PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:19:42.93 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「ううむ・・・これは想定外。」

スネイプ「仮にその娘をリリー2としよう。もしも今の関係が続けば」

ハリー『彼はお父さんが子供の頃ずっとお父さんをいじめていた酷い先生だよ』
リリー2『スネイプ先生きらーい!』


スネイプ「・・・大して計画に問題もでまい。たまにはポッターにも優しくしてやるか。」


3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:28:48.24 ID:QNIh0/dD0

ーーーー朝・廊下

スネイプ(結局昨日はリリー2の事が気になって眠れなかった)ゲッソリ

スネイプ「小腹も空いた。講堂へ向かうか・・・」スタスタ


ハリー「あっ」バッタリ

スネイプ(っ!?)

ハリー「チッ・・・おはようございます「先生」。今日は「いつもよりもっと」顔のホリが深いですね。」

スネイプ(クソ・・・やはり憎きジェームズの血を色濃く継いでいるな・・・減点してやりたい)


リリー2『スネイプ先生きらーい!』


スネイプ(・・・ぐぬぬ)


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:31:15.46 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「・・・教師の変化に聡く気付くとは。なかなかに聡明だな?ポッター」

ハリー(何だ?嫌味か?)「・・・ありがとうございます」

スネイプ「・・・グリフィンドール。5点やろう。」

ハリー「えっ」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:35:58.31 ID:QNIh0/dD0

ハリー(グリフィンドールに加点!?あの、油髪でワカメ頭でへなへなヘアースタイルのスネイプが!?)

ハリー「えーと・・・僕の聞き違いでしょうか?今グリフィンドールに5点・・・」

スネイプ「我が輩に同じ事を二度言わせる気か?5点やろう、と言ったのだ」


ハリー(な、なんだってー!?)


スネイプ「それよりポッター、そろそろ集会の時間だぞ。我が輩とて朝食を撮り損ねたくは無いのでな。失礼する」スタスタ


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:41:50.66 ID:QNIh0/dD0

ーーーー別の廊下


スネイプ(ああ、やってしまった。なんたる事だ。だが、これもリリー2のため・・・)ガゴンガゴン


フレッド「スネイプの奴、さっきから壁に向かって歩いてるぜ」

ジョージ「親父からくすねた「ビデオ・キャメラ」で録画しとこうぜ!」

フレッド「テープ、テープ・・・この「デカ尻ブロンド娘12時間」ってのでいいか」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 11:46:45.38 ID:k6Yd3vBP0

ホグワーツじゃヴィデオ・キャメラは使えないんじゃないか


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[誰も書いてくれ無い] 2012/07/05(木) 13:28:04.51 ID:QNIh0/dD0

ジョージ「おい、>>14らしいぜ」

フレッド「我らがW・W・W(仮)のキャメラだぜ?擬似透明マントアーンドパッと見猿のおもちゃ、な特別仕様だ」

ジョージ「父さんとダンブルドアには内緒だぜ?」



24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 13:32:59.42 ID:QNIh0/dD0

ーーーー講堂

ハリー「・・・って事があったんだよ」

ロン「おっどろきー。あの髪質最悪のスネイプがグリフィンドールに?ハリー君、朝中夢でも見たんじゃないの?」

ハーマイオニー「お言葉だけどロン、それを言うなら白昼夢でしょ?」

ロン「朝見たんだから朝中夢でもいいだろ。・・・それで?どうだったって?」


ハリー「本当に5点増えてた」

ハーマイオニー「ロンったら・・・。でも、あのスネイプが私たち、それもハリーに加点するなんて。何を企んでるのかしら」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 13:35:57.00 ID:BYm/1jG4O

下心ありすぎワロチ


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 13:37:21.17 ID:IfrwulDG0

ハリー君…?


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 16:04:25.81 ID:EY8r6Pqk0

>>27
その「君」は「くん」ではなく「きみ」と読む


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ハリー「きみ」、朝中夢でも~] 2012/07/05(木) 13:41:23.53 ID:QNIh0/dD0

ーーーー地下牢講堂


スネイプ「ではこれより魔法薬学の授業を開始する・・・アー、ポッター。そのボロ鍋では使いにくかろう。我が輩の鍋を貸してやる」

ザワザワ
エーナニドーユーコト
アノスネイプガ!?
アリエンフォイ・・・
トロールデモフルノカナ
イショカイトクカ

ハリー「えっ、あ、あー、ありがとう。ございます先生」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 13:47:38.94 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「静かに。貴様らはほんの45分落ち着いて授業も受けられんのか?」

スネイプ「あと、鍋に関しては平等な環境で評価せねば我が輩がダンブルドア校長に叱責されるから貸し与えたまでだ。
貴様も勘違いするなよポッター」

ハリー「はい、先生」

ハンナ「でも、先生の鍋は大きくて補助魔法が掛かっています。不公平じゃありませんか?」


スネイプ「我が輩の遣り方に異を唱えると?偉くなったものだなアボット。ハッフルパフ10点限定版」


ザワザワ
ザワザワ


マルフォイ「訳がわからんフォイ」


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 13:56:49.54 ID:QNIh0/dD0

ーーーーその夜

ハリー「スネイプ先生はお父さんにとても良くしてくれた恩師なんだよ」
リリー2「スネイプ先生大好きー!」

ロン「ちょっとまてよ!そいつはハリーとフォイばっかり贔屓して僕らを虐げたゴミティーチャーなんだぞ!」
ハーマイオニー「私なんかマグル生まれってだけで授業でも差別されたわ」

リリー2「やっぱりスネイプ嫌い」

スネイプ「ぬおおおおお!」ガバッ

スネイプ「ハア、ハア、」

スネイプ「・・・悪夢か」

スネイプ「我が輩とした事が彼奴らも近しい存在だと言う事を忘れていた」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:01:20.19 ID:QNIh0/dD0

ーーーー翌日、地下牢講堂

スネイプ「・・・えー、ではこの魔法構造式を説明出来る者は?」

スネイプ(ううむ、やはりグレンジャーだけか)

スネイプ(・・・クッ!リリー2のため、リリー2のため!!)


ハーマイオニー(肩が疲れて来た。どうせ当ててもらえ無いんでしょうね)


スネイプ「ではグレンジャー。前に出て」


ハーマイオニー「えっ」

スネイプ「わかるのだろう?前に出て是非とも解いて頂きたい」

ハーマイオニー「は、はい、『ドビー2+悪い子=壁ドン』です」


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:04:21.67 ID:IfrwulDG0

こんなもんわかるか


38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:05:15.10 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「うむ、だが正確ではないな」

ハーマイオニー「えっ・・・あっ!」

スネイプ「正しくは『ドビー+悪い子+ドビー=壁ドン』だ。発展した物に『ハリーポッター+アバダゲ=ハリーポッターに手を出すな!』がある。戻ってよろしい」


ハーマイオニー「は、はい」シュン

スネイプ(!!)

スネイプ「だ、だがクラスで唯一と言うのは評価に値する。単元が一つ進んだ。この功績にグリフィンドール、10点やろう」


ハーマイオニー「えっ!」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:07:56.99 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「あー、あと、グレンジャーの出自をとやかく言うものが居るらしいが」

スネイプ「グレンジャーは現に優秀な成績を修めて居る。また、生まれと魔力の因果関係などアテにならん。と言う説がある事も紹介しておこう」


ハーマイオニー「・・・どうなってるの」


マルフォイ「さっぱりフォイ」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:11:57.53 ID:QNIh0/dD0

ーーーー談話室

ハーマイオニー「絶対何か企んでるわ!だって聞いた!?生まれと魔力は・・・その、ほら」

ロン「関係無いって?」

ハーマイオニー「そう!それよ!あのゴキの触覚束ねたような髪質のスネイプが・・・」

ロン「うーん、とりあえずシリウスに相談して見れば?」

ハリー「それが、シリウスは今日本のアキハバラに身をひそめているらしくて。フクロウが届かないんだよ」


ロン「あー、日本には暖炉無いもんなー」


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:15:03.69 ID:QNIh0/dD0

ーーーー職員室


スネイプ「突然すみませんな。フリットウィック先生」

フリットウィック「いえいえ、お気になさらさず。はい出来ましたよ、胃薬の葉です」

スネイプ「助かりました。最近ストレスが溜まっておりましてな」






そして数ヶ月が経ち


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:17:39.13 ID:QNIh0/dD0

ーーーー講堂

ダンブルドア「では、ここに三大魔法学校対抗試合の開催を宣言する!!」


ワーワー
ヒューヒュー
パチパチパチパチ
フォーーイ
ウオオオオオオ


スネイプ「・・・」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:20:41.61 ID:QNIh0/dD0

第一の課題

ーーーーコロシアム横

スネイプ「・・・よし」コソコソ

スネイプ「ここに箒を埋めておけばヤツが死ぬ事もあるまい。誓いのためにもリリー2の為にも生きていて貰わねば」

ーーーー当日

ハリー「アクシオ!ファイアボル

箒「!」ズボッ

ハリー「うわああああああ!生えて来た!!」



ハリー、勝ち抜け


46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:22:26.54 ID:PZ3MEQd+0

スネイプ紳士すぎだろ


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:23:56.69 ID:QNIh0/dD0

第二の課題

ーーーー談話室前

ハリー「なんだこの昆布、メモが付いてるな「ネビルに聞け」か」


ネビル「やあハリー!ムーディ先生が魔法薬草図鑑をくれたんだ!」

ハリー「この昆布調べて貰える?」

ネビル「鰓こんぶだ!!!!」

ーーーー当日

ハリー「マーピープルが失神してる・・・」


ハリー、勝ち抜け


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:32:56.44 ID:QNIh0/dD0

第三の課題

ーーーー試合前日

スネイプ「ええい鬱陶しい。ステューピファイ!」

スネイプ「ここにはメモを・・・」


スネイプ「我が輩マジグレートティーチャー」




50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:34:14.46 ID:QNIh0/dD0


ーーーー当日

ハリー「よーし、迷路だな・・・ってうわあ!」


ハリー「トロフィーに一直線の道が出来てる・・・あっ」


ゴゴゴゴ


スフィンクス「聞いてたのより早いがちょっと待てい!常に変装して生活していて、秘密の仕事をしていて、ウソしか言わない虫なーんだ?」


ハリー「何それしらん」

ハリー「ん?木陰にメモが」

「スパイダー」


ハリー「スパイだああああああ」

スフィンクス「のわー」


ハリー「圧倒的速さでトロフィーゲッうわああああ」ガシッ


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:39:09.68 ID:QNIh0/dD0

ーーーーリドル墓地
ハリー「なんだここは?トロフィーが移動キーだったのか?」


ピーター「来たな、ハリー。」

ハリー「お前はピーター・ペティグリュー!!」



54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:41:41.76 ID:QNIh0/dD0

ーーーー儀式後

ヴォルデモート「ワームテール、腕を」

ピーター「は、はい・・・ぎゃあああああああああ」


ヴォルデモート「これでかの同胞たちに、俺様の復活が知らされた」

バフっ
バフっ
.
.
.


ヴォルデモート「よくぞ集まったわが同胞よ」


???「そこまでだ!」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:45:52.13 ID:QNIh0/dD0

ルシウス「な、なんだテメェは!?」

???「問答無用!死ね!」ビビビビビビビビビ

ルシウス「ぎゃあああああああああああ」ドカーン

ハリー「・・・えっと、あの・・・」

???「ポートキーへ走れ!まだ繋がっているはずだ!」

ハリー「は、はい!」

???「さあ行け!安全なホグワーツへ!」

幼馴染「うん!ありがとう変な人!!」


バフっ


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:55:29.38 ID:QNIh0/dD0

死喰人「な、なんだこいつ!逃げろ!」


シュウウウウウ



ヴォルデモート「・・・セブルス、何のつもりだ?」


バサッ


スネイプ「・・・恐れながらわが君。今宵の目的は闇の帝王、及び御身の復活。その目的は果たされました」

ヴォルデモート「だが、貴様のせいで奴を仕留め損ねた。貴様は神聖な決闘を穢したのだ」



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 14:59:50.18 ID:QNIh0/dD0


スネイプ「ご熟考下さいわが君。予言の時は遥かに先。それに、あのままではダンブルドア改め校長クラスが三人、こちらへ来る恐れもありました。
ダームストラングのあの男が裏切ったのをお忘れか?奴も闇の印は持っておりますゆえ。」

ヴォルデモート「あの男にそのような度胸はない!」


スネイプ「・・・事は、万全を期し、億全以上の状況で遂行されるべきかと」


ヴォルデモート「なるほど?つまり、貴様は「復活したての俺様では奴等に敵わぬ」と?その上での行動だと?」


スネイプ「恐れながら」


ヴォルデモート「・・・ふん。まあ良かろう。してセブルス。今後も俺様の為奴らを監視し、情報を流し、ダンブルドアへの斥候ー続けると、俺様への忠誠を捧げ続けると誓うか?」

スネイプ「仰せの様に」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:04:13.15 ID:QNIh0/dD0

ーーーーホグワーツ


ハリー「はあ・・・はあ・・・」

ダンブルドア「どうしたハリー!?何があったのじゃ!?」

ハリー「ぴ、ピーターがっ・・・!僕の僕の血で!儀式をしたんだ!奴が!」

ダンブルドア「良い、良い、落ち着くのじゃハリー」



ハリー「ヴォルデモートが帰ってきたんだ!」


ザワザワ
ヴォルデモート?
アノ?
エーウソーキモーイウ″ォルデモートがユルサレルノハエラバレシオトコノコダケダヨネ



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:05:47.46 ID:QNIh0/dD0

ダンブルドア「マッドアイ、この子を保健室へ」





まあなんやかんやあって


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:10:16.26 ID:QNIh0/dD0

ーーーームーディの部屋

クラウチjr「あの小僧に図鑑をやったのは!エラこんぶを与えたのは!他の選手ー錯乱させお前を優勝させたのは!」


クラウチjr「すべて俺だ!この俺が闇の帝王の為にやったんだ!」


マクゴナガル「そこまでですマッドアイ。いえMr.クラウチ」


スネイプ「ポリジュース薬をくすねて居たのは」チラッ

ハリー「・・・」ポカーン

スネイプ「彼らではなくあなただったようですな」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:13:29.80 ID:QNIh0/dD0

ダンブルドア「本物のマッドアイはカバンの中におったよ」




バーティ・クラウチ・Jr逮捕




ーーーー保健室

ダンブルドア「ではマダム、頼みましたぞ」
マクゴナガル「では我々はこれで」


スネイプ「・・・我が輩はポッターに私用がありますので。あとから遅れて剛力します」


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:16:27.06 ID:QNIh0/dD0

スネイプ「・・・ポッター」


ハリー「・・・なんですか、先生」

ロン「ハリーは怪我してるのでイジワルはしないで下さいよ」


スネイプ「ウィーズリー達も居たのか。貴様らは何処にでも湧くな」

ハーマイオニー「で!要件はなんなんですか「先生」!?」


スネイプ「これをくれてやる」スッ


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:21:24.73 ID:QNIh0/dD0

>>69剛力→合流


ハーマイオニー「巨大なカエルチョコレート?」

スネイプ「違うな。魔法薬学の観点から調合した「食用ウシガエルチョコレート」だ。精神の安定と裂傷の回復を促す」


ロン「」パクパク
ハーマイオニー「ロン、間抜けヅラはやめて」


ハリー「なぜこれを僕に?」


スネイプ「薬学教師が薬を処方して悪いかね?自分の基準でばかり他者を図ろうとする傲慢さは誰に似たのか」

スネイプ「まあよい、我が輩は会議があるのでこれで失礼する。」スタスタ



74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:22:29.55 ID:QNIh0/dD0

これ今日中に死の秘宝まで終わらすの無理な気がする


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/07/05(木) 15:29:14.07 ID:+ZDjYmNS0

死の秘宝まで行くつもりだったのかww


83 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:53:45.04 ID:QNIh0/dD0

>>76
死の秘宝の後日談でスネイプがハリーに「娘さんを下さい」しに行く展開にしようと最初は考えてたけど話へんな方向に膨らませ過ぎた
失敗失敗


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:33:45.12 ID:QNIh0/dD0

ーーーーキングズクロス駅


ハリー「とりあえず、叔父さんのうちは絶対安全らしいし、帰る事にするよ」

ロン「ああ、気をつけてな。また来年」

ハリー「うん、ハーマイオニーも」

ハーマイオニー「じゃあね、ハリー。いざという時の為にも杖は肌身離さず持っててね」


ハリー「ありがとう。ところでさ」

ゲコゲコゲコゲコ

ハリー「これ、何匹かいらない?」




79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:34:31.51 ID:QNIh0/dD0

ロン「いらないよ!なんで増えてるんだよ!」

ハリー「卵産んで増殖したみたいだ。早く平らげれば良かった。ハーマイオニーは?いらない?」

ハーマイオニー「・・・遠慮しとく」


ハリー「じゃあシリウスにでもあげるかな・・・おっと。もう行かなくちゃ」

ハリー「じゃあね」


ハリー・ポッターと炎のツンデレ教師・完


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:35:28.02 ID:QNIh0/dD0

ハリーポッターと不死鳥のワカメ頭
ハリーポッターと謎のスニベルス
ハリーポッターと死のセブルス・スネイプ

はまたそのうちに


81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 15:40:20.66 ID:kIFyRMK30

プリンスくらいプリンスにしてあげてもいいと思うの


89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/07/05(木) 16:39:04.48 ID:gtDXectC0

謎のスニベルスってそれただのスネイプじゃねーかwww



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341454782/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP