PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:12:14.75 ID:6RUV+LDm0

兄「別れなさい」

妹「それでね──え?」

兄「今すぐ別れなさい」

妹「うぇ?」

兄「別れなさい!今すぐに!さぁ早く!」

妹「え、えと……」

兄「お前にはお兄ちゃんが居るでしょう!?」

妹「え、居ないよ?」

兄「居るよ!俺だよ!」




4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:16:57.97 ID:6RUV+LDm0

妹「どうして別れろなんて言うの……?ゆ、勇気出して返事したのに……」

兄「お兄ちゃんの事大好きって言ってくれたよね?」

妹「う、うん」

兄「俺も妹が大好きなんだ!」

妹「それは凄い知ってる」

兄「つまりだな、浮気はよくないだろ?」

妹「うん……ん?」

兄「要するに別れなさい」

妹「お兄ちゃん、落ち着いて?言ってる意味が全然分からないよ……」

兄「分からなくてもいいから別れなさい」

妹「とりあえず休もう?疲れてるんだよ……」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:20:47.37 ID:6RUV+LDm0

妹「よしよし…」なでなで

兄「はふぅ~♪」

妹「落ち着いた?」

兄「お、落ち着いた、ぞ?」はぁはぁ

妹「落ち着いてない…よ、ね?」

兄「はぁ…はぁ……ん?」

妹「……とりあえず話を続けるね?」

兄「うむ、彼氏と別れるんだっけか」

妹「いい加減にしてよ……」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:24:33.84 ID:6RUV+LDm0

兄「俺の事好きって言っておきながら男を作るなんて狂気の沙汰じゃないか?違うか?」

妹「あれはあくまで家族っていう意味で……」

兄「家族ってお前……旦那さんにはまだ早いだろう///」

妹「そういう意味じゃない」

兄「え?」

妹「え?」

兄「違うの……?」

妹「……いまさら?」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:28:54.15 ID:6RUV+LDm0

妹「兄妹でそういうのはダメなんだよ?」

兄「それは誰が決めた?」

妹「知らないけど……」

兄「そんなルールには従わん、何故なら俺が決めたルールじゃないからだ」

妹「お兄ちゃんが決めたルールなんてそんなにないと思うけど…」

兄「俺はお前が大好きなんだ!!」

妹「……話にならないよ」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:33:39.24 ID:6RUV+LDm0

妹「とにかく!私は彼とお付き合いすることにしたの!」

兄「……どうしてもか」

妹「うん!」

兄「……そうか」

妹「認めてくれるの?想定外……」

兄「妹よ」

妹「ん?」

兄「今まで世話になったな……俺はもうお爺ちゃんの所へ逝くから」

妹「うぇ?……え?」

兄「元気でな…」

妹「いやいやいやいやいやいや!!」


15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:37:35.92 ID:6RUV+LDm0

兄「お前が他の男のモノになるなんて……俺には無理だ」

妹「何がそんなに嫌なの?」

兄「だってお前は俺の女だぞ!?」

妹「違いますよ」

兄「俺は寝取られなんて理解できねぇんだよ!」

妹「まだそういうのしてないです」

兄「これからあるかも知れんだろう!?」

妹「そ、それは……まぁ……うん」

兄「うわあああああん!!」

妹「お、お兄ちゃん……」


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:43:54.19 ID:6RUV+LDm0

兄「お前が部屋に連れ込まれて!犯されて!動画取られて!Xvideoに載っちゃうんだよ!?」

妹「あの人はそんなのしないよ!!」

兄「もう洗脳が……?」

妹「お兄ちゃんはいったい何を言っているの……?」

兄「とにかくそんな男は信用ならん!!」

妹「まだ彼の事説明してないよ?」

兄「なら説明なさい!ASAP!」

妹「えーえす?」

兄「可及的速やかに!」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:50:00.64 ID:6RUV+LDm0

妹「え、えっとね……あの……その……」もじもじ

兄「なんだよすげえ可愛いなお前」

妹「そういうのはいいよ……えっとね、彼の事だよね」

兄「そうだ、早くしろ」

妹「その……すごいかっこよくて、ね?あの…その」

兄「報告は明瞭かつ簡潔に!」

妹「は、恥ずかしいの!///それでいてね……や、優しくて……」

兄「見た目に騙されてほいほい着いていって、巧妙な話術で……」

妹「そんな人じゃないの……」

兄「人を外見と中身だけで判断するな!」

妹「それ意外でどう判断すればいいのかな……」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:54:44.68 ID:6RUV+LDm0

兄「それに外見と中身なら俺のほうが上だろ!」

妹「中身はともかく外見は……」

兄「うぅ……」

妹「そ!そういう意味じゃないよ!?」

兄「そ、そうだよな!比べるまでもないよな!?」

妹「いや、土俵が違うものを比べてもしょうがないかなと」

兄「うわあああああん!!」

妹「お、落ち着いて!!」

兄「うぅっ…写真見せろ!!どうせゴミクズ以下のクソに決まったらぁ!!」

妹「しゃ、写真……というか画像なら」

兄「うぅ………ん?」


30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 20:58:51.98 ID:6RUV+LDm0

妹「えぇ~っとね……あったあった……はいこれっ!」

兄「……?」

妹「どうしたの?」

兄「…これで合っているのか?画面に写ってるのは」

妹「ん?うん、この人だよ?」

兄「妹よ」

妹「なに?」

兄「俺の目は腐ってるのかな」

妹「多分正常じゃないかな」

兄「俺には……その、次元が違うように見えるんだが」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:01:42.57 ID:6RUV+LDm0

妹「そりゃあこのケータイ、3Dディスプレイじゃないからね」

兄「そうじゃない……被写体が二次元じゃねえか?」

妹「そうだよ?」

兄「……妹」

妹「な、なに?」

兄「疲れてんのか?お前」

妹「お兄ちゃんにだけは言われたくないよ!?」


32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:02:56.10 ID:RNcgdmhM0

あちゃー妹痛い子だったかー


35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:05:25.23 ID:bNQoVQqr0

ちょっとワロタ
ほんわかした。


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:06:17.84 ID:6RUV+LDm0

兄「散々悩んだ俺がバカみてえじゃん!!」

妹「え?え?」

兄「はぁ……なんだ……二次か……」

妹「じ、軸が一本ないだけで!彼はいい人なんだよ!?」

兄「z軸の有無は無視できない要素だぞ」

妹「わたし本気なの!!」

兄「あーうん……許す」

妹「ほんと!?」

兄「……疲れてんのかな、俺」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/01/09(月) 21:08:39.18 ID:nqnRVU7U0

妹はもう手遅れだ…


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/01/09(月) 21:09:14.81 ID:T6AmWrwV0

兄もディスプレイの中に愛人(妹)の一人や二人でもつくればいいのに


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:11:02.91 ID:6RUV+LDm0

兄「……ん?」

妹「こ、今度は何……?か、彼は渡さないよ!?」

兄「要らねえよ!って話進まねえな……」

妹「お兄ちゃんの子だからね」

兄「俺の子じゃねえよ……その、なんだ。真剣にお付き合いするんだよな?」

妹「う、うん」

兄「具体的に何すんの?」

妹「え?」

兄「え?」

妹「え~っとね~……あはは」

兄「……」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:15:44.20 ID:6RUV+LDm0

兄「お前思い付きで言ってただろ……」

妹「じゃ、じゃあ逆に聞くけど!」

兄「逆ギレ……」

妹「お兄ちゃんは二次嫁と普段何してるのよ!言ってみなしゃい!」

兄「え、居ないけど」

妹「ウソつき!あのポスターやらフィギュアやらは何!?」

兄「ただ単に可愛いなってだけ、恋愛対象じゃない」

妹「え?」

兄「俺にはお前しか居ないからな」

妹「え、あ、そう」

兄「反応に困ってんじゃねえよ」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:20:17.10 ID:6RUV+LDm0

妹「いや、その、ここまで妹LOVEなのはちょっと危ない人だなって」

兄「お前にだけは言われなくねえけどな」

兄「…って待て」

妹「今度は何よ」

兄「寝取られの話に戻りたい」

妹「う、うん?」

兄「『そういうこともあるかも知れんだろう』という質問でうんと答えたな?」

妹「そ、その話はいいんじゃないかな……!?」

兄「つまりどういう!?ねえどういう!?」

妹「う、うるさいよ!」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:25:21.33 ID:6RUV+LDm0

兄「つまりその、一人で……だな?」

妹「言いたいことははっきり言と……」

兄「オナニーしてるんですか!?」

妹「はっきり言い過ぎだよ!!」

兄「ねえどうなの!?」

妹「な、なんで?答えないといけないのかな!?///」

兄「ねぇ……はぁはぁ……どうなの……」

妹「うっ……ど、どうでもいいでしょ!?」

兄「否定しない!」

妹「うっ……」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:30:09.53 ID:6RUV+LDm0

兄「まさか妹がここまで淫乱だとは……」

妹「そ、そんなんじゃないよ!」

兄「へぇ~はぁ~ふぅ~ん」

妹「な、何よ……」

兄「ちょっと興奮した」

妹「さ、サイテー……」

兄「まあお前がオナってんのは知ってたけどな!はっはっは」

妹「……え?」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:35:06.80 ID:6RUV+LDm0

兄「いやだってお前からそういう匂いが最近したから」

妹「お兄ちゃん」

兄「な、なんだね」

妹「今左下に視線を向けながら喋った」

兄「お、思い出すときはそうなるもんだろう」

妹「思い出すときは右上を見るもんだよ?」

兄「…ん?」

妹「左下を見るときってね、ウソを考えてる時なんだよ」

兄「へ、へえ~物知りだね」

妹「お兄ちゃんウソついたね?」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:36:12.38 ID:pj0mt7Ja0

博識な妹かわいい


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:39:09.24 ID:6RUV+LDm0

兄「ん……ん?」

妹「なんで私が一人でシてるの知ってるのか、正直に言いなさい」

兄「オ、オレウソツイテナイ……ヨ?」

妹「はやく、言いなさい」

兄「み、右だとか左だとかってのは個人差があるんじゃないかな!?」

妹「でも物凄い動揺っぷりだよ?」

兄「…っ」

妹「そういえばお兄ちゃん?」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:43:14.19 ID:6RUV+LDm0

兄「こ、今度は何かな?」

妹「最近ね、あたしの下着がよく無くなるんだけど」

兄「!!」

妹「心当たり……あるよね?」

兄「ないです!」

妹「お兄ちゃん……そんな事する人だなんて……」

兄「だから知らない!!」

妹「枕元、机の引き出し上から二番目」

兄「……何故知っている」


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:47:30.51 ID:6RUV+LDm0

妹「あたしが……その、したときの下着ばっかり減るからおかしいなと思って」

兄「お、おお」

妹「お兄ちゃんを真っ先に疑ったの」

兄「信用無いんだね、俺」

妹「むしろあると思ってたの?」

兄「あ、愛し合うもの同士……!」

妹「一方的なものを愛し合うとは言わないよ?」

兄「い、一方的……?」

妹「……もう病気だよねこれ」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:51:24.49 ID:6RUV+LDm0

兄「あのですね」

妹「ここで質問があります」

兄「話を聞いてくれ」

妹「……」

兄「ごめんなさい」

妹「どうして正確に下着を選別できたのかな?」

兄「はい?」

妹「どうしてするときにつけていた下着がわかったのかな?」

兄「匂い…かな!」

妹「覗きですか」

兄「にお──」

妹「覗き!?」

兄「……はい」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/01/09(月) 21:52:36.04 ID:T6AmWrwV0

どっちも大概ですねwww


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 21:55:38.74 ID:6RUV+LDm0

妹「人としてサイテーだって分かってる?」

兄「でもそのゾクゾク感が堪らないんです」

妹「人として終わってるって分かってる?」

兄「は、はい……ごめんなさい」

妹「お兄ちゃんは人として──」

兄「二次元に本気になってるお前にだけは言われなくねえよ!!」

妹「は、犯罪を犯してる人に言われなくないかな!?」

兄「お、犯すとか……」

妹「う、うるさいよ!」


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:01:27.22 ID:6RUV+LDm0

兄「いや、はっきりと言おう。お前も人としてどうかしてるぞ?」

妹「お兄ちゃんに言われるとか確かに終わってるとは思う」

兄「二次元キャラに本気で惚れ込んで兄に報告って頭おかしいんじゃねえの!?」

妹「ひ、人のを覗いたり下着盗る人に言われたくないかな!?」

兄「二次元キャラでオナニーとか人生終わってんだろ!!」

妹「え、それは普通じゃない?」

兄「……」

妹「それに妹の下着でする人に言われたくないかな」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:05:26.21 ID:6RUV+LDm0

兄「妹よ」

妹「何よ」

兄「……言いたくないんだが」

妹「なら言わなくていいんじゃないかな」

兄「俺達ってさ」

妹「言うんだ」

兄「どっちも人として終わってるんじゃ?」

妹「え、わたしは幾分マシだよ?」

兄「自覚がないってのは一番危険なんだぞ……ここでひとつ頼みが」

妹「ん?」

兄「えっちしよ!」

妹「……バカでしょお兄ちゃん」


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:09:28.59 ID:6RUV+LDm0

兄「いや……なんというか」

妹「なんというか?」

兄「ここまで下ネタ全開で話したの始めてじゃん?」

妹「……そう?」

兄「つまりだな?」

妹「そのめんどくさいしゃべり方やめて」

兄「妹と下ネタトークしてお兄ちゃん興奮しちゃった!!」

妹「きんも!!」

兄「えぇ!?」

妹「いや普通の反応だよ!」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:14:25.76 ID:6RUV+LDm0

兄「色々と我慢するのが大変でですね」

妹「え、お兄ちゃんとは無理」

兄「なんで!?」

妹「え、お兄ちゃんだから」

兄「それどういう意味……」

妹「それに私はお兄ちゃんを許すつもりないよ?」 

兄「あ、下着?返すよ?」

妹「お兄ちゃんの使用済みは要らないです」

兄「あ、洗うから!!」

妹「あ、洗ってないの!?」

兄「だってお前の匂いが消えちゃうじゃん?」

妹「うわ……」


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:19:10.32 ID:6RUV+LDm0

兄「じゃあどうすればいいのさ!」

妹「何しなくてもいいから黙って」

兄「でも我慢できないよ?」

妹「…下着あげるから一人でしなさい」

兄「まじで!?さぁ早く!」

妹「……買ってくるから待ってて」

兄「いやそれでいいから」

妹「……どれ?」

兄「今穿いてるの」

妹「は?」


79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:23:07.68 ID:6RUV+LDm0

兄「もちろん!ここで!」

妹「ここで!?」

兄「はよ!」

妹「いや、せめて自分の部屋に行かせて……?」

兄「ここで今すぐ渡すか!犯されるか!選ぶがいい!!」

妹「……酔ってる?」

兄「酔ってねえよ!」

妹「ノイローゼ?」

兄「ノイローゼじゃねえよ!俺はなぁ……こう見えて男なんだよ!」

妹「知ってるよ……」


82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:27:47.66 ID:6RUV+LDm0

兄「さぁ選べぇ~うへへぇ~」

妹「いや、普通に逃げればいいんじゃないかな……」

兄「逃げたら……」

妹「に、逃げたら……?」

兄「下着を明け渡さないと判断し、襲います」

妹「……ここまでサイテーだとは思わなかったよ」

兄「はよ!」

妹「あ、あげればいいんでしょ!?」

兄「分かればよろしい」


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:32:25.47 ID:6RUV+LDm0

妹「……はぁ、もうお嫁にいけないな」

兄「俺の嫁だろ?」

妹「妹だよ!」

兄「まあまあ早く早く」

妹「……なんで彼の話からこうなったのかな……?」

兄「お前が男の話をするからだ」

妹「……はぁ」すっ

兄「いやいや」

妹「何よ」

兄「スカートだからって直線下着を脱ぐのはルール違反」

妹「は?」

兄「全部!はよ!」


86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:36:05.62 ID:6RUV+LDm0

妹「そんなルール知らないよ!?」

兄「今作ったからな」

妹「そんなルールには従わないよ?私が作ったルールじゃないし」

兄「『俺が』作ったルールだから従いなさい」

妹「ずるいよそれ!?」

兄「女にずるいなんて言われたくない!」

妹「……何があったの」

兄「いいから脱げ!」

妹「……生かして還さぬ……!」


89 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:39:38.72 ID:6RUV+LDm0

兄「じー」

妹「……そんなに見ないで」

兄「見なきゃしょうがないじゃん!」

妹「……」

兄「その蔑んだ視線が堪らないです」

妹「……」

兄「動きが止まってる!はよ!」

妹「…っ!」

兄「うひょ~」


91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:43:46.84 ID:6RUV+LDm0

妹「……し、視界には入ってるでしょ」

兄「はよ!」

妹「ひ、光情報はあげた。これで許して」

兄「却下、物理的に下さい」

妹「……ここで?」

兄「ここで!はよせい!」

妹「……それが人にものを頼む態度なのかなぁ?」

兄「頼みます!こいつも頼んでる」ぼろっ

妹「へ、変なもん出すな!!」


92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:47:20.34 ID:6RUV+LDm0

兄「俺は見せたぞ!お前も見せい!」

妹「頼んでない!それに私はあげるのであって見せはしないよ!」

兄「え、この状況じゃ同じじゃね?」

妹「……っ!!」

兄「バンバンバンバン」

妹「……本当にこうすれば襲わないんだよね?」

兄「そうだ、はやく」

妹「……」


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:50:43.93 ID:/KCaNhUu0

兄にはこのまま頑張ってほしい所存


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:51:17.30 ID:6RUV+LDm0

妹「…っ」すっ

兄「う、うぉおおお!?」

妹「ほ、ほら!///早く受け取りなさい!!!///」

兄「じー」

妹「じ、じっくり見てないで早く……!!」

兄「毛、生えてないのか!うほぉおおお!!」

妹「早く!」

兄「もうちょっと見して」

妹「ウソつき!」

兄「ウソはついてない」


99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:55:17.33 ID:6RUV+LDm0

妹「は、恥ずかしいから早くっ!!」

兄「早く、何!?これが欲しいのか!?」

妹「そうじゃないよ!早く受け取って終わらしてよ!」

兄「そうかそうか、そんなに処女を受け取って欲しいのか~そっかぁ~」

妹「え……?何言って……!?」

兄「それじゃあ仕方ないなぁ……襲わない予定だったのにたのまれちゃあねぇ?」

妹「嫌だよ!?や……やめて…?」

兄「やめん」


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:58:34.06 ID:6RUV+LDm0

兄「最愛の妹の頼みを断れる分けないじゃないか」

妹「たっ頼んでない!!」

兄「体は欲しがってるけど?」

妹「そ、そんなこと……!」

兄「いやぁ……随分濡れちゃって……」くちゅくちゅ

妹「やっ……触んないで……!!」

兄「こんだけ濡らしておいて何をいまさら」

妹「いやぁ!?」


105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 22:58:47.14 ID:o+Y8MbKM0

この通り愚息も喜んでおります


110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:03:41.67 ID:6RUV+LDm0

兄「あははっ!こんなにいやらしいとはねえ」

妹「ひゃ!?んあっ!やっ!やめってぇ……!」

兄「一人でしてるときもこんな感じなのかなぁ?」

妹「うる、さい…!んあっ!」

兄「……こんだけ濡れてれば大丈夫だよな」

妹「な……なに……?」

兄「もう我慢できないし……いいよね?」


111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:05:57.53 ID:o+Y8MbKM0

俺「いいよね?」


112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:06:34.21 ID:lLpDFBPc0

俺「いいよね?」


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:06:53.90 ID:XEFii0t10

俺「いいよね?」


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:07:05.52 ID:0iIb6vGS0

俺「いいぞ…////」


118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:08:46.18 ID:6RUV+LDm0

妹「いやっ……よくないですよくないです……」

兄「じゃあ早速♪」

妹「やめ──」

兄「あ、始めてなんだよね!痛くないように一気に入れてあげるね!」ズブッ

妹「いやあああああああああ!?」

兄「お、血が……ホントに始めてだったんだ」

妹「やめてぇ!」 

兄「お兄ちゃんの為に残しておいてくれたんだよね!?嬉しいなぁ!」

妹「そんなんじゃない!」

兄「いっぱい可愛がってあげるね!」


120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:10:28.05 ID:sTkDZwi20

いきなり入れたのかよwwwwwwww


125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:13:49.20 ID:0iIb6vGS0

思いのほかゲスだったwwwwww


126 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:14:16.73 ID:odIbi1TA0

兄貴病んでるとしか思えんwww


128 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:15:42.89 ID:6RUV+LDm0

妹「な…なんでもするから許してぇ……」

兄「なんでもするなら問題ないね!お兄ちゃん頑張っちゃうぞぉ!!」

妹「うぁあ!?あぁっ!あああっ!!」

兄「すげぇ気持ちいいよ……最高だ」なでなで

妹「はっ!はぁっ!はぁあん!」

兄「口も聞けないくらい気持ちいいの?嬉しいなぁ」  

妹「あっ!あっ!きゅ、急にはやっくっ……!あああん!?」


130 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:16:35.90 ID:zmbKXlmM0

俺の妹もこれだけ素直ならよかったのにな


134 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:21:31.42 ID:6RUV+LDm0

兄「ははっ!さっきから喘ぎまくりだね!」

妹「やめっ……!」

兄「じゃあやめてあげるよ」ピタッ

妹「ふぇ!?」

兄「そんなに嫌がるならやめてあげるよ、お兄ちゃんは優しいからね」

妹「はぁ…はぁ…!だめ……」ぴくぴく

兄「ん?どうしたの?」

妹「とめないっ…でぇ……」くちゅくちゅ

兄「気持ちよくなっちゃったの?」

妹「我慢……できないの……!」

兄「しょうがないなあ!もう!」


135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:22:53.93 ID:/KCaNhUu0

素直って素敵!


137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:24:55.00 ID:6RUV+LDm0

妹「はやく…!」

兄「それが人にものを頼む態度?」

妹「お願いします……」

兄「土下座」

妹「ふぇ!?」 

兄「人に頼むときは土下座するのが常識でしょ?」

妹「うぅ…」


138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2012/01/09(月) 23:26:24.63 ID:QbqecJ2y0

入れた状態で土下座…
高度なテクだな


142 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:29:12.63 ID:6RUV+LDm0

妹「お、御願いします……」

兄「そんなにお尻突き出して……後ろからが好きなんだね!」

妹「ちが……んあああん!?」

兄「よしよし、素直な子にはご褒美をあげないとね」

妹「ああん!きもちぃ!きもちぃよぉ!」

兄「大分素直になったね」

妹「うんっ!きもちぃの!きもちぃのぉ!!」


145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:34:20.85 ID:6RUV+LDm0

兄「最高だよ妹!最高に気持ちいいよ!」

妹「あっ!ああっ!!」

兄「じゃあ今度は足を広げてみようか」

妹「き、きじょういは……?」

兄「下からがいいの?」

妹「う……うん」

兄「だめ」

妹「なんでぇ…?」

兄「お前に主導権はない!早くしろ」


148 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:35:51.62 ID:IXG/etYe0

舌足らずなのが堪らん


152 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:39:12.90 ID:6RUV+LDm0

妹「こ、こうでいい……?うぁん!?はぁん!」

兄「喋る暇があったら腰を振れ」

妹「うぁああっ!ああっ!」

兄「そ、そろそろイきそうだ…!」

妹「ふぇ!?」

兄「中でいいよね!?」

妹「っだめぇ!中はだめぇ!」

兄「うん、中に出してあげるね!!」


157 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:44:36.29 ID:6RUV+LDm0

妹「だめっ…!なかはっ…だめぇ……」

兄「ああっ…で、出る!」

妹「だめ…だっ……あああああああああんっ!?」

兄「っ!!」

妹「びゅーってでてる……中にでてるよぉ……」

兄「はぁ……はぁ……最高だよ…妹」

妹「おにぃちゃん……///」


163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[ ] 2012/01/09(月) 23:48:05.17 ID:6RUV+LDm0

兄「妹……」ちゅ

妹「おにぃちゃん……だぁいしゅきぃ……///」

兄「もう一回しよっか」

妹「うん…///今度は優しくして欲しいな……///」

兄「しょうがないな……まったく……」

妹「えへへ……おにぃちゃん……」

兄「これでお前は俺のものだ……」





168 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/09(月) 23:50:55.11 ID:IXG/etYe0

乙!!!!!!!!
妹最高!!!!!!!!!


177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/10(火) 00:05:04.19 ID:ESH1yQU40

こういう妹が欲しすぎて死にたい・・・



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1326107534/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
339位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP