PickUp
スポンサード リンク
1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:36:14.37 ID:sYysWEnNM.net

チノ「いきなり何を言い出すんですか。ココアさん」

ココア「だーかーらー! 私、チノちゃんから生まれたいの!」

チノ「言っている意味が分かりません」

ココア「えー? 分からないってどこらへんが?」

チノ「全部です。全部」

ココア「私のこと生んでくれるだけでいいんだよ?」

チノ「何かおかしなものでも食べたんですか」

3 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:39:09.77 ID:sYysWEnNM.net

ココア「まぁいいや。チノちゃんが私のことを生む方法は、
   こっちで用意してきたから」

チノ「よくないですよ。なんでこの歳で出産を経験しなくちゃいけないんですか」

ココア「とりあえずその方法ってのが二つあるんだけど」

チノ「私の話を聞いてください」

ココア「まずはチノちゃんを妊娠させて、その赤ちゃんに私が転生する方法と、
   無理矢理チノちゃんの中に私が侵入する方法があるんだけど。
   どっちがいいかな?」

チノ「どっちも嫌です」

4 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:42:11.68 ID:sYysWEnNM.net

ココア「なんで?」

チノ「嫌なものは嫌なんです」

ココア「どうして嫌なの?」

チノ「ココアさん」

ココア「ん?」

チノ「どこかおかしくなったんですか。
  なんか変ですよ、今日のココアさんは」

ココア「どうして嫌なの?」

チノ「お願いですから会話をしてください」

5 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:45:14.81 ID:sYysWEnNM.net

ココア「とりあえず、私がチノちゃんの赤ちゃんに転生する方法を試してみよっか」

チノ「試しませんって。やめてください」

ココア「ねぇ、チノちゃん」

チノ「なんですか」

ココア「どうやったら女の子が妊娠するか、知ってる?」

チノ「し、知ってますけど」

ココア「どうやるの?」

チノ「それは……」

6 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:48:26.78 ID:sYysWEnNM.net

ココア「どうやったらチノちゃんは妊娠するの?」

チノ「……」

ココア「チノちゃん?」

チノ「せ……」

ココア「せ?」

チノ「せ、性交して……、受精すると、妊娠しますよ」

ココア「ダメよチノちゃん! セックスだけならまだしもその歳で受精なんてしたら!
   お姉ちゃんそんなこと許しませんからね!」

チノ「ココアさんが言わせたんじゃないですか……」

9 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:51:27.74 ID:sYysWEnNM.net

ココア「チノちゃんは受精するの!? しないの!? どっち!?」

チノ「こ、怖いですよココアさん。受精なんてしないので安心してください」

ココア「受精しないの!?」

チノ「だからしませんって」

ココア「ふぅー……。良かったよぉ、チノちゃんがまともで」

チノ「ココアさんも早く正常に戻ってください」

ココア「正常位!?」

チノ「言ってません」

10 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:54:19.61 ID:sYysWEnNM.net

ココア「転生作戦は失敗ね」

チノ「そもそもどうやって転生するつもりだったんですか……」

ココア「聞きたい!?」

チノ「いえ。聞きたくありません」

ココア「聞きたい!? ねえ! 聞きたい!?」

チノ「聞きたくないです」

ココア「それはチノちゃんが妊娠してから考えようと思ってたの」

チノ「勢いで何とかしようとするのはココアさんの悪い癖ですよ」

12 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 21:57:53.23 ID:sYysWEnNM.net

ココア「それじゃあ残された方法はもうひとつしかないね」

チノ「なんで私がココアさん生むのは確定してるんですか。嫌ですよ」

ココア「私、無理矢理チノちゃんの中に侵入するから」

チノ「やめてください」

ココア「無理矢理チノちゃんの中に侵入するからねぇ!」ギュリュッ

チノ「痛い痛い痛い痛いっ!」

ココア「あー! チノちゃんの中にどんどん入っていくよぉ!」ギュリュリュリュリュッ

チノ「入ってないですって! 痛ったああああっ!!!」

13 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:00:58.31 ID:sYysWEnNM.net

ココア「惜しかったね!」

チノ「何を考えているんですかココアさんは! 全然惜しくないですよ!」

ココア「8割方入ってたと思うんだけど」

チノ「そんなに入るわけないでしょう! 1mmも入ってないです!」

ココア「ホントに?」

チノ「えっ」

ココア「ホントにホント? 1mmも入ってなかった?」

チノ「それは」

ココア「少しは入ってたんじゃないの?」

チノ「まぁ……。多少は」

14 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:02:09.32 ID:lstYdYbC0.net

なんかワロタ

15 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:04:09.00 ID:sYysWEnNM.net

ココア「入らないんだったらしょうがないね」

チノ「ようやく諦めてくれましたか」

ココア「まずはチノちゃんを拡張させようか」

チノ「なんでそうなるんですか」

ココア「なんでって? 私が入るためだよ?」

チノ「そんな当然みたいな顔して言わないでください。
  拡張なんて無理だし、嫌です」

ココア「なんでやる前から諦めるの!? あの日の約束はどうなったの!?」

チノ「……あの日っていつのことでしょう」

19 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:07:27.03 ID:sYysWEnNM.net

ココア「で、これが拡張されたチノちゃんなんだけど」

チノ「なに3分クッキング的なノリで拡張を終えようとしてるんですか!
  拡張されてないですって」

ココア「ええっ!?」

チノ「驚きすぎですよ」

ココア「拡張されてないのに……、そんなに大きいの……」ガタガタ

チノ「だからされてもないし大きくもないですから!
  文字だけだからって適当なこと言わないでください!」

ココア「そ、そんなに怒らなくても……」

21 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:11:33.01 ID:sYysWEnNM.net

チノ「いい加減諦めてください」

ココア「えー」

チノ「どうしてそんなに私から生まれたいんですか?」

ココア「どうして?」

チノ「はい。なんでそんなに必死になってるんでしょう」

ココア「うーん……。理由を聞いても、怒らない?」

チノ「まぁ、突飛な内容じゃ無ければ」

22 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:14:46.01 ID:sYysWEnNM.net

ココア「私ね、チノちゃんのお姉ちゃんとして今日まで頑張ってきたじゃない?」

チノ「”今日まで”じゃなくて”昨日まで”ですね。
  今日のココアさんは少しおかしいので」

ココア「でもね、気付いちゃったんだ。
   私より、チノちゃんの方がしっかりしてるって」

チノ「ココアさん……」

ココア「だからねぇ。私、チノちゃんの子供くらいが
   ちょうどいいじゃないかって思って」

チノ「……」

ココア「でも、今日も失敗しちゃった。
   ダメなお姉ちゃんでごめんね、チノちゃん」グスッ

23 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:18:03.16 ID:sYysWEnNM.net

チノ「……そんなこと」

ココア「……」

チノ「そんなことないです! ココアさんは……。ココアさんは……っ!」

ココア「……?」

チノ「ココアさんは私の大事なお姉ちゃんです!」

ココア「え……」

チノ「昨日までも、もちろん今日だって……。そしてこれからも……。
  私のお姉ちゃんで、いてくれますか……」ポロポロ

24 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:21:26.96 ID:sYysWEnNM.net

ココア「チノちゃん……」

チノ「ココアさん……」

ココア「チノちゃんっ!」ダキッ

チノ「大好きですよ……。お姉ちゃん……」ギュウー

ココア「チノちゃん!」

チノ「……なんでしょう」

ココア「今なら私、チノちゃんの中に入れそうな気がする!」ギュリュリュリュリュッ

チノ「ぎゃああああああああっ!!!!!」

26 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:24:53.95 ID:sYysWEnNM.net

これは、私たち姉妹の物語。

チノ「ココアさん。忘れ物はありませんか?」

しっかり者の妹と。

ココア「もおー! 子ども扱いしないでよお! ……あっ、鞄忘れてた」

少しだらしの無い姉。

チノ「まったく。しょうがないですね」

一見、正反対に見える二人だけれど。

ココア「あー! チノちゃん笑ったねー!」

ひとつだけ、誰にも負けない、共通した思いがある。

チノ「そう言うココアさんも笑ってるじゃないですか」

お互いがお互いを思う気持ち。

ココア「ああー、ちょっとぉ。置いてかないでよー」

世界中の何よりも、その絆は強いだろう。

27 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[] 2015/02/03 22:28:18.36 ID:sYysWEnNM.net

ココア「あぁー! 走ったおかげでなんとかオープンに間に合ったねぇ!」

チノ「疲れました……」

ラビットハウス。
ここが、私たちの住居兼職場だ。

ココア「休んでる時間は無いよ! 早く準備しないと!」

チノ「誰のせいでこんなギリギリになったと思ってるんですか」

いつもと変わらない日常。
そして、とても愛おしいひととき。

ココア「あ、チノちゃん! お客さんだよ!」

チノ&ココア「いらっしゃいませ! ラビットハウスへようこそ!」

今日も、ラビットハウスは平和だ。

終わり

29 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします[age] 2015/02/03 22:30:32.76 ID:7ywJ93gd0.net

凄まじいスレだった


元スレ:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1422966974/
関連記事
Relate Entry
スポンサード リンク
zenback
Comment
Comment form
検索フォーム
プロフィール

SSですの。

Author:SSですの。
SSまとめサイトですの。
相互リンクと相互RSS絶賛募集中ですの。

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIP、おーぷん2ちゃんねるで書かれた、管理人が面白いと思った、注目されたSSスレを紹介するブログです。拙いところも多々あると思いますが、よろしくお願いします。

リンク、RSS登録は、ご自由になさって頂いて構いません。
相互リンク及び相互RSS募集中です。メールフォームよりご連絡お願いします。

当ブログに掲載している内容に問題がありましたらメールフォームよりご連絡下さい、

スポンサード リンク
スポンサード リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
アクセスカウンター
逆アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
おすすめリンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
300位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR

PAGE TOP