PickUp
スポンサード リンク
4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:32:32.15 ID:tf2n4awa0

最初から

良純「ハァハァ…ハァハァ…くっそ!なぁんだよこれぇ!!まだ吸血鬼の野郎おってきやがるよぉ~」

吸血鬼「ハーハーハー待て人間…」ガサガサ

良純「あっあっあっやめろよ~こっちくんなよぉ~う、うわああああ~」ドシャッ


吸血鬼「ハーハーハー捕まえた…」ニヤァ

良純「ぎゃああああああ!!!!」

バリッバリッ…ボキッ!ムシャムシャ…

良純「ア、アッコさんたすけ…」



5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:33:16.87 ID:tf2n4awa0

勝俣「あ!!アッコさん!!!チャアアッッッススス!!!!」

アッコ「おう勝俣!そういえば良純の奴最近見ないやないか。干されたんか?」

勝俣「ちょwwwアッコさんwwwひどいっすねwww俺は知らないッスよ!」

アッコ「なんやお前も知らんのか」

勝俣「サーセン!竹山なら知ってるんじゃないっすか?」

アッコ「おうそうか竹山に電話しよか」

prprprprprpr

ガチャ
竹山「もしもし竹山です!」

アッコ「おう、私や」

竹山「アッコさんおはようございます!どうしたんすか?」

アッコ「お前最近良純何してるか知ってるか?」

竹山「…っ!!よ、良純さんですか?」



6 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:34:00.82 ID:tf2n4awa0

アッコ「ん?何や?何か知ってそうやな…」

竹山「い、いえ…何も…」

アッコ「なんや!歯切れ悪いな!どっちや!!知ってるんか知らんのか!!」

竹山「うっ…(アッコさんにだけは教えようかな…?)
あ、あの…良純さんは…」

アッコ「おうなんや言うてみい」

竹山「出川さんと一緒にひ、彼岸島っていう島に2人で旅行に行きました…が、
もう行ったっきり3か月連絡が付きません…」

アッコ「彼岸島?知らんな~勝俣知っとるか?あいつら私抜きで楽しんどるんかいな!」

勝俣「彼岸島っすか!?んーわかんねえええっす!!!wwww」

竹山「ちょ!アッコさん!周りには内緒ですよ!」



9 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:35:08.96 ID:tf2n4awa0

アッコ「おう悪い悪い!で、そこはどこにあるんや?日本なんか?」

竹山「はい…一応日本みたいです…小豆島を南にずっと行った所らしいです…」

アッコ「へえ。よしわかった。明日からおまえらスケジュール全部キャンセルしろ!
彼岸島とやらに乗り込むでぇ!」

勝俣「ちょっwwアッコさん無茶っすよお!!wwwそんなきゅうn」

アッコ「やかましい勝俣!!!!良純が心配やろうが!!行くでぇ!!」

勝俣「わ、わかりましたwwwッツシャァアアアア!!!乗り込みましょう!」

竹山「わかりました。俺も付いていきますアッコさん…」




11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:36:24.35 ID:tf2n4awa0

出川「くっそ!やべぇよ…まじやべえぇよ!
まゆげ野郎の誘いになんか乗るんじゃなかったよ…あいつら良純さんに何してんだあ?」

良純の死体がある小屋の中

ガサガサ

吸血鬼A「雅様!ご自分の手首なんか切ってこの人間をどうなさるんですか?」

雅「……血を与えて邪鬼にする」ポタポタっ

良純(死体)「……グ!?グぐぐうァ蛾ッツ!!!」

雅「さあ邪悪な鬼となるのだ…人間よ…」



12 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:36:54.17 ID:tf2n4awa0

良純(邪鬼)「フー!フー!ガハッ!」

吸血鬼A「おお!成功ですね雅様!」

雅「ククク…こいつには期待しようじゃないか…」

良純(邪鬼)「ふーふー大分落ちついてきたよぉ…って雅様!!
ん?(なんで雅なんかに様付けを??)」

雅「良純よ…お前は邪鬼となって復活したのだ
これからは吸血鬼側として働いてもらうぞ…」

良純(邪鬼)「(あ~ん?なんだよこれぇめんどくせえなもう)ハッ!わかりました雅様!!」

出川「ウソだろウソだろ!?やべえぇよあのまゆげ邪鬼になっちまったよ!
レジスタンスのみんなに知らせなきゃ!!」タタッ



14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:37:59.57 ID:tf2n4awa0

船の上

アッコ「がはは!アッコにおまかせは全部峰にやってもらうことにしたわ!」

勝俣「峰さん顔面蒼白でしたねwwwミネにおまかせっすか!1www」

竹山「あ…アッコさん!あれです!あれ彼岸島みたいです!」

アッコ「お、やっと到着かいな。よっしゃ乗り込むでぇ!
良純と出川まっとれよ!ほら勝俣も行くで!」

勝俣「すっげぇぇぇぇ!!ここが彼岸島っすか!!!」

竹山「この人うるさいなあもう」



15 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:38:02.29 ID:Nd3W8KXv0

死体も吸血化によって生き返ることあんの?


16 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:39:08.01 ID:tf2n4awa0

彼岸島上陸

アッコ「ん…?なんや?人がようけおるぞ?ここ無人島ちゃうかったんか竹山?」

竹山「……アッコさんすみません!!!」ダダッ

アッコ「おい!竹山!…なんやあいつ急に走り出しよったで」

勝俣「ちょちょちょwwwそれよりアッコさん!!この人達の歯見てくださいよ!
牙生えてるっすwww牙wwww」

アッコ「ああん?ほんまやw牙生えとるがなwwなんや?映画の撮影かなんかか?

吸血鬼G「ふしゅーふしゅー」ガバッガブ!

アッコ「あんっ…なんやのいきなり首に噛みついてきて!」

勝俣「ちょwwアッコさん色っぽい声出さないで下さいよwwww」

吸血鬼G「…!?(すっげえ硬い…血が吸えねえ)」



18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:39:45.62 ID:tf2n4awa0

アッコ「ああもう!!なんやの!!」ボコッ!

吸血鬼G「グハッ!(なんてパワーなんだ…人間じゃねえ…)」ドシャ

吸血鬼B「おいおい人間相手に何してんd…!?し、死んでる…
俺たち吸血鬼は首が千切れないかぎり死なないのに…!」




19 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 01:40:23.73 ID:AWxK2kaHO

アッコさんなら師匠以上の働きをしてくれる


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:40:24.29 ID:tf2n4awa0

アッコ「あんたらなんやの!?」

吸血鬼J「俺たちは吸血鬼だ。人間の血を吸って生きている」

勝俣「あ…アッコさん…アッ」プシューじょろじょろじょろ

アッコ「勝俣wwwwしょんべん漏らしてるでwwwww」

吸血鬼J「俺たち吸血鬼に噛まれたらしょんべん、涙、鼻水諸々勝手に出てきて
体が痺れて動かなくなるんだよ…お前はそうならなかったがな」

アッコ「なんやて?おい!そこの吸血鬼!勝俣を離しいや!!!」ダッ




21 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:41:44.61 ID:tf2n4awa0

後に命かながら生き伸びた吸血鬼はこう言う

吸血鬼「あいつは化け物だったよ…俺たち吸血鬼は30人いたのに生き残ったのは俺だけ…
え?雅様とどっちが強いかって?…それは雅様だと思う…いや、自信ねーわ」

第一部完


ここまでが昨日殴り書きした所です
死体も吸血鬼の血を浴びれば生き返ります


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:43:14.29 ID:tf2n4awa0

第2部

アッコ「ハァハァ…勝俣!しっかりしいや!あそこの湖で一旦休憩や!」

勝俣「うう…すんませんアッコさん…体がまだ言うこときかねえっす」

アッコ「ええからええから。よいしょっと。勝俣、ほら水や水」ちゃぷっ

勝俣「ありがとうございますアッコさん…ゴクゴクゴクッ…
うっっっっっっっまああああああああwwwwwwwwwアッコさん俺復活したっすwww」
「ほら!!!体動きますもん!!!wwwwシャッシャッ!!!!!www」

アッコ「いきなり大きい声出しなやwwまあよかったわ。
それにしてもあいつら吸血鬼とか言ってたな…」

勝俣「なんなんすかね、あれ。なんか人間の血を吸って生きてるとか言ってませんでした?」

アッコ「あぁ言うてたな。もしかして良純と出川はあいつらに捕まってるんとちゃうか?」

勝俣「そうかもしれないっすね…あっ!そういや竹山はどこ行ったんすかねwww」




24 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:44:55.95 ID:tf2n4awa0

>>23
3割くらい一緒w

アッコ「おうそういえばいきなりどっか走り出していきよったな」

勝俣「なんかすんませんとか言ってましたし、もしかして
最初から僕達をここに連れてくるつもりだったんじゃ…」

アッコ「!!!勝俣!!伏せや!!」

勝俣「シャスッ!!!」

ヒュッ!!ドゴォ!!!!!!!

アッコ「なんや!?なんやえらいどでかい丸太が飛んできたで」

勝俣「っっっぶねえ!!!誰だよ!!」

???「えっ!??アッコさん??…と勝俣!?」

アッコ「あん?なんで名前知ってるんや?そのグラサンとマスク取りや!!」

???「俺です…俺です…アッコさぁん」ペラ…

アッコ「…出川!?出川やないか!」





26 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:46:22.45 ID:tf2n4awa0

出川「アッコさん…助けに来てくれたんすか?」

アッコ「おう!そうやで!良純とお前をな!で、その良純はどこにおるんや?」

出川「ズミさんは…1ヶ月前に…くっ!1ヶ月前に吸血鬼に殺されました!!
でも雅によって生きk」

アッコ「なんやて!?殺された!?どこの吸血鬼や!!そいつブチ殺したるわ!!七祭りの刑や!!!」

勝俣「ちょっちょwwアッコさんwwまだ続きあるみたいっすよwwwそれに今パチンコ関係ないっすwww」

出川「勝俣ありがとうな。ズミさんは雅という吸血鬼の大将によって邪鬼となって
生き返りました…」

アッコ「邪鬼?なんやのそれ?吸血鬼とはまたちゃうんか?」

出川「はい…邪鬼というのはそこらの吸血鬼とは強さが全然違います」

アッコ「ふうん…なるほどな…まあ良純がなんにせよ生きてるんやったらええわ
なんとかなるやろ」

勝俣「アッコさん軽いっすねwww」

出川「とりあえずここは危険なんでレジスタンスの村に行きましょう。
そこは人間しかいないんで大丈夫っす…それに師匠にも会わせたいですし」

アッコ「?おうほなそこいこか」



27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:47:16.92 ID:tf2n4awa0

レジスタンスの村

出川「おーい!帰ったぞ!」

村人「おう出川さん!お帰り!っとその後ろの人達は?」

出川「あぁ紹介する。和田アキ子さんと勝俣州和だ」

勝俣「ッッシャァァッッス!!!!!!!!」

アッコ「勝俣やかましい!どうも和田や。アッコでええで」

村人「どうもアッコさん…と勝俣さん。ようこそレジスタンスの村へ」

アッコ「おう世話んなるで!」

出川「まあ挨拶はこの辺にして…アッコさん師匠と会ってみて下さい。あ、
勝俣はあっちの小屋に布団引いてるからゆっくり寝ておいてくれ」

勝俣「あざす!!!遠慮なく寝させてもらいあっす!!!!」

出川「じゃ、行きましょうかアッコさん」




28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:48:53.70 ID:tf2n4awa0

地下部屋
牢屋前
???「がああああああああああああ!!!!!うがあああああああ!!!!」

アッコ「なんやこのでかいのww私の二倍はあるやん??それにお面なんかしとるでwww」

出川「師匠の発作が治まったようです!!みんな!!早く!」

村人「お頭の正気が戻られた!!手枷を外せ!!!」

ハーハーハー ジャリジャリッ

出川「師匠お久しぶりです」

師匠「出川か…まだ生きていたか」

アッコ(師匠?こいつが出川の師匠かいなwwごっついなww)

師匠「ん?なんだこやつは。ワシに何かようか小僧」

アッコ「!?」

出川「し、師匠ww髪型その他諸々男みたいっすけど女性ですw」

アッコ「あんた…レディに向かって失礼やなあ!!ナナッマツリッ破ァ!!!」ボゴォ!!!

師匠「ガハッ!!ウググ…(なんだこのパンチの重さは!こやつ…
こやつなら雅の首を取れるやもしれん!!)」




30 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:49:56.45 ID:tf2n4awa0


出川「ちょちょアッコさんやべえよ今のは!(あの師匠がこんなにダメージを受けるなんて…)師匠!!この方は和田アキ子さんです!この島の救世主となりうるお人です!」

師匠「いや、すまんかった。女性には優しくしないとな…で、その和田とやら」

アッコ「アッコでええで!」

師匠「う、うむ。してアッコとやら何か用か?」

アッコ「私ら吸血鬼とかどうでもいいから帰りたいんやけど」

師匠「…この島からは雅を倒さん限り出られない。島を囲う様に邪鬼が
潜んでおるんじゃ…そやつらは雅のテレパシーで操られておるんじゃ」

アッコ「ふーんなるほどねえ」

レジスタンス幹部「お頭!!!こっちの方に吸血鬼が向かってきております!!
お急ぎになって下さい!!!」

師匠「我々の居場所がばれたっていうのか?」

幹部「いえ!偶然彷徨ってきたようです!」

師匠「よし、ちょっと見てくるか…アッコ!話は後だ付いてこい!」



31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:52:11.71 ID:tf2n4awa0

寺付近
吸血鬼「アガガ…誰かいねえのか?ハァハァ…いやだ…助けてくれ…
化け物にはなりたくねえ…」
アッコ「なんや?あの吸血鬼えらい弱っとるな」

勝俣「シャーッシャシャシャwwwほんとっすねwwww」

アッコ「あら?あんた寝てたんやないんかい」

勝俣「いやーやっぱ興奮して寝られないっすよwwあ、アッコさん!
あいつの様子が変ですよ!!」

吸血鬼「うぅ…か、顔が割れる…グギギッガァアアアアアアアア!!!」ボコォ!!

アッコ「あいつ顔からまた色んな顔出てきたでww気持ち悪いなww」

勝俣「wwwwwなんすかこれwwwwwキッッッモ!!!wwww」

師匠「アッコとやらさっきの話の続きじゃが、この島を出たいんじゃな?
なら一緒に雅を倒さないか?雅を倒せば帰れるぞ」

アッコ「…わかったで。雅とやらを倒せばええんやな?」

師匠「うむ。感謝する。ではまずはあの醜悪な邪鬼のなり損ない亡者を退治せんとな。
早く始末せんと別の亡者を呼び寄せるやもしれぬ。やれるかアッコ?」

アッコ「めんどくさい。勝俣行ってこい!」
勝俣「シャァァアアアアアアッス!!!!!!!」
師匠「あ、ちょっ」



32 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:53:39.16 ID:tf2n4awa0

勝俣「くっせえなぁwwwこの亡者ってのwwwソイヤソイヤッ!!!!」ボゴォ!!!!!

亡者「ァ蛾が…!エエェエエ…」

勝俣「こいつ…泣いてる?アッコさんこいつ泣いてますってwwww」

亡者「エエエエエエ…」

勝俣「あーーもう!!しつけぇ!!」グシャッ

出川「ちょっとちょっと勝俣やべえぇよそれ!」

亡者「エエエエエエエエ…」

師匠「勝俣とやら!どくんじゃ!亡者は徹底的に潰さんと仲間を呼びおるんじゃ1!」グシャッグシャッ

師匠「く…」ポロッ

勝俣「アッコさあん!!このでかいのも泣いてますww」

出川「レジスタンスの連中は俺たちとは違う立場なんす…彼らはかつての
仲間と殺しあってるんす…吸血鬼もレジスタンスも元はこの島の人間なんすよ」

アッコ「ふーんなるほどなぁ」

出川「そして、あの師匠はこの島の長だったんです」

師匠(すまぬ!すまぬ!すまぬ!!)グシャッグシャッ


33 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:57:16.86 ID:tf2n4awa0

師匠「わしはこんな所で死ぬ訳にはいかんのだよ。必ず雅からこの村を取り戻す!
お前の死は無駄にはせん!誰か袋を持ってこい!この亡者をつめておけ!」

勝俣「このおっさん強いっすねwww」

アッコ(まあまあやるやん。まあ私の方が1000倍強いけどなw)

師匠「気を抜くなよアッコよ!次が来るぞ」

アッコ「次は私一人で退治したるわww」

師匠「ふむ。頼もしいな」

ガサガサガサガサ

師匠「きおったぞ!構え!!…何!?あれは亡者ではない!
邪鬼だ!!」

良純(邪鬼)「は~なんで俺がこんなとこまで来なきゃなんねーんだよぉ~」



35 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 01:58:34.66 ID:tf2n4awa0

アッコ「ああ!!良純やないか!!」

勝俣「うわあああああwwwww良純さんでっかくなりましたねえwwwwwwww」

良純「え?え?え?アッコさんに勝俣ぁ!?それに出川も!」

師匠「こやつ…良純か?出川!」

出川「はい…ズミさんっす…姿はまるっきり違いますが、あのまゆげを見てください」

師匠「ふむ。良純だな間違いない」

良純「お頭…すみません…こんな姿で戻ってきちまって…雅様の命令でこの村を潰しにきたんすよぉ~」

アッコ「良純!!それはさせへんで!!私が目を覚まさせたる!!」

良純「えぇ~アッコさんとやりあうのぉ~絶対勝てねえよぉ」

アッコ「やかましい!いくで!!!破ァ!!!!」グシャァッ!!!!




36 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:00:42.57 ID:tf2n4awa0

良純「グハッ…最後にアッコさんにまた会えて…よかったっす」ドシャッ

師匠・幹部・出川「一発!?」

勝俣「うっわwwwwアッコさんの20%パンチえぐいっすねwwwww」

師匠(あれで2割の力じゃと…なんということだ…)

アッコ「まあなwあ、でっかいおっさん!お前に喰らわしたのは5%やでwww」

師匠「…(こやつが味方でよかった)」

???「良純さん…その程度で寝てたら雅様に怒られますよっ」

アッコ「あいつ!!今までどこいってたんや!!!!竹山!!!!」



39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:02:33.88 ID:GruD2DNtO

丸太使ってないのか…


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:02:53.69 ID:tf2n4awa0

竹山「アッコさん勝俣さんすんません!」

師匠「出川あやつは何者だ?知り合いか?」

出川「あいつは竹山って奴っす…俺とズミさんをこの島に招き入れた張本っす!!」

アッコ「なんやて!?…なるほどな!!最初から私と勝俣をここに連れてくる予定やったんやな!!」

竹山「ククク…いやーあんなに早く釣れるとは思いませんでしたよww
実は2年前から吸血鬼側の人間だったんっすよww今は邪鬼使いっすww」

アッコ「邪鬼使い!?おっさん!なんなん?」

師匠「邪鬼使いとはその名の通り邪鬼を操ることが出来る吸血鬼じゃ…
雅以外で唯一邪鬼を扱える」

竹山「そういうことっすwwwさっ良純さん起きて下さい」

そう言いながら竹山は良純の頭に手を突っ込み脳みそを直接握った

良純「いたたたたたた!!!痛いってば!!!!!」

勝俣「うっわwwwすっげえ痛そうwwwwwwwwwww!!!」

師匠「復活しおったぞ!!なんということだ…やはり首を落とさない限り死なんのか」
竹山「そういうことっすねwwさあ良純さんやっちゃいましょうw
出川「あわわわわやべえよやべぇよ!」




41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:04:39.92 ID:tf2n4awa0

アッコ「まちや!!!!!私が相手やで!!!!」

良純「えぇ~アッコさんはもう勘弁してよぉ~」

竹山「たしかにアッコさんはきついっすね。良純さんちょっともっかい脳みそいじくりますよ?」ズボッぐじゅぐじゅぐじゅ

良純「いったい!!痛いってば!!!!」

竹山「はい。終りです。本来の10倍は力出せるっすww」

良純「あら?あらら?確かに力ミナギッテきたよォ!?」ググググ

勝俣「あのまゆげまたおっきくなりやがったwwwwwww」




44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:09:49.38 ID:tf2n4awa0

良純「フシューフシューん~なんだか気分がいいよ竹山ァ明日の天気は晴れだと思うよォ~」

アッコ「ごっつなりよったなーま、40%パンチで一発やろwwいくで!!!破ァ!!!
」ドゴシャッ!!!

良純「んがあぁ!!!痛ってええ!!やっぱアッコさん無理だよ~竹山ぁ~」

アッコ「これでトドメや!!ナイフ!!!!!」グシャッ!!ブシュー

出川「えぇ!?」

勝俣「うっはwwwアッコさんその技wwwwアニメのwwwww」

アッコ「朝テレビでやってんの見て真似てみたんやww」

ポロっ
ドシャ…

竹山「あ、あ、あ、ひいいいいいいいいいい!!良純さんの首とれちったよ!!」

良純(首)「ァガガ…アッコさん…早く楽にして下さい…」

アッコ「!!まだ喋れるんかい!今楽にしたるで!」

良純(首)「ハァハァ…アッコさん…雅の首ィ取って下さ…い…ね…」

アッコ「くっ…約束するで良純!!その雅とかいうの絶対しばいたる!ほなまた来世でな!!!」グシャ!!!!


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:15:11.64 ID:tf2n4awa0

師匠「よくやった…アッコ」

アッコ「ふん!薄々気付いとったけどああなったらもう元には戻らんのやろ?」

師匠「ああ、そうだ。ああなってはもう戻らぬ」

竹山「gkbr」

勝俣「竹山すっげぇ震えてるwwwww」

アッコ「竹山ぁ…説明不要や!!お前もしばきやで!!!」

師匠「待て!こやつは殺してはならん!!何か情報を持ってるやもしれぬ」

アッコ「なるほどな。竹山!雅の居場所知ってるんやろ?吐きや!」

勝俣「アッコさん怖っえええええええwwwwwww」

竹山「うぅ…やっぱアッコさん連れてきたのは間違いだった泣もう全部吐きますから
許して下さい!!」

アッコ「あーん?まあお前を許す許さんはまた後や!雅はどこにおるんや!」

雅「くくく…ここにいるが?」



49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:17:00.10 ID:iVcursbG0

アッコさんすっげえええええ!


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:20:51.83 ID:Nd3W8KXv0

雅逃げて・・・


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:21:59.30 ID:tf2n4awa0

師匠・出川・幹部「み、雅!!!!!!!」

勝俣「なんすかこいつwwww髪真っ白じゃんwwwwww」

アッコ「お前が雅かいな!!よくもノコノコ出てきたなぁ!!ここででヤッたるわ!!
覚悟しいや!!!!ナイフ!!!!!!!!」ヒュッ!!!

キーン!!!!
雅「ううん…中々いい攻撃だ…」

アッコ「扇子で受け止めたやて!?出川!こいつはどういうことや!!」

出川「雅が持っている扇子…あれは鉄で出来た扇子、鉄扇です!」

アッコ「私の技がきかんやとぉ?」

雅「まあ、慌てるな人間よ…今はお前の力がどんなモノか計りにきたのだ。
お前は一人で吸血鬼29体を殺したそうじゃないか。やはりその力は本物みたいだな」



52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:24:44.41 ID:tf2n4awa0

アッコ「なら…私の70%でしばいたるわ…ぐううううう…」ビリビリッムキムキムキ

勝俣「ちょちょちょwwwwwアッコさん上半身の服破れてますってwwwwwwてかアッコさん乳首すっげえピンクっすねwwwwwwww」

アッコ「ぬぐぐ…やかましいで…勝俣ァ…」

勝俣「ってwwwwアッコさんwww背中にwww鬼みたいなww貌が浮かび上がってますってwwwwwwwwwww」

雅「!?この雰囲気はまずそうだな…竹山!ひとまず帰るぞ」

竹山「ひ、ひいいい!!わかりました雅様!!!」

アッコ「あ!まちや!」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:31:00.53 ID:tf2n4awa0

2ヵ月後

勝俣「ソイヤッ!!ソイヤッ!!」

アッコ「破ァ!破ァ!!」

師匠「アッコ、州和調子はどうだ?」

勝俣「抜群っすねwwwアッコさんに稽古付けてもらってるんでww稽古ん時はキンちゃんより恐いっすけどねwww」

アッコ「ふー今日はこの辺にしよか勝俣」

勝俣「ッシャス!!!!」

アッコ「勝俣、お前はまだまだや。まだ私の20%くらいの力しかあらへん。これじゃああの雅には勝てへんで」

勝俣「いや、雅とヤり合うのはアッコさんでしょwwwww僕はその他の雑魚吸血鬼
をしばきますよ!!」

アッコ「それもそうやなwwあの時70%出す前にあいつ逃げよったしなww」




57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:31:48.69 ID:tf2n4awa0

勝俣「あきらかビビッてましたねwwww」

師匠「そうだアッコ…お主501ワクチンというのは出川から聞いてないか?」

アッコ「501ワクチン?なんやのそれ」

師匠「ふむ、聞いとらんか。雅は首を落としても不死身なのは先日教えたな?
その501ワクチンがあれば一時的に雅の不死身能力を使えなくさせるんじゃ…
そしてそれはある坑道の中にあると伝えられておる…」

アッコ「ふーん。まあそんなんいらんけどなww」

勝俣「シャシャシャwwwwwww」



59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:35:10.77 ID:tf2n4awa0

>>58即吸血鬼にはなるけど邪鬼にはならないですw

師匠「い、いやいくらお前でもそのワクチンがないとな…」

アッコ「破ァ!!!!!いらんって言ってるやろが1!!!
その仮面カチ割るぞ?」ユラァ~

師匠「す、すまん…お主がそういうのなら…」

勝俣「師匠も大変っすねwwwww」

アッコ「私ははよ帰りたいんや!もう峰も限界やろしなwそのワクチンとやらを
探しとったら余計時間食うやろ?だからいらん!」

師匠「そ、そうか…わかった。お主の好きにするがいい。お前がいないと雅も倒せんしな」

アッコ「わかったらええんやおっさん」



61 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:38:40.09 ID:tf2n4awa0

1ヵ月後
雅のいる五重の塔

アッコ「いよいよやな」

勝俣「そうっすねwwまあ一瞬で終わるっしょwwwww」

アッコ「そうやな…出川も気合入れや!」

出川「はい!アッコさん!この塔には各階に門番がいるみたいっす!そいつらも倒していきましょ!」

アッコ「おう!ほな行くで!!良純の仇取りにな!!」



62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:41:30.70 ID:A7pYJH8Q0

アッコの20%って
カツマタも大概化け物じゃねぇか


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:43:29.64 ID:tf2n4awa0

五重の塔一階

コツコツコツ

アッコ「なんやここには」

出川「なんすかね?なんか寒いような…」

勝俣「出川さんおでん食いますwwwwwwwwww?」

出川「いらねえぇよ~」

ガサガサ

アッコ「ん?なんや?後ろになんかおるんか?」チラッ

姫「アアアアアアアア…」



65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:43:57.33 ID:tf2n4awa0

出川「ひ、ひいいいいいいいい!!!!!」

勝俣「なんだこいつwwwwすっげえブスwwwwwっていうかムカデみてえ!!!!
それに体中おっぱいだらけじゃんwwwww!」

アッコ「出川どうしたんや!」

出川「2人とも!あの姫とは絶対目を合わせないで下さい!!」

勝俣「出川さんww姫ってなんすかwwwwすっげぇブスっすよwwww」

アッコ「なんでや!出川!」

出川「姫ってのは皮肉だよぉ!やべえぇよまじやべえぇよ!目を合わせたら即襲ってきますんで!絶対合わせないで下さい!!」

アッコ「遅いわ!振り返った時からおもいっきり目おうとるわ!!」



67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:48:22.96 ID:tf2n4awa0

姫「アアアア…」プシュー!プシュー!!

ジュッジュッ

勝俣「うおっ!!こいつ母乳飛ばしてきやがったwwwwww!!」

出川「2人とも気をつけて!!その母乳は酸です!!ってアッコさん!!
おもいっきり浴びてますって!!!」

アッコ「ん?なんや喉渇いてきたからな。水分補給やw」ゴクッゴクッ

勝俣「アッコさんすっげぇ!!!酸飲んでるwwwwww!!!」

出川「やっぱアッコさん最強だわ~」

アッコ「んー味はまあまあやな!ちょっと酸味が利いとるけどええ乳や!!」

姫「…アアア…アアアア…」

アッコ「出川!こいつしばかな上の階行けないんかいな?」

出川「そうっす!そうっす!」

アッコ「ふーん。よしわかった!この3ヶ月で編み出した技試してイクで!!」




70 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:52:01.97 ID:tf2n4awa0

アッコ「破~~~~~今や!!!!5連釘パンチィ!!!!!!」ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!

姫「アギャギャギャ!!!!」ドッスーン

勝俣「っちょwwwwアッコさんwwwまたww」

アッコ「ええやろ?この技wさあトドメやで!!フライングナイフ!!!」

シュッ!!ドシャッ

出川「やっべぇ…あのぶっとい姫の首千切れちゃったよ」

アッコ「まあこんなもんやなw」

勝俣「アッコ酸!!一生付いていきやす!!!!!」




71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:53:02.36 ID:yy5LwtiS0

アッコ酸wwww


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:53:28.85 ID:sgy58+yx0

おいアッコの薄いピンクの乳首から母乳が噴出すさまが連想されるからその誤字はやめろ


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 02:54:49.07 ID:v00z/6oN0

>>72
テメー…絶対許さねぇ…


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 02:56:19.18 ID:tf2n4awa0

2階

アッコ「ん?なんやここは前面鏡張りやな」

出川「なんすかねここ…それに迷路みたいっすね」

勝俣「やーい!巨人女!悔しかったらここまで来てみろwwww!!」

アッコ「あん!?なんや勝俣ァ!覚悟出来てるんやろな!?」ヒュッ!ドゴォ!

アッコ「なんや?鏡に写った勝俣かいな!どこにおるんや!ええーい
うっとうしい鏡や!!全部カチ割ったる!!」バリーン!バリーン!

出川「ちょちょちょアッコさぁん!無闇に破壊なんてして罠なんかあったら
どうするんすか!!ってアッコさんアブねえ!!」

ブンッ!!ガキーン!!

アッコ「んお!?ごっちゅいおにょとんでひたで」

勝俣「アッコさんすっげぇ!!でっけえ斧歯で食い止めたwwww!!!」

アッコ「あ!勝俣!見つけたで!!おしおきや!!」

勝俣「サーセンっすwwwwww」




75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:01:10.15 ID:tf2n4awa0

前面→全面

アッコ「ここにはボスおらんのかいな?」

出川「どうなんすかね?無闇に鏡壊せないし、この迷路進んで行きましょうか」

ボンッボンッ

出川「!?」

ボンッボンッ

出川「うっわ~まじやばいっす!この階にあいつがいたなんて!!」

アッコ「出川これなんの音や?」

ボンッボンッ

出川「マリをつく音っす!大きな目を持つ女の子がマリをついてるんっす!」

アッコ「なんや?何を恐がることがあるんや」

ボンッボンッ

出川「うわ~きちゃったよ!!」

まり子「ねえ遊ぼう?まり子と遊ぼう?」



79 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 03:07:29.09 ID:Kv3JpUTs0

笑いすぎて眠気ぶっ飛んだわ


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:30:30.14 ID:tf2n4awa0

保守ありがとうございます!
全然思い浮かばない…

勝俣「なんだこいつwwwすっげえ目がでけえww!一つ目小僧かよwwww!!」

まり子「あははははあはははははは!嬉しい!この塔に三人も遊びに来てくれるなんて!」

勝俣「うっせえよブスwww!この塔には不細工しかいねえのかよwww」

まり子「雅様はこの階に来た者は全て私の好きにしていいと言ってくれた。
3人とも私のおもちゃになってもらうね」

アッコ(ん?なんや?この卵の腐ったような臭いは)

出川「ひ、ひい!!こっちくんな!!」

アッコ「なんや?こんなちっこいやつにびびっとったらあかんでw
…ん!?なんや!?いきなりでかなりおったで!!」

勝俣「でっかくなってもブスはブスだなwwww」




85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:31:45.81 ID:tf2n4awa0

まり子「あはははは!!私と遊ぼう!?」ガッ

アッコ「う!しまった!捕まってもうたで!」

まり子「うふふふ美味しそう…」

勝俣「やべえぇ!!この島来て一番のピンチだ!!」

まり子「いただきま~す」

出川「(これは!)アッコさん!!すんません!」ブスッ

アッコ「痛った!なんやの!ってあれ?まり子がちっちゃくなっとるで」

出川「2人とも今の内に逃げますよ!ほら!勝俣も!」ダダッ

勝俣「あへへ~」

アッコ「なんやなんや?出川説明しt」

出川「後で言いますから!早く!」



86 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:32:59.07 ID:tf2n4awa0

アッコ「どういうことや?まり子がいきなりおおきなった思ったら、
すぐに元に戻ったり」

出川「あれは幻覚っす」

アッコ「え?」

出川「まり子の奴は催眠効果のある息を吐くんです。掛かった者は眠りながら幻覚をみるんです。幸い僕は軽くかかっただけなんで目を覚ましました」

アッコ「それで私を起こすために足に短刀刺したんかいな」

出川「そうっす。ああするしかなかったんです。すみません」

アッコ「気にすんな!ありがとうな!」

出川「いえ。それよりもうあの臭いには気をつけて下さいね
次にかかったらもう最後かも知れないっす」

アッコ「おう!大丈夫や!それよりこいつはまだ目が覚めんのかいなw」

勝俣「すっげぇ…今日のアッコさんめっちゃ可愛いっす…」



88 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:35:28.11 ID:tf2n4awa0

アッコ「いい加減起きいや!!」ゴンッ!

勝俣「!?いってえぇ!!!んあれ?僕寝てました?なんだか不気味な夢をみていたような…」

アッコ「おう勝俣!起きたか」

出川「さ、先を急ぎましょう。まり子には構ってられないですし。あ、勝俣卵が腐ったような臭いには気をつけるんだぞ?」

アッコ「そうやなwほな行こうか」

勝俣「シャス!!!了解っす!!!」

テクテクテクテク

出川「おっかしいな~歩いても歩いても3階へ行けないっすね~」

勝俣「まさかこれも夢の中なんて…シャシャシャwwwwwん?この
卵の腐ったような臭いは?」

出川「むにゃむにゃなんだか眠くなってきた…」

勝俣「zzzzz」

アッコ「………」



90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:41:02.85 ID:tf2n4awa0

まり子「うふふ…捕まえた…簡単に3人捕まえたよー
これで新しいおもちゃが三つもできた…うふふふふふふふ」

まり子の部屋

まり子「うふふ♪うふふ♪今日はいい日ね♪」

勝俣「むにゃむにゃ」

出川「ぐごーぐごー」

アッコ「………」

まり子「さあどのおもちゃから遊ぼっかな?んーまずはこの短パンね♪手足を千切った時に元気な悲鳴が聞けそうね♪」

まり子「さ、こっちに移動させてっと…」

勝俣を天井からぶら下がっているロープに縛ろうとするまり子

まり子「ルンルン♪」

アッコ「そこまでやで!!!まり子!!!!」




91 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:43:11.66 ID:tf2n4awa0

まり子「!?」ビクッ

まり子「あんた…幻覚は!?見てないの?」

アッコ「がはは!この私が2回もあんたの幻覚をみるかいなww」

まり子「あんた…人間のくせに化物染みてるわね…もしやあんたがあの【アッコ】?」

アッコ「あん?そうや私がアッコやけど?つまらんお喋りなんかええねん!
そこの短パンから離れえや!!!」

まり子「そうね…あのアッコを殺せば雅様も振り向いてくれるかしら…」



92 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:48:07.22 ID:tf2n4awa0

アッコ「なんややる気マンマンやな?ほないくでぇ!!ナイフ!!!」ズバァ!!

まり子「グフッ…まだまだこんなものじゃ死なないわ…いくわよ!すーーーーはーーーーーーーーーーーー」

アッコ「ん?あの幻覚見せる臭いか?(こんなもん息止めてまえばしまいやww
残念やったな!私は30分間無呼吸運動が出来るんや!トドメやでぇ!!レッグナイフ!!!!!)」

まり子「あぎゃああああああ!!!!!(雅様…)」

スパァン!!
ドシャッ…

アッコ「ふーやったで!おいあんたら起きいや」ぺちぺち

勝俣「アッコさぁん…すっげぇっす…」zzz



93 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:48:38.85 ID:tf2n4awa0

出川「アッコさんすんません!」

アッコ「ええんやええんやw一回目はお前に助けられたしなw」

勝俣「アッコさんやっぱ最強っすねwwwwwwww!!!」

アッコ「さあ!3階行くで!さっきまり子の部屋に隠しスイッチあったん見つけたんや」

出川「はい!行きましょう!!」



94 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 03:49:03.50 ID:iXo4eTl40

アッコ強すぎww


95 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 03:52:23.20 ID:tf2n4awa0

やばい尽きた

3階

アッコ「さーて!この階にはどんな化もんがおるんかいな?」

勝俣「シャッシャwwアッコさん以上の化物はいないっすよwwwww」

アッコ「やかましい!」ゴンッ!

勝俣「いってぇ!ww」

出川「ん…?あれは…?」

ふかわ「……」

出川「アッコさん!あれ!ふかわじゃないっすか?」

アッコ「んー?ふかわ?どこにもおらんでwというかこんなとこにあいつがおるわけないやんwww」

出川「そうっすよね…(おかしーなーたしかにいたはずなんだけど…)」



96 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 03:56:45.22 ID:pBsV8+CF0

ここにきて新キャラwww


97 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:03:32.38 ID:tf2n4awa0

ふかわ「……ティンッ!…」

出川「!アッコさん!勝俣!何か聴こえなかっすか?」

アッコ「いんやーお前もしかしてまだまり子の幻覚見てるんちゃうか?ww」

勝俣「シャシャシャシャwwwwwわけねえっすwwwww」

出川「おっかしーなー…」


98 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:05:27.67 ID:tf2n4awa0

アッコ「ま、そんなことよりここにはボスおらんみたいやし、一旦休憩しよか!」

勝俣「そうっすねwww休憩しましょww」

出川「そう…ですね…」

3人はしばし束の間の休息を味わった


101 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:11:01.34 ID:tf2n4awa0

アッコ「おまえら…ようみときいや…おもろいもんみしたるわな…」

勝俣「なんすかなんすかwwwそのボクシングポーズは!wwww」

アッコ「もうちょいやもうちょい」ユラァ~

出川「これは!!」

勝俣「し、伸介さんじゃないっすかwwwwwwおはざまああっす!!」

アッコ「アホwこれは幻影やがなw私くらいなるとシャドー作りだせるんや」


102 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:15:20.08 ID:tf2n4awa0

やばいっすw

勝俣「シャシャシャwwwまじアッコさん化もんっすねwww」

アッコ「がはは!たまにこうやって伸介作り出して殴っとるんやww」シュッシュッ!

伸介(幻影)「あかんて…アッコさんあかんって…そんなパンチ素敵やん」

勝俣「wwwwこの幻影喋るんすねwwww」

アッコ「な?すごいやろ?w」



105 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:18:09.92 ID:sgy58+yx0

>>102の伸介なら好きになれる


104 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:16:36.88 ID:tf2n4awa0

結局3階4階には吸血鬼はおらず、ついに雅がいる5階へと歩を進めた3人であった

コツコツコツ

アッコ「きたで!!!雅!!!!」

出川「うお!アッコさん声おっきいっすw」

勝俣「シャシャシャシャwwwwwww」

アッコ「はよでてこんかい雅!!!!!」

コツコツコツッ

雅「やぁ…アッコとその他諸々」

勝俣「出川さんwwwその他諸々だってwwww」

出川「勝俣お前もだよ!」

アッコ「さあ早速やけどはじめよか!!!2人とも下がっときいや!!!」

勝俣「シャスッ!!こいつ倒して早く帰りましょう!!!」



106 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:18:11.87 ID:tf2n4awa0

アッコ「破ァ~~~~~5連釘パンチィ!!!!!」ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!ボゴォ!

雅「ヌグゥッ!!(3ヶ月前とパワーが全然違う!)」グシャ!グシャ!!

勝俣「やっぱアッコさん人間じゃねえなwwwww」

出川「やべえぇよ雅の奴、腸とか飛び出してるよww」

アッコ「なんや?もうしまいか?お前不死身なんやろ?」

雅「ぐぐぐ…」ウネウネウネ

勝俣「なんだあれwww!!!腸が雅の体に戻っていきやがるっwwwwww」

雅「その通り…私は不死身だ…」ウネウネウネウネ

アッコ「気持ち悪い体しとんのうwまあええ。再生することすら無理なくらい木っ端微塵にしたらええんやろ?」ニヤァ

出川・勝俣「アッコさん怖っええええええええ!!!!!!」

アッコ「この前見せられなかった70%…いや最後やし100%みせよかw
…いくでぇ!!!墳ッッッ!!!!」ぐにゃあ~

勝俣「すっげえぇ!!アッコさんの周りの空間が歪んでるよwwwww!!!!!!」




107 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:22:04.41 ID:tf2n4awa0

アッコ「破ァ~~~~~~~~」ビリビリッ

出川「アッコさんまた服破けてますってwwってその構え…もしや!!!」

雅「gkbr」

アッコ「ええ感じや!!!きてるできてるで!私の体の中の間接ようけ増えてきたわ!!
いくでぇ……これがフルパワーのマッハ突きやァ!!!!破ァ!!!!!!!」ヒュン!!

勝俣「うお!?まぶしっwww」

出川「まぶしっ!!」

アッコ「…どうや雅!!…ってwww本気出しすぎて雅跡形も無く消えてもうたがなwwww」

勝俣「アッコさんwwwwどんだけっすかwwww」

出川「やべえぇよアッコさんやべえぇよ泣」

アッコ「な?ワクチンなんかいらんかったやろ?w」

勝俣「そうっすねwww師匠に報告しにいきましょうかwwww」

出川「帰りましょう!!」



108 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 04:24:18.02 ID:mXolq07x0

投げやりwww


109 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 04:24:44.25 ID:tf2n4awa0

レジスタンス本拠地

師匠「なん…じゃと…?ワクチン無しで雅を倒したとな?」

幹部「よくやってくれました!アッコさん、出川さん、勝俣さん!」

勝俣「シャーッシャシャシャwwww俺ら何もやってねえっすwww」

アッコ「いや、おまえらがいてくれたから本気出せたんや…ありがとうなw」

師匠「アッコよ…よくやってくれた…雅の奴はどうやって死んだのだ?」

勝俣「アッコさんのマッハ突きで跡形も無く焼け焦げましたwwwww」

師匠・幹部「」



110 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:26:12.81 ID:tf2n4awa0

帰りの船の上

出川「アッコさん達が来てくれてほんと助かりました!」

アッコ「なーに、ちょっとした暇つぶしやがなwww」

勝俣「シャシャシャwwwww」

出川「それにしても…僕達なんか忘れてないっすか??」

アッコ「あーん?なんか忘れもんか?」

出川「んー?なんすかねーま、いいっすねww思い出せないしwww」

勝俣「シャーッシャシャシャwwwww」


竹山「」



おしまい



111 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:27:20.38 ID:sgy58+yx0

乙だけど最後もりあがらねえええ


113 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 2011/06/23(木) 04:29:45.74 ID:tf2n4awa0

いやー最後おもいっきり尻つぼみになりましたww
初めてSSもどき書いたのでご愛嬌でww

そもそも彼岸島設定ではアッコが無敵になるのはわかりきってたか…

ありがとうございました!


114 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 04:31:16.86 ID:NlVYZYAZi

おいふかわのフラグぶんなげすぎだろwwwwwww


115 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 04:33:42.70 ID:X9zYTIeMO

いや面白かったわwww乙


117 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 05:02:34.57 ID:tf2n4awa0

3階4階は圧倒的にネタが思い付きませんでしたw
ふかわでどうにかなると思ったのが間違いでしたww

保守してくれたみなさん読んでくれたみなさんありがとうございました!




121 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 08:13:10.09 ID:okLMYv+XO

初めてなのかよ。面白かったわ乙。
ふかわwwwww


123 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/06/23(木) 09:15:35.49 ID:ltIDp3oBO

おはよー
面白かった!乙!!

てかふかわはなんやったんや!!



元スレ:http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1308760115/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
408位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP