PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 19:52:04.65 ID:Z4JU2V+e0

アムロ(暇だ・・。どうせ死ぬとわかっているのに何故死なせてくれない・・・・・・・
    いや、おれだけじゃない。全宇宙の人間全員がそう思っているのかもな・・・・・・・)

プープープー

アムロ「通信か。はいもしもしアムロ・レイです」

シャア「私だ」


2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 19:55:00.09 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「なんだ。シャアか。何の様だ?」

シャア「いや。死ぬ前に貴様と話しておくのもいいかと思ってな」

アムロ「別にいいけど。そういえば今回もおれの勝ちの様だな」

シャア「何がだ?」

アムロ「だから、アクシズ落としだよ」

シャア「フフ。貴様の目線ではそうかもしれんな」


4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 19:57:14.84 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「なに?」

シャア「貴様は何もわかってないようだな。今後必ずアクシズを落としておけば
    と思う人類が増えてくる。そのときが私の勝ちだ」

アムロ「負け惜しみか・・・・無様だな」

シャア「なんとでも言え。ところでひとつ聞いてもいいか?」

アムロ「なんだ?」


5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 19:59:23.92 ID:Z4JU2V+e0

シャア「最近いつセックスした?」

アムロ「な!?貴様という奴は見下げ果てた奴!!!まるで大学生の様なことを聞くな」

シャア「黙れ。総帥業も疲れるんだ。堅苦しいし・・・どうせ男二人だ。腹を割って話そうじゃないか」

アムロ「・・・・わかった。」

シャア「で、いつ?誰と?どこで?」


6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:02:12.06 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「質問が増えているぞ!!!」

シャア「黙れ!!話せ!!!」

アムロ「どっちだよ!!!!」

シャア「話せ!!!!」

アムロ「・・・・・・一昨日だ」

シャア「誰と?」

アムロ「チェーンだ・・・・」

シャア「誰だそいつは!!?いくつだ?可愛いのか?おっぱいは?」

アムロ「なぜそこまで言わなければならない!!ネオジオンの総帥とあろうものが!!」

シャア「うるさい!!!どうせあと数日で死ぬんだ!!はやく答えろ!!」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:05:06.54 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「わかった。おれの心を覗いてみろ」

シャア「ムムム・・・・・・」

アムロ「わかったか?」

シャア「貴様っ・・・・・・ララァというものがありながら!!!!」

アムロ「黙れ!!うらやましいのか?」

シャア「べべべべ別にぜぜぜぜんぜん」

アムロ「だよな。でもめっちゃエロかったぜ」

シャア「何!?」


9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:07:26.60 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「ぺろぺろしてくれた」

シャア「む!?」

アムロ「コスプレもしてくれた」

シャア「なに!?」

アムロ「今回は喪服だった」

シャア「貴様!!!!!!!」

アムロ「AVみたいなセックスしたぜ」

シャア「アムローーーーーーーーーー!!!!!!!!」


13 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:10:18.18 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「!!!!!でかい声だして・・・びっくりするじゃないか」

シャア「すまない・・・・やはりニュータイプ。見る目があるな・・・・」

アムロ「で、シャアは最近いつしたんだ」

シャア「ん?何をだ?」

アムロ「とぼけるな。セックスだよ」

シャア「あぁ・・・・セックスだな・・・セックス」

シャア(まずい!!最近はもっぱらオナニーばっかりだ。最近はいつだ?半年・・・いやもっと前か?)


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:13:25.66 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「シャアどうした?」

シャア「いや。昨日した」キッパリ

アムロ「な・・・・・昨日はすでにアクシズにへばりついていたのに・・・・貴様!」

シャア(まずい。うそがばれる!!!!!!見栄を張ってしまった・・・これもネオジオン総帥の性か・・・・)

アムロ「アクシズを落としつつやっていたのか!!!!!さすがネオジオン総帥・・・恐れ入ったよ」

シャア(通じた!?)


19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:16:54.06 ID:Z4JU2V+e0

シャア「まあな。総帥ともなると体がいくつあっても足らんよ」フフ

アムロ(どうせうそだろ。バレバレなんだよシャア。いや・・・・少しからかってやるか)

アムロ「やはり総帥ともなるとやった相手も多いんだろうな」

シャア「当然だ(お金を払ってな。貴様とは給与がちがうんでな)」

アムロ「で、何人なんだ。シ ロ ウ ト は?」

シャア「シ ロ ッ コ?」

アムロ「シロウトだよ」


21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:20:35.93 ID:Z4JU2V+e0

シャア「シロウト!?どういう意味だ?」

アムロ「お金を払わずにだよ。シャア」

シャア「あーシロウトねシロウト」

シャア(まずい。素直に数えるか・・・いやまずはアムロに探りを入れよう)

シャア「そういう貴様はどうなんだ?」

アムロ「50から先は数えてないな」

シャア「なっ・・・・・・」


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:24:33.74 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様・・・・いったい何故こうももてるのだ!!!!!」

アムロ「おれもガンダムのパイロットだ。多少は女のほうから寄ってくるのさ」

シャア(くそ!!!!私もリック・ディアスとか百式にのらずカミーユを殺してでもゼータに乗っておけば・・・)

アムロ「で、どうなんだ?」

シャア「そうだな・・・100から先は覚えてないな・・・・・・・」

アムロ「さすがシャアだ。おれのライバルのことだけはあるな(嘘乙wwww)」


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:28:33.80 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様も大尉止まりのくせによくやる」

アムロ「まぁな。お金に不自由はしなかったからな」

シャア「そうか。ところで連邦からはいくら貰っていたんだ?」

アムロ「だいたい月50万くらいかな」

シャア「少なっ!!!!!命かけて50万wwwwwwいやすまない笑ってしまって」

シャア(よし!!!!給料はおれの勝ちのようだな。アムロ、やはり私とお前では社会的地位の差があったようだな)

アムロ「ボーナスが4か月分だ」

シャア「ファッ!?」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:33:09.58 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様!!!!」

アムロ「なんだよ!?」

シャア「そんなに貰っていたのか!!!スペースノイドは貧困に喘いでいるというのに!!!」

アムロ「仕方ないだろ!それに給料の半分はボランティア団体に寄付していたんだ!!!」

シャア「え?」

アムロ「生活費以外はできるだけ寄付していたよ」

シャア「あ、そうなんですか」

シャア(くそ!!!!立派な大人ではないか!!!俺はと言うと給料日にキャバクラからおっぱぶ、締めにヘルスだと言うのに・・・)


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:37:58.14 ID:Z4JU2V+e0

シャア「しゃべっていたらのどが渇いたな」

アムロ「そうだな。体力も使うな」チューチュー

シャア「アムロ!!貴様何をしている!!!」

アムロ「アクエリ飲んでるところだ」

シャア「貴様!!!なんで持ってるんだ!!!」

アムロ「チェーンが持たせてくれたよ」

シャア「ふざけるな!!!!よこせ」

アムロ「じゃあ取りに来いよ。こっちまで来れたら飲ませてやるよ」

シャア「わかった」

ドンドンドンドンドン

シャア「くそ!!!なぜ開かん!!!!!」

アムロ「ふう。残りは今度飲むか」

シャア「アムローーーー!!!!!!」


34 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:43:19.31 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「で、他に何か話でもあるのか?」

シャア「そうだな・・・・アルテイシアとは連絡は取っているのか?」

アムロ「先週あった」

シャア「そうか・・・・元気だったか?」

アムロ「ああ。おれの腰の上で暴れてたよ」

シャア「んんんん!!!!!!!」

アムロ「自分から腰を振っていたよ」

シャア「やめろ!!!」

アムロ「5発はやったかな」

シャア「頼む・・・アムロ・・・・」

アムロ「どうした?」

シャア「やめてくれ・・・・アルテイシアを汚さないでくれ・・・・」


36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:46:57.13 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「やめてくれ・・・・?それが人にものを頼む態度か?」

シャア「・・・・・・」

アムロ「ほれ。そういえば一年戦争の後セイラさんと・・・」

シャア「アムロさん!すいません!!!どうかやめて下さい!!!!この通りです!!!」

アムロ「ノーマルスーツを着てやったよ!!!!!!」

シャア「うわぁぁっぁぁあぁぁぁぁぁぁ」

アムロ「wwwwwwwwwww」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:53:31.54 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様だけは・・・・・貴様だけは・・・・・・・」

アムロ「すまない、シャア。しかしわかってほしい。セイラさんはおれの憧れだったんだ」

シャア「チェーンとか言う女がいてもか」

アムロ「肉体だけの関係だ・・・」

シャア「ベルトーチカは」

アムロ「体だけだ」

シャア「そうか・・・・・」

アムロ「そうだ」

シャア「・・・・・」

アムロ「・・・・・・」

シャア「やはり貴様は許してはおけんな!!!!!!」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:56:45.32 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「何がだよ!!!!!」

シャア「胸に手を当てて考えてみろ!!!!」

アムロ「セイラさんのむn」

シャア「黙れ!!!!!!!」

シャア「くそ・・・・腹も減ってきた」

アムロ「まったくだ」モグモグ

シャア「アムローーーー!!!!!!」


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 20:59:20.02 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様何をしている!?」

アムロ「弁当食ってる」

シャア「何故持ってる!!!!」

アムロ「アストナージが作ってくれた」

シャア「あいつめ!!!!殺しておくべきだった!!」

アムロ「そう熱くなるなよ」モグモグ

シャア「黙れ!!!!」


45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:02:18.93 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「そういえば、前から聞きたかったんだが」

シャア「なんだ?」

アムロ「ララァとはやったのか?」

シャア「フフフ」ニヤニヤ

アムロ「ん?」

シャア「知りたいか?」

アムロ「・・・・・別に」

シャア「なんだよ!!!!」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:05:32.43 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様から聞いてきただろ。最後まで聞け!!!」

アムロ「あーはいはい」

シャア「私とララァは・・・・・」

アムロ「ララァは・・・・・?」

シャア「・・・・・手を繋いだことがある」ポッ

アムロ「ブフゥwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww童貞かよwwwwww」

シャア「な!?貴様私の純粋な心をもてあそぶ気か!!!!!!」

アムロ「さすが風俗総帥wwwwwww言うことが違いますなwwwwwwww」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:09:55.83 ID:Z4JU2V+e0

シャア「貴様!!!!何故風俗を知っている!!!」

アムロ「カミーユが言ってたんだよ」

シャア「何!?」

アムロ「夜な夜なピンク街に行っているとリークがあったんだよ」

シャア「嘘だ・・・・・あのときはクワトロ・バジーナとして・・・・・」

アムロ「演説を覚えていないのかwwwwwwwww」

シャア「あ・・・・・」

アムロ「エゥーゴ全員爆笑だったらしいなwwwwwwwww」

シャア「あぁぁぁぁぁやめてくれ・・・・・やめてくれ・・・・・・」


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:11:47.00 ID:Z4JU2V+e0

シャア「その汚い心が地球を汚染しているんだ・・・・・」

アムロ「・・・・・・すまない。言い過ぎた」

シャア「しばらく回線を切る・・・・・」

アムロ「わかった」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:17:29.64 ID:Z4JU2V+e0

アムロ(しかしまだ生きれる状況だ・・・酸素もあと5日は持つ
    死刑囚はこういう気持ちなのだろうか・・・・・・)


15分後


プープープープー

アムロ「はいもしもしアムロです」

シャア「私だ」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:20:12.12 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「早いな!!!もう落ち着いたのか!?」

シャア「かつて赤い彗星と呼ばれていたのを忘れたか」


15分前

シャア「こうなったら冷静さを戻すためにオナニーじゃい!!!!!!!!!」シコシコシコシコシコシコシコシコシコ



シャア「ふぅ・・・・・なぜ人類は同じ過ちを犯すのだろうか・・・・いや未来永劫の平和とはないのかもしれない・・・・・・・」


58 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:23:20.36 ID:Z4JU2V+e0

シャア「ところでアムロ」

アムロ「どうしたシャア?」

シャア「ティッシュをもってないか」

アムロ「お前・・・・まさか・・・・・・・」

シャア「勘違いするな。鼻水だ」

アムロ「だよな。すまないがおれも持っていない」

シャア「・・・・そうか(浮遊する精液を見るもの悪くない)」


61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:28:59.54 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「そっちの酸素はどれくらいもつ?」

シャア「あと3日だな・・・アムロはどうだ?」

アムロ「・・・・1日、いやもって2日だな(ここは嘘をつくべきだな)」

シャア「そうかそうか」ニヤ

アムロ「?」

シャア「私の勝ちだな。いま計算してみたが私のほうが酸素残量は残っているようだな
    つまり貴様は私より先に死ぬ」

アムロ「そうだな・・・・今回はシャアの勝ちみたいだな・・・・・」

シャア「・・・・貴様とは長い付き合いだが勝ったのははじめてかもしれんな」

アムロ「かもしれないな。だが、シャアとの関係は勝敗だけじゃない気がする」


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:32:12.51 ID:Z4JU2V+e0

シャア「何・・・・・?」

アムロ「敵として味方としてそしてニュータイプとして同じ戦場にいた・・・
    もちろん憎いときもあった。だがそれだけじゃなかった」

シャア「・・・・・・・アムロ」

アムロ「・・・・やめようこんな話は」

シャア「アムロ・・・私は誤解していたようだ」

アムロ「・・・・・・・」


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:35:50.27 ID:Z4JU2V+e0

シャア「今日一日で貴様は最低のヤリチン野郎だと思っていた
    だが男同士の関係だとやはりライバルであり、そして友だった・・・」

アムロ「シャア」



その後2日間アムロとシャアはいろいろな話をした。一年戦争のこと、カミーユのこと、
ニュータイプのこと、今回のこと、そしてAVのこと・・・・・・


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:38:20.87 ID:Z4JU2V+e0

2日後

アムロ「シャア・・・・・そろそろ酸素が限界みたいだ・・」

シャア「あぁ。覚悟は出来ている」

アムロ「すまない。一人にしてしまって・・・・・」

シャア「気にするな。私もいずれそっちに行く」

アムロ「シャア・・・・・・ありがt・・・・・・・・」

シャア「アムロ・・・・・・・アムローーーーーーーーーー!!!!」ブワァ


70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:41:56.93 ID:Z4JU2V+e0

シャア「ええい!!!!何故泣く!!!!たかが一人の人間が死んだだけではないか!!
    くそ!!!!悲しいのか!!!このネオジオン総帥の私が!!!!!
    アムロ!!!!お前のせいで私は・・・・・・・・・・・
    幸せだったのかもしれん!!!私に友はいなかった。だが貴様だけは・・・・」ブワッ



シャア「アムロ・・・・頼む・・・目を覚ましてくれ・・・・」ブワッ

アムロ「・・・・わかった」ニヤニヤ


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:44:40.78 ID:Z4JU2V+e0

シャア「!!!!!!!?」

アムロ「実は後2日くらい酸素はもつんだ。シャア、今回もおれの勝ちみたいだなwwwww」

シャア「どういうことだ!!!!!!」

アムロ「嘘をついたんだよwwwwww」

シャア「貴様!!!!!!!!!」

アムロ「ええい!!!何故泣くwwwwwwwwww」

シャア「やめて!!!!!!!!」


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:47:39.99 ID:Z4JU2V+e0

アムロ「やめるかよ!!!!!!!幸せだったんだろwwwwwwwww」

シャア「うわぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁ」

アムロ「お前は死ぬまで辱めをうけるんだよwwwwwwww」

シャア「やめろ!!!!やめてくれ!!!!!!!」

アムロ「友達だろwwwwwwwwwww」

シャア「ちがう!!!!違うんだララァ!!!!!!!」

アムロ「現実逃避するなよwwwwwww死ぬまであと少しなんだろwwwwwwww」


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:57:09.98 ID:Z4JU2V+e0

シャアはその後丸一日辱めを受けそして最後の時を迎えた・・・・

アムロ「シャア・・・・・」

シャア「・・・・・・・・・・・」

アムロ「すまない。いや、ありがとう」

シャア「・・・・・・・・・・・・・アムロ」

アムロ「今、心の底からそう思っているよ・・・・・」

シャア「・・・・・・・・・・・」

アムロ「だって・・・・・・・・・」

シャア「・・・・・ん?」

アムロ「この調子だと笑いながら死ねそうだからなwwwwwwwwwwww」

シャア「!!!!!きs・・・・・・・・」
ピーーーーーーーーーーーーーーーー酸素切れです


86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:57:43.60 ID:kZiPVCFG0

ひでええ


88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 21:59:58.44 ID:Z4JU2V+e0

その後アクシズにへばりついたアムロとシャアの行方はわからない


しかしアムロはきっと満面の笑みで死んでいっただろうと後の歴史研究家たちは考えている



終わり


94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2014/01/29(水) 22:14:48.33 ID:Z4JU2V+e0


http://www.youtube.com/watch?v=a_EfdjkCQ9A



元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1390992724/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
308位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
24位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP