PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 08:04:27.77 ID:hXYw+HyCd.net

チノ「近親相姦になってしまうです」

ココア「ふぇ?ちんちんこうかん?」

みたいなね

2 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 08:12:07.69 ID:DUklDMVc0.net

ぶつかった拍子にクリトリスとクリトリスが交換されるSSとか誰か書かないかな

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 08:14:58.70 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ココアさん・・・ココアさん・・・」クチュクチュ
チノ「あれ、全然感じないです、体はこんなにホテっているのに・・・」

別室
ココア「キャッ・・・アッ・・・」
ココア「な、なに?」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 08:23:54.36 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「もっともっと」クチュクチュ・・・

ココア「キャ・・・くぅ・・・な、なにこれあそこ、しびれるッ・・・」

チノ「全然いけないです・・・どういうことでしょう・・・。今日は電マを使ってみますか」

ココア「ハァハァ・・・体が・・・熱い・・・」

チノ「」ブィッィイイン
チノ「押し付けます」

ココア「ギャァ・・・アッ・・・あっ・・・助けて・・・チノちゃ・・」
ココア「こ、腰がガクガクして立てな・・・アッ・・・アン・・・」

チノ「おかしい・・・オナニーのやりすぎで神経が消えた・・・?」ブィイイイ

ココア「ヒィ、なんかくる、怖いよ・・・ハァハァ・・・たすけ・・・」
ココア「イッ・・アアアアアアア」ビクビクビクゥ

チノ「」ブィーン

ココア「イヤ、もうイヤアアアア」ビクンビクン
ココア「もう無理たすけぇええあああああ」ビクビクジョロー

チノ「しょうがありません、今日は膣内からしましょう」

ココア「ハァハァ・・・」チョロチョロ
ココア「おしっこ、もらしちゃったよぉお・・・グス」ビクンビクン

みたいなね

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 09:33:26.75 ID:TpG1Ugl80.net

チュンチュン

チノ「ハァ・・・(やはり前座がないとイマイチというか・・・)」

ココア「ふぁ・・・朝かぁ・・・」グショ
ココア「ふぇ・・・、あ、夢じゃなかったんだ・・・」
ココア「なんだったんだろうあれ・・・」ブルッ

コンコン
チノ「ココアさん朝です起きてください」
ココア「わわわ、すぐいく」
ココア「はぁ・・・なんだかまだおまたがムズムズするよぉ・・・」

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 09:38:18.98 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「おはようチノちゃん!」
チノ「おはようございます。ココアさん、朝ごはんできてますよ」
ココア「わーい!チノちゃんの目玉焼きおいしいんだよね!」
チノ「ハイハイ」

ココア「おいしかったぁ!ごちそうさま!」
チノ「ごちそうさまです」
カチャカチャ
ココア「あ、私が片付けるよ!」
チノ「いいです、ココアさんは休んでてください」
ココア「私がやるって」ダッ
チノココア「あっ」バタン
チノ「もぅ、何やってるんですか・・・///(近い)」
ココア「えへへ、ごめんね」
チノ「もう、ココアさんはお店の準備しててください」
ココア「ハーイ」

16 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 09:41:28.69 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「(はぁ・・・ちょっとムラムラしちゃいました・・・)」クチュ
チノ「はぁ・・・まだ治ってない・・・」クチュクチュ

ココア「キャッ」ガチャーン

チノ「ココアさんどうしました?!」

ココア「だ、だいじょうぶなんともないよ・・・」
チノ「大丈夫ですか?」
ココア「う、うんちょっと手がすべっただけだから」
チノ「なんだか顔も赤いですね、熱があるかもしれないです」
ココア「本当に、本当に大丈夫だから!」
チノ「そうですか・・・?」
チノ「とにかくここは私が片付けますから少し休んでてください」
ココア「う、うんありがとう」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 09:45:13.01 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「いったいどうしちゃったんだろう私の体・・・」
ココア「昨日の夜からだよね・・・昨日の夜・・・」ブルッ
ココア「またあんなことになったらどうしよう・・・グス」

チノ「今日はココアさんちょうし悪そうですし私が頑張らないと」
チノ「調子の悪いココアさんも素敵ですね・・・いいおかずになりそうです」

リゼ「おはよ^ー」カラーン
チノ「おはようございますリゼさん」
リゼ「おはようチノ、ココアは?」
チノ「ココアさんは奥の部屋です。もうすぐくると思いますよ」
リゼ「そうか、私も着替えてくるよ」

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 09:53:57.66 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「やだ、パンツ濡れてる、かえなきゃ」
リゼ「お、ココアおはよ!」
ココア「あリゼちゃんお早う!」
リゼ「どこいくんだ?というか顔しこし赤いぞ?」
ココア「そうかな?別になんともないけど」
ココア「ちょっとお手洗いいってくるからー」

リゼ「ま、いいか」

ヌギヌギ
ココア「うわ、ネバってしてるよぉ・・・」
ココア「とりあえずふかなきゃ」フキフキ
ココア「ん・・・?なんかこのへん感覚がないなぁ???」フキフキフキ

チノ「な、なんです?!」ビクッ
チノ「何もしてないのにあそこが急に、・・・?!」
チノ「ま、まさか昨日の分がいっきに?」ビクビク
チノ「ハァハァ(ヤバイです、これは・・・刺激は弱めですがまるで他人にやられてるようで)」
リゼ「おい!」
チノ「リ、リゼさん!?いつからそこに!?」
リゼ「いや、今だよ?それよりお前も顔あかくないか?」
チノ「ななな、なんでもないです、コーヒー豆とってきますから」スタコラー

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:03:04.49 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ハァハァ・・・ここならとりあえず誰も来ません・・・」
チノ「んっ・・・///」ビクン
チノ「こ、このまま膣もまさぐったらもっと気持ちよくなれるんじゃ・・・///」
チノ「ハァハァ・・・」グチュグチュ
チノ「イック・・・」ビクン
チノ「ハァハァ・・・」クチュクチュ
チノ「あ、癖でまたクリのほういじっちゃってました」クチュクチュ
チノ「でも本当に気持ちよかったです・・・」クチュクチュ
チノ「さて、仕事に戻りますか」バタン

ココア「キャッまた、ハァ・・・」
ココア「イヤ、もうイヤン」ビク
ココア「アッアッ・・・?」
ココア「・・・?」
ココア「お、終わった?」
ココア「ハァハァ・・・もうやだよぅ・・・グスン」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:07:28.77 ID:TpG1Ugl80.net

リゼ「ふたりともおそいなぁ・・・あ、いらっしゃいませー」
カラーン
チヤシャロ「こんにちわー」
リザ「なんだ二人か」
チヤ「今日は私達非番だからコーヒーのみにきたのーネ?」
シャロ「だから私は飲めないってばー!」
チヤ「あれ?ココアちゃんとチノちゃんは?」
リゼ「あぁえっとー」
チノ「あ、いらっしゃいませシャロさんチヤさん」
チヤ「こんにちわーココアちゃんは?」
チノ「まだ来てないんですか?」
リゼ「トイレにいくっていってたけど遅いなみてこようか」
チノ「いいです、私がいってきます」

31 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:10:58.68 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「まったく、何やってるんでしょう」

チノ「ココアさん?」
ココア「ハァハァ・・・」
チノ「こ、ここあさん?!」
ココア「あ、ちのちゃ・・・」
チノ「ど、どうしたんですか!?顔が真っ赤です、それに服・・・///」チラチラ
ココア「ちょ、ちょっと着替えてたら倒れちゃって、でも大丈夫だよ!」
チノ「どう見てもそうは見えません!ベットにいきましょう」
ココア「え、でも」
チノ「いいからいきます」
ココア「うん、ごめんね・・・」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:13:12.02 ID:TpG1Ugl80.net

どさぁ
チノ「こんなに汗をかいて・・・まず汗を」フキフキ
ココア「今日のチノちゃんとってもやさしいね」
チノ「当たり前です全部脱いでください」
ココア「うん♪」
チノ「(お風呂でみるのと違って新鮮ですね)」フキフキフキ

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:16:38.49 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「はいうつ伏せで寝転んでください」
ココア「はーい」
チノ「(これならココアさんに怪しまれずに見放題です)」
ココア「チノちゃんくすぐったいよ~」
チノ「我慢してください」
チノ「(ココアさんの後ろからでもわかる胸・・・腋・・・)」ハァハァ
チノ「ココアさん少し脚開いて」
ココア「えー恥ずかしいよー///」
チノ「なんですかそれ、まったくほら」
ココア「はーい」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:23:01.24 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「(ココアさんのおしり・・・そして・・・)」フキフキ
チノ「ハァ・・・(ココアさんのぷっくりしてて綺麗ですね・・・)」フキフキ
ココア「」ビク
チノ「どうかしましたか?」フキフキ
ココア「いやなんでもないよ(一瞬息がかかったみたいでビックリしたぁ)」
チノ「(こころなしかエッチな汁も出てるようにみえて・・・いいにおいです)」フキフキ
チノ「(私のよりぷにぷにしてて、ほんとうに可愛いですココアさん)」
チノ「ココアさん少し腰うかせてください」フキフキ
ココア「はーい」
フキフキフキ
チノ「んっ」ピクッ
チノ「・・・?」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:27:42.82 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「今・・・?」
ココア「どうしたのチノちゃん?」
チノ「(今なんだか・・・)」
ココア「チノちゃん?チノちゃーん」

ココア「チノちゃん!」
チノ「は、あ、いやなんでもないです」
ココア「変なのー?」
チノ「(もう一回)」フキフキ
チノ「」ビクン
チノ「(な、これどういうことです?!)」
チノ「(こ、こんどは指でココアさんのに直接)」クチュクチュ
チノ「ア///」
ココア「チノちゃん?」
チノ「な、なんでもないです」
ココア「変なチノちゃーん」

チノ「(どうやらココアさんはクリを触られたことにすら気がついてない・・・?)」
チノ「(これはもしかして・・・)」

41 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:33:07.64 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ココアさん、そのまま膝をまげておしりを浮かせたままにしてください」
ココア「はーい」
チノ「はい拭きますよー」フキフキ
チノ「(もう一方の手でこのままクリも)」クチュクチュ
チノ「(や、やっぱり///)」クチュクチュ
チノ「ハァハァ(ココアさんのクリでイッしまいます・・ハァ・・・)」クチュクチュ
チノ「(ココアさんの前でイケる日がくるなんて、興奮してもう///)」クチュクチュ
ココア「チノちゃんにこんなにお世話してもらって幸せだなー♪」
チノ「ンッ・・・///」ビクン

ココア「チノちゃんまーだ?」
チノ「も、もうちょっとです」フキフキ
チノ「はい、終わりです服きせますから体おこしてください」
ココア「はーい!ありがとう!」
チノ「今日は安静にしててくださいね」バタン
ココア「うん!そうするね!」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:36:59.37 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ふぅ・・・」
チノ「・・・どういうことでしょう・・・」
チノ「とりあえず私はココアさんのクリを触るとイけたということ」
チノ「そしてココアさんは触られていることすらわからなかった・・・」
チノ「さらに私自身のクリには感覚がない」
チノ「導き出される答えは・・・?!」

ココア「うーん!いい日だなぁ!チノちゃんに介抱してもらって元気出た!」
ココア「お昼からはお店でようっと!」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:42:07.40 ID:TpG1Ugl80.net

~店も締めて夜~
ココア「チノちゃん晩御飯まーだ?」
チノ「もうすぐです」カチャカチャ
チノ「(私の推理が正しければ私がクリを触るとココアさんが感じるはず・・・)」
チノ「(それに私がオナって戻ったらココアさんが倒れていた・・・)」
チノ「(とりあえず本当にリンクしてるかどうか確かめたいですがココアさんの前で触るわけにもいきませんしさて・・・)」
ココア「チノちゃんお皿用意したよ!」
チノ「ありがとうございます」
チノ「では」
ココチノ「いただきまーす」

チノ「もぐもぐ(とりあえずココアさんの前では考えがまとまりません)」
チノ「ゴックン(今夜ベットの中で考えるとしましょう)」

45 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:48:34.51 ID:TpG1Ugl80.net

コチ「ごちそうさまー」

ココア「あのチノちゃん」
チノ「なんですかココアさん?」
ココア「今日はその、一緒に寝たいっていうか・・・」
チノ「またですか、ほんとうにもう、だめです!(今日は考えたいこともあるし)」
ココア「お願い、一生のお願い・・・!今日は一人で寝たくないの!」
チノ「もう・・・(どうしましょう・・・)」
チノ「(・・・、いや、これはチャンスなのでは?)」
チノ「しょうがないですね、わかりました」
ココア「わーい!ありがとう!」ぎゅぅー
チノ「もぅ・・・///」
ココア「ふんふんーん♪歯磨いてくるね」
チノ「はいはい」

46 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:50:56.37 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ココアさんと一緒に布団にもぐる、潜ったら手元は見えないから」
チノ「そのまま触ればいいかな?」
チノ「うーんでも露骨にやるとバレる・・・?」
チノ「・・・」
チノ「いや考えすぎか、まずクリが入れ替わってるって発想が普通出てこない」

ココア「チノちゃーん洗面台あいたよー」

チノ「わかりました(よし、これでいこう)」

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 10:59:05.07 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「ふぁ~じゃぁそろそろ寝よっか」
チノ「はい」
ココア「はーい、ベットにどうぞ」
チノ「もう、子供扱いして(ココアさんかわいいなー)」
ココア「チノちゃんかわいい♪」
ココア「電気消すね」
チノ「はい」
ココア「おやすみー」
チノ「おやすみなさい」

チノ「(さて・・・)」クチュ
ココア「・・・」
チノ「(どうなるか・・・)」クチュクチュ
ココア「」ぎゅぅ!
チノ「!?(ば、ばれた?!)」
ココア「チノちゃん」ぎゅぅう
ココア「なんだか体が」
チノ「ど、どうしましたか?」
ココア「なんでもないけど、なんだか、怖いの」ぎゅううう
チノ「(どうやらバレてないようですね?)」クチュ
ココア「ぎゅぅ」ピクン
チノ「(どうやら私の推測はあたっていたようです)」
チノ「ココアさん痛いです(いい匂い///それにこれだとビクってしてるのがわかって好都合ですね)」クチュクチュ
ココア「ンッ///ごごめん、」
チノ「もう、今日だけですよ?」
ココア「ごめんね、なんだか私の体がおかしくて」
チノ「どうおかしいんですか?」

51 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:04:07.36 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「なんだかビクってなって・・・」
チノ「ビク、ですか」
ココア「うんそれでね・・・」
チノ「それで?」
ココア「ううん、なんでもないの」
チノ「そうですか」クチュクチュ
ココア「ンンンッ」ビクン
ココア「(私の体どうなっちゃったの・・・でも今日はチノちゃんがいるから昨日よりマシかも・・・)」ぎゅぅ
チノ「(少し強めの刺激を与えてみましょう)」キュッ
ココア「キャァ!」ビクン
ココア「ハァハァ・・・」
チノ「ココアさん大丈夫ですか?」ナデナデ
ココア「うん、大丈夫なの、でも一緒にいて・・・ハァハァ」
チノ「(ヤバイ、可愛いです)」

52 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:11:46.98 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「(それにしてもココアさんどうやらこういうことには全然慣れてないようですね)」クチュクチュ
ココア「ハァハァ・・・」ビクン
チノ「(とりあえずゆっくりとイかせてあげましょう)」クチュクチュクチュ
ココア「ハァハァハァ・・・ンッ」ぎゅぅ
ココア「ハァハァ・・・(どうしよう、またなんかきそう・・・)」
ココア「(やだぁ・・・嫌なのに体が反応して・・・)」ピクピク
ぎゅぅぅ
チノ「(そろそろ行きそうですね)」クチュクチュクチュ
ココア「んっ・・・///」ぎゅぅ
ココア「アッぅ・・・」ビクンビクン
ココア「ハァハァ・・・・(痙攣?が止まらない・・・ッ)」ビクビク

57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:25:29.78 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「(もう一回)」クチュクチュ
ココア「アン・・・ハァハァ・・・(ま、まだ続くの・・・?)」
チノ「(ココアさんだんだん声が大きくなって///)」クチュクチュ
ココア「ハァァ・・・(ヤダヤダヤダ!もうヤダぁ)」
クチュクチュ
ココア「イッ・・・ァ」ビクンビクン
チノ「(もう一回・・・もう一回・・・)」クチュクチュ




ココア「ハァハァハァ・・・・」ビクンビクン
チノ「(軽い感じですが10回はいかせましたね)」
ココア「も、むり・・・あぁ・・・」
チノ「(もう普通に声出てますね。)」
チノ「ココアさん?ココアさん!」
ココア「ハァハァ・・・」
チノ「ココアさん!」
ココア「あ、なぁに?チノちゃん」
チノ「大丈夫ですか?お水もってきましょうか?」
ココア「う、う、、うんお願い・・・」ビクビク

58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:29:50.89 ID:TpG1Ugl80.net

バタン
ココア「私の体どうなっちゃったの・・・」
ココア「体熱い・・・」

チノ「ふぅ・・・とりあえず私達のクリが入れ替わった?のはあっていたようです」
チノ「つい調子にのってやりすぎてしまいましたが・・・」
チノ「さて、次はどうしましょうかね」
チノ「そうだ!」

ガサゴソ
チノ「あったあった、昨晩みたいに電マを使いましょう」
チノ「昨晩大丈夫でしたし、間違っても死ぬことはないでしょうし」ワクワク
チノ「とりあえず私の部屋で使ってそのあと水もってココアさんの部屋に戻りましょう」

59 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:37:18.89 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「チノちゃん遅いなぁ・・・」
ココア「心細いなぁ・・・グスン」
ココア「キャ・・・?!?!」

チノ「さて、今頃ココアさんは・・・!」ブィーン
チノ「私もムラムラしてしまいましたし膣でココアさんと一緒にイきます」グチョグチョ

ココア「キャッア・・・イヤアアアア」ビクビク
ココア「ヤダヤダアアアアッ、ヒアッ」ビクビクビク

チノ「ハァハァ・・・」グチュグチョ ブィーン

ココア「アァァ(腰が浮いて上に登ったまま戻らない)」ビクビク
ココア「死んじゃう死んじゃうぅぅぅぅx」プシャー ビクンビクン
ココア「ヒャアアアアア・・・・」ビクンビクンビクン

チノ「そろそろいきそうです・・・」ブィーン
チノ「ココアさん・・・ココアさん・・・」グチョグチョ
チノ「んっ・・・///」
チノ「ハァハァ・・・」

60 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:43:59.19 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「あ・・・あ・・・」チョロチョロ

バタン
チノ「ココアさん戻りましたよ」
チノ「ココアさん?」
ココア「ハァハァ・・・」ビクンビクン
チノ「ココアさん?寝てるんですか?」
チノ「まったくもー(すごいビクビクしてかわいすぎです)」
チノ「!?(ふとんがグショグショ)」
チノ「(ココアさんがお漏らししてます///)」クンクン
ココア「あ、ひのたん・・・」
チノ「ココアさん起きましたか、水ですよ」
ココア「あ、あいがほお・・・」ピクピク
ココア「あ、(腰が・・・体が起こせない・・・)」ビクン
チノ「どうしましたか?」
ココア「体が・・・起きなくて・・・」ビクビク
チノ「まったく仕方ありませんね!ってココアさんお漏らし?!」
ココア「あれ・・・あ・・・///」
チノ「こんなグショグショにしていったい・・・」
ココア「ふぇぇ・・・(こ、これ私が全部濡らしたの?)」

61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:47:15.16 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「まったく・・・高校生にもなって・・・」
ココア「だ、だって・・・クスン」
チノ「わかってます、そのビクビクする病気のせいなんでしょ?」
ココア「う、うん・・・」
チノ「とりあえず今日は私の部屋で寝ましょう」
ココア「あ、でも」
チノ「わかりましたね?」
ココア「はい」
チノ「じゃぁ着替えましょうか」
チノ「脱がせますよ?」
ココア「あ、うん、お願い・・・」

64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 11:58:06.18 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「はいちょっと腰うかして、それくらいならできるでしょう?」
ココア「ん、うん」
ココア「アッ・・・」ピクン
チノ「(ちょっと肌にふれただけで・・・?)」
チノ「汗拭きますね」
ココア「うん・・・」
チノ「」フキフキ
ココア「んっ・・・」ビクッ
ココア「(なんか体敏感になって・・・でもこれくらいなら大丈夫だなぁ・・・)」
チノ「(このまま膣の周り触ってみましょう)」フキフキ
ココア「ンッ///」ビクッ
チノ「(いい感じのようですね)」フキフキクニクニ
ココア「(な、なんかチノちゃんに触られて変な感じが・・・)」ピクピク
チノ「ふふふ・・・」フキフキ ズブッ
ココア「ヒャッ?!」ビクッ
ココア「(な、なに、今一瞬中に指が、でもチノちゃん気づいてない?)」
ココア「(手が滑っただけ・・・?だよね・・・?)」
チノ「(ココアさんもう受け入れる準備万端のようですね、簡単に指が入ってしまいました)」
チノ「(しかしこれ以上は怪しまれるかな・・・今夜はとりあえずここまでにしましょう)」指ペロッ
チノ「終わりました肩をかしますから私の部屋に移動しましょう」
ココア「うんありがとう、大分よくなってきたよ(ニコッ」
チノ「それはよかったです」
ココア「(やっぱりチノちゃんといると落ち着くなぁ)」
バタン

65 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:04:17.98 ID:TpG1Ugl80.net

チュンチュン
ココア「ふぁ・・・朝ぁ・・・?」
チノ「スヤスヤ」
ココア「チノちゃんの寝顔可愛い♪」
ココア「えっと・・・なんでチノちゃんの部屋で寝てるんだっけ?」
ココア「あっ・・・」
ココア「昨日あんなことがあって・・・おしっこ・・・」
ココア「ふえぇ・・・恥ずかしいよぉ・・・」
ココア「で、でも私が漏らしてるときチノちゃんがいなくてよかったぁ・・・」
ココア「あんな恥ずかしいところ見られたらいくら私でも・・・」
ココア「でも昨日はチノちゃんにいろんなことシてもらえて結果オーライかな・・・」
ココア「うん!結果オーライだよ!前向きに考えよう!」
チノ「んん・・・ッココアさん起きたんですか?」
ココア「うん!おはようチノちゃん!もうすっかり元気だよ!」
チノ「よかったです」ゴシゴシ

ココア「(あっチノちゃんの指・・・そういえば昨日チノちゃんの指あったかくてなんだか・・・///)」ジワァ
ココア「(って!私何かんがえてるんだ)」

70 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:19:22.43 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「朝ごはんにしよっか」ストン
ココア「あれ、まだ力がうまく・・・」
チノ「しょうがないですね、とりあえず今日は1日しっかり寝ててください」
チノ「店閉めたら何か薬探して買ってきますから今日は1日安静です」
ココア「えーん、チノちゃんとバイトしたかったよう!」
チノ「まったくもう!(可愛いんですから)」

カラーン
リゼ「おはよー!ってココアは?」
チノ「ココアさんは風邪でお休みです」
リゼ「昨日から変だったもんなぁ」
チノ「日曜で忙しいかもしれませんが・・・」
リゼ「いいよ!二人でがんばろう!」
チノ「ありがとうございます」

72 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:25:21.59 ID:TpG1Ugl80.net

リゼ「ありがとうございましたー!」
チノ「ふぅ・・・お昼のラッシュは終わりましたね」
リゼ「あぁ、いざココアがいないと結構きついもんだんぁ・・・」
チノ「そうですね。ちょっとココアさんにお昼ごはんをつくってきてもいいでしょうか?」
リゼ「おうわかった!まかせてくれ」

チノ「ふぅ・・・本当に疲れました、ココアさんがきてから店の売上も伸びてますし」
チノ「これからは加減を考えないといけませんね」

コンコン
チノ「ココアさんお昼です」
ココア「」モゾモゾ
チノ「ココアさん?」
ココア「あの・・・その・・・」
チノ「どうかしましたか?」
ココア「あの・・・ね・・・」
チノ「なんですか?はっきり言ってください」
ココア「・・・ぉしっこ」モジモジ
チノ「え?もう一回いってください」
ココア「だから・・・おしっこ・・・」
チノ「(今度は聞こえましたが可愛いですし)ココアさんはっきりお願いします」
ココア「うう・・・だから、おしっこ、いきたいの・・・!」

73 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:29:14.92 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ココアさんまだ一人でたてないんですか?」
ココア「う、うん、体は起こせるんだけどね」
チノ「まったく、私との仲なんですから恥ずかしがらないでください」
ココア「う、うんありがとう(チノちゃんは優しいなぁ・・・)」
チノ「はい付きましたよ、座れますか?」
ココア「う、うん、キャッ」
チノ「っと、危ないですよ」
ココア「ご、ごめん大丈夫?」
チノ「大丈夫です、パンツずらしますね」ズリ
ココア「ちょ、チノちゃ、それは自分でできるから///」グィ
チノ「いいんです頼ってください!ココアさんは病人なんですから!」
ココア「チノちゃん・・・(うる」
ココア「わかったお願いするね」

76 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:38:43.79 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「はいズラしますよ」ズリズリ
ココア「うん//(はぁ・・・チノちゃんは真剣に介抱してくれてるのになんだか維持はって恥ずかしい)」
チノ「(はぁ・・・綺麗なおまんこです・・・トイレというシチュエーションも・・・そそります)」
ココア「チノちゃん見られてたらできないよー//」
チノ「あ、はい、じゃ出てますね」
チノ「(見たかったですけどここは我慢です、チャンスはまたあるでしょうし焦ってはいけません)」
バタン

チノ「それよりココアさんがおしっこするお手伝いをしましょう」クチュ

ココア「ヒャッ///」
ココア「またあそこがじんじんして・・・」

チノ「ここを刺激すれば簡単に」クチュクチュ

ココア「ヒァ///」ビクンビクン
ココア「あ・・・あっ・・・力が抜けて・・・」ジョロジョロー
ココア「あ、でもここトイレだからいいん・・・だ・・・」
ココア「はぁ、気持ちよかった」
ココア「(あれ?気持ちよかった・・・?)」

77 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:39:33.43 ID:TpG1Ugl80.net

コンコン
チノ「ココアさん終わりましたか?」

ココア「あ、うん」フキフキ

ガチャ
ココア「ちょ、チノちゃんまだふいてる///」フキフキ
チノ「そんなの私にいえばやりましたのに(うーんもどかしい刺激です)」ピクッ
チノ「それじゃパンツ履いて戻りますよ」
ココア「はーい!」

78 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:46:37.52 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「それじゃぁ安静にしててくださいね」
ココア「うん!ありがと!」
バタン

ココア「気持ちい・・・・?ってなに?」
ココア「いや普通おしっこしたら気持ちいよね」
ココア「うんそうだ!」モゾモゾ
ココア「それにしてもチノちゃん優しいなぁ・・・」

ココア「チノちゃん・・・昨日はナデナデしてくれたり・・・」
ココア「チノちゃん・・・」
ココア「このヘンがムズムズするんだよね・・・」クチュ
ココア「そういえばここが気持ちよくなるところだって聞いたことあるよな」クチュクチュ

ガチャーン
リゼ「チノ!?」
チノ「/////」
リゼ「チノ!大丈夫か!?怪我は!?」
チノ「だ、だいじょうぶです////」
チノ「すぐ片付けます///」カチャカチャ
リゼ「そ、そうか?」
チノ「(い、いきなり!?バレた!?)」カチャカチャ
チノ「ちょ、ちょっとお手洗いいってきます」
リゼ「あ、あぁ」

79 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:49:49.55 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ハァハァ・・・い、いきなりどうして」ビクッ

ココア「全然気持よくなんないや・・・やっぱり私まだ子供なんだなぁ・・・」クチュクチュクチュ

チノ「あぁ・・・///ココアさん容赦なさすぎですっ・・・」ビクゥ

ココア「中にチノちゃんの指が入った時はなにか感じたんだけどなぁ・・・」クチュクチュ

チノ「あぁ、ココアさん・・・」クチュ・・・

80 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:53:20.95 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ココアさん・・・ココアさん・・・」クチュクチュ

ココア「ふぁ・・・///」ビク
ココア「急にきた、こういうものなのかな」クチュクチュ

チノ「ココアさん・・・ココアさん・・・」クチュクチュ

ココア「ハァハァ・・・」ビク
ココア「指を中に・・・」グチュ・・・・
ココア「ハァハァハァ・・・」グチュグチュ
ココア「あぁぁ、、、これがイくっていうのかな」グチュグチュ
ココア「イク・・・!!」ビクン
ハァハァ・・・

チノ「ふぅ・・・収まりましたね・・・?」
チノ「なんだったんでしょう、確かめにいきますか」 👀

81 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 12:59:33.55 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「ハァハァ・・・・」グチョ
ココア「あそこから液がこんなに・・・」
ココア「こんなエッチなことして///」

ガチャ
チノ「ココアさんお加減はどうですか?」
チノ「ココアさん?!(顔がほてって目がうつろになって・・・)」
ココア「ひゃっチノちゃん?!」ビクッ
ココア「な、なに?」
チノ「熱上がってるんじゃないですか?(クンクン」
チノ「(これは完全にオナってたようですね・・・)」
ココア「なんでもない、なんでもないからぁ!」
チノ「何を焦ってるんですか?」
ココア「べ、別に焦ってないよぉ(ニヘラァ」
チノ「なんだか知りませんがおとなしくしててください」
ココア「はーい」
バタン

チノ「どうやらバレたわけではなさそうです・・・」
チノ「それにしてもココアさんが自らオナニーするとは」
チノ「私が強制的にイカせるのとまた違った魅力があります///」

82 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:05:28.17 ID:TpG1Ugl80.net

リゼチノ「ありがとうございましたー!」
リゼ「ふー、午後のラッシュも終わって大体終わりだな!」
チノ「そうですね、ありがとうございました」
リゼ「なぁに軽い軽い」

チノ「(それにしても今後の展望を考えなくては)」
チノ「(ココアさんを私の前で盛大にイカせる羞恥プレイをしたいですね)」
チノ「(この一日で私にいろんなところを見られて大分意識してるみたいですし)」
チノ「(それに私達のクリが入れ替わってるのも遅かれ早かれバレてしまう)」
チノ「(バレた上でのそういったプレイも最高ですがバレる前も捨てがたい)」
チノ「(それにバレてしまってからでは体験できませんしね)」
チノ「(しかしココアさんの前で露骨に電マを使うわけにもいきませんし・・・)」
リゼ「どうしたチノ?ぼーっとしてるぞ」
チノ「あ、いえ、今日は忙しかったので」
リゼ「あぁそうだな!ココアのめんどうもあるし今日は私も手伝おうか?」
チノ「!!」
チノ「本当ですか?ぜひお願いします!」

84 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:21:29.70 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「ここにビデオカメラを設置して・・・」

コンコン
リゼ「水持ってきたぞーってココア寝てるのか」
チノ「はい、そのようです」
ココア「ううん・・・」
ココア「あ!リゼちゃん!」
リゼ「お、目が覚めたか!思ったより元気そうだな」
ココア「うんもうすっかり!」
リゼ「それはよかった」
チノ「私はかぜ薬買いに行くのでリゼさんはココアさんの着替えお願いします」
リゼ「まかせろ!こういうのは得意なんだ」
ココア「もう~すっかりよくなったのに心配症だな~」
チノ「ではいってきます安静にしていてくださいね」
コゼ「いってらっしゃーい」

チノ「さて・・・私は屋根裏に・・・」
ガサゴソ
チノ「このへんかな」
チノ「よし、よく見えます」
チノ「ちょうど着替えてるところのようですね」

87 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:25:53.24 ID:TpG1Ugl80.net

リゼ「ほらばんざーい!」
ココア「はーい!」
リゼ「ほら、下も脱いで」
ココア「はーい!」
リゼ「じゃ、拭くぞ」
ココア「うん♪」

チノ「ふふ・・・」クチュ

ココア「ンッ」ビクッ
ココア「え?」

チノ「」クチュクチュクチュ

ココア「(ふぇ、今?!)」ビクン
リゼ「どうしたココア?」
ココア「い、いやなんでも、こそばくて」

チノ「焦ってますね」クチュクチュクチュ

リゼ「ほら動くな」
ココア「う、うん//ちょっとトィレ」ビク
ココア「ヒアッ」ビクン

チノ「逃がしませんよ」クチュクチュクチュ

リゼ「ほら動くなってごしごし」
ココア「ハァハァ(ど、どうしようもしも昨晩みたいなことになったら・・・)」ビクン

92 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:36:58.02 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「ハァハァ・・・(こんな、恥ずかしいところどうしたら・・・)」トロッ
ココア「(あそこから汁も垂れてきてこんなのリゼちゃんの目に入ったら・・)」
リゼ「お、おい大丈夫か?息あらいぞ?

チノ「本当にココアさんは可愛いですね・・・///」クチュクチュ

ココア「ハァハァ(こ、これでキツイのきたらヤバイ・・・どっかに隠れなきゃ)」

チノ「さて、電マの登場ですよ」ブィーン

ココア「キャッ」ビクン
リゼ「ココア?!」
ココア「み、みないで!アッァ、ハァハァ・・・」
リゼ「おい!ココア落ち着けしっかりしろ!」
ココア「ンア・・・アッ、アッ」ビクン

93 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:40:22.54 ID:TpG1Ugl80.net

チノ「まだまだです」ブィーン

ココア「アァァァァ、ヤダ嫌だぁああ」ビクンビクン
リゼ「(どうしよう手がつけられない)」
ココア「もう、イったイッった・・・からぁ・・・」ビクンビクン

チノ「そろそろ限界っぽいですね」ブィーン

ココア「ひや・・・(なんか出ちゃいそう)」
ココア「ヤダ、見られたくないいやいやあああ ハァッ」
ココア「みないでぇええええええ」ビクンビクン プシャー
リゼ「!!?」

チノ「いいですねもっとイきましょう」ブィーン

ココア「イヤァァァやだ、もう無理ィイイイ」シャー ビクンビクン
リゼ「ココアがエビ反りになって、ここれは相当やばいんじゃ・・・」
ココア「あっ・・・あっ・・・」ビクンビクンビクン

チノ「ふふh・・・」カチッ
チノ「いい映像がとれましたね」
チノ「さて事前に買っておいたかぜ薬を持って戻りましょう」

94 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:46:12.34 ID:TpG1Ugl80.net

リゼ「ココア!しっかりしろココア!」
ココア「(終わった・・・)」ビクンビクン

ガチャ
チノ「ただいまです」
リゼ「チノ!ココアが大変なんだ!」
チノ「どうかしたんですか?・・・ってこれは・・・」
チノ「部屋中水浸しじゃないですか、ココアさんは裸で、いったいなにが」

リゼ「そうなんだ、ココアがいきなり苦しみだして、いまは放心状態で」
チノ「なんですって・・・詳しく教えてください」
リゼ「あ、あぁ、体を拭いていたら突然顔が高揚しだして」
リゼ「落ち着くようにいったんだが体が痙攣しているようで」
リゼ「そのままパニックになっておもいっきりエビ反りになっておしっこをまき散らして・・・」

ココア「(あ・・・やっぱり私おしっこしちゃったんだ・・・ハハ・・・)」ビクンビクン
リゼ「まだココア痙攣してるみたいだしどうしたら」
チノ「とりあえず水分をとらせて・・・」
・・・

96 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 13:50:45.82 ID:TpG1Ugl80.net

ココア「スヤスヤ・・・」
チノ「落ち着いたようですね」
リゼ「しかし一体何の病気なんだ・・・ただの風邪・・・?ではなさそうだが」
チノ「わかりません、明日は学校休ませて病院に連れて行きます」
リゼ「あぁ、頼む、私も放火後すぐみまいにいくからな」
チノ「ありがとうございます、とりあえず今日はもう休みましょう」
チノ「夜は、インスタントラーメンくらいしかないんですが・・・」
リゼ「あぁ十分だ!」

チゼ「ごちそうさま」

チノ「じゃぁ寝ましょうか」
リゼ「そうだなこんばんわ私も同じ部屋で寝るよ」
チノ「ありがとうございます」
チゼ「おやすみなさい」

ココア「スヤスヤ」
チノ「ココアさんの寝顔は本当に可愛いですね・・・」ナデナデ
チノ「(さて、明日はどうしましょうか)」

終わり

100 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 14:22:38.64 ID:UK93zII2d.net



101 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/28 14:32:02.89 ID:2USYhjN/0.net

リゼさん放火後ってヤバいだろ


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1425078267/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP