PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:36:21.23 ID:t20QoTCH0


妹「もしもし」

兄「おう」

妹「おれおれ。おれだよ妹だよ」

兄「わかった。今すぐ振り込むから待ってろ。で?」

妹「ねえお兄ちゃん、今いいかな?」

兄「いいよ」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:37:29.44 ID:t20QoTCH0


妹「年末年始はこっち帰ってくるんでしょ?」

兄「うん。正月だからな」

妹「クリスマスは?」

兄「クリスマス? なにそれ?」

妹「え、相変わらず研究室が忙しいの?」

兄「まあな。教授の奴隷みたいなもんだよ」



4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:39:57.58 ID:t20QoTCH0


妹「年内はいつまで?」

兄「あー。まだ決まってないけど、ギリギリまでかな」

妹「それじゃ休んでるヒマないじゃない」

兄「休みの日は休んでるよ」

妹「休みっていつ?」

兄「日曜とかかな」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:41:48.43 ID:t20QoTCH0


妹「とかって……」

兄「正月休みも、そっちから一回は学校出なきゃならなくて」

妹「え、なんで?」

兄「動物の面倒見なきゃいけないんだよ。ラットとか」

妹「大変なんだね」

兄「飼育係みたいなもんだな。言ってて虚しくなってきた」



6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:43:26.69 ID:t20QoTCH0


妹「ねぇ、あの、ちょっとお願いがあるんだけど」

兄「なに?」

妹「クリスマスイブなんだけどね」

兄「俺とデートしたいって?」

妹「違うの。話聞いてよ」

兄「俺とのデートは?」



7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:46:12.50 ID:t20QoTCH0


妹「わかったから」

兄「ごめん。冗談だよ。で、話って?」

妹「アリバイ作りに協力してくれないかなぁ……」

兄「と言いますと?」

妹「イブはお兄ちゃんと遊んでることにして欲しいの」

兄「あーはいはい。いいですねぇ。デートですか?」



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:49:08.86 ID:t20QoTCH0


妹「まぁ、そうかな」

兄「例の彼氏と?」

妹「ふふ。内緒ね」

兄「お兄ちゃんちょっと悲しいな」

妹「それでね、イブの日は夜遅くなるから」

兄「うん」



10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:51:10.37 ID:t20QoTCH0


妹「お兄ちゃんのとこに泊めて欲しいかなって」

兄「え、何時ごろ来る?」

妹「わかんない。深夜かも」

兄「時間わかんないのか。まぁいいけど」

妹「うちに遅く帰ると怒られるから」

兄「で、アリバイってどうすりゃいいんだ?」



11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:53:39.01 ID:t20QoTCH0


妹「朝、うちに電話かけて欲しいの。私も出るから」

兄「俺とひと晩一緒にいたことにするわけだ」

妹「そう」

兄「でもバレバレだろ、そんな見え透いた手」

妹「いいの。親だって言い訳が欲しいだけだと思うから」

兄「俺と一緒だったことにしてりゃ安心、ってことか」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 22:57:18.81 ID:t20QoTCH0


妹「うん。そういうこと」

兄「はいはい。わかりました。オッケーですよ」

妹「大丈夫なのね? イブ」

兄「ああ」

妹「やった! ありがとう。ねえ……」

兄「なに?」



13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:00:16.92 ID:t20QoTCH0


妹「お兄ちゃんほんとにいないの? そういう人?」

兄「そういう人って?」

妹「だから、クリスマスを一緒に過ごすような人」

兄「クリスマス? それっておいしいのか?」

妹「なにして過ごすのかな? クリスマス」

兄「特に予定はない。クリスマスというものはない。サンタはいない」



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:02:05.23 ID:t20QoTCH0


妹「昔はいたよね、サンタクロース」

兄「ああ、なんかいたような気がするな。遠い昔の記憶だ」

妹「今でも街にはいっぱいいるよね」

兄「そういや、こないだサンタが新聞配ってた」

妹「えっ?」

兄「新聞配達の人がサンタの格好してるんだよ、12月から」



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:05:37.03 ID:t20QoTCH0


妹「ピザ屋だけじゃないのね」

兄「どういう気持ちなのかなあ、あの格好で新聞配ってて」

妹「結構楽しいんじゃない?」

兄「そうか? なんとなく切なさを感じるんだけど」

妹「切ないって……それはお兄ちゃんが切ないからじゃないの?」

兄「ああ、切ないよ。切ない」



16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:07:48.46 ID:t20QoTCH0


妹「じゃあデートしよっか」

兄「えっ?」

妹「だってさっきお兄ちゃんがデートしたいって」

兄「そういうわけじゃないよ。冗談冗談」

妹「お兄ちゃんがちょっと寂しそうだから」

兄「え、デートしてくれるのか?」



17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:10:56.92 ID:t20QoTCH0


妹「嬉しい?」

兄「クリスマスに?」

妹「あー、そうじゃなくって」

兄「いつかそのうち、って話か」

妹「あーん、それも違う」

兄「え?」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:13:50.23 ID:t20QoTCH0


妹「明日の土曜は? 行きたいとこがあるの」

兄「ずいぶん急だな」

妹「やっぱりやめようかなぁ……」

兄「いや、待てよ」

妹「忙しいの?」

兄「夕方からなら時間取れるけど」



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:16:19.19 ID:t20QoTCH0


妹「それでいいけど、お兄ちゃんあんまり乗り気じゃないの?」

兄「乗り気だよ。ノリノリ。で、どこ?」

妹「クリスマスイルミネーションを見に行くの。公園の」

兄「あー。あの公園?」

妹「そう。花火も打ち上げるんだよ」

兄「ああ、いいね」



23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:17:56.20 ID:t20QoTCH0


妹「なんか私が無理に誘ってるみたいでやだなぁ」

兄「いや、彼氏はいいのか? なんか悪いだろ?」

妹「お兄ちゃんは可愛い妹とデートしたくないですか?」

兄「したいです」

妹「まだちょっと素直じゃないなぁ。私が言わせてるみたいで」

兄「久しぶりにお前に会いたい」



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:21:23.63 ID:t20QoTCH0


妹「あ、今のちょっと嬉しかった」

兄「俺の心をもてあそばないでくれよ」

妹「久しぶりにお兄ちゃんに会いたい」

兄「やばい、すごい嬉しい」

妹「でしょ」

兄「切ない俺は、妹の情けにすがることにしよう」



26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:24:28.33 ID:t20QoTCH0


妹「なにそれ」

兄「いやさ、お前とデートして、あんまり親しくない知り合いとかに見られたりしてさ」

妹「うん」

兄「『あ、あいつあんな子連れてるんだ』とかって思われてさ」

妹「はあ」

兄「こっそり噂になんかなったりすると嬉しい」



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:26:21.19 ID:t20QoTCH0


妹「なんかそれ歪んでるよー。もっと自分に自信持ってよー」

兄「でもそれがそのうち『あれ、妹だぜ』とかってバレると悲しい」

妹「そんなこと、勝手に考えないでよ」

兄「うーん。俺さ、最近出会いがないっていうか、好きになれる子がいないんだ」

妹「好きになられることはないの?」

兄「うーん。全然なくはなかったけど」



28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:28:22.14 ID:t20QoTCH0


妹「じゃあ、もてるんじゃない」

兄「自分が好きじゃない子に好かれても、ちょっと困るだろ」

妹「そうね」

兄「そうだな、俺は基準が高いのかもな」

妹「どういうこと?」

兄「お前より可愛い子がなかなかいない」



29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:30:22.02 ID:t20QoTCH0


妹「きゃあ。光栄です」

兄「彼氏は俺よりいい男なのか?」

妹「さあ。お兄ちゃんの方がカッコいいかもよ」

兄「お世辞、ありがとう」

妹「なんかお兄ちゃん、ほんとにいじけっぽいみたいだね」

兄「ごめんな。最近楽しいことがないんだ」



30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/18(金) 23:32:32.73 ID:t20QoTCH0


妹「だから明日、楽しくしようって」

兄「わかった。明日の時間は?」

妹「5時じゃ早い?」

兄「ちょっと厳しいかな」

妹「じゃあ6時ね。いい?」

兄「オッケー。じゃあ明日な」



37 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:28:28.42 ID:0PqFqhxe0

(19日土曜)

妹「久しぶり~。待った?」

兄「あ……いや」

妹「どうしたの?」

兄「いや……どうもしてないけど」

妹「じゃ、行こっか」

兄「あぁ……うん」



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:34:10.57 ID:0PqFqhxe0


妹「元気ないんじゃない? 疲れてる?」

兄「だいじょうぶ。いやぁお前と会うの久々だからさ、緊張してる」

妹「なぁに緊張してんの~」

兄「可愛いよ……」

妹「え、今なんか言った?」

兄「あ。はは」



41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:40:56.44 ID:0PqFqhxe0


妹「聞こえたかも」

兄「うん」

妹「なんか言ってよ。……あ、こっち行こう」

兄「クリスマスっぽいなあ。どこもかしこもライトアップされてて」

妹「だってクリスマスだもん」

兄「お前、本当に可愛いな」



42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:43:58.62 ID:0PqFqhxe0


妹「聞こえないふりしちゃおう」

兄「綺麗だよなあ」

妹「えっ?」

兄「あのイルミネーション」

妹「今、ドキドキさせようとしたでしょ」

兄「ドキドキした?」



44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:48:33.40 ID:0PqFqhxe0


妹「腕、組んじゃう」

兄「お」

妹「ドキドキした? ねぇ、ドキドキした?」

兄「案外慣れてきた」

妹「つまんないの……」

兄「これが妹じゃなかったらなあ」



46 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:53:41.01 ID:0PqFqhxe0


妹「妹じゃだめ?」

兄「なにその質問」

妹「だって。今日、私、お兄ちゃんの彼女のつもりなんだもん」

兄「ああ、お前の練習台なのか俺は」

妹「私がお兄ちゃんの練習台かもよ?」

兄「なんの練習?」



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 00:57:58.16 ID:0PqFqhxe0


妹「なんだろう。あ、おっきぃクリスマスツリー!」

兄「話ごまかす気だな」

妹「ううん。ごまかしてないよ」

兄「なんの練習かって話」

妹「デートの練習」

兄「そうか。デートか。デートだったな」



49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:02:27.31 ID:0PqFqhxe0


妹「なに今ごろになってにやけてるの~」

兄「いや、クリスマスムードってのも結構いいもんだな」

妹「ほら、ずっとあっちまで青いの。ここ降りてく?」

兄「光のカーペットとかって書いてあるぞ」

妹「まっすぐ行って、あの辺曲がると公園の入り口かな」

兄「この辺もずいぶん変わったなあ」



50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:07:54.61 ID:0PqFqhxe0


妹「私は? 変わった?」

兄「ちょっと見ない間に大人になったな」

妹「親戚のおじさんみたい……」

兄「正直言うには照れくさい」

妹「言っていいのになぁ」

兄「ヤバいだろこれ、こんなに美人になって」



52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:14:04.70 ID:0PqFqhxe0


妹「これ? これってこの子?」

兄「そう。この子」

妹「出会い系で知り合って、今日初対面で、一日彼女やってるこの子?」

兄「どんな設定だよ」

妹「ごめんね。私も今日、結構緊張してるの」

兄「そうは見えないけど」



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:17:31.46 ID:0PqFqhxe0


妹「だって久しぶりだし。誘っちゃったの私だし」

兄「俺が誘ったことにしておくよ」

妹「ほんと? なんかちょっと気が楽になったかも」

兄「お前を襲おうとする悪の手先から守るためにやって来たということで」

妹「どんな設定かなぁ。そんなこと考えてたの?」

兄「だってさ。お前が大人になって遠くに行っちゃうんだなあって」



54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:26:21.57 ID:0PqFqhxe0


妹「遠くにって……ここにいるけど。それに、まだ子供だよ」

兄「ほんと?」

妹「うん」

兄「そういう意味で?」

妹「どういう意味で?」

兄「女って意味で」



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:33:56.55 ID:0PqFqhxe0


妹「知らない」

兄「いいよ。……あ、ここ曲がるんだっけ?」

妹「そう。ここ。先に遠くに行ったのは、お兄ちゃんの方だよ」

兄「え?」

妹「ひとりで一人暮らししちゃって」

兄「二人じゃ一人暮らししない」



58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:37:31.03 ID:0PqFqhxe0


妹「まぜっかえさないの!」

兄「あ、こんなとこに公園の入り口できたんだ」

妹「最近できたのかな。こっちから入ってみようか」

兄「おわ」

妹「うわぁ~きれい~。一面ライトアップだぁ」

兄「まわり暗いから、足もと気をつけろよ」



59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:40:52.99 ID:0PqFqhxe0


妹「ほら、あっちの方、ディズニーランドみたいだよ」

兄「すごいね、これ」

妹「誘ってくれてありがとうね」

兄「どういたしまして、って……ここに連れて来たかったんだよ、とか」

妹「だんだん調子出てきたみたいよ」

兄「カップル気分だぜ、イエー!」



60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:48:47.50 ID:0PqFqhxe0


妹「デジカメ持ってくればよかったかな」

兄「携帯で撮ろう。記念撮影な。あそこ立って。全景入るから」

妹「はい。この辺?」

兄「うん。撮るよ~。はい」

妹「撮れたかな?」

兄「うーん、お前の写りがちょっと暗い」



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 01:52:14.15 ID:0PqFqhxe0


妹「もっと明るいところで撮ろうか」

兄「うーん、もったいないな。景色と一緒に撮れれば」

妹「じゃあ私中心で撮って」

兄「ちょっと設定変えてみる。もう一回」

妹「ポーズ!」

兄「ははは。撮るよ~」



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:09:37.47 ID:0PqFqhxe0


妹「どう? 撮れた?」

兄「さっきよりは全然いい。もっと撮ろうか。明るいところで」

妹「うん。手冷たくない?」

兄「だいじょうぶ」

妹「手、あっためてあげる」

兄「……」



66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:13:22.31 ID:0PqFqhxe0


妹「こっち向いて」

兄「ん?」

妹「チュッ」

兄「え」

妹「練習」

兄「練習?」



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:18:34.23 ID:0PqFqhxe0


妹「練習だから。一日彼女だから」

兄「練習ってことにしとこうか……あっちの中入ろう」

妹「うん」

兄「花火はこの奥?」

妹「ここでも見えると思うけど、中の方が見やすいって」

兄「じゃ、おいで」



69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:26:10.30 ID:0PqFqhxe0


妹「ねえ、お兄ちゃん……」

兄「ん?」

妹「うん、なんでもない」

兄「寒い? 最近寒いよな」

妹「このマフラー、長いよ」

兄「二人で巻こうって?」



72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:37:06.25 ID:0PqFqhxe0


妹「やだ?」

兄「雰囲気はわかるけど、首が数珠つなぎみたいになるし」

妹「やってみようよ。練習」

兄「わかった。練習な」

妹「うふふ」

兄「あったかいよ」



75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:42:55.88 ID:0PqFqhxe0


妹「でしょ」

兄「誰かに撮ってもらおうか、この馬鹿みたいなの」

妹「馬鹿みたいじゃないもん」

兄「馬鹿なカップルの想い出ってことで」

妹「バカップル?」

兄「今日のデート記念な」



77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:51:03.88 ID:0PqFqhxe0


妹「なんか、最後のデートみたいな言い方……」

兄「この辺明るいな。一枚お前の撮ろうか」

妹「それじゃこのマフラーが……」

兄「ああそうか。『白い囚人たち』の画を撮るんだったな」

妹「すみませ~ん。ちょっと撮ってもらえませんか」

兄「頼んじゃったな。恥ずかしい」



79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 02:55:47.06 ID:0PqFqhxe0

パシャ

妹「どうもありがとうございました~」

兄「ああ恥ずかしい」

妹「いちいち恥ずかしいって言わないの」

兄「いいだろ、恥ずかしいんだから」

妹「私は恥ずかしくないよ」

兄「じゃあ今度はお前撮るから」



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:03:26.33 ID:0PqFqhxe0


妹「ちぇ。もうマフラーおしまいなんだ」

兄「別にそんな大層なことじゃないだろ」

妹「いいよ。撮ってよ」

兄「すねた? ほらほらほら可愛いから」

妹「ほんと? ほんと?」

兄「はいはい可愛いからポーズね」



87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:10:09.35 ID:0PqFqhxe0


妹「じゃあ、ピース」

兄「地味だな。もっとこう、勢いあるやつ」

妹「じゃあ、こう!」

兄「いいねいいね。撮るよ~。はい」

妹「ちゃんと撮れたかな」

兄「あはははは。撮れた撮れた」



90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:19:33.46 ID:0PqFqhxe0


妹「あはははは。恥ずかしい」

兄「こっちは恥ずかしいのかよ」

妹「だってこれ……まぁいいんだけど」

兄「もっと撮ってやるから」

妹「もう踊っちゃおう」

兄「いいよいいよ~」



91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:24:52.10 ID:0PqFqhxe0


妹「あぁ、おなかすいた」

兄「なんか食べる? まだ花火まで時間あるだろ?」

妹「うん。まだだいじょうぶ」

兄「そこの店、良さげなんだけど」

妹「ストーブあるねぇ」

兄「寒くなった?」



92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:30:17.32 ID:0PqFqhxe0


妹「少しね」

兄「じゃあ入ろう。おごるから」

妹「え、いいの」

兄「俺が誘ったから」

妹「そこにこだわるんだ」

兄「まあいいじゃないか」



93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:34:37.99 ID:0PqFqhxe0


妹「ふぅ。やっとコート脱げる」

兄「え、まだ寒いだろ」

妹「いいの。モコモコしてて邪魔だから」

兄「そんなにモコモコした感じでもないだろ」

妹「コート脱いだ方が可愛いから……」

兄「あ」



94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:38:38.22 ID:0PqFqhxe0


妹「へへ~。今お兄ちゃん、目の色変わった」

兄「参りました」

妹「コートの中のお洋服の方が気合い入ってるのです」

兄「負けました。五倍ぐらい可愛いです」

妹「でしょ? 五倍?」

兄「十倍でもいいです」



95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:41:39.16 ID:0PqFqhxe0


妹「あ、料理来た」

兄「白い服、汚すなよ」

妹「そんな……幼稚園の子じゃないんだから」

兄「ごめんごめん」

妹「案外おいしいよ、これ」

兄「こっちも。あんまり期待してなかったけど」



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:44:52.54 ID:0PqFqhxe0


妹「少し食べる?」

兄「ああ。じゃあ交換」

妹「ありがとう。うん。うん。おいしいよ」

兄「だろ?」

妹「そっちのは?」

兄「美味いな。いける」



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:48:09.76 ID:0PqFqhxe0


妹「ごちそうさま。おいしかった」

兄「ごちそうさま。行く?」

妹「うん。もうそろそろ時間」

兄「コート着ちゃうんだ」

妹「しょうがないでしょ」

兄「一枚撮っておこうか」



98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:54:28.49 ID:0PqFqhxe0


妹「うーん。いいよ店の中だし恥ずかしいから」

兄「もう撮った」

妹「えぇーっ」

兄「そんなに驚くことないだろ」

妹「言ってよ。撮る前に」

兄「いや、急に撮りたくなったから」



100 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 03:59:42.08 ID:0PqFqhxe0


妹「そんなに私のこと撮りたいの?」

兄「うん。なんか」

妹「今まで全然私のこと見てくれなかったくせに~」

兄「そうかな」

妹「そうだよ。まぁいいけど」

兄「ほら行くよ。花火が始まる」



101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:06:14.19 ID:0PqFqhxe0


妹「ぶぅぶぅ」

兄「怒ってる?」

妹「許すかも」

兄「許してください。お願いします」

妹「棒読み?」

兄「ほら、こっちのイルミネーションも綺麗だぞ」



103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:11:57.70 ID:0PqFqhxe0


妹「ごまかされないよ」

兄「ごまかすよ」

妹「嫌いだよ」

兄「そんなことないよ」

妹「じゃあ好きだよ」

兄「俺もだよ」



105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:16:39.30 ID:0PqFqhxe0


妹「あ、そろそろ始まるって放送が」

兄「場所、この辺でいいのか?」

妹「いいと思うよ」

兄「どっちから上がるのかな?」

妹「みんなの向いてる方に向けばいいんじゃない?」

兄「なんか、定まってないよ。見てる方向がバラバラだ」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:20:01.45 ID:0PqFqhxe0


妹「始まればわかるよ」

兄「そりゃそうだ。けど俺はこっちだと思う」

妹「言い切りましたねぇ」

兄「そうですねえ。でもなんか自信ある」

妹「お兄ちゃんそういうとこ変わってないよね。でも面白いよ」

兄「あ、カウントダウンだってさ」



109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:23:32.20 ID:0PqFqhxe0


妹「5・4・3・2・1!」

兄「ドーンと来た!」

妹「うわっ。目の前みたいだね。すごい近い!」

兄「迫力あるね」

妹「手……」

兄「手?」



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:27:58.87 ID:0PqFqhxe0


妹「繋いで……」

兄「お手~手~つ~ないで~」

妹「振らないの!」

兄「花火花火」

妹「花火花火」

兄「ドーン」



111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:33:10.78 ID:0PqFqhxe0


妹「ドーン」

兄「5分だけだっけ?」

妹「うん。5分間かな」

兄「あっという間だな」

妹「それでいいのかな」

兄「冬の花火だからな」



113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:40:00.52 ID:0PqFqhxe0


妹「寒いしね」

兄「ビール飲めないしね」

妹「ビール飲むの?」

兄「いや、最近は全然。飲み会ぐらいかな」

妹「ビール飲んでもいいよ」

兄「飲まないよ。寒いから」



114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:45:54.56 ID:0PqFqhxe0


妹「わぁ~~っ。ぱちぱちぱちぱち」

兄「でっかい。ぱちぱちぱちぱち」

妹「みんな拍手してるね」

兄「拍手してるねえ」

妹「なんだか拍手しちゃうよね」

兄「誰に拍手してるんだろうね」



115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:48:20.17 ID:0PqFqhxe0


妹「あ、今ので終わりなのかな?」

兄「終わったかな」

妹「と思ったら」

兄「また来た! ナナメに来た!」

妹「スターマイン?」

兄「さらにどんどん来た!」



118 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:55:16.74 ID:0PqFqhxe0


妹「これがエンディングだね、きっと」

兄「すごいすごい」

妹「すごいすごい」

兄「結構感動的だな」

妹「みんな拍手してるぅ」

兄「最後の一発! か?」



119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 04:58:57.57 ID:0PqFqhxe0


妹「でっかいよぉ。終わっちゃう」

兄「あぁ。もうここまでだ」

妹「おしまい」

兄「おしまい」

妹「ふぅ」

兄「ふぅ」



120 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:04:28.11 ID:0PqFqhxe0


妹「よかったね」

兄「冬の花火かあ……」

妹「で、感想終わり?」

兄「いや、初めて見たから不思議な感じ」

妹「うん。なんかね」

兄「冬に打ち上げ花火やってもいいんだなあって」



122 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:08:55.61 ID:0PqFqhxe0


妹「夏の花火もいいけどね。冬の花火も幻想的かもね」

兄「幻想的かあ。そんな単語は俺にはなかった」

妹「幻想的じゃない?」

兄「キスしていいか?」

妹「え……」

兄「練習の続き」



123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:12:31.96 ID:0PqFqhxe0


妹「練習の続き?」

兄「今度は俺から」

妹「……」

兄「チュッ」

妹「……」

兄「俺さ、お前のことが昔から一番好きだったんだよ」



124 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:15:58.62 ID:0PqFqhxe0


妹「お兄ちゃん……」

兄「今日だけ言えた。今日だけ俺の彼女になってくれてありがとう」

妹「そんなこと言われたら、私がなにも言えなくなっちゃうじゃない」

兄「いいよ。言って」

妹「ええと。後で言うから」

兄「後でって?」



125 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:19:48.17 ID:0PqFqhxe0


妹「あのね……」

兄「なに?」

妹「あのね、今日お兄ちゃんとこ泊まりに行っていい?」

兄「え、いきなり」

妹「ごめんね、いきなりで。でももうお母さんには言ってあるから」

兄「なんて?」



127 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:24:10.50 ID:0PqFqhxe0


妹「お兄ちゃんのところに泊まりに行くかもって」

兄「言ってくれよ。来る前に」

妹「ううん。行くのは今決めたから」

兄「いいのか?」

妹「うん。いいの」

兄「でも、イブも泊まりに来るんだろ?」



131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:28:27.60 ID:0PqFqhxe0


妹「アリバイのアリバイ……かな」

兄「うちに電話する?」

妹「ちょっと待って」

兄「うん」

妹「ぎゅってしてくれる?」

兄「うん……」



135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:31:36.73 ID:0PqFqhxe0


妹「あはは。モコモコだね」

兄「モコモコだな」

妹「ごめんね」

兄「なにが?」

妹「わがままで」

兄「モコモコだよ」



138 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:37:11.92 ID:0PqFqhxe0


妹「じゃあ、行こっか」

兄「行こうか」

妹「ほんと、綺麗だよねここ」

兄「よかったよ、来て」

妹「あ、ちょっとあそこで撮ろう。いいポーズするから」

兄「俺も撮ってくれよ。せっかくだから」



139 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:44:59.95 ID:0PqFqhxe0


妹「いいよ。いいポーズしてよ」

兄「こうだ! 早く撮って!」

妹「撮るよ~。はい」

兄「どれ」

妹「あはははは」

兄「あははははは。ははは」



145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:52:36.34 ID:0PqFqhxe0


妹「この辺、お店あるんだね。雑貨屋さん?」

兄「さっきは気がつかなかったなあ」

妹「来たときは、真ん中の方を通ってきたからね」

兄「あ、電話は?」

妹「駅に着いたらする。公園の中はなんとなくね」

兄「あの店ちょっと見てみるか」



147 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 05:58:32.55 ID:0PqFqhxe0


妹「いいの?」

兄「アジア雑貨みたいだな。太鼓がちょっと気になって」

妹「買ってくの? 太鼓?」

兄「いや、買わないと思うけど」

妹「止めないよ。買うの」

兄「この状況で、太鼓持って歩くのはいやだな」



149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:06:14.73 ID:0PqFqhxe0


妹「じゃあ、叩いていけば」

兄「叩かせてください、って言うのか?」

妹「うん、そう。あ、見て、これちょっと可愛い」

兄「なに?」

妹「アクセサリー」

兄「あー。買ってあげようか?」



151 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:12:48.81 ID:0PqFqhxe0


妹「あこれ、チョーカーだって」

兄「首につけるやつ?」

妹「か~わいいなぁ、ちょっと」

兄「気にいった? コートとって付けてみれば?」

妹「うん。ほらほら」

兄「なんですかその必殺似合いっぷりは」



153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:15:31.83 ID:0PqFqhxe0


妹「似合う? ほんと?」

兄「ほんとどころの騒ぎじゃない高ポイント。店の人も似合ってるって言ってる」

妹「買っちゃう」

兄「じゃあさ、ちょっと早いクリスマスプレゼント」

妹「え、嬉しい。いいの?」

兄「こんなんで良ければ。ってとにかく似合うから買ってあげる」



154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:19:05.34 ID:0PqFqhxe0


妹「やった……」

兄「俺が最初に見つけたことにしてくれ。買ったよ」

妹「素早い!」

兄「はい。これが俺からのクリスマスプレゼント。お前に似合うかなあと思って」

妹「あ、ありがとう。どうかな~。似合うと嬉しいな~」

兄「結構似合う自信あるんだな、これが」



156 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:28:00.91 ID:0PqFqhxe0


妹「今付けてみていいかな?」

兄「いいよ」

妹「でも付けてもコートで隠れちゃう」

兄「いいよ、どっちでも」

妹「じゃあ今付けて、後で見せるからね」

兄「あっ」



158 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:34:55.66 ID:0PqFqhxe0


妹「なに?」

兄「太鼓叩くの忘れた……」

妹「あはははは。引き返して叩いてくる?」

兄「いや、いいよ」

妹「いや、いいから」

兄「太鼓はそのチョーカーを見つけるための目印でしかなかったんだよ」



159 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:40:18.75 ID:0PqFqhxe0


妹「あっ」

兄「なに?」

妹「ちゃんとお礼するの忘れた……」

兄「さっきされた気がするけど」

妹「ほんとはこうなの。チュッ。チュッ。大好き」

兄「そうなのか」



161 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:50:06.64 ID:0PqFqhxe0

(電車内)

妹「座れた~」

兄「案外歩いたからな」

妹「電車の中、あったかい」

兄「やっぱり今年、寒いよな」

妹「眠くなっちゃう……」

兄「いいよ、寝てても」



163 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:53:37.96 ID:0PqFqhxe0


妹「頭のっけていい?」

兄「いいよ」

妹「えへへ」

兄「ここからだとちょっと長旅だからな。慣れないと遠いけど、慣れても遠いよ」

妹「……」

兄「寝ちゃった?」



164 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 06:55:51.43 ID:0PqFqhxe0


妹「うん」

兄「なんだ、寝たのか」

妹「うん」

兄「ぐっすりだな」

妹「うん」

兄「おやすみ」



179 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:23:49.21 ID:0PqFqhxe0


(兄の最寄り駅)

妹「到着ぅ~」

兄「遠路はるばる、おつかれさま」

妹「わりとすぐだったね」

兄「寝てたからだろ」

妹「なんか、前に来たときと違う感じ」

兄「夜だしな。あと、ちょっと変わったとこもあるかな」



180 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:28:06.27 ID:0PqFqhxe0


妹「どっちだっけ」

兄「心の赴くままに」

妹「うん。そうする。じゃなくて、また今度来るんだから」

兄「そうか。じゃあまず、あそこのスーパーまで」

妹「うん」

兄「そして、スーパーの角を曲がる」



181 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:31:38.79 ID:0PqFqhxe0


妹「あれ、ここまだ開いてるのね」

兄「いつの間にか24時間営業になった」

妹「ちょっと入っていい?」

兄「なんか買うのか?」

妹「ええとね、お泊まり用意があんまりないの」

兄「そう。なにが必要?」



182 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:34:03.28 ID:0PqFqhxe0


妹「安いスウェットでも買おうかなあって」

兄「俺のでよければ、着てないのあるよ。わざわざ買わなくても。売ってないかもしれないし」

妹「あ、それならいいかな。貸してもらえる?」

兄「うん。他に買うものは? 新品の歯ブラシぐらいならある」

妹「お菓子」

兄「じゃあ買うか」



183 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:38:42.94 ID:0PqFqhxe0


妹「あ、あと朝ごはんの材料」

兄「え、作るの?」

妹「『お兄ちゃんにごはん作ってあげるから』ってお母さんに言っちゃったから」

兄「適当でいいよ。朝になってからなんか買ってもいいし」

妹「今買った方が面倒じゃないでしょ」

兄「なに作るんだ?」



185 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:44:00.56 ID:0PqFqhxe0


妹「企業秘密かな」

兄「隠すことないだろ」

妹「別に隠してないけど、教えないの」

兄「それを隠すって言わないか?」

妹「そうとも言うかもね」

兄「まぁいいや。必要なのは期待?」



188 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:52:17.93 ID:0PqFqhxe0


妹「正解です」

兄「わかりました。期待してます」

妹「すごく期待しないでね」

兄「難しいな」

妹「では、買い物に入ります」

兄「おともします」



191 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 10:55:53.35 ID:0PqFqhxe0


妹「買いました」

兄「朝ごはんの予想がだいたいつきました」

妹「たぶん、正解だと思います」

兄「ちょっと嬉しいよ」

妹「ちょっと?」

兄「結構かな。いや、かなり」



193 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:01:22.64 ID:0PqFqhxe0


妹「黙って食べてね。ええと、スーパーの角を曲がったとこまでね、道順」

兄「うん。そこの信号のある通りまで行く」

妹「てくてくてくてく。はい。信号のある通りね」

兄「青だ。信号を渡って、一本内側の道に入る」

妹「はい。一本内側」

兄「あと、ここからは道なりに真っすぐ。曲がってるとこもあるけど真っすぐ」



194 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:05:09.14 ID:0PqFqhxe0


妹「あぁ、思ってたより簡単だった」

兄「着いたよ」

妹「お邪魔しま~す。妹兼一日彼女が来ましたよ~」

兄「兼任なんだ」

妹「一日警察署長みたいでしょ」

兄「よくわからないけど、偉い人みたいだ」



195 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:08:40.73 ID:0PqFqhxe0


妹「えっへん」

兄「威張った」

妹「お兄ちゃんを一日彼氏に任命します」

兄「ありがたく拝命します」

妹「ハンガー、あるよね」

兄「あ、ハンガー。はいこれ」



196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:13:21.15 ID:0PqFqhxe0


妹「やっとモコモコが脱げる~」

兄「あ、うんと可愛い子が出てきたぞ」

妹「ほんと?」

兄「チョーカーもやっぱり、ポイント高いな」

妹「鏡で見てみるね。あ~あ~これ。いい~。いいよ~」

兄「な、可愛いだろ。お嬢様、お目が高い」



197 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:17:34.04 ID:0PqFqhxe0


妹「うん。最初からこれ着けてくればよかった~」

兄「喜ばしい限りでございます」

妹「ねぇ」

兄「うん?」

妹「ぎゅってしていいよ」

兄「ぎゅってして欲しいんだろ」



200 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:22:14.97 ID:0PqFqhxe0


妹「そうとも言うかもね」

兄「まだ練習は続いてる?」

妹「続いてるかもね」

兄「俺にも遠慮はあるんだぜ」

妹「ほんとはちょっと怖いよ」

兄「俺が?」



201 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:27:47.99 ID:0PqFqhxe0


妹「ううん。自分が。止められないから……」

兄「ほどほどにしとこう。な?」

妹「あぁ、もうよくわかんない。自分の決めたことが……」

兄「俺はだいじょうぶだから」

妹「うん……」

兄「お前に『好きだ』って伝えられただけでもさ……」



204 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:35:45.29 ID:0PqFqhxe0


妹「うん……」

兄「かなり胸のつかえが下りた感じなんだよ」

妹「私、お兄ちゃんの気持ち、わかってた。前は」

兄「そうか」

妹「でも、いなくなっちゃったんだもん、お兄ちゃんが」

兄「あぁ」



210 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 11:43:45.52 ID:0PqFqhxe0


妹「さっきお兄ちゃんが私に言ったのとおんなじこと言うね」

兄「うん」

妹「私ね、お兄ちゃんのことが昔から一番好きだったんだよ」

兄「今は?」

妹「今は?」

兄「好きだよ。それは変わらない」



216 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:04:17.73 ID:0PqFqhxe0


妹「どうしよう……」

兄「どうしたい?」

妹「キスして……」

兄「ああ……」

妹「もっと……もっと……」

兄「好きだよ……好きだよ……好きだよ……」



217 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:08:58.22 ID:0PqFqhxe0


妹「えへへへへ……」

兄「どうした?」

妹「なんだか可笑しくなってきちゃった……」

兄「まあ、可笑しいかもな、今日は。クリスマスムードのせいだ」

妹「自分で決めたことを思い出したの」

兄「そうか……」



218 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:12:22.84 ID:0PqFqhxe0


妹「シャワー借りていい?」

兄「いいよ。着替え出すから。ほらこれ。白の上下」

妹「ありがとう」

兄「ちょっと大きいかな」

妹「いい。だいじょうぶ」

兄「バスタオルも。はい」



219 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:16:37.01 ID:0PqFqhxe0


妹「じゃあ浴びるね」

兄「どうぞ」

妹「のぞきたいと思ってもいいけど、のぞかないでね」

兄「のぞかないから。浴室のカギかければいいよ」

妹「お先に~」

兄「あ、買い物は冷蔵庫にしまっとくよ~」



221 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:22:03.20 ID:0PqFqhxe0


妹「はぁ。いいお湯でした」

兄「歌ってたな、歌」

妹「聞こえたの?」

兄「いや、ちゃんと聞いてないけど」

妹「えっち」

兄「なんでだよ!」



222 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:26:43.50 ID:0PqFqhxe0


妹「だってぇ。のぞかれてるのと一緒でしょ」

兄「あ、そうだ。その浴室のカギさあ、実は開けようと思えば外から開けられるんだよね」

妹「ええっ~」

兄「10円玉とかで。こう。グリってやって」

妹「なんかそれ、ひどくない?」

兄「なんで?」



223 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:31:18.83 ID:0PqFqhxe0


妹「カギ開けられるってわかってて、カギかければ、って言ったんだ」

兄「あ、そう言われてしまえば、そうなってしまう」

妹「私を罠にはめたんだ」

兄「なんだよそれ」

妹「私を騙してまで、のぞきたいって思ってたんだ」

兄「のぞいてないだろ」



226 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:39:53.82 ID:0PqFqhxe0


妹「ひどい。ひどい」

兄「あのさあ、まとめると、『ほんとはのぞいて欲しかった』ってこと?」

妹「そんなこと言ってない」

兄「『私を騙して、のぞいて欲しかった』ってこと?」

妹「のぞかれるのは、恥ずかしいよ……」

兄「でも、のぞいて欲しい?」



227 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:48:40.54 ID:0PqFqhxe0


妹「お兄ちゃんが、のぞきたいのをうんと我慢してたのは、よくわかった」

兄「断定されてしまった」

妹「犯人はお前だ!」

兄「違う。俺じゃない!」

妹「逮捕拘留取り調べの上、市中引き回し打ち首獄門だ!」

兄「バスタオル一枚でそれ言うなよ」



229 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 12:55:55.61 ID:0PqFqhxe0


妹「うーーーーっ」

兄「なに。なに?」

妹「お兄ちゃん、やらしいよ」

兄「なーにが?」

妹「このバスタオルを、パッてしたい気持ちにさせられちゃう」

兄「え」



231 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:03:47.20 ID:0PqFqhxe0


妹「しないけど。しないけど……」

兄「するのか」

妹「見たい? よね? ……あとで見せるかも」

兄「ほんと?」

妹「見せる、とは言ってないからね。お兄ちゃんもシャワー浴びてきて」

兄「わかったよ。じゃあ、あとで……」



235 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:09:31.46 ID:0PqFqhxe0


妹「着替えちゃったよ」

兄「あぁ、さっぱりした。白、似合うな」

妹「これ、お兄ちゃんの匂いがちょっとするんだ……」

兄「下は? いいの?」

妹「大きいから、上だけでいいよ……」

兄「正直言ってその生足、興奮する」



238 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:15:29.40 ID:0PqFqhxe0


妹「セクシー? かな?」

兄「ほんとは足だけじゃなくて、全部だけど」

妹「もう寝ちゃうの……」

兄「疲れた? いいよベッドで寝て。俺は寝袋で寝るから」

妹「ぐーぐーぐーぐー」

兄「おやすみ。……なのか?」



243 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:22:27.35 ID:0PqFqhxe0


妹「ううん。こっちに来るの。一緒に寝るの」

兄「いいのか?」

妹「いいよ。ほんとはまだ眠くないよ。さっき電車で寝ちゃったし」

兄「襲うかもよ」

妹「だめかもよ」

兄「そっち行く」



249 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:26:50.26 ID:0PqFqhxe0


妹「あはは。私、震えちゃってる。震えちゃってるの」

兄「だいじょうぶ。いい子。いい子」

妹「体じゅう、撫でて欲しい。全部」

兄「柔らかいね。女の体だよ、すっかり」

妹「ううん、まだ子供」

兄「胸、撫でていい?」



251 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:30:51.13 ID:0PqFqhxe0


妹「うん……でも他のところも……」

兄「うん……腕とか肩とか?」

妹「顔とか……背中とか……」

兄「可愛い……好きだよ……」

妹「あっあっ……やっ……感じちゃ……」

兄「すごい感じるんだな……」



254 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:35:31.91 ID:0PqFqhxe0


妹「だって……あ……だめ……おっぱい感じすぎ……」

兄「直接触るよ……」

妹「あ……待って……待って……ちょっと……」

兄「だめ? ごめん」

妹「下を……脱がせて……」

兄「え、こっち?」



258 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:42:22.76 ID:0PqFqhxe0


妹「いまそこ触らないで……お願い……濡れちゃうから……」

兄「うん」

妹「さっき替えたばっかりのだから……濡れちゃうから」

兄「いいの? 脱がすよ」

妹「見ちゃだめ……見ないでね……恥ずかしいよ……」

兄「もう濡れてる……」



259 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:46:06.52 ID:0PqFqhxe0


妹「ああっ……そんなこと……お兄ちゃんの指……」

兄「見たいよ。全部。見せて」

妹「うん……。上も。脱がせて。裸にして」

兄「ああ。俺も裸になる」

妹「見せてるよね……私……お兄ちゃんに……全部……」

兄「ああ……こんなにいい形のふくらみで……乳首がツンとしてて」



262 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:51:05.84 ID:0PqFqhxe0


妹「感じてね……感じてね……私で……」

兄「ああ……もうたまらないよ……」

妹「嬉しい……嬉しい……」

兄「全部触らせろ……全部舐めさせろ」

妹「いいよ……いいよ……お兄ちゃんの好きにしていいよ……」

兄「こんなにくびれててさ……やらしいお尻しててさ……」



265 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 13:58:08.10 ID:0PqFqhxe0


妹「ゃ……ゃ……ゃ……あっあっ……あっ……」

兄「我慢できる? 舐めるよ……」

妹「平気……だよ……もうだめ……私……いっちゃうの?」

兄「いっちゃいな……いいよ……」

妹「お兄ちゃん……お兄ちゃん……ねぇ……ねぇ」

兄「愛してるよ。愛してるよ」



267 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 14:01:55.86 ID:0PqFqhxe0


妹「あっあっあっあっ……あっあっあっ……ああああぁっ」

兄「ああ。たまらなく可愛い」

妹「はぁーっ……はぁーっ……は……ああぁっ」

兄「欲しい。入れたい」

妹「お兄ちゃん……あっ……あっ……待って……」

兄「うん。ごめん」



269 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 14:11:07.26 ID:0PqFqhxe0


妹「だめなの……それはだめなの……自分で決めたことなの」

兄「ああ。うん。だめだよな。わかってる」

妹「ごめんね……ごめんね……」

兄「いろいろいけないよなぁ」

妹「ほんとはそうじゃないけど……でもだめなの……」

兄「うん。好きだよ。お前のこと」



273 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 14:14:42.49 ID:0PqFqhxe0


妹「触っていい? お兄ちゃんの……」

兄「あああっ……触ってる……」

妹「お兄ちゃんも……いっちゃって……私で……」

兄「お前の指が……指だけで……あ……」

妹「見て……私……こんなに興奮してるの……」

兄「あ……あ……出したい……」



279 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 14:17:16.90 ID:0PqFqhxe0


妹「出ちゃう? 出ちゃう?」

兄「ああっ……もう……」

妹「体にかけていいよ……いっぱい……いっぱい」

兄「いくっ……いくっ……あっあっあっああああーっ」

妹「ああ……出ちゃったんだ……あったかいんだ……」

兄「ああああああああ……こんな……感じる……」



327 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:06:29.97 ID:0PqFqhxe0


妹「あ……裸で寝ちゃってた……」

兄「ん……あ……」

妹「お兄ちゃんも裸のままね……」

兄「んああ。目、覚めた」

妹「そのまま寝ちゃったね」

兄「布団、かけてくれたのか」



328 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:12:53.97 ID:0PqFqhxe0


妹「うん……裸って結構あったかいね」

兄「柔らかいよ。お前の肌、気持ちいい」

妹「全部お兄ちゃんの匂いで……包まれてて……」

兄「はは。勃ってきた」

妹「そんなこと言われただけで、感じちゃうよぅ……また……」

兄「触っていいだろ」



329 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:20:35.95 ID:0PqFqhxe0


妹「いいよ……」

兄「今日だけな」

妹「今日だけなの?」

兄「その方がいいと思ったから。俺もそう決めた」

妹「ごめんね。セックスできなくって」

兄「しょうがないよ……うん……」



333 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:25:15.20 ID:0PqFqhxe0


妹「そのかわり、なんでもする。言って」

兄「俺がお前にしたい。今のお前の全部を覚えておきたい」

妹「フェラチオしていい?」

兄「できるのか?」

妹「わかんない……けど……したいの」

兄「さっき両手でされたの、すごい感じた。電気が走った」



335 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:29:54.68 ID:0PqFqhxe0


妹「私もお兄ちゃんに触られただけで、びりびり来ちゃうの」

兄「こんなに硬くなって、俺だって恥ずかしい」

妹「いいよ。おあいこだから。舐めていい?」

兄「いいって言わなくても、するんだろ」

妹「お兄ちゃんが私にしたみたいに、舌動かしちゃうの」

兄「ああ……そう……いいよ……気持ちいい」



337 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:36:28.64 ID:0PqFqhxe0


妹「気持ちいい? 先の方とか、まわりとか?」

兄「ああ……いい……上手いよ……」

妹「透明なの出てきた。吸っちゃう」

兄「びっくりしたろ、さっき……あんなの出て……」

妹「ううん、すごい嬉しかった。お兄ちゃん、あんなに感極まってくれて」

兄「だって……お前の裸があんなに……いやらしくのけぞって……」



338 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:41:04.17 ID:0PqFqhxe0


妹「ねえ、くわえてもいい?」

兄「いいよ……存分に練習してくれ……」

妹「練習だけど……練習じゃないから」

兄「ああっ……」

妹「こんな感じでいいのかな? もっと?」

兄「もっと……」



340 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:47:06.77 ID:0PqFqhxe0


妹「ごめんね。上手にできなくって」

兄「いいよいいよ」

妹「でも今度は、お兄ちゃんを先にいかせたいから」

兄「うん」

妹「言って。して欲しいこと」

兄「感じてるお前の裸見ながら、両手でいかされたい」



342 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 22:53:42.56 ID:0PqFqhxe0


妹「さっきみたいに?」

兄「こんな風にお前のクリトリスいじって」

妹「あ……あっ……やぁん……や……」

兄「そう。そう。お前の手で俺のを……」

妹「うぅん……ふぅん……ああっ……いっちゃって……」

兄「ああっ……すごいよ……しびれる……」



344 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:01:40.71 ID:0PqFqhxe0


妹「ねぇ……やっぱり……い……いっちゃう……」

兄「もっと速く……もっと」

妹「こうなの? こうなの?」

兄「そう……いくっ……いくっ」

妹「飲ませて……お兄ちゃんの……飲ませて……」

兄「いくよっ……飲んで……飲んで」



346 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:06:57.66 ID:0PqFqhxe0


妹「飲めたの……お兄ちゃんの……」

兄「あぁっ……はぁっ……」

妹「好きよ。ほんとに好きよ」

兄「ありがとう……」

妹「ありがとうなんて、言わないで」

兄「お前が好きだよ……俺は……」



347 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:15:54.51 ID:0PqFqhxe0


妹「いろいろね、頭がぐちゃぐちゃなの」

兄「わかるよ。俺もだ」

妹「今日だって……お兄ちゃんの顔見たかっただけなのに」

兄「うん」

妹「でもこれでいいって思ってたり、どうするのこれからって思ってたり」

兄「お前が自分で決めた通りでいいから」



349 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:21:40.04 ID:0PqFqhxe0


妹「うん。ごめんね。ごめんね」

兄「なんで謝るんだよ。楽しかったぞ」

妹「うん。そうだね」

兄「腹減ったよ」

妹「うん」

兄「作るの手伝おうか? 朝ご飯」



351 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:26:12.22 ID:0PqFqhxe0


妹「待って。ちょっとまだ」

兄「ごめんな」

妹「キスして。いっぱい」

兄「うん……」

妹「ああ……ああ……」

兄「これで最後かな」



353 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/19(土) 23:32:27.80 ID:0PqFqhxe0


妹「違うの。それ以上言わないで」

兄「ああ。わかった」

妹「うん。ご飯作るよ。手伝わなくていいから待ってて」

兄「カーテン開けるよ」

妹「ふぅ。お兄ちゃん、牛乳使っていいよね?」

兄「あ、まだ開けてないやつ、いいよそれ」



366 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 00:37:48.00 ID:BzP6rCYZ0


妹「お兄ちゃん~できたよ~ん」

兄「おう。美味そうだ」

妹「予想通り、オムライスです」

兄「予想はしてなかったよ。買い物のときは、卵、ケチャップ、とかただ思ってた」

妹「料理作らないの?」

兄「作らなくはない。でもこんな洋食みたいな感じのは」



370 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 00:45:46.91 ID:BzP6rCYZ0


妹「じゃあ食べようね。いただきま~す」

兄「ありがたやありがたや。いただきます」

妹「これも料理ってほどじゃないけどね」

兄「いやいや。なんか華やかでさ」

妹「簡単なのよ。ライスの方はてきとーだし」

兄「普通に美味いよ。上手だと思うよ」



371 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 00:50:21.14 ID:BzP6rCYZ0


妹「でもこのオムの方には、気合い入ってるのよ」

兄「卵の方?」

妹「そう。ふわふわ半熟にして、ぱっと開いて乗っけるの」

兄「なんかエロい」

妹「ばか。そうするとね、トマト色のライスの上にとろとろって絡むの」

兄「余計エロい」



373 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 00:55:09.10 ID:BzP6rCYZ0


妹「それでね、私、悩みがあるの」

兄「なに?」

妹「せっかくお料理が上手になったとしても、一番大好きな人とは結婚できないの」

兄「ああ、そりゃ大変だ」

妹「大変でしょ? 同情してくれる?」

兄「まあね。あのさ、俺には夢があるんだ」



374 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 00:59:29.54 ID:BzP6rCYZ0


妹「どんな?」

兄「妹と結婚できるような世の中に変わるよう、学会を揺るがす世紀の大発見をする」

妹「すごいな」

兄「でもそのために、なにをしていいのかわからないんだ」

妹「悩みだね」

兄「で、とりあえず、ラットの世話してる」



377 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 01:04:42.43 ID:BzP6rCYZ0


妹「ああ、お腹いっぱい」

兄「あ、それ残すの?」

妹「うん。ちょっとボリューム多すぎたかな。食べていいよ」

兄「じゃあ遠慮なく」

妹「食べて食べて~」

兄「いただきます」



378 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 01:09:18.56 ID:BzP6rCYZ0


妹「オムライスが言うの。『食べて食べて~私を食べて~』って」

兄「どうすりゃいいんだ、それ」

妹「『赤くて黄色くてふわふわでおいしいよ~』って言うの」

兄「ほんとかなあ」

妹「食べてみなきゃわからないかもね」

兄「そうだな」



379 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 01:17:28.78 ID:BzP6rCYZ0


妹「もうごちそうさま、かな?」

兄「ごちそうさま。最後まで飽きが来なかったよ」

妹「いっぱい食べてくれて、嬉しいな」

兄「ふわふわでおいしかったよ」

妹「これなら安心して嫁に出せそうだ」

兄「誰なんだよ、それ言ってるのは」



381 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 01:24:55.28 ID:BzP6rCYZ0


妹「ごめん、またちょっと眠くなっちゃった」

兄「くたびれたか? いいから横になりなよ」

妹「普段使わないとこをいっぱい使っちゃったみたい」

兄「休んでな」

妹「食器はあとで洗うから」

兄「あ、いいよいいよ。俺がやるから」



382 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 01:30:32.48 ID:BzP6rCYZ0


妹「じゃあちょっと、横になるね」

兄「うん」

妹「お兄ちゃんも、休んだら?」

兄「ああ、そうするかも」

妹「ふわふわでふわふわだよ」

兄「じゃあちょっと俺も横になる」



424 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:03:26.08 ID:BzP6rCYZ0


妹「お昼でした」

兄「ぐっすり寝ました」

妹「うーーん、いいお天気ね」

兄「おっぱい見えた」

妹「見えてないでしょ!」

兄「じゃあ見えてない」



425 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:06:52.77 ID:BzP6rCYZ0


妹「見えたっていうのは、こういうのを言うの!」

兄「おおっ」

妹「はい、サービス終わり。あ、私、もう帰るね」

兄「え、もう? そうか」

妹「お兄ちゃんの貴重な日曜だから、あんまりお邪魔してもね」

兄「あ、いや、俺はいいんだけど」



426 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:12:50.41 ID:BzP6rCYZ0


妹「これ以上いたら、私帰れなくなっちゃうから」

兄「……」

妹「暗くなってから帰りたくない。なんだか悲しくなっちゃいそうだし」

兄「うん」

妹「そうだ、台所の後片付けするね」

兄「あ……ああ。すまん」



428 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:18:42.84 ID:BzP6rCYZ0


妹「お兄ちゃ~ん、聞くの忘れてた~」

兄「なに~?」

妹「ええとね~。クリスマスプレゼントなに欲しい~?」

兄「聞こえな~い」

妹「待ってね~。片付け終わった。食器このまま置いとくよ」

兄「あ、ありがとう。それでいいよ」



429 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:25:36.53 ID:BzP6rCYZ0


妹「クリスマスプレゼント」

兄「ああ、さっきそう言ったのか」

妹「私はもうもらっちゃったでしょ。お兄ちゃんはなにが欲しいかなって」

兄「えーと。あー。予算は?」

妹「予算? 10円とか?」

兄「じゃあ、『うまい棒』一本」



430 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:32:21.19 ID:BzP6rCYZ0


妹「『うまい棒』ね。ほんとに買ってきちゃうよ」

兄「えーとねえ。急に言われたからぱっと思いつかない」

妹「うーん、今一番欲しいものは?」

兄「あー、本とかかな」

妹「なんの本?」

兄「考えてない」



431 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:40:51.28 ID:BzP6rCYZ0


妹「それじゃあわかんないよぉ」

兄「ああいいよ。特に。気持ちだけで十分。お前も出費多いだろ」

妹「お花とか買ってきちゃおうかなぁ」

兄「嬉しいけど、ちょっとあれかな」

妹「じゃあね、またご飯作ってあげる。プレゼントらしくないけどなぁ」

兄「それでいいや」



432 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:46:58.98 ID:BzP6rCYZ0


妹「うん、じゃあなんか考えとくね。イブ、来るときは連絡します」

兄「わかった」

妹「あ、モコモコ着てかなきゃ」

兄「じゃあ送ってくよ」

妹「送り狼?」

兄「なんだよそれ」



433 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 12:49:12.63 ID:BzP6rCYZ0


妹「いいよ、送ってくれなくて」

兄「駅まで送るから」

妹「ほんとにいいの。ひとりで歩いて、道を確かめたいから」

兄「いいの?」

妹「うん。じゃあ帰るね。お邪魔しました~」

兄「ああ。じゃあな。気をつけて」



449 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 14:32:19.76 ID:BzP6rCYZ0


(23日天皇誕生日)

妹「もしもし」

兄「おう……」

妹「おれおれ。おれだよ」

兄「なんだ詐欺か」

妹「ねえお兄ちゃん、今うちにいるの?」

兄「うん」



450 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 14:37:37.95 ID:BzP6rCYZ0


妹「ちょっと出てきちゃったから。……近くでもないんだけど」

兄「えっ?」

妹「買い物とかしてるの。今日から冬休みだから」

兄「そうか。早いな。いいな」

妹「今日お休み?」

兄「まぁ」



452 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 14:42:56.47 ID:BzP6rCYZ0


妹「ちょっと行っても……いいかな?」

兄「え?」

妹「そっち」

兄「え、明日来るんだろ?」

妹「うん……お邪魔だったね。ごめんね」

兄「すまん。ちょっと」



453 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 14:45:51.11 ID:BzP6rCYZ0


妹「プレゼント欲しいものある?」

兄「あ、特に思いつかないよ」

妹「そう。わかった」

兄「悪いね」

妹「じゃあ……ね。バイバイ」

兄「じゃあまた」



472 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:03:11.43 ID:BzP6rCYZ0


(クリスマスイブ)

妹「もしもし」

兄「もしもし」

妹「来たの……」

兄「今どこ?」

妹「前の道……」

兄「前って、うちの?」



474 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:05:48.17 ID:BzP6rCYZ0


妹「うん……」

兄「今ドア開けるから」

妹「入っていいの?」

兄「うん。なんだよ?」

妹「だって……ごめん今行く」

兄「おいで」



475 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:10:30.18 ID:BzP6rCYZ0


妹「お邪魔……します」

兄「うん。思ってたより早かったな」

妹「遅くなっちゃった……ごめん……」

兄「はい、ハンガー」

妹「ありがとう」

兄「あ、中はサンタなんだ」



476 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:16:22.66 ID:BzP6rCYZ0


妹「えへ……」

兄「そんな服持ってたのか」

妹「買ったの。この時期しか着れないけど」

兄「たしかに正月には着れないな」

妹「モコモコを上に着てないと、外歩くの恥ずかしい」

兄「あ、そうだ。メリークリスマス」



477 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:21:39.55 ID:BzP6rCYZ0


妹「メリー……クリスマス……」

兄「どうした?」

妹「電車の中で……ずっと泣いてたから……」

兄「……」

妹「抱きしめて……ください」

兄「う、うん」



478 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:25:59.61 ID:BzP6rCYZ0


妹「ナンパされそうになったの。電車乗り換えるとき」

兄「無事だったのか」

妹「すぐ逃げたけど、ちょっと追いかけてきたの。怖かった」

兄「うんうん、怖かったな」

妹「暗い顔して、ひとりで歩いてたからかな、って」

兄「ん?」



482 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:34:18.41 ID:BzP6rCYZ0


妹「クリスマスイブなのにね……私、なにやってるのかなってね」

兄「……」

妹「お兄ちゃんのとこに行っても、だめなのかなって」

兄「なにがだめなんだよ」

妹「昨日もね……ほんとは駅まで来てたの……」

兄「駅って? ここの?」



484 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:37:21.33 ID:BzP6rCYZ0


妹「うん……。馬鹿みたいよね。あれからずっとお兄ちゃんのこと考えてて」

兄「俺も、ずっとお前のこと考えてたよ」

妹「顔見たくなっちゃって。会いたく……なっちゃって……うう」

兄「おい。泣くなよ。ごめんな」

妹「うぅっ……うううぅっ……お……お兄ちゃんが……」

兄「うん……うん」



485 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 19:40:33.82 ID:BzP6rCYZ0


妹「もう心……決めちゃったのかな……って……ううぅっ」

兄「よしよし……」

妹「あれは……あの日だけにするんだって……」

兄「……」

妹「お兄ちゃんが……お兄ちゃんがね……こうするって決めたら」

兄「……」



494 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 20:02:25.02 ID:BzP6rCYZ0


妹「そうだよね……それが普通なんだよね……兄妹だからねって」

兄「……」

妹「わかりました……ってしか言えなくなっちゃうの……」

兄「俺だって、そう納得するしかないんだ……」

妹「土曜に会わなきゃよかったのかな……とか」

兄「……」



496 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 20:06:36.34 ID:BzP6rCYZ0


妹「土曜に泊まりに来なきゃよかったのかな……とか」

兄「……」

妹「でも私……お兄ちゃんの気持ち……知りたくて……」

兄「……」

妹「あの日わかって嬉しかったんだけど……でも」

兄「……」



499 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 20:09:28.04 ID:BzP6rCYZ0


妹「どんどんみじめな気持ちになっちゃって……うあぁぁーん」

兄「……」

妹「私ひとりで……私ひとりで……なに勝手に考えてたのかなぁって」

兄「ごめん。俺、お前のこと……傷つけたよな……」

妹「違うの。違うの」

兄「うまく言えないけど……俺はお前のことが大事だ」



501 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 20:13:19.48 ID:BzP6rCYZ0


妹「私のことが大事なら、今、抱いて欲しいの!」

兄「抱いてって……今こうしてる」

妹「違うの! 違うの!」

兄「違うのって……」

妹「して欲しいの! 今!」

兄「え……」



526 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:00:25.19 ID:jZ6WSrOv0


妹「ごめんね。ほんとにごめんね。ごめんなさい……」

兄「謝るなよ……」

妹「もうわかんなくなっちゃってるの……私」

兄「俺だってわかんないよ。お前、今日、彼氏に抱かれたんだろ」

妹「違う。違うの」

兄「お前はもう抱かれたんだろ!」



529 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:06:31.68 ID:jZ6WSrOv0


妹「それ違うから!」

兄「ほんとかよ」

妹「そう思われるのわかってたけど、それ違うから!」

兄「どう違うんだよ!」

妹「言えなかったの!」

兄「何をだよ! 何を!」



534 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:10:49.55 ID:jZ6WSrOv0


妹「あんなやつと付き合ったのは、お兄ちゃんがいなくなっちゃったせいだって!」

兄「ふざけんなよ!」

妹「ごめん。お兄ちゃんのせいにしてたの。私が勝手に」

兄「おい!」

妹「だから彼氏とデートかって言われて……私怒っちゃいそうで……」

兄「なんだってんだよ!」



538 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:17:03.29 ID:jZ6WSrOv0


妹「お兄ちゃんのせいだって……お兄ちゃん以外となんて……」

兄「俺じゃなきゃだめだろ」

妹「だめだよ! でも自信がなくなっちゃったの!」

兄「俺だって自信なんかないよ」

妹「ごめん、全部言わせて」

兄「なんだよ」



540 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:21:10.95 ID:jZ6WSrOv0


妹「私ね、初めての人はお兄ちゃんって決めてたの……勝手に」

兄「え、そうなのか」

妹「初めてのときは、なにもつけなくても、お兄ちゃんのを受け入れられるようにって」

兄「え……」

妹「クリスマスイブに合わせてたっていうか、合っちゃったっていうか……」

兄「……」



547 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:31:29.04 ID:jZ6WSrOv0


妹「だから今日が良かったの……イブにあげたかったの……」

兄「彼氏とはどうだったんだよ」

妹「とっくに別れてるよ。あんなやつ」

兄「なにもなかったのか」

妹「あんなことしたの、お兄ちゃんが最初だから。わかるでしょ?」

兄「じゃあ今日どこ行ってたんだよ。こんな時間まで」



549 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:36:41.84 ID:jZ6WSrOv0


妹「友達とクリスマスパーティー……。前から決まってたの」

兄「ほんとか?」

妹「ほんと。ほんとなの。だからそれ利用して、ここにって」

兄「それなら最初からそう言えよ……」

妹「『クリスマスイブに抱いてください』って?」

兄「言えないよな。そりゃ……」



552 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:42:39.62 ID:jZ6WSrOv0


妹「今日は言っちゃったけどね……全然可愛くない子だよね」

兄「よしよし。よしよし」

妹「よしよし。よしよし」

兄「失恋したような気持ちでいたよ」

妹「……ごめん。困惑させちゃって」

兄「俺さ、日曜にお前が帰ってからさ」



557 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:51:57.99 ID:jZ6WSrOv0


妹「うん」

兄「本屋に行ったんだよ」

妹「うん」

兄「なんかさ、棚見ててもタイトルが目に入らなくてさ」

妹「うんうん」

兄「これじゃおかしいって、なんか適当に本開いてみても」



559 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 22:58:37.01 ID:jZ6WSrOv0


妹「うん」

兄「文章が目を素通りするんだよな」

妹「私も、日曜の帰り道、なにも目に入らなかった」

兄「楽しかったはずなのにな」

妹「楽しかったことは考えた。すごく嬉しい気持ちになれるの」

兄「ああ」



583 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 23:38:26.50 ID:jZ6WSrOv0


妹「でもだんだん不安になってきて、どうしようどうしようって」

兄「俺はだんだん悲しくなってきて、なかったことにしようって」

妹「それでもずっと、お兄ちゃんのことだけ想ってた」

兄「思ってみたけど、お前のことをうっすら考えてた」

妹「それでね、昨日つい電話しちゃったのね」

兄「それでさ、昨日つい買っちゃったんだよ」



587 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 23:42:52.70 ID:jZ6WSrOv0


妹「なにを?」

兄「まだ言いたくない」

妹「そう。なんで?」

兄「自分が馬鹿みたいだから」

妹「馬鹿みたいなのは、私の方だよ」

兄「あ、今日もこのチョーカーしてるんだな」



590 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 23:49:54.65 ID:jZ6WSrOv0


妹「なに、今ごろ。最初からずっとしてるよ」

兄「目には入ってたけど」

妹「意識できなかった?」

兄「そういや、ずっとサンタの格好だし」

妹「あ、クリスマスプレゼント渡すの忘れてた」

兄「なに?」



593 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 23:54:32.56 ID:jZ6WSrOv0


妹「靴下ある? 綺麗なの」

兄「あるよ」

妹「ちょうど入るぐらいの大きさだから」

兄「持ってくる」

妹「吊るしてよ。ベッドに」

兄「わかった」



597 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/20(日) 23:59:46.76 ID:jZ6WSrOv0


妹「はい。サンタさん来たよ。いい子にしてたかい」

兄「いい子にしてたから、サンタが来たんじゃないのか?」

妹「靴下の中に、プレゼントがあるよ」

兄「わ~い。サンタさんありがとう、って言えばいいのか?」

妹「プレゼントはバレバレだよ」

兄「わ~い。なんだろう」



599 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:03:41.37 ID:LU1yLfox0


妹「さあ、開けてごらん」

兄「自分で包んだのか、これ?」

妹「サンタさんが魔法で包んだんだよ」

兄「それらしく見えるから恐ろしいな」

妹「今日のパーティーでもおんなじのあげたの。うけてた」

兄「チーズ味か」



602 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:10:22.78 ID:LU1yLfox0


妹「当たりか外れかどうかわからないけど。チーズ味好き?」

兄「いや、『うまい棒』はそんなに食べたことないからな」

妹「じゃあ、食べてみる?」

兄「その言い方さ、ドキドキするんだけど」

妹「私も言ってて『あっ』って思った」

兄「『うまい棒』の話に戻るけどさ」



606 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:14:44.10 ID:LU1yLfox0


妹「あれ、『うまい棒』の話じゃなかったの?」

兄「なんか甘くてまずいのがあったのは覚えてる。挑発するなよ」

妹「一個包んでみて、あ、これは使えるって思ったの。挑発はずっとしてるけど」

兄「いくつ包んだんだ? 手握っていいか?」

妹「十個。九個あげてきちゃった。いいよ」

兄「あげたプレゼントはそれだけ?」



611 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:29:26.51 ID:LU1yLfox0


妹「他にも用意したけど。『うまい棒』の圧勝だったかな」

兄「安上がりにうけてよかったな。俺のおかげだ。キスするよ」

妹「ラッピングの方が値段高いのよ。中身の方が安くて。キスして」

兄「逆だろ。サンタの格好よりも、中身の方が何万倍も高級だ」

妹「……あっ……んんっ……」

兄「……はぁっ……はぁっ」



615 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:37:30.24 ID:LU1yLfox0


妹「なんかね、笑っちゃうの」

兄「笑うなよ。俺は心を決めた」

妹「急にそう言われると、ちょっと待って、って感じちゃったり」

兄「わがままだな」

妹「わがままだよ。知ってるでしょ?」

兄「あのさ、さっきの馬鹿な話の続きするよ」



619 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:45:07.48 ID:LU1yLfox0


妹「なんの話だっけ?」

兄「俺が昨日買ったものの話」

妹「全然想像がつきません」

兄「もういいや。直接見せる。ちょっと待って」

妹「隠してたんだぁ」

兄「隠してたんじゃない。しまってたんだ」



621 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 00:52:00.16 ID:LU1yLfox0


妹「え、なにこれ。お洋服?」

兄「開けてみていいよ」

妹「プレゼントなの?」

兄「いや、お前のと言うべきか俺のと言うべきか」

妹「あれ、これバスローブ?」

兄「そう」



630 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 01:05:15.62 ID:LU1yLfox0


妹「あはははは。あはははは」

兄「いきなり笑うなよ」

妹「だってぇ……」

兄「俺そんなこと考えてたんだぜ。お前が泊まりに来たときにとか」

妹「これは私へのプレゼントでしょ?」

兄「Mサイズなら自分でも着れるかなとかって、なんか自分に言い訳もしたんだよな」



631 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 01:05:59.79 ID:LU1yLfox0


妹「これは私へのプレゼント」

兄「おぅ。そうだよ。クリスマスプレゼントだ」

妹「で、お兄ちゃんへのプレゼントは、バスローブを着た子の方。だよね?」

兄「おぅ」

妹「シャワー浴びさせてくれる?」

兄「のぞかないよ」



637 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 01:19:10.07 ID:LU1yLfox0


妹「のぞかせちゃおうかなぁ」

兄「そんなにのぞかれたいのか」

妹「少しは。恥ずかしいけど」

兄「楽しみは後でとっとく」

妹「じゃあ、浴びてくる~」

兄「待ってるよ」



640 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 01:56:39.05 ID:LU1yLfox0


妹「バスローブの人です」

兄「可愛い」

妹「のぞかなかったね」

兄「歌ってた歌、『いきものがかり』の?」

妹「うん。悲しいときに歌って、泣いちゃったりしてたんだけどね」

兄「楽しそうに歌ってたぞ」



642 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:03:00.19 ID:LU1yLfox0


妹「うんでも、今もちょっと泣いちゃった」

兄「全然そんな感じじゃないけど」

妹「いろいろ思い出しちゃったの。泣いてるとこ、のぞかれなくてよかった」

兄「そのバスローブ、どう?」

妹「うん。ふわふわで気持ちいいよ」

兄「それはよかった。なんか飲む?」



644 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:07:50.76 ID:LU1yLfox0


妹「うん。ありがとう。お兄ちゃんは浴びないの?」

兄「俺はさっき浴びた。こうなるとは思ってなかったけど」

妹「このバスローブねぇ、自分じゃまだ似合わないかなぁ、って」

兄「そう?」

妹「シンプルだからちょっと大人っぽくて」

兄「じゃあ大人になればいい」



647 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:14:07.99 ID:LU1yLfox0


妹「うん」

兄「おいで」

妹「あ、敷いたんだ、バスタオル」

兄「あからさまだな」

妹「電気消そうか」

兄「見えなくなるのはやだな」



649 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:19:34.57 ID:LU1yLfox0


妹「ううん、キャンドルがあるの。忘れてた」

兄「へぇ~。一気にクリスマスっぽくなるな」

妹「サンタはクリスマスっぽくなかったって~?」

兄「あ、いや、スカートがさ」

妹「スカートが? マッチかライターある?」

兄「いい長さだなって。はいこれ」



650 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:25:01.64 ID:LU1yLfox0


妹「でしょ? これ三つ出窓に置いちゃっていい?」

兄「いいよ。火着けようか」

妹「火着けてくれる?」

兄「まだかな。はい着いた」

妹「電気消してみるね」

兄「うぉ」



653 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:32:15.62 ID:LU1yLfox0


妹「土曜日のこと、急に思い出しちゃった」

兄「俺も」

妹「いいね、ゆらゆらしてて」

兄「なんかさ、お前最高だ」

妹「そうだといいな」

兄「そうだよ」



655 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:41:00.25 ID:LU1yLfox0


妹「じゃあ、最高にして」

兄「そのままで最高なんだよ」

妹「このまま? 裸のまま?」

兄「そう。もっと脱いで見せてくれる?」

妹「うん……」

兄「幻想的って言葉、思い出したぞ」



656 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:48:07.46 ID:LU1yLfox0


妹「もっと見てくれる? それだけで感じるから」

兄「見てるよ。お前のこと全部」

妹「ねぇ。もうお願いしないから。委ねるから」

兄「お願いしたっていいんだよ」

妹「全部委ねたいよ」

兄「愛してるよ」



658 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 02:55:31.94 ID:LU1yLfox0


妹「あ……溶けちゃうよ……指が触れただけで」

兄「溶かしてる。お前を」

妹「うん……溶かしていいよ……うんと感じるから」

兄「俺の方も見な。からだ重ねるから」

妹「うん……大好きだよ……欲しかったんだよ」

兄「お前の肌がさ、吸い付くんだ」



660 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 03:03:55.69 ID:LU1yLfox0


妹「このまま包まれちゃうの?」

兄「お前も包むんだよ、俺のこと」

妹「うん」

兄「もう少し触るよ」

妹「うん」

兄「いっぱい感じていいから」



664 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 03:11:34.98 ID:LU1yLfox0


妹「あぁっ……そこ……早く触って……」

兄「この胸が好きなんだ。こんないい形に、よくできてる」

妹「ああぁっ……そう……吸って欲しかったの……」

兄「舌が上手に動かせる気がするんだ」

妹「うん……あっあっ……す すごい いい」

兄「お前の感じるところ全部に……線を引こうか……」



666 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 03:18:32.60 ID:LU1yLfox0


妹「ね……ね……ねぇ……」

兄「足ひろげてごらん」

妹「ぅ……ぁ……み……見せるよ……見てね」

兄「もう溢れてるよ。こんなに。いい子だよ」

妹「いつでも……いつでも……」

兄「もっとゆっくりな」



668 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 03:26:15.84 ID:LU1yLfox0


妹「うん……うん……いっぱい……感じるから」

兄「お前が感じるから……俺も感じる……」

妹「もう……浮いちゃってる……」

兄「そのまま。そのまま。爪先から舐めるから」

妹「ああっ……お兄ちゃん……」

兄「綺麗な足。もっと綺麗にしよう」



670 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 03:37:48.03 ID:LU1yLfox0


妹「ここよ……ここよ……」

兄「腰が動いてる。あそこを開くよ」

妹「うん……うん……」

兄「ああ綺麗だ。すごい綺麗なピンク色だ。ここにも綺麗なとこがあった」

妹「お……お兄……ちゃ……の……触る……」

兄「そう……いいよ……そのまま」



677 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:05:19.42 ID:LU1yLfox0


妹「あっあっ……あっ……指……そう……そうよ」

兄「もっと感じな……そう……そう」

妹「お……お兄ちゃんも……溶けて……溶けてよ」

兄「俺の……当てたよ……ゆっくり包んで」

妹「あ……来てくれた……入る」

兄「入る……溶け込む……」



680 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:16:53.49 ID:LU1yLfox0


妹「痛くなったけど痛くない……全然」

兄「破った……すごい……絡みつく」

妹「中で……お兄ちゃんの……形が」

兄「全部入れるよ。もう少し」

妹「うん……お願い」

兄「あぁっ……奥までいった……このまま」



681 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:21:31.29 ID:LU1yLfox0


妹「ねぇ……もう……ふわふわなの」

兄「動かすよ……」

妹「いいよ……大丈夫」

兄「ああっ……締まるんだ……」

妹「あぁん……あ……ああ」

兄「突くよ。突くよ。突くよ」



684 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:31:34.19 ID:LU1yLfox0


妹「いい……そ……そう あ あ あ」

兄「すごい……ぴったりくる……」

妹「いい? いい? あっあっあっ」

兄「いいよ いい ああっ あ ああっっ」

妹「ね? ね? ね? ね?」

兄「いくよ……もう……もう」



687 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:38:17.68 ID:LU1yLfox0


妹「うん うん あ あ いぃ あっ」

兄「いくっ いくっ」

妹「あ すき すき あああっ んっ んっ」

兄「うっ ああああっ あああああっ あ」

妹「きて きて」

兄「出す……ああああああっ ああっ ああっ ああっ ああっ」



688 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:45:14.62 ID:LU1yLfox0


妹「あぁっ……こんなに……」

兄「はぁっ はぁっ はああっ」

妹「ああぁっ……感じちゃうの?」

兄「ああ……最高だよ……最高だ」

妹「ほんとに? 夢じゃないの?」

兄「お前だから……俺も」



689 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 04:53:46.31 ID:LU1yLfox0


妹「私ね、私ね、ただ痛いだけかと思ってた」

兄「できたよ。ちゃんと」

妹「最初からいっちゃってた。入る前から」

兄「痛くない?」

妹「ピリっとしてるけど、なんか痛くないの。全然」

兄「入れたままでいい?」



690 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:00:51.26 ID:LU1yLfox0


妹「まだいて。お話もできるから」

兄「ああ。感じてるのに感覚がない。溶けたよ」

妹「雲の上で喋ってるみたいだよ」

兄「自分が自分じゃないみたいな感じになった」

妹「私も。私がお兄ちゃんになって、私を見てるの」

兄「キャンドルの炎に、なんか運ばれた」



692 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:07:33.71 ID:LU1yLfox0


妹「私が痛くないって、お兄ちゃんわかってたよね?」

兄「うん。なんか。わかったんだよ」

妹「これが最初でいいの?」

兄「いいんだろ?」

妹「うん。いいんだけど?」

兄「いいんだよな?」



693 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:12:33.48 ID:LU1yLfox0


妹「練習したから?」

兄「お前の言ってることが、俺が言ってるように聞こえるんだけど?」

妹「私もよくわかんない」

兄「お前が準備したからだろ」

妹「そうかもしれない」

兄「お前のそんな顔、見たことなかった」



695 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:17:34.42 ID:LU1yLfox0


妹「お兄ちゃんも」

兄「びっくりしてる?」

妹「びっくりしてる」

兄「お前しかいないよ」

妹「私も。お兄ちゃんしかいない」

兄「本当だったんだな。あってたんだな、これで」



696 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:21:38.44 ID:LU1yLfox0


妹「うん。なんか。いいみたいだよ」

兄「そうか」

妹「まともじゃないよね」

兄「いや、そうでもないだろ」

妹「ねえ。もうほんとはなんにも言えないの。言葉がいらないの」

兄「うん。俺も」



698 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:28:07.35 ID:LU1yLfox0


妹「どうしようか」

兄「いや、まだいいよ」

妹「うん」

兄「繋がったままでいよう」

妹「うん。そうだね」

兄「なんでわかるの?」



699 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:33:24.58 ID:LU1yLfox0


妹「私が言ってるから」

兄「ああ」

妹「なんか、すごいね」

兄「愛?」

妹「あのさ、お兄ちゃん好きなんだけど」

兄「あはははは。はは」



700 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:38:42.38 ID:LU1yLfox0


妹「止まらないよ」

兄「いいよ。もう少し」

妹「もう少しね」

兄「だいじょうぶ?」

妹「うん、だいじょうぶ」

兄「そろそろ?」



701 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:42:58.72 ID:LU1yLfox0


妹「うん」

兄「良かったね」

妹「良かったね」

兄「じゃ」

妹「うん」

兄「抜くよ」



703 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 05:49:08.79 ID:LU1yLfox0


妹「あっ……あっ……いなくなっちゃった」

兄「バイバイ」

妹「また来てくれるよね」

兄「うん。もちろん」

妹「でもまだ繋がってるみたい」

兄「そうだな」



705 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 06:00:28.72 ID:LU1yLfox0


妹「あ、お兄ちゃんの、中からこぼれてきた」

兄「出したんだな」

妹「出るときね、すごいわかったよ。すごい嬉しかった」

兄「俺も。嬉しかった」

妹「あぁ、ちょっと醒めてきた感じ」

兄「キャンドル、いいね」



707 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 06:04:56.04 ID:LU1yLfox0


妹「落ち着くね」

兄「ふぅーーっ」

妹「はぁーーっ」

兄「痛くない?」

妹「気にしてくれてありがとうね。ちょっとヒリヒリするぐらい」

兄「これから痛くなるのかな」



708 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 06:09:36.57 ID:LU1yLfox0


妹「うーん。わかんない。ほんとに痛みがないっていうか」

兄「どんな感じなんだ? ヒリヒリして痛くないって」

妹「うーんとね、ヒザが擦りむけた感じ?」

兄「え、痛そうじゃないか」

妹「でもそこを指で触ってもね、別に痛くないって言ったらわかる?」

兄「う~ん」



710 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 06:12:59.83 ID:LU1yLfox0


妹「わかんないよね」

兄「うん」

妹「私もよくわかんないの」

兄「次、いつしようか」

妹「あ~、まだしてるみたいなのに?」

兄「今日はこのまま寝ような」



711 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 06:15:52.82 ID:LU1yLfox0


妹「うん。あ、ちょっと待ってね」

兄「うん。あ、俺も」

妹「キャンドルも消して。はい。手繋いで寝ようね」

兄「うん。繋がった」

妹「おやすみ、お兄ちゃん」

兄「おやすみ」



772 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 22:40:40.09 ID:KcdHy7/qO


妹「むにゃむにゃ……」

兄「ツンツン」

妹「んにゃ……んん~ん」

兄「朝」

妹「ん? うん……」

兄「朝ですが。お姫様」




773 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 22:42:41.32 ID:KcdHy7/qO


妹「はい……」

兄「なんか顔が笑ってるよ」

妹「ふぅ~……ふぅ」

兄「起こして、悪かったかな」

妹「夢見てた……」

兄「どんな?」




778 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:01:07.84 ID:KcdHy7/qO


妹「もう忘れちゃった……」

兄「楽しい夢だったのかな」

妹「あ、なんかね、象に乗ってるの」

兄「お前が?」

妹「うん。それでね、棒っていうか枝みたいなのを持っててね」

兄「うん」



780 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:02:45.77 ID:KcdHy7/qO


妹「でもバスローブを着たままなの。夢っぽいね」

兄「うん、夢っぽいな。それから?」

妹「覚えてるのはそれだけ」

兄「象ねえ。どういう意味なんだろう。夢判断と夢占いとかで」

妹「ちょっと気になるなぁ」

兄「でも楽しい感じなら、いい夢なんじゃないか」




782 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:10:49.58 ID:KcdHy7/qO


妹「そうね。なんか『行け~!』みたいな感じだった」

兄「『行け~!』か」

妹「『行け~!』ね。怖いものなしよ」

兄「ところでさ。電話。家に」

妹「あ、そうだね。待って。どうしよう」

兄「俺からかけようか?」



784 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:12:14.69 ID:KcdHy7/qO


妹「なんて言えばいいかな。『ゆうべお兄ちゃんに処女捧げちゃったの~!』とか」

兄「それで俺にかわって『仲良くやってるから』とか言うのか」

妹「困ったなぁ」

兄「あんまり困ってないだろ」

妹「めんどくさいだけかもね」

兄「ところで、今日の予定は?」



786 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:33:10.12 ID:KcdHy7/qO


妹「今日の予定より、今の気分の方が大事なんじゃないかなぁ」

兄「それで、今のご気分は? お嬢様」

妹「さっきは、お姫様って言ってたよね」

兄「ああ、そう言ったような気がする」

妹「だっこ……」

兄「甘えん坊……」



787 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/21(月) 23:34:07.80 ID:KcdHy7/qO


妹「今日の予定は?」

兄「ああ。昨日からさ、教授がいないんだよ。年末になって研究室がだらけててさ……」

妹「うん、すぱっと言ってみて!」

兄「今日はサボる!」

妹「やった」

兄「ちょっとだけ顔出したり、動物の世話したりするけど」



791 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 00:05:28.18 ID:6AkxcMwlO


妹「外明るくなったけど、まだ気分が残ってるよ」

兄「ああ」

妹「今日がほんとのクリスマスなんだけどね」

兄「そういや、そうだ」

妹「朝起きたら、枕もとにプレゼントがあるの」

兄「サンタさんに感謝の手紙書かなきゃな」


792 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 00:06:39.81 ID:6AkxcMwlO


妹「どうしよう、こんなにおっきいプレゼントもらっちゃった!」

兄「自分でお願いしたんだから、しょうがないだろ」

妹「違うの。違うの。もらえるとは思ってなかったの」

兄「あそうだ、バスローブ、俺のも欲しくなった」

妹「おそろいにしちゃうの?」

兄「うん。俺のはLサイズで。その格好でさ、シャンパンとか飲んじゃったりしてな」



795 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 00:14:52.35 ID:6AkxcMwlO


妹「足、組みながらとかね」

兄「そして小粋なトーク」

妹「夜景が綺麗ね、とか」

兄「ああ、綺麗だ。それよりも君の方が……とか」

妹「ねぇ……」

兄「あぁ……」



796 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 00:16:20.43 ID:6AkxcMwlO


妹「どうしたい……?」

兄「君と同じだよ……」

妹「言ってくれなきゃわからない……」

兄「言わなくてもわかってるくせに……」

妹「もう私、裸だよ……身も心も……」

兄「ああ……俺だって裸だ……君以外、なにも必要ないから……」


804 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 00:33:35.03 ID:6AkxcMwlO


妹「どうする? ほんとに。お兄ちゃん?」

兄「とりあえずいったん起きよう」

妹「そうだね」

兄「シャワー浴びなよ」

妹「うん。一緒に浴びる?」

兄「難しいだろ。狭いからなあ。お先どうぞ」



817 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 02:53:04.69 ID:6AkxcMwlO


妹「ヘイ!」

兄「その『ヘイ!』ってなに?」

妹「ジングルベル。お風呂場で歌ってたの」

兄「クリスマス~ヘイ! ってやつか」

妹「そう」

兄「じゃあ俺も浴びてくるから」



818 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 02:54:38.62 ID:6AkxcMwlO


妹「お菓子食べてたよ。こないだ買ったやつ」

兄「ああ。お腹空いた?」

妹「ちょっとだけ」

兄「俺も食う。食べるものがなくて悪いな。後で食いに行こう」

妹「後でって? なんの後かな?」

兄「なんの後にしたいのかな?」



819 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:04:39.52 ID:6AkxcMwlO


妹「少しヒリヒリするけど、全然だいじょうぶだと思う」

兄「ゆうべみたいにはできないかもな」

妹「うん。イブの夜の力だったのかな」

兄「別に上手にできたわけじゃないんだけどな」

妹「お兄ちゃん上手だった。ほんと。私のためにしてくれた」

兄「俺のためでもあったんだよ」



821 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:06:33.16 ID:6AkxcMwlO


妹「もう一度したいな。一度だけじゃ終わらないために」

兄「そんな目、するんだ」

妹「うん。真剣だもの」

兄「どうなっても知らないよ」

妹「こんなポーズしても?」

兄「見えそう。お前の……」



822 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:23:50.35 ID:6AkxcMwlO


妹「乳首? 見えちゃうかな? バスローブで隠してるのに?」

兄「見たいよ……」

妹「ほら、こんなにプルンとしてるよ。私のおっぱい」

兄「ああ。丸くて。綺麗で。全部見たい」

妹「触っちゃいたい? 揉んじゃいたい?」


823 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:25:38.70 ID:6AkxcMwlO

兄「触らせろ」

妹「まだだめなの。もっとお兄ちゃんをじらすの」

兄「頼むよ……」

妹「お兄ちゃん、そんな顔してる。興奮しちゃう」

兄「欲しいよ。欲しいよ」

妹「もっと興奮させちゃうの。足ちょっと開いて見せて」

兄「隣に座っていいか?」




824 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:27:01.62 ID:6AkxcMwlO


妹「だめ。正面からもっと見て。バスローブはだけちゃうよ」

兄「ああ……おっぱいの先で引っかかってる……」

妹「ずらして見たい? こんな風に?」

兄「もうちょっと。もうちょっとで全部だから」

妹「全部? 全部見たいの?」

兄「見せてよ。早く」


826 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:37:25.91 ID:6AkxcMwlO


妹「バスローブ脱いじゃったよ。裸だよ。でも指で隠しちゃうの」

兄「もう隠すなよ……」

妹「じゃあこうね。ぱっ。ぱっ。また隠しちゃう」

兄「もっと……もっと」

妹「もっと? ぱっ。どう? どうかな? ぱっ。また隠しちゃう」

兄「いいよ。すごいいいよ」



827 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:39:16.07 ID:6AkxcMwlO


妹「まだこっち来ちゃだめ。おっぱい隠したまま足ひろげちゃうから」

兄「見えた」

妹「また閉じちゃう。でもまた開いちゃうの。ちょっと腰が動くよ」

兄「ああっ。たまんない」

妹「おっぱいも見せちゃう」

兄「あああ」



829 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 03:59:37.75 ID:6AkxcMwlO


妹「感じちゃって。感じちゃって。私こんなにエッチだから」

兄「ああ。可愛いよ。たまらないよ。欲しいよ」

妹「濡れちゃってるの見える? 見せちゃうよ……」

兄「濡れてきてる……光ってる」

妹「こっち来てもいいよ。お兄ちゃん……」

兄「抱きたい。抱きたいよ」



830 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:01:08.52 ID:6AkxcMwlO


妹「ここに手入れちゃうね……お兄ちゃん……おっきくなってるよ」

兄「あっ!」

妹「すごい硬いよ。入りたいよね。私の濡れてるとこに」

兄「ああっ……もう」

妹「おっぱい触ってみる? ほら、ツンってなってるよ」

兄「ああ。お前のおっぱいが……もう弾けてる。こんなに」



831 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:06:20.60 ID:6AkxcMwlO


妹「すごいでしょ? 大きくなったでしょ? もっといじって……」

兄「手のひらに吸い付く……この弾力が好きだ……」

妹「好きなの? 好きなの? 食べちゃいたいの?」

兄「ああ。食べちゃう」

妹「食べちゃってみて。ペロペロチュウチュウしてみて」

兄「ペロペロペロペロ……」



832 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:07:49.08 ID:6AkxcMwlO


妹「あぁ……ねっ……すごいおいしいでしょ?」

兄「おいしい。おいしい」

妹「お兄ちゃんも脱がせちゃうよ。ペニス出しちゃうよ」

兄「あああ」

妹「先の方から透明なのが出てるよ。糸引いちゃうよ」

兄「手が……お前の手が……」



834 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:23:04.48 ID:6AkxcMwlO


妹「こう? 両手でこう? これが好きなんだよね?」

兄「そう……そう……そう……」

妹「私の……濡れてるところも、触ってみる?」

兄「こうだろ。こうだろ」

妹「そう……そうよ……そこ……クリトリス」

兄「クリトリスが……膨らんできた」



835 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:24:39.16 ID:6AkxcMwlO


妹「あっあっ……もう……横になっちゃうよ……」

兄「食べるよ。食べるよ」

妹「食べていいよ。食べていいよ」

兄「愛してるよ」

妹「愛してる。キスが入れていい合図だよ」

兄「ん……ん……ん」


836 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:36:17.96 ID:6AkxcMwlO


妹「お兄ちゃん……来て……」

兄「入るよ……入るよ……ああっ」

妹「あぁ……入ったよ……」

兄「いい……すごい締まってる……」

妹「いいの? 私のがいいの?」

兄「いいよ……いいよ……もう……お前のがいい……」



837 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:37:28.11 ID:6AkxcMwlO


妹「あっ……感じる……そこ……なんか……」

兄「ここ……ここ……感じるんだ……」

妹「動いて……動いて……奥まで……」

兄「あああっ……全部……全部」

妹「お兄ちゃん……中で……いっぱい暴れる……」

兄「好きだよ……好きだ……好きだ」



839 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:47:03.56 ID:6AkxcMwlO


妹「ねぇ……やっぱり……感じる……感じちゃう……」

兄「感じちゃえ……感じちゃえ……ああっ……ああっ」

妹「いいよ。いいよ。いいよ……あ あ あ」

兄「いっちゃう。いっちゃう」

妹「お兄ちゃん……出して……出して……あっあっあっあっあっ」

兄「いく。いく。出る。ああっ ああああっ ああああっ いった……いったよ……」



840 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 04:48:50.08 ID:6AkxcMwlO


妹「お兄ちゃん……好き……好き……やっぱり好き」

兄「あああっ……あああっ……はああっ……ああっ」

妹「あ……あっ……ああぁ……ああぁ……」

兄「はぁぁっ。好きだ……最高だ……」

妹「お兄ちゃんだけ……お兄ちゃんだけ……」

兄「そうだよ。そうだよ。そうだよ」



842 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:07:08.54 ID:6AkxcMwlO


妹「まだじっとしてね……そのまま……」

兄「ああ……」

妹「どうしよう……ほんとに……」

兄「なに笑ってるんだよ……」

妹「だって……だって……」

兄「もう……可愛いよ……可愛いよ……」



843 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:08:44.60 ID:6AkxcMwlO


(玄関)

妹「やっとお母さんに電話できたね」

兄「やっぱり着替えてからじゃないとできなっかたな」

妹「裸でいると、バレちゃったりして」

兄「かもな。なにしてんの~って」

妹「こわいこわい」

兄「こわいこわい」



845 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:10:14.94 ID:6AkxcMwlO


妹「やっぱり今日もご飯作るよ。お母さんにもそう言っちゃたし」

兄「うーん。面倒なら出来合いのを買ってくるとかでも」

妹「あそこのスーパー行こうか?」

兄「うん。困ったときはあそこ。なんでもある。コンビニより安い」

妹「じゃあ行きましょう」

兄「おともします」



847 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:11:58.34 ID:6AkxcMwlO


妹「ねえお兄ちゃん……次会えるのって、お正月休み?」

兄「うん。ほんとに年内の終わりが見えなくて」

妹「初詣は一緒に行けるね」

兄「うん」

妹「向こうからこっち来るときに、一緒に来ちゃおうかなぁ」

兄「はは。仲良し兄妹だ」



850 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:28:08.27 ID:6AkxcMwlO


妹「来年はいっぱい会えるかな」

兄「やっぱり家まで遠いよなあ」

妹「間をとれば、そんなに遠くないよ」

兄「電話もメールもある」

妹「あの電話したのが、ちょうど一週間前かぁ」

兄「濃密なクリスマスウイークだったな」



852 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:29:21.00 ID:6AkxcMwlO


妹「一生忘れないよ。一生どころじゃないかも」

兄「この先どうなるかな」

妹「先のこと考えすぎると、わけわからなくなっちゃうって思い知ったの」

兄「今が大事なんだな。いつでも今が」

妹「今はこれでいいのかなって。ほんと、幸せ」

兄「今はご飯食べるのが大事。ほら、スーパーに着いた」



853 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:30:54.92 ID:6AkxcMwlO


妹「あれ、クリスマスケーキがすごい安い!」

兄「もはや叩き売りだな。今日がクリスマスだろうに」

妹「ねえお兄ちゃん、ケーキ買って食べることにしない?」

兄「そうするか」

妹「コーヒー買ってく? ケーキにコーヒー」

兄「いいね」



854 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:32:12.67 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒーメーカーあったよね。使えるのかな?」

兄「使えるよ」

妹「ペーパーフィルターは?」

兄「一応ある。だいじょうぶ」

妹「じゃ、夜明けのコーヒーを二人で飲もうぜ。いいだろ」

兄「小粋なトークかよ。最近まともなコーヒー飲んでなかったなあ」



855 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:35:18.31 ID:6AkxcMwlO


妹「あ、シャンメリーだって。シャンパンっぽいやつね」

兄「これならお前も飲めるな。ノンアルコールだろ」

妹「そして小粋なトーク」

兄「思いつかない」

妹「ダサイぜ、あんた」

兄「買ってくか」



856 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 05:36:52.68 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒーコーヒー。コーヒー豆どこ?」

兄「あっちの方かな」

妹「あれ、こんなとこにバスローブ売ってる」

兄「あはは」

妹「ひょっとしてここで買ったの? あれ」

兄「実はそう」



858 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:02:29.76 ID:6AkxcMwlO


妹「じゃあお兄ちゃんの買って、プレゼントしようかな」

兄「ほんと? お金だいじょうぶ?」

妹「だいじょうぶ。お兄ちゃんへのプレゼント資金がまだ残ってるから」

兄「まあ、そんなに高くないからな。お言葉に甘えるか」

妹「うん、じゃあそうするね」

兄「結局、それぞれ自分のバスローブを買うのと同じわけだ」



859 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:04:31.14 ID:6AkxcMwlO


妹「しーっ! それ言っちゃだめ!」

兄「すまん」

妹「クリスマスのプレゼント交換です」

兄「プレゼント交換ね」

妹「交換しました。では、包みを開けます。そっちは? うわぁおんなじだ!」

兄「すごい気が合うね。付き合っちゃおうか」



860 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:06:06.27 ID:6AkxcMwlO


妹「じゃあ言ってください。ちゃんと」

兄「俺と付き合ってくれ。俺の彼女になってくれ」

妹「うん。彼女になる」

兄「順番がずいぶん狂ったなあ」

妹「今まではお試し期間だったから、ここからで」

兄「かなり試したな。試されたけど」



861 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:07:51.10 ID:6AkxcMwlO


妹「あぁ、なんかすごく収穫の多い買い物だった気がする」

兄「クリスマスケーキとシャンメリーとバスローブか」

妹「曲のタイトルになりそうね」

兄「ちょっと長いと思うぞ」

妹「あ、コーヒー入れるの忘れてる」

兄「それもタイトルに入れとけば。ついでに彼氏と彼女も」



862 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:09:25.24 ID:6AkxcMwlO


妹「ただいま」

兄「ただいま」

妹「ハンガーハンガー」

兄「ケーキケーキ」

妹「ロウソクロウソク」

兄「食器食器」



864 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:10:47.49 ID:6AkxcMwlO


妹「コーヒー入れたよ」

兄「シャンパンも開けるか。えぇい。ポン」

妹「火着けるよ」

兄「うん」

妹「火が着きました」

兄「火が着きました」


865 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:12:00.65 ID:6AkxcMwlO


妹「吹いていい?」

兄「一緒に吹こう。せえの」

妹「ふぅっ!」

兄「ふっ!」

妹「メリークリスマス!」

兄「メリークリスマス!」



866 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:13:44.02 ID:6AkxcMwlO


妹「それでは、お二人の幸せな門出を祝って、ケーキ入刀です!」

兄「手、重ねればいいのか」

妹「そう」

兄「なんだかすごく馬鹿みたいだぞ」

妹「いいじゃない、馬鹿で」

兄「じゃあ、食べよう」



867 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:15:15.48 ID:6AkxcMwlO


妹「ジングルベ~ル ジングルベ~ル」

兄「ジングル オール ザ ウェ~イ」

妹「英語?」

兄「うん。あと忘れた。どうだっけ」

妹「今日は~楽しい~クリスマス!」

兄「ヘイ!」


ー完ー



871 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2009/12/22(火) 06:33:54.03 ID:6AkxcMwlO


猿にも負けず荒らしにも負けず
ジャイ子にも巻き込み規制にも負けぬ丈夫な体を持って
無事完了することができました
ご愛読ありがとうございました
ご支援ありがとうございました

次の構想もありますが
なにぶん現在PC巻き込み規制中ということもあり
またクリスマスから年末年始に突入することもあり
いつになるかはわかりません

一応書いておきますと

タイトル:妹「今日のプレイはどうします?」
兄:「動物」というニックネームを持つ『それなり大学』1年生
妹:敬語(丁寧語)を専ら話す優等生の女子校2年生

という楽しい面々でお送りさせていただく心づもりです

重ね重ね、感謝の意を述べさせていただきます
ありがとうございました




元スレ:http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1261143381/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP