PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 09:25:05.09 ID:K8195GEoO


幼女「き、きさまのこうげきはもうきかぬ!」

男「ほぅ」スススス

幼女「やっ、へひゃふ!やぁん」

男「降参する?」

幼女「はぁ、はぁ、もぅ、きかぬ!」

男「そーれい」ショショショ

幼女「みゃ、ひぃ!ずるい!ずるい!」

男「そこに座って静かにするなら、おやつにしよう」

幼女「ずるい!ばか!おやつ!」

男「はいはい、わかったからそっち座りなさい」

幼女(チッ…だが今だけだぞ、いずれは貴様も我が物だ)

男「手を洗ってこないと、おやつが出たくないってさ」

幼女「あらってくる!」



13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 09:42:18.59 ID:K8195GEoO


幼女「かくご!」

男「ほぁた」ツンツンツン

幼女「ぴゃ」

男「アタタタタァ」ツツツツツツ

幼女「みゃあぁ、ぁっ、ぁぁ!」

男「お前はもう、今日のおやつを食べている」

幼女(ふふ、そんなもの口実!紅潮した艶幼女を見て興奮するがいい!)

男「暴れるから髪がくしゃくしゃじゃないか」

幼女(効いて…ない…だと…?)

男「仕方ない、膝に座りなさい。とかすから」

幼女(ククク、やはり私の色香には勝てぬようだな!)



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 09:53:07.10 ID:K8195GEoO


幼女(幼女の柔らかな尻肉、その感触で堕ちよ!)グリグリ

男「こら、動くんじゃないよ」

幼女(ば、バカな…!?なぜこいつはここまで冷静に)

男「可愛いんだからキレイにしてた方が素敵なんだぞ?」

幼女「!!」ドクンッ

男「おっきくなったら、言わなくても気を使うだろうけどね」

幼女「お、おぼえたぞ…今の、口撃…」ドキドキ



21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 10:06:04.66 ID:K8195GEoO


幼女「ねぇ」

男「どしたの」

幼女「…ちゅー、して?」

男「はいはい」チュッ

幼女(なっ…頭だと!?デコでもほっぺでもなく、頭にッ!?)

男「どうした、いきなりチューだなんて」

幼女(まさか…こいつ「ド」ノーマルなのかっ!?なら、今まで気をひこうなど考えてたのは全部…)
幼女「あのね!ちゅー!くちに」

男「ファーストキスは…おっきくなったら、その時しなさい」

幼女「ばかっ!」

男「あれ?どこ行くの?」





幼女「クソッ!クソッ!こんな、こんな攻撃…覚えたくない!」



26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 10:20:29.11 ID:K8195GEoO


男「おーい、もう暗いから帰るよー」

幼女「やだ!ばーか!」

男「ばかって言っちゃだめでしょうが…ほら、降りて?」

幼女「やぁだ!おとこなんかきらい!ばか!」

男「あぁ、嫌いでいいから降りてよ」

幼女(貴様はッ…この私を何だと思ってる!嫌いな訳なかろうが!馬鹿め!本当に馬鹿な男よ!)

男「…泣いてたの?ほら、拭いてあげるからこっち来て」

幼女(私を愛さない男なぞ要らぬわ!さっさと消えてしまえ!)



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 10:23:44.89 ID:K8195GEoO


男「よいしょ…さて、じゃあ帰りたくなるおまじないをしようか」

幼女(我が身が子供である事、こんなにも辛いなど…)



チュッ



幼女「っ…!?」

男「僕らは大人と子供なんだから、ノーカウントにしとこうね」

幼女「…だっこ」

男「はいはい…もう、目が真っ赤じゃないか」






幼女(…覚えた、覚えたぞ貴様の味!貴様の柔らかさ!フハハハハハ!)



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 10:38:55.18 ID:K8195GEoO


幼女「おぼえているぞ!」チャッチャッ

男「ピーマンだけ残すんじゃありません、ほらアーンして」スッ

パクッ

幼女「おぼえているぞ!」ペッ

男「まったくもう…誰だよこんな言葉教えたの…」

幼女(くっ…身体が反応してしまう、しかしアーンされたら…食べたい!)

男「いっそ鳥みたく、咀嚼して流し込むかな…」

幼女(むっ、むしろ来い!この機会に我が全霊の舌技を…)

男「でも、吹き出されたらイヤだし無いなぁ…ほら、ちゃんと食べて!」

幼女「おぼえている!」ペッ



63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 16:35:37.69 ID:K8195GEoO


幼女(これは…そうか、ただの誘惑なら効かぬがコレなら!)




幼女「ますたー、ますたー、ねぎちょうだい」

男「初音ミクだっけ?可愛いな、コスプレ」

幼女(ククク…反応しているな!さぁ主人、その歪んだ欲望を吐き出せ!)

男「長ネギは今ないから、新聞紙丸めて作ろうか」

幼女「ますたー…みくにめいれいして?」

男「じゃあ一緒にネギ作ろう」

幼女(お前いつの時代の人間だ!少しは邪心を芽生えさせろ!)バシバシ

男「こらこら、やめなさい」

幼女「ますたー、みくをあいしてください!」

男「では愛の詰まったおやつにしようか」

幼女「…はい、ますたー」

幼女(難攻不落が過ぎる…この煎餅の塩辛さ、覚えたぞ!今に見ておれ )



66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 16:43:47.87 ID:K8195GEoO


幼母「おかえりなさい、またご馳走になっちゃったのね?」

幼女「…おとこはわたしがすきだから、とうぜんなの」

幼母「んー、今度一緒にお礼しに行かないとね」

幼女「…うん」

幼女(そうだ、次はお礼に『私を好きにして!』なんて…いや、あまり直接的だと警戒心を…)



幼母(この子には感謝かしら?また口実出来ちゃったもの…うふふ)



70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 16:53:54.66 ID:K8195GEoO


幼母「これ食べて下さいね」

男「わぁ、ありがとうございます!後でさっそくいただきます!」

幼母「知ってるわ、うふふ…」

男「僕幼母さんの料理なら何だって好きですし!」

幼母「やだ、そんなに褒めて…うふふ」

幼女(SHIT!幼母め、いい雰囲気醸しおって…そんなのは認めない!断じて!)



72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 17:04:06.42 ID:K8195GEoO


幼女(負ける訳には、いかないのだァーッ!!)

幼母「あっ、ダメでしょう!今日は遊びに来たんじゃないのよ!」

男「あっ、あの…よかったら、幼母さんも…あがって行きます?」

幼母「あらそんな…あ、それじゃさっきのと一緒に何か作るわね」ニコ

男「あっ…あ、ありがとうございます」

幼母(何て良い日かしら!もしかしたら今日中に男ちゃんも…うふふふふ)

幼女(なッ!?これでは全てがあべこべではないか!幼母、貴様は明確に敵となったぞ!)



76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 17:15:50.14 ID:K8195GEoO


幼母「じゃあ台所借りるわね?」

男「あっ、俺も手伝います!」

幼母「あらあら、男ちゃんったら俺だなんて」

男「あっ、あの…」

幼母「でも、いつもと違って新鮮で良いかもね」

男「えっ?いやぁ、そんな…」

幼母「男ちゃんはあの子のこと見ててね?お願い」

男「はいっ!」

幼母(ふふ、可愛いわね。する時はどんな風に…やだ私ったら、今はまだ余裕ある態度とらなきゃ)




男「ほら、静かにするんだぞ!」

幼女「ばか!ばーか!」



79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 17:33:36.52 ID:K8195GEoO


幼女(許せん、幼母もだが…なによりデレデレした男が気に喰わない!)

男「なんだ、今日は不機嫌だな…ほら、折り紙する?」

幼女「…する」

男「じゃあこっちに…おっ?なんだ、折り紙がしたかったのか」

幼女(…貴様に座っていても、何故こんなに心が休まらない!)

男「幼母さんがご飯作ってくれるなんて、本当にラッキーだなぁ…」

幼女(私が居ながら、他の奴の話などするんじゃない!馬鹿!)バシバシ

男「ど、どうしたいきなり?今日は変だなぁ」



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 17:56:51.66 ID:K8195GEoO


幼母「さぁ、いただきましょう」

男「いただきます!」ハムッハフハフッ

幼女「…いただきます」

男「ンまぁ~いっ!美味しいですよ幼母さん!」

幼母「うふふ、多めに作ったからお代わりもしていいのよ」

男「あぁ…でも勿体ないなぁ」

幼母「そんなに美味しかった、なら…明日はウチでご飯食べる?」

男「え!?」
幼女「!!」

男「で、でも…その、あの…」

幼母「別に、近所なんて気にしなくていいの。あの人と別れて欲求不満なのは本当だし」

男「ゴェフッ!ゲホッ、あ、そんな!」

幼母「幼女がいつもお世話になってるから、たまにはいいじゃない?ねぇ」

男「はぁ…」



85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 18:03:56.17 ID:K8195GEoO


幼母「いらっしゃい、さぁ入って」

男「お、お邪魔します」

幼女「…」プイッ

男「あっ…」

幼母「ごめんなさい、昨日からずっとなの」

男「具合悪いんじゃ…ない、ですよね」

幼母「この子ったらご飯はしっかり食べるもの、虫の居所が悪いだけよ」

男「そうですか…」

幼母「さ、あがってあがって…」







幼女「…ばか」



93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 18:33:12.98 ID:K8195GEoO


幼女(…今日ほど、自分の生まれを呪った日は無い)

幼女(なまじ異性なぞ…奴を好きになってしまったばかりに…)

幼女(男にしてみれば、こんな子供より幼母が魅力的なのは当然だ、むしろ正常だ)


幼女(もし幼母と結婚すれば、男は…兄になるのか)

幼女(毎日一緒にすごせる、そして皆が幸福で…幸福…)

幼女「しあわせなものか!おとこは、わたしのものだ!」

幼女「だれにわたしていいものではない!でなければわたしがしあわせではない!」

幼女「わたしは…くしょっ!まけるものか!」

幼女「このくつじょく、ははにおぼえさせてやる!」




98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 18:52:26.89 ID:K8195GEoO


幼母「男ちゃん、お風呂入ったら?」

男「え、いや…今はあまり…」

幼女「はいる!」

幼母「あらあら、悪いけど男ちゃん一緒に入れてあげて?」

男「はぁ…わかりました、はいります…」


幼女(もう、手段などは二の次!お前にこの幼女の味、まずは知ってもらう!)

男「ほら脱いで、バンザーイ」

幼女(さぁ、目に焼き付けろ!この柔らかな曲線ッ!どこを触れても吸い付く肌を!さぁ!)



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 18:58:04.14 ID:K8195GEoO


男「よいしょ」スルッ

幼女「ひゃっ…」

幼女(あぁ…なんと、大きな背中、ひろい胸…そして)

幼女「ちんちん」キュム

男「っ!?何すんだ、放しなさい!」

幼女「わぁ…」グニグニグニ
男「こら止めなさいって!汚いから!」

幼女「おぼえたぞぉ!」グニィ

男「わかったから!放して、早く!」

幼女(ふ、フハハハ!貴様の肉棒…し、しかと!手にしたッ!)

幼女(やはり、今半起ちになった様だし不能ではない!然らばこの身体の味を知れば!)



105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 19:11:30.21 ID:K8195GEoO


男「背中やってあげるから、こっち座って」

幼女「こっち?」ムニュ

男「僕の脚じゃなくてね…」プニィ

幼女(今貴様の脚に当たるは我が初物よ、理性のタガ…外すが良いッ!)

幼女「すべるぅ~」プニュプニュ

男「身体洗ったら遊んでいいから、ちゃんと座るの!」

幼女(くっ…何故反応しないっ!!無力だというのか、私がっ!?)

男「痛かったら言ってね?」

幼女(貴様の鈍さが痛いわ!)



165 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 22:25:39.37 ID:K8195GEoO


幼母「どう?お湯加減は」

男「あ、はい。気持ち良いです」

幼母「そう、じゃあ入っちゃいましょ」ガラッ

男「な!?」
幼女(なん…だと…?)

幼母「だって、沸かし直すとお金かかっちゃうし。節約しなくちゃ」

男「じゃ、あ、あがるんでゆっくり」

幼母「ねぇ男ちゃん、洗いっこしない?」ガシッ

男「だ、だだめですって!」

幼女(クク…幼母、決して好きにはさせんぞ!)



171 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 22:38:02.12 ID:K8195GEoO


幼母「ほら座って…うふふ、痒いところはないかしら?」

男「あの、さっき洗いましたし…」

幼女「わたしもあらってあげる」

幼女(幼母、貴様が洗うのは定石通り背中…そして!動けぬ男の前を洗うは私!この幼女だッ!)

男「はは、もう洗ったんだから大丈…ちょ、また!そこはダメだって!」

幼女「きたないって言ってた!」ワシュワシュ

幼母「あん、動いたらだめよ男ちゃん」ムニュ

男「ご、ごめんなさい!もういいですから!」



177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 22:47:19.71 ID:K8195GEoO


幼母(この子が混ざるなんて予想外だったけど…うふふ、遠慮なく使わせて貰おうかしら)

幼女(フハハハ!硬い、硬いぞ肉棒ッ!このまましごき倒せば堕ちるッ!確実にッ!)

幼女「おぼえたぞぉ!」シュコシュコ

男「だ、だめだったら!」ヒョイ

幼女(えぇい、今一歩だというのに!この体格差で持ち上げなど卑劣ッ!)

幼女「ひれつ!おろせー!」



190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 23:04:35.72 ID:K8195GEoO


幼母「じゃあ…続きは私がしてあげる」ハラリ

男「えっ、え!?えぇぇぇぇえっ!!」ムニュニュウ

幼女(やめろぉぉぉッ!それは私が硬くしたんだッ!卑劣極まるッ!)

男「だめっ、ですよぉ…ッ!」

幼母「あら、私洗ってるだけなのに…えっちな事でも考えちゃったの?」ヌリュヌリュ

幼女「うぁあ!はなせ!おろっ、やぁん!」

幼女(目の前で玩ばれて指をくわえるなどォッ…これは、男の指がっ、乳首っ…ぁっ)

幼女「やぁぁっ…んぅ、ふぁ…」

男「あっ、でっ…うぅ、わぁぁあ!!」チュルン

幼母(逃げられた!)

ザバァァン

男「はぁ、はぁ、はぁ…」

幼女(…い、今の抱擁…覚えた、ぞ…フ、ハァ…)ビクッ



206 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 23:24:55.62 ID:K8195GEoO


幼母(もう、あとちょっとだったのになぁ…)ヘクチッ



男「ん、気がついた?」

幼女(…気を失うなど、初めてだぞ…しかし覚えた、二度はないぞ)

男「湯あたりしちゃうなんて、出たかったら言って良いんだぞ?」

幼女「…すきなの」

男「そっか。でも危ないし、長風呂はおっきくなってから…ね」

幼女(馬鹿者がッ!せっかくの『ひざ枕姿勢で告白』という場面だぞ!?)

男「はぁ…なんかすごい疲れたな、帰ろうかな…」

幼女「…やだ」

男「もう。本当にわがままだなぁ…じゃあちょっと、このまま…寝ちゃおう…」

幼女(…貴様はなまくらのくせに、酷く私を弄び…痕を残す…)

幼母「…あら、二人して抜け駆けなんて、ずるいじゃない」

男「…」スースー
幼女「…」スースー



219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 23:32:57.82 ID:K8195GEoO


男「…あ、幼母さん」

幼母「あら起きたの?」

男「幼女はまだ寝てますよ」

幼母「さっきはごめんね?悪ふざけが過ぎちゃった」

男「あっ…いえ、そんな」

幼母「うふふ、ご飯にするから幼女をお願いね?」

男「はい、起こしておきます」

幼母(さすがに、起きちゃったらマズいし…男ちゃんはもう少しおあずけね)



男「ほら起きて?ご飯だって」

幼女「んにゅ」



231 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/28(火) 23:52:19.88 ID:K8195GEoO


幼女「ねぇ」

男「何?」

幼女「まえにかわいいっていってた」

男「何の話かな」

幼女「わたしのこと!」

男「ん、あぁ。そうだね」

幼女「どこがかわいい?」

男「んー…その髪型も似合ってるし、声も可愛いし、きっと美人に…」

幼女「いまびじんじゃないの?」

男「ん、あぁ…美人だね、人形みたい」

幼女(…つくづく趣味の浅い男だな、貴様は)

男「きっとお母さんに似て、綺麗になるよ」

幼女(よりによって幼母と比べるなど!馬鹿が!馬鹿者が!)



235 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 00:08:47.44 ID:gUlFv4b+O


幼女(やはり、貴様のあーんはやめられんな)パク

男「俺が食べられないじゃないか」

幼母「私が男ちゃんに食べさせてあげる、あーん」

男「あ、あーん」ハムッ

幼女(ぬかった!私としたことが、つい溺れるとは…)

幼女「あーんして!」

男「あーん」ハムッ

幼母「男ちゃん、食べさせて?」

男「は、はい」

幼女(クソッ!クソッ!その役割は私のものだッ!)
幼母「ん…なんだか、赤ちゃんになった気分」

幼女「あーん!」

男「はいはい、どうぞ」

幼女(やはり、これは私のものだな)パク


※好きなだけ繰り返し



241 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 00:22:23.57 ID:gUlFv4b+O


幼女(今日は貴様をモノにするのは見送りだ、それよりも)

幼母「男ちゃんはどこで寝たい?」

幼女(私が寝たとしても、警戒して二人になれぬようにせねば…)

男「そんな、帰りますよ…」

幼女(くっ…まぁ、貴様の貞操がかかっているし、ここはそれも止む無し)

幼母「幼女も、泊まって欲しいのよね?」

幼女(ここで子供をダシに使うか!おのれ…)

幼母「昨日あんなに不機嫌だったのに、あなたが泊まる時はどうするって聞いたら…うふふ」

幼女「なんもない!かえれ!」

幼母「『いっしょにねる』ですって、楽しみにしてお気に入りのパジャマ出したのよ」

男「はぁ…じゃあ、泊まっちゃおうかな?後でずっと言われるかもしれないし」



250 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 00:33:41.12 ID:gUlFv4b+O


幼女(こんな時ばかり、私を気にかけおって…っ!貴様は、本当に馬鹿だ!)
男「ほら、本読む?」

幼女「…うん」

幼女(くそっ、寝たら駄目、駄目なん……くそぉ…男の身体、暖かい…)

男「姫様は青い小鳥を籠から…寝ちゃった?」


幼母「…男ちゃん、起きてる?」

男「え、はい…どうかしました?」

幼母「ちょっと、お話しようと思って…いいかしら」

男「よっ、と…行きましょうか」

幼女。o((男…貴様の熱で、熔かされそうだ…なまくらめ…))



253 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 00:44:05.92 ID:gUlFv4b+O


男「なんですか、お話って」

幼母「あの子のこと…とか?」

男「はぁ」

幼母「この通り、私と二人じゃない?最近はあなたが居るから違うけど。少し前はもっと気難しくて」

男「…」

幼母「うん、すごく良くなったわ…でも、それで少し不安なのよ」

男「え?なんで…」

幼母「再婚、したとしてその旦那さんにも懐いてくれるかしら」

男「えっ!?再婚、するんですか!?」

幼母「やっぱり父親は、居たほうがいいもの。あなたたちを見てるとそう思っちゃう」

男「あ、相手は…」

幼母「あなたがなってくれるなら、1番いいけどね」



258 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 00:54:48.30 ID:gUlFv4b+O


男「えっ!?あ、僕…俺!お受けします!」

幼母「でも、今あなたに私たちの迷惑をかけさせられないわ」

男「迷惑なんて、いくらでも被ります!俺、大丈夫ですから!」

幼母「…家の事情も、色々あるのよ。終わった裁判蒸し返したり、嫌な話ばっかり」

男「俺、その…幼女ちゃんも、あなたも守ります!だから、他の奴と再婚なんて…」

幼母「うふふ…ありがとう。また頑張れそう、話してみてよかったわ」

男「…俺じゃ、やっぱ結婚なんて、無理ですか」

幼母「面倒事片付いて…それまで待っててくれたら、考えてちょうだい」

男「俺待ちますよ、あなたのこと」



268 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 01:10:10.57 ID:gUlFv4b+O


幼母(…私ったら、狡いわね。自分は選ばせるみたいに言って、選択肢なんて無いじゃない)

幼母(本当は再婚なんてまだ考えてないし、面倒事は山積みだし…なにより)
幼母(あの子にあんな連中、合わせたくないもの。だから私が頑張らなくちゃ)



男(眠れない、な)

男(幼女とは気晴らしになるから遊んでただけだし…幼母さん、か…)

男(あんな風にしてるの、初めて見たな…はぁ…)

男(でも正直、大人の付き合いなんて…もう嫌なんだよな)

男(俺、狡いな…)



271 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 01:20:47.62 ID:gUlFv4b+O


男「おはようございます…」

幼母「おはよう、男ちゃん。昨日はごめんね?」

男「いえ、俺も色々と考えれたんで良かったです」

幼女(何だ!?この雰囲気は!貴様らまさか、まさか私が寝た後に…いや、しかし男には幼母の匂いは無かった!)

幼女「どうしたの?」

男「ん?あぁ…なんでもないさ、幼女はいいなって思ったんだ」

幼女「!!」ドキッ

幼女(な、な!なんて顔で、なんて事を!いや、まて!これは夢か幻覚なのか!?)ギュッ

幼女「…痛い」

幼母「どうしたの、自分でほっぺつねって」

幼女(…つ、ついに我が魅力に気付いたか男よ!!あぁ、甘美な!『幼女はいいな』…あぁ、いかん、取り乱した)



278 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 01:31:47.48 ID:gUlFv4b+O


幼女(ククク…さて、ようやく男が平伏す瞬間が来たぞ)

男「ん、幼女。どうした、おやつ食べたいの?」

幼女「おまえがほしい」

男「…なんだっけ、ゲームのキャラだよねそれ」

幼女「あれ?」

男「アルル、そうだ!アルルに言った奴だ、シェゾだっけ?よく知ってたね」

幼女(何故だ…)

男「ぷよぷよか…幼女、ゲーム買いに行こうか?」

幼女「…うん」

幼女(前と変わらぬではないかッ!クソッ!クソッ!馬鹿がッ!!)



280 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 01:42:09.65 ID:gUlFv4b+O


幼女(男め…何を考えてあの様な発言をしたのだ?)
男「フィーバーねぇ…どうなんだろこれ。あ、こっちのでいいや」

幼女(まさか、これは攻撃!?そうか、動揺を誘って主導権を確保する算段か!)

幼女「おぼえたぞぉ!」

男「いきなり何を」

幼女「ひみつ」

男「女の子は秘密を持つことを知りました、男はまた一つ問題を抱えましたとさ」

幼女「なぁにそれ」

男「さてね、なんだろう…あぁ、帰りに今川焼きでも食べようか」

幼女「かすたーど!」



287 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 02:05:15.83 ID:gUlFv4b+O


男「じゃあ、そこで食べようか」

幼女「うん!」

幼女(む、男の口元にあんこが…これは使える!)

幼女「とってあげる!」

男「ん?あぁ…届くかな?」

幼女(ベンチに座った貴様の高さ、ベンチに立てば造作もないわ!フハハハ!)

ペロ

男「わ、舐めたの?…ってちょっと、もう取れた!とれたから!」チュプチュプ

幼女(ククク…フハハハハ!公衆の面前でこの恥態ッ!貴様はもう我が物だと覚えるのだ!)

男「くすぐったい、犬みたい…じゃなくてほら、やめなさい皆見てる!」

幼女「みてなかったら…していい?」

男「だから…はぁ。最近のアニメか、ドラマの影響かな…」

幼女(あぁもう!これは事に及ぶ際の導入部分であろうが!なまくらめ!馬鹿め!)



294 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 02:22:39.33 ID:gUlFv4b+O


もう寝るけど、落ちたときの為に皆に感謝をしておこう

このスレで子供恋愛の甘酸っぱさや、子供への屈折してない気持ちを覚えてくれたならいいと思う

幼女をぐちょぐちょに犯したり、妊娠させたりする荒んだ世界も好きな上で
それとまた割り切って愛せる紳士に、敬意を払うよ



幼女「きさまらのしえんとほしゅ…しかとおぼえたぞ!」



幼女「おやしゅみ」



315 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 04:37:23.56 ID:gUlFv4b+O


幼女(馬鹿め…どいつもこいつも保守だの、ぬるぽだの…)

幼女(用を足すのに起きただけだからな…)

幼女(しかし、今日はよくおしっこが出る…)

幼女(何だ、便器が溢れて来た!止まらん…男!助けろ!)




男「…漏らしたな、久し振りに」

幼女「ふみゅう…Zzz…」ジワァ



371 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 08:27:51.06 ID:gUlFv4b+O


幼女「…おはよ」

男「おはよう」

幼女「んー」グシグシ

男「こら、人のシャツで顔拭くんじゃありません」

幼女(…男の夢を見てしまった。貴様は私を抱っこして…あらゆるお菓子で私をもてなすのだ)

男「まだ眠い?」

幼女「…おきてる」

男「はいはい、それじゃあ今日はどこに行こうか?」

幼女(…何処だって構わん、しかし…そうだな、触れ合う時間の長い方がいい)

幼女「おっきいところ」

男「大きい所?そうか…じゃあ用意出来たら出発しようか」



378 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 08:42:05.03 ID:gUlFv4b+O


幼女(わ、我ながら寝ぼけて変な事を…撤回すべきか?)

男「近所で1番大きいのって、ここぐらいだもんなぁ…」

幼女「ちがうの、ここじゃないの」

男「エー?」

幼女(我が儘などは私の性分でないが、仕方あるまい)

男「デパートじゃないとすると…ビル?でも何で」

幼女(本当は『広い所』と言うつもりだった!男に抱っこやおんぶさせる為にも!)

幼女「ちがうの!もっとひろいの、ひとがいっぱいいるの!」

男「あー、遊園地かどっかかな?」

幼女「うん!」

幼女(良いぞ男よ、だいぶ私と通じる様になったな!)

男「そうか、よし!早速いこう!」

幼女(ばっ、馬鹿がッ!何故私を置いて先に行くか!手ぐらい繋げ!)



381 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 08:59:00.41 ID:gUlFv4b+O


幼女(むぅ)

男「空いてて良かったね、どれも待ち時間殆ど無いよ?どれ乗ろうか」

幼女(少しは混雑してないと、抱っこやおんぶの要求もしづらいではないかッ!無能経営者め!)

男「まずはティーカップでも…あぁ…ダメだ、身長足りないね」

幼女「ぬぁ!?」

男「えっと…あはは。乗れないのが、殆ど?」

幼女(酷い屈辱だッ!!た、たかだか身長なぞと言う狭い器量で安全を歌うだなどッ…)

男「…ごめんね、僕が調べて無かったから」

幼女(今日ほど不特定多数に怒りを覚えた日はないぞ…身長が達した暁には、こんな所でなく鼠の大国に行くからな!愚者どもめ!)



384 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 09:08:56.59 ID:gUlFv4b+O


幼女(…せっかくだからと、観覧車なぞ乗せおって)

男「ほら、さっき居たデパートだ!あっちが駅で、向こうが…」

幼女「たかいねー」

男「そういえば、幼女は高い所も平気だね」

幼女「おぼえてるからな!」

男「その覚えるので、苦手が無くなるなら…僕も覚えたいな、なんてね」

幼女「きさまにはむりだ!」

男「あはは…そうだね、簡単ならきっと…はは」

幼女(ククク…羨むがいい我が能力!いずれ貴様にも、片鱗位は分けてやらんでもないぞ!)



387 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 09:22:47.53 ID:gUlFv4b+O


 「えっ、あ、男…君?」

男「あ…ち、違う。誰かな?君は」

女「私だよ、女!何で他人の振りするの!?」ギュウゥ

男「人違いですよ、痛いですって」

幼女「はなせ!ばかっ!」ベシ

女「ひゃっ…えっ、誰、この子…?」

男「この子、僕の娘です…人違いって、判っていただけました?」

女「ご、ごめんなさい…その、そっくりで…知り合いに…」

男「…行こうか、幼女」

幼女(な、な!何なんだこいつは!今時そんなナンパがあるかッ!それにこれは私の男だ!馬鹿がッ!)

幼女「べー!」プイッ



女「…あはは、何してるんだろ、アタシ…重症だなぁ」



445 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 12:57:48.30 ID:gUlFv4b+O


男「…幼女、またここに来たい?」

幼女「ここに、にどはない!」

男「そっか…はぁ」


男(よかった、出来れば…もう来ない方が良さそうだし)

男「…気を取り直して、水族館でも行こうか?」

幼女「うん!」

男「よし、じゃあ駅に行って切符買おう」



幼女「なぜだぁ」

男「何故って…幼女の歳だと切符はまだいらないでしょ」

幼女「けち…」

男「もう、帰りは買わせてあげるから」

幼女「…おぼえたぞ」クスン



449 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 13:18:47.76 ID:gUlFv4b+O


男「ほら、ホワイトソックスだって、かわいいね…見えない?しょうがないなぁ」

幼女(ククク…こ、こうもあっさりと抱き上げられるとは…)

男「ほら、上には他のお魚もいるよ」

幼女(えぇい!魚はいい、貴様の顔に近付けよ!)

男「大きい水槽に亀がいるんだって!あっちも見ようか!」

幼女(くっ、何だこの扱い!私は小包ではないと言うに!)

男「わぁ…すごいね、飛んでるみたい」

幼女(距離は十分…貰ったぞォ!)チュッ

男「ん?あぁ、そこのお魚の真似したんだね」

幼女(貴っ様ァ!口づけしようとする度巧みに唇を避けよって!…ま、まさか貴様も能力者か!?能力者同士は引きa(ry

男「幼母さんにも、お土産買おうね」

幼女「にゅっ!?ばか!!」



457 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 13:35:19.35 ID:gUlFv4b+O


幼女(こ、このままにして済むと思うな…貴様の堕落、諦めた訳ではないぞ!)

男「幼女、何か欲しい?」

幼女「…いらな、!!」

男「ん、これ欲しいの?でも二つは欲張りだなぁ」
幼女「おとことおそろいの」

男「あぁ成る程、じゃあ幼母さんにも買って皆でお揃いだ」

幼女(なまくらが!こんな時ばかり奴にも気を使いおって!馬鹿者ッ!)

男「んー、喉渇いたね…ジュース飲もうか?」

幼女「…みかん」

男(Qooあるかな…あれ、結構使っちゃったかな…)


男「おまたせ…幼女、僕にも一口いい?」

幼女「し、しかたない」カァア

男「ありがとう」

幼女(先程の不当な思いは、帳消しにしてやろう…覚えるがいいぞ)



462 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 14:07:09.36 ID:gUlFv4b+O


男「お邪魔します」

幼女「ただいま!」

幼母「お帰りなさい、今日はどこに行ってきたの?」

幼女「すいぞくかん!」

男「これ、お土産です」

幼母「あらそんな、ごめんね気を使わせちゃって」
幼女「まったくだ」

男「こら、そんな事言うと幼女のイルカサブレは海に帰しちゃうぞ?」

幼女「ず、ずるい!ばか!」

男「それとこれ…幼女と俺と、3人でお揃いです」

幼母「うふふ、可愛いストラップね♪ありがとう」



464 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 14:14:24.54 ID:gUlFv4b+O


男「…それじゃ今日は失礼しますね」

幼母「そんな、まだ顔見たばっかりじゃない。ご飯食べていったら?」

男「いやぁ、ちょっとやる事あって…」

幼母「そう、仕方ないわね…じゃあ少し包むから持って行って?」

男「ありがとうございます」



男(さて、少し溜めてたし今のうち片付けないとなぁ)

女(…!!さっきの人!近所なんだ…あれ?女の子は)

ガチャ

女「あっ、嘘…隣のアパート?」

女(…名前、同じだ。やっぱり男君なの?でも…何で他人だなんて)

女(…どうしよう、でも、会いたかったのに)



471 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 14:31:05.50 ID:gUlFv4b+O


女(わからないように、見るだけだったら…うん、そうしよう)




女(ん~、ダメだなぁ、キッチンの所磨りガラスだ)

女(裏庭…だ、大丈夫かな?変な人に間違われないかな)


女(…ちょうど、隠れる茂みがあってよかった。それで…ここからじゃ見えない)ガササ


女(あの光が漏れてる所、あそこなら…)ソー


女(あ、嘘、なんか上手く隠れて…あー、ちょっとズレないかなカーテン)

女(…誰か来る!いけない、私…ダメだ帰ろう)



男(しかし、女がこの辺りにいるなんて…ツイてない。せっかく幼母さんや幼女と楽しくやってたのに)

男(俺なんかに今更、何かしろって言いたいのかよ…畜生が、ふざけてんじゃねぇよ)



475 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 14:39:57.25 ID:gUlFv4b+O


幼女「きさまはびみょうだな」

男「う~ん、なんで解説通り作ってもダメなんだろ」

幼女「きさまのはまずくはない、でもうまくもない」

男「ホットケーキだけは、なんでか微妙なんだよなぁ…」

男(前は、一番得意だったんだけどな…)

幼女「ケーキはやけるくせに、きさまおかしをなめとる」

男「あはは…努力します」

幼女「かわりになんかだせぃ」

男「じゃあフレンチトーストでも作ろうか」

幼女「あまいやつだ!」

男「はいはい、すぐ出来るからね」



481 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 15:05:23.74 ID:gUlFv4b+O


幼女「…これだ!」ペラ

男「あー、残念…こっちなんだ」ペラ

幼女「ずるい!はじをしれ!」

男「普通にやると簡単だから、フェイントとかブラフしろって自分で言ったんじゃない」

幼女「か、かげんがある…たのしく、ないだろぅ」ショボソ

男「じゃあ…次当てたら、今度一つ好きなお菓子を作ろう」

幼女「そのことば、おぼえたぞぉ!」

男「よし…」シュシュシュシュシュ

幼女「…」ジー

男「さぁ、どれがハートのエースかな?」
幼女「これだぁッ!」ペロォン

幼女「…」

男「…残念でした」ペラ

幼女「ぇぐ…う、うぅ…」ポロポロ

男「あらら…ほら、泣かないの」



483 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 15:13:05.60 ID:gUlFv4b+O


男「幼女?これなんだ」ヒョイ

幼女「!!」

男「シュークリームさんだよ」

幼女「だ、だめだ…きさまにまけたからな…」ジー
男「そう?じゃあ自分で食べちゃおう」

幼女「あぅ、ぅ…ひ、ひきょうだ、くしょ…」ジー
男「でも、別に負けたから食べない何て…言ってなかったよね?」

幼女「!!」ハッ





男「一緒に、食べようか」

幼女「…うん」ギュッ



487 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 15:25:18.59 ID:gUlFv4b+O


幼女「ぬぎたいやつはぬげばいい」

幼女「とがめられるのは『なに』がわるいからだ」

幼女「わがからだにはそんなものないがな!フハハハハ!」





幼女「…ばかめ」プィ



493 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 15:55:23.48 ID:gUlFv4b+O


幼女(そうだ、私が奴に、作ってやれば…)

男『わぁ、すごい!僕より上手!結婚して毎日作って下さい!』

幼女『クァハハハ!造作も無いわ!貴様を下僕にしてやろう、クァハハハハハ!』


幼女「い、いい…すごくいいな…」ニヤァ

幼女(よし、早速…何故か奴め、微妙なくせにミックスをいつも置いているな)ゴソゴソ

幼女(さて…我が力量をとくと喰らわせてくれようぞ!)バリィ





男「…」

幼女「…あぅ、みるな」

男「今度、一緒に練習しようか」

幼女「…うん」

男「無理して、食べなくていいからね?」

幼女「…へぅ」カラン



517 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 17:07:27.14 ID:gUlFv4b+O


幼女「どうだ、おめいへんじょうだろう」

男「うん…すごいな、幼女は料理得意だなんて」

幼女「まぢかでおぼえたからな…ははのできること、たいていはできる」

男「でも、なんでホットケーキは…」

幼女「くっ…やつは、おかしのさいのうがない」

男「へぇ、意外だなぁ」

幼女「しかし、わたしならどちらもできる!」

男「そうか、覚えるからか…うーん、こりゃ何としてもホットケーキ前みたく…」

幼女「うまいやつは、へたにはならない」

男「え、あー、そうだね…あはは」

幼女「いくらきさまがおかしのつわものでも、うそはだめだな!」

男「手厳しいことで」



527 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 17:40:39.37 ID:gUlFv4b+O


男「こんなに電車混む前に、帰りたかったんだけどな…」

幼女「うぁ」ボフ

男「っとと、大丈夫?」

幼女(貴様の肉棒がっ!肉棒がっ…ひ、ふひぃ)モガモガ

男「もうちょっと辛抱して、もうすぐ駅だから」

幼女(たまらん…)モフー

男「はぁ、やっと着いた…幼女?もう離れて大丈夫だよ」

幼女「」モフフー

男「こら、歩けな…あ、降ります!おります!」




幼女「…ふぅ」

男「眠いんだったら抱っこしてあげるから、ちゃんと言わないと」

幼女(堪能したぞ…クフゥ…)ニヤァ



533 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 17:54:33.72 ID:gUlFv4b+O


男「良かったね、窓際開いてて」

幼女「あのおかしや、おいしい?」

男「どうだろうね、今度幼母さんも連れて一緒に来ようか」

幼女「なぜやつを!」

男「あんまり、外で勝手に食べさせちゃダメ!って言われちゃったし」

幼女「ひみつにする」

男「…いっつも、食べたの自慢してるらしいじゃないか」

幼女「ぅ…」プィ

男「それに、一緒に来たら…たくさんケーキ買える、かも?」

幼女「せっとくしよう」

男「ほら、バス動くからちゃんと座って」

幼女「よし」ポフ

男「膝の上は危ないから隣ね」ヒョイ

幼女(自然な流れであったろうが、融通の利かん奴だ!)



540 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 18:13:26.33 ID:gUlFv4b+O


幼女(…最近は、新たに覚える事も少なくなったな)
幼女(この能力、もう必要無いのではなかろうか?)

幼女(しかし…何時また、幼母のように敵となる奴が現れるとも知れぬ)

幼女(我が身はあらゆるモノを超えねばならぬ…その魔性故に)

幼女(いや、しかしこうして人として在るならもはや要らぬ事か…)

女「ねぇ、あなた幼女ちゃんでしょ?」

幼女「なっ、なんだきさま!」ザッ

女「あ、あのね、お姉さん男さんの知り合いなのよ?」

幼女「だまればか!」タッタッタッ

女「えっ!?早…待って!確かめたいの!」

幼女「くるなぁ~!」スタタタタタ



女「はぁ、はぁ…なんて、早いの…はぁ。最初にあんな風になっちゃったからなぁ…」



545 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 18:34:35.49 ID:gUlFv4b+O


幼女「…」

男「ん?どうしたの挨拶は」

幼女「あれはだれだ」

男「あれって?」

幼女「せんじつゆうえんちにいた、さっきあったおんな」

男「えっ、会った!?大丈夫!?何かされてない!?」

幼女「しりあいだといってた」

男「…なんか、僕にすごくよく似てるらしくてね」

幼女「ちがうならちがうってちゃんといえ!」

男「こないだも、違うって言ったのにな…まったく」



556 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 19:16:28.12 ID:gUlFv4b+O


男「そんなに似てるんですか?」

女「ひゃっ!え、男君!?」

男「…何しにきやがった」

女「アハッ!やっぱり男君だぁ!決まってるでしょ?組織の裏切り者は消さなきゃ!ねぇ!?」ギチチッ

男「俺なんかに観測員無しで強甲機鋼(パワード)化かよ、この地域を捨てる気か」

女「さぁねぇ?暴れなきゃどこも壊れないんじゃない!?死んだ後は知らないけどぉ」

男「馬鹿言ってんじゃねぇぞ…観測員がない世代の俺に、観付のお前じゃ勝てねェ」ズズズ…ガシュッ

幼母「…ごめんね、男ちゃん。でもあなたって罪なヒトだから…バラバラにしなきゃ、ね?」ビュオォォ…

男「なっ…そんな、馬鹿な事が…」

幼女「ふん、騒がしさに来てみれば…男、貴様も腹を括れ。」

男「幼女!?下がれ死ぬぞ…っ!?その姿!!」

幼女「今こそ我を其の手に…全ての限界点(クリティカルポイント)を共に切り払おうぞ!!」


我らの闘い、幕は落とされた…!!             烈火の死闘!編へ続く!



572 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 19:31:48.35 ID:gUlFv4b+O


男「そんなに似てるんですか?」

女「ひゃっ!え、男君!?」

男「人の家の子にいきなり話し掛けるなんて、不信者になりますよ」

女「ご、ごめんなさい!でも、あなたの事知りたくて!私、男君と…」

男「どうして、その人を探してるんですか」

女「あの、でも…話したらダメなんです、これは…」

男「じゃあ、帰ります。もうあの子にも僕にも、近付かないで下さい」

女「ま、待って!あの、今私…あなたが唯一彼との接点になりそうで…お願いです、お話し…しますから…」グスッ

男「…はぁ。ダメじゃない姉さん、絶対誰にも話さないって約束したのに」




女「は…ぇ、えぇぇえぇぇぇぇ!!?」



579 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 19:48:53.12 ID:gUlFv4b+O


姉「さっきは…ううん、この間もごめんなさいね、幼女ちゃん」

男「あぁ、ちなみにその子は近所の子だから…」

姉「そんな、お姉ちゃんショック!男君たらどれだけ嘘つくのよ!」ペチペチ

幼女「しんぱいさせるでないばか!なまくら!」ベシベシ

男「二人して叩かないでくれよ、はぁ…で?姉さん、あいつらまた何か言って吹っ掛けた?」

姉「ううん、男君の依頼してた探偵さんが調査してくれてね!裁判して勝ったの!再審も無しで!」

男「…はぁ、なんだ。じゃあ後は姉さんから上手く言いくるめてよ、得意じゃない」

姉「えー?だってぇ…叔父さん親類だからって居座るだけで、叔母さんも病院からでてこないもの」

男「叔母さんは仕方ないとしても、叔父さんなんて追い出す口実困らないでしょ?」

姉「お姉ちゃんあの人は嫌い、大叔父さんは好きだったけど」

幼女(…丸きりカヤの外だな)



585 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 20:12:20.80 ID:gUlFv4b+O


姉「とにかく、男君が蹴っ飛ばすかなんかしてやってよぅ」

男「…貸し金庫が無事なんだったら、ほっといてもいいとは思うけどね」

姉「叔父さんも他にやることなくて、最近は引っ切り無しで金庫探しの人家にあげてるのよ」

男「本当に腐ってるなあの人…俺も姉さんも成人だってのに、まだ保護者面で居るなんざ…」

姉「いっそ、もう全部寄付しちゃう?」

男「笑えないなぁ、姉さん。大叔父さんが聞いたらさすがに怒られちゃうよ、死んだけど」

幼女(何かしらの財産目当てで、叔父がうっとおしいと言う辺りか…解説役しか出来んとは、屈辱よ…)

姉「っていうか、いきなり出ていくからびっくりしたんだよ?」

男「俺がいなくなったら、貸し金庫の場所解らなくなるから…姉さんに手出ししたらそれこそ法的に引っ掛けられるかと」

姉「鬼畜!男ちゃんの変態!傷物にならなくても責任取りなさい!」

幼女「ばか!なまくら!でばんないぞ!」



590 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 20:27:09.03 ID:gUlFv4b+O


男「でも、手出ししたから裁判起こして勝ったんでしょ?」

姉「うん」

男「…帰りなよ、報告は今聞いたから」

姉「エー?」ナヨナヨ

男「…俺ね、この子と遊んだりしながら静かに暮らしたいの」

姉「お姉ちゃんのこと、きらい?」ウリュウリュ

男「そういう所嫌い」

姉「ばかっ!たった一人のお姉ちゃんに向かって酷い!」

幼女(些か、性格が被ってる気がしないでもない…)
男「今日は帰ってよ…頼むから」

姉「(*・3・)チェー」




595 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 20:32:17.41 ID:gUlFv4b+O


男(やっと、帰ってくれた…はぁ、安心できない)

男「…幼女、幼母さんに電話かけてくれる?」





幼女「いま、おとこのうち。おとこがはなししたいって」

男「もしもし」

幼母『あら、どうしたの?疲れた声ね』

男「あの、非常に急で私的な理由で申し訳ないんですが」

男「…お願いします。しばらく、そちらに泊めて頂けませんか?」

幼女(こ、これは!久々に我らの進展を望めるか!待った甲斐が有ったッ!)



604 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 20:53:52.76 ID:gUlFv4b+O


幼女(と、そんな事情で今にいたるのだ。男と私は今や同棲し、日々私に尽くしておる…フハハハ)

男「はい、あーん」

パクッ

幼女「おぼえているッ!」ペッ

幼母「もうっ、また吐き出して!」

男「じゃあ幼母さん、あーん」

幼母「はい♪あーん」パクッ



607 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 20:55:48.36 ID:gUlFv4b+O


幼女「やめろぉ!あーんはわたしのだ!」

男「ほらピーマンあーん」

幼女「うぁ………オボエテリュッ」ペ

男「後ろで隠して吐き出さないの」

幼母「男ちゃんデザートなぁに?」

男「今日は梨でシャーベットとかジャムを」

幼母「あらぁ、うふふ…私たちはさっそく食べましょうか?」

男「あーんしてあげましょうか」

幼母「えっ、やだもう男ちゃんったら」ペチ

幼女(不遇だッ!何だこの扱いは!?)

幼女「ばかっ!なまくらっ!きさまのしうち、おぼえたぞぉ!」




ひとまずトゥルーエンド?

しかしまだまだ続くのじゃ
クポポ



637 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 23:05:48.78 ID:gUlFv4b+O


幼女(以前、とある本に「鮭といくらは親子丼だよ」とかいてあった)

幼女(ここは新たな親子丼、創作するが向上というものよ)

幼女「さぁ、どうだぁ!」バァンッ!!

男「過程を見れば納得できるけど…牛乳で煮込んだ牛肉…シチューと牛丼の中間みたい」

幼女「くっ…これなら、どうだぁ!!」ドォンッ!!

幼母「蟹のこっこ(卵)と蟹、ねぇ…あんかけ風になって綺麗だけど、それでも今一歩見栄えに欠けるかしら」

幼女「ぐぬぅ…」プルプル

男「鳥と卵の親子丼でいいんじゃないの?シンプルイズベストだよ」

幼女「くしょぅ…」

男「まぁまぁ、努力は認めよう…それじゃあデザートにしようか」スッ



640 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 23:16:07.41 ID:gUlFv4b+O


幼女(これはっ…グラスのふちを沿って飾られた綿菓子!バニラアイス…ホイップ、色付き、星型マシュマロ…だと…!?)

男「そこにアラザンをひと振り」サラサラ

幼女「わぁ…わぁぁ…」ニパァ

幼母「素敵なお菓子ね…まるで、夜空の雲の国みたい」

男「メルヘン指向強いですけどね」

幼女「これ…いぃ…」フニャア…

男「気に入ってくれたのはいいけど、溶けたら綺麗じゃないよ?ほらあーん?」

幼女「ぁ、ぁ…ん、ん~、ん~!」パタパタ

幼母「月と星の親子丼とも言えるのかしら、アイスがお月様で」

幼女「ちがう!くものくに!!せかいがちがう!」

幼母「す、すごい引き込まれ様ね…大人用には、アイスにラム入れたのね?いい香り」

男「アイスをボールにするか、ジェラート風にするかは最後まで悩んだんですけどね」


オチなし



647 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/29(水) 23:35:28.50 ID:gUlFv4b+O


男「昨日の幼女の反応が思いの外良かったので、今日も頑張ってみました」

幼母「う、家にある物でこんな上品なデザートを…」

男「食パンは以外と汎用性良いですからね、こと洋食には」

男「昨日のアイス、やっぱりジェラートにしました。シュガークルトンを散らして、こうやって…カラメルでササッと」

幼母「男ちゃん、パティシエ目指してるの?」

男「いやぁ、さすがに職業には…あぁ、パン耳でシナモン風味のスティックも作りました、どうぞ」

幼女「はぁ…」ヘニャア

幼母「少し前に話題になったドラマ、思い出したわ」

男「あぁ、韓国だかでも映画になったアレですか」

幼母「…ほ、他のご近所さんには、作ったりしてるの?」

男「いえ、さすがにそれは」

幼母(他のオバさん連中が知ったら、ちょっとした見世物にされそうね…わ、私だけの秘密にしましょ…うふふふふ)



662 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 00:03:01.74 ID:JXm6sWXZO


幼女「さて、みずぎをかったわけだが」

男「うん」

幼女「…みたいのだろう、すなおになれ」

男「いや、別に…」

幼女(くそっ…最近は以前に増して幼女嗜好が薄い!)バッ
※元々薄い

男「泳ぎたいなら、区民プールでも行こうか?屋内の所」

幼女「きさま、わたしのみずぎをなんだとおもっている…」フルフル

男「水着は文字通り、泳ぐ為のものだよ。可愛いけど」

幼女「いろけをかんじることはないというか、おのれ…せいじんきどりが!」ゴゴゴゴ…

幼母「ねぇ…男ちゃん、水着着てみたんだけど…どう?」スッ

男「」カァ

幼女「くっ、くしょおぉぉぉおぉぉ…っ!!」タタタタ…

幼母「区民プールじゃ、浮いちゃうよね…」

男「あの、いきましょう、ウォーターランド!」




669 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 00:13:57.16 ID:JXm6sWXZO


幼女「くっ…」プルプル

男「まだちょっと、寒かったね…」フルフル

幼母「うぅ…私、冷えやすいのよぅ…」ヘクチ

男「と、とりあえず、ジャグジー、行きましょう!」



幼母「はぁ…」
幼女「ふぃ…」
男「…はー」

幼母「あ、そうだ。健康ランドに行きましょう!水着も無駄にならないわ」

男「あぁ、いいですね!雨降っても平気ですし!」

幼女「すごく、としよりくさい」

男「最近の健康ランドは凄いらしいよ?滑り台とか流れるのとか」

幼女「…いついくのだ」

幼母「とりあえず今日は帰らないと…でも…あぁ」



三人(外に、出たくないなぁ…)



674 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 00:25:45.55 ID:JXm6sWXZO


幼女「おとまりだ!」

男「遠くに来たんだから、勝手にいなくなったら会えなくなるかもよ?」

幼女「フハハ、こうしててをつなげばそれはない!」キュッ

幼母「あら、それじゃ私も繋いどかなきゃね♪」キュ

男「…すいませんが、改札出てからにしてくださいね」

幼女「ククク…」ニヤァ

幼母「あ、そうよね!うふ、うふふふ…」

男「さ、シャトルバスが着てるはずです…あ、それですよ」

幼女「いくぞおとこぉ!」グィッ

男「うわっ、危ないから走らないの!バスまだ出ないから!」タタタ…

幼母「あ、やだ待って~!」トトト…



677 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 00:39:46.59 ID:JXm6sWXZO


幼女「ぉ…おぉお…」

男「ほら、色々あるでしょ?それに広い!」

幼母「私、そっちのお風呂入って来ようかしら?」

幼女「すべりだい!」

男「さて…こりゃ自由行動、なのかな?それじゃあ2時間したらここに、ご飯食べましょうね」

幼母「は~い」
幼女「はーい」



男「さて、と…」


選択肢
1.子供の声がする方へ

2.静かな露天風呂へ

3.とりあえず、屋内プールで泳ごう


※選択肢がどうあれ、ヒロインはあっちです

>>685
選択肢以外は安価下優先



685 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 00:45:35.22 ID:DzG90UY00






691 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 01:05:31.09 ID:JXm6sWXZO


男「…楽しみにしてたようだし、怪我しないように見てないとな」


幼女「ひゃー」ザバフ

男「心配する必要も無ったかな?」
幼女「…おそい!」

男「え?」

幼女「ふつうは、とんでくるものだ!しねんをおくられたら!」

男「…で、思念を送って何をしようって?」

幼女「なんか、こう…あついものを、かんじないか?…くろいよくぼうが、したに」

男「下…地熱?なんで欲望に」
幼女「な、なまくらめ!きたえないからわからんのだ!ばかめ!」

男「超人じゃないからなぁ…それはそうと、あっちの波のプールは行った?」

幼女「ま、まだだ…あれはきけんだ!」

男「よし、一緒に行こうか!僕がついてれば危なくないし」


幼女「ふひゃあ!」ダパーン

幼女とたのしく過ごしました。



695 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 01:07:50.57 ID:JXm6sWXZO


選択肢を順次消化。

ん?全部やるなら選択肢イラネ?

気分だよ、気分。



706 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 01:22:04.44 ID:JXm6sWXZO


○静かな露天風呂
男「さて…たまにはゆっくりしよう」

男(しかしアレだな…なんでこう、影にカップルばっかり居る気が…)

幼母「あっ、男ちゃん、良かった…」チャプ

男「あ、幼母さん…どうしたんですか、具合でも」

幼母「ち、違うの…この辺り、その、皆…」

男(うわぁ…まぁ、少なからずあるとは、思ったけど…)

幼母「なんか、独りだとすごい、落ち着かなくて…もう、禁止されてるのに」

男(う…なんか、困ってる顔…だ、ダメだろ俺!しっかりしろ!)

幼母「手…繋いで、いい?恥ずかしくて、動けないの…」

男「は、はいっ…」キュッ

幼母(うぅ…余計に、動けなく、なっ、ちゃ…った…)

男「…わ、幼母さん!?のぼせてる、ひとまず涼しい所に!」

幼母を助けました。



711 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 01:38:23.07 ID:JXm6sWXZO


○自主トレ?とりあえず泳ぐ
男「結局こないだは大して泳げなかったし…ちょっと泳いでから、温泉行くか」


男「…ふぅ、はぁ、流石に…最近泳いでないだけは、あるな…」クテー

姉「あ!」

男「あ゙!」

姉「ちょっと待ちなさい、なんで濁点付くの?なんで?」ギギギ…

男「や…げぅ、ギブ…」グググ…

姉「…まず、何で家に居ないの?せっかくちゃちゃーっと荷物まとめて行ったのに!」

男「いや…この、あたりに用事が出来て…」

姉「…本当に?」

男「嘘言ってどうすんのさ…」

姉「一言言いなさいよ、もう…叔父連中に捕まったかと思ったのよ?」

男「明日には帰るし、別段心配ないよ」

姉「まぁいっか、じゃあ夕方に引っ越すから」

男「な!?」
姉の引っ越しが決まりました



717 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 02:18:42.24 ID:JXm6sWXZO


幼女「どうだ」ズイッ

男「可愛いね」

幼女「むぅ!ゆたかだぞゆたか!」プヒィ

男「竹?」

幼母「浴衣っていいわねー。ゆったりしてるし、すごく楽だわ」

男「あ、あんまり緩く着ると、風邪ひきますよ…」チラ

幼母「そうね、上に羽織りましょ」

男「…ふぅ」(良かった、隠してくれた)

幼女(口惜しいッ!こんなにも敵に優勢なのがッ!)ググッ

男「ほら、幼女も暖かくしないと風邪ひくよ」

幼女「つめたい!」

男「あ、ごめん。じゃあ今着てるのを…」スル バフッ

幼女「これでいい…」ヌクヌク

男「いや、それだと僕動けないよ…」

幼女(ゆ、ゆたかは良いな!体温を…近く感じるぞぉ…)



723 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 02:43:48.40 ID:JXm6sWXZO


幼女「…」ウツラウツラ

幼母「…眠たい?ほら、横になって」

幼母「…寒くない?」

幼女「…」コク

男「おやすみ」ナデナデ

幼女「ん…」キュ

男「…ありゃ」

男(参ったね、動けないじゃないか…)



724 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 02:49:47.37 ID:JXm6sWXZO


幼母「本当に、あなたの事…大好きみたい」

男「え…ぁ」

幼母「この子の事よ、ふふ…」ソッ

男「なんで、俺なんですかね…」

幼母「聞いてみたら?」

男「そんな…大きくなれば、俺なんかオッサンですよ。この子が可哀相です」

幼母「なんだ、トボけてるのは振りだったの?」

男「こんなに一生懸命に来られちゃうと、子供でもどうして良いかは…はは」

幼母「あなたも、まだ子供で良いじゃない」

男「幼母さんとは、2、3歳しか違わないです」

幼母「私も、まだ子供な所から出られてないわ…」

男「俺には大人びて見えますけど」

幼母「あ、ヒドいな」

男「えっ?いや…そんなつもりじゃ…」

幼母「…前の旦那はね、大人だったの。いい人…ではないけど」



727 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 03:04:43.54 ID:JXm6sWXZO


「ほんと、生活はそれなりに充実してた…かな?今の方がずっと楽しいけど」

「何て言うのかしら、前を歩いてくれてるのよ。私とこの子の」

「でもね、私…それじゃダメだった。いいえ、ダメになっちゃったのかな?」

「彼は一生懸命歩いてたから、私たちに気付かなくなってたの。いつの間にか、おいてけぼりにされて…」

「そしたら、やっぱり喧嘩しちゃうのよ。この子が居るってわかってても、始まると止まらない」

「それでね、離婚したの。彼の親はすごく怒ってて、この子は絶対引き取らない!だって…」

「養育費も、払わないって言って聞かなかったけど、彼は…大人だった」

「両親をなだめて、養育費の手続きをして…でもね、彼ったら…もうこの子と会わないって言ったの」

「私…泣いてばっかりで、何もしてなかったわ」



729 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 03:15:52.32 ID:JXm6sWXZO


男「…」

幼母「寝ちゃった?」

男「いえ、すいません…やっぱり幼母さんって大人だなって」

幼母「前よりは少しだけ、ね」

男「その、旦那さん…なんで幼女に会わないなんて…」

幼母「それから話した訳じゃないから、本心は知らないわ…でも、多分ね」

幼母「彼も、おいてきぼりだと思ったのよ、自分の事」

男「前を歩いてたのに、ですか?」

幼母「彼からしたら、きっと…私たちの所が、前で…行きたい所だったんじゃないかな」

男「ぁ…」

幼母「…私ね、できるだけ、近くを歩いてる人を探してるんじゃないかな」

男「…俺は、どこらへんですかね」

幼母「それは、歩いてみないとわからないでしょう?」



730 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 03:16:48.13 ID:JXm6sWXZO






      「それじゃ、おやすみなさい」








735 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 03:26:00.58 ID:JXm6sWXZO


ここが一旦、本当のおしまい。

誰と結ばれるかを、読んでくれた人が良い夢として見られますように。

小ネタは気が向いたら落ちるまではやらせてもらうよ、感謝を篭めて。


そしてスレも落ちて、また会うことがあれば
おはようをぜひ聞きたいです、なんて。



781 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 09:19:36.73 ID:JXm6sWXZO


もっと早くに起きて最後っ屁でもかまそうとしたら寝過ごしたよ!

ゆっくりした結果が…ぬわーーー!!!



幼女「言いたいことを伝えられない時はどうすれば良いか?簡単だ」

幼女「男よ」

男「ん?」

幼女「私はな、実は昔からお前を」

男「僕…いや、俺も好きさ」

幼女「…」


幼女「つ、つまり、伝える努力を…怠るなと言いたい」ギュッ

男「おやすみなさい、また次のお話まで」

幼女「…ありがとう、な」



785 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/04/30(木) 09:24:26.36 ID:JXm6sWXZO


幼母「綺麗にまとめたつもり?」

幼女「くっ…もう挨拶は済んだのに何故出てくる!」

幼母「最後まで張り付いてくれた人にサービスよ」

幼女「クソッ!クソッ!ヒロインは私だろうに、なんだこの締まら無さはッ!?」




元スレ:http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1240878305/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
346位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP