PickUp
スポンサード リンク
1 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:36:08.44 ID:r9aRoKpy0



※短め、キャラ崩壊注意です。

※少々、地の文があります。

※登場人物の台詞が読み辛い箇所があります。


上記三点を予めご了承ください。



2 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:40:15.12 ID:r9aRoKpy0



先日、家具コイン合計72000枚を使って、執務室にカウンターバーと各酒棚を設置した。


これは決して私用目的ではなく、一日秘書艦を勤めてくれた艦娘に対しての細やかな労いである。


ビールにウィスキー、ワインに日本酒。


酒に対する艦娘たちの趣向はそれぞれ異なり、姉妹艦であっても別々になることは珍しくない。普通の人間と同じである。


また、ビスマルクなどのドイツ艦が、ビールよりもワインを好むことに少々驚いたのも事実だ。


彼女曰く、『ドイツはビールというイメージだけれど、ワインも美味しいのよ? 今度、持ってきてあげるわ』


とのことだ。楽しみにしておこう。


……話が逸れてしまった。

4 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:45:56.76 ID:r9aRoKpy0



そんな中、ある艦娘に疑問を持った。


彼女は何故か、艦娘であるということを理由に酒を固辞しているのだ。


飲めないのだろうか? 確かに、殆どの駆逐艦はまだ酒が飲めない。しかし、彼女は駆逐艦ではない。


そして、彼女の妹は普通にウイスキーを飲む。その妹にも聞いてみたが、姉が酒を飲んでいるのを見た事はないらしい。


疑問が好奇心に変わるのに時間はそうかからなかった。


そう、『彼女に酒を飲ませたらどうなるのか』という好奇心が、いつの間にか心に住み着いていた。


彼女が秘書艦の日、ようやく好機は訪れる。


少しだけ他愛のない用事で執務室から彼女を退出させ、その間に彼女のソフトドリンクを日本酒で割っておく。


本来ならば香りや味で気付かれそうだが、元のソフトドリンクの方が香りも味も強い。


そんな細工がされているとは知らない彼女は、一気に半分ほどの量を飲み込み、少しばかり遠い目をした後、俺の方へ向き直ってこう言った。


長門「ていとくー! このじゅーすおいしーよ!」


日本が世界に誇るビッグセブン。戦艦長門。


眼前の彼女が見せているのは、先ほどまでの凛々しい表情とは変わって、まるで子供のような笑顔であった。




6 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:49:55.52 ID:r9aRoKpy0



提督「お、おう……。それは、良かった……」


長門「もっとのみたいー。いい?」


提督「あ、ああ。分かった……ちょっと待っててくれ」


長門「やったー! ていとく、だーいすき!」


提督「分かった。分かったから抱き着くな!」


長門「やだー! だってながもん、ていとくのことすきなんだもん!」


提督「(な、ながもんってなんだ!?)す、座っていないとジュース、作ってあげないぞ!」


長門「うー……。わかった。ながもん、すわってる……」


提督(ふぅ……。それにしても、さっきの感触、凄かったな。流石ビッグセブンだ……)


長門「ていとくー。じゅーす、まだー?」


提督「す、すまん。もうちょっと待っててくれ」


長門「むー……。もうまてないから、ていとくのじゅーすのんじゃうね!」


提督「ま、待て! それはジュースじゃないんだぞ!」


長門「んぐ……んぐ……おいしー!」


提督(嘘だろ……。度数がかなり高いウォッカを一気飲みしてしまうなんて……)



7 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:53:05.75 ID:r9aRoKpy0



長門「……ねぇ、ていとく」


提督「な、何だ?」


長門「……ていとくは、ながもんのこと、きらいなの?」


提督「は?」


長門「だって、だってだって! こんごうとかかがとか、ほかのみんながかえってきたらていとくはにこにこしてるのに……

 わたしがかえってくると、いつもおこっているんだもん!」


提督「え、えーと……」


長門「むつにだってにこにこしてるのに……。ながもん、なにかわるいことしたの?」


提督(……長門に対して、確かに笑顔で迎えることは少なかった気はする。長門の纏う雰囲気でなかなか、笑顔を作れない俺にも

 非はあるな……)


長門「ながもん、わるいことしたならあやまるから! ていとくににこにこして『おかえり』っていってほしいの!」


提督「長t……いや、ながもんは悪いことをしていないよ」


長門「ほんとう……?」


提督「ああ。俺が、ながもんの気持ちまで考えてあげられなかったんだ。ながもんは強いって……そういう風に思い込んでいたんだ」


長門「な、ながもんはつよいよ! だってびっぐせぶんだもん! ……でも、ていとくにきらわれてるっておもうと……」


提督「ごめんな。でも、これだけは憶えていてくれ。ながもんのことも、俺は他の皆と同じくらいに大事だってことを」



8 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:56:18.07 ID:r9aRoKpy0



長門「ていとく……。ながもんのこと、ほんとうにきらいじゃない?」


提督「嫌いなんて思うものか」


長門「じゃあ、ながもんのこと、すきなの……?」


提督「(ん? 何か雲行きが怪しいな……)ま、まぁ、好きか嫌いかでいえば、好きだぞ」


長門「じゃ、じゃあ……ながもんのこと、およめさんにしてくれる!?」


提督「えっ」


長門「む、むつが言ってたもん。ていとくのいちばんだいすきなひとが、ていとくのおよめさんになれるんだって!」


提督(陸奥さぁぁぁん! 一体どんな話をしているんですかぁ!?)


長門「ていとくは……ながもんのこと、およめさんにもらってくれない?」


提督(い、言っていることは幼児並なのに、身体が大人のせいなのか……妙に色気を感じてしまう。いつもの様子とのギャップも

 凄まじい……)


長門「なら、ながもんのことにむちゅうになれるおまじない、してあげるね!」



9 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 08:59:03.58 ID:r9aRoKpy0



提督「おまじないって……んっ!?」


長門「ながもんから、めをそらさないで……んちゅ……ん」


提督(お、おまじないをかけてあげると言われた次の瞬間、顔を両手で掴まれて、キ、キスをされている……なん、て……)


長門「ぷはぁ……どう? ていとく、ながもんにむちゅうになってくれた?」


提督(長門の唇から、俺の唾液と長門の唾液が混ざったものが下へ伝っている……。こ、これ以上は本気で、ヤバい、な……)


長門「むぅ……なら、もういっかい、おまじないだよ!」


提督(ヤバいっ! もう一回さっきのことをされたら、間違いなく理性が崩壊する!)


長門「そおれっ……?」クラッ


提督「危ないッ!」ガシッ


長門「あれぇー? ていとくがーふたりー、さんにんー、あはは、いっぱいだぁー」


提督「長門! しっかりしろ、長門!」


長門「ていとくー。わたしはー、ながもんだってばぁ……」


提督「長門! ……長門?」


長門「ZZZZZZ……」


提督「眠ったのか……。しかし、長門がこんな悩んでいたとはな。明日から気を付けるとしよう」



その後、長門を部屋まで運び、陸奥に事情を話した。


彼女はあらあら、と苦笑いを浮かべて、布団に長門を寝かせた後、


陸奥「これだから火遊びは危険なの。以後、気を付けてくださいね」


その声に対し、了解したと返答をして、長門と陸奥の相部屋を後にする。



自室に戻る際、ふと、窓に映った自分の顔を見て、酔っていた長門の言葉が蘇る。


『わたしがかえってくると、いつもおこっているんだもん!』


笑みを浮かべようとするが、なかなか思うようにはいかなかった。




10 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 09:02:32.46 ID:r9aRoKpy0




「姉さん」


「……」


「姉さん。本当は、眠っていないでしょう?」


「……」


「恐らく、酔ってもいない……。いえ、提督のウォッカを一気飲みしたと聞いたから、その辺りは酔っていたんでしょうけれど」


「……」


「姉さん。貴女の纏う雰囲気が、提督の笑顔を難しくしているの。もうちょっと貴女も笑ってあげたりすれば、あの人もきっと

 笑ってくれる」


「……」


「以上、妹の独り言でした。おやすみなさい」


「……」


「……」


「……笑顔、か」


(全く……不器用な姉さんなんだから)



11 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 09:05:37.24 ID:r9aRoKpy0

翌日


提督「本日は、西方海域の敵最終拠点、カスガダマ沖へ出撃する! 旗艦は長門!」


長門「ハッ!」


提督「霧島、長門の補佐を頼む」


霧島「了解しました!」


提督「夕立、時雨! この海域では潜水艦がほぼ確実に出現する。その潜水艦の相手を頼む」


夕立「はい!」


時雨「任されました!」


提督「利根! あと少しで練度が改二実装まで到達する。ここで上げるぞ」


利根「承知した!」


提督「木曾! 改二で重雷装巡洋艦となった力、ここで見せてくれ」


木曾「いいぜ! 俺を信じてくれよ!」


提督「健闘を祈る!」


長門「……提督!」


提督「長門、どうした?」


長門「……いえ、行ってまいります」ニコ


提督「! ……ああ。吉報を、待っている」


長門「……では」



長門「第一艦隊、出撃するぞ!」


12 : ◆P2oog34ThKm7[saga] 2015/03/01 09:09:42.81 ID:r9aRoKpy0

アニメで辛いカレーが駄目だった長門さん。
お酒も駄目らしいですが、果たしてそれが本当なのかどうか……。


長門型には未だ出会えません……。
建造レシピを回しても、金剛型か伊勢型。
ドロップ狙いで3-3を周回していますが、ボス手前の羅針盤が……うごごご。

最後に、長門提督、ファンの方には本当に申し訳ないです。
まぁ、こんな長門さんもいるよね、という暖かい目で見てやってください。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1425166568/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
429位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
32位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP