PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:17:36.63 ID:s/WDlVJyO

どんぶらこっこどんぶらこっこ

婆「あらおいしそうな桃」

婆「佃煮にでもしようかね」



2 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:18:29.51 ID:s/WDlVJyO

爺「おぉ、おいしそうなおっぱいじゃのう」

婆「桃ですよおじいさん」

爺「いちちちち」

婆「あらあら、頬擦りなんてするから」

爺「美しいおっぱいには刺がある」

婆「桃ですよおじいさん」



3 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:18:58.19 ID:s/WDlVJyO

モグモグ

婆「奈良漬けもいけそうですね」

爺「ちょっと水分が多いからなあ」

婆「そうなのよねぇ」

爺「おっぱいは水分が大いに越したことないんじゃが」

婆「おっぱいは奈良漬けにしたくないわねぇ」




5 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:19:56.23 ID:s/WDlVJyO

その夜 床の間

ごそごそ…

爺「どうした婆さん、寝れんのか」

?「えぇ、なんだか体がムズムズして」

爺「えっ誰?」

?「えっ」

ガバッ

爺「!!」

爺「おっぱい!!」

?「婆さんですよおじいさん」


7 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:20:41.64 ID:s/WDlVJyO

爺「なん……じゃと………」

爺「た、たしかに婆さんの服きとる」

婆「さっきから何を…」

婆「ひぃ誰!?」

爺「えっ?」


8 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:21:09.41 ID:s/WDlVJyO

婆「じ、爺さん……」

爺「はいな」

婆「自分の顔、手あててみて?」

爺「?」ペタペタ

爺「あれっ」

爺「皺がのうなっとる」


爺「つまりアンタ婆さんか」

婆「そうですよ。そういえばあなた、そんな顔をしていましたねぇ」

爺「婆さんこそ…おっぱいそんなあったんじゃのう…」

婆「村一番の美人だったしのう」

爺「…婆さんっ」ガバッ

婆「あーれー」


可愛いおなごがうまれました


11 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:23:50.05 ID:s/WDlVJyO

爺「可愛いのう可愛いのう」

婆「桃から生まれたビックリするほどチマい子、略して桃ビッチと名付けましょう」

爺「えぇ名じゃあ…おーい、桃ビッチやー」

桃ビッチ「あぶー」


14 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:25:56.94 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチはすくすく育ちました。

桃ビッチ7歳 夜

桃ビッチ「んー…」

桃ビッチ「よく眠れないゆ…」

桃ビッチ「んー?」ゴシゴシ

桃ビッチ「隣の部屋から声が聞こえる…?」


17 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:27:49.66 ID:IYOKwX4B0

チマい
広島弁、岡山弁で小さい


18 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:29:02.13 ID:s/WDlVJyO

チマい=小さい



婆「ハアハアハア」

桃ビッチ「…?」

桃ビッチ(ばーちゃんの声、苦しそう…!)

桃ビッチ(どどどど、どうしたんだろう)あわあわ

桃ビッチ(じ、じーさまは…!?)

婆「ハアハアハア ヒギイ!」

桃ビッチ(うわあああ!ばーちゃんが死んじゃうよ!!)

桃ビッチ(たた、助けなきゃ…!)そ~


20 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:33:17.49 ID:s/WDlVJyO

いま外出中なんだ
途中で電池切れたらごめんね


桃ビッチ(そっと、そっと……ふすまの音をたてないように…!)

スー…

爺「どうじゃあああ!わしの蘇ったマグナムはどうじゃあああぁあああああ!」

婆「ハアハアハア、爺さんの金棒は鬼顔負けじゃあ…!」

爺「うおぉおおおおお!!!ビクトリィイイイイイイイイ!!!」

桃ビッチ「」


22 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:35:42.46 ID:s/WDlVJyO

幼い桃ビッチは両親のあられもない姿に衝撃を受けました。
恐ろしくてたまらず、その日は布団を被って震えながら眠りました。

桃ビッチ「うぅ…」しくしく

桃ビッチ(いつものばーちゃんとじーさまじゃない…)

桃ビッチ(こわいよぉ)しくしく


23 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:39:50.38 ID:s/WDlVJyO

しかしその恐ろしい行為は毎日続きました

桃ビッチ9歳の夜

婆「ひぎぃ!ひぎぃ!ひぎぃ!」

桃ビッチ「チッ るせーなババア」

桃ビッチ「やってらんねーわ」ごそごそ

桃ビッチ「ムカつくし遊びにいくか」

すっかりスレてしまった桃ビッチは、夜遊びを重ね、齢9歳にしてビッチと化し、村の男どもをちぎってはは投げちぎっては投げしていました。


25 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:47:16.37 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ16歳

桃ビッチ「村の男にも飽きたなー」

男「もっ桃ビッチちゃん!結婚してくんろ!」

桃ビッチ「しね」

男2「もっ桃ビッチちゃん!俺を罵ってくんろ!」

桃ビッチ「ハゲ」

男2「MOTTO!!MOTTO!!!」

男3「桃ビッチちゃん!おっぱい触らせて!」

桃ビッチ「ひと揉み大根3本な」

男3「ふひひひ!ありがてぇ!!!」

桃ビッチ「はぁ…」


27 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 14:51:38.60 ID:s/WDlVJyO

自宅

TV『鬼の迷惑行為に、警察も恐がって手が出せません』

爺「ありゃまー、鬼どもがまあた悪さしてっからに」

婆「やだよぉ、おっかねぇ」

爺「隣村のおなごがまた10人もさらわれたってなあ」

婆「あんたも気をつけぇ、桃ビッチ」

桃ビッチ「へいへい」プチプチ

桃ビッチ「ねーねー、あたしiphoneほしいー」

爺「おう、こうたるこうたる。げへへ」


28 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 15:00:33.96 ID:s/WDlVJyO

TV『こちらが鬼の映像です』

婆「あんれま、俳優のなんちゃらってのに似てるなぁ」

桃ビッチ「…!!やだ!シュワちゃんにクリソツじゃん!!!」

桃ビッチ「あ、ジョニーデップ似!!!きゃーあいつ水嶋ヒロっぽいじゃん!!!」

爺「いくら顔がいくたってなぁ、こいつらは悪い奴らじゃよ」

婆「そうそう、合コンできるような相手じゃないんよ?」

桃ビッチ(食えりゃなんでも良いんだよ…!どうする、どうしたら…!)

桃ビッチ「あ、そうか」

爺「?」

桃ビッチ「あたし鬼退治いくわ」


29 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 15:02:58.90 ID:s/WDlVJyO

爺「そそそそんな危ないこと、とんでもねぇ!!!」

桃ビッチ「大丈夫大丈夫、あたし体力あるし」

婆「体力の問題じゃないのよぉ!?」

桃ビッチ「持久力もテクニックもあるし」

婆「何言ってんだおい」


31 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 15:09:46.65 ID:s/WDlVJyO

強引に桃ビッチは旅立つことを決めました

婆「ほら、きびだんご持ってきなさい」

桃ビッチ「うーぃ」

爺「ほら、この刀を持てば敵なしじゃ」

桃ビッチ「うーぃ」

婆「危なくなったら、いつでも帰ってきなさいよ?」
桃ビッチ「うーぃ」


39 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:36:16.04 ID:s/WDlVJyO

犬「くぅんくぅん」

桃ビッチ「こっち見んなよ犬畜生」

犬「ちがいます犬耳ロリ少女です」

桃ビッチ「自分で言ってどうすんの」

犬「お腹が空きました、どうか食べ物をお恵みください」

桃ビッチ「えー」

桃ビッチ(でもそこそこ可愛いし、いざとなったら売り飛ばせるな)

桃ビッチ「はいどうぞ」

犬「嬉しいです!!ハフハフ!ハフハフ!」


40 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:42:24.69 ID:s/WDlVJyO

猿「キィキィ!」

桃ビッチ「うっせーよ猿」

猿「お腹すいたんだよー!飯ー!飯ー!」

桃ビッチ「行こうか」

犬「ちょっと待ってください」

桃ビッチ「んん?」

犬「ロリ巨乳はかなり値打ちものですよ」ヒソヒソ

桃ビッチ「あんた頭いいな!」

犬「えへへ」

桃ビッチ(犬は貧乳だしなー)

桃ビッチ「おら食えよ」

猿「ありがてー!ありがてー!モググー!」


41 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:47:19.88 ID:RIl2RVaNO

ビッチ対鬼女とか胸圧


42 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:47:24.14 ID:s/WDlVJyO

キジ「なによ!!!」

桃ビッチ「行こうか」

犬「はい」

キジ「待ちなさいよ!!!」

桃ビッチ(なんでキジだけマツコDX似なんだよ)

キジ「きびだんごよこしなさいよ!!!」

桃ビッチ「なんで知ってるんだよ団子を」

キジ「匂うのよ!!!…それに私は鬼ヶ島に顔パスなのよぉ?」ニヤニヤ

桃ビッチ「えっマジで!?」

キジ「行ったら皆黙ってひれ伏すわ」

桃ビッチ「よし連れてくわ」

キジ(信じちゃってバカな子!)


43 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:51:14.56 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「船よこせよ」

船頭「お嬢ちゃん鬼ヶ島島だろ?…悪いことは言わねぇ、やめときな」

犬「どうしてもダメですか?」きゅるんっ

船頭「だ、だだだめだめ」ドキドキ

猿「なぁダメ?」ボィイン

船頭「だっだぁーめぇー!!!」ドキドキドキドキ

キジ「駄目なの?」

船頭「駄目」


44 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:54:32.84 ID:s/WDlVJyO

最初は拒否をしていた船頭でしたが、桃ビッチの話術に見事乗せられ船を貸すことになりました

桃ビッチ「ほら気合い入れて漕げよ」

犬「無理ですぅー」

桃ビッチ「甘ったれんな猿を見ろ猿を」

猿「ひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!」ジャブ!ジャブ!

キジ「そうよ、もっと気合い入れなさい」

桃ビッチ「てめぇも漕げよ」


47 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 17:59:19.18 ID:s/WDlVJyO

犬「なんかこの船傾いてません?」

桃ビッチ「キジのせいだろ」

犬「あ ほんとだ」

キジ「何いってんのよ!私だってちゃんと働いてんだから!」

猿「えっどこが?」

キジ「穴ふさいでるのよ、あたしのお尻で」

桃ビッチ「穴あけたの?」

キジ「空いちゃったのよね、ついさっき」

犬「桃ビッチさんダメです!!!いま切っちゃダメですっ!!!」

桃ビッチ「うるせぇ」

犬「顔パスですよ顔パス!!!ね!!!」

桃ビッチ「ちっ…」


49 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:02:54.42 ID:s/WDlVJyO

バキッ

猿「んっ!何の音ー!?」

桃ビッチ「なんか音した?」

犬「しましたね」

キジ「やだ…おしりが抜けちゃったわ」

犬「ダメですっ!!!切っちゃダメですってば!!!」

桃ビッチ「ころすマジでころす」ギリリ


50 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:06:17.67 ID:s/WDlVJyO

鬼「あれ、船じゃん」

鬼2「マジ?敵襲?」

鬼「いや、なんか勝手に沈んでる」

鬼2「じゃあ良いか」

鬼「良いだろ」


51 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:13:17.84 ID:s/WDlVJyO

鬼ヶ島浜

桃ビッチ「死ぬかとおもった…」ゼイゼイ

犬「猿さん大丈夫ですか?」

猿「犬が、いなかったら、ゴホッ、マジで、死んでた」

キジ「ちょっとぉー!待ちなさいよー!!!」じゃぶじゃぶ

桃ビッチ「行こうか」

キジ「水鳥じゃないんだから大変だったじゃない!!!私飛ぶのだって苦手なのー!」

桃ビッチ「知るかよ」

キジ「待ちなさあーい!!」ドドドドド

桃ビッチ「うわ走るの早っ!!キモっ!!!」


52 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:16:13.58 ID:s/WDlVJyO

鬼3「敵襲ー!敵襲ー!!」カンカン

鬼「マジ!?泳いできたの!?」

鬼2「先輩に怒鳴られる前にかたそうぜ」

鬼「おう」

鬼4「俺も行こう」

鬼2「4さん!」

鬼4「のんけでもホイホイ食っちまうぜ」

鬼「ウホッ…」


53 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:17:44.86 ID:s/WDlVJyO

鬼「おらおらおらー!」

桃ビッチ「あぁん?おいキジ、なんとかしろよ」

キジ「はあ?」

桃ビッチ「はあ?ってお前顔パスなんだろ?」

キジ「嘘よあんなの」

桃ビッチ「もう切っても良いよね」

犬「勿論です」


54 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:20:05.74 ID:s/WDlVJyO

鬼「おらー!」

桃ビッチ「ざっけんな何処いきやがった!!!」

猿「逃げ足はっえーのな」

鬼2「お、おらー!」

犬「時速30キロ越しますからね、キジさんは…」

猿「もう鳥じゃなくて良いじゃん」

鬼「あ、あの…」

桃ビッチ「ころすころすころす」

鬼2「……」


55 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:25:45.75 ID:s/WDlVJyO

鬼4「なんだ、女の子じゃないか」

桃ビッチ「おい水嶋ヒロ似やシュワちゃん似の奴は何処だよ」

鬼4「あいつらかい?良い尻してやがるぜ…」

桃ビッチ「なに!?」

鬼4「こう、キュッとあがってでだな…」

桃ビッチ「ほほう?多少筋肉はあるんだろうな?それと、腰から尻にかけるラインも重要だけど」

鬼4「嬢ちゃん…わかってるじゃないの」

桃ビッチ「あんたとは良い酒が飲めそうだ」


56 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:44:48.04 ID:s/WDlVJyO

かくして鬼4と和解した桃ビッチは、鬼ヶ島の奥まで案内してもらうことになりました。

桃ビッチ「ぐひひ…」じゅるり

犬「桃ビッチさんよだれよだれ」

桃ビッチ「片っ端から食い尽くしてやるぜぇ…!!」

猿(どっちが鬼かわかんねー)


57 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:49:39.43 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「ここかああ!!!」

水嶋「わ!誰だ君は!」

桃ビッチ「うひょぉ!!クリソツ!!!言いよ良いよ~」

水嶋「ぼ、僕はKOGEROUの執筆に忙しいんだ。出ていってくれないか?」

桃ビッチ「おいおいそんなこと言うなよ…そんな話題性だけで終わって後は漬物石代わりにされるようなもん描くより、私と良いことしようぜ」じりじり

水嶋「よっよせやめろー!」

アーッ


59 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:53:08.20 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「さぁて次は…」

キジ「ちょっと待ちなさいよ!!!」

桃ビッチ「あ?」

キジ「ずるいじゃない!!!あたしもまぜなさいよ!!!」

桃ビッチ「あ?」

キジ「ちょっとあんた話聞いてんの!?」

ザシュッ


60 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 18:58:45.76 ID:/6c/rSl4O

ザシュッ?


62 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:07:20.60 ID:ksDZ0+7E0

斬られたwwww


63 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:07:53.82 ID:s/WDlVJyO

犬「キジ肉は美味らしいですけど」

桃ビッチ「いらねぇよ 脂身だらけだろ」

猿「うえー」

桃ビッチ「さ、次はどこだよ」

鬼4「ちょっと10分ほど時間をくれ」

桃ビッチ「どうぞ?」

鬼4「さあ…起きるんだ」

水嶋「え?」

アッー!


64 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:28:27.46 ID:s/WDlVJyO

鬼4「やあ素晴らしかった」ツヤツヤ

桃ビッチ「わかるよ」ニヤニヤ

猿(大人って怖い)

桃ビッチ「さぁ次は?」

鬼4「ここらへんは…筋肉質な鬼が多く居るな」

桃ビッチ「ほーう?」

鬼4「人間でいう中山きんに君似の」

桃ビッチ「つぎ行こう」


65 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:52:24.72 ID:s/WDlVJyO

鬼4「ここから先は…止めたほうが良い」

桃ビッチ「なんで?」

鬼4「大ボスのデニー・ジョップはな…オーラからして違うんだ。尻を見ようとする気持ちも掻き消されるほど…な」

キジ「ゴクリ…」

鬼4「それでも行くのかい?」

桃ビッチ「もちろん。私は誓ったんだよ」

桃ビッチ「鬼ヶ島の鬼どもすべてを蹂躙するってね」ニヤリ


66 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:53:16.83 ID:a0ncXtP50

キジ生きてたwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


67 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:54:07.35 ID:s/WDlVJyO

鬼4「俺が案内できるのは此処までだ」

桃ビッチ「ありがとな」

犬「助かりました」

猿「サンキュッ!キキッ!」

キジ「キスしてあげても良いのよ?」

鬼4「じゃあな!健闘を祈るぜ!」


68 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:55:26.61 ID:s/WDlVJyO

キジ「ちっ逃げたか」

桃ビッチ「ようし行くぜ!」

犬「はい!」

猿「おうよ!」

キジ「まかせなさあい!」

ザシュッ


69 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 19:56:22.60 ID:0pvG3hi50

また斬られたwwwww


71 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:01:20.84 ID:s/WDlVJyO

デニー「ほう…此処まで来れたのか」

桃ビッチ「あ 日本語喋った」

犬「失礼ですよ!」

デニー「可愛いお嬢さん、来てくれて嬉しいが…俺に勝てるのかな?」

桃ビッチ「は!5分後にはひぃひぃ言わせてやんよ!」

デニー「良い度胸だ…が、これを見てもまだそんなことを言えるかな?」パチン

鬼2「はっ」

鬼「連れてきました!」

犬「ひっ!!」

桃ビッチ「あ…あんた…」

鬼4「ふっ、俺としたことがヘマしちまったぜ…グフッ」

猿「おっ鬼よぉおおおおん!!!」


72 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:04:26.90 ID:s/WDlVJyO

デニー「俺に少しでも歯向かうとこうなるよ?怖くないのかな…?」

犬「…ッ」ガタガタ

デニー「まぁ見たところ可愛い子が揃ってることだし…俺専属の奴隷になるっていうなら許してやっても良いけど?」

キジ「仕方ないわねぇ」ぬぎっ

ザシュッ

デニー「ありがとう」

桃ビッチ「おう」


73 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:11:04.84 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「脅しが怖くてビッチやってけっかよ」ジャキン

デニー「良い心意気だな」ニヤア

犬「もっ桃ビッチさんっ!こいつヤバいですよ!」

猿「あ、あたいも怖いよぉ…桃ビッチ!」

桃ビッチ「はいはいそこで見てりゃ良いから」

デニー「自信満々かい?」

桃ビッチ「捌けなかった男はいないんでね」

デニー「それは楽しみだ!」

ゴゴゴゴゴゴゴ


桃ビッチ「いくよ!!」


74 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:14:07.57 ID:s/WDlVJyO

犬「はっ早い…!ただのビッチじゃなかったんですね!?」

猿「剣さばきが素人のもんじゃねぇ!!!」

桃ビッチ「小さい頃から芝刈りも男狩りもしてきたもんでね!」

デニー「ほう?やるねぇ」

犬「す、すごい…!」

キジ「まぁまぁってとこね」

ザシュッ


75 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:18:18.81 ID:s/WDlVJyO

デニー「だが…甘い!」

桃ビッチ「ぐああッ!!」

犬「もっ桃ビッチさああああああん!!」

桃ビッチ「ちっ…」

デニー「少し本気を出したらコレだ。もっと楽しませてはくれないのかい?」

桃ビッチ「くそぉ!」

桃ビッチ(普通に戦ったら負ける!何か…何か弱点は…!?)

鬼4「乳首だ!!!」

桃ビッチ「!」

デニー「!?」


77 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:41:16.21 ID:s/WDlVJyO

鬼4「乳首だ、両乳首を同時にダブルクリックすれば相手は無力かする!」

デニー「きさま…何故それを!?」

鬼4「アンタがセルフダブルクリックして骨抜きになっていたのを…こっそり見ていたからさ!」

鬼2「てめぇこのやろう!」バシィッ!!

鬼4「あぁっ!もっと強くぅ!」

デニー「ふん…だがしかし、君のスピードで俺の乳首まで届くのかな?」

桃ビッチ「上等!」


78 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:49:14.80 ID:QvqkmaOI0

ちww乳首wwwそして鬼4www
突っ込みどころが多すぎるwww


80 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:53:23.95 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「うぉりゃああああああああ!」

ガキィイイン

デニー「せい!」

ズドォオオオン!

桃ビッチ「ガハッ」

猿「桃ビッチィ!!!」

桃ビッチ「ちっ、強ぇ…」

犬「わっ私が…!」

桃ビッチ「やめときな。あたしのスピードは犬にも勝っているはずなんだ」

犬「そっそんな…!」

キジ「甘ちゃんねぇ」


81 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 20:56:08.64 ID:s/WDlVJyO

ズドドッ

デニー「!?」

桃ビッチ「!?」

キジ「遅いのよ…坊や」

デニー「なん…だと……!?」ガクッ

キジ「確かに私は、飛ぶのも泳ぐのは不得意……けどね」

キジ「陸では時速30キロを上回る脚力を持っているのよ!!!」ドン!


84 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 21:03:41.06 ID:s/WDlVJyO

デニー「くっ…」

桃ビッチ「終わりだよ」

デニー「ふん…切りな。略奪した金と女は隣の部屋だ」

桃ビッチ「あ、それはどうでも良いんだけど」

デニー「えっ」

桃ビッチ「あんたどんくらいの間うごけなくなるの?」

デニー「じゅ、15分くらいだが…」

桃ビッチ「ほほう」じゅるり

アッー!!


85 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 21:09:44.53 ID:s/WDlVJyO

桃ビッチ「ふぅ…金も女も解放したし、帰るか」ツヤツヤ

鬼4「なぁ、1つ…願いを聞いてくれないか?」

桃ビッチ「あん?」

鬼4「俺は裏切り者だ。もうここには居れない…俺も一緒に行かせてくれ」

猿「そんなことしたら、あんた」

鬼4「大丈夫だ。偏見の目で見られることはわかっている。その分骨身を惜しんで働くさ。…それに、鬼ヶ島の男にはもう飽きたしな」

桃ビッチ「やっぱあんたとは良い酒が飲めそうだ」ガシッ

鬼4「俺と一緒に部下も来るから、君も当分ヒマしないだろう」

鬼2「えっ」

桃ビッチ「ありがとな」

鬼4「あ、あとすまないが5分だけくれないか?」

桃ビッチ「良いけど?」

鬼4「さぁ…起きるんだ」

デニー「へ?」

アッー!!!


87 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 21:17:15.89 ID:s/WDlVJyO

こうして、金と女と美男子ですねな鬼を持ち帰った桃ビッチは殿様に誉められ、たくさんのお金と男をもらい、幸せに暮らしたそうな

鬼4「さぁ働くぞー!」ガシッ

デニー「えっ」

アッー





90 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 2011/03/02(水) 21:27:32.59 ID:QvqkmaOI0

>>1面白かったよ。乙!!



元スレ:http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1299043056/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP