだアイツらは)

ライナー(バカな奴らで)



ライナー「三年も、一緒にいたんだよな」ボーッ



51 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:24:26 ID:fE2OAdCM


次の日



ライナー「昨日はありがとう、すまなかった」ペコッ

エレン「礼を言われることも、謝られることもしてねぇけど」

アルミン「もう大丈夫?」

ミカサ「ライナーが去った後、エレンが更に心配していた」

ライナー「迷惑かけた」

ライナー「お前らのおかげで立ち直ることができた」

アルミン「ライナーの役に立ててよかったよ」ニコッ

エレン「何かあったら俺たちに相談してもいいんだぞ」

アルミン「うん、ライナーはみんなの信頼を得てるから」

アルミン「みんなは喜んでライナーの相談なら乗ると思う」



52 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:26:14 ID:fE2OAdCM



ライナー「そう、か」

ライナー「ありがたいな本当に……」ハハハ



ベルトルト(……)

ベルトルト(もうこれ以上追い詰めたら)

ベルトルト(ライナーが壊れてしまう)

ベルトルト(いや、もう昔から壊れているのかもしれない)

ベルトルト(あれだけ一緒にいたんだ、情がわいたんだろう)

ベルトルト(そんな状態で、まともな精神でやっていけるわけがないのかもしれない)



54 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:27:42 ID:fE2OAdCM


休憩時間



クリスタ「あれ?ライナーとベルトルト」スタスタ

ライナー「クリスタか、あとユミルも」チラッ

クリスタ「ライナー、昨日は少し元気がなかったよね?大丈夫?」

ライナー「もう大丈夫だ」

クリスタ「本当?よかったぁ」パァ



57 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:29:18 ID:fE2OAdCM



ユミル「さすが私のクリスタ、こんな奴の心配もするのか」ダキッ

クリスタ「もうユミル!ユミルだって昨日心配そうに見てたの知ってるんだからね」

ユミル「は?何言ってんだよ、んなわけないだろ」パッ

クリスタ「素直じゃないんだから。でも本当によかった……」ジワ

ライナー「……」



ライナー(結婚したい)

ベルトルト(……)



58 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:30:41 ID:fE2OAdCM





ユミル「もういいだろ。行くぞクリスタ」グイッ

クリスタ「あー待ってよ。ユミルってば」

クリスタ「じゃあまた後で、ライナー。ベルトルト」スタスタ

ライナー「おう」

ベルトルト「またね」フリフリ



ライナー「……」

ベルトルト「ライナー」



59 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:32:08 ID:fE2OAdCM





ライナー「なんだ?」

ベルトルト「故郷に、帰ろう」

ライナー「!……もちろん」

ライナー「そのつもりだ」

ベルトルト「ならいいんだ」



ライナー「だけど」

ライナー「あともうちょっとだけ仲良くしても許されるだろうか?」ボソッ

ベルトルト「……僕に聞かないで」

ライナー「そうだな、すまん」



60 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:33:57 ID:fE2OAdCM





ライナー「いつかは敵対しなくちゃいけない相手だ」

ライナー「でもみんな良い奴なんだ」

ライナー「くそが」ガンッ



ベルトルト「ライナー……」

ライナー「っ……くそ」



ライナー(あともう少しだけ)

ライナー(バカなことをやっていたい)

ライナー(敵対したその時は、容赦はしないからいいだろ?)



61 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:37:44 ID:fE2OAdCM





ベルトルト「……僕たちも戻ろう、休憩時間がもう終わるよ」スタスタ

ライナー「わかった」

ベルトルト「ライナー頑張ろう、……僕たちは戦士だろう?」

ライナー「ああ……!」



ライナー「もう少ししたら、こんな偽物だけれど輝いていた日常を、壊さなければいけないんだ」

ライナー「それでも仲良くしたいなんて」



ライナー「俺は、最低な野郎だな」ボソッ







62 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:39:52 ID:fE2OAdCM


これで終わりです。
ありがとうございました。

前作に
ユミル「友達って、いいな」
というのを書いてます。
よかったらこっちもどうぞ。



65 : 以下、名無しが深夜にお送りします 2013/07/04(木) 23:43:09 ID:RNHB6fac


乙乙
11かそこらで壁壊させられて、滅ぼすべき奴らと3年も一緒に生活させられて、
しかもいい奴らばっかりで…って、そりゃ精神おかしくもなるわな
つらい




元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1372940038/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP