PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 18:26:54.41 ID:xxm/a1sx0

まどか「ほーむらちゃん♪」

ほむら「あら、どうしたの?」

まどか「今日はね、ほむらちゃんにプレゼントがあるんだよ!」

ほむら「そう…それは嬉しいわね、一体何なのかしら」

まどか「うん!」するっ

まどか「これ!私が一週間履き続けたまどパンだよ!」

ほむら「………………」

ほむら「まどか…気持ちは嬉しいのだけど…」

ほむら「そういった物を、プレゼントにするのは…どうかと思うわ」

まどか「………え?」


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 18:52:51.33 ID:Dv3h7CAK0

ほむほーむ

ほむら「…………………」

ほむら「…………ほむ」

ほむら「ほむぅううううううっ!!」

ほむら「まどかぁ!まどかぁ!まどかぁあああああっ!」ごろごろ

ほむら「まどかのまどパン欲しかったよぉおおお!くんかくんかしたかったのぉおおおおお!」

ほむら「駄目よ駄目駄目!ほむほむは普通になるって決めたじゃない!」

ほむら「変態キャラのままじゃ…大好きな大好きな私のまどまどに迷惑かけるじゃないっ!」

ほむら「でも…まどパン…一週間ずっとまどかのおしっこが染み付いたまどパン…!」

ほむら「あぁ…頭に被ってデートしたい!しゃぶりたい!…いえ、マスクに加工すれば…あはぁ♪」

ほむら「あぁん♪想像しただけで…ほむほむイクぅ!イっちゃいますぅううう!ぬほっ!ぬほっ!まどかぁあああああっ♪」ビクンビクン


12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:03:08.58 ID:Dv3h7CAK0

ほむら「ほむむぅ…♪まどかぁ…まどかぁ♪」

ばたん!

マミ「こらっ!」

ほむら「ほむっ?」ビクッ

マミ「オナニーなんかしては駄目よ、暁美さん!」

ほむら「…巴、さん…」


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:11:50.83 ID:Dv3h7CAK0

マミ「全く…あなたが大丈夫って言ったから、帰らせてあげたのに…これじゃ特訓の意味がないじゃないの!」

ほむら「…ごめんなさい」

ほむら「まだ、やっぱり無理だったみたいです…」

マミ「まぁ、仕方ないわよね…三日かそこらじゃ…やっぱり、ね」

ほむら「そんなことはないわ…一応、我慢は出来たもの、巴さんんのおかげだわ」

マミ「それなら良かったけど…どうするの、また頑張ってみる?」

ほむら「……………」

ほむら「お願いするわ」


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:19:09.97 ID:Dv3h7CAK0

マミホーム

マミ「これは、鹿目さんが遊びに来たときにお茶をのむティーカップよ」カチャ

ほむら「ま、まどカップ!ほむっ!ほむむっ!」ジタバタ

マミ「けれど…んっ」ちゅ

ほむら「ほむぅうううううう?!」

マミ「私と鹿目さんが…間接キスね//」

ほむら「殺す!殺してやるっ!」ジタバタ

マミ(…ソウルジェムは預かってるし、手足も縛っているけれど…)

ほむら「離せ返せ!このっ!糞豚ぼっちがぁあああああああ!?」

マミ(本当に凄い迫力…麻薬中毒者みたい…)

ほむら「まどかぁ!まどかぁあああああっ!!!」バタバタ

マミ(頑張るのよ暁美さん、鹿目さんの為にも…自らの煩悩に打ち勝つのよ!)




24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:50:12.45 ID:Dv3h7CAK0

ーーー
まどか「ほむらちゃん…一週間も学校休んでどうしちゃったんだろう…」

まどか「電話にも出てくれないし…私の事、キライになっちゃったのかな」ショボン

まどか「パンツだって…本当は恥ずかしかったけど、ほむらちゃんが喜んでくれるならって…思ってたのに…」

まどか「…はぁ……ん?」


ほむら「本当に…ありがとう、巴さん」

マミ「ふふっ、可愛い後輩の為だもの、頑張ってね♪」

ほむら「はい//」



まどか「」


26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:58:05.16 ID:Dv3h7CAK0

翌日、学校

ほむら(大丈夫…今日は…クールほむ…大丈夫)

ほむら「まどか、おはよう」ファサッ

まどか「……………」

ほむら「…?」

まどか「…あぁ…ほむらちゃん、おはよ」

ほむら「ま、まどか?」

まどか「何かな?何か私に用でもあるの?」

まどか「何もないなら…話しかけないで欲しいな」

ほむら「………………」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 19:59:31.97 ID:Dv3h7CAK0

まどかルーム

まどか「………………………」

まどか「ぅああああああん!」

まどか「ぅう!…ほむらちゃんの馬鹿ぁ!」

まどか「ほむらちゃんの浮気者!」

まどか「ぅうっ…ひっく…ひっく…」

まどか「ほむらちゃんなんか…嫌い…大嫌い…」

まどか「ひぐ…ぅうん…違う…好き…ほむらちゃんの事が大好きっ!」

まどか「このまま…別れちゃうなんて…ぅ…嫌だ!」

まどか「嫌だよぉ!ぅわあああああああんっ!」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:09:48.04 ID:Dv3h7CAK0

商店街

まどか「…………………」

まどか「…独りで歩いたって、楽しくないよ」

まどか「本当だったら…ほむらちゃんと二人でデートする筈だったのに…」

まどか「二人でピクニックに行ったりして…」

まどか「私のパンツをほむほむしながらお弁当を食べるほむらちゃん//」

まどか「凄く、可愛い私のほむらちゃん…」

まどか「私の…ほむらちゃんが…ぅうっ…」

どがっ

まどか「痛っ…!ご、ごめんなさい!私、前を見てなくて…!」

杏子「…ん、おぅ…お前か」

まどか「…杏子ちゃん」


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:16:32.71 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

ほむら「」フラリフラリ

ほむら「まどかに嫌われた…」

ほむら「ふふっ…ふふふっ…」チャキ

さやか「ストップ!すとーっぷ!!」

ほむら「っ…美樹さやか…邪魔をしないでっ!」

さやか「するに決まってんじゃん!銃なんか頭に突きつけたりして!」

ほむら「…あなたには関係無いわ」

さやか「何がなんだかわかんないけど…!あんたがそんな事して、まどかはどうなんのよ!」

ほむら「ぅ…まどか…まどかぁ…」ペタン

ほむら「ほむぅ…!ほむむぅうううううっ!」

さやか「い、いきなり泣き出さないでよ!」


37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:29:57.85 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

ほむら「ほむぅ…ぅ…むむぅ…っ」

さやか「成る程ねぇ…」

さやか(道理でまどかが落ち込んでた訳だよ…)

ほむら「ぅう…まどかぁ…まどかぁ…」

さやか(細かい事情はよくわからないけど…きっとお互い誤解してるだけなんじゃないかな…)

さやか(とても、浮気するようには見えないもんね…)

さやか「うん…よし、わかったよ!」

ほむら「…何がよ」

さやか「二人の為に、さやかちゃんが頑張っちゃいますか!」



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:36:31.06 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

杏子「くうかい?」

まどか「…ありがと」

杏子「で、何があったんだよ一体?」

まどか「何も…無いよ…」モソモソ

杏子「嘘つけ…顔に書いてら、何か嫌な事があった…ってな」

まどか「…何も…無いもん…」

杏子「だったら…ついてくんなよ…」

まどか「…偶々だもん…行き先が同じだけだもん」

杏子「お前…本当は誰かに話したいんだろ…だったら言えよ、聞いてやるから…」

まどか「………ぅ……何も…ないもん…」

杏子「……………」イラッ


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:39:41.74 ID:Dv3h7CAK0

杏子「なら…仕方ないな…」

まどか「……え?」

ばきっ!

まどか「い、痛い!痛いよ杏子ちゃん!」

杏子「口で言ってもわからねぇなら…」

杏子「拳で語るしかねぇだろうが」

まどか「そ、そんな…」


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:49:33.27 ID:Dv3h7CAK0

まどか「拳って…私達、女の子なんだよ!?」

杏子「それがどうした…次はお前の番だぞ…こい」

まどか「こいって…そんな事言われても」

杏子「来ないのか?なら…また、あたしの番だな」グッ

まどか「い、嫌だよそんなの!凄く痛いのに!」

杏子「だったら…グダグダ言わずにかかってこいや!」

まどか「ぅ…ぅわあああああああっ!」

べし


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 20:59:35.19 ID:Dv3h7CAK0

杏子「…っ」

まどか「あ、あぁっ…杏子ちゃん大丈夫?!」

まどか「私、私っ…!」

杏子「へっ…悪くないな…だが、心配なんかしてる場合か?」

まどか「へ…?ぶぎゃっ!?」

まどか「ぅぶぅ…ひ、酷いよ…ぅう」

杏子「はん、殴りあいの途中で油断するのが…ぶへっ!」

まどか「…油断するのが、悪いんだよね…杏子ちゃん!」

杏子「そ、そういうことだぜ…!」

まどか「…私、怒った」

まどか「私、怒ったよ!杏子ちゃん!」

杏子「上等じゃねぇか…かかってきやがれ!」

まどか「ぅわああああああっ!」


ポカポカ  


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 21:12:18.57 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

まどか「ぅぶ…痛い」

杏子「お互い様だっつーの…痛たた」

まどか「何で…こんなこと…」

杏子「少しは、スッキリしたか」

まどか「…………………」

杏子「お前が、何を悩んでるのかはわかんねぇよ…けどな言葉にしなくちゃ…行動しなけりゃ、何も変わらないんだぞ」

まどか「…………………」

杏子「まぁ…確かに乱暴な手段だったな…そこは、謝る」

まどか「ううん…そんな事ないよ」

まどか「…うん、そうだねウジウジしてちゃ…駄目だよね」

まどか「…ありがとう、杏子ちゃん」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 21:18:23.02 ID:Dv3h7CAK0

マミホーム

マミ「あら、いらっしゃい」

まどか「…お邪魔します」

マミ「ふふっ…丁度暇だったの…遊びに来てくれて嬉しいわ♪」

まどか「すみません…今日は遊びに来たわけじゃないんです」

マミ「?」

マミ「相談事?私でよければ話を聞くわよ?」

まどか「………………」

まどか「マミさん…ほむらちゃんとどういう関係なんですか?」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 21:45:07.90 ID:Dv3h7CAK0

マミ「えっと?…どんな関係って…」

まどか「私、知ってるんです…ほむらちゃんが学校を休んでまでマミさんの家にお泊まりしてたこと」

マミ「あ…」

マミ(やだ…もしかして誤解されてる?…でも、暁美さんには秘密にしてくれって言われたし…けど…)

マミ「え、えっとね?…それは…ぅう」

まどか「………………」

まどか「マミさん、言葉で語れないのなら…」

まどか「私と、体で語りませんか?」

マミ「……………」

マミ「………へぇ」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:02:40.68 ID:Dv3h7CAK0

ーーー
まどか「えぇえぃ!」ぶんっ

マミ「ふふっ…甘いわよ鹿目さん!」ひょい ぱしっ

まどか「あ、ぅうっ!」ぐぐぐっ

マミ「柔よく剛をせいす…そして…」ぺろっ

まどか「あ!あぁぅ!」

まどか「な…何をするんですかマミさん//」

マミ「あらあら…体で語りたいって言ったのは鹿目さんじゃないの♪」モミモミ

まどか「そ、そういう意味じゃ…ふぁあぅ…だ、だめぇ//」

マミ「ふふっ…えいっ」ぽふっ

まどか「あぁああ♪」

マミ「どう?私のおっぱいは…気持ち良いでしょう?」

まどか「ふぁ…あぅうう//」


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:08:34.14 ID:Dv3h7CAK0

マミ「ふふ…どう?私のマミぱいは…ほむぱいじゃこんな気持ちよく無いでしょう?」

マミ「私のものになれば…好きにして…良いのよ?」

まどか「ぅ…ぅう//」

マミ「さぁ!言うのよ…マミさんのものになりますって!言いなさい!」

まどか「ぅう…私は…」

マミ「私は?」

まどか「私はほむらちゃんのものなんだぁああああああっ」ばっ

マミ「?!」

QB「やぁ、まどか来てたのかい!ボクとけいや…きゅぶっ?!」

まどか「えーいっ!」ぐいっ

マミ「ぬほぉ♪」ビクン


76 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:23:53.69 ID:Dv3h7CAK0

まどか「ふぅ…ふぅ…」

マミ「あ…あぉおっ…♪」

マミ「きゅ…キュウべぇが…お尻に…私のお尻に入っちゃったなんてぇ♪」ビクビク

まどか「マミさん…私の勝ちでいいですか?」

マミ「そんな…この、程度でぇっ…」

まどか「なら…容赦しません!」ずぼずぼ

マミ「ぬひっ!駄目駄目駄目ぇえええっ!」

マミ「許して…キュウべぇでお尻ずぼずぼしないでぇ♪」

マミ「あぅぅっ!イク!イっちゃう…♪」

マミ「んほぉ♪マミ…ケツマンコでイグぅ♪いっちゃいますぅうう♪」ビクンビクン

まどか「ふぅ…強かったです…マミさん」

マミ「は、はぅうう…あへぇえ♪」



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:32:05.25 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

マミ「…と、言うわけよ」

まどか「ほむらちゃん…そんな事を…」

マミ「ごめんなさいね、少し意地悪な事しちゃって」

マミ「暁美さんがあんなに頑張ってるのにって思ったら、ちょっぴり意地悪な気持ちになっちゃったの」

マミ「先輩、失格ね」

まどか「ううん…マミさんは私に話してくれた…ほむらちゃんに協力してくれた…やっぱり私達の憧れです!」

マミ「ふふっ…ありがとう…さぁ、暁美さんの所に行ってあげなさい」

まどか「はいっ!ありがとうございました!」がちゃん

マミ「ふふ…強くなったわね鹿目さん」

QB「…マミ、いい加減、ボクを抜いてくれないか」


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:40:22.61 ID:Dv3h7CAK0

ーーー

まどか「はぁ…はぁ…」たったっ

まどか「ほむらちゃん…そんな事気にしてたなんて…」

まどか「うん、確かに…初めはちょっぴり驚いたけど…でも…」

まどか「私は…私は…」

まどか「!?」

ほむら「…まどか!?」

まどか「さ…探したよほむらちゃん!」

まどか「はぁ…はぁっ…わ、私ね…私…!?」

さやか「おーっと…そこまでだよ、まどか」

まどか「さ、さやかちゃん?」


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 22:52:55.73 ID:Dv3h7CAK0

まどか「さやかちゃんが…何でほむらちゃんと?」

さやか「ふっ…ほむらはね…あたしの嫁になるのだ!」

まどか「…………!」

ほむら(…ち、ちょっとどういうつもりよ!)

さやか(いいからいいから…任せておきなよ)

さやか(こうすれば、まどかはきっと『嫌だもん!ほむらちゃんは私のものだもん!』とか泣きつくに決まってるんだから)

まどか「……さやかちゃんもほむらちゃんの事…好きだったの?」

さやか「そうだよ!ほむらは私とラブラブだよ♪」

まどか「…………………」

さやか(ふふっ…ショック受けてるね…作戦は成)

まどか「…うん、わかったよ」

さやか「…え?」


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 23:06:37.90 ID:Dv3h7CAK0

まどか「さやかちゃんは…ほむらちゃんの事が好きなんだよね」

さやか「そ…そうだよ…」

まどか「うん、私もほむらちゃんの事が好き…世界で一番大好き」

ほむら「ま、まどか//」

さやか(なんだよ…普通にラブラブじゃん…だったら…)

さやか「あのね、まどか…これは…」

まどか「ううん、言わなくていいよ」

さやか「?」

まどか「私達は二人、だけど…ほむらちゃんは一人」

まどか「なら、これ以上の会話は無駄なんじゃないかな」

さやか「ま、まどか?」

まどか「いくよ…さやかちゃん!」ダッ

さやか「!?」


103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 23:20:26.32 ID:Dv3h7CAK0

まどか「ぅうっ!」べきっ!

さやか「ぅぶっ…ま、まどかぁ!」

さやか「いきなり何を考えてんのさ!このっ!」ぐいっ

まどか「ぅっ…私が考えているのは…ほむらちゃんの事だけだよっ!」べきっ!

さやか「ひでぶっ!?」

ゴロゴロ

まどか「…立ちなよ」

まどか「さやかちゃんは、こんな事くらいで負けたりしないって」

まどか「私が…私が誰より知ってるよ!」

さやか「まどか…あんた、本気で私を怒らせたいようだね」

まどか「そうじゃなきゃ…意味が無いから…」

まどか「さやかちゃんと…本気の気持ちでぶつかりたいから!」

さやか「…上等!」



ほむら「……ほむぅ」


110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 23:35:08.73 ID:Dv3h7CAK0

まどか「いくよっ!さやかちゃん!」ぶん!

さやか「ふん!」ひょい

ぼごっ!

まどか「ぅが…あぅううっ!」ばたん

さやか「…本気でって…それで私に勝てると思った?喧嘩もろくにしたことのない泣き虫まどかが」

ほむら「まどかぁああ!」だっ

まどか「来ないで!」

ほむら「っ!?」

まどか「ほむらちゃんは…そこに居て…」ヨロッ

ほむら「で、でも…」

まどか「駄目だよ…私、さやかちゃんに勝たないと…」

まどか「じゃなきゃ…ほむらちゃんと向き合えない…」

まどか「私が…絶対に…!」

まどか「勝って!…ほむらちゃんの所に行くから!」ぐっ


118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/01(日) 23:53:04.64 ID:Dv3h7CAK0

ほむら「まどか…」

マミ「信じてあげなさい…暁美さん」

ほむら「…巴さん」

マミ「きっと…鹿目さんはあなたの想いに応えてくれるわ」

ほむら「………はい!」

ほむら「まどか!頑張って!」


まどか「ほむらちゃん…!」

まどか「ぅっ…!ぅおあああああああっ!」

さやか「…っ!」

どごっ!



124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 00:02:18.97 ID:39Rw6AUj0

さやか「ぐぎゃっ!?」ばたん

まどか「はぁ…はぁ…!」

さやか「ぅ…ぅううっ…」ゴロゴロ

さやか(滅茶苦茶痛い…)

さやか(てーか冷静になって考えたら…何で私、こんなことやってんのさ…)

さやか(勢いでこうなっちゃったけど…もう充分だよ…二人はどうせラブラブだし…)

まどか「…私の…ふぅ…勝ちでいいかな…さやかちゃん!」

さやか「あ…ああ…私の…」



杏子「情けないな、さやか」


131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 00:19:04.70 ID:39Rw6AUj0

さやか「杏子…!」

杏子「あたしと戦った時の…最後まで諦めなかったお前は…何処にいっちまったんだ?」

さやか「ぅ…私は…」

杏子「あたしは覚えてるぜ…お前の目を」

杏子「最後まで…全力でぶつかる…お前の意志の強さをな!」

杏子「だから…こんな事ぐらいでへこたれんじゃねぇ」

杏子「立て、さやか!」

さやか「へ…へへ…」ヨロ

さやか「そうだね…あんたの前で…」

さやか「あんたの見てる前で…みっともない私なんか…」

さやか「見せて…たまるかぁあああああっ!」ぐっ

まどか「…っ?!」

杏子「へっ…流石さやかだぜ」


136 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 00:37:11.00 ID:39Rw6AUj0



ほむら「まどか…どうして、ここまで…」

マミ「それは、鹿目さんが暁美さんの事を好きだから」

マミ「バカバカしいくらいに単純だけど…でも鹿目さんは本気…本気であなたが好きなのよ」

マミ「鹿目さんに、特訓の事話したわ」

ほむら「そんな!」

マミ「ごめんなさい…でも、鹿目さんの想いは暁美さんが思ってるよりもずっと強かった…わかったでしょう?」

ほむら「………………」

マミ「…だから、次に何か問題が起きたら…そのときは二人で悩んで、二人で話して解決しなさい」

マミ「例え、暁美さんがどんな娘でも…鹿目さんは受け入れてくれる筈よ」

マミ「鹿目さんを…あなたが愛している人の事、もっと信じてあげなさい」ニコ

ほむら「…はい…ありがとうございます…巴さん」


まどか「ぅああああああああああっ!」

さやか「ぉぉおおおおおおおおっ!」

ぽかぽか


141 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 00:51:51.46 ID:39Rw6AUj0

ーーー
カラス「カー♪カー♪」

さやか「ぅ…ぅが…」ばたん

まどか「ふぅ、はぁ…か…勝った…?」ばたん

さやか「ぅ……私が弱虫まどかに負けるなんてぇ…」

まどか「ギリギリだよ…勝ったって感じ…しないもん…」

さやか「じゃ…また…やる?」

まどか「嫌だ…いたいもん…」

さやか「…ほむら…幸せにしろよ…」

まどか「ぅ…うん、ありがとう…さやかちゃんは私の…えと、親友だよ!」

さやか「…ふふっ」

まどか「えへへ…」

まどさや『あはははははははっ!』

杏子「へ…二人共、いい顔しやがって…」

マミ「若いって…良いわね」


144 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 00:59:19.34 ID:39Rw6AUj0

ほむら「まどか!まどかぁああ!」だきっ

まどか「あはは…ごめんね、かっこいいこと言ったけど…もう、体がクタクタで…」

ほむら「ぅう…ぅまどか…私も好きよ…!まどかの事…世界で一番に大好きっ!」

まどか「うん…私も」

まどか「私…弱い子だから、嫉妬したり…誤解したりで…これからもほむらちゃんに迷惑かけちゃうと思うけど…」

ほむら「ううん…私達は一緒…辛いことも、楽しい事も…ずっと二人のものだもの」

まどか「…そうだね…私、ほむらちゃんの事、絶対幸せにする」

まどか「ううん…違うよね…幸せになろう私達、二人で」ぎゅ

ほむら「ぅううっ…まどかぁああああ!」ぎゅう

まどか「ふふ…ほむらちゃん可愛い//」ナデナデ

まどか「…ほむらちゃん…大好き」

終わり


151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2012/01/02(月) 01:20:07.64 ID:39Rw6AUj0

本当、どこで路線間違えたんだろ?

次はどシリアスでドロドロなまどほむ頑張る

保守してくれた人達ありがとうございました!



元スレ:http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1325410014/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
313位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP