PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:23:19.87 ID:4DhdTOIe0


勇者「勝ったら俺の嫁な?」

魔王♀「・・・ふん、まぁいいだろう・・・私に勝てるのであればなっ!!!」

魔王♀「煉獄の炎で燃え尽きろっ!!!!」

勇者「あちち」 1のダメージ!!

魔王♀「・・・?、暗黒の稲妻で砕け散れっ!!!!」

勇者「パチッときた」 1のダメージ!!

魔王♀「・・・なぜ死なんっ!!!?」

勇者「レベル上げまくったからな、そろそろ俺の番いい?」 



10 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:27:36.47 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・まだだ!!」

勇者「あきらめろ、お前じゃ無理」

魔王♀「死ねッ!!!!!」

勇者「よっと」 スカッ

魔王♀「なっ!?避けた!!?」

勇者「無理だって」

魔王♀「・・・誰が人間の嫁なんかに・・・っ!!!」

勇者「だから無理だってのに」 スカッ

魔王♀「また避けられた!?」

勇者「もう俺の番でいいな?」

魔王♀「ひ!?」



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:31:18.28 ID:4DhdTOIe0


勇者「未来の嫁だからな、傷つかないよう慎重に・・・っと」

勇者のみねうち攻撃!!

魔王♀に999999のダメージ!!

魔王♀「」

勇者「あ、やっちった・・・」

勇者「・・・未来の嫁が木端微塵になっちまった・・・と、とりあえず蘇生だな・・・」



19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:34:37.36 ID:4DhdTOIe0


魔王城寝室

魔王♀「・・・はっ!?」

魔王♀「わ、私は・・・生きてる?」

魔王♀「た、たしか勇者にぶっ飛ばされたハズ・・・」

魔王♀「か、体に・・・どこも異変は無い・・・な」きょろきょろ

魔王♀「・・・・・・・・悪い夢か、そ、そうだよな悪い夢に決まってる」

勇者「おい~す」がちゃ

魔王♀「ひ・・・っ!!!!!!?」びくっ!!!



22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:39:28.01 ID:4DhdTOIe0


勇者「体はどこも悪くないか?」

魔王♀「き、貴様ぁ!!!」

勇者「そうがっつくなよ?新婚初日ってのに」

魔王♀「ふざけるな!!!!あんなの無効だ!!」

勇者「どっちにせよお前、俺に勝てんだろ?」

魔王♀「くっそ・・・っ」

勇者「そうそう、病み上がりなんだから大人しくしてろ。リンゴ切ってきたぞ、食え」

魔王♀「っ・・・・・・・・・・・・・・」しゃりしゃり



25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:43:58.10 ID:4DhdTOIe0


勇者「にしても、この魔城でかいなぁ~」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「王国の城なんかよりずっとでかくて豪華だし」

魔王♀「・・・・・・・・・・・」

勇者「いつから住んでんの?親の代からあったの?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・」

勇者「返事くらいしろよ」べしっ

魔王♀「きゃんっ!?」

勇者「礼儀のない奴だな、まったく」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:48:22.04 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「私をどうするつもりだ?」

勇者「ん~?」しゃりしゃり

魔王♀「なぶり殺しにでもするのか?悪趣味なやつめ!!!殺すならさっさと殺せ!!」

勇者「しないよ」しゃりしゃり

魔王♀「じゃあどうするつもりだ!!見世物にでもするか!?勇者に手も足もでない魔王なんてお笑いだものな!!」

勇者「嫁を見世物にはせん」しゃりしゃり

魔王♀「・・・・・・・・・嫁?」

勇者「ん」しゃりしゃり

魔王♀「・・・・・・・・・・・私にもリンゴよこせ」

勇者「ほれ」

魔王♀「ん・・・・・・・・」しゃりしゃり



33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:52:39.64 ID:4DhdTOIe0


勇者「嫁と言ったら嫁だ」

魔王♀「意味が分からん」しゃりしゃり

勇者「つまり今日から新婚夫婦」

魔王♀「意味が分からんと言ってるだろ!?」

勇者「もの分かりが悪い奴だな」

魔王♀「どこの世に魔王と勇者が夫婦になる!?」

勇者「ん~、まぁつまるところ一目惚れだな」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・なんか言えよ」

魔王♀「いや、ちょ、え?・・・・え、えぇ?」

勇者「顔真っ赤だな魔王ちゃん」



36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:55:54.35 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「一目惚れ?」

勇者「うん」

魔王♀「私は魔族だぞ?」

勇者「うん、つーかどう見ても魔王ちゃん若い娘にしか見えんけどな」

魔王♀「なんだ!?その魔王ちゃんって!!」

勇者「マイハニーがいいのか?」

魔王♀「っ・・・・・・もうそれでいい・・・・」

勇者「もの分かりが良い子は好きだぞ?」なでなで



38 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 18:59:50.53 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「っ王国の人間は黙っていないぞ!!」

勇者「あ~まぁ多分な」

魔王♀「大勢の軍勢を引き連れてお前を討伐しに来るぞ!!いい気味だなっ勇者!!」

勇者「俺の力みた?」

魔王♀「・・・・」

勇者「どんだけ軍勢引き連れようと負ける気しないけどね」

魔王♀「・・・・」

勇者「とりあえずはしばらくここで籠城するつもりだ」

魔王♀「はぁ!?」



41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:04:00.72 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「誰がお前なんかにここを明け渡すかっ!!!」

勇者「あ、言い忘れた。魔王ちゃんを蘇生する間に奴隷の呪文かけたんだった」

魔王♀「っ!?なにぃ!?」

勇者「少なくとも一生俺の奴隷だな」

魔王♀「そ、そんな・・・・っ」

勇者「まぁ、そう気を落すな魔王ちゃん」なでなで



45 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:09:41.70 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「本当に私を嫁にするつもりならその相手に奴隷の呪文をかけるのか・・・・・・?」

勇者「ん~力で従わせてもいいけどそれじゃ夫婦とは言わんしな」

魔王♀「呪いをかけるのも夫婦とは言わん!!!」

勇者「まぁ、寝首をかかれる防止くらいに思っての処置だ」

魔王♀「っ・・・・」

勇者「まぁ、寝首かかれて死ぬ程度なら勇者してないけどな」

魔王♀「化け物め・・・・っ!!」

勇者「ありがと」

魔王♀「くそぉ・・・・っ!!」

勇者「そんなに嫌がる?」



47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:14:48.29 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「当たり前だ!!人間の嫁になるくらいなら

勇者「死んだ方がマシって?」

魔王♀「当たり前だっ!!!!」

勇者「死んでもいいけど何度も蘇らせるよ」

魔王♀「だろうなっ・・・!」

勇者「まぁその、なんだ」

魔王♀「?」

勇者「魔王ちゃんにとって人間なんてノミくらいの寿命だろ?少しくらい俺と付き合ってくれよ」

魔王♀「・・・・・・・・・何歳だ、お前」

勇者「18歳、魔王ちゃんは?」

魔王♀「・・・・・・・・・・500歳」

勇者「・・・・・・・わぉ」



48 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:19:32.33 ID:4DhdTOIe0


勇者「18と500かぁ、年の差どうとかのレベルじゃないな」

魔王♀「・・・・」

勇者「まぁ、俺はそんなのどうでもいいけど」

魔王♀「っ・・・」

勇者「結構時間も過ぎたしなにか食うか、腹へったろ?」

魔王♀「ひ、人の作る食事などいらん!!」

勇者「そう言ってさっきあげたリンゴ旨そうにほおばってた癖に」

魔王♀「するさい!!」

勇者「なんか作ってくるかな、何がいい?」

魔王♀「人の話を聞けぇえええ!!!!!!!!」



49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:21:45.11 ID:5m+Q2RID0


テンパりすぎて魔王娘ちゃん噛んでるぞ



50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:24:04.51 ID:4DhdTOIe0


勇者「じゃ~ん、勇者特製ビーフシチュー♪あ、キッチン借りたぞ」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「良い匂いだろ?」

魔王♀「ふ、ふん・・・なにが良い匂いだ」

勇者「ほれほれ~」

魔王♀「め、目の前で見せびらかすなぁ!!!」

勇者「見せびらかす?」

魔王♀「っ・・・」

勇者「食べたいんだろ?」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「食べたい?」

魔王♀「・・・・・・・・・・」こくん



51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:25:33.89 ID:1F0W7bSi0


とっても食べたいです



53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:28:30.73 ID:4DhdTOIe0


勇者「だめ~♪」

魔王♀「っ!?・・・・」

勇者「あぁ~超良い匂い」

魔王♀「・・・・・・・うぅ・・・・・・」

勇者「・・・・・・・・あぁ、もう可愛いなぁ魔王ちゃん!!」

魔王♀「・・・・・・?」

勇者「嘘だって!!ほらどうぞっ!!おかわりもあるよ!!」

魔王♀「・・・・・・・・・いただきます」ぐしぐし



55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:32:22.72 ID:4DhdTOIe0


勇者「旨いか?」

魔王♀「・・・・・」こくん

勇者「はは、沢山作ったんだ食え食え」

魔王♀「・・・・・・・」もぐもぐ

勇者「・・・・・・別に嫁にしてなにか企んでるわけじゃないから安心して?」

魔王♀「っ・・・・・・・」

勇者「まぁ、一人の人間のワガママに付き合うと思ってさ?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・・・・・・分かった」

勇者「いい子いい子」なでなで



57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:38:12.05 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・・・おいしかったぞ」

勇者「はは、そうかそうか。それが作ったものにとって一番嬉しい言葉だよ」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「さ~て、じゃあ俺は食器洗ってるから魔王ちゃんはお風呂にでも浸かってきなさい」

魔王♀「お風呂?」

勇者「ん、あ~心配すんな。覗いたりはしないよ?」

魔王♀「~~~~~~~~~~っ」だだだだだだだっ

勇者「あの調子じゃもう体調はいいな」



64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:44:24.54 ID:4DhdTOIe0


かぽ~ん

魔王♀「いい湯だ・・・・」

魔王♀「お湯まで湧かしてくれてたのか、あいつ・・・」

魔王♀「何を考えてるんだ・・・・・魔王を嫁にするなんて馬鹿げて事を言って・・・」

魔王♀「・・・・・・・・ただの戯れに言ったのか?」

魔王♀「手も足も出ない無力な魔王を飼いならして飽きたら殺すとか・・・・」ぶるっ

魔王♀「・・・・・・・・・それだったら食事を作るもお湯を湧かすなんて事をするのか?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・」

魔王♀「・・・・・分からん」

「お~い、魔王ちゃん?」

魔王♀「っ!?」



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:46:50.33 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「な、なんだっ!?」

「代わりの洋服ここに置いとくから上がったら着るんだぞ?」

魔王♀「わ、分かったから早くどっかいけ!!!!!!」

「はいはい」

魔王♀「///////////////くそぉおおおおおお!!!!!!!なんなんだあいつは!!!!!!」



68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:51:25.00 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「おい!!」

勇者「ん?おぉ、似合ってるぞ」

魔王♀「ね、ネグリジェじゃないか!!!!?」

勇者「見れば分かる」

魔王♀「ふざけるな!!・・・・・・ってなんでこんなもの持ってるんだ!!」

勇者「そりゃ町の棚を漁るのが勇者の仕事の一つでもあるんで」

魔王♀「っ・・・・・・・・!!」

勇者「似合ってるぞ」

魔王♀「う、うるさいっ!!」



75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 19:56:19.70 ID:4DhdTOIe0


勇者「ふ~ん、黒いローブなんか着てるからあまり分からなかったけどやっぱり美人だな魔王ちゃん」

魔王♀「っ!?」

勇者「胸なんかおっきいし、足もスラッとしてさ?顔も凄く綺麗だし。可愛い系というより美人系かな?」

魔王♀「じろじろ見るなぁ!!」

勇者「すっごく照れ屋なんだ、また」

魔王♀「うるさい!!!やめろ!!」



82 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:00:05.80 ID:4DhdTOIe0


勇者「まぁ、明日ははやいしもう寝な」

魔王♀「な、なにをするつもりだ?」

勇者「ん~、王国に行こうかなって」

魔王♀「!?」

勇者「まぁ、あの馬鹿に嘘の報告でもしに行くかなってな?」

魔王♀「そんなのすぐにばれるぞ?」

勇者「まぁ、そうだろうな」

魔王♀「・・・何を考えてる?」

勇者「明日、王国で魔王ちゃんとデート?」

魔王♀「」



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:06:56.89 ID:4DhdTOIe0


魔城寝室

魔王♀「・・・・・・・・なんで一緒に寝るんだ」

勇者「夫婦なんだから良いだろ?それにこのベッドの大きさならあと100人寝れそうだし」

魔王♀「なにかしたら

勇者「なにもしないって、それに魔王ちゃんじゃ抵抗できないだろ?」

魔王♀「っ・・・」ぶるぶる・・・

勇者「だからなんもしないってのに」

魔王♀「時々お前が怖い・・・」

勇者「そう怯えるな、別に悪いようにはしない。ホントだぞ?」

魔王♀「・・・・・・・・・分かった」



90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:11:46.79 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・どうせ、私じゃお前に抵抗した所で無力だしな」

勇者「おいおい」

魔王♀「奴隷の呪いをかけられ逆らうこともできない、それ以前に力で敵いもしない。舌を噛んで死のうも復活させられる」

勇者「お~い」

魔王♀「私はお前の気分次第で生かすも殺すも容易い存在でしかないんだ・・・」

勇者「嫁にそんなことするか」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・魔王ちゃん?」



91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:17:58.71 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「私はお前みたいなひよっこなんかと違って500年間も生きてきた」

勇者「うん」

魔王♀「その間、沢山の修羅場もくくってきた」

勇者「まぁ500年だもんな」

魔王♀「数えきれない死闘を繰り広げた私をいつしか人や魔物は最強の魔王と恐れるようになった」

勇者「ふんふん」

魔王♀「・・・・・・・・私にも誇りはあった!!これまで負け知らずの最強と謳われた私にはっ!!!!」

勇者「うん」

魔王♀「・・・・・それがなんだ?急に現れた人間に瞬殺され奴隷だと?」



97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:23:31.15 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・・・ふざけてる、こんなのありえない・・・・あんまりじゃないか・・・?」

勇者「まぁ、その~」

魔王♀「・・・・・・同情はいらん」

勇者「えぇと・・・・まぁごめんな」

魔王♀「・・・・・・・・・」

勇者「そ、そんなに気にするなよ?強さがすべてじゃないって世の中」

魔王♀「・・・・・・・・・・・奴隷の呪文」ぼそっ

勇者「あ、あれは不意打ちの対応処置であってプライドをズタズタにするつもりは

魔王♀「もう寝る、話しかけるな」

勇者「・・・・・・・・・・・・・おやすみ」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・・・・ん」



99 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:28:59.88 ID:4DhdTOIe0


ちゅんちゅん

魔王♀「・・・・・・・・・・・」むくっ

魔王♀「・・・・・・・・・・」きょろきょろ

魔王♀「・・・・・なにもされて・・・・ないな」

魔王♀「・・・ふっ、された所で私は抵抗することもできんか・・・・」

勇者「・・・・・・・・がぁ~、がぁ~」

魔王♀「・・・・・・・・・馬鹿面め」ぺしっ

勇者「っ・・・・・・・・・・・・ん?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・ん~・・・・・・・・・おはよう・・・・・」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・ん」

勇者「・・・・・・・・・ここどこ?・・・・・・あぁそっか昨日魔王倒して籠城してるんだった・・・」

魔王♀「ボケてるのか?」



103 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:34:18.03 ID:4DhdTOIe0


勇者「ん~、いままでさんざん火山とか荒れ地や沼地で野宿してきたから調子おかしくなっちゃうんだよ」

魔王♀「ふん、よく生きてこれたものだ」

勇者「だろ?」

魔王♀「褒めてない」

勇者「そっか~、さてと・・・・朝食でも作ってくるかね」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「なにがいい?」

魔王♀「・・・・・・・・・昨日の残りでいい・・・」

勇者「・・・ん。分かった、少し待ってな?」がちゃん

魔王♀「・・・・・・・・・・//////~~~~~~~~~~っ!!」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:41:35.08 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・・」もぐもぐ

勇者「にしてもさ」

魔王♀「・・・・・・・・・?」もぐもぐ

勇者「ここら周辺も魔城の中も、誰とも魔物に会わなかったけどどうなってるの?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・・・・私を恐れて近寄らないんだ」

勇者「へぇ・・・ん?身支度や生活はどうしてたの?」

魔王♀「魔力で作り出した使い魔にさせてた」

勇者「へぇ~便利なものだ、今はしないの?」

魔王♀「私が死んで、すべて消滅したんだよ誰かさんのおかげでな?」

勇者「ご、ごめんよ・・・」

魔王♀「ま、まぁ?今は代わりの便利な奴隷がいるからいいがな・・・」

勇者「あぁ~なるほど・・・」

勇者「・・・・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・・・ん?」



108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:45:24.27 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・食事も終わったし、行くのか?」

勇者「ん、そうだな。ここにいても仕方ないだろ?」

魔王♀「・・・・・・・・・・」

勇者「どした?」

魔王♀「・・・・・・・外に出るのは久しぶりだ」

勇者「・・・・・・ちなみに何年くらい?」

魔王♀「・・・・・たぶん10年くらい」

勇者「・・・・良かったな、ひきこもり卒業だ」

魔王♀「哀れむような眼で見るな!!!」



112 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:51:43.97 ID:4DhdTOIe0


勇者「にしてもなんで引きこもりなんか?」

魔王♀「・・・・・・別に理由はなんかない、ただ皆私を恐れて近寄ろうとなんかしないから私から離れただけだ」

勇者「ひきこもりは皆そう言う」

魔王♀「うるさいっ!!!私は最強の魔王なんだっ私に周りの存在など必要ない!!」

勇者「・・・・・・・・」

魔王♀「哀れむような眼は止めろというに!!」

勇者「ま、まぁ・・・今日は一緒に王国を見て回って楽しまないか?魔王ちゃん」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・うん」こくん

勇者「そうかそうか」なでなで

魔王♀「・・・・・・・頭を撫でるな」

勇者「よし!!、そうと決まればまず服を着替えないとな?」



113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:53:59.21 ID:3mCr6nRR0


うんこくん・・・



114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:54:16.85 ID:J2QA4M7yO


うん」こくん
うんこくん



116 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 20:57:56.52 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・服?」

勇者「まさか昨日の真黒のローブを着てく気か?修道士みたいだよアレ」

魔王♀「人目に肌を晒したくない」

勇者「せっかくの真っ白い雪肌なのに・・・まぁこんな美人な嫁が他人の眼につくのも癪だしな」

魔王♀「・・・・っ」

勇者「今日はあのローブでいいよ、そのかわり城の中では色んな衣装に着替えてもらうけど」

魔王♀「うぅ・・・・・」

勇者「そろそろ行くか?」

魔王♀「わ、分かったよ・・・・はぁ」



119 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:05:18.92 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・うぅっ、朝日がまぶしい・・・」

勇者「10年ぶりか?」

魔王♀「・・・・・目が痛いな」

勇者「はは、どうだ?城の周りに変化はあるか?」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・なにもない」

勇者「ペンペン草も生えてないもんな」

魔王♀「わざと聞いたのか?」

勇者「まさか、さて・・・どうやって行くか?」

魔王♀「・・・・・・・・飛んでいくか?」

勇者「ん~、俺としては羽も無しに空を飛ぶような奴と一緒に居るのを見られるとまずいんだけど」

魔王♀「・・・・・・・・・・歩けと?この私に?」

勇者「だめ?おんぶするから」

魔王♀「・・・・・・・・はぁ、分かった」



121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:11:53.53 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「ぜぇ・・・ぜぇ・・・・少し休憩しよう・・・」

勇者「体力ないなぁ、それでも最強の魔王様?」

魔王♀「う、うるさい・・・・こんなに歩いてのは久しぶりなんだ・・・・」

勇者「全く、箱入り娘というか温室育ちというか・・・・」

魔王♀「ぜぇ・・・・・ぜぇ・・・・・ん?」

キングドラゴン【レベル85】が現れた!!  「ぶぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」

勇者「ほぉ、ここらは流石に強いな」

魔王♀「勝てるのか?・・・・・・いや、聞くまでもないか」

勇者の攻撃 キングドラゴンに7890のダメージ!!

キングドラゴン「」

勇者「まぁ、伊達に勇者してないしな」

魔王♀「・・・・・・あいかわらず馬鹿げた力だ」



129 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:17:18.97 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・・・お前のその装備見せてみろ」

勇者「ん?いいけど」

装備 鉄の剣
   鉄の籠手
   鉄の胴当
   鉄のベルト
   鉄のブーツ

魔王♀「なぁ・・・・ふざけてるのか?」

勇者「鉄の兜は売ったよ、頭が蒸れて禿げちゃうから」

魔王♀「・・・・・・これでやってきたのか?今まで」

勇者「うん」



131 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:19:10.93 ID:axE5Z41f0


おいおいアイアンシリーズでラスボスに乗り込むとかやべえな

勇者の素のステータスどんだけ高いんだ



135 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:23:47.86 ID:4DhdTOIe0


勇者「あの馬鹿王から出発祝いにもらったんだよ、ふざけてるだろ?これから世界を救う救世主に糞武具を送るなんて」

魔王♀「ま、まぁ確かに・・・」

勇者「あと祝い金500ギルだよ?、酒代にもならねえよ糞が」

魔王♀「・・・・・」

勇者「あぁ、ごめんな?魔王ちゃんに当たっても仕方ないよな・・・」

魔王♀「別に・・・気にするな」

勇者「だから嫌みをこめてこの糞防具でいままでやってきたんだよ。あぁ、もちろん手に入れた防具やアイテムは全部酒代に消えたけど」

魔王♀「っ!?じ、じゃあ伝説の武具もか!?」

勇者「あぁアレ?、1ギルにしかなんなかったよ」



137 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:25:30.31 ID:ILbLfaiu0


1ギルwww伝説の武器の威厳ねぇなwww



140 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:30:07.66 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・手に入れたもの全て酒代に消えたというのか?」

勇者「うん、人間やればできるもんだね。いやお酒の力かな?」

魔王♀「・・・アホだ」

勇者「開き直れば何でもできるもんなんだよ、俺の唯一の楽しみは旅の最中に酒屋を飲み歩くことだったし」

魔王♀「・・・・・・・・今の所持金は?」

勇者「0ギル、あぁ今の奴倒したから・・・・・お、あいつ結構持ってるじゃん!!ただ今の所持金5000ギル」

魔王♀「そうか・・・」

勇者「さぁて・・・じゃんじゃん狩るぜ~♪」



145 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:38:39.73 ID:4DhdTOIe0






勇者「ふんふんどれどれ」

所持金9999999ギル

勇者「よっしゃ、これで飲めるぜ~♪」

魔王♀「地平線の彼方まで魔物の死屍累々・・・」

勇者「今日はパァ~と飲もうぜ、魔王ちゃん」

魔王♀「酒の為に辺り一面に究極魔法を乱発するか・・・」

勇者「いちいち斬ってるんじゃ面倒だしな?俺のМP無限みたいなもんだからさ。もう便利便利」

魔王♀「・・・・・めちゃくちゃだ」

勇者「ん?そろそろ王国かな?」



146 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:39:24.23 ID:VzMNy+1W0


チート過ぎんだろ…



149 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:46:26.28 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「私が敵わないわけだ・・・」

勇者「いや、魔王ちゃん結構強かったよ?久しぶりにダメージくらったもん」

魔王♀「2だろ?2」

勇者「うん、でも少し驚いたかな」

魔王♀「そうか・・・」

勇者「いや~話しながら旅すると本当に早いな、もう少しで目的地だ」

魔王♀「もうエンカウントの心配ないもんな」

勇者「時々、戦闘中道端を歩いてるおじちゃんも道ずれにしちゃうから心苦しいんだよね」

魔王♀「お前の攻撃魔法の範囲が異常なんだ!!!」



150 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:47:31.25 ID:ILbLfaiu0


既に勇者の資格ないだろコイツww



153 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:53:42.12 ID:eG2LbXQX0


未成年は飲んじゃダメだぞ><



154 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:53:42.09 ID:4DhdTOIe0


勇者「大丈夫大丈夫、ちゃんと死体が残ってた場合は蘇生呪文かけるよう心においてるから」

魔王♀「・・・・・・心に置いてるから?」

勇者「・・・・・・いつもミンチになってて魔物の肉とごっちゃになってるからした事ない」

魔王♀「・・・・・・お前勇者か?ホントに」

勇者「いや、考えてみてよ?生き返ってみれば体のあちこちが魔物の一部に入れ替わってるんだよ?そのまま死なす方がよほど良心的じゃないか?」

魔王♀「まず、戦闘中に巻き添えをだすな。あとお前の言う戦闘は一方的な虐殺だ」

勇者「まぁ善処するよ・・・」



155 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 21:55:42.74 ID:kVzzevYD0


やっぱ勇者が魔王誘う方が俺は好きだな
これと似たようなエロゲーあった気がするんだけどタイトル忘れた、何だっけ



235 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 00:37:24.92 ID:McIYU/zp0


>>155
世界を征服するための666の方法



173 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 22:27:03.37 ID:4DhdTOIe0


門番兵「あなたは・・・」

勇者「世界の救世主の顔も忘れたか?職務怠慢だぞウスノロ」

門番兵「こ、これは勇者様!!!戻られましたか!?」

勇者「あーうん」

門番兵「ささ、どうぞどうぞ!!お疲れでしょう、城まで馬車を手配し

勇者「んー別にいい、行くぞ?まーちゃん」

魔王♀「まーちゃん!?」

勇者「ここで本名明かすほど馬鹿じゃないだろう?」

魔王♀「・・・・・ぐぅ・・・・」

門番兵「その方はどちら様で?」

勇者「あぁ、気にスンナ。ほらさっさと警備しろ」

門番兵「は、はぁ・・・」



177 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 22:31:35.27 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「人間どもがうじゃうじゃいる・・・」

勇者「これだけいると真ん中で究極魔法唱えたくなるだろう?」

魔王♀「っ!?」

勇者「冗談だよ、仮にも勇者だからな?俺」

魔王♀「・・・・・・・・・」

勇者「そんな怖い顔するなって、さて・・・どこに行こう?とりあえず食事だな」

魔王♀「酒屋は嫌だぞ」

勇者「さすがに昼からは飲まないよ、そうだな・・・魚料理なんてどうだ?」

魔王♀「・・・・・・任せる」

勇者「ん、じゃあ行こうか」



184 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 22:50:44.99 ID:4DhdTOIe0


勇者「ここの魚介類のムニエル旨いだろ?帰るといつもコレ食べるもん」もぐもぐ

魔王♀「・・・・・・ん、確かに・・・」もぐもぐ

勇者「港が近いから新鮮なものを扱ってるんだろうな」もぐもぐ

魔王♀「貿易港としても発達してるようだが?」もぐもぐ

勇者「あ、分かる?貿易産業は俺みたいな時代遅れにも恩恵があってね、色々なアイテムや武器を扱ってくれてるんだよ」

魔王♀「時代遅れって・・・」

勇者「この都市を見てみてよ、魔族と人間が睨みあってるにもかかわらないこの賑わいを」

魔王♀「・・・」



187 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 22:56:28.25 ID:4DhdTOIe0


勇者「俺はこの都市を見るといつも思うんだよ、あぁ・・・俺が魔物と戦ってることなんてどれだけ些細な事なのかとね?」

魔王♀「・・・・・・・・」

勇者「確かに、この都市だけで判断するにはおかしいが実際そういうことだろ?勇者一人なんてどれだけなもんだよって」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「勇者は人を導く存在なんてご立派な存在じゃないんだよ・・・・・まぁ対魔物の兵器くらいなもんかな」

魔王♀「そう考えてるのか?」

勇者「初めはそうじゃなかったけど、最近すごく思うよ」



190 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:00:45.52 ID:4DhdTOIe0


勇者「勇者がいなくても人の世は回る、世界の中心人物は俺じゃないんだなって」

魔王♀「・・・・・そうか」

勇者「初めは使命に燃えてたんだけどな、世界は俺が救うぞ!!ってな?ホント、ピエロだよ」

魔王♀「・・・・・・」

勇者「おっと、料理が冷めちまうからさっさと食べようか」

魔王♀「・・・・・・ん」

勇者「悪いな、つまらんこと話して」

魔王♀「いや、気にしないでくれ」



192 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:07:18.64 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「お前の考えが聞けて良かったよ」

勇者「?そうか」

魔王♀「聞けば聞くほどお前は勇者とは不釣り合いな人間なんだと思った」

勇者「馬鹿にしてる?」

魔王♀「いや・・・なんだろうな、もっと勇者とは人の正義の塊かと思っていた」

勇者「あぁ~」

魔王♀「人の為に、人の世の為に尽くすっていうのかな・・・」

勇者「うんうん、なるほどね・・・」

魔王♀「お前を見てると違うようだな」

勇者「人の世は人が動かす・・・べつにそれは勇者じゃないってこと」

魔王♀「そう、それだ」

勇者「魔王ちゃんはどう思う?」



196 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:11:37.09 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「私か?」

勇者「魔族の頂点にして長、全てを束ねる絶対者」

魔王♀「よしてくれ」

勇者「そんな魔王がなにを思うか?俺は気になるね」

魔王♀「私は・・・」

勇者「うんうん」

魔王♀「・・・・・・」

勇者「どう思う?」

魔王♀「・・・・・・分からん」

勇者「えぇ~・・・」



198 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:19:13.63 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「ただ強く自由に生きてきただけなんだ、深く理由を考えたことなんかない」

勇者「ほぉ」

魔王♀「他の魔王は世界征服や滅亡を目論む輩もいたのは確かだ、でも結局は志半ばで頓挫するか阻止されるかで終わっている」

勇者「まぁ、じゃなかったら世界は終わってるものな」

魔王♀「ん、つまり魔王の力も所詮はその程度なものなんだよ。この星の表面を少し焦がすくらいしか出来ない、些細なものさ」

勇者「ふむ・・・・」

魔王♀「私とお前の考えは似ているのかもな?」

勇者「そうだな」



206 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:25:00.92 ID:4DhdTOIe0


魔王♀「・・・・・・・ふふ」

勇者「どうした?」

魔王♀「なに・・・宿敵同士がこうやって魚を突いて物事を語り合うのもいいものだなと思ってな」

勇者「本当だな、物事は違った視線から見るとまた別の面白い部分が見えるってことだ」

魔王♀「どういう意味だそれ?」

勇者「ん、かっこつけて言っただけで深い意味はない」

魔王♀「ふふ、だろうと思ったよ」ごくごく

勇者「お、ビール飲めるのか?」

魔王♀「馬鹿にするな、これくらい飲める」



209 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:30:55.54 ID:4DhdTOIe0


勇者「金は糞みたいにあるからな、どんどん頼もう」

魔王♀「・・・・・・・いいものだ」

勇者「なにが?」

魔王♀「・・・お前とこうやって飲み交わしているとこれも悪くないとすら思えてくる」

勇者「だろ?俺に負けて良かったろ?」

魔王♀「それは・・・・・・・・・にゃい」

勇者「にゃい?」

魔王♀「っ・・・いやにゃんでも・・・・」

勇者「・・・・・もう酔ったのか?」

魔王♀「・・・・・・かも」

勇者「おいおい、しっかりしてくれよ相棒」

魔王♀「背中をなでるな・・・・吐きそうだ・・・」うぷっ・・・



212 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:34:41.21 ID:4DhdTOIe0





勇者「お~い?」

魔王♀「」

勇者「完全に寝てるな」

魔王♀「」

勇者「まさか魔王とあろう者が下戸だとは・・・」

魔王♀「・・・ん」

勇者「気がついたか?」

魔王♀「」

勇者「はぁ・・・どうすっかなぁ・・・」



216 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/27(金) 23:38:35.92 ID:4DhdTOIe0


勇者「よいしょっと・・・こいつめちゃくちゃ軽いなぁ」

魔王♀「んっ・・・」

勇者「とりあえず、どこか泊まれる所でも見つけるか」

魔王♀「」

勇者「ん~、あそこでいっか」

魔王♀「・・・・ん~?」

勇者「今、横になれる所においてやるかなもう少し待ってろ」

魔王♀「ん・・・・」



331 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 08:38:45.92 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・ほら、この宿屋についたぞ?スイートルームだ」

魔王♀「」

勇者「聞いてないな」

魔王♀「あつぃ・・・」

勇者「だからそんな修道服なんてよせと言ったろうに、ほら脱がしてやる」

魔王♀「ん・・・」

ぬぎぬぎ

勇者「・・・お前、ローブの下は下着だけじゃないか・・・」



332 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 08:39:01.13 ID:tBy4oagO0


キタ━━━(゚∀゚)━━━!!



334 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 08:48:16.63 ID:MZMZf8xV0


勇者「真黒のローブ着てるわりに純情っぽい下着着けてるんだな、以外だぞ」

魔王♀「みるなぁ・・・」

勇者「泥酔した女を手籠めにするつもりはないから安心しろ」

魔王♀「ん~・・・」

勇者「にしても、良い乳をしている」むにゅっ

魔王♀「あぅっ!?・・・」

勇者「凄いな・・・鷲掴みにしてもこぼれ落ちそうだ」むぎゅむぎゅ

魔王♀「っ・・・うっ・・・・ぁうっ・・・ぁっ」びくびく



340 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 08:54:10.09 ID:MZMZf8xV0


勇者「ふむ、これなら沢山子供を産んでもたっぷりミルクは出るな」もにゅもにゅ

魔王♀「も、揉むなぁ・・・っぁ!?・・・っうぅ!!・・・」

勇者「敏感なんだな、乳首がカチカチにボッキしているぞ」くりくり

魔王♀「うるしゃい!・・・っひゃう!?・・・・乳首・・・いじるなぁ・・っあ・・・」

勇者「弾力も質感も最高だな」さわさわ

魔王♀「ひゃんっ!?・・・・やめて・・・・っふぁ・・・・つぁっ・・・・」

勇者「・・・ん?、パンツ凄い染みできているぞ魔王ちゃん」



344 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:00:41.88 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「もう・・・やめてよぉ・・・っ・・・・」

勇者「乳房を弄られるだけでイクとはかなり敏感なんだな、巨乳は鈍感と良く聞くが・・・」

魔王♀「う、うるさい・・・もう、やめてくれ・・・」

勇者「そんな潤んだ目で見られるといぢめたくなるな」ぐにっ!!

魔王♀「おっぱい引っ張るなぁ・・・!」

勇者「・・・ミルクの香りがする・・・れろっ・・・ちゅっ・・・ちゅっ・・・」

魔王♀「ひゃうっ!?・・・す、吸うなぁ・・・っ・・・・ふぁっ・・・・あっ・・・」

勇者「ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ」

魔王♀「や、やめて・・・そんなに吸ったら・・・っ・・・・また・・・っひゃう!?」



348 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:05:42.26 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・ぷはぁっ・・・おいしかったぞ、魔王ちゃんのおっぱい」

魔王♀「おっぱいなんか出てないぃ・・・」

勇者「これからたっぷり俺の子を孕ませて出るようにしてやるよ」むにゅむにゅ

魔王♀「うぅっ・・・・っ・・・・・ひゃっ・・・・・」

勇者「そろそろ、下も弄ってやるか」ぬぎぬぎ

魔王♀「っ!?やめろぉ!?脱がすな!」

勇者「ほぉ・・・意外と薄毛なんだな」

魔王♀「うぅっ・・・」



350 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:07:37.37 ID:Z43vceQn0


泥酔した女を手篭めにしてるじゃねぇか



354 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:11:06.66 ID:MZMZf8xV0


勇者「凄い濡れてるぞ魔王ちゃん」

魔王♀「つっ・・・・お前がおっぱい吸うからぁ・・・・」

勇者「綺麗な色をしてるな、もっとグロテスクかと思っていたがどれどれ・・・」ぐにゅ!!

魔王♀「っ!!?ひ、広げるなぁ!!!!」

勇者「!!・・・・・魔王ちゃん処女だったのか」

魔王♀「っ・・・・・・・」

勇者「これどう見ても処女膜だよな・・・しかもほぼ口を塞ぎきってるタイプだ、貫通は相当痛いぞコレ」

魔王♀「っ・・・・っぅ・・・・・」




358 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:15:21.26 ID:MZMZf8xV0


勇者「500年生きてるって本当?」

魔王♀「・・・・・」

勇者「ま、まぁ嬉しいけどさ」

魔王♀「・・・・・」

勇者「さ、さてと・・・じゃあそろそろお開きということで・・・」

魔王♀「・・・汚された」ぼそっ

勇者「・・・・・・はい?」

魔王♀「汚されたぁ・・・・」

勇者「・・・・・ごめんって」

魔王♀「ぐす・・・・ぐす・・・・」

勇者「もう、乱暴しないから・・・・な?ごめんよ」なでなで

魔王♀「うぅ・・・・」



359 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:18:52.78 ID:MZMZf8xV0


もうエロこんな感じでもういいか

勇者「すっかり夕焼けになっちゃったな」

魔王♀「・・・・・」

勇者「だからごめんって謝ったじゃん・・・」

魔王♀「乱暴しないって言った癖に・・・」

勇者「すいません・・・」

魔王♀「もう、いい・・・」

勇者「・・・(やばい、完全にへそ曲げちゃった・・・)」

魔王♀「・・・・・・・ん?」

勇者「どした?」

魔王♀「・・・・・・・」じーっ

勇者「あのドレスが気になるのか?」



362 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:22:33.29 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「別に気になど

勇者「綺麗な服じゃないか、どれどれ主人いるかぁ?」

店の主人「はいはい、どうなされました?・・・ゆ、勇者様!?」

勇者「あのドレスを着せてもらっても構わないか?」

店の主人「あ、はいはいどうぞどうぞ!!」

魔王♀「・・・いいのか?」

勇者「うん、一度着てみろ」

魔王♀「・・・・・・うんっ」



366 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:27:09.82 ID:MZMZf8xV0


勇者「おぉ・・・・っ」

魔王♀「へ、変じゃないか?」

勇者「いや・・・これは・・・・いい、すごく良い」

魔王♀「そ、そうか・・・あんまり見るなっ」

勇者「青いドレスが好きなのか?」

魔王♀「まぁ、綺麗な色に見えたから着ただけだ・・・」

勇者「ふむ・・・おい、主人」

店の主人「なんでしょう?」

勇者「これをもらっていくぞ、いくらだ?」

魔王♀「お、おい!?」

勇者「気にするな、さっきのお詫びだ」

店の主人「少しお高いですよ?」

勇者「構わん、もったいぶるな」



367 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:32:28.72 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「♪~」

勇者「気に言ってくれたようだなソレ」

魔王♀「ま、まぁな・・・」

勇者「着れ歩けばいいのに」

魔王♀「恥ずかしいだろ!!それに魔族とばれてしまう」

勇者「まぁ・・・確かにな」

魔王♀「いつもこんなにここは賑やかなのか?」

勇者「いや、多分お祭りでもあるのかも・・・こんなに賑やかなのは俺も初めてだもんな」

魔王♀「そうなのか」

勇者「多分な?」

魔王♀「きゃっ!!」

勇者「お、おい!ほら手をつないで歩くぞ?迷子になっては困る」

魔王♀「う、うむ・・・」



369 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:38:58.17 ID:MZMZf8xV0


勇者「こうやって歩くと夫婦みたいだな、まぁ夫婦なんだけど」

魔王♀「お前はほんとに・・・・その」

勇者「ん~?」

魔王♀「私を娶るつもりなのか?」

勇者「うん」

魔王♀「どうして?」

勇者「ん~」

魔王♀「勇者なら魔王を討伐すれば王国から莫大な金と地位を得られるはずだぞ?」

勇者「ん~まぁな、あと姫とも婚約が認められるし」

魔王♀「だったら!!」

勇者「まぁ、一目惚れっていったろ?」

魔王♀「っ・・・」

勇者「お、花火あがったぞ~」

魔王♀「・・・・・」



371 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 09:43:18.93 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「お前は変な奴だ」

勇者「そうかな?」

魔王♀「強さもめちゃくちゃだし、やる事もイカレてる。あげく魔王を嫁に迎えるなんて」

勇者「まぁ・・・・」

魔王♀「時々、お前が何を考えてるのか分からなくなる。一目惚れなんて嘘なんだろう?」

勇者「その事はこれからじっくり分かりあえばいいさ、だろ?」

魔王♀「・・・・・・わかった」

勇者「さて・・・じゃあそろそろ城にでも向かいましょうかね」



484 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:28:01.88 ID:MZMZf8xV0


王国都市 宮殿前

魔王♀「おぉ・・・」

勇者「魔王ちゃんの城より小ぶりだけど色は正反対だな」

魔王♀「純白だな・・・相当金をつぎ込んだと見える」

勇者「この都市の看板でもあるからな、他国からも観光に来るだけはある」

魔王♀「かなり豊かな国だな、あらためて知ったが」

勇者「うん、その代り日影者も多いけどね」

魔王♀「?」

勇者「この年の端にスラム街もあるんだよ、金持ちもいりゃ貧乏人もいるんだよココは」

魔王♀「ふむ・・・」



487 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:31:52.26 ID:MZMZf8xV0


警備兵「来られましたか勇者どの」

勇者「ん?んー」

警備兵「門番から連絡がありました、国王がお待ちです」

勇者「え?んー分かった」

魔王♀「・・・」

警備兵「そちらの方は

勇者「連れ」

魔王♀「・・・」

警備兵「左様ですか、ではこの馬車にお乗りください。長旅でお疲れでしょう」

勇者「ん、乗るか?」

魔王♀「・・・ん」



489 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:34:59.94 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「勇者ともなると対応は良いものだな」

勇者「けっ、どうだか」

魔王♀「・・・なにか嫌な事でもあるのか?」

勇者「ん・・・まぁね」

魔王♀「そうか・・・」

勇者「お、どうやら着いたぞ?」

魔王♀「本当に私も行くのか?」

勇者「今さらだな?ほら来い」

魔王♀「わ、分かったよ・・・」



491 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:40:46.47 ID:MZMZf8xV0


王国都市 王宮内

国王「・・・来られましたか、勇者どの」

勇者「・・・どーも」

国王「長旅で疲れましたでしょう?今夜はこちらで休まれるがいい」

勇者「あ、はいありがとうございます」

国王「で、どうでしたか?魔王討伐の依頼は」

勇者「・・・まだですねー」

国王「・・・そうですか、困りましたな相当手ごわいようで?」

勇者「手強いのなんの、もう100回殺されましたもの」

魔王♀「・・・」

国王「それはそれは・・・で、そちらの方は?」

魔王♀「っ・・・」



492 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:44:20.59 ID:MZMZf8xV0


勇者「あー連れです、はい」

魔王♀「ど、どうも・・・」

国王「・・・・・・ほぉ」

勇者「で、魔王討伐なんですけど・・・」

国王「あぁ、そうでしたな・・・早急にかたをつけられませんかな?」

勇者「まぁ・・・正直無理です、はい」

国王「・・・無理と?」

勇者「ん~・・・強過ぎて勝てないんですよアイツ、多分誰も殺せないでしょうね」

国王「・・・・・ほぉ」



495 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:50:56.92 ID:MZMZf8xV0


国王「それは弱りましたな・・・こちらの軍を率いても?」

勇者「無理ですね無理」

国王「・・・・ふむ・・・・・いままで近隣諸国を潰して回った勇者どのが言うんでは相当の難物なんでしょうな」

魔王♀「っ!?」

勇者「・・・・・えぇ、まぁ」

国王「あそこの魔王を討伐すれば膨大なエネルギーが手に入るのですがねぇ・・・」

勇者「あぁそうですね」

魔王♀「・・・・え?」

勇者「・・・」



496 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:56:41.46 ID:MZMZf8xV0


国王「あぁ、聞こえてしまいましたか・・・」

魔王♀「どういうこと・・・です?」

国王「魔王ともなればその血肉からは膨大な力が手に入るんですよ・・・それこそ全てを思いのままに出来るほどにね」

勇者「王様は趣味が悪い」

国王「ふふ、しかもあそこの魔王は強くも美しい美女と聞く・・・一度殺す前にその味を味わってみたいものですな」

勇者「ご冗談を」

魔王♀「っ・・・・・・」

国王「・・・どうなされましたかな?」



499 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 16:59:19.94 ID:YMospXED0


どっちが魔王かわかんねーなwwwwwww



500 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:00:44.44 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「・・・・・っ」

勇者「連れの体調が優れないようですので部屋で休んでもよろしいでしょうか?」

国王「・・・・そうですねぇ、側近」

側近「はっ・・・」

国王「この2人を部屋までお連れしてあげなさい」

側近「分かりました、ではこちらへどうぞ」

勇者「では・・・・」

魔王♀「・・・・・」

国王「・・・・・・・・・・ふむ」



507 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:06:39.33 ID:MZMZf8xV0


王国都市 宮殿客室の間

側近「では・・・」

ばたんっ

魔王♀「どういうことだ・・・?」

勇者「しっ!!」

魔王♀「ふがっ!?」

勇者「(ここから先は盗聴されてるくらいに思え)」

魔王♀「(どういうことだ?)」

勇者「(お話どうりだよ、今や魔王はお前を含め狩りの獲物でしかないって事)」

魔王♀「(っ・・・・!!)」

勇者「(大声出すなよ?)」

魔王♀「(・・・)」こくこく



509 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:13:26.54 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「・・・・・・近隣諸国を潰して回ったってのは?」

勇者「・・・・・あぁ、うん・・・」

魔王♀「おいっ!!」

勇者「・・・・・この国が豊かな1番の理由は?」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「武力で他国を制圧してきたことだよ」

魔王♀「お前が?」

勇者「うん」

魔王♀「人を殺してきたのか?」

勇者「殺すなんてもんじゃない、虐殺だよ」



512 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:19:14.35 ID:MZMZf8xV0


勇者「そりゃ便利だろうよ、戦場に1人放り込めば全て片付くんだから」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「人殺し魔物殺しなんでもござれの殺戮兵器ってわけ」

魔王♀「・・・・・」

勇者「・・・・・・分かったろ?勇者なんてそんな価値でしかないんだよ」

魔王♀「・・・・そうか・・・」

勇者「・・・・・・・世知辛いねぇ」




514 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:26:06.31 ID:MZMZf8xV0


勇者「もう勇者仕事なんてウンザリしてるんだよ」

魔王♀「・・・・?」

勇者「国外逃亡っていうの?」

魔王♀「おまえ・・・!?」

勇者「魔王ちゃんを連れてトンズラって奴だ」

魔王♀「これからずっと追手から追われるんだぞ?」

勇者「これでも勇者だよ?」

魔王♀「・・・・・・・そうか」

勇者「来てくれるよな?」

魔王♀「私はお前の奴隷なんだろ?どうせ逆らえないさ」

勇者「嫁なんだけどなぁ・・・まぁいっか」



521 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 17:40:05.95 ID:MZMZf8xV0


勇者「まぁ、ここに来ずにトンズラしたかったのが本音だけどな」

魔王♀「?」

勇者「最後に見納めしたかったんだよ、一応故郷だし」

魔王♀「・・・」

勇者「ごめんな、危ない所来させて」

魔王♀「ふん、私は魔王だぞ?人間如きとるに足らん相手だっ」

勇者「そっか・・・・・・・んじゃそろそろおいとましましょうかね?」

魔王♀「いいのか?もう戻れないぞ?」

勇者「愛の逃避行っていうのかな、ロマンだろ?」

魔王♀「・・・馬鹿」

勇者「じゃあ行きますかね」



566 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:22:09.65 ID:MZMZf8xV0


勇者「城内の警備が手薄だな」

魔王♀「つまり・・・」

勇者「バレたとみていいな、最悪だ」

魔王♀「ごく・・・・」

勇者「心配しないの、最悪城を出たら魔王ちゃんは空から飛行魔法で逃げればいい」

魔王♀「死ぬ気か?」

勇者「いや?どれだけ雑魚が束になろうが負けないって」

魔王♀「・・・・・・一緒に逃げるからな」

勇者「ん、じゃあさっさとここから抜けだそうかね」



571 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:29:01.07 ID:MZMZf8xV0


城内兵「お待ちください、勇者どの」

勇者「・・・・・・・よぉ」

城内兵「どこへ行かれるので?」

勇者「野暮用に・・・」

ザシュ!!!!

勇者「ね?」

城内兵「っ・・・・ぐふっ・・」

魔王♀「増援が来る前に行こう!!」

勇者「おう・・・・・っ!?」

王国騎士団「すみませんが国王命令です、お二人にはここで死んでもらいます」

勇者「・・・・・・さてと・・・いっちょ始めましょうかねぇ・・・」しゃきん!!



574 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:35:26.83 ID:MZMZf8xV0


騎士団兵A「ぐぶっ!?」ブシュッ・・・・・!!!!

勇者「悪いな、死んでくれや」

騎士団兵B「だぁああああ!!!!!!」

勇者「ん?」

スカッ

騎士団兵B「なっ!?・・・・・ごふっ!!」グチャ!!・・・・ボタボタボタ・・・

勇者「ば~か、当たるか」

騎士団兵C「ひっ!?」

勇者「逃げるなら逃げろ、来るなら来い」

騎士団兵C「お、おりゃぁあああああああああ!!!」

勇者「なんで来るかな・・・・」

ザシュッ・・・・・ブシュゥウうううううううううううううううう!!!!!!!!!

騎士団兵C「ぐ、ぐぐぐぶ・・・・・」ドサッ・・・

勇者「悪いな」



575 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:36:25.96 ID:GF5br8bl0


無双!



579 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:39:41.41 ID:MZMZf8xV0


騎士団兵D「く・・・化け物め・・・」

魔王♀「ん?・・・来るか?」

騎士団兵D「なめるなぁ!!!!」

魔王♀「なめてなどおらん、燃え尽きろ」ぼぉおおおおおおおおお!!!!!!!

騎士団兵D「ぎゃぁあああああああああああああ!!!!!」

騎士団兵E「ぐ・・・増援を呼べぇえええええっぐあっぁ!?」グシャッ!!

魔王♀「させんよ」

勇者「きりが無いな、おい」



584 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:46:55.23 ID:MZMZf8xV0


騎士団長「・・・・・勇者どの、どうしても心変わりはしませんかな?」

勇者「おぉ、団長さん久しぶり・・・・その気はないなぁ」

騎士団長「・・・・・・そうですか、では仕方ないですね」ぶぉおおおおおおおん!!!!

勇者「っ!!!!?(早い!?)」

騎士団長「ほぉ・・・」

勇者「・・・やるなぁ(あぶねぇ・・・あと少しで首飛んでたぞ!?魔法使えりゃいいけど向うの剣の方が早いだろうなぁ)」

魔王♀「燃え尽きろ!!!!」ぼぉおおおおおおおおお!!!!!!

騎士団長「ぐっ・・・・!?」

魔王♀「あの鎧・・・・!?魔法を通さないのか!?」

騎士団長「えぇ、これも勇者様の活躍のおかげですよ」

勇者「・・・剣で相手しろってか」

騎士団長「・・・・・では、いきますよ?」



585 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:48:41.70 ID:tGderSbO0


騎士団長どんだけ強いのwww
というか、勇者が最初と比べて劣化しすぎなのか?



588 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:51:04.46 ID:lXe6X20n0


最強と最弱の武具の差だろ



590 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:52:17.25 ID:MZMZf8xV0


勇者「おりゃ!!!!」ぶんっ!!

騎士団長「ふん!!!っぐっ・・・・!?」がっきぃいいん!!!

勇者「っ!?左腕もらったぁあああああ!!!!!」ぶぉん!!!!

騎士団長「っぐぁああああああ!!!!!!!」ぶしゅぅううううううううううううう!!!!!

勇者「・・・・・流石に片手じゃ無理だろ?逃げな」

騎士団長「・・・・・・それは無理ですね」ぶぉん!!!

勇者「っ・・・・すまん!!!!」ざしゅっ!!

騎士団長「がふっ!?・・・・・ざ、ざすがば勇者どど・・・・おづよい・・・・」ばたっ

勇者「悪いな・・・・よし、行くぞ!!」

魔王♀「・・・あ、あぁ!!」



600 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 19:59:32.57 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「・・・・・・・・・・知人だったのか?」だだだだだだだ!!!

勇者「ん・・・・・・小さい頃からの友達だ、もっとも敬語使いあうようになってから距離ができたけど」だだだだだだだだだ!!!!!

魔王♀「そうか・・・・・っ!?追手が来たぞ!!!」

勇者「・・・・・エンカウントやべぇな」

射撃隊「撃てぇええええええええええええ!!!!!!!!!!」

魔王♀「魔法壁があれば無力だ、馬鹿め」

カキンカキンカキンカキン!!!!!

射撃隊「っ!?」

勇者「隙あり!!!!!!!」

射撃兵A「ぐはぁ!!!!」ぐしゃぁ!!!!!

勇者「おらぁああああああ!!!!」

射撃兵B「ぐふっ!?」ごしゃ!!!

勇者「まだまだぁああああ!!!!」

射撃兵c「ぎゃぁあああ!!!!!」びしゅうう!!!!!



603 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:06:41.08 ID:MZMZf8xV0


射撃兵D「くっ・・・・!!!!」ドンっ!!!

勇者「っ!?・・・・っ・・・・痛てぇだろボケ!!!!」

射撃兵D「ごふっ!!」ぐしゅっ!!!

射撃兵E「勇者がひるんだぞ!!撃ちこめ!!」

魔王♀「させるか!!」

射撃兵E「っ!?があはぁっ!!!!」びしゃっ!!・・・・・ばたっ

魔王♀「・・・・・・勇者、勇者大丈夫か!?」

勇者「糞っ・・・脇腹に一発いいのもらっちまった」

魔王♀「今、回復呪文をかける!!」

勇者「まて・・・また増援が来た、めんどくせぇ」



609 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:15:04.43 ID:MZMZf8xV0


増援部隊「一気にかかれぇ!!!一瞬の隙も与えるな!!!!」

勇者「うるせぇ!!!!」

増援兵A「くっ・・・!?」

勇者「糞っ!!いちいち抵抗すんな!!さっさとくたばれ!!」

増援兵B「おりゃあああああああああ!!!!」ぶんっ!!!

勇者「っ!?ぐっ・・・・後ろからか糞が!!」

魔王♀「死ね!!!」

増援兵B「っ!?ぐあぁっ!!!!」ぐっしゃぁああああ!!!

勇者「魔王ちゃんナイス!!お前も死ねっ!!」

増援兵A「っぐぁぁああああ!!!!」どしゃっ!!!!

増援兵C「うぉおおおおおお!!!!」

勇者「お前もだ!!」

増援兵C「ひぐっ!?」ぐしゅっ!!

増援兵D「死ねぇぇえええ!!!」

勇者「っぐ!?・・・・糞っ!!死ね!!」



612 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:20:34.00 ID:MZMZf8xV0



増援兵D「ぐはぁっ!!!!」どすっ!!!!!・・・・ばたっ・・・・!!

勇者「糞っ・・・・どんどん湧いて出てくるな」

魔王♀「ぜぇ・・・・ぜぇ・・・全くだ・・・」

勇者「・・・・いちいち相手すんのもしんどいな・・・逃げるぞ!!」

魔王♀「ぜぇ・・・・わ、分かった・・・・・」

勇者「っ!!!!?魔王ちゃん後ろ!!!」

増援兵E「っ!?ぐぁがぁ!!!!」どしゃっ!!!

勇者「畜生・・・っ片目いかれた・・・っ」ぼたぼた・・・

魔王♀「だ、大丈夫か!?勇者!!」

勇者「右目いがいな・・・・?」

魔王♀「っ・・・・すまん」

勇者「今は逃げるぞ!!」



624 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:29:19.60 ID:MZMZf8xV0


勇者「ふぅ・・・ふぅ・・・こんな狭い所じゃなけりゃ魔法ブチ込んでハイお終いなんだけどな」

魔王♀「ぜぇ・・・ぜぇ・・・・まだまだ・・・来るな」

勇者「・・・・ふぅ・・・・よしっこい!!!!」

槍兵A「ぐぁっ!!!」ぶっ・・・・しゅっ!!!!

勇者「ふっん!!!!」

槍兵B「ひぐっ・・・!?」ぶちんっ・・・!!!

勇者「ほれ、仲間の頭受け取れ!!」

槍兵D「ぐぁ・・・!!」

勇者「おらっ!!」

槍兵D「っ!?おふっ・・・・!!!?」びちゃびちゃびちゃ!!!

勇者「っ!?眼に返り血が入ったっ・・・・ちくしょう・・・」

槍兵E「おぉおおおおおお!!!!」

どすっ・・・!!

勇者「・・・っ!?・・・・てめっ・・・・!!!」

槍兵E「ぎゃぁ!!!!」ばしゅ!!!!・・・・・びちゃびちゃびちゃ・・・



628 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:36:54.44 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・ふぅ・・・ふぅ・・・こいつらやけに強い・・・な」

魔王♀「ぜぇ・・・ぜぇ・・・・ぜぇ・・・・」

騎士団長「お前だけが特別だとでも思ったか?」

勇者「っ・・・・・くそっ誰だよ蘇生魔法かけた奴・・・・」

騎士団長「無様だな、勇者」

勇者「うるせぇ・・・」

騎士団長「お前があらゆる国と魔王を制圧し、様々な力と技術を国にもたらした結果だよ」

勇者「ふぅ・・・ふぅ・・・んで、お前らは恩恵にあやかったと?」

騎士団長「・・・・・もう、勇者はこの時代にいらないんだ」

勇者「・・・・言ってくれるね・・・ふぅ・・・・」

騎士団長「最期くらいは私の手で楽にしてやろう」

勇者「うっせぇ・・・もっぺん殺したる・・・・こいっ!!!」



634 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:47:08.70 ID:MZMZf8xV0


勇者「くらえ!!!!」ぶん!!!

騎士団長「へろへろだな、勝てる気か?」かきんっ!!

勇者「っぐ!?おらぁああ!!」ぶぉん!!

騎士団長「お前の死因はそこにいる魔王に操られて乱心した後、騎士団により処刑だとさ?国王のシナリオ通りだ」がきんっ!!

勇者「誰が死ぬかぁ!!」びょおん!!

騎士団長「・・・・・ふんっ!!」きんっ!!

魔王♀「死ねっ!!」

騎士団長「獲物は黙って見てろ」ぶん!!

魔王♀「ひゃうっ!?・・・・っ・・」どさっ

騎士団長「お前は殺さん、国王がお前に用があるらしいからな」



641 : 忍法帖【Lv=22,xxxPT】 2011/05/28(土) 20:51:41.02 ID:gZpHnOnpi


おいおい・・・勇者どうなっちまうんだよ・・・



645 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 20:55:55.68 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「・・・・・っ・・・・・・」

騎士団長「大方、あのゲスが何を企んでるかは把握してるがな・・・」

魔王♀「・・・・・・っぐぁあああああああ!!!!」

騎士団長「っ!?は、はや・・・・・!!!!!!?」ぶしゅっぅぅぅぅぅ!!!!!

魔王♀「・・・・・・・・・・」

騎士団長「ぐふっ・・・・!!!!さ、流石は魔王・・・・・まだそんな力・・・・」どさっ

勇者「やったか・・・?」

魔王♀「・・・・どうせ、また誰か蘇らせるさ・・・・ぜぇ・・・・さぁ・・・・はやく行こう・・・」

勇者「・・・・ふぅ・・・・・にしても、こりゃまずいな・・・・このままだとじり貧だぞ?まじで」

魔王♀「ぜぇ・・・・・ぜぇ・・・・しゃっべってる暇なんかないぞ?早く外まで切り抜けないと・・・」

勇者「・・・・・最悪の場合は、逃げろよ魔王ちゃん」

魔王♀「ッ!?・・・・馬鹿っ」



656 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:06:55.54 ID:MZMZf8xV0


「・・・諦めてはくださりませんか?勇者どの」

勇者「よぉ、おっさん・・・無理だなそりゃ」

国王「ふむ・・・残念ですな、あなた方はこの国の発展をもたらした救世主なのに」

勇者「ふぅ・・・ふぅ・・・良くいうぜ、便利な兵器くらいに思ってたくせに」

国王「あなたがここで、その魔物を引き渡してくださるなら事は全て水に流しますよ?」

勇者「嫁を売るつもりはない」

魔王♀「・・・・っ・・・」

国王「嫁?嫁とは・・・・・くっ・・・・ふふふ、面白いことを言う方だ」

勇者「・・・・これが大マジでよ、ココを出たらハネムーンで立てこんでるんだよ」

国王「それはそれは・・・・逃げ切れますかな?」

勇者「おうよっ!」

国王「・・・・ふむ、おいやれ」

王国軍 だっだっだっだっだっ・・・・っ!!

勇者「・・・・・おいおい」



660 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:14:19.83 ID:MZMZf8xV0


国王「もう、諦めてくれませんか?」

勇者「・・・・・こっちは魔法を暴発させて共倒れできるんだぜ?偉そうに・・・」

国王「いや、あなたは出来ない」

勇者「・・・・?」

国王「そんな脅しは通用しませんよ、あなたにそんな度胸はない」

勇者「言ってくれるね」

国王「あなたはこの国を愛してる、今まで身を尽くして汚れ仕事をこなしてきたあなたは」

勇者「・・・・・へぇ」

国王「国民を犠牲にするんですか?たかが魔物一匹の為に?これまでの全てを無駄に?」

勇者「・・・・・・・・・・・」



664 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:22:38.13 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「・・・・っ」

国王「おっと、動かないでください。流石のあなたもこの数は骨が折れるでしょう?」

魔王♀「・・・・」

国王「おかしな方だ、魔王さん」

魔王♀「・・・・・?」

国王「勇者殿はここに未練があるが、あなたには無い。それこそ魔法で吹き飛ばせば問題のないはず・・・・それをあなたはしない、なぜ?」

魔王♀「・・・・・・・・」

国王「ふむ、まぁ大方勇者殿に肩入れしてるのが理由でしょうかね」

魔王♀「っ・・・・・・・・・」

国王「勇者どの、良かったですな?嫁とはあながち間違いない様ですぞ?」

勇者「・・・・・・・・・・・決めたよ」

国王「・・・・・・・え?」



673 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:29:28.30 ID:MZMZf8xV0


勇者「ここをふっ飛ばす」

国王「ご冗談を・・・・」

勇者「~~~~~~~~~~~」

国王「・・・っ!?なにをしてる!!殺せ!!」

魔王♀「ふんっ・・・!!」

兵士A「ぐぁっ!?」

魔王♀「勇者は決めたんだ、ここをふっ飛ばすとな・・・命の惜しい者はここから立ち去れっ!!!!!」

国王軍 ざわざわ・・・・

国王「馬鹿な・・・・本気ですか勇者どの?」

勇者「~~~~~~~~~~~」

国王「・・・・・・っ!!!!早く奴を止めよ!!」

魔王♀「止めたければ私を倒してからにするんだな?どうした、来ないのか?」

国王軍   ざわざわ・・・

国王「なぜ、後ろに下がる!!!?早くやらんか!!!」

魔王♀「そんな度胸はないようだぞ?国王」



679 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:34:50.88 ID:MZMZf8xV0


魔王♀「もうあなただけだぞ?国王」

国王「・・・・・・!!」

魔王♀「どうやら勇者を買いかぶりすぎたようだな?」

国王「なぜだっ!?」

魔王♀「勇者は私を選んだってことだ、この国じゃなくな」

国王「貴様ぁあああああああああ!!!!!!」

魔王♀「本望ではないか?いままで勇者が築いたような国なんだ、それを本人が崩すだけのこと」

国王「ぐっ・・・・!!」

魔王♀「・・・・・・もう終わりだな」

勇者「~~~~~~~~~~~~・・・・・・唱えた」





ぼぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおんんんんんん





687 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:43:28.42 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・・・・・・・?」

魔王♀「っ!?」

勇者「・・・・・・俺生きてる?」

魔王♀「・・・起きたか」

勇者「・・・・・・・・・・・・・・ここは」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・・・あぁ・・・・・唱えたんだったな俺」

魔王♀「後悔してる?」

勇者「・・・・・・・・・・そんな顔するな」なでなで

魔王♀「でも、すべて壊したんだよ?」

勇者「魔王ちゃんがいる」なでなで

魔王♀「・・・・・・・本当に?」

勇者「本当だって」

魔王♀「・・・・・・ありがとう」



697 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:50:53.58 ID:MZMZf8xV0





勇者「この丘から見る夕焼けに染まった王国が綺麗なんだ」

魔王♀「・・・・・・・・・・・」

勇者「はは、もう見れないな~」

魔王♀「これでよかったの?」

勇者「うん、けじめ・・・かなぁ」

魔王♀「?」

勇者「散々他国の人間を虐殺し吸収してきた国だったんだ、いつまでも栄華が続かない」

魔王♀「・・・・・」

勇者「まぁ、俺も良い死に方はしないだろうな・・・・今までの所業を考えりゃ」

魔王♀「・・・・勇者」

勇者「・・・・・・きっと地獄に落ちるだろうな」

魔王♀「・・・・・帰ろう、私達の城へ」ぎゅっ

勇者「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うん」



703 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:56:19.12 ID:MZMZf8xV0


勇者「着いたな」

魔王♀「うん・・・」

勇者「魔王ちゃんまでくらい顔すんなって」

魔王♀「でも・・・」

勇者「今日はもう寝ろ・・・な?」

魔王♀「・・・・・・・勇者は?」

勇者「おれ?」

魔王♀「どこもいかない?」

勇者「行かないよ・・・・行くとこないが正解だけど」

魔王♀「・・・一緒に寝よ」

勇者「・・・・・・どうした?魔王」



708 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:57:25.75 ID:MKA2ILCg0


魔王も勇者を認めたな
wktk



714 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 21:59:42.73 ID:HgU+D+I5O


貫くとそれはそれで一種の感動を生むな



719 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 22:03:24.11 ID:MZMZf8xV0


魔城 魔王の寝室

勇者「・・・・・・・・・責任感じてるのか?魔王ちゃん」

魔王♀「っ・・・」

勇者「そうだとしたら違うぞ?俺が選んだことだ、魔王ちゃんが気に病む必要はないぞ?」

魔王♀「・・・・・・うん」

勇者「そんな顔しないでくれ、な?」

魔王♀「でも、勇者は一人になったんだよ?」

勇者「魔王ちゃんがいるだろ?一人じゃない」

魔王♀「でもっ・・・」

勇者「それとも一緒に居てくれないのか?」

魔王♀「っ!?そんな事ないっ」

勇者「ありがとな?魔王ちゃん」なでなで



735 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 22:08:58.86 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・・・・・」

魔王♀「すぅ・・・・すぅ・・・すぅ・・・」

勇者「ホントに良かったのか・・・・?」

魔王♀「すぅ・・・・・すぅ・・・・・」

勇者「罪もない人を皆殺しにして・・・・」

魔王♀「・・・・すぅ・・・・・すぅ・・・・・・・」

勇者「いいわけないよな・・・・・」

魔王♀「・・・・・・すぅ・・・・・・・・すぅ・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・くそっ・・・・・・・・っ・・・・・っ・・」

魔王♀「・・・・・すぅ・・・・・・・・・・・・すぅ・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・・・っ」

がちゃん

魔王♀「・・・・・・・・・勇者」



743 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 22:13:31.28 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・・・・寒いな・・・・夜だもんなぁ」

勇者「・・・・・・・・・・・星がきれいだ」

勇者「・・・・・・・・・・・・・・っ・・・・・・・・・・っ・・・」

勇者「・・・・・・・泣いても仕方ねぇだろ馬鹿っ・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・・・っ・・・・・・っ・・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・・うぅっ・・・・・」

魔王♀「勇者」

勇者「っ!?」

魔王♀「泣いてるの?」

勇者「っ・・・・まさか」

魔王♀「・・・・・・・・」なでなで

勇者「・・・いつもと逆だな」



753 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 22:17:20.61 ID:zTND89qH0


500歳の包容力は伊達じゃない



758 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 22:21:39.04 ID:MZMZf8xV0


勇者「ありがとな」

魔王♀「・・・・・・・・・ごめんね」

勇者「魔王はなにも悪くない、選んだのは俺だから」

魔王♀「・・・・・・・・・・だったらなんでそんな顔してるの?」

勇者「っ・・・」

魔王♀「あなたのその顔見てたら私・・・・・信じられないよ」

勇者「・・・・・・・ごめん」

魔王♀「っ・・・・・・・うぅ・・・・・・っ・・・・」

勇者「・・・・・・・・でも、信じてほしい。俺は魔王と一緒にいたいって選んだんだ」

魔王♀「・・・・・・・・っ・・・・・・・っ・うん」

勇者「もう不安がらせない・・・本当だ、な?」

魔王♀「・・・・・・うん・・・」



815 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:15:44.15 ID:MZMZf8xV0


魔城 魔王の寝室

勇者「・・・・・・・・」

魔王♀「・・・・眠れないの?」

勇者「ん?・・・・まぁ」

魔王♀「・・・・勇者」ぎゅっ

勇者「どうしたの?」

魔王♀「・・・・・・してもいいよ」

勇者「・・・・・・・え?」

魔王♀「・・・・・・・」

勇者「・・・・・・魔王ちゃん?」

魔王♀「今夜は勇者とくっついていたい・・・」

勇者「・・・・・そっか」なでなで

魔王♀「どうする?・・・いいよ、わたし」



821 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:19:59.33 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・・そういえばキスもしたこと無かったな」

魔王♀「ふふ、そうだったね」

勇者「してもいいか?」

魔王♀「・・・どーぞ」

勇者「・・・・・(近くで見るとホント綺麗な顔だな・・・)」

魔王♀「・・・・・・っ」

勇者「んっ・・・・ちゅっ・・・・・ちゅ」

魔王♀「んっ・・・つっ・・・ぷはぁっ!・・・・はぁ・・・・はぁ・・・」

勇者「・・・・・・魔王・・・・」

魔王♀「・・・・・・・・・・・どうぞ」



826 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:26:14.68 ID:MZMZf8xV0


勇者「じ、じゃあ脱がすぞ・・・」

魔王♀「・・・うん」

勇者「っ・・・下着してないのか?」

魔王♀「うん・・・・駄目だった?」

勇者「いや・・・・・・・・綺麗だよ」

魔王♀「//////まじまじ言われると恥ずかしいかな・・・」

勇者「触ってもいいか?」むにっ

魔王♀「ふぁっ・・・もう触ってるじゃん・・・・っ・・・」

勇者「本当に・・・大きいな・・・・」むにむに

魔王♀「・・・っ・・・・オッパイお好き?」

勇者「うん・・・・・」ぐにぐに

魔王♀「っ!・・・・ふぁ・・・・・や・・・・やさしく・・・・・っ・・・」

勇者「ごめん・・・・」さわさわ



835 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:31:24.48 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・ちゅっ!!・・・ちゅ・・・ちゅ・・・」

魔王♀「あうっ!?・・・・っ・・・・・吸われてるぅ・・・・あぅ・・・っ・・」

勇者「ちゅ・・・・ちゅ・・・・・れろ・・・・・・ちゅぷ・・・」

魔王♀「っ・・・・ふふっ・・・・赤ちゃんみたい・・・・っ・・・・お父さんになる・・・っ・・・のに・・・っ・・・」

勇者「っ!?ぷはぁ・・・・魔王、今・・」

魔王♀「うん・・・・作ろっか?私達の子・・・・いいよ?私」

勇者「・・・・・・ありがとう」



840 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:36:10.95 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・・いいのか?」

魔王♀「・・・・・うん、でも・・・・・優しくね?」

勇者「・・・・・・分かった」

魔王♀「・・・・・・・・」

勇者「じ、じゃあ足広げて」

魔王♀「こ、こう?」くいっ

勇者「・・・・もっと広げてくれる?」

魔王♀「け、結構恥ずかしいな・・・・」ぐいっ

勇者「・・・・・・・これでいいかな、いくよ?」

魔王♀「ど、どうぞ・・・」



845 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:40:41.18 ID:MZMZf8xV0


勇者「・・・やっぱり先端で止まるか」

魔王♀「思いっきりいっていいよ?」

勇者「・・・・・・相当、痛いぞ?」

魔王♀「っ・・・・・・・大丈夫」

勇者「・・・・・・・・・分かった」

魔王♀「ち、ちょっと待って!!」

勇者「あ、ああ・・・・」

魔王♀「すぅ・・・はぁ・・・すぅ・・・はぁ・・・・・・・・いいよ?」

勇者「では・・・・・」ぐりゅっ・・・・!!

魔王♀「っうくぅ!?・・・・・・あっくっ・・・・くっうぅ・・・・はあぁっ・・・・・・!!」



850 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:47:15.39 ID:MZMZf8xV0


勇者「落ち着いたか・・・?」

魔王♀「・・はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・・・・・・・・うん」

勇者「どうする、止めるか?」

魔王♀「大丈夫・・・でも、もうちょっと待って・・・」

勇者「・・・あぁ」

魔王♀「はぁ・・・はぁ・・・・多分今子宮降りてるかも」

勇者「・・・そうなのか?」

魔王♀「多分・・・・そんな感じ」

勇者「できるかもな、赤ちゃん」

魔王♀「うん・・・・はぁ・・・・はぁ・・・・よし、いいよ?」

勇者「ゆっくり動くからな・・・」ぐぶっ

魔王♀「っつぁ!?・・・っ・・・・つぁっ・・・つっ・・・・!!」



860 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/28(土) 23:54:37.63 ID:MZMZf8xV0


勇者「だ、大丈夫か!?」

魔王♀「う、うん・・・続けて・・・・」

勇者「・・・・・分かった・・・・」じゅぶ、じゅぶ

魔王♀「っ・・・・ぐっ・・・・・・っつぅ・・・・!!」

勇者「無理はするなよ?」じゅっぷ、じゅっぷ

魔王♀「・・・・っ・・・・・がっ・・・・・はぁっ・・・・!!」

勇者「・・・波打って揺れるオッパイエロいぞ?」むぎゅっ!!

魔王♀「っひゃん!?・・・・ふぅっ・・・・・はぅ・・・・・あぐっ・・・・!!」

勇者「・・・・俺の子供を産んでくれっ・・・魔王・・・っ!!」ずびっ!!ずびっ!!

魔王♀「はっ・・はげし・・・い!!?・・・・っぐ・・・・あうっ・・・ひゃっ・・・・!!」



865 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:04:11.12 ID:vvBsW9ut0


勇者「産んでくれるかっ・・・!?」ぶっちゅ、ぶっちゅ

魔王♀「ぐぅっ・・・・う、産む!!・・・・っうぅっ・・・・産むからぁぁ!!」

勇者「っ・・・・分かった・・・・出すよっ・・・!!」ずぼっずぼっずびっ

魔王♀「っ・・・・うんっ・・・・っ・・・・お願いっ・・・・」

勇者「っ!?・・・・くぅっ・・・・」

ずびゅ、びゅる、びゅ・・・・・

魔王♀「・・・っ!?・・・・くぁ・・・・・これ・・・・出来ちゃったね・・・ふぅ・・・・っ」

勇者「うん・・・・」



869 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:08:02.91 ID:vvBsW9ut0


勇者「・・・・落ち着いた?」

魔王♀「・・・・・うん」

勇者「ごめんな?激しくしすぎたかも」

魔王♀「気にしないで、もう落ち着いたよ・・・」

勇者「そっか・・・・」

魔王♀「今もまだ入ってる感覚ある」

勇者「ほんと?」

魔王♀「うん・・・子宮にも届いたかもね」

勇者「出来るかもな」

魔王♀「そうだね・・・」



886 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:21:57.23 ID:vvBsW9ut0


やばいな・・・・じゃあラストスパートいくぞ

ちゅんちゅん

勇者「・・・・・朝か?」

魔王♀「・・・・・・・すぅ・・・・すぅ・・・・・」

勇者「・・・そっか、昨日・・・・」

魔王♀「・・・・・・・・?」

勇者「ん?起きたか?」

魔王♀「・・・・・・・・おはよう」

勇者「あぁ、おはよ」

魔王♀「・・・・・へっくしゅ!・・・」

勇者「風邪引いたか?」

魔王♀「・・・裸だもんな、仕方ない」

勇者「・・・言葉使い直ったのか」

魔王♀「えぇ?・・・あぁそうだな・・・・嫌?」

勇者「いや、どちらでも構わないよ」



892 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:26:27.46 ID:vvBsW9ut0


勇者「・・・」じーっ

魔王♀「ど、どうした?」

勇者「・・・・・・・」ぎゅっ

魔王♀「っ!?~~~~~////」

勇者「一生俺といてくれるか?」

魔王♀「なにをいまさら・・・・私に奴隷の呪文がかかっているんだろ?今更だ」

勇者「・・・・・・そんなのかけるわけないだろ」

魔王♀「・・・・・・・・え?」

勇者「でたらめだよ、はなから呪文なんてかけてない」

魔王♀「え、え?でも・・・」

勇者「一度としてなにかに行使した?」

魔王♀「・・・・・・ない」



907 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:31:45.27 ID:vvBsW9ut0


勇者「痛い・・・・」ぼろっ

魔王♀「ふんっ」

勇者「ごめんよ・・・」

魔王♀「お前は私のプライドをズタズタにしたんだっ!!・・・・反省しろ」

勇者「・・・すんません」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・・・・これからはもう二度と私に嘘をつくな」

勇者「っ!・・・・・・・・・・わかった」

魔王♀「そ、そうか・・・・・じ、じゃあ仕方ないな!!今回限りだぞ?」

勇者「あぁ、約束する」

魔王♀「じゃあ朝食の準備をしようか?」

勇者「え?」

魔王♀「今日は私も参加する、いいだろ?」

勇者「あぁ」



913 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:35:57.32 ID:vvBsW9ut0


魔王♀「こうやるのか?」

勇者「そうだ、上手い上手い」

魔王♀「なかなか難しいものだな・・・料理とは」

勇者「いや、魔王ちゃん器用だから上手だよ?」

魔王♀「そ、そうか・・・まぁそう言われると悪くないな・・・」

勇者「うん、ほら皿に盛り合わせて・・・」

魔王♀「こ、こうか・・・」

勇者「上手い上手い」

魔王♀「ふふ・・・いいな、こういうの」



919 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:40:50.44 ID:vvBsW9ut0


俺は描かないよ、皆のイメージするキャラ像が少なくとも変わるだろうし
無いからこそ映えるものもある

勇者「おいしい?」

魔王♀「あぁ・・・」

勇者「・・・いつか、もっと大人数で食べたいね」

魔王♀「っ!?ごほごほっ・・・気が早いぞ?」

勇者「ご、ごめんごめん」

魔王♀「・・・・何人欲しい?」

勇者「何人産んでくれる?」

魔王♀「・・・・・・」

勇者「そんな難しい顔しないでよ・・・」



922 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:45:10.84 ID:vvBsW9ut0


魔王♀「あまりむちゃな数でなければ・・・」

勇者「・・・・ほんと?」

魔王♀「・・・・・・・お手柔らかに頼む・・・」

勇者「っ・・・」ぎゅっ

魔王♀「食事中だぞっ!・・・・んむっ!!」

勇者「ちゅっ・・・ちゅぷ・・・・ちゅ」

魔王♀「ちゅ・・・ぷはっ!・・・・全く・・・とんでもない奴だ・・」

勇者「はは・・・嬉しくてさ、凄く」

魔王♀「そういうのは・・・・夜にしろ」

勇者「・・・・いいの?」

魔王♀「・・・・・今夜な?」



933 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:52:27.43 ID:vvBsW9ut0





勇者「天気いいなぁ」

魔王♀「眩し過ぎるくらいだ・・・」

勇者「・・・あのドレスを着て歩く姿が見れなかったのが残念だ」

魔王♀「気にするな・・・私には勇者がいればそれでいい」

勇者「・・・・嬉しいな、魔王ちゃんからそういうこと言ってくれるの」

魔王♀「そうか?」

勇者「うん、あまりそういう事言ってくれないもん魔王ちゃん」

魔王♀「・・・・・むむ」

勇者「俺の事好きか?」

魔王♀「・・・・・好きだぞ」ぼそっ

勇者「えぇ?」

魔王♀「っ・・・・愛してるっ」

勇者「っ・・・」

魔王♀「・・・~~~~~~~~~/////////・・・・うぅっ」



942 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 00:58:26.95 ID:vvBsW9ut0


魔王♀「・・・・・こっち見るな」

勇者「そうスネないの」

魔王♀「あんな恥ずかしい事をいったのは500年生きて初めてだ」

勇者「そうなの?」

魔王♀「・・・・・500年・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・人では到底生きれない時間だな・・・・」

魔王♀「・・・・・・・・・・・・」

勇者「・・・・・・・・・・・・・なぁ」

魔王♀「・・・・・・・・探そう」

勇者「・・・・・・・・・え?」

魔王♀「探せばいい、私とお前と永遠に共にいられる方法だ」

勇者「・・・・・・は?」

魔王♀「あの馬鹿国王が言ってたろう?不老不死すらなせるものはこの世にあるんだ」

勇者「あぁ・・でも」

魔王♀「・・・・・・・勇者、私と共に生きてくれないか?・・・・・・・・・・・・・私はお前がいないと寂しいぞ」



946 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 01:04:07.42 ID:vvBsW9ut0


魔王♀「ここでくすぶるより世界を見て回ろう?旅をするんだ!!」

勇者「・・・・・」

魔王♀「子なら共に旅すればいいっ!!」

勇者「・・・・」

魔王♀「もう私達の邪魔をするものはいない、そうだろう?」

勇者「・・・うん」

魔王♀「私と共に行こう勇者」

勇者「・・・・変わったね魔王ちゃん」

魔王♀「変えたのは誰だ?」

勇者「・・・・・・・行こうか、永遠の愛を探しにさ?」

魔王♀「っ・・・あぁ!」

おしまい



961 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 01:06:30.26 ID:2TRYd1+K0


>>1
おつかれ、楽しませてもらったよ。



965 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2011/05/29(日) 01:06:44.44 ID:UQPvb2hk0


            \     _n               /
              \   ( l    _、_ グッジョブ /
               .\   \ \ ( <_,` )    /
                 \   ヽ___ ̄ ̄  ) /
   _、_  グッジョブ       \    /    / /   _、_   グッジョブ
 ( ,_ノ` )      n        \∧∧∧∧/   ( <_,` )     n
 ̄     \    ( E)       < .  .す >   ̄     \    ( E)
フ     /ヽ ヽ_//        < 仕  ば >  フ     /ヽ ヽ_//
─────────────< 事 . ら >────────────────
    ∩          .     < !  し  >
    ( ⌒)     ∩ good job! <    .い >.      |┃三
   /,. ノ      i .,,E      /∨∨∨∨\.     |┃   ガラッ  話は聞かせて
  ./ /"      / /"    /         .\    |┃ ≡    _、_  もらった
  ./ / _、_   / ノ'     /   グッジョブ!! \__.|ミ\___( <_,` )<グッジョブ!
 / / ,_ノ` )/ /     /|    _、_     _、_   \ =___    \
(        /    /\ \/( ,_ノ` )/( <_,` )ヽ/\≡   )   人 \
 ヽ      |     /   \(uu     /     uu)/ \



967 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 01:06:51.36 ID:vvBsW9ut0


まぁ尺的に・・・いい着地点かな?
いろいろあったけど楽しく書けました
お見苦しい所も多々あったと思いますがどうもありがとうございました
ではまたいつか



978 : 忍法帖【Lv=27,xxxPT】 2011/05/29(日) 01:08:55.44 ID:XLm4j9c60


乙!
おもしろかった!



980 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/29(日) 01:09:34.54 ID:mC/nr7pB0


ありがとう良かったぜ





元スレ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1306488199/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP