PickUp
スポンサード リンク
47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:02:39.73 ID:GGXPN6TD0


友「今日は節分か」

男「みたいだな」

男「さっき子ども達が外で豆まきしてるのを見たよ」

友「今日は雪が積もってるってのに……子どもは元気だなー」

男「節分ってさ、なーんで鬼が追い出されなきゃいけねーんだろな」

友「なんでって……鬼は何となく悪者のイメージだからじゃないの?」




48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:10:42.21 ID:GGXPN6TD0


男「それって必ずしも鬼がやられ役じゃなきゃいけないのか?」

友「いや知らないよそんなの。昔節分のルールを作った人に言ってくれ」

男「そーだな。お前に言ってもしょうがないよな」

友「何か鬼に対して思い入れでもあんのか?」

男「いや、ただちょっと気になっただけだよ。深い意味は無い」

友「そうか……あ、じゃあ俺こっちだから」

男「おう、じゃあな。また明日」



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:18:43.00 ID:GGXPN6TD0


ワイワイガヤガヤ

男「ん? なんか空き地の前が賑わってるな」

子ども1「鬼はー外ー!」

子ども2「福はー内ー!」

男「なんだ、ここでも節分か……ん?」

「お、鬼だぞー! 怖いぞー!」

男「あの鬼役の子……随分気合い入ってんなー。わざわざ鬼のコスプレまでして」

男「ってか、寒くないのかな?」



59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:28:31.90 ID:GGXPN6TD0


「がおー! お家に入れろー!」

子ども3「うわっ、鬼が襲ってきたぞ! 豆ぶつけて追い返せ!」

子ども4「くらえ豆鉄砲! 鬼はー外―!」

バシバシッ

「い、いたっ……い、痛くなんかないぞー! そんなのへっちゃらだからお家にい、入れろー!」

子ども5「この鬼なかなか粘るなー! よーし、一斉攻撃で倒すぞー!」

子ども達「おー! 鬼はー外ー!」

バシバシバシバシッ

「がお……って、いたっ! いたいいたい! ま、まいった、まいったから……」

子ども達「おりゃおりゃー!」

バシバシバシバシッ

「うっ……やめ……ひぐっ……もう……やべて……よぉ……」

男「おいおい……いくら節分っていってもあれは酷いぞ……しょうがない……」




60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:42:01.19 ID:GGXPN6TD0


男「待てぇぃっ!」ザッ

子ども1「もういっちょ! 鬼はー……って、ん?」

子ども2「……いきなりなんだよ、おっさん」

男「おっさ……! まだまだピチピチの高校生だわ!」

子ども3「俺達からしたら充分おっさんだし」

子ども4「……で、何の用?」

男「……フ、フフフ。俺様オニ。オ前ラ、クウ。ガオー!」

子ども5「うわっ! ちょ、ちょっと待った! おっさん、大人のくせに子どもに向かってくるなんて、卑怯なんだぞ!」

男「俺様オニダカラ、卑怯トカ、関係ナイ。オ前ラ、クウ。ガオー!!」

子ども達「ぎゃあああああああああああ!!!!」

ドタバタ



61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 01:51:42.24 ID:GGXPN6TD0


男「……ふう、行ったか」

男「……おい、大丈夫か?」

鬼娘「……」グス

男「まーお前が鬼役をやる気満々なのは格好からうかがえるけども」

男「流石にさっきのは人数比がおかしかったよなー。もうちょっと鬼役がいてくれたらな」

鬼娘「……」グスッ

男「…………………………じ、じゃあ俺は……そろそろ……行くわ……」

グイッ

男「……へ?」



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 02:02:28.33 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「わ、私は……鬼なんだぞ……怖いんだぞ……が、がお……」

男「ちょ、ちょーっと離してもらえるかな……」

鬼娘「た……食べられたくなかったら……お家に……入れろ……!」

男(おいおいこの子どんだけ鬼役やりたいんだよ!)

男「あ、あー。もしかしてまだ節分やりたかった? 俺余計なお世話しちゃった?」

鬼娘「……う……う……」プルプル

男(いやそんな涙目で嗚咽をもらしながらプルプルされても困る!)

男(こういう対処法が分からない厄介な状況は……)

ダッ

鬼娘「あっ……」

男(逃げるに限る!)



69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 02:14:53.96 ID:GGXPN6TD0


ダッダッダッダッ

男「ハァー……ハァ……ハァ……ハァ……ふぅ……」

男「家まで全力疾走してしまった」

男「さっきの子は……ついて来てないな……当たり前か」

男「……にしても節分の鬼役にあそこまでなりきる娘がいたとは」

男「……ちょっと可哀想だったけど、あれ以上関わるのはなんか面倒なことになりそうだったしなぁ」

男「まー家入ってさっさと忘れよ………………って……」

鬼娘「……がお」



71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 02:28:23.74 ID:GGXPN6TD0


男「なっ……なんでお前が家の玄関の前にいるんだよ!?」

鬼娘「つ……ついてきた……だけ……」

男(ついてきたって……こんな小さい娘が男子高校生の全速力についてこれる訳ないんだけど)

男(俺の足ってそんな遅かったのか……!?)

鬼娘「……わ……私は……お、鬼だぞー……」

男(げっ、また始まっちゃったし)

鬼娘「こ……こわーい……こわーい……お、鬼……ヒック……だんだ……ぞ……」

男(何かまた泣き始めちゃったし!)



73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 02:35:20.93 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「だ……だべられだぐながったら……ぐす……お、おうぢに……」ポロポロ

男「ちょ! ちょっと待った! 分かった! 節分な! よしやろう! 節分やろう!」

鬼娘「……」グス

男「家に確か豆ある筈だから! 今から取ってくるよ!」

男「そんでお前が気のすむまで節分やってやるから! 満足したら帰れよ!」

鬼娘「!! ……う……うぅ……」

男「じゃ、ここでちょっと待ってろよ!」

グイッ

男「…………って、今度は何ぃ!?」









鬼娘「うっ……ぐすっ……、おウチに入れてください……」



90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 03:52:31.62 ID:GGXPN6TD0

展開考えてたら寝てたという



男「え? おウチ? おウチって、俺んちってこと?」

鬼娘「……」コク

男「なんで急に……俺とお前って今日会ったばっかだよな?」

鬼娘「……」コク

男「じゃあ何で……ってかお前の家はどこなんだよ?」

鬼娘「ず……ずっと遠く……」

男「随分アバウトだな……親はどこにいるんだ?」

鬼娘「こ、こっちには来てないから……分かんない」



92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 04:05:59.95 ID:GGXPN6TD0


男「なんだよそれ……迷子ってことか? だったら勝手に俺の判断で家に入れたりは出来ないよ」

鬼娘「入れて……くれないの……?」

男「ああ、こればっかりはな……代わりに警察まで届けてやるからさ」

鬼娘「やっぱり……私が……鬼……だから……」プルプル

男「……え? 何だって?」

鬼娘「ふ……ふえぇ……」ジワァ

男「お……おいちょっと待て落ち着いて。話せばわか
鬼娘「ふえええええええええええええん!!!!」エーン

男「ちょっ、待って! 俺んちの前でそんな大声で泣かないで!」

鬼娘「えええええええええん!! えええええええええん!!」

男「分かった! とりあえず俺んち入ろうか! うん、いい子だからね! 泣きやんでねー!」



95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 04:16:52.35 ID:GGXPN6TD0


バタン

男「くっそ、どこの子かも分かんない子を家に招いてしまった……」

鬼娘「……」ヒック

男「俺捕まるんじゃないか……?」

男(いや、やってしまったことを後悔していても仕方ない!)

男(まぁこの子も家に入れたら泣きやんでくれたし、まずは話だけ聞いてあげよう)

男「ふー、にしてもさっきの全力疾走が地味に疲れたなー」グテー

鬼娘「……」キョロキョロ

男「……? どうしたの、玄関に突っ立ったままキョロキョロして。部屋まで入っておいでよ」



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 04:27:39.99 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「……!! い、いいの?」

男「え、いいも何もさっき自分で家に入れろって言ったんだろ?」

鬼娘「そ……そうだけど……」オロオロ

男「さっきは俺もああ言ったけどさ。ここまで来て怒ったりしないって。遠慮せずおあがり」

鬼娘「お……お邪魔します」

男「大したもてなしも無いけど……いらっしゃい」

鬼娘「!!」ジワァ

鬼娘「ふぇ……」ポロ…

男「え!? ええええ何で!? ちゃんと言う通り家に入れてあげたのに! 今度は何が不満だったの!?」



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 04:40:57.46 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「違う……不満じゃないの……ぐす……」

鬼娘「これは……嬉しくて……嬉し涙なの……」

男「な……家に入れてもらったのがそんなに嬉しかったの?」

鬼娘「……」コク

男「は、ははっ。オーバーなやつだなぁ……」

鬼娘「全然オーバーじゃないよぉ!」



鬼娘「だって……私……人のおウチに入れてもらったのなんて……初めてで……」

鬼娘「人に……いらっしゃいって……言ってもらえたのも……は……初めて……で……」

男「……!」



鬼娘「だ……だから……だがらぁ……うれじぐ……でぇ……ぐす……」

男「……そっか」



104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 04:57:37.06 ID:GGXPN6TD0


男「なぁ、お前の名前なんていうんだ?」

鬼娘「……お……鬼娘……」

男「……よし。じゃ鬼娘……こっちおいで」

鬼娘「……え?」

男「おいで」

鬼娘「……」トコトコ

ギュー

鬼娘「!? わ、わわ!」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 05:08:05.74 ID:GGXPN6TD0


男「俺さ……お前が今までどういう風に過ごしてきたかとか……想像もつかないし、聞こうとも思わないけど」

鬼娘「……」

男「ただ、俺がお前を家に招いたのは紛れも無い事実だからさ」

鬼娘「……う……」

男「お前にとって初めて入る人の家が大したこと無かったなって思われたくないし、精いっぱいお前をもてなすよ」

鬼娘「うう……」

男「改めて……いらっしゃい。鬼娘」

鬼娘「ふ……う……うわあああああああああああん!!」ギュー



114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 06:06:52.88 ID:GGXPN6TD0


男「よしよし」ナデナデ

男(……にしてもこの子、何でこんなに鬼の格好のクオリティが高いんだろ?)

男(特にこの角なんて、まるで直に頭から生えてるみたいだ)サワサワ

鬼娘「うにゃあ//// くすぐったいよぉ」

男「くすぐったいって……面白いこと言うな。それじゃまるで神経が繋がってるみたいじゃん」

鬼娘「? それはそうだよ。だって繋がってるんだもん」

男「は?」

男(どういうことだ? あれか、この子は完全に鬼になりきってるから、こういう細かい所でも演技をかかさないのか?)



222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 12:36:56.77 ID:GGXPN6TD0

じゃ>>114から


鬼娘「あ……鬼は角が敏感なの……知らなかった?」

男「え? ああ、うん。知らなかったよ」

男(なんか設定もしっかりしてるんだな……)サワサワ

鬼娘「あっ、ちょ、あんまり……触らないで……」

男(それに演技もうまいな……)サワサワ

鬼娘「きゃうっ!? だ、駄目だ……よぉ……」

男「……」ウズウズ

男「」サワサワサワサワサワサワサワサワサワサワサワサワサワサワ



224 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 12:44:05.01 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「うひゃあっ!? だ…駄目ぇ……出ちゃう……出ちゃうからぁ……」ハァハァ

男「出ちゃうって何が?」サワサワサワサワ

鬼娘「そ……それはぁ………………!!!!」ビクッ

鬼娘「~~~~~~~~~!!」ビクビクッ

バリバリバリバリ!!

男「へ……はぁ!?」

ドゴーン

男「な……何、今の……」

シュー….プスプス

鬼娘「あはぁ……ご、ごめんなさい……私……角触られ過ぎると……勝手に放電しちゃうの……」ハァハァ



226 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 12:48:54.14 ID:0023Ogqr0

だっちゃ


229 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 12:54:55.77 ID:GGXPN6TD0


男「へー……そ、そうなんだー」

男(いやー放電までしちゃうなんて本当に鬼娘は鬼になりきってるなぁ……)

男(……いやいやちょっと待て。放電って演技とか設定とかそういう問題じゃないだろ)

男(……と、ゆーことは……もしかして)

男「鬼娘……お前……本物の鬼なのか!?」

鬼娘「えぇ!? 今更!?」

男「あ、いや……ずっとコスプレかなんかだと思ってたからさ……それ」



230 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:05:49.14 ID:GGXPN6TD0


男(あーなるほど本物か……そりゃそうだよな普通の人間が雪の積もってる日にあんな格好出来る訳ないよな)

男(でも普通本物の鬼がいるなんて思わないし……それこそ雷出すとこ見るぐらいしなきゃ)

男(人のおウチに入れてもらったこと無いって……鬼なんだもん、そりゃそうだよな)

鬼娘「ど、どーしたの?」

男「……」ブツブツ

鬼娘「そ、そっか。そーだよね……」

鬼娘「私が……人間だと思ったから……おウチに入れてくれたんだよね……」

男「……あ」



232 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:15:06.26 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「最初から私が鬼だって分かってたら、きっと入れてくれなかったんだよね……うぅ」

鬼娘「で……でも……何でかな……何で鬼ってだけで外に追い出されちゃうのかな?」

男「……!」

鬼娘「昔の……風習なんて分かんない……けどぉ……」グス

鬼娘「一体……今の私達が……人間に…な……何をしたって……えぐっ……言うの……?」ポロポロ

男「……うん」

男「そーだ! その通りだよな!」バッ

鬼娘「……ふぇ?」



234 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:25:52.56 ID:GGXPN6TD0


男「いや、俺もそれは疑問だったんだよ! なーんで節分っていっつも鬼ばっか外に出されるのかなって!」

男「でも鬼ってのは架空の生物だから別にいっか、ってずっと思ってたけど」

男「鬼が実在していることが分かった今! やっぱりそんなルールはよくないと改めて思ったよ」

鬼娘「ほ……ホントに? じ、じゃあこれからは鬼が追い出されることは無くなるの?」

男「いや……俺1人がそうやって言っても、日本全体の認識を変えることなんて出来ないな……ごめん」

鬼娘「そ……そんなぁ……」ガクッ

男「う……そんながっかりしないでよ……」

男「俺は、日本全体のルールを変えることは出来ないけど、この家の中でのルールなら変えられるから!」

鬼娘「ど……どういうこと?」

男「この家で、鬼が追い出されない俺達だけの節分をやろーぜ、ってこと」ニッ

鬼娘「あ……う、うん!」パアアア



238 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:40:01.92 ID:GGXPN6TD0


男「お……やっと笑ったな……お前」

鬼娘「……え?」

男「あ! 今せっかく可愛かったのに! やめないでよ勿体無い」

鬼娘「か……可愛い? 私が?////」

男「うん。さっきから泣き顔ばっか見てたけどさ」

男「お前は笑ってる顔の方が可愛いと思うぞ?」

鬼娘「そ……そうかな?」

男「そうだよ。だから泣くのはもうやめて、もっと俺に笑い顔を見せてくれ……な?」

鬼娘「う……うん!」ニコー



242 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:49:49.73 ID:GGXPN6TD0


男「よーし、豆取ってきたぞー」

鬼娘「ひゃうっ」ビクッ

男「……って、どうしたの?」

鬼娘「ご、ごめんなさい。豆が怖くて……」

男「え? でもさっき外で子ども達と節分ごっこやってたよな?」

男「てっきり豆まき自体は好きなもんだと思ってたんだけど」

鬼娘「アレは……人のおウチに入れてもらいたかったから……」

鬼娘「ぶつけられても……我慢してたの……」

鬼娘「ほんとは……とっても……とっても……怖かった……」ブルブル




246 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 13:59:31.66 ID:GGXPN6TD0


男「鬼娘……」

鬼娘「あ、でも節分はしたいの! 豆も……ぶつけられないなら平気……多分……」

男「そうか……? じゃ、こっから豆掴んで」

鬼娘「は、はい!」

鬼娘「……!」ソー

鬼娘「……!!」ビクビク

男「……あの」

鬼娘「あ、ハイ! ごめんなさい! す、すぐに取るから!」アセアセ

男「そんなビビんなくていいよ。こんなのただの食いもんだぜ?」



248 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:11:48.74 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「そ……そうなんだけど……鬼にとっては……やっぱり天敵だから」

男「……鬼娘、あーんして」

鬼娘「え?」アーン

ヒョーイ

パクッ

鬼娘「!? んー!?」

男「お味はどう?」

鬼娘「な、何するのー!? ど、どうって言われたって……そんなの……」

ポリポリ



鬼娘「……お、美味しい」

男「だろー?」



250 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:21:41.16 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「あんなに怖かった豆がこんなに美味しかったなんて……もっと食べてもいい?」

男「あー、一応豆は年の数だけ食べるっていう決まりがあるんだけど……鬼娘って何歳なの?」

鬼娘「分かんない……覚えてないよ……」

男「ま、どうでもいいか。どうせ俺達だけの節分なんだし。ルールは俺が決める」

男「好きなだけ豆食べていいよ」

鬼娘「わーい!」

ポリポリポリポリ



254 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:30:58.72 ID:GGXPN6TD0


男「……で、結局」

男「豆は全部鬼娘が食ってしまったと」

鬼娘「ご……ごめんなさいいい! つい美味しくて……」

鬼娘「……怒ってる?」

男「ん? 何で俺が怒るんだよ?」

男「鬼が豆を全部食べちゃう……なんて、新しくて面白いじゃん」

男「まさに俺達だけの節分だよ」ナデナデ

鬼娘「え……あ、うん。えへへ」



255 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:37:46.70 ID:GGXPN6TD0


男「まぁでもこのまま終わっちゃうのも味気ないので」

男「代わりにあられを持ってきたよ」

鬼娘「わーい! これも美味しそう!」

男「……いや、これは食べずにまこうな?」

鬼娘「え? そ、そっか。りょうかーい」



256 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:42:06.41 ID:GGXPN6TD0


男「よし、じゃー始めるぞ……準備はいいか?」

鬼娘「だ、だいじょぶ!」

男「じゃ、せーの……でいくぞ」

男「……せーの」











男・鬼娘「鬼はああああああ内いいいいいいい!!!!」

バラバラッ



267 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 14:54:43.50 ID:GGXPN6TD0

続けますね、中途半端になったらごめん



男「鬼はああ内いいい!!」

バラバラッ

鬼娘「鬼はー内ー!」

バラッ

男「もっと思い切りやろうぜ鬼娘! 今日はお前が主役なんだ!」

鬼娘「う……うん!」

男「鬼はああああ内いいいいい!!」

バラバラッ

鬼娘「鬼はああああああ内いいいいいいいい!!」

バラバラッ



268 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:05:09.21 ID:GGXPN6TD0


男「楽しいか? 鬼娘」

鬼娘「う……うん! 楽しいよ! こんなに楽しいの初めてで……私……」ウルウル

男「あ……おい鬼娘! 泣かないでよ……笑顔笑顔」ニッ

鬼娘「あ……そっか。え、えへへ」ニコ





男(鬼娘のやつ……楽しんでくれてるみたいだな)

男(ま……俺も節分なんて久々だし、楽しませてもらうとするか)

男「鬼はあああ内いいいい!!」

男「福もおおお内い……
鬼娘「福はあああああああ外おおおおおおおお!!!!」

バラバラバラバラッ



男「……お……鬼娘……さん……?」



272 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:16:25.92 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「福はあああああああ外おおおおおおおお!!!!」

バラバラバラバラッ

男「ちょ……鬼娘……別にわざわざ福を追い出す必要は……無いんじゃないか?」

鬼娘「何言ってるの!? 福は……福は私達の敵なんだよ!」

男「そ、そうなのか?」

鬼娘「そうだよ! いっつも……鬼ばっかり虐げられて……福はいい思いしてさ!」

鬼娘「ずるいよ! 不公平だよ! ……だから今日こそは……」

鬼娘「福はあああああああああ外おおおおおおおお!!!!」

バラバラバラバラッ



273 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:25:53.76 ID:GGXPN6TD0


男(こ……怖い……けど、そうだよな。鬼娘からしたらそういう気持ちになるのは当たり前か)

男(今日のこれで、今までの寂しい気持ちが少しでも薄れてくれるなら……これでいいか)

男「よーし! じゃあ俺もやるか!」

男「福はああああああ外おおおおおおお!!!!」

鬼娘「! ……えへへ」

鬼娘「福はあああああ外おおおおおおお!!!!」



275 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:35:06.48 ID:GGXPN6TD0


男「……ふう」

男「あんなにあったあられ……全部まいちゃったな」

鬼娘「おウチ……結構汚れちゃったね……」

男「ん? あー気にしなくていいよ。鬼娘はお客様なんだし」

鬼娘「お客様……お客様かぁ……えへへへ」

男「ちょっと疲れちゃったし、こたつに入ってのんびりしようぜ」

鬼娘「う、うん」

男「はー、やっぱ冬はこたつだぜー」ヌクヌク

鬼娘「……」ジー

男「……? どうした? 俺の方じっと見て」



279 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:50:12.04 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「え……あ……あの……」

男「遠慮せずに言えよ」

鬼娘「その……そっち……行ってもいい……? お、おひざの上……」

男「……ははっ、お安いご用だよ。おいで、お客様」

鬼娘「……うん!」

ゴソゴソ



282 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 15:56:22.96 ID:GGXPN6TD0


男「あーお前の体あったかいなー」

鬼娘「そ……そうかな……」

男「うん。ってか不思議だなー。そんな露出度の高い格好してんのに、寒くないのか?」

鬼娘「鬼は妖気を纏ってるから……寒いのとか熱いのは……平気なの」

男「へーそうなのか、便利だな。ってことは別にこたつの温もりとか鬼娘には必要なかったか?」

鬼娘「ううん……そんなこと無い……」フルフル

鬼娘「こうしてると……あったかくなってくるよ……」

鬼娘「心がポカポカしてくるんだ……」

男「……そっか……じゃ、もっとあったかくしてやるよ」ギュー



285 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:07:19.41 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「!! ……」

鬼娘「…………お兄ちゃん」

男「へ?」

鬼娘「あ……あの……私……お兄ちゃんとかいないから……もしいたらこんな感じかな……って思って」

鬼娘「い……嫌だった?」

男「……そんな訳ないだろ。俺もこんな可愛い妹がいたらよかったな、って思ったよ」

鬼娘「ほんと? えへへ、嬉しい!」



288 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:15:53.02 ID:GGXPN6TD0


ピンポーン

男「ん? 誰かきたな……」

男「ちょっと出てくるから……鬼娘はここで待ってて」

鬼娘「……」コクコク

男「はーい、どなたですかー」

ガチャ

「こんにちはー」

男「はい、こんにちは……えっと、君は誰かな?」

福娘「私福娘と申しますー。よろしくお願いします」ペコリ



292 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:27:42.28 ID:GGXPN6TD0


男「あぁ、わざわざご丁寧にどうも……」ペコ

男「で、ウチに何の用?」

福娘「あ、ハイー。実は私ですね、俗にいう福の神のような存在でしてね」

男「福の神って……え!?」

福娘「あっ驚かせてしまってすいません。普段は人前に姿を現わしたりしないんですが……」

福娘「ちょっと失礼させてもらいますね」

ススー

男「あっ! ちょっと、勝手に家の中入らないで!」



297 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:36:33.43 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「お兄ちゃん……まだかな……」

福娘「ふっ……やっぱり……いましたか……」

鬼娘「……え?」

福娘「どんな汚い手を使ったか知らないですけど……人間を騙して家に上がりこむとは……卑劣な鬼ですね」

鬼娘「なに? なんなの!?」

福娘「けど残念でした。こっちにはすぐに伝わってくるんだから……追い出してやるわ!」

鬼娘「……」ビクッ

タタッ

男「おい! お前やめろって!」

鬼娘「お兄ちゃん!」



302 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:45:28.96 ID:GGXPN6TD0


福娘「可哀想に……あなたは騙されてるんです。すぐ正気に戻してあげますからね」

男「はぁ? 何勝手なこと……」

福娘「鬼を退治するなんて簡単……こうやって豆をまけばすぐに……」

バラバラッ

鬼娘「……」

福娘「あ……あれ? ちょっと量が足りなかったかな? も、もう一回!」

バラバラバラバラッ

鬼娘「そんなに豆投げたらもったいないよ!」

福娘「なんでぇ!?」



304 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 16:55:47.67 ID:GGXPN6TD0


福娘「そ……そんな……豆が効かない鬼がいるなんて……」ワナワナ

鬼娘(お兄ちゃんのおかげだ!)

福娘「こ……こうなったら……天の力で……倒すしかない」

キュイイイイイイン

鬼娘「!!」

バッ

男「やめろって言ってんだろ!」

福娘「ちょっと、どいてください! 何で鬼をかばうんですか!?」

男「お前こそ何でいきなり鬼娘を倒そうとするんだよ!?」

福娘「そ……そんなの決まってるじゃないですか! 鬼は災いを呼び込む悪だからです!」



308 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:06:07.14 ID:GGXPN6TD0


男「それは一体誰が言ってたんだよ!?」

福娘「え……有名な言い伝えじゃないですか!」

男「ほらな! 所詮は言い伝えだろうが! 誰か実害を被ったやつはいるのかよ!?」

福娘「そ……それは……分からないですけど……」

男「だったらいきなり攻撃したりすんなよ!」

男「俺は騙されたりなんかしてない! 自分の意思でこの子を家に置いてるんだ!」

男「災いなんて起きてないし、もし起きたとしてもそれは自分で責任を取るよ!」

男「だから鬼娘には手を出すな! 帰ってくれ!」

鬼娘「お……お兄ちゃん……」ポー



317 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:14:59.76 ID:GGXPN6TD0


福娘「え……な……なんで……?」

福娘「なんで私が……悪者みたいに……い、言われるの……?」

福娘「か……帰れ……って……そんなの……は……初めて言われたよ……」

福娘「わ……私は……ただ……悪い奴を退治したかった……だ、だげ、なのに……」ポロポロ

男「……お、おいおい……待ってくれ……」

福娘「……ふえ」ポロポロ

男「このパターンは……」



福娘「ふええええええええええええええん!!」

男「やっぱりいいいいい!!」



320 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:23:32.90 ID:GGXPN6TD0


男「ちょ……ちょっと待って! ごめん、俺が悪かった! 帰れなんて言わないからさ!」

男「いやーよく考えたら俺って馬鹿だなー!」

男「せっかく福の神がウチに来てくれたのに、帰れなんて、どうかしてたぜー!」

男「あ……もうすぐご飯作るからさ、ぜ、是非福娘にも食べていってほしいなー……なんて」

福娘「……」グス

男(だ……駄目か)

福娘「……食べるぅ……」ヒック

男(ほっ)



324 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:29:40.46 ID:GGXPN6TD0


男「……よーし」

男「お前ら、飯出来たぞー」

鬼娘「……」ジロー

福娘「……」ギロー

男「何お互い無言でにらみ合ってんだよ」

鬼娘「……ふん」

男「そんでお前は何でそんなに不機嫌なんだよ、鬼娘」



326 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:37:54.37 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「何でって……当たり前だよぉ。 私、福は敵だって言ったじゃん」

鬼娘「なのに結局入れちゃって……お兄ちゃんの馬鹿ー」

男「し、しょうがないだろ……俺は子どもの涙が苦手なんだよ……」

男「それにもういきなり攻撃はしないように言ったから……」

男「もしお前が危なくなったら俺が盾になってやるから……な?」ナデナデ

鬼娘「お兄ちゃん……もう、しょうがないなー……」



334 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:47:24.69 ID:GGXPN6TD0


福娘「……随分仲が良いんですね」

鬼娘「……当然だよ。 私とお兄ちゃんには深い絆があるから」

男「まぁ、会ったのは今日が初めてだけどな……」

鬼娘「関係ない……大事なのは気持ちだから」ギュー

男「お、おい。食事中に抱きついてくるなよ。食べ辛い」

男(随分懐かれたなぁ)

鬼娘「……」チラ

福娘「!!」

鬼娘「……へへー」ニヤ

福娘「!! ……むぅぅ……」



335 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/02/03(金) 17:48:34.72 ID:8kT/9UWk0

早く!節分が終わる前に俺の家にこい


338 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:55:36.54 ID:m4se3IuL0

家に入ったとたんに鬼嫁だもんなぁ


340 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 17:58:11.71 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「お兄ちゃん……食べさせて……」

男「なんだよお前……お子ちゃまだなー」

鬼娘「お子ちゃまでいいもん」

男「仕方ない奴だな……ほれ」

鬼娘「あーん」パク

鬼娘「うん、おいしー」

男「そっかそっか。そりゃよかった」

鬼娘「……」チラ

福娘「!! ……また……」

鬼娘「……えっへっへ」ニヤ

福娘「!!!! むうううううううう!!」



342 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:06:52.46 ID:GGXPN6TD0


福娘「んもおおおおおおおおお!!」

男「ど……どうした!? いきなり牛みたいな声だして!?」

福娘「お兄ちゃん! 私も隣行っていい!?」

男「え……いいけど、って何でお前まで俺のことお兄ちゃんって……」

福娘「いいでしょ! ねーねーお兄ちゃん、私にもあーんってして!」ギュー

男「はぁ? どうしてそんな急に……」

福娘「だって……私のことほったらかしで鬼の方ばっかり可愛がるなんてズルイ!」

福娘「本当なら逆なのに……ちやほやされるのは私の方の筈なのにー!」



346 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:16:32.64 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「他の人間のところ行けばいいじゃん。ちやほやされ放題だよ」

鬼娘「私はお兄ちゃんだけいればいいから」

福娘「い、や、だ! たった1人でも私のことを見てくれないのは、やなのー!」

福娘「福はみんなを幸せにするんだから、その分みんなから愛されなきゃ駄目なのー!」

鬼娘「何それすっごいわがまま。やっぱり福は敵だ!」

福娘「邪魔しないでよ。やっぱり鬼は災いだ!」

鬼娘・福娘「むううううううう!!」

男「おいおい喧嘩はやめろって!」



349 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:27:54.00 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「お兄ちゃんは鬼の味方だもんね?」ウルウル

男「え……ああ、それは」

福娘「……お兄ちゃん……」グス

男「ええーと……」

男(これどっちかの味方したら確実にもう片方が泣き出すわ……)

男「ってゆーかお前ら初対面だろ!? もっと仲良くしよーぜ」

鬼娘「福なんかと仲良く出来る訳ないよ」

福娘「こっちだって! 鬼なんか嫌いだ!」



354 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:40:36.89 ID:GGXPN6TD0


男「それは節分の風習のせいだろ? 『福は内、鬼は外』っていう決まり文句のせいだ」

男「そのせいで鬼娘は福に嫉妬したし、福娘は鬼を災い扱いした。そうだろ?」

鬼娘・福娘「……」コクン

男「俺はそんな風習に、お前らみたいなチビッ子達まで縛られて欲しくないよ」

男「だからさ、一回過去のイメージってもんを取っ払って自分の目だけで相手のことを見てやってくれないか?」

鬼娘「……そんなこと言われても……」

福娘「そんな急には……無理だよ……」

男「……そうか……」

男「だったら……やっぱり一回思い切って戦っとくか?」

鬼娘・福娘「……え?」



358 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:51:17.64 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「お兄ちゃん……外に出て一体何するの?」

福娘「まぁどんな内容の戦いでも私が勝つけどね」

男「へへ、お前ら。外はこんなに綺麗な雪景色なんだぜ?」

男「こんなシチュエーションでやる戦いっていったら一つだろ……雪合戦だよ」

鬼娘「雪合戦?」



360 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 18:58:27.58 ID:GGXPN6TD0


男「おう……ってもしかして知らなかったか?」

福娘「私は知ってるよ。人間がやってるの見たことあるから」

鬼娘「わ、私も……見たことある……」

男「そうか。じゃあ説明の手間が省けたな」

男(こいつらは話し合いさせてもどうせ喧嘩になっちゃうだろうからな)

男(だったら一回思いっきり戦わせて『ふ……お前やるな』『お前もなかなか良かったぜ』的展開を狙うしかない)

男(子どもの雪合戦だったら怪我することも無いだろうし、我ながらいいアイディアだ)フフン



364 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:08:15.88 ID:GGXPN6TD0


福娘「……で、どうなったら勝ちなの?」

男「おう、それは相手が降参って言うまでだな」

鬼娘「分かった……」

男(雪合戦で降参なんてまず無いからな。子ども達よ、思う存分遊ぶがよい)





福娘「じゃ……始めよっか。本気でいくよ?」

ゴオオオオオオオオ

男「……え?」

鬼娘「いいよ……私もそのつもりだし」

ズズズズズズ

男「……へ!?」



368 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:19:19.71 ID:GGXPN6TD0


男「お……おいお前ら、ちょっと落ち着いて……」

福娘「はぁっ!!」

ビュッ!

鬼娘「……くっ!」

ヒュッ

ドッカーン

福娘「あれを避けるなんてやるじゃん。でも次は当てる!」

鬼娘「投げ方がなってないよ。私がお手本見せてあげる」

ギュン!

ドッカーン

男「……あわわわ」



372 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:29:56.89 ID:GGXPN6TD0


男(ま、まずいことになった……)

男(そうだよ、あいつら見た目は子どもだけど中身は鬼と福の神なんだ!)

男(馬鹿だ俺、完全に油断してた……)

男(にしても本気出すとここまですごいだなんて……流石に予想外だった)

男(早く止めないと大惨事に……)

ドゴーン

バゴーン

ドッカーン

男(……ただの人間に止められる訳ねー!!)

男(とりあえず戦況はどうなってんだ?)チラ

男(…………まずい、鬼娘がおされてる)



374 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:38:29.00 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「ハァ……ハァ……」

福娘「あはっ、そろそろ限界じゃないのー?」

鬼娘「……ハァ……ま、まだまだ……」

福娘「もー往生際が悪いなー。普通に考えて鬼なんかが神に勝てる訳無いじゃん!」

鬼娘「そ……そんなこと……わかんない……」

鬼娘「う……」グラァ

福娘「ぐらついた! 隙あり!」ヒュッ

バシーン



378 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:47:46.08 ID:GGXPN6TD0


鬼娘「ぐはっ!!」バタッ

福娘「倒れた、チャンス! ここで一気に決める!」

福娘「これで……これでお兄ちゃんは私のもんだー!」





バッ

男「や、やめてくれー!」

福娘「えっ……」ピタ

鬼娘「けほっ……お兄ちゃ……」




381 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 19:57:11.66 ID:GGXPN6TD0


男「ごめん、俺が悪かった! お前らの力を見誤って軽い気持ちで雪合戦なんて提案した俺が……」

福娘「……」

男「俺は……ただお前らに……仲良くなって欲しかっただけだったんだ……」

福娘「……」

男「勝手に勝負させて、勝手に勝負の邪魔するなんて……自分勝手だけど……」

福娘「……」

男「頼むから鬼娘を攻撃しないでくれ……!」

福娘「な……なにそれ……なにそれぇ……」グス



386 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:05:19.03 ID:GGXPN6TD0


福娘「わた、私……お兄ちゃんが欲しくて……頑張ったのに……うぅ……」

福娘「結局……こうなるんじゃあん……ヒック……」

福娘「わ……わだじを……悪者にするんでじょ……」ポロポロ

福娘「おにいぢゃん……わだじのこど……嫌いなんでじょ……?」

男「ち……違う! 嫌いとかそういうのじゃないよ!」

福娘「嘘! もういい……もぉいいよぉ……」スッ

男「ど、どこに行くんだ!?」

福娘「じらない……もう帰る……帰るもん……」



390 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:14:30.83 ID:GGXPN6TD0


男「帰るって…………あっ! 馬鹿! そっちは急な坂が……」

福娘「……え」ズルッ

男「福娘!」ダッ



ガシッ

男「うわあああああああああ!!」ゴロゴロゴロゴロ

福娘「きゃあああああああああ!!」ゴロゴロゴロゴロ



394 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:25:19.53 ID:GGXPN6TD0


福娘「うう……ってお兄ちゃん! 大丈夫!?」

男「ぐぁ……全身打ったが……まぁ大丈夫だろ……それよりお前は無事か?」

福娘「うん……お兄ちゃんが抱きかかえてくれてたから平気……」

男「そっか……よかった……」

福娘「な……なんで助けたの? お兄ちゃん……私のこと嫌いなのに……」

男「何勝手に決め付けてんだ。そんなこと誰も言ってないだろ?」

男「俺は自分の気持ちに素直なお前が好きだよ。じゃなきゃこんな痛い思いして助けねぇし」

福娘「お……お兄ちゃん……」グス



395 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:34:02.64 ID:GGXPN6TD0


男「けどさ、おんなじくらい鬼娘のことも好きなんだ。俺にはどっちかなんて決められねぇ」

男「こんな優柔不断な俺を嫌いになるのは構わない」

男「けど、鬼だっていう……そんな安易な理由で鬼娘を嫌うのだけはやめてくれ……頼む……」

福娘「お兄ちゃん……なんでそこまで……」

福娘「………………もうっ……しょうがないな……」

福娘「馬鹿なお兄ちゃんに免じて……あの鬼娘を攻撃するのはやめてあげる」

男「福娘……ありがとう! でも、馬鹿って……ひでぇな」

福娘「だって馬鹿なんだもん。言っとくけどね、福の神は坂から落ちたって全然怪我なんかしないんだよ」

男「げっ、マジかよ……あはは、じゃあ俺の助けいらなかったんか。かっこわるー」

福娘「ううん! お兄ちゃんは、馬鹿だけど……かっこよかったよ……!」

男「……そうかい……ありがとよ」



399 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:42:25.29 ID:GGXPN6TD0


パアアアアアア

男「お、おい。いきなり手が光りだしてるけど……何してんだ?」

福娘「じっとしててよ。治療してあげてるの」

男「治療って、そんなことも出来るのか……流石福の神」

福娘「はぁ……すっごく疲れるんだけどね……」

男「そうなのか……じゃ、じゃあ俺なんかの治療はいいからさ、上にいる鬼娘を治してやってくれよ!」

福娘「……やだよ……」



400 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:49:52.93 ID:GGXPN6TD0


男「……! そ、そんなこと言わないで頼むよ……」

福娘「もー! 静かにしてて!」

男「福娘……」






福娘「……これから2人連続で治療しなきゃいけないんだから、集中させて!」

男「……ふ、福娘……お前ってやつは……可愛いやつだ!」ナデナデ

福娘「く……くすぐったいよぉ」

福娘(ふああ……やっとお兄ちゃんに撫でてもらえた……////)



404 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 20:58:37.66 ID:GGXPN6TD0


そして―

男「ほら、鬼娘……恥ずかしいのは分かるけど、いつまでも俺の後ろに隠れてないで出てこい」

鬼娘「……」ヒョコッ

男「……福娘に言いたいことがあるんだろ?」

鬼娘「あ……えっと、け、怪我……治してくれて……ありがと……」

福娘「……別に。もともと私がさせちゃった怪我だし」

鬼娘「……そーだよね、それじゃ」クルッ

男「コラコラ」ガシッ



408 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:03:58.14 ID:GGXPN6TD0


男「それで終わったら何も変わらないだろ? ……福娘も」

福娘「う……あ、あの……さっきは……雪ぶつけて……ご、ごめん……ね?」

鬼娘「……あ、あう、うん……い、いいよ」

鬼娘「わ……私ももう……福は敵だとか……言わないから」

福娘「私も……鬼は災いだなんて……決めつけない……」

スッ

福娘「……その手は?」

鬼娘「な……仲直りと……友達になろうの……握手……」

福娘「…………うん……!」

ギュッ



412 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:07:52.21 ID:GGXPN6TD0


男(鬼と福の握手だなんて、何気にこれ歴史的瞬間じゃないか?)

男(それに……美しい友情を確かめ合う……なんて感動的なシーンなんだ!)





鬼娘「……ま、でもお兄ちゃんを渡す気はないから」

福娘「……うん。それとこれとは話が変わってくるよね」

鬼娘「ふふふ……」

福娘「ふふふふふ……」

ギリギリギリッ




男(……前言撤回。美しい友情はまだまだ先になりそうだ)



414 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:10:12.44 ID:GGXPN6TD0


男「よし、じゃー始めるぞ……準備はいいか?」

鬼娘「だ、だいじょぶ!」

福娘「オッケーだよ、お兄ちゃん!」

男「じゃまた掛け声は、せーの……でいくぞ」

男「……せーの」









福娘「鬼はあああああああ内いいいいいいい!!!!」

バラバラバラバラッ

鬼娘「福もおおおおおおお内いいいいいいい!!!!」

バラバラバラバラッ



終わり


418 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:12:29.39 ID:de+uErqdP

乙したー!


419 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:12:40.77 ID:x9rObiog0

エピローグ頼む


424 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:15:43.01 ID:GGXPN6TD0

やっぱ疲れたー
でも節分ネタだし今日中に終わらせれてよかったー

>>419
今から深夜勤なんで書けない、ごめん



422 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:12:56.69 ID:dqg9ZS1t0

お疲れ様


428 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:18:07.84 ID:A2ixdCZO0

大層乙であった


430 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:20:11.95 ID:GGXPN6TD0

とりあえず最後に
読んでくれた人、支援してくれた人、保守してくれた人に感謝しつつ
おつ


435 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/02/03(金) 21:25:09.38 ID:IQqulOSm0

大層乙であった



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1328190731/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP