PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:06:10.76 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「目暮警部に金を渡して今夜二人を米花公園に行かせるよう頼んでおいた」

阿笠「理由はまあ麻薬取引のタレコミがあったからイラズラかもしれんが念のため張り込んで貰うとか適当にな」

コナン「ほう」

阿笠「そしてこのパソコンに移っているのが公園に仕掛けたカメラから送られる映像じゃ」

コナン「二人がいるな」

阿笠「では早速スイッチを押してみよう」ポチッ

コナン「あっ、セックスし出した」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:07:52.71 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「おーおー激しいねぇ」

阿笠「けしからんな」

コナン「けしからんな」

阿笠「しっかり記録を残しておかんとか」

コナン「まあ上質なオカズではあるな、うん」

阿笠「何を言っておるこれをただのオカズで済ませるはずがないじゃろう」

コナン「えっ」

阿笠「ほっほっほ」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:11:38.64 ID:GMq0YX/A0.net

 翌日

阿笠「で、佐藤刑事」

阿笠「この映像を見て何か言いたいことはあるかの?」

佐藤「……」

阿笠「けしからんのう、警察が夜中に公園で野外セックスなどと」

阿笠「まあ今はワシぐらいしか映像を持っておらんが」

阿笠「これの事実がネットを通じて世界中にバラまかれたらどうなるかのうwwwwwwwww」

7 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:14:09.23 ID:k7SW5kUR0.net

阿笠博士最低だな

8 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:15:46.46 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「まあ佐藤刑事がいくつかワシの要求を聞いてくれれば」

阿笠「この映像はワシのパソコンの中だけの存在にしておいても良いんじゃが」

佐藤「……脅しているつもりですか?」

阿笠「ん? そう聞こえんのかの?」

佐藤「私がこの程度の脅しに屈するとでも……」

阿笠「わかっておらんのうかのう、佐藤刑事」

阿笠「この映像が君一人の野外オナニー映像とかだったら被害は君だけじゃろうが」

阿笠「高木君とのセックスが映っておるということは」

阿笠「当然こんな卑猥な行為をした罪は高木君にも降りかかる」

佐藤「!?」

阿笠「まあ自分の人生と一緒に高木君の人生もまとめて壊したいのなら別じゃがのwwwwwwwwww」

佐藤「くっ……」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:19:50.83 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「……わかったわ……阿笠博士。あなたの言うことを聞く。だからこの映像のことは内密にしなさい」

阿笠「しなさい?」

佐藤「……して、ください……」

阿笠「ほっほっほwwwww良いじゃろうwwwwwwwww」

佐藤「……それで、要求って……?」

阿笠「んー? そんぐらい察しておるじゃろう?wwwwwwww」

佐藤「……」

阿笠「とりあえずスカートをめくりあげなさいwwwwwwwwwww」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:23:44.98 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「んふぅwwwwこれが佐藤刑事のおぱんつかwwwwwwww」

阿笠「ぱんつ越しにおまんこの匂いがするのうwwwwwたまらんのうwwwwwwwwww」

佐藤「く……ぅ……っ……///」

阿笠「しかし昨日高木君と野外でしたばかりじゃろうからな」

阿笠「高木君のモノも残っているかもしれんわけか……これはアレじゃの。確認せんとの」

阿笠「おぱんつを脱いでおまんこを広げて中を見せなさいwwwwww」

佐藤「……」プルプル

阿笠「ほれほれwwwww早くせんと映像を世界中にバラ撒いてしまうぞ?wwwwwwwwww」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:24:45.46 ID:5aFAVS/j0.net

まじかよ光彦最低だな

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:28:11.14 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「ぅっ……」クパァ

阿笠「ほっほwwwwwwまあ綺麗なもんじゃのwwwwwwwww」

阿笠「家に帰った後風呂でシャワー浴びて洗うぐらいはしたかwwwwwww」

阿笠「この中にワシのモノをブチ込むと思うと今からフルボッキもんじゃなwwwwwwwww」

佐藤「え……」

阿笠「む? 何じゃ? まさか見られる程度で終わると思っておったのか?」

阿笠「そんじゃわけないじゃろうwwwwwww佐藤刑事の体をたっぷり堪能させてもらうからのwwwwwwwwww」

佐藤「……」

18 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:32:05.50 ID:CosIs0rEd.net

マジかよ光彦最低だな

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:32:48.65 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「さーてまずは佐藤刑事の口から楽しませてもらうかのwwwwwwwww」

佐藤「や……いやっ!」

阿笠「んぶちゅぅうううううううううwwwwwwwwwwww」

佐藤「んむぅうううう!?」

阿笠「れろれろれろちゅっぱちゅっぱwwwwwwwwwww」

佐藤「んんー!!! んむぅううう!!!!!!」

阿笠「んぷはぁ――ッ!!!!!! 佐藤刑事の口の中は美味いのぉおおおwwwwwwwwww」

佐藤「う……ぷっ……」

阿笠「そうじゃwwwww今度は佐藤刑事の方からワシにキスしてくれwwwwwww」

阿笠「『好き』と一言添えながらのwwwwwww」

佐藤「!? い、嫌よそんな……・」

阿笠「映像」

佐藤「っ……」

阿笠「ほっほっほwwwwwwwwww」

20 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:35:21.36 ID:nV2IrXdk0.net

鬼畜すぎワロタ

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:37:30.60 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「す……好き……」

 チュッ

佐藤「んっ……好き……好きッ……」

 チュッ チュルッ

阿笠「んほぉおおおwwwwwwww佐藤刑事と恋人のようならぶらぶちゅっちゅぅううううううwwwwwwwwww」

阿笠「たまらんのぉおおおおおwwwwwwwwwwwwww」

佐藤「ぅ……」

阿笠「ほれwwwwwwせっかくじゃから服をはだけさせてwwwwwwww」

阿笠「乳首オナニーしながらキスしなさいwwwwwwきっとすごく気持ち良いじゃろうwwwwwwwwww」

佐藤「ぅ……ぁ……嫌……」

阿笠「えーいーぞーうー」

佐藤「ぅぇ……ぬ、脱ぎます……」

阿笠「これこれwwwww脱がずにはだけるだけにしなさいwwwwwwwwww」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:39:00.86 ID:0zr2mdQG0.net

阿笠こいつは分かってる

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:39:56.32 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「ぁ……ぁぅ……」

 クニクニ

佐藤「んっ……んくっ……」

 コリコリ

阿笠「これこれ乳首オナニーに夢中になってキスを忘れてはいかんぞぉおおおおおwwwwwwwww」

佐藤「んぶっ!?」

阿笠「んちゅぅうううううううwwwwwwwwwww」

佐藤「んっ……んぐぐぅっ……!」

佐藤(こんなの……こんなの気持ち悪くて嫌で嫌で仕方ないのに……)

佐藤(なのに……ッ……!)ゾクゾク

阿笠「んむちゅぅうううううううううwwwwwwwんほぉおおおおwwwwwwwwwwwwwww」

25 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:42:32.86 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「んぷは――ッ!!!!! さーて言い具合に佐藤刑事も蕩けてきたところでwwwwwwwww」

阿笠「そろそろワシのおちんぽを舐めて貰おうかのwwwwwwwww」

 ジーッ

 ズン!

佐藤「!?」

阿笠「ほっほっほwwwwwww中々の大きさじゃろう?wwwwwwwwwwww」

佐藤(嘘……高木君のと全然違う……)

阿笠「年老いてもここだけは元気で居られるように日々研究を重ね作った薬品とかを飲みまくったからのうwwwwwwww」

阿笠「まあ副作用でチンカスが酷く付く体質になってしまったんじゃがなwwwwwwwww」ムワァ

佐藤「ぅぷっ!?」

佐藤(ひ、酷い匂い……こんなのを舐めろっていうの……!?)

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:45:07.80 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「ほれwwwwwまずはこのチンカスを舌で舐めとりなさいwwwwwwwwww」

佐藤「ぅ……ぉぇ……」

佐藤(味わっちゃダメ……匂いを嗅いじゃダメ……とにかく耐えて早く終わらせなきゃ……)

 レロ ネチョ ヌチャ

佐藤「お゛っ……ぅえ゛っ……」ガタガタ

阿笠「んふぅwwwwwwww不快感で吐きそうになる佐藤刑事の表情はたまらんのうwwwwwwwww」

阿笠「既にさきっちょからじわじわ我慢汁が出始めてきおったわいwwwwwwwwwww」

28 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:48:21.12 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「な……舐めとりまひは……」

阿笠「んー? 舌の上に乗せたままチンカスを処理できておらんではないか」

阿笠「よーく味わってごっくんしなさいwwwwwwwwwwww」

佐藤「む……無理れふ……」

阿笠「んー? 映像がどうなっても良いのか?」

佐藤「ぁ……ぅ……」

阿笠「あー、これはもうアレじゃな。言うこと聞きたくても精神的に行動できんくなってしまっておるな」

阿笠「仕方がない」




阿笠「佐藤刑事が口の中に入れているものを強制的に味わうスイッチ!!!!!!!!!!!!」

佐藤「んんんんん!!!!!!!!!!!!!!!!!?」

阿笠「よーく咀嚼して味を堪能したあとごっくんさせるスイッチ!!!!!!!!!!!!!」

 くっちゃくっちゃ ごっくん

佐藤「んぐぉぶぇえええあぁああああああ!!!!!!!!!!」

阿笠「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:51:51.78 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「お゛っ……ぉっ……」

佐藤「お゛ぅ゛え゛ぇええええええええええ!!!!!!!!」ゲボゴボォ

阿笠「んほっwwwwwwwついに吐きおったwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

佐藤「お゛っ……う゛え゛っ……」

阿笠「うーん、吐瀉物独特の酸っぱさが混じった異臭じゃのうwwwwwwwwwwww」

阿笠「その吐瀉物まみれの口に突っ込んでもいいんじゃが」

阿笠「そんなことよりもう佐藤刑事の中に入れたい欲求で収まらんのでのwwwwwwwwwwww」

佐藤「も……許……」

阿笠「あー? 良く聞こえんわwwwwwwwwwwwwwwww」

阿笠「では」



阿笠「佐藤刑事のおまんこにインストール!!!!!!!!!!」ズボォ

佐藤「ぁ゛がっ!?」

30 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:56:00.02 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「んほぉおおおおおおおwwwwwwwww佐藤刑事のおまんこは気持ちいいのぉおおおおおおおwwwwwwwwww」

佐藤(ふ……太ッ……!? それに子宮口にそんな強く押し付けるようにッ……!?)

阿笠「ほーれ動きまくって佐藤刑事の子宮口をコンコンとノックしようかのwwwwwwwwwwww」ズコズコズコズコ

佐藤「んぐっ、ぁひっ!?」

阿笠「コンコーンwwwwwwww入ってますかー?wwwwwwwwwww高木君の精液はもうここに入ったことあるんですかー?wwwwwwww」

阿笠「ほれどうなんじゃ佐藤刑事wwwwwwwww高木君にはもう中出しさせたのかの?wwwwwwwwwwwwwww」

佐藤「ま……まだ……ゴム付けて……」

阿笠「ほっほっほwwwwwwそうかwwwwwwwwwwwwww」

阿笠「じゃあ佐藤刑事の子宮に最初に精液を注ぎ込むのはワシというわけじゃなwwwwwwwwwwww」

佐藤「!?」

32 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 00:59:45.59 ID:GMq0YX/A0.net

佐藤「嫌……待って……それだけはダメ……」

阿笠「ん? 映像がどうなっても良いのかの?wwwwwwwwwwwww」ズチュッズチュッ

佐藤「嫌! それも嫌だけど中に出すのも嫌ぁ!!!!!!!」

阿笠「しかしここまで来て外に出すというのも勿体ないじゃろうwwwwwwwwwwwwwwww」ズッチャズッチャ

佐藤「嫌! やめて! やだやだやだやめてぇ!!!!!」

阿笠「あー、佐藤刑事の体の中でワシの子が孕むのかwwwwwwwwどんな子が生まれるか楽しみじゃのうwwwwwwww」

佐藤「嫌ぁああああ!!!!!! 嫌ぁぁあぁあああぁああああ!!!!!!「」

阿笠「んふぅwwwwwwwこういう中出しを本気で嫌がる声wwwwwwたまらんwwwwwwwwもう出るwwwwwwwwww」

佐藤「嫌ぁああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

阿笠「んほぉおおおおおおおおおおおおおおおおッ!!!!!!!!!!!」


 ドビュルルルルルルドビュビュビューッ!!!!

34 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:03:15.69 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「んふぅwwwwwwww気持ち良かったわいwwwwwwwwwwww」

阿笠「さあおまんこからおちんぽを抜……」

 グッ

阿笠「?」

 グッ グッ

阿笠「……!?」

阿笠「な、何故じゃ!? 何故おちんぽがおまんこから抜けなく……」

「どうやらまだ気付いてないようだな」

阿笠「!?」





コナン「阿笠博士……いや、最低の強姦魔!!!!!!」

38 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:07:56.42 ID:GMq0YX/A0.net

阿笠「し、新一!? 何故君が!?」

コナン「悪いが俺は博士の悪趣味に全部付き合うつもりはないんでね」

コナン「超えちゃいけねぇラインぐらいは知ってるさ」

阿笠「き、貴様……今までワシと様々な悪事を働いて来て今更何を……」

コナン「今回博士がカメラを仕掛けオカズに済ませるだけじゃないと言ったとき……」

コナン「こういう展開になるだろうなと察しは付いた」

コナン「だから俺は博士が佐藤刑事に連絡する前に博士の持つ佐藤刑事への連絡先を」

コナン「俺の連絡先へ書き換えた」

コナン「メールで来たのは楽だったぜ……電話で来ても変声機でどうにかなったが、演技ってのは疲れるからな」

39 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:09:44.32 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「そして俺の所に来た連絡に……佐藤刑事のふりをして返信」

コナン「その後偽物の佐藤刑事を博士の所に送り込み」

コナン「この行為の一部始終を見させてもらった」

コナン「やはり俺の思った通りのことをしてくれたな」

阿笠「に、偽物の佐藤刑事!? ということはこれはまさか……」

コナン「そうだ……」




コナン「3Dプリンターで作った偽物だ」

阿笠「3Dプリンターだと!?」

42 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:11:41.23 ID:1tq5QdV90.net

デーレデッデッテー デーレデッデーテーテー テレッテー テレッテー テーテー

43 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:13:57.57 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「もちろんただの3Dプリントの産物じゃない」

コナン「そいつには佐藤刑事と同じ精神データを放り込み」

コナン「外殻には人間の肉とほぼ同じになるような特殊蛋白質を使用」

コナン「体内の吐瀉物や体液も再現できるよう特殊液体をセットした」

コナン「言わば蛋白質でコーティングしたロボットってところかな」

阿笠「な、なんと……現在の3Dプリンターはそんなこともできるのか」

コナン「できるんだ」

阿笠「すごいのう」

コナン「すごいだろ?」

44 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:14:29.50 ID:OECJ7SFL0.net

すごい

48 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:16:46.80 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「そしていくら人間に近くしたとしてもそれはロボット……」

コナン「俺がこちらからスイッチを切れば動かなくなる」

コナン「そしてスイッチを切った瞬間、博士のチンコは偽佐藤刑事のおまんこの機械的固定で動けなくなり抜けなくなる!」

コナン「これでもう博士は身動きが取れない! 取れたとしてその状態で逃走してみろ! 通報されるぞ!」

阿笠「くっ……おのれ……」

阿笠「だがワシを捕まえるということは!」

阿笠「ワシが佐藤刑事をどういうネタで脅そうとしたかを裁判で取り上げられるということ!」

阿笠「つまり佐藤刑事や高木君が野外セックスをしたという事実は世間に公表される!」

阿笠「それでもいいのか!?」

50 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:17:54.95 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「フ……残念だったな博士」

コナン「俺は博士を裁判所に放り込むつもりはねーよ」

阿笠「な、何じゃと!?」

コナン「その偽佐藤刑事には」



コナン「爆弾が仕掛けてある」



阿笠「!?」

54 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:20:31.20 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「博士が死ねばもう二度と佐藤刑事は博士の強姦に狙われることはないし」

コナン「博士の強姦未遂、そして今までの罪は死という方法で償わせることができる」

コナン「さらにパソコン……いやこの家も爆発に巻き込んじまえばデータも消える」

阿笠「そ、そんなことをすれば哀君はどこで暮らすんじゃ!」

コナン「残念だったな! 灰原は一ヶ月前から俺と一緒に毛利探偵事務所にいるんだよ!」

阿笠「なんじゃと!? 一ヶ月哀君が帰ってこなかったのはそういうことじゃったのか!!!!!!!!!!」

55 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[sage] 2015/02/26 01:20:34.64 ID:5LSQ48pG0.net

まじかよ光彦最低だな

57 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:22:20.71 ID:k7SW5kUR0.net

まじかよ光彦最低だな

58 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:23:17.82 ID:GMq0YX/A0.net

コナン「灰原も毎日レイプ物のAVを見ながらシコシコやる博士には見切りを付けてたみてーだぜ」

阿笠「くぅ……こうなればロボットの爆発に」

阿笠「新一! 貴様も巻き込んで殺してくれる!!!!!!!!」

コナン「動け偽佐藤刑事ロボット!!!!!! 博士にだいしゅきホールドだ!!!!!!」

偽佐藤「!」

 ガシッ

阿笠「んほぉおおおおおおおwwwwwwwww佐藤刑事にだいしゅきホールドされて動けんwwwwwwwwwwwww」

阿笠「いや喜んでおる場合ではない!!!!!!! これはいかんぞ!!!!!!!!!!!!!」

コナン「さて……俺はちゃんと爆発に巻き込まれない位置まで逃げてから爆破スイッチを押すとするか……・」

阿笠「ま、待て新一! 待つんじゃ! 待ってくれ!!!!!!!!」





コナン「さようなら、博士」

 カチッ


 カッ――!!

61 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:26:17.94 ID:GMq0YX/A0.net

 翌日

灰原「なるほど、ようやくあの変態は死んだのね」

コナン「ああ。爆発を聞いた住民が警察に通報したが」

コナン「あの場所にはもう何も無い。博士の存在も、佐藤刑事を脅そうとしたデータも」

灰原「すべて解決したわけね……」

コナン「ああ、お前の作ってくれた3Dプリンターも役に立ったぜ」

灰原「フフフ、ありがとう」






灰原「ところで人肉を再現するための蛋白質はどこから仕入れたの?」

コナン「光彦をミキサーにかけた」


 おわり

62 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:27:17.52 ID:sxtWaMeia.net

マジかよ光彦最低だな

63 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:32:09.56 ID:fnUi0gHk0.net

まじかよ光彦最低だな

64 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/26 01:43:44.41 ID:V5rZcQhm0.net

マジか光彦しね


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424876770/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
31位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP