PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 15:39:18.86 ID:epH0silq0

はい


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 15:39:39.35 ID:Rgoe5QMQ0

はいじゃないが


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 15:50:52.33 ID:xRB26J0s0

兄「そんな…殺生な…」

妹「何かあったらどうするのよ!」

兄「そ、それは…俺が責任とるって」

妹「それに…怖い…」

兄「な、慣れるって、何回も中で…」

妹「もう!知らない!」バタン

兄「はぁ…だって中の方がいいよなぁ…?」

兄「それに全然怖くなんてないぞ…?」

兄「なぁみーちゃん?」ナデナデ

猫「みー…?」

兄「妹はああ言ってるけど、これからは中で過ごそうなっ」

猫「ゴロゴロ…」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:00:59.67 ID:xRB26J0s0

妹「まったく…あんな気持ち悪い生き物…!」

妹「なんであんなの可愛がるのよ!」

猫「みー?」

妹「!!」

妹「あ、あんたどっから入ったのよ!」

妹「ほら出てって!」シッシッ

猫「みーみー」

妹「あっ!棚の下に!」

猫「みー」カチョカチョ

妹「むむむっ!出ーてーきーなーさーい」

猫「みっ!」キラン

妹「こ、これは失くしてたイヤリング!」

妹「…」

猫「みー?」

妹「お、お礼なんて言わないんだからね!」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:10:30.66 ID:xRB26J0s0

兄「肩おいで~」

猫「みっ」

兄「お前は頭いい子だな~」ヨシヨシ

猫「ゴロゴロ」

妹「…」

兄「そんじゃ、いってくるね」

妹「…」ムス

兄「みーちゃんは俺の部屋入れとくから安心しろって」

猫「みー」

妹「…いってらっしゃい」

兄「帰りに猫じゃらし買ってくか」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:16:21.90 ID:xRB26J0s0

チッ チッ チッ チッ

妹「遅いなぁお兄ちゃん…」

チッ チッ チッ チッ

妹「…」ウトウト

チッ チッ チッ チッ

妹「Zzz」

PrPrPrPrPrPrPr

妹「!」

妹「はい」

妹「…!!」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:22:14.36 ID:xRB26J0s0

兄「や、ごめんな、車が急に突っ込んでくるもんだから…」

妹「ば、馬鹿!心配したんだから!!」

兄「この足じゃあ当分家に戻れないかな…」

兄「それで…一生のお願いなんだが…」

妹「…」

妹「…はぁ」

妹「エサだけだからね…?」

兄「本当にすまん!責任とるっていったのに…」

妹「だから言ったのに…」

兄「あとこれ…なんとか死守したんだけど…」

妹「だ、だからエサだけだって!」

兄「まぁ一応持っておいてくれよ」スッ

妹「…はぁ」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:31:30.61 ID:xRB26J0s0

妹「…ただいまぁ」

妹「…って誰もいないか」

猫「みー」ヒョコ

妹「あ、みーだ、ただい…ってあんたなんで!?」

猫「みー」ヒョコヒョコ

妹「な、成る程…ジャンプして取っ手を引っ掛けて…」

妹「…ってなんで猫と喋ってんのよ…」

猫「みー?」

妹「はー…もう今日は寝よ…」

猫「みー!みー!」カチョカチョ

妹「なに…ごはん?」

妹「うっ…なんで猫のエサってこんな匂いなの…」カチャカチャ

猫「みー♪」ハムハム

妹「食器は明日片付けるわ…」

妹「おやすみ…」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:39:29.62 ID:xRB26J0s0

猫「みーみー」

妹「ん…」

猫「みー?」ペシペシ

妹「むぐ…」

猫「みー」シャァァアア

妹「うっ…まぶし…」

猫「みー」ヒョイ

妹「あ、朝か…」

妹「あんたカーテンも開けられるの…」

妹「あ、朝刊」

猫「みー!」

妹「べ、別にこれくらい猫ならできて当然だし!」

猫「みみみ…」

妹「…はぁ」

妹「ごはんあげるわ…」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:48:09.21 ID:xRB26J0s0

妹「あれ?食器…」

妹「…洗ってある」

猫「みー」

妹「くっ…これは予想外ね…」

猫「みー」ドヤ

妹「な、撫でたりなんかしないからね」

猫「みー?」

妹「ひ、一撫でだけね…」ソー

猫「ゴロゴロ」

妹「さ、触っちゃった」

猫「みー…」カチョカチョ

妹「あ、エサエサ」

妹「うっ…やっぱりこの匂い慣れないね…」カチャカチャ

猫「みー」ハムハム


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:54:51.21 ID:loUC+aK10

癒される


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 16:56:38.67 ID:xRB26J0s0

妹「あ、学校行かなくちゃ」

猫「みー」

妹「キャットフードとお水は置いとくから、お昼に食べなさいよ」

猫「みー」

妹「あとトイレはお兄ちゃんの部屋ね」

猫「みー」

妹「おとなしくしててね」

猫「みー」

妹「行ってきます!」

猫「みー!」

妹「…ってなんで猫と話してんのよ…」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:08:36.58 ID:xRB26J0s0

友「お、妹、おっはよー」

妹「おはよー」

友「今日は珍しく早いね」

妹「そ、そう?たまには早起きもいいかなーってハハハ…」

友「そういえばさ、最近空き巣が多いらしいね」

妹「えー、それは怖いね」

友「ウチは番犬がいるからいいけどさー、あんたんとこ危ないんじゃない?」チョイチョイ

妹「フ、フラグ建てるのやめなさいっての!」

友「犬はええで~、って妹動物苦手だったか」

妹「うん…」

友「ふふ、そんな暗い顔すんな!」

妹「あのね…昨晩お兄ちゃんが事故に遭っちゃって」

友「え、それヤヴァくない?」

妹「何故急にギャル語」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:21:07.60 ID:xRB26J0s0

男「ふん…こんな真昼間から空き巣に入られるとは夢にも思うまい…」カチャカチャ

猫「…!」

猫「みっ」ピ

テレビ「ってそんなアホな!!」ギャハハハハ

男「!?」

男「この曜日この時間はここの家に誰もいないはず…、そげな馬鹿な…!」

男「…」ガチャ

男「…」チラ

男「やはりテレビだけが点いてるだけだ…」シノビシノビ

ブスッ

男「ギョェエエエエエエ!?」

男「が、画鋲置いた馬鹿は誰じゃ!?」ツルッ

男「ぶっ」

男「なんでこんなとこにTENGAのローションが…」

男「…え?ちょっと待って…ちょっとぉおおおお!?」メリメリメリ


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:29:07.55 ID:xRB26J0s0

猫「みっ」ピポピポ



brbrbrbrbr

妹「…」チラ

妹「(…!?自宅…?)」

妹「せ、先生!トイレ!」

先生「先生はトイレじゃないぞ~」

ギャハハハハハハハ

妹「…」ガラ

先生「お、おいスルーはいかんぞ!」

ギャハハハハハハ…

妹「も、もしもし!」

男『ね、ねこちゃん?や、やめ、アッー!!』

妹「だ、誰!?」

妹「け、警察に電話しなきゃ!」アタフタ


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:36:08.01 ID:xRB26J0s0

警察「ご協力、感謝します」ビシ

妹「は、はぁ…」

男「…」グッタリ

警察「いや~まさか、瞬間接着剤の罠なんてあるんですね、今後、参考にさせていただきます!」

妹「は、はぁ…」

ピーポー ピーポー

妹「な、なんなの一体…」クテ

猫「みー?」スリスリ

妹「わっ!び、びっくりした…」

妹「…」

妹「これ、部屋めちゃくちゃよね…」

猫「みー…」ヒョイ

妹「あ、わ、私もやるから!」

猫「みー!」

妹「…ふふ」カチャカチャ


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:42:06.52 ID:xRB26J0s0

妹「…」カチョカチョ

猫「みっ」ヒョイ

妹「…」グー

猫「…!」ボン

妹「そ、そんな驚かなくてもいいでしょ!」

妹「あ、あんたマグロは好き?」

猫「みっ」ヒョコヒョコ

妹「そっか、今日はまずそうな缶詰じゃなくて、お刺身食べよっか」

妹「じゃ、買いに行ってくるね」

猫「みー」

妹「え、あんたも来るの?」

妹「…」

妹「おいで…」

猫「みー」ヒョイ


48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:50:40.16 ID:xRB26J0s0

妹「こ、こりゃあ転べないわ…」キコキコ

猫「みー」

妹「ま、馬鹿お兄ちゃんみたいに事故はしないよ」キコキコ

兄「ヘックショウゥゥオオイ」

兄「風邪でも引いたかな…」ズル

妹「じゃ、ちょっと待っててね」キィー

猫「みゃー」



妹「中落ちのあり合わせ…か中トロ…か…」

妹「うーん、高い方にしてあげるか…」

妹「そだ、缶詰も買っとこ…」


妹「みー、帰ろ」

猫「Zzz」

妹「…」プニプニ


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 17:58:02.50 ID:xRB26J0s0

妹「…ってみーがカゴにいたら荷物乗っけられないじゃん!」

猫「…みー?」

妹「むむ…どうしよ」

猫「みゃおう」ヒョイ

妹「わわっ」

妹「か、肩…その手が…」

猫「みー」

妹「な、中々バランスが難しいぞ…」キコキコ ヨロヨロ

妹「…帰還!」ドサ

妹「肩が…凝る…!」

猫「みー」ガサガサ

妹「あ、ちょっと待ちなって」

猫「みっみっ」ヒョイヒョイ

妹「あ、缶詰めしまう気なのね…」

妹「私がやるからみーはテレビでも観てて」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:05:08.00 ID:xRB26J0s0

猫「みー」ピ

テレビ「本日のニュースです、最近、○○市で多く被害が出ていた空き巣ですが、犯人が今日、ついに捕まりました」

妹「あ、こいつウチにも入ったヤツだ」

猫「みー」

ニュース「犯人は、しきりに猫こわい猫こわい等と供述をしており、依然として動機、犯行の方法等はわかっておりません」

妹「あ、みー映ってる!いいなー」

猫「みー!」ヒョコヒョコ

妹「よし、みー食べよ」カチャ

猫「みー」ハムハム


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:13:33.66 ID:xRB26J0s0

妹「ふぅ、ごちそーさま」カチャカチャ

妹「みー、私はお風呂入ってくるね」

猫「みー」


チャポン

妹「みーが来てから…色々あったなぁ」

妹「みー、全然怖くなんてないじゃない…」ブクブク

ガラガラ

妹「!?」

猫「みー?」

妹「ちょ、このスケベ猫」ザバァ

猫「みー」ヒョイ

妹「…はぁ、あんたも洗いたいのね…」

猫「みー」チャプチャプ

妹「猫ってどう洗えばいいのかな…」

妹「…温度はぬるめで…」ゴシゴシ


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:18:58.39 ID:xRB26J0s0

猫「みー…」ジャブジャブ

妹「ぷっ」

妹「濡れるとめっちゃ貧相!あははは!」

猫「みゃおう」ブルブル

妹「わっ!ちょっと水が飛ぶ!」

猫「みー」ガラガラ

妹「はぁ…マイペースだなぁ」

ウィィィィィィム

猫「ゴロゴロ」

妹「ドライヤー気持ちいいのかな」スッスッ

妹「モフモフだ…」

妹「…」ナデナデ

猫「みー」

妹「ふふ…みーちゃん」ナデナデ

猫「みー…」ウトウト


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:24:34.04 ID:xRB26J0s0

妹「ふぁー、今日は疲れた」パタ

猫「みゃおう」ピョン

妹「うっ」

猫「みー」フニフニ

妹「何、マッサージしてくれるの?」

猫「みー」フニフニ

妹「あー背中いい感じ…」

妹「あんたはなんでもできるね…」

猫「みーみー」フニフニ


妹「じゃ、おやすみ、明日もできれば起こしてネ」

猫「みー」スッ

妹「わ、一緒に寝るの?」

猫「ゴロゴロ」

妹「ふふ…おやすみ」ポンポン


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:40:01.07 ID:xRB26J0s0

ピンポーンピンポーンピンポーン

妹「…?」

妹「今何時だと思ってるの…」

妹「は~、なんですかっと」ガチャ

黒服「朝早くに失礼申し上げます、お宅にこの猫が住んでいませんか?」ピラ

妹「え」

妹「なんなの?あなた達…?」

黒服「我々、こういうものでございます」ピラ

妹「CATS?なんか劇でもやってるんですか?」

黒服「貴方には感謝の意もこめて、偽り無く話がしたい、少し話をしましょう」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

妹「…つまりあなた達は諜報部員みたいなモノで、みーちゃんが仕事仲間と…」

黒服「そうです…彼は、遺伝子組み換えをされ、特別な訓練を受けてきました」

黒服「…信じてもらえますかね」

妹「はぁ…そんなおいそれと信じられると思いますか?、ウチのみーはただの猫です」


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:46:34.02 ID:xRB26J0s0

黒服「…」

黒服「すまない、お嬢さん」プシュ

妹「へ…?」

妹「ちょ、…と……」ガク

黒服「帰るぞ、コードナンバー:トラ」

猫「…みー」

黒服「お前は本当に賢いよ、まさか県を跨いで逃げるなんて思いもしなかった、だがテレビに映ったのは不味かったな」

猫「みー」ユサユサ

黒服「大丈夫だ、彼女は30分もしたら起きるよ、そしたらまたいつもの日常だ」

黒服「お前の居場所は、ここじゃないんだ」

猫「…」

黒服「帰ろう、我が家に」

猫「みー…」


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:52:21.65 ID:xRB26J0s0

妹「…っ」

妹「なんなの…」

妹「…!!」

妹「みーちゃんは!?」

シーン

妹「…」

妹「べ、別に最初から居て欲しくなかったもんね!」

妹「…」

妹「学校行こ…」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 18:55:47.07 ID:xRB26J0s0

友「お~い、妹~」ユサユサ

妹「…」ボー

友「ていっ」ゴッ

妹「あうっ」

妹「な、なにするの!」

友「大丈夫?なんか変だよ妹、相談だったらのるよ!」

妹「う、うん…なんでもないよ…」

友「(あんたの何でもないは、何でもなくない時しか使わないじゃん…)」

妹「もうお昼だったの!!食堂行くぞ!友!」ダッ

友「…あいよー」


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:00:56.51 ID:xRB26J0s0

妹「ただいまぁ!!」

妹「って誰もいないか…ハハ」

シーン

妹「…」

妹「さ、さて料理でも!」ガラガラ

カランカラン コツン…


妹「…缶詰め」

妹「…」

妹「…うっ…グス…」

妹「こんなの…ひどいよ…」ポロポロ


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:03:40.87 ID:xRB26J0s0

PrPrPrPrPrPr

兄「お?」ピッ

兄「おいおい、病院内なんだから電話ダメだって!」

妹「…なんで電源入れてるのよ」

兄「あ」

兄「たまには直接会いにきてくれよぅ!」

妹「…」

妹「ちょっと話を聞いてくれる?」


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:12:01.91 ID:xRB26J0s0

妹「むかし、むかーしの事です」

妹「ある女の子はとても、とても動物が嫌いでした」

妹「でも、そんな女の子に近づいてくる、間抜けな一匹の猫がいました」

妹「女の子は冷たい態度や、無視をしたりしますが、猫君はくじけません」

妹「猫君はとても賢く、女の子は助けられてばかり」

妹「やがて女の子は猫君に恋をしました」

妹「こんな幸せな日々が続けばいいな、なんて女の子が思っていると…」ポロポロ

妹「悪の組織が現れてしまいました」ポロポロ

妹「悪の組織は猫君を連れ去ってしまいます」ポロポロ

妹「女の子は、深い深い悲しみを味わいましたとさ…」ポロポロ

兄「…」

兄「その物語はバッドエンドなのか…?」


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:20:42.01 ID:xRB26J0s0

兄「俺が思うに、その賢い猫君も、女の子の事が好きだったと思う」

妹「…」

兄「でな?その物語は起承転結が全然なってない、まるで駄作だよ」

妹「…」

兄「猫君は賢いんだろ?何も残さずに女の子の元を去るかな…?」

兄「俺だったらちょちょいと書き加えて、ヒロインがヒーローを救う、新感覚アクション大作にしちゃうけどな」

ツーツー

兄「あり?」


妹「何か…何か…」ガサゴソ

妹「そ、そういえばお兄ちゃんの猫じゃらしが玄関に…」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:23:33.85 ID:xRB26J0s0

飯お


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:40:19.90 ID:iZ84Uevs0

ho


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:44:54.98 ID:iZ84Uevs0

ho ←これ猫がしっぽ立ててるみたい


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:50:59.62 ID:xRB26J0s0

妹「ん~、やっぱり猫じゃらしには何もないなぁ…」

妹「やっぱり猫には無理なんじゃ…」

妹「ん…壁に引っ掻き跡…」

妹「これは…?」


PrPrPrPrPr

兄「だーかーらー病院内だっての!」

妹「なんで電源入れてるのって!」

兄「あ」

兄「用が無いなら切るぞ」

妹「こ、ここで問題です!!」

妹「なんか歯車みたいな文字のえーと…なんだろう、真ん中に目…?」

兄「…妹よ、そういうのは写メで送r…」

ツーツー

兄「…」


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 19:57:16.96 ID:xRB26J0s0

prprprprpr

兄「まったく、無愛想なヤツめ」

兄「ん…?このマークどっかで見たことが…」

兄「お、そうだそうだ、最近ドッグフードとかキャットフード売り出し始めた会社だ」

兄「○○社だぞっと」


妹「…!!」

PrPrPrPrPr

ナース「ちょっと兄さん!、病院内で…」

メール「ありがとう!退院したらチューしてあげる!」

兄「…!」ブバババババババ

ナース「大変!!兄さんが流血よ!!手術室に運んで!!!!」



妹「…本社は…隣の県…!!」カチカチ

妹「みーちゃんは渡すもんか!!」ダッ


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:11:12.35 ID:xRB26J0s0

ピンポンピンポン

社員「こんな時間になんだなんだ…?」

妹「ドーモーCATS宛にお荷物でーっす」

社員「ったくまた上のヤツらか…」

社員「コードナンバーは?」

妹「…へ?」

社員「コードナンバーだよ!誰宛にだってこと!」

妹「め、名刺、名刺」

妹「こ、コードナンバー:クロ!宛です」

社員「…通りな」

ウィーン

妹「ほっ」

妹「みーちゃんを探さないと…!」ダッ

社員「お、おーい!クロの所は5Fだからな!」

妹「ありがとー!!」


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:20:30.64 ID:xRB26J0s0

社員「ったく、これバレたら首だぜ兄の野郎…、何考えてんだか…」


妹「…」スッ

社員2「ふぁ~眠っ」

妹「…」ガツン

社員2「へ…?」バタン

妹「…と、とりあえずごめん!」ダッ

妹「…」ガチャ

妹「…!!」

妹「なにここ…」

妹「動物がいっぱい…」

?「ようこそ、お嬢ちゃん」

妹「!!」バッ

?「いい身のこなしだ、やはり兄妹は似るものだな」

妹「あ、あんた誰?」

?「僕はこの会社の社長だよ、妹ちゃん」


89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:28:33.78 ID:xRB26J0s0

社長「ずっと、監視カメラで見てたよ、実に見事だ」パチパチ

妹「…お兄ちゃんを知ってるの?」

社長「…ある人物が、とても賢い猫を逃がす手伝いをしたんだ」

社長「そいつにはまんまと猫を逃がされ、そいつと猫は消息不明、尾行していた部下もみんなボロボロになって帰ってきたよ」

社長「ま、猫は帰ってきたし、そいつの作戦は失敗に終わったみたいだけど」

妹「みーを返して…」

社長「その話なんだが、ちょっと来たまえ」

妹「…」

社長「なぁに、心配するな、何もしない」

妹「…」トコトコ


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:36:02.39 ID:xRB26J0s0

社長「我々は動物実験をして、利益を上げている会社だ」

社長「だが、実験は完璧でなければならない」

妹「…話が見えてこないんですが…」

社長「ふむ、そこでトラ…君でいうみーがどちらを選ぶのかが知りたくてな…、実験では僕を選ぶ筈なんだ」

社長「社員、トラを」

猫「みー!!」

妹「みーちゃん!!」

社長「今から君と僕で、トラを取り合う、トラが選んだ方が勝者だ」

妹「…へ?」

社長「レディ…ゴォオオオオオ!!」

社長「ほらほらトラちゃんおいでおいでおにぃちゃんでちゅよぉ、トラちゃんトラちゃん」クイクイ

妹「…」

猫「みー…」


93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:40:12.76 ID:xRB26J0s0

猫「…」トコトコ

妹「お、みーちゃん」

猫「みー」スリスリ

社長「…かはっ…!!!」バタ

社員「社長!!!」

社長「…そいつは失敗作だ…、好きにするといい」

妹「…!」

猫「みー」

妹「みーちゃん、これからはずっと一緒だよ!!」ギュ

猫「みーっ」

社長「…はやく行け」

妹「ありがとう!社長さん!!」フリフリ

社長「…」


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:43:09.95 ID:xRB26J0s0

社員「良かったんですか?」

社長「…うっ…ひっぐ…」

社長「トラが幸せな方がいいに決まってる…」グスン

社員「あんた、やっぱりこの仕事向いてないよ」

社長「…」

社長「お前便所磨き1ヶ月な」スチャ

社員「…」

社員「ハァァァアア!?」


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:50:36.05 ID:xRB26J0s0

PrPrPrPrPr

兄「だから、病院内で!」

社員「無事に妹さんは帰ってったぞ」

兄「おぉ、やっぱりな」

社員「…」

社員「なんでこうなるって分かった?」

兄「そりゃあ社長の野郎はロリコンでヘタレだからな、ウチの貧乳ロリカワ妹には負けるだろうよ」

社員「…それで監視カメラで見てたのか…」ガク

兄「ま、俺もそろそろバッくれるの飽きたし、復帰するよ」ベリベリ

社員「早く戻ってきて一緒に便所磨きやりやがれ!!」ゴシゴシ

兄「あいあい」プチ

兄「さて、と、妹のチュー」ムフフ


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 20:59:05.23 ID:xRB26J0s0

兄「たっだいまぁぁああん」

妹「ふふ、みーちゃんチュー」

猫「みー」

兄「」ズサー

妹「うわ!?なんでお兄ちゃん!?」

兄「…」

兄「もう治ったからな!」スク

妹「ふーん、じゃあ、みーちゃんのご飯買ってきて」

猫「みー」フリフリ


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 21:00:49.46 ID:xRB26J0s0

兄「…」

兄「トホホ、まぁこういうハッピーエンドもありか…」トボトボ

妹「お、お兄ちゃん」

兄「ん?」

チュ

兄「い、妹…今の…」フルフル

妹「うるさい!さっさといけ!」ゲシゲシ

兄「うっひょぉおおおおおい」ダッ



妹「はぁ…もう、お兄ちゃん外に出そうかな…」



終わり


103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 21:02:37.56 ID:VMkyMs2I0



よく>>1からここまで持ってきたなーww


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/02/24(月) 21:05:59.86 ID:obp3xrBzO

綺麗にまとまったな



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1393223958/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
243位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP