PickUp
スポンサード リンク
2 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:42:33.21 ID:hkOTZmV30

雪歩「ひぇぇ、爆弾発言だよぉ」

貴音「く、詳しく教えて頂きたい!」フンフン

伊織「ふ、ふん! うちのやよいの方が凄いんだからね!」

3 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:43:23.09 ID:hkOTZmV30

千早「あら、水瀬さん。言っとくけどうちの春香は……」

千早「口の中でサクランボのヘタを結べるのよ」

伊織「っ!!??!」ガーン

雪歩「て、テクニシャンですぅ」

貴音「荒々しくもか弱い、我が家の響には出来ぬ芸当ですね……」

4 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:44:01.99 ID:hkOTZmV30

雪歩「で、でもでも! 夜に大事なのはテクニックだけじゃないんだから!」

貴音「良いことを言いました。言っておやりなさい、雪歩!」

雪歩「二人の夜に本当に大事な物……それは、情熱ですぅ!」

5 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:44:30.88 ID:hkOTZmV30

貴音「よっ、流石は百合を語らせれば小鳥嬢に並ぶと言われる雪歩! あっぱれにございます」

伊織「にひひ、概ね同意してあげるわ!」

千早「ええ、確かにそれが一番大事な事よね」

6 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:45:18.88 ID:hkOTZmV30

雪歩「うちの真ちゃんは、持ち前の体力で毎晩ガツガツと……」ホワァァン

伊織「ゆ、雪歩の周りがピンク色に」

千早「確かに、真はかなり激しそうね。そういえば、我那覇さんも結構激しそうに見えるけれど、どうなのかしら?」

7 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:46:03.03 ID:hkOTZmV30

貴音「ふふふ、貴女たちは響の魅力を解っておりませんね。響の魅力、それは昼は元気にはね回っているのに、夜には可愛い私の子猫ちゃんになる所なのです」ムフゥ

伊織「意味分かんないわよ」

貴音「気の毒に。伊織にはこの良さが分からないのですね」

8 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:46:32.45 ID:hkOTZmV30

雪歩「四条さんのとこは、響ちゃんが受けなんですね。私てっきり響ちゃんが攻めなのかと」

貴音「私はどちらでもいけるのですが、やはり響の可愛さを堪能するには私がゆっくり時間をかけて攻めるのが一番なのです」

貴音「そう、最初は衣服の上から優しく、さも偶然触れてしまったかのように愛撫するのです。そうしている内に、みるみる上気していく響の肌、恥ずかしいけれど、自分から言い出すのも意識しすぎているように見えないだろうかと気にして止めてと言えない私の可愛い響を見ているだけでもう、もう……」

9 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:47:07.88 ID:hkOTZmV30

千早「四条さんは結構サディスティックなのね……」

貴音「そうですね。行為に及ぶ際は、まるで響をぺっとのごとく扱っております故」

雪歩「ひぇぇ、流石は銀色の王女様だよぉ」

10 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:47:33.61 ID:hkOTZmV30

伊織「そう言う雪歩も、意外と夜はSだったりするんじゃないの?」ニヒヒ

千早「あり得るわね。萩原さんからは、そこはかとなく攻めオーラを感じるわ」

雪歩「そんな、私なんて……でも、ほら、真ちゃんってお姫様扱いされることに憧れてるでしょ?」

11 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:48:06.68 ID:hkOTZmV30

貴音「普段の言動からははかりしれませんが、そうでしたね」

伊織「言ってあげないの。あれでも本人努力してるつもりなんだから……」

雪歩「だから時々どうしても受けに回りたい日があるらしくて、そういう時は私の方から攻めたりするんだ」

12 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:53:38.25 ID:hkOTZmV30

雪歩「普段のカッコイイ真ちゃんと、その夜のおしとやかな真ちゃん……そのギャップがもう、たまらないんだよねぇ」グヘヘ

千早「萩原さんがどこかで見たことある笑い方を……」

貴音「まるで小鳥嬢ですね……」

13 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:54:10.89 ID:hkOTZmV30

雪歩「でも、最近ちょっとマンネリぎみなんですよね」

貴音「そうなのですか? 毎日お熱いように見受けられますが」

雪歩「なんて言うか、色々やり尽くしちゃったとこがありまして」

伊織「アンタ達オフが重なると一日中やってるしね。そりゃ飽きもするわよ」

14 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:58:34.51 ID:hkOTZmV30

雪歩「誤解しないで欲しいんだけど、決して真ちゃんに飽きたってワケじゃないんだよ! ただ、新しい刺激が欲しいと言うか……」

千早「その点は同意ね。夜の営みが充実していれば、自然パートナーとの仲も順調になるもの」

15 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:59:03.62 ID:hkOTZmV30

雪歩「それで聞きたいんだけど、みんなは普段どんなプレイやってる?」

千早「見て、水瀬さん。あそこに痴女がいるわ」

伊織「元々アンタが始めた会話じゃないの……でも、そうね。ウチはあんましアブノーマルなプレイはしてないから、参考にはならないわね」

16 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 22:59:31.75 ID:hkOTZmV30

貴音「そうですね。私と響も極々一般的な情事のみですね」

千早「例えば?」

貴音「そうですね。響に首輪を付けて全裸で夜の公園を散歩したり……」

伊織「このド変態!!」

貴音「なんと!?」

17 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:00:02.07 ID:hkOTZmV30

千早「やってる当人は普通だと思っていても、周りからは異常と思われることもあるものね」

貴音「そんな、これが異常だとは……」

伊織「その分だと他にも色々やってそうね」

18 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:00:43.80 ID:hkOTZmV30

貴音「冤罪です! 後は本当に極々一般的な……」

雪歩「例えば?」

貴音「例えば……響の身体に蜂蜜やくりぃむ、調味料をかけて美味しく頂いたり」

伊織「変態大人!!」

19 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:01:15.75 ID:hkOTZmV30

貴音「で、では! 電車の中ではぐれないようにと言いくるめて触りたい放題するのは……」

伊織「The変態!」

貴音「面妖な!?」

千早「それでノーマルと言い張れる四条さんを尊敬するわ」

雪歩「流石四条さん……参考になりますぅ」

20 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:02:01.98 ID:hkOTZmV30

伊織「アンタ今のを真相手に実践する気じゃないでしょうね」

雪歩「?」キョトン

伊織「この流れでそんだけ純粋な目が出来るとかもう尊敬の念すら覚えるわ」

雪歩「えへへ、私なんかが……」テレテレ

千早「ま、痴女うさんの痴情についてはおいといて……」

貴音「面妖な」

21 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:02:35.72 ID:hkOTZmV30

千早「ウチはもっぱら春香が主導権を握ってるわね」

伊織「あー、春香なら良くも悪くもオーソドックスそうね」

千早「そ、そんなことないわよ!」

伊織「何を張りあってんのよ……」

22 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:03:15.21 ID:hkOTZmV30

千早「春香だって、恋人繋ぎからの甘々いちゃラブとか……」

伊織「普通ね」

千早「恋愛映画を見終わって感想を話し合いながらとか」

雪歩「ありきたりですぅ」

伊織「貴音に爪の垢をぜんじて飲ませたいわね」

23 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:03:41.15 ID:hkOTZmV30

貴音「爪の垢を……なるほど、そのようなぷれいが……」

伊織「ないわよ!!」

貴音「面妖な」

伊織「アンタがね」

24 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:04:29.52 ID:hkOTZmV30

千早「流石水瀬さん。猥談の時もツッコミなのね」

雪歩「え、ツッコミ……」

伊織「そしてアンタは変なことを考えない!」ビシッ

雪歩「ぁうっ!」

25 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:05:12.58 ID:hkOTZmV30

伊織「まったく、年頃の女の子が揃ってする話じゃないわよこれ」

貴音「ふふ、上の口は素直じゃないですね」

伊織「上の口言うな!」

26 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:05:54.44 ID:hkOTZmV30

千早「でも、なんだかんだ言って嫌いじゃないんでしょう?」

伊織「ま、まぁ別に嫌いってわけじゃないけど……」

雪歩「ムッツリですぅ」

伊織「だーれーがムッツリですってぇ!」ムニー

雪歩「い、いひゃいぃ! ほめんははいぃいい!」

27 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:06:25.85 ID:hkOTZmV30

千早「まぁ、どんな内容であろうと、それを受け入れてくれるかけがえのないパートナーとならきっと、それはとても素晴らしいことよね」

伊織「何か綺麗に纏めた風のこと言ってるわね」ヒソヒソ

雪歩「無い胸張ってどや顔してますぅ」ヒソヒソ

貴音「真昼間から猥談をはじめた張本人とは思えませんね」ヒソヒソ

千早「そこ、聞こえてるわよ!」






28 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:07:11.38 ID:hkOTZmV30

……

春香「っくしゅん!」

響「ぃっきしっ!」

やよい「へーちょ」

真「っくしょん!」

29 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:07:47.58 ID:hkOTZmV30

春香「皆そろってくしゃみするなんて、何処かで噂でもされてんのかなぁ」

真「まぁボクたちアイドルだし、噂されることは不思議じゃないけどね」

響「やよい、さっきのくしゃみもう一回!」

やよい「き、急に言われても出ませんよー」

30 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:08:19.46 ID:hkOTZmV30

春香「でも何でだろう……くしゃみと同時に謎の悪寒が」

真「春香も? 実はボクも……」ガクブル

響「真もか。何だろうな、この悪寒」

真「具体的に言うと、夜に関係ある気がする」

31 : ◆.xKc9zwqNY[saga] 2015/03/09 23:08:50.18 ID:hkOTZmV30

春香「夜といえばさ……」

ひびまこやよ「「「??」」」

春香「夜の千早ちゃんは……可愛いんだよ」

おわり

32 : 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします[sage] 2015/03/09 23:10:23.90 ID:Bc8WrSYAO




元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425908521/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP